天草下田温泉。 天草下田

天草下田温泉「湯の郷くれよん」公式サイト

天草下田温泉

JRでお越しの方 JR熊本駅をご利用の場合は、博多駅から九州新幹線で熊本駅 所要時間約40分 へ。 三角線行きに乗り換え、終点三角駅まで 所要時間約50分。 三角駅からは車で1時間30分。 三角駅からバスをご利用の場合は松島行きに乗り(所要時間約30分)、松島で乗り換え本渡バスセンターまで約50分。 本渡バスセンターからは定期便もしくはタクシーをご利用ください。 JR長崎駅をご利用の場合は、博多駅から特急「かもめ」で長崎駅へ 所要時間約2時間。 JR長崎駅からはレンタカーかタクシーでながさき出島道路を経由して茂木港まで約15分、苓北観光汽船で富岡港へ(所要時間約45分)。 富岡港からは定期便もしくはタクシーをご利用ください。 レンタカーの場合は五足のくつまで約15分です。 [無料定期便の運行について] 天草下島内では無料定期便を運行しておりますが、 3 日前までにお申し込みください。 なお、お迎えは 14 時 30 分以降、お見送りは午前 9 時、 11 時でございます。 お早めにご予約ください。 ご了承ください。 滞在中の観光のお手伝いはできかねますので、どうぞご了承くださいませ。 〈飛行機〉 羽田空港、関西空港、伊丹空港、中部空港、名古屋空港、松山空港などから福岡空港もしくは熊本空港、長崎空港へ。 天草空港からは無料定期便もしくはタクシーをご利用ください。 amx. 博多駅からは九州新幹線にて熊本駅 所要時間約40分 へ。 熊本駅からはバス、JR、レンタカーいずれかに乗り換え天草へお越しください。 三角駅からはレンタカーで1時間30分。 三角駅からバスをご利用の場合は松島行きに乗り(所要時間約30分)、 松島で乗り換え本渡バスセンターまで約50分。 本渡バスセンターからは無料定期便もしくはタクシーをご利用ください。 本渡バスセンターからは送迎いたします。 熊本駅から約2時間30分。 国道266号を経由して天草五橋を渡り、国道324号線を通り、天草下島横断道路を利用して、国道389号へ入り、下田温泉を目指してください。 松橋インターから約2時間。 本渡バスセンターからは定期便もしくはタクシーをご利用ください。 松橋インターからは国道266号を経由して天草五橋を渡り、国道324号線を経由して、天草下島横断道路を通り、国道389号へ入り、下田温泉を目指してください。 松橋インターから約2時間。 さらに国道57号線、国道251号線を進み、小浜経由で口之津港まで約1時間10分。 島鉄フェリーに乗り鬼池港へ(所要時間約30分。 鬼池港からレンタカーで約40分。 shimatetsu. 長崎インターから国道324号線を経由して約7分で茂木港。 苓北観光汽船で富岡港へ(所要時間約45分。 鬼池港からレンタカーで約15分。 reihoku-kisen. jp) 〈新幹線・列車〉 新幹線や列車でJR博多駅へ。 福岡空港から天草エアラインに乗り換え天草空港へ(所要時間約35分)。 天草空港からは無料送迎いたします。 amx. 熊本駅からはバス、JR、レンタカーいずれかに乗り換え天草へお越しください。 三角駅からは車で1時間30分。 三角駅からバスをご利用の場合は松島行きに乗り(所要時間約30分)、松島で乗り換え本渡バスセンターまで約50分。 本渡バスセンターからは定期便もしくはタクシーをご利用ください。 本渡バスセンターからは送迎いたします。 天草下島横断道路を通り、国道389号へ。 熊本駅から約2時間30分。 JR長崎駅からはレンタカーかタクシーでながさき出島道路を経由して茂木港まで約15分、安田産業汽船で富岡港へ(所要時間約45分)。 富岡港までは定期便もしくはタクシーをご利用ください。 レンタカーの場合は五足のくつまで約15分です。 reihoku-kisen. 国道266号を経由して天草五橋を渡り、国道324号線を経由して本渡方面へ。 天草下島横断道路を通り、国道389号へ。 松橋インターから約2時間。

次の

熊本県天草のおすすめ日帰り温泉15選

天草下田温泉

天草下田概要 天草灘の落日と下田温泉 下田温泉は、天草下島の西海岸に位置し、雲仙天草国立公園の中心部にある天草有数の天然温泉である。 下田温泉のある天草島は、上島と下島、さらに周囲に散らばった大小120の島々からなっている。 浸食地形、沈降地形や砂州の発達によって、素晴しい海岸地形を見せていることから、昭和31(1956)年には雲仙天草国立公園に指定され、更に、昭和45(1970)年には、天草海中公園として我が国初の海中公園(現在海域公園)に指定された。 この美しい島天草が、観光的に大きな価値を占めるようになったのが、夢の架け橋として全国的に宣伝され昭和41(1966)年に完成した天草パールラインである。 大矢野島、永浦島、池島、前島、上島の全長17kmを結ぶ五つの橋は、島民の長年の夢を実現させたもので、それぞれが美しい造形美を見せている。 この架橋によって、天草は阿蘇と雲仙を結ぶ中継地点となり、九州観光に大いに役立っている。 ここ下田温泉は、天草灘を望み、長年の浸食作用によってできた断崖や洞門などが続き、海岸風景の素晴らしいところである。 夏から秋にかけて、温泉付近の海岸では、海水浴、アジ、クロダイなどの釣りを楽しむ人を多く見かける。 釣りと観光を楽しんだ後は、温泉に入浴し、天草灘の新鮮な海の幸を味わうことができる。 宿泊施設としては旅館、民宿10軒があり、温泉センターも利用可能である。

次の

下田温泉は天草の名湯。温泉と一緒に夕陽や海も満喫しよう

天草下田温泉

コロナウイルスの影響でしばらく、営業を自粛しておりましたが無事再開する事となりました。 色々なお客様からの、ご心配そしてはげましのお電話やお手紙ありがとうございます!! たくさんの愛を感じられた期間となりました。 まだまだ、大変な思いをされてらしゃる方々が多いいと思います。 営業できる事、そして健康に働ける事に感謝をしながら、これからもがんばっていきたいと思います。 令和2年5月20日 ごあいさつ 泉屋旅館の創業は明治17年、天草下田温泉でも歴史ある老舗旅館のひとつです。 始めは業者さん相手の木賃宿として営んでおりました。 宿の中は天草弁が飛び交う、田舎くさい素朴な小宿です。 一人一人のお客様との出会いを楽しみ皆働いております。 日常の騒音を離れて、ゆっくりとした天草の風を感じてみませんか。 五代目宿主 禁漁中だった天草の伊勢海老漁が8月末に解禁します!。

次の