助かります。 敬語。 「助かります」を敬語で言い換えると?目上の人やビジネスメールでは失礼な言い方なの?【例文つき】

「ご一読ください」という敬語の正しい使い方〜ご査収ください、ご確認なさってください〜

助かります。 敬語

「助かります」は日常的に使用する言葉です。 ですが、この「助かりました 助かります 」という言葉は、場合によっては敬語どころか大変失礼だと受け取られることがあります。 「手伝ってくれて本当に助かりました」「駅まで送ってくれて助かりました」というように、日常生活の中で誰もが「助かりました 助かります 」という言葉を敬語として使っていますが、間違って使用しているケースが結構あります。 正しい敬語表現と使い方を覚えていきましょう。 目上の人には使わない 「助かりました 助かります 」という言葉は、ですます調で、丁寧な敬語ととらえられますが、目上の人には使わないのが鉄則です。 「助かりました」=「私の補佐をしてくれてありがとう」という意味になります。 「助ける」=「誰かがあなたをサポートしてくれる」というように、話しのメインが自分自身です。 相手は自分をサポートしてくれる補佐的な位置づけとされるので、目上の人に使うことはできません。 親しい間柄で使う 「助かります」は家族、友人、後輩など、自分と同等以下の位置関係にある人に対して使うことができます。 自分よりも目上の人に対しては、「助かりました 助かります 」以外の言葉に置き換えて、感謝や依頼の気持ちを伝えましょう。 「助かります」を上手く使い分けるのはなかなかハードルが高いですが、このようにざっくりと分けて意識付けをしていくことで、正しく使うことを習慣化していくことができます。 「助かります」の丁寧な言い換え 何かを依頼するときには、「助かります」ではなく「幸い」を使いましょう。 人にものをお願いするときに「~していただけると助かります」という依頼の言葉はおかしいので、類語で言い換える表現方法を使いましょう。 「~していただけないでしょうか」 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いに存じます」などの言葉で、へりくだった依頼の方法がベストです。 感謝するときの敬語表現 ビジネスでは、感謝するときの敬語表現に「ありがとう」や「感謝」を使います。 「部長、先日はお力をかしていただいて本当にありがとうございました」「先輩、会議ではフォローしてくださって本当にありがとうございました」などのように、「助かります」ではなく、素直に「ありがとう」と伝えましょう。 さらに目上の人の場合には、「大変感謝しております」に置き換えると、好印象を与えることができます。 「助かります」を使った例文 「助かります」は日常でよく使われる敬語なので、例文はたくさんあります。 「助かります」の前につける語句を替えるだけで、相手に伝わる感謝の念が微妙に違います。 「助かります」の前後の語句も合わせて、「助かります」の正しい使用方法を例文から身につけ、日常生活に活かしていきましょう。 例文1:大変助かります 「大変助かります」は、ビジネスメールなどの最後によく使われる表現です。 「この度はどうもありがとうございました。 大変助かります」「荷物運びを手伝ってくれて大変助かりました」「一緒に手伝ってもらって大変助かります」などという表現では、「大変助かります」が使われています。 例文2:非常に助かります 「非常に助かります」は目上の人に使わないほうがよい表現です。 非常に感謝している意を伝える言葉です。 「アドバイスいただけると非常に助かります」「修正方法もあると 非常に助かります」など、文末によく使われる表現です。 同等の立場の人によく使う言葉です。 例文3:していただけると助かります 「していただけると助かります」は、相手に依頼をするときにやんわりとお願い事をするときの表現によく使われます。 「つきましては~していただけると助かります」「~の件について~していただけると助かります」などのように、「していただけると助かります」の前に依頼する内容を具体的に書けば、相手へ真意が伝わります。 「助かります」の言葉自体が感謝や遠慮をあらわしているので、頼み事をするときにふさわしい表現です。 気持ちが伝わる敬語の使い方 「気持ちが伝わる敬語の使い方」は、マルチな高校教師がお届けする、本当に役に立つ一冊です。 「助かります」などの敬語表現を、誰にでもわかりやすく解説しているおすすめ本です。 敬語の基礎から奥義まで、読者を飽きさせることなく解説していきます。 正しい敬語を使いたい方必見の本です。 「助かります」に似た表現はたくさんあります。 「~してくれると助かります」に似た表現として、「~していただけますでしょうか」「~でしたら幸いです」「御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などが挙げられます。 この機会に「助かります」に似た表現をいろいろ覚えておきましょう。 幸いです 「幸い」という言葉は、「このお願いをかなえてもらえたら嬉しい」という気持ちを表しているため、「助かります」と似た表現になります。 「ご検討いただけますと幸いです」や「ご確認いただけますと幸いに存じます」など、メールなどで結びとして使うことができます。 目上の人などに対して使用する場合は「存じます」とセットにして、「~ですと幸いに存じます」と表現することをおすすめします。 御礼申し上げます 「助かります」のかわりに「御礼申し上げます」が使えます。 「~していただき、御礼申し上げます」「ありがたく厚くお礼申し上げます」などと表現するときに使用します。 「御礼申し上げます」は主に書き言葉に使われる表現なので、メールや手紙文に活用できます。 感謝やお礼の気持ちを丁寧に伝えることができます。 申し上げますは謙譲語なので、目上の人に対する適切な表現です。 感謝申し上げます 目上の人にお礼をする際や、手紙などで敬意を表しつつ感謝を伝える際には、「助かります」を丁寧に言い換えて「感謝申し上げます」と表現しましょう。 「先日は結婚式にご出席いただき、深く感謝申し上げます」「皆様のお心遣いに心より感謝申し上げます」などと使用します。 主にメールや手紙の際に活躍する敬語表現です。 「助かります」は失礼 「助かります」と目上の人に対して使うことは、「補佐をしてくれてご苦労様」という意味になり、敬語どころか上から目線で見下した表現になってしまうことがわかりました。 同等以下の立場の人には「助かります」は使えますが、目上の人に対しては「助かります」を別の感謝の言葉に置き換えて伝えます。 このことをしっかりと把握して、置き換える言葉や、置き換えるべき相手の立場などをきちんと覚えておきましょう。 気持ちを伝えよう 感謝の気持ちは正しい敬語表現で伝えることで、はじめて相手に伝わります。 「助かります」などの感謝の気持ちを相手に伝えるには、立場をわきまえ、正しい敬語を使わなくてはいけません。 感謝しますという表現方法をたくさん覚え、気持ちを伝えるためのメールの書き方などを、普段からしっかりと学んでおきましょう。

