断面 二 次 モーメント と は。 材料の曲げに対する強さ

AutoCAD Mechanicalで断面2次モーメントを計算してみました!

断面 二 次 モーメント と は

建築の分野で使用する部材の断面は「長方形」か「H型」である場合が大半です。 「H型」は「長方形」の集合であると考えることができるので、基本的には「長方形」に関する公式を暗記していれば問題ありません。 ただ、大学の講義やテストでは三角形や円形についても取り扱います。 「公式の導出をしなさい」と言うのはよくある問題です。 ここでは断面の特性を表す代表的な値である中立軸回りの「断面二次モーメント」と「断面係数」の求め方を、順を追って解説していきます。 数式が苦手な方はこちらを先に読むとよいかもしれません。 中立軸から梁せい方向に離れた距離yの2乗を全面積分集めなさい、ということです。 中立軸から梁せい方向に離れた距離yの2乗を全面積分集めなさい、ということです。 左側が円形断面の 全体図、右側が 拡大図です。 中立軸から梁せい方向に離れた距離yの2乗を全面積分集めなさい、ということです。 拡大図をよく見てください。 そのcos成分が微小な間隔dyです。 詳しく知りたい方は検索してみてください。 bakko-taishin.

次の

断面2次モーメントとはどんなイメージでとらえればいいですか?

断面 二 次 モーメント と は

AutoCAD Mechanicalに搭載されている[断面2次モーメント(AMINERTIA)]コマンドを使ってみました。 重心の位置、主軸モーメントの方向、両方の軸の断面 2 次モーメント、有効断面 2 次モーメント、曲げ角度が計算できます。 2.断面図形を選択する 断面2次モーメントを計算するには、断面図形の内側をクリックすると選択できました。 場所は任意です。 3.負荷荷重の方向を指定する 荷重が適用される方向はマウスや数値で指定できました。 4.計算結果を配置する 指定した記入位置に断面二次モーメントの計算結果が配置されました。 計算結果の表はブロックになっていて、下記の内容が記載されています。 I1 : 最初の主軸に沿った断面2次モーメント• I2 : 2番目の主軸に沿った断面2次モーメント• Sc : 中立軸と圧縮軸の最も外側の端との距離• St : 中立軸と引張軸の最も外側の端との距離• A : 断面の領域 【動画で見てみましょう】.

次の

AutoCAD Mechanicalで断面2次モーメントを計算してみました!

断面 二 次 モーメント と は

学部時代は一応機械工学科でした、サイトーです。 今回は機械工学科に進学したら殆ど確実に逃れられない四力の中でも、割と広汎に出てくるくせに説明が難しいことで有名な「断面二次モーメント」と「断面二次極モーメント」について書いていこうと思います。 機械工学科に進学した方は、まず四力と呼ばれる科目を 取らされる取ると思います。 四力といえばこの4つです。 材料力学• 流体力学• 機械力学• 熱力学 この4つの中で特に材料力学では 断面二次モーメントとか 断面二次極モーメントとかいうよく分からないワードが出てくると思います。 この記事では、そんな良くわからないワードに苦しむ機械工の学生を助けられるようにサイトーが頑張ります。 断面二次モーメントの定義式 x軸まわりの断面二次モーメントの定義式はこんな感じ。 まず断面二次モーメントをやるときは四角柱を考えると思うので、状況としてはこんな柱を想像してください。 柱 この柱の断面図がこんな感じです。 「x軸まわりの」という表現は「この画像のx軸をドリルみたいに回転させた場合を考えると」って表現に変えると分かりやすいかと思います。 柱に対して考えると、柱の画像の矢印の向きに力を加えた場合です。 y軸まわりを考える場合は、断面図をこんな感じにして考えましょう。 断面二次極モーメントの定義式 円柱におけるz軸まわりの断面二次極モーメントの定義式はこんな感じ。 この場合の断面図はこんな感じで考えます。 ちなみにz軸は画面からあなたに向かう方向が正です。 なんかもう一種類くらい導出の方法があった気がするんですがどうやったっけ…? 誰かこっそりコメント欄かお問い合わせから教えて下さい 断面二次モーメントって何? 結論から言うと、断面二次モーメントとは「 モノの曲げにくさ」を表すパラメータです。 定義式を細かく見ると、距離(の絶対値)と面積の積を軸に対して平行に積分していることから、構造材の断面の任意の箇所における単位面積に対する曲げモーメントの大きさ(小ささ)を示すパラメータであることが分かると思います。 ただ、予想としては「 通常のモーメントだと総和が0になるから」が理由だと思います。 二乗しないver. は断面一次モーメントと呼ばれますが、これは図心を求めるために用いられます。 つまり、図形上の重心を求めるためのものです。 断面二次モーメントは先述したように「単位面積に対する曲げモーメントの大きさ」を表すパラメータとしたいので、距離に負の値を取ってもらっては困る訳です。 (相殺しちゃうから) そのため、(トートロジーみたいではありますが)距離を二乗して図心からの距離を長さとして出しているのではないかと思います。 まとめ これまでをまとめるとこんな感じになります。 断面二次モーメントはモノの曲げにくさを示すパラメータ• 断面二次極モーメントはモノのねじりにくさを示すパラメータ• つまり断面二次と断面二次極では 表現したいパラメータが違う• モーメントを二乗する理由は多分距離を絶対値で置きたいから• 通常のモーメントで考えると中立面に対してモーメントの総和が0になる 定義式を見てすぐに「あ~なるほどね」となった方は少ないと思います。 かく言うサイトーもggっては「?」となることを繰り返しておりました。 安心してください。 こんなポンコツでもちゃんと学部は卒業できました… ただ、この「断面二次モーメント」と「断面二次極モーメント」ですが、材料力学以外の四力でも割と出てきますし、なんだったら四力以外の部分でも出てきます。 それなので、今のうちにしっかりとイメージを固めておいておくようにしてください。

次の