アクアライン情報ナウ。 アクアラインの通行止めの風速条件と頻度は?内房を迂回すると?

東京湾アクアライン、通行止めになる気象条件は!?交通情報に便利なサイト

アクアライン情報ナウ

スポンサーリンク ここのところ急に暖かくなったと思ったら、また寒くなったり。 今年の2月はなんだかいつもの2月とはちょっと違う様に感じますね。 特に風の強い日が多いかなと感じますが、天候によっては通勤や通学に影響してきますので何かと多忙なこの時期は意識せずにはいられません。 今回のテーマは東京湾アクアライン。 通行料がETC利用の場合だと片道800円(普通車)となってから、利用者がグッと増えて行楽や仕事で利用している人も多いんじゃないでしょうか。 先日、久しぶりに木更津のアウトレットパークにショッピングに行ったのですが、周辺地区では最近なってかなり急ピッチで宅地開発が進んでいる様子です。 都心に比べれば土地の値段も比較にならないほど安く、アクアラインを通れば都心まで30~40分とアクセスも良いので車やバスでの通勤を前提に移住を検討する人も増えている様です。 通勤や通学、行楽にしろ海の上を通る高速道路ということで、天候の影響を受けやすく最悪通行止めという事態も考えられますので、通行止めになってしまう気象条件について調べてみました。 東京湾アクアラインが通行止めになる気象条件は? アクアラインが通行止めになる気象条件は主に「風」が原因であることがほとんどです。 海ほたるパーキングを起点に川崎側が海底トンネル、木更津側が海上の橋梁となっていますが、この木更津側の約4. 4kmの橋梁区間が気象状況の影響を受けやすい区間となっています。 風以外には台風や降雪による通行規制も考えられますが、年間を通して交通に一番影響があるのは「風」と考えて間違いありません。 走ってみるとわかりますが、橋梁部分は風よけがないので風強の日に走行すると強い風にハンドルを取られそうになることがしばしばあります。 風よけを設置したところで海上の吹きっさらしですから、風よけ自体が耐えられないんじゃないかと思えるほど。 道路を管理するネクスコ東日本ではアクアラインを通行止めにする明確な基準は公表されていません。 風速に応じて県警と協議の上判断をしているということです。 こちらの動画がすごかったので参考にさせていただきますが、凍った路面とは言え横風でトラックが横滑りしています。 体を斜めに倒さないと歩くのも困難なくらいの暴風で、その時にはさすがに恐怖を感じましたね。 アクアラインの渋滞や通行止めの確認に便利な情報サイト アクアラインの交通情報の確認に便利なサイトをまとめてみました。 Go To Travelキャンペーンはじまるよ!一人最大2万円もお得! アクアラインには、なぜ風よけを設置しないのか? 安易に考えると、風が強いなら風よけをつくればいいじゃないかと思ってしまいます。 こちらも公式にはコメントはないのですが、風が強いからあえて風よけを設置していないということが考えられるんですよね。 もし風よけを設置した場合、暴風で破壊されてしまう可能性もあり、車と接触してしまったら大惨事になってしまいます。 また、維持管理、メンテナンスのためにかなりの予算が掛かってしまうことも考えられます。 なにより、風よけを設置されてしまうと、せっかくの美しい景観も見れなくなってしまいますから、風よけの設置を切望する人も少ないんじゃないかと思います。 アクアラインが通行止めになってしまった時の交通手段は? もしアクアラインが通行止めになってしまった場合は?という点も気になりますよね。 アクアラインを通って運行している主なバス会社は ・日東交通株式会社 ・小湊鉄道株式会社 ・鴨川日東バス株式会社 ・京浜急行バス株式会社 ・小田急シティバス株式会社 ・京成バス株式会社 など。 アクアラインが通行止めになってしまった場合には、運休もしくは陸路で迂回しての運行のどちらかになります。 陸路の迂回運行は各バス会社の判断になり、運休となってしまう場合もありますので注意が必要です。 高速バスの運行状況については、各社情報を発信していますので運休、迂回運行の情報は公式サイト、もしくは問い合わせで確認することをおすすめします。 まとめ わたしは行楽で使うことがほとんどなんですが、アクアラインの交通の利便性から木更津側に生活拠点を移した方、移そうと考えている方には気象条件での通行規制はほんとうに気になるところですね。 とはいっても年に数回程度、多い年もあれば少ない年もあるといった状況のようです。 ちなみにETCを利用した場合の通行料の割引(普通車で片道800円)は社会実験の枠組みとなっていて、当初は平成21年8月1日~平成26年3月31日までの予定だったんですね。 それが平成26年4月1日~当分の間に延期された形となっています。 当分の間?となんともアバウトな感じですが、木更津市では割引料金の恒久化に向けて要望を出しているそうです。 あくまでも要望ですから、この「当分の間」が突然終わってしまう、もしくは料金改定という可能性もないとは言えません。 料金が下がる改定なら大歓迎ですが、それはちょっと難しそうです。 アクセスも良く、便利な高速道路なのでぜひ恒久的な割引料金設定を目指して頂きたいものです。

