陰毛 剃る かゆみ。 男性必見!陰部や股間が蒸れてかゆくなる原因4つと対策法。痒みや蒸れを1人で悩まないで!

陰部がかゆいのは病気?陰毛の病気、毛じらみの対策|メンズ脱毛 大阪【YES】男性専門エステ

陰毛 剃る かゆみ

このページの目次 OPEN• デリケートゾーン処理のかゆみ おすすめな対処・予防法 ここからは、デリケートゾーンを剃った後のかゆみに悩まないように、対処法、予防法をご紹介していきます。 ご自分のライフスタイルにあっていると思うものから、試してみてください。 応急処置・ヒューマンフローラトライアルセット まずは応急措置として、 「ヒューマンフローラトライアルセット」という裏技です。 そもそも基本的に、デリケートゾーンの陰毛に関しては「剃る」という処理はオススメしません。 でも、もし既に剃ってしまっていて 「かゆい!今すぐ何とかしたい!」という事であれば、おすすめのスキンケアを紹介します。 「ヒューマンフローラシリーズ」は、人間の皮膚に生息する皮膚常在菌を育てることを目的にしたスキンケア。 腸の中に腸内細菌が居るように、皮膚にも皮膚常在菌が居るんですよ。 その皮膚常在菌が肌を守る粘膜を作ってくれているのですが、カミソリを当てたりゴシゴシ洗いすぎたりすると、皮膚常在菌を落としすぎてしまって乾燥肌になります。 まだまだ男性向けの脱毛サロンは少ない中でも、店舗数が多く通いやすいのがメリットです。 男性の脱毛は圧倒的に「ひげ」がメインですが、もちろん陰毛もOK。 RINXは日本ではじめて、男性専用の脱毛器を独自開発し、太く濃い陰毛にも対応します。 ブラジルでは、男も女も首から下は陰毛もは完全に処理してツルツルにするのが当たり前の文化。 当然、デリケートゾーンのかゆみやチクチクの問題が出てくるので、それに対処するための方法がブラジリアンワックスです。 ブラジリアンワックスは、まず処理したい陰毛部分全体にジェル状のワックスを十分に塗り込んでから、数分放置します。 ジェルに含まれる保湿成分などが肌と陰毛に浸透していき、毛穴が柔らかくなって抜けやすくなります。 そうしてから、専用の粘着テープをターゲットに貼り付けて、一気にビリッッ! つまり、中学校の頃に男子がやってた 「ガムテープの刑」ですね(笑) デリケートゾーンのブラジリアンワックスの仕方 デリケートゾーンを剃った後にかゆみが出る原因 デリケートゾーンを剃った後にかゆみの対処法について紹介してきましたが、そもそもかゆみの原因って何でしょうか? 陰毛を剃った後にかゆみが出る原因についても解説します。 原因がわからなければ対処法もわかりませんので、理解しておきましょう。 剃った毛先が尖っている 通常、陰毛は先端に向かって徐々に細くなっていきますが、剃るということは途中で切るということですので、その切っ先はどうしても尖ってしまいます。 その毛が伸びてくると、先端が太く尖った毛が肌に触れますので、チクチク、かゆみを感じるのです。 場合によっては、性器の内部を刺激したりしますので、非常に痛いこともあります。 皮膚が乾燥している 実は、かゆみに関しては皮膚の乾燥のほうが大きな原因。 そもそも、カミソリというのは少なからず肌を傷つけます。 それはシェービングクリームを使用しても避けられないこと。 肌の上には潤いを保つ皮脂のバリアがありますが、カミソリでそのバリアごと削り取ってしまうため、処理の後の肌はどうしても乾燥します。 