次の

「幸いです」は目上に失礼!?「ありがたい」「助かります」は…【今さら聞けない大人の敬語講座vol.6】

助かります。 敬語

スポンサーリンク 社会人になっていろんな困ったことに出くわすことがあります。 そんなときに先輩や色んな人に助けてもらった経験、ありませんか。 私は営業マン一筋ですが、色んな局面で多くの人に助けてもらったことがあります。 そんなとき私は心の底から「 助かります」という言葉が出てきます。 ところがです! そんな「助かります」という感謝の言葉を親しい先輩に言ったとき。 あとからこっそりと注意されてしまったんです。 「助かりますと 目上の人に言ったり、 ビジネスメールで使う時には 敬語にしないと 失礼にあたるんだよ。 え~!それって本当なんだろうか! 私は心の底からお礼を言っていたのに! 目上の人やメールで「助かります」は敬語にしないと失礼な言い方だったのか! ショックです。 「え?私も助かりますって言ってます。 」 という、私のようにちょっとあせっているあなた。 今回はそんなあなたのために「助かります」を目上の人やビジネスメールで使う時。 そんな時にどう敬語に言い換えれば失礼がないのかをみていきましょう。 それではまいりましょう。 「幸いです」・・・「その提案を商談のテーブルに載せていただければ幸いです。 「~していただけないでしょうか。 」・・・「御社の新規事業の概要をご説明していただけないでしょうか。 「~はできますでしょうか。 」・・・「お歳暮の提案期日を2日延長していただくことは、できますでしょうか。 「ありがとうございます。 」・・・「弊社を御社のビジネスパートナーとして認めていただき、ありがとうございます。 「痛み入ります。 」・・・「弊社新製品の突然の提案にもかかわらず採用いただき、痛み入ります。 」 これらの例文をすべて「助かります」に言い換えることはできます。 ではなぜ「助かります」は目上の人やビジネスメールで使うと失礼にあたるのでしょうか。 「助かる」の意味• 危険や困難、災害などからまぬがれる。 自分の労力、負担、費用などが少なくてすむ。 「助かる」というのは「 自分がまぬがれる」「 自分がしなくてはいけないことが少なくて済む」ということなんです。 「助かります」は自分が助けてもらった結果になります。 ということは・・・・・。 なんだかちょっとわかってきたような気がしませんか。 「助かります」を目上の人やメールに使うとなぜ失礼なのか? 「助かります」という言葉自体を聞いても、ぞんざいな言い方ではないし失礼な言い方には聞こえないかもしれません。 そこで前述した「助かる」の意味をふまえて、よ~くこの言葉の主語を考えてみてください。 「助かる」のは誰が助かるんでしょうか。 10秒間だけ考えてみていただけますか。 ・ ・ ・ (考え中) ・ ・ ・ (考え中) ・ ・ ・ はい!10秒たちました。 誰が助かるのか、その答えをどうぞ! 「・・・正解です!」 そうなんです。 「助かります」という言葉は自分(あなた)を中心に考えている言葉です。 「いや~、いろいろ私のことを助けてくれてサンキューね」 的な感じに受け取られてしまう恐れがおるんです。 なので目上の人やビジネスメールでそのまま「助かります」なんて使うとどうなるのか。 相手は「上から目線で言ってるな!」ととってしまうんです。 社会人として、ビジネスに関することは慎重の上にも慎重にしないといけません。 たった一言「助かります」と言ったがために・・・・・。 、 ベテラン社会人の私としては怖すぎます。 その一言があなたの仕事の成果をだいなしにしてしまうかもしれません。 おたがいに、目上の人やビジネスメールでは「助かります」を使わないようにしましょうね。 まとめ 「助かります」はていねいな言葉のように聞こえます。 でも、目上の人やビジネスメールで使うと相手は「失礼な!」と受け取るかもしれません。 というのも「助かります」の主語は「私」だからです。 「私を助けてくれて、ありがとうね。 」というニュアンスで受けとられる恐れがあるんです。 目上の人やビジネスメール相手の取引先が「なんであなたをたすけなくちゃいけないの!」と感じてしまったら。 うまくまとまるはずの仕事や商談も・・・・・。 人と人との関係はもちろん心と心の関係が大切です。 でもそうなるまえには言葉と言葉のキャッチボールが大切なんです。 ビジネスの主役はあなたです。 でもあなたのビジネスを成功させるために他の人はいるのではありません。 あくまでも謙虚な姿勢で行くことも大切です。 「助かります」を使うのは親しい同僚や後輩に対して使いましょう。 目上の人やビジネスメールでは「ありがとうございます。 」「痛み入ります。 」などの言葉を使い相手をたてるようにしましょうね。 あなたにその気がなくても、相手に上から目線ととられる言葉を使うのはダメダメですよ。