次の

アクアライン交通情報ナウ(@aqualine_now)/2020年02月05日

アクアライン情報ナウ

東京湾アクアラインは神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ高速道路です。 利用することがたまにありますが、いつ運転しても凄いなぁと思います。 道路の両端は海ですし、途中からは海の中を走っていくんですよ。 この技術力って凄いですよね。 でも、東京湾アクアラインで渋滞が発生すると最悪ですよ。 1本道なので、どこかの料金所で降りるなんてことはできませんし、トイレ休憩も海ほたるパーキングエリアにしかありません。 そこで大切なのが渋滞予測や今現在の渋滞情報を確認することです。 スポンサーリンク 東京湾アクアラインの渋滞予測 東京湾アクアラインは、GW(ゴールデンウィーク)・夏休み期間のお盆時期・お正月を挟んだ年末年始・SW(シルバーウィーク)などの大型連休やハッピーマンデーで月曜日が休みになり3連休や4連休の休み期間には渋滞しますので、渋滞予測を確認して渋滞する時間を避けて東京湾アクアラインを通るスケジュールにするなどに活用できます。 スポンサーリンク リアルタイム渋滞情報 東京湾アクアラインは海の上と海に中を走る高速道路です。 天気が良いときは景色がよくドライブに最高ですし、デートで使うのにはいいですよ。 でも、海の上なだけに風の影響をもろに受けます。 特にミニバン・ワンボックスやバス・トラックなど車体を大きな車は横風を受けることになり、ハンドルを取られることがあります。 また、強風時には交通規制がかかり通行止めにため交通情報の確認も必要になります。 それと雨の日も注意が必要です。 タイヤの溝が少なくなっている状態で雨風が強い日に東京湾アクアラインを走るとかなり怖いです・・・というか怖かったです。 雨はフロントガラスに打ち付けて前がよく見えませんし、風で車が横にスライドしていくし、怖い思いをしました。 そのため、渋滞情報だけではなく天気予報や風の強さも確認しておくといいですし、車の整備もしっかりと行っておきましょう。 現在のリアルタイム渋滞情報や事故などの交通情報を確認したり、東京湾アクアラインの天気を確認するなら下記で確認できます。 東京湾アクアライン連絡道からきた車と三井アウトレットパーク木更津の利用者が木更津金田ICから乗ってくるため、その合流地点で速度が落ちて渋滞を発生させます。 料金所は何箇所も料金所があるため横に広がりますが、東京湾アクアラインは片側2車線なので10車線程度に広がって料金所を通過した車がまた2車線に戻るので混雑しますよね。 また、海の中を通り地下を走るため 上り坂と下り坂が発生し、そこでスピードが落ちることで後続車がブレーキを踏んで渋滞が発生します。 平日・土日曜日の所要時間 東京湾アクアラインの平日と土曜日・日曜日の休日の渋滞ポイントと所要時間を調べて見ました。 【平日】 平日はほとんど渋滞することがありません。 でも、注意しないといけないのは事故や強風による通行止めです。 渋滞を避けるためには出発する時間帯を変える必要があります。 上りなら15時~16時または20時以降に乗り、下りなら渋滞ピーク時間を避けて通るようにします。 GW・夏休み・クリスマスなどの渋滞は? 大型連休期間のゴールデンウィーク(GW)・夏休みは家族で日帰り旅行や家族旅行などで東京湾アクアラインを利用する車が多くなり予想以上の渋滞にハマることがあります。 昼間も車が多いですが、夜は海ほたるPAが満車で入れないということもありました。 夜はカップルが多くなり夜景を見に来ていますね。 ゴールデンウィーク(GW)は交通量が増えます。 大渋滞になってしまうと進みませんし、トイレ休憩も出来なく困ってしまいます。 時間帯をズラして予定を立てるのがおすすめ。 夏休みはお盆期間だけではなく、その前後1週間程の 8月8日頃~8月20日頃までは平日でも渋滞が発生します。 これは、企業・会社の夏休みの取得方法が多様化し、お盆時期をズラして取得する人が増えたためお盆の時期を挟んで休みを取得する人が増えたためですね。 なので、この時期は慢性的に渋滞している感じです。 クリスマスは、東京湾アクアラインは土日祝日でない限りは渋滞は発生しませんが 夜の海ほたるで夜景を楽しむカップルが増えます。 海の上で寒いため、車の中でクリスマスを祝っているカップルが多く駐車場が満車になることも。 初日の出渋滞もあります。 海ほたるPAで初日の出を見ようという人達が集まり、海ほたるPAに入るために渋滞が発生していることがあります。 海ほたるを過ぎると今までの渋滞がウソのようにスムーズになります。 スポンサーリンク あとがき 東京湾アクアラインの通行料金は高い!軽自動車で2470円、普通車で3090円なので海ほたるPAでUターンする人にとってはイタイ出費ですが、ETCを搭載している車はアクアライン割引が適用され軽自動車で640円、普通車で800円という料金で利用できるのでお得。 首都高速湾岸線から東関東道を通って行くよりも遥かに時間短縮になります。 ただ、東京湾アクアラインを利用するときは渋滞予測とリアルタイム渋滞情報を確認しておくといいです。 渋滞にはまって待ち合わせ時間に間に合わなかったり、予約時間に間に合わなかったりすることもありますので。 スポンサーリンク.

