北陸 新幹線 復旧 見込み。 JR東日本・JR西日本、台風19号で被災した北陸新幹線の運転計画は

北陸新幹線の復旧はいつになるのか?運行再開の見込み(めど)を予想!

北陸 新幹線 復旧 見込み

台風19号による千曲(ちくま)川の堤防決壊でJR東日本の「長野新幹線車両センター」(長野市赤沼)の車両基地が浸水、北陸新幹線の車両120両が水没した。 水没車両が運用する全車両の3分の1にあたり、修理には大幅な機器交換などが必須。 北陸新幹線の全線再開は少なくとも1~2週間かかる見通しだが、仮に復旧しても運転本数は5~6割にとどまる見通しだ。 当初、湖のようになっていた現場は15日には水が引き、作業員らが浸水後、初めて被害状況の確認を行った。 JR東の担当者は「なぜ、こうなったのか分からない」とこぼした。 高崎(群馬県高崎市)-金沢(金沢市)間を結ぶ北陸新幹線は、高崎-上越妙高(新潟県上越市)間がJR東、上越妙高-金沢間がJR西日本の管轄。 1編成12両の計30編成(360両)を運用している。 基地はJR長野駅の北東約10キロ、氾濫した千曲川からは西に約1キロ離れた場所にあり、営業運転を終えた車両を収容、検査などを行っている。 当時は両社保有の車両が1編成12両ずつ、計10編成止められていた。 千曲川から基地までの間には新幹線の線路や田んぼ、民家が並ぶ。 鉄道評論家の川島令三氏は、「実際に見たことがあるが、川からあそこまで水が来るとは考えられなかった」と驚くが、長野市のハザードマップでは洪水時の基地付近の浸水を「最大10メートル以上」と予想していた。 車両は、急勾配区間を安定して走行できるブレーキや、豪雪地帯を走るため床下に雪除けのカバーも備える。 JR西の平成27年3月期の有価証券報告書によると、120両の製造費用は約328億円。 JR東も「製造費は1両当たり3億円程度」としている。

次の

北陸新幹線、14日も一部終日運休 東京方面直通のかがやき、はくたか号

北陸 新幹線 復旧 見込み

また、長野新幹線車両センターに留置されていたE7系8編成、W7系2編成が浸水したことにより、運用できる車両が通常の3分の2程度となるため、北陸新幹線の全線再開後も運行本数は従来の5~6割程度になるとしている。 一方、高尾~相模湖間や四方津~梁川間で土砂流入やコンクリート壁崩落が発生し、高尾~大月間の運行が見合わされている中央本線では、10月18日の再開が見込まれているが、高尾~相模湖間については下り線を使用した単線運行による仮復旧となり、当面の間は、1時間に1本程度のシャトル運行になるとしている。 中央本線を通過する特急『あずさ』『かいじ』『富士回遊』『はちおうじ』『おうめ』については、高尾~大月間の復旧工事が10月末頃までかかる見込みのため、その終了を待って再開する予定。 JR東日本ではこのほか、10月17日から東北本線藤田~白石間が運行本数を減らして再開。 足利~栃木間で運行を見合わせている両毛線のうち、足利~岩舟間は10月20日の再開を見込んでいる。 岩舟~栃木間については河川堤防工事の終了を待っての再開となるため、1か月程度を要するとしている。 東北地方では階上(はしかみ)~久慈間で運行を見合わせている八戸線の臨時列車『TOHOKU EMOTION』『リゾートうみねこ』が11月30日まで運休。 バス高速輸送システム(BRT)では、専用道で土砂流入などが発生した大船渡線BRTが大船渡~碁石海岸口間で一般道経由に変更。 気仙沼線BRTでは陸前戸倉~柳津間とで土砂流入が発生した関係で、気仙沼~陸前戸倉間の運行となっている。 このうち、本吉~陸前戸倉間でも専用道で土砂流入が発生したため、一部が一般道経由に変更されている。 JR東日本以外では、東武鉄道が日光線の被災を受けて10月中の浅草発夜行を運休。 岩手県の三陸鉄道リアス線では、10月15日の段階で旧北リアス線区間の田老~田野畑間が2~3日で復旧としていたが、現地調査の結果、相当な期間を要することになったとしている。 長野県のしなの鉄道では、千曲川の堤防決壊により線路や電力設備、豊野変電所が浸水した北しなの線(長野~妙高高原)のうち、長野~豊野間が10月18日に再開する見込みとしている。 《佐藤正樹(キハユニ工房)》.

次の

北陸新幹線復旧目処はいつから?予想や金沢の状況の最新情報は?

北陸 新幹線 復旧 見込み

令和元年10月16日 1.北陸新幹線(金沢・富山方面)への鉄道による代替アクセスルート等について(別添1) 北陸新幹線は、排水が終了したことから、15日より調査開始。 電源装置の復旧には、概ね1~2週間程度かかる見込みです。 ただし、信号制御装置等このほかの設備に不具合が認められた場合には、設備の復旧まで更に時間を要することになります。 再開したとしても、車両が浸水したことにより、運転本数はこれまでの5~6割程度となる見込みです。 東京方面から金沢・富山方面へは以下の主な代替ルートによりアクセス可能です。 (1)東海道新幹線(米原駅経由)と特急しらさぎを乗り継ぐルート (2)東海道新幹線(京都駅経由)と特急サンダーバードを乗り継ぐルート (3)上越新幹線(長岡駅経由)と特急しらゆき(上越妙高駅経由)と北陸新幹線を乗り継ぐルート 2.JR中央線(甲府・松本方面)への鉄道による代替アクセスルート等について(別添2) 中央線は、高尾~大月間の運転再開は、10月18日の見込みです。 ただし、一部単線運転があるため、当分の間、1時間に1本程度の運転。 全面運転再開は、10月末頃の見込みです。 特急は全面運転再開まで運休します。 東京方面から甲府方面へは東海道新幹線(静岡駅等経由)と特急ふじかわや身延線臨時快速を乗り継ぐルートでアクセス可能です。 また、東京方面から松本方面へは以下の主な代替ルートによりアクセス可能です。 (1)北陸新幹線(長野駅経由)と特急しなのを乗り継ぐルート (2)東海道新幹線(名古屋駅経由)と特急しなのを乗り継ぐルート.

次の