帝国 石油 株価。 国際石油開発帝石(国際石開帝石)【1605】株の基本情報|株探(かぶたん)

帝国石油[株](ていこくせきゆ)とは

帝国 石油 株価

国際石油開発帝石は、石油・天然ガスの探鉱・開発事業を手掛ける企業。 国際石油開発帝石の株主優待は、毎年12月末時点の株主が対象となり、内容は「 400株以上を1年以上継続保有する株主に、保有株数と保有期間に応じて、1000~5000円分の『QUOカード』を贈呈。 さらに、100株以上を保有する株主の中から抽選で『直江津LNG基地』などの施設見学会に招待(当選人数などの詳細は未公表)」というもの。 国際石油開発帝石が株主優待を新設する目的は、「株主の皆さまの日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの方々に中長期にわたって当社株式を保有していただくこと」とのことだ。 なお、初回の2019年12月末に限り、保有期間が1年未満でも株主優待の対象になる。 62% 国際石油開発帝石の株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」と、自社の施設の見学会。 「QUOカード」をもらうには、400株以上を1年以上保有する必要があり、ハードルはやや高い(ただし、初年度は継続保有期間は問わない)。 しかも、株主優待利回りは400株を1年以上~2年未満保有した場合で0. 25%。 3年以上保有すれば0. 75%までアップするので、配当利回り2. 39%との合計利回りは3. 14%になるものの、投資額は80万円を超えるのが難点。 投資するなら、長期での保有を検討するほうがお得だろう。 国際石油開発帝石は、 石油・天然ガスの探鉱・開発事業を手掛ける企業。 2019年度より決算期を3月期から12月期に変更したため、今期は9カ月の変則決算。 通期の連結業績予想は、売上高が9880億円、営業利益が4720億円、経常利益が4600億円、当期純利益は900億円を見込む。 39% 【2020年5月27日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 19)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017.

次の

国際石油開発帝石(株)【1605】:信用残の時系列推移

帝国 石油 株価

95 2020年6月12日 807,900 6,895,000 -3,000 872,400 8. 53 2020年6月5日 810,900 6,022,600 28,100 368,000 7. 43 2020年5月29日 782,800 5,654,600 -25,600 -241,200 7. 22 2020年5月22日 808,400 5,895,800 -89,000 672,700 7. 29 2020年5月15日 897,400 5,223,100 64,400 603,100 5. 82 2020年5月1日 833,000 4,620,000 -133,100 8,100 5. 55 2020年4月24日 966,100 4,611,900 323,100 -227,700 4. 77 2020年4月17日 643,000 4,839,600 -96,100 609,000 7. 53 2020年4月10日 739,100 4,230,600 -768,800 685,900 5. 72 2020年4月3日 1,507,900 3,544,700 470,900 299,900 2. ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 4本値、出来高は実際の取引から最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

国際石油開発帝石(1605)、QUOカードの株主優待を新設! 12月末時点で400株以上を1年以上保有する株主にQUOカード贈呈、施設見学会も抽選で当たる!|株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

帝国 石油 株価

国産最大手。 1941年帝国株式会社法により国内石油開発の特殊会社として設立,他社石油鉱業部門の吸収・合併などにより国内油田の大半をその支配下に置く。 第2次大戦後の1950年同法廃止で民間企業となった。 1955年設立の特殊法人石油資源開発へ石油資源の調査・試掘部門の一部を分離・譲渡した結果,事業の中心を原油から天然ガスに移行。 秋田,新潟の石油,新潟,千葉の天然ガスを採掘するほか,東南アジア,アフリカで活動を行っている。 (現・新)と資本・業務提携している。 2006年4月,国際石油開発[株]と経営統合し共同持株会社の国際石油開発帝石ホールディングス[株]を設立・上場した。 本社東京。 2011年資本金2908億円,2011年3月期売上高9430億円。 売上構成(%)は,原油59,天然ガス36,その他5。 海外売上比率39%。 ,帝石。 1941年,帝国石油株式会社法に基づき,石油資源の開発を促進することを目的に,政府,民間それぞれ半額出資の資本金1億円で設立された。 そのに設立された帝国石油資源開発 株 の事業を継承し,日本の石油鉱業を整備する中核体とされた。 42年には日本石油 株 ,日本鉱業 株 ,旭石油 株 ,中野興業 株 4社の石油鉱業部門を政府方針で吸収,その後も43年から45年にかけて,日本石油鉱業 株 など石油鉱業4社を合併して国内油田の大半を支配し,国産原油の一元的開発を行った。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 世界大百科事典 内の帝国石油[株] の言及.

次の