そこで、シェービングの後にはかならず保湿クリームをしなくてはいけないのですが、そのクリームが肌にあっていないと、逆にかゆみが増す事もあります。 また、市販のアフターシェーブクリームは 「ひげ用」に作られていることも多く、消毒用のアルコールなどが染みるので、使うのを嫌がる人もいますよね。 デリケートゾーンの処理後は、低刺激なボディクリームを使うようにしましょう。 洗いすぎ デリケートゾーンの陰毛を剃った後、シェービングクリームを流すために石鹸で洗いすぎになっていませんか? また、その後かゆみが生じるのは「不潔なせいなのでは?」と思ってさらにゴシゴシ洗ってしまう人もいます。 これは完全に逆効果。 前述のように、皮膚の表面は潤いのバリアで覆われており、そこには肌を守ってくれる皮膚常在菌が住んで似ます。 石鹸やボディソープで洗い過ぎでしまうと、皮脂のバリアや皮膚常在菌まで洗い流してしまい、かえって肌を乾燥させてしまいます。 また、陰部の 「黒ずみ」を気にされている方も洗い過ぎになる傾向がありますが、 黒ずみは色素沈着ですから洗っても落ちません。 むしろ肌を乾燥させてさらに悪化させてしまいますので、デリケートゾーンは基本的にシャワーで流す程度、ソープでしっかり洗うのは週一程度にしておきましょう。 もしくは、ヒューマンフローラのような皮脂を落としすぎないスキンケアシリーズを使用して、肌をいたわってあげてください。 高級スキンケアが1000円で使える! 除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という強力なアルカリ性薬剤が使用されています。 これは体毛のタンパク質を溶かしてしまう物質で、実はパーマ液と同じ原料。 パーマ液は髪の毛のタンパク質をちょっとだけ溶かすことで、髪の毛を変形させます。 除毛クリームは、それより更に強力な濃度で、体毛を完全に溶かしてしまうのです。 言うまでもなく、これは肌にかなり負担になるため、除毛クリームで肌荒れやニキビになる方も多数。 そして、デリケートゾーンとはその名の通り肌が薄くてとてもデリケートです。 除毛クリームは脇の下やスネに使うものであり、 デリケートゾーンには絶対に使わないでください。 毛抜きで陰毛を抜く 剃るのがダメなら、ピンセットのような毛抜きで抜いてしまえば良いのでは? そうすれば毛先がとがることも無いだろう!と思いますが、これもNG。 毛抜きは、そもそも身体のどこであっても良い処理方法ではありません。 ピンセットで陰毛を引っ張って抜いてしまうと、その周りの皮膚が傷ついて毛穴が開いたままになります。 毛を抜いた後が赤くポツポツするのは、毛穴の周りの毛細血管が切れているから。 さらに、 開いたままになった毛穴から細菌が侵入し、感染症になることも。 デリケートゾーンは普段は衣服で隠れており、汗で蒸れやすい部位です。 細菌が繁殖するには絶好の条件ですので、陰部を毛抜き処理するのは結構危険なんです。 ミュゼなら安全に陰毛処理・痛くない! まとめ・デリケートゾーンは剃らずに処理しよう 今回は、デリケートゾーンを剃った後のかゆみ、チクチク、赤みなどについての原因と対処法をご紹介しました。 女性であれば、下着や水着から無駄毛が見えるなんて絶対避けたいですよね。 それに、アンダーヘアは実は彼も気にしているかも。 男の人はなかなか口には出しませんが、実は女性の陰毛がボサボサだと結構萎えるみたいです。 かといって、赤くボツボツで汚れているのも嫌だし、何よりかゆみ、チクチクは自分が辛いですよね。

