キットチャンネル 何があった。 キットチャンネル英翔と奏太のプロフィール!炎上や彼女情報も紹介。

キットチャンネル原英翔(えいと)の暴行DVトラブル内容とは?情緒不安定で彼女も心配

キットチャンネル 何があった

スポンサーリンク キットチャンネルの年収は? 【2019年9月28日】 色んな世界があって 色んな生活があって 色んな人生があって 色んな生き方がある 正解なんてない でも僕は今の自分の生き方が 大好きなんだ。 キットチャンネルは2016年12月より動画配信を始めているので、今月で2年と9か月になります。 『エラズキッチン』 2018年10月14日開設(今月で11か月) 登録者数4. 11万人 視聴回数1,532,500回 こちらは英翔さんのみの料理チャンネルです。 年収・月収を計算していきます。 開設してまだ1年経っていないので年収は合計収入と同じになります。 これ以外にチャンネルはありませんのでまとめていきます。 (英翔さんの場合) 年収=250万円(キットチャンネル)+41万円(オールキットチャンネル)+1. 4万円(エラズキッチン) =292. 4万円 (奏太さんの場合) 年収=250万円(キットチャンネル)+41万円(オールキットチャンネル) =291万円 現在はUUUMを退職して個人でお仕事をしているので、この金額はすべてお二人の収入になります。 ただ、企業提供でいくつか動画をあげているので、実際はこれ以上もらっていると思われます。 スポンサーリンク キットチャンネルの仕事は? 【2019年9月27日】 相手と比べてしまう前に 今の自分の置かれてる環境や 周りの人に感謝する そして今の自分だからこそ 出来る事をやってみる それを繰り返しやってくと 見える世界が変わってくる — 英翔【キットチャンネル】 eitohara 現在はユーチューバーを本職としている英翔さんと奏太さんですが、ユーチューブをやる前に様々な仕事をしていたようなので紹介します。 まずは奏太さん。 彼の前職については次の話があります。 奏太さんは芸大を卒業後、ユーチューブを始める前は ラーメン屋さんでバイトをしていたとのこと。 その後、ユーチューブを始め、ラーメン屋との両立ができなかったので ユーチューブ1本に絞ることになりました。 芸大を卒業する時はまだ女性で、社会に出ることを機に男性になったそうなので、前職についてはラーメン屋しかないのかもしれませんね。 一部紹介すると、 ・飲食店 ・コンビニ ・うどん屋さん ・ラーメン屋 ・家事代行 などなど 調べていく中で面白いお仕事を見つけたので紹介します。 それはこちら! 「犬の面倒を見る仕事」 なんでも知り合いの知り合いが愛犬と車で長旅に出る際に、 用事のある主人に代わって、車の中で愛犬を見続ける仕事だったそうです。 犬好きな私からするととても楽な仕事だと思うのですが、当時の英翔さんはなんと犬が怖く苦手だったそうです(笑) 車という狭い空間に12時間ほど2人きり、いや1人1匹きり。 かなり過酷だったみたいですよ(笑) 他にも、実は 吉本で芸人をしていたなんて経歴もあります(笑) 今では、明るく楽しそうに動画を配信しているお二人ですが、過去には大変な出来事やつらいバイトなどたくさんの経験をしているようです。 社会の色々な部分を知っている2人だからこそ、今の動画があるんですね!.

次の

キットチャンネル奏太(かなた)の活動休止理由は結婚?怪我?今後の仕事は?

