姫野 和樹 ジャッカル。 ジャッカルとは?ラグビー由来と姫野和樹のプレーがすごい!|まんまる。

「ジャッカル」姫野和樹らサプライズ訪問 ブーム続く少年ラグビースクールとトヨタ交流 児童ら「姫野選手はパパより大きかった」(中日スポーツ)

姫野 和樹 ジャッカル

ラグビーのトップリーグ(TL)は25日、都内でプレスカンファレンスを行い、参加16チームの監督、主将が集結した。 日本代表のトヨタ自動車FW姫野和樹主将(25)はW杯での活躍で代名詞となった「ジャッカルを見てほしい」と熱く語り、優勝、ベスト15、MVPを目標に掲げた。 その先に23年W杯フランス大会で世界トップクラスの選手になる夢を描いた。 TLは来年1月12日に開幕。 1回戦総当たりのリーグ戦で雌雄を決する。 目指すべき頂は、高ければ高いほどいい。 チームは2年連続4位。 目標を問われて「優勝」と即答した姫野は、個人としても「ベスト15とMVPは取りたい。 そこを目標にしないといけない」と熱く言い切った。 チームとしても、個人としても頂点を極める。 「そこにいくためにはもっともっと努力しないといけない。 ベスト4という目標に対して、ここまでやればいいというスタンダードが、優勝となると上げないといけない」と覚悟を口にした。 さらに上のレベルに上がる下地はある。 W杯ニュージーランド代表主将で127キャップのナンバー8キーラン・リード(34)が加入。 姫野は「タックルのところはむちゃくちゃ盗みたいですね」と生きた教科書から学ぶ思いだ。 6月には麻薬および向精神薬取締法違反で所属2選手(すでに懲戒解雇)が逮捕された。 チームは11月まで活動自粛。 ボランティア活動などに励んだ。 W杯でチームから離れていた姫野は「絆は強くなった。 W杯でみんなの苦労を見られなかったので、その分みんなで笑いたい」と誓う。 ブームを巻き起こしたW杯。 「そこは狙っている。 ジャッカルは見てもらいたい」とアピールする。 17年、入団1年目でトヨタ自動車の主将に就任し、その苦労から部屋で泣いた日もあった。 「もう泣かないです。 強くなったので」。 W杯を経て一回り成長した姫野が大きな目標に挑む。

次の

【エンタがビタミン♪】姫野和樹“ジャッカル”流行語大賞有力候補の声 子どもから女性ファンまで浸透

姫野 和樹 ジャッカル

9月28日、静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアムの日が落ちた頃。 ラグビー日本代表の姫野和樹は、ラグビーワールドカップ日本大会のアイルランド代表戦に出場していた。 相手は当時世界ランク2位と強敵。 予選プール4戦を通し初の8強入りを目指す日本代表にとって、大きな壁だった。 しかし、当時25歳で身長187センチ、体重108キロの戦士は強靭さで際立つ。 球を持てばぐいと前進してトライをお膳立て。 何よりあの決定的なワンプレーによって、勝利を一気に引き寄せた。 後半24分頃。 攻めのフェーズは8を数えたところで、姫野が相手ランナーの持つ球へ腕を差し込む。 絡みつく。 離れない。 接点で相手を絡み、奪う、ジャッカルと呼ばれるプレーだった。 まもなくレフリーの笛が鳴り、アイルランド代表はノット・リリース・ザ・ボールという倒れた選手がボールを手放さない反則を犯してしまう。 姫野のジャッカルが、ピンチを迎えた日本代表にペナルティーキックを与えたのだ。 試合後のミックスゾーンは黒山の人だかり。 その時、柵の向こうで殊勲の姫野は何を語ったのだろうか。 協調したのは、大勝負に挑む心のありようについてだった。 以下、共同取材時の一問一答の一部(編集箇所あり)。 「チームの窮地を救いたい気持ちでがむしゃらにボールに絡んでいこうと。 「今日はこのプレッシャーを楽しめる余裕が試合前からありました。 試合をしながらも、楽しいという笑顔がこみ上げていました」 圧力を楽しむ。 その境地に達した先に、決定的なジャッカルがあった。 ここから質疑の内容は、それ以外の試合の場面に及んだ。 ただし雰囲気は悪くなっていなかった。 「まったくなっていないです。 自分たちの形で(を崩されて)トライを取られたわけではないので、ネガティブになる必要はないとチームのなかでも話した。 ディフェンスも機能していて、コンタクトでも食い込めていた。 結果、相手の反則が増えました。 「イメージ通りにボールキープをするなか、相手が我慢をしきれずにペナルティをすることが多くあったので、狙い通り。 「ブレイクダウン(接点)のところは鍵になると思っていたので、そこをうまくできたんじゃないかと」 愛知の春日丘高校(当時名称)を経て、帝京大学入り。 3年時にはワールドカップイングランド大会をテレビ観戦していた。 2017年にはトヨタ自動車で新人ながら主将となり、同年、代表デビュー。 自然な流れで有言実行を果たしたのである。 今回は自分がフィールドに立って歴史的勝利。 「素直に嬉しいですよ。 4年前は悔しさもあって、必ず次の日本大会には…という明確な目標ができた。 それを実際に達成し、アイルランド代表を倒して。 「まぁ、そうですね。 苦しかった分、こういう勝利、最高の形に帰ってくる。 「勝って兜の緒を締めていかないと。 今日はしっかり喜んで、明日以降は次の試合に向けてメンタルチェンジをしていきたいです」 その言葉通りチームは4勝。 8強入りを果たした。

次の

トヨタ姫野和樹「ジャッカル」五郎丸からボール奪う

姫野 和樹 ジャッカル

「2本、絡めてよかった。 次戦も... 」と姫野選手 ラグビーには「ジャッカル」と呼ばれるプレーがある。 タックルされた相手選手に「立ったまま」で、ボールを奪いに行く行為だ。 ジャッカルという動物は、主に南アジア~中東、アフリカに生息する「犬」のようなものだ。 その「ジャッカル」が、後ろの2本足を立てて捕食することを模して、立ったままボールに絡むプレーを「ジャッカル」と呼ぶ。 10月5日に行われたサモア戦、姫野選手は少なくとも2つのジャッカルで、相手からボールを争奪した。 象徴的だったのが、後半11分。 倒れた相手のボールを奪いにいく「ジャッカル」で相手の反則を誘った。 そこから、反撃が生まれた。 姫野選手の上腕周囲は約45センチ。 一般女性の太ももぐらいのサイズだ。 その両腕で「ガボッ」と抱え込まれたら、屈強な外国人選手もボールを動かせない。 「ノット・リリース・ザ・ボール」(寝ころんだ状態でボールを放さない反則)を誘発し、日本を勝利に導いた。 姫野選手は試合後のインタビューで、 「(ジャッカルを)2本は奪えて、よかった。 (スタジアムの)コール、最高でしたね。 (出身である愛知県の)地元で愛されていると実感しました。 お世話になった方もたくさん見に来ていましたし、自分のプレーを見せることが恩返しになる。 次も頑張ります」 とコメントしている。

次の