次の

「陰毛が痒い!」人には聞けない女性の悩みを4つの方法で解決

陰毛 剃る かゆみ

男性の脱毛でも「ビキニライン」とか肛門部分とか、陰毛部分の脱毛をよく聞きます。 では脱毛以前に「陰毛を処理するメリットってなんぞや?」って話なんですが、実は結構効果が高い事をご存知でしょうか? 今回は陰毛を処理するメリットについて紹介したいと思います。 もう想像がつくとは思いますが、僕はやった事ありますし、既に脱毛で陰部は全部トゥルンですよ、無毛です。 だって…邪魔でしょ…陰毛…。 陰毛を処理すると臭いが減る これ実は男女共に言える事なんですが、陰毛を処理すると臭いが減ります! 生々しい事を言うと顔を近づければよくわかるんですけど、臭いがいつもと全く異なるのです。 だから陰毛部分の毛を少しでも減らして処理するのは結構効果的なんですよ〜。 やっぱり臭いが多い時点でちょっとアレじゃないですか…嫌じゃないですか…つまりパートナーにも良い点はあるって事なんですよね。 実際にやらないとわからない 所がどっこい、これは実際にやらないとわからないのが困った所です。 こんな事言われても「ホントにぃ〜??」って思ってしまいそうですが、本当に臭いが全く違います。 また蒸れる事もなくなるので、その点でもまた臭いが異なるのです。 だから実は臭いの点で言えば、陰毛を処理するのは絶対的に有りなんです。 試しに恋人同士や夫婦同士でお互いに処理してみてください、マジで全然臭い違いますよ。 しかしまぁ…僕は何言ってんでしょうね…書いてて恥ずかしくなってきました…(笑) 蒸れる事が減って清潔になる 陰毛を処理している事によって蒸れる事も減ります。 運動をした時はもちろん、夜のハッスルタイムでも陰毛部分は結構蒸れます。 どちらも盛り上がれば盛り上がるほど蒸れます、困ったものです。 この蒸れるのを防ぐ効果もあります。 個人的にはこれが一番大きい気がしてなりません。 陰毛に限らずムダ毛をなくすと、汗をかいたり体液がついた際に蒸れないのが爽快なのです…!! 股間部は案外蒸れやすい 運動をした時はもちろんですが、眠っている時も結構陰毛部分は蒸れやすいです。 夏場に陰毛が蒸れて痒くなる事は誰でもあるでしょう。 そういう事も陰毛を処理する事で軽減する事が出来ます。 だから陰毛の処理は夏にこそ効果を発揮しやすいと言えます。 普段は陰毛を処理しない人でも、夏には陰毛を処理してみる事を僕はオススメします。 でも全剃りは微妙かも よく海外の人はトゥルンだと言う話を聞きます。 サッカーの海外組の選手などもよく「ヨーロッパでは全剃りが普通」という事を話しています。 つまり彼らはトゥルンなわけです。 トゥルントゥルンです。 陰毛が全く無い状態ですよ。 ですがそれはあくまで「脱毛した場合」は良いかも知れませんが、自分で毛を剃った場合には別の問題が発生するので注意して欲しい。 それはチクチクでございます。 全剃りするとチクチクして痛む これやった事は「あるあるあるwww」って思うでしょうけど、生えてくる際にチクチクして痛むのです…。 当然ですがパートナーとハッスルダンスを踊る時にもお互いにチクチクします。 チクリンです。 だから実は全剃りするのはすっごく微妙です。 脱毛で全部トゥルンにするのは有りかも知れませんが、剃った場合は色々な意味であまり良くありません。 部分的に剃るのは有りだとは思います。 ですが全体を剃るとチクチクするし、生えてくる時にチクチク、ハッスルダンスでチクチクで良い事なしです! もちろんコレも僕は経験者です…(笑) パートナーが引く可能性も これはもちろん相手次第でしょうけど、トゥルンだとパートナーが引く可能性もあります…(笑) 元々知っている人は良いかも知れませんが、初対面の場合はちょっと引くかも知れません。 ある意味ではこれも男性が陰毛を処理するデメリットの一つでしょう。 と言ってもあくまで全剃りをしていたら引くぐらいで、別にちょっと処理をしてあるぐらいでは特に何も言われないと思います。 むしろ男性も女性も今は陰毛を多少は処理する時代だと思いますしね。 陰毛処理のやり方 陰毛処理のやり方については一応複数あると言って良いでしょう。 とりあえず一つづつ紹介したいと思います。 陰毛をカットする 陰毛が長い人はそれこを頻繁にからみ合って最悪なハーモニーを奏でるので、カットしてしまうのも手です。 長過ぎるモジャモジャな陰毛を手にとり、間違えて大事な部分を切らないように慎重に切りましょう。 