キットチャンネル 何があった

Contents• ちなみに 今年で10年目の付き合いになるので思ったよりずっとキットチャンネルと関係性が高い人物なんです! では、そこで気になるのが2人はどこでどのようにして出会ったか?ということ。 そこで次はゆうだいさんとキットチャンネルの出会いを見ていきます。 ゆうだいとの出会いは? 実は2人の最初の出会いは、 ゆうだいさんの姉が経営する飲食店でした。 当時2人ともバイトとして働いていたそうです。 英翔さんは当時はまだ女子であり、ゆうだいさんはその時から今の英翔を知っているので、女性から男性に変わる貴重な期間を知っている人になります。 英翔が女性から男性になったことについて、ゆうだいさんは「特に何も思わなかった」と動画で言っています。 そういう良い意味でフラットな部分が今でも付き合いのかる理由なのでしょう。 その後、ゆうだいさんは不動産を経営し、英翔さんを会社に誘ったという流れになっています。 そのころの英翔さんは会社の中でも営業成績がトップでした。 ゆうだいさん曰く 「目標を決めたらそこまでのプランを明確に立てて、それを遂行し結果を出す人」と彼からの評価も非常に高かったようです。 今、『キットチャンネル』として活躍しているのは、英翔さんのそういうスキルがあってのこと。。。 というのが分かるエピソードですね! ただ不動産の仕事は働いて 4か月で退社をしたそうです。 当時ユーチューブもしていた英翔さんは、ゆうだいさんの会社で働くことと両立することが難しく、ユーチューブ1本に決意することになります。 辞めると伝えたとき、ゆうだいさんは引き留めるどころか「中途半端にするなよ。 やるなら真剣にやれよ。 」と声をかけ応援してくれたそうです。 今でも度々動画に出演しており、キットチャンネルを動画見ていると、ゆうだいさんの優しさというか、親心的なのを感じますよね。 ゆうだいって何者?・名前:ゆうだい ・本名:田中 ゆうだい ・年齢:34歳 ・生年月日:1983年1月22日 ・出身:非公開(現在は東京在住) ・血液型:A型 ゆうだいさんは今年35歳になります。 好きな食べ物は卵で、おなかがすくと目玉焼きやスクランブルエッグを作って食べているそうです。 スターバックスの緑色が好きで、 経営している会社の社章も緑にするほど(笑) アイアンマンを作ったトニー・スターを尊敬していて、昔はやんちゃだったのに、地球の貧困やつらいところを見て世界平和のためにがんばるという姿勢に胸を打たれたという意外な一面も持っている方です。 さらには実家では現在フレンチブルドッグを飼っていますが、以前はゴールデンレトリバーを3匹とフレンチブルドッグを2匹飼っていた愛犬家の一面もお持ちです。 プライベートでは 結婚7年目を迎え2児の父親であることも公表しています。 そんなゆうだいさんも実は・・・『キットチャンネル』に登場するだけではなく、6つ上の姉と『田中きょうだい』というチャンネルを開設しています。 ともに親となり、子供たちを見ていると昭和と平成で遊ぶ内容もかなり違うことに気づき、いろんな目線から楽しめる動画を創りたいと思うようになったそうです。