次の

アクアライン交通情報ナウ(@aqualine_now)

アクアライン情報ナウ

スポンサーリンク 渋滞発生のメカニズム まずは大渋滞発生の流れです。 大渋滞はだいたい14:00~18:00上り方向で発生します。 アクアライン利用車が増えてくる• 海ほたるPAで休憩する人が増える• 海ほたるPA入場するために減速する車がでてくる。 それにより軽い自然渋滞が発生• さらにPA利用者が増えると PAが満車になり入場待ち行列ができはじめる• 入場待ち行列がPAの外まで伸びてくる• 海ほたるPAを起点に渋滞発生• 渋滞がICまで伸びてくると ICで高速へ入場する車が並び始める• ICへの入場待ちで周辺道路が渋滞し始める• 渋滞を避けようと早く帰宅したい人が脇道を使い始める• 脇道にそれた車が大通りへ合流するところで詰まる 脇道の青信号時間は短い• 脇道が詰まる。 本道も予期せぬ合流が増えたことで更に進まなくなる• 右にも左にも動けなくなる MAX! MAXまで行ったときは木更津アウトレットからアクアラインに入るまでに2時間ぐらいかかることもあります。 アウトレットからアクアラインは1kmぐらいの距離なのにです。 ノロノロでも進んでいれば10㎞程度の距離なので30分程度で抜けれることが多いです。 木更津のアウトレットから帰宅する場合は、高速道路入り口まで渋滞に捕まる可能性が高いです。 天気が悪いと渋滞はほとんど発生しないこともあります。 下り方向は午前中は交通量が増えますが、渋滞とまではいかない混み具合のことが多いです。 進みは遅いですが、アクアラインに入ってしまえばノロノロ運転で進めることが多いです。 渋滞は通常の週末よりも悪化することが多いです。 天気が良い場合は、より注意が必要です。 逆に天気の悪い日は利用者が減るので渋滞は発生しにくくなります。 ですがその分、土日祝は深刻な渋滞が発生することもあります。 渋滞情報には常に注意しておいた方が良いです。 初日が雨だった場合、次の日の渋滞がひどくなることが多いです。 前日取りやめたレジャーを次の日にずらしている人が多いのかもしれません。 晴れ 混む。 天気良いとドライブにも行きたくなりますね。 曇り 晴れ未満、雨以上の込み具合。 雨 朝から雨。 このときは渋滞もかなり緩和されます。 午後から雨。 のような場合は渋滞が早めに発生することはありますが、渋滞はひどくはならないでしょう 渋滞に巻き込まれる前に・・・ アウトレットから帰る場合には車に乗る前に大通りに目を凝らしてみてください。 その時点で車の渋滞が見えるようなら黄信号です。 少し見ていても車が動いてない状態だったら危険信号です。 すぐに帰宅することを諦めてアウトレットでもう少し遊んでいた方が安全です。 どーしても渋滞には捕まりたくない! そんなときの回避方法です。 自宅の場所によってはアクアラインで渋滞を我慢するより早く帰れることもあると思います。 金谷まで行ってフェリーで久里浜へ行ってから帰る。 普段はなかなか乗れないフェリーで海を渡ってしまおうという渋滞回避策です。 渡航費がかなりかかってしまいますが、「最後まで楽しんで帰る」には最適なプラン。 貴重な経験ができるかもしれません。 アクアラインは使わないで陸周りで帰る 素直に東京湾をぐるっと回るルート。 アクアラインの位置から東京へ行く場合、陸回りで高速を使って帰ってもアクアライン経由とは10分~20分程度しか変わりません。 通常時 ただし、途中途中に渋滞ポイントがありますので、各所で渋滞に巻き込まれる可能性はあります。 予定通りの時間にたどり着けるかはわかりません。 渋滞が収まるのを待つ 18時を過ぎれば渋滞も徐々に収まってくるので収まるまで待つ回避方法。 安全ですが、帰りが遅くなるのが難点。 渋滞が発生する前に帰る 渋滞はだいたい14時頃から始まるのでそれより早く帰ってしまおうというもの。 渋滞は回避できますが、レジャーする時間はあまりとれないのが難点です。 所感 アクアラインを利用する生活を初めて10年以上になります。 木更津のアウトレットにもその周辺にもよく行きますし、その中で感じたことです。 大型連休中に大渋滞が発生するのは仕方ないのかもしれませんが不思議なことに大型連休の1週間前の土日に大渋滞が発生することが多いように感じています。 連休を避けて一週間前に先取レジャーをしている人が多いのかもしれません。 連休中に休みをとれないお仕事の方がその前後でお休になっているということもあるのかもしれません。 私の感覚値で、特に明確なデータがあるわけではありませんので、参考までにどうぞ。 この記事も読まれてます.

次の