次の

「手配」の敬語はご手配?お手配?正しい敬語変換マナー

助かります。 敬語

正しい日本語をマスターしているつもりでも、ときに誤った日本語や敬語を使っていることがあります。 何でも言い合える上司と部下の関係、そして取引先との関係であっても、ベースにある基本の敬語をしっかりマスターしておくことは、とっても大切です。 「ご一読ください」「ご確認ください」などの丁寧な言葉は、日頃から使い慣れておく姿勢がマスターするためのポイントです。 マナー知らずの恥ずかしい30代にならないために 社会の組織の中では、20代の社会人や大学生のポジションは、まだまだスタート地点に近いもの。 「ご一読ください」などの敬語をしっかりマスターしておくことは、30代や40代になる上での、大切なステップになります。 知らない間に世間知らずの中年ビジネスマンにならないためにも、経験値の浅い今から、敬語をマスターしておきましょう。 「目を通してください」だと失礼な印象を与えることも 打ち合わせなどの席で、資料をクライアントや上司に配ったとき、思わず口から出てくる言葉に「目を通してください」というセンテンスがあります。 確かに「目を通してください」という表現は、日本語として誤りでは無いです。 しかし、丁寧な敬語かというと、そうではありません。 人によっては、ぶしつけ・失礼と捉えられてしまう事もあるので、注意をして下さい。 クライアントの評価UPも狙える「ご一読ください」を使おう 資料や用紙に目を通して欲しい場合、スマートに使える敬語に、「ご一読ください」「ご一読ねがいます」「ご一読いただけましたら、幸いと存じます」などがあります。 是非覚えておきたい敬語のひとつです。 「ご一読ください」は、「目を通してください」という表現に比べて、物腰が柔らかくなり、丁寧な言葉使いに聞こえ、印象が良くなります。 こうした基本的な敬語をおさえておくと、クライアントからの評価もアップしますのでマスターしておきましょう。 「ご一読ください」の類義語は「ご確認なさってください」 「ご一読ください」という敬語は、様々な改まった席で用いることができます。 他に類似した敬語では、「確認してください」という意味の「ご確認なさってください」「ご確認ください」などの類義語があります。 ただし、よく似ている表現で「ご確認してください」は、「ご~する」という謙譲語になってしまうので、相手に対して使うのは誤りです。 うっかりビジネスシーンで使ってしまうことも多いため、注意が必要ですので忘れずにマスターして下さい。 「正しい敬語表現」を知って、目上の人との会話を楽しもう 「ご一読ください」は社会人として、ぜひ知っておきたいフレーズのひとつです。 社会人としての年数がアップするにつれ、色々な立場の人と接する機会が増えてきますよね。 そんなときに「正しい敬語表現」をマスターしておくと、自信をもって目上の人と、臆することなく会話を楽しむことができます。 言葉は生き物ととらえ、ポジティブに自分のモノにしていきましょう。 敬語で信頼を勝ち取ろう 敬語の使い方ができている人とできていない人では相手が感じる印象も全く違うものがあるでしょう。 打ち合わせのシーンなどにおいて「目を通してください」というフレーズを使いたい場合には、「目を通してください」の敬語である「ご一読ください」を使うと、とってもスマートな表現になります。 「ご一読ください」と伝えることによって、相手に敬意をあらわす敬語を表現できます。 丁寧な敬語表現は自分のモノにして、取引先や上司からの信頼もゲットしてくださいね。

次の