次の

キットチャンネル(英翔)と(奏太)の年収は?アンチや嫌いが多くてヤバイ理由!|MEDIA

キットチャンネル 何があった

もくじ• キットチャンネル原英翔はDVや監禁で逮捕! LGBTユーチューバーとして人気急上昇中だった 「キットチャンネル」。 元々女性だったという、 原英翔さんと木本奏太さんの2人は性転換を行い、一緒に暮らしながらユーチューバーとしての活動を続けていました。 ところが、 2020年3月17日になり、原英翔さんが逮捕になるというニュースが。 逮捕の容疑は 「傷害容疑」。 つまり、原英翔容疑者が、木本奏太さんに暴力をふるっていたというものだったそう。 キットチャンネル原英翔が木本奏多に行ったDVとは? 原英翔容疑者がこれまでに、相方・木本奏太さんへ行ってきた内容を振り返ってみたいと思います。 性転換の手術が希望したことで出会った2人。 すぐに意気投合し、大阪からの状況を機にルームシェアをはじめました。 「2人でYouTubeにチャンネルを開設したい」という夢を叶えるため、仕事を続けながら動画制作をする生活。 ところが、仕事を続けながらのYouTube配信は思ったようにいかず、制作時間を作るため思い切って仕事を辞めた原英翔容疑者と、木本奏太さん。 そこから、2人のキットチャンネルの本当の道が開けていきました。 当初は再生回数が伸びず、生活費も稼げない時期があった。 動画による収益が、エリートサラリーマンの年俸を超えるような額に達すると、次第に原容疑者の人格が変わっていったという。 引用:デイリー新潮 ところが、原英翔容疑者は、YouTubeの収益が 「エリートサラリーマンの年棒を超えるような額」になり、 人格が変わっていったといいます。 人格が変わった原英翔容疑者は、以下のような言動をするように。 木本氏が編集した動画をチェックする際、罵声を浴びせることが常態化。 悪口雑言の後は「自分は怒りたくて怒っているわけではない。 もともと動画作成のセンスを持っているのだから、指示されなくとも完成させるように頑張ってほしい」と労いの言葉をかけた。 引用:デイリー新潮 動画編集は、木本奏太さんが主に行っていたようですが、画像チェックするたびに、原英翔容疑者が激怒。 さらに木本奏太さんへの暴言は続き・・・。 「キットチャンネル」が人気を呼び、スタッフも参加するようになると、原容疑者は木本氏に「スタッフはお前の能力が低いことに呆れている」などと説教。 ことある毎に「お前は何もできない」、「お前の代わりなんて誰でもいる」、「お前は金を生み出せない」などと人格攻撃を続けた。 引用:デイリー新潮 原英翔容疑者が、木本奏太さんへ向けていった言葉は・・・• 「スタッフはお前の能力が低いことに呆れている」• 「お前は何もできない」• 「お前の代わりなんて誰でもいる」• 「お前は金を生み出せない」 と、いうものでした。 一生懸命動画を制作しつづける木本奏太さんに対し、ねぎらいの言葉をかけるわけでもなく、感謝の気持ちを伝えることもなかったようですね。 その後も、原英翔容疑者の行動はエスカレート。 原容疑者は、スタッフの目の前で木本氏に暴力を振るうなどエスカレート。 動画のクオリティが悪いと難詰し、木本氏に「正座しろ。 反省文を書け」と命じることもあった。 引用:デイリー新潮 はじめは一緒に夢を追いかけた大切な相棒だった木本奏太さんを、どんどん洗脳するような行動にではじめたといいます。 収益は、原容疑者が管理。 木本奏太は小遣い程度の収入のみ。 木本奏太の携帯やSNSのパスワードも管理。 木本奏太の携帯の内容は常に原英翔容疑者がチェック。 編集室には監視カメラがあり、常に見張られていた。 木本奏太の1日のスケジュールは、原英翔容疑者が管理。 家のドアの開閉は、常に原英翔容疑者のスマホアプリに通知。 パッと読んだだけでも、通常の関係でなくなっているのが分かります。 罵声を浴びせ続け、上下関係を作ったあとに・・・ 自由になるためのお金も取り上げられ、他との連絡口も取り上げられる。 行動は常に見張られ、1日の行動の決定権もない。 そんな生活をずっと続けられることで、木本奏太さんは、知らず知らずのうちに洗脳されていってしまったようです。 ノルマと心労で、最近では1日に2~3時間しか眠れなかった。 引用:デイリー新潮 このままではヤバい・・と木本奏太さんが、原英翔容疑者の元から逃げ出すまでの間、 「ノルマと心労で1日に2~3時間しか眠れなかった」とのこと。 ブラック企業も顔負けのハードな環境です。 木本氏は一種の洗脳状態となり、原容疑者の指示に盲従した。 「自分は能力がない」、「スタッフは全員、自分を馬鹿にしている」と思い込んだ。 「うつ病になったのではないか」と心配する声もあったという。 引用:デイリー新潮 まともな休息時間も自由も与えられないまま、罵声の実を浴びせられた木本奏太さんのメンタルは徐々に壊れかけていきます。 普通ならば、こうなる前に距離を置こうと逃げ出すはずですが・・・おそらく、それよりも前の段階で、正常な思考ができないまでに追い詰められていたのだと思われます。

次の