ハサミを使っても良いですし、カミソリなどでガリガリと削るのも手です。 ただしカットをすると更に陰毛が尖るので悪化する可能性もあるので注意です。 ちなみに剃る場合でも先にカットする事をオススメします。 カミソリで剃っちゃう 最もポピュラーなやり方でしょう。 カミソリで剃っちゃえば良いんです。 でもこれをやるとするなら、まずはカットしてからにしましょう。 長い陰毛をそのまま剃ると凄く大変になりますし、絡み合って嫌なハーモニーを奏でます。 それを防ぐためにまずはカットをする。 その後にお風呂などでしっかりと陰毛を濡らして保湿をしてから石鹸などで泡立ててから剃りましょう。 試しに全剃りしたい人はやってみても良いとは思いますけど、結構荒れたりするのでオススメしません…僕は過去にやってみたらヤバイぐらい荒れました…。 やるとしても終わったら必ず保湿するなどをしてスキンケアを怠らないようにしましょう。 ただ一度やってみると「毛剃が如何に良くないか」を実感出来るので、それを実感するのも手です。 脱毛しちゃう 一番ベターなのがやはり脱毛です。 サイト内では何度も言ってますが、やはりムダ毛の処理をするなら脱毛するのがベターなのです。 結局何度も剃ったりすると、どうしても肌を痛める事になるので僕はオススメしません。 やはりムダ毛処理は脱毛が最強だと言う事です。 合わせて読みたい 実際にやってきたので参考にどうぞ。 僕は結局8回を終えて更に継続して脱毛を続けています。 それぐらい陰毛がない状態を気に入ってます、本当にオススメ。 若い人ほど絶対にやるべきでしょ、案外女性からのウケも良いですよ(笑) 陰毛を脱毛したメリットまとめ 個人的に陰毛をずっと脱毛してきて感じたメリットをまとめておきます。 蒸れない• 痒くなりづらい• 臭くなりづらい• 顔を近づけやすい(意味は察してください)• 口に陰毛が入らない(察してください)• サイズが大きく見えやすい(らしい)• 清潔感が増す(少なくともボーボーよりは) とりあえずこれらです。 僕は趣味で運動をよくやるので、そういう時にもこの「清潔感」「スッキリする」は強く感じます。 特にお風呂に入ったりした時ですね。 陰毛に絡んで蒸れる事が一切ないので、とても清潔です。 唯一のデメリット これがただ1つのデメリットです。 またちょっとオブラートに包んで書きますが、ハッスルタイムが長引き過ぎて、体液がずっと付着したまま放置すると荒れやすくなります。 ただこれはハッスルタイムが1時間以上に渡った場合、もしくはハッスルタイム後にお風呂に入らない場合です。 事後にお風呂に入ればまぁ問題はありません。 また僕は敏感肌なので、そういう意味でも荒れやすいだけかもしれないので、一概に誰もが荒れやすいとはいえない部分はあります。 剃ったりカットするなら絶対脱毛をオススメ ハッキリ言いますが、脱毛を経験していると、剃っている状態の人を見ると引きます。 例えば触れた時でも剃っている人、カットしている人の場合は痛いんです。 カットした場合は毛が尖っているので痛い、剃っている場合は生えてきた陰毛がチクチク刺さって痛い。 どちらにせよパートナーに不快感を与える事になります。 ですが脱毛の場合は違います。 チクチクする事がなく、パートナーは痛みを感じないので、パートナーにデメリットを与える事はないのです。 僕は100%脱毛をオススメします。 脱毛をしている時点で、女性にこの点はアピールが出来ると思います。 お金に余裕がある(高いしね)• 美意識が高い(普通やらないしね)• 女性に配慮が出来ると思われる• ただし遊んでいると思われる(普通やらんしね) とまぁこんな感じになってしまいます。 純粋キャラを持って行きたいならちょっとデメリットになりかねませんが、普通に女性を口説く場合は問題ないと思います。 ちなみに僕が完全にトゥルンである事を知って引いた素振りを見せた女性はほとんどいません。 むしろ興味本位で「見せて」って言われることの方が多いです…(笑) 慣れると凄く快適で楽 もちろん陰毛を処理する事に最初は違和感を覚えるかも知れませんが、慣れると結構快適になります。 個人的には陰毛の処理は推奨しております!(笑) やっぱり蒸れるのが一番嫌です…あとたまに…絡むじゃないですか…竿に…それがちょっとね…(笑) 陰毛なんてハッキリ言ってそれこそ「ムダ毛」だと僕は思っているので、最低限カットするぐらいはやった方が良いと思います。 ただ何度も言いますが、カミソリなどでの全剃りはホントにオススメしません…(笑).

次の

すね毛を剃るとかゆい症状や赤いブツブツができるのは何故?

陰毛 剃る かゆみ

すね毛を 剃ると かゆい症状や赤いブツブツができるのは何故なのか説明しています。 まず、カミソリ負けのかゆい症状や赤いブツブツの正体を説明し、深剃りや逆剃りをしている場合はどうなるかや、すね毛を綺麗に剃る方法についても説明しています。 もし、カミソリ負けの症状が出た場合は、オロナインを塗りましょう。 スポンサーリンク カミソリ負けのかゆい症状や赤いブツブツの正体は? すね毛などの無駄毛をカミソリで処理した後は、かゆい症状がでたり、赤いブツブツができてしまいますが、これは、カミソリを使うことで、すねの皮膚に 細かい傷が付いてしまい、そこから 細菌が侵入して、 炎症を起こしている状態だそうです。 また、つい 保湿クリームを塗ってしまいがちですが、傷口に保湿クリームを塗っても効果がないので、擦り傷を治療するときの外傷用の軟膏の オロナインを塗るといいそうです。 深剃りや逆剃りをしている すね毛などの無駄毛の処理で、カミソリを使う場合、1回でサッと剃るだけでは、綺麗に剃れないので、つい 何度も往復させて剃ったり、 深剃りや逆剃りをしてしまいますが、あまりこれをやってしまうと、毛だけではなく、 薄い皮膚も削ってしまい、軽い擦り傷をしている状態になるそうです。 そして、これを何度も繰り返すうちに、皮膚の 角質層もどんどん減っていくために、 肌が乾燥しやすくなり、保湿を保つのが難しくなるそうです。 スポンサーリンク すね毛を綺麗に剃る方法は? すね毛は、剃り方を間違えると、 毛が濃く見えたり、 肌を傷つける危険があるので、正しく剃りましょう。 お風呂に入り毛を柔らかくする お風呂に入り、肌や毛に水分を十分に与えて、毛を柔らかくすると、太い毛も楽にそることができるそうです。 毛穴を開く方法 毛穴を開く方法ですが、これは、濡れタオルを温めて、それを肌に当てて肌を蒸らします。 こうすることで、毛穴が開き、剃るときの肌のダメージを抑えることができるそうです。 クリームやシェービングジェルを塗る 剃るときには、必ずそのまま剃るのではなく、クリームやシェービングジェルを塗ってから、剃りましょう。 こうすることで、肌をカミソリ負けから守り、綺麗に剃ることができるそうです。 優しく逆剃りする そして肝心な剃り方ですが、まず、優しく毛の流れに逆らって逆剃りをします。 この時に注意することは、何度も同じ箇所を往復せずに、優しく撫でるように剃ることが重要だそうです。 仕上げは眉用シェーバーを使う 剃り残しを処理するには、再度シェービングクリームを塗り、カミソリではなく、眉用のシェーバーを使うのがコツで、これもゆっくり撫でるように剃っていきましょう。 最期にアフターケアをする 剃り終わったら最期に、保湿クリームを塗りアフターケアをしますが、もし、カミソリ負けをして、かゆい場合や赤いブツブツができてしまった場合は、保湿クリームではなく、擦り傷用の、オロナインを塗って、炎症を抑えるようにしましましょう。

次の