給付 金 申請 の 仕方。 【コロナ】自営業の僕が持続化給付金を申請してみた[感想:申請すれば100万円]

10万円給付申請期間いつからいつまでで申請の仕方は?申請書でマイナンバー必要?

給付 金 申請 の 仕方

4月8日 水 以降、東京都を中心にして緊急事態宣言が発効されたこともあって、多くの企業が営業活動を自粛せざるを得ず、売上が激減しています。 そこで経済産業省では、特に大きな影響を受けている事業者に対して、最大200万円の給付金を支給することに決定しました。 以下主な要件となります。 対象となる事業者 中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とします。 なお、以下いずれかの条件を満たす大企業は対象外です。 資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。 資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。 また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。 また、2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があることも要件です。 給付上限額 法人:200万円 個人事業者等:100万円 給付金額の計算方法 2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者が選択します。 電子申請の場合、申請後、2週間程度で給付される予定です。 申請に必要な書類 住所や口座番号に加え、以下をご用意ください。 2 持続化給付金・申請用ホームページにマイページ作成します。 3 マイページから申請情報入力、証拠書類をアップロードします。 4 確認が終了した際に、給付通知書(不給付の場合には不給付通知)を発送されます。 申請内容に不備等が無ければ2週間程度で登録した銀行口座に振り込れます。 まとめ この給付金の用途については指定がありません。 経営再建にかかる費用としては少額かもしれませんが、貰わないよりはマシです。 再起を図るために是非活用しましょう! 【よくある質問】 Q. 大企業でも申請できますか? A. いいえ、資本金10億円以上の大企業は申請できません。 また、大企業が実質的に経営するみなし大企業も対象となりません。 個人事業主や小規模事業者、フリーランスでも申請できますか? A. はい、申請できます。 NPO法人、社団、財団でも申請できますか? A. はい、申請できます。 医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。 補助対象経費は何ですか? A. 補助対象経費に特に指定はございません。 経営再建のための事業全般に活用することが推奨されています。 申請してからどのくらいの期間で給付金をもらえますか? A. 電子申請の場合、2週間程度で給付されるとのことです。 電子申請ではなく、窓口で申請できますか? A. はい、申請できます。 ただし感染対策のため、完全予約制になるとのことです。 売上が減ったエビデンスとして何を用意すればいいですか? A. 2019年の確定申告書類の控えと減収月の事業収入額を示した帳簿等をご用意ください。 不正受給が発覚するとどうなりますか? A. 給付金の全額に年3%の割合で算定した延滞金を加え、これらの合計額にその2割に相当する額を加えた額の返還をしなくてはなりません。 また、申請者の法人名等も公表されます。 刑事告発される可能性もあります。

次の

個人事業主100万・法人200万。持続化給付金の申請の仕方とは?

給付 金 申請 の 仕方

申請は世帯主が、3ヵ月以内に! 特別定額給付金は、市区町村が申請の窓口です。 「簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う」、としており、郵送もしくはオンラインで申請をすることになっています。 申請は世帯主が、世帯分をまとめて行います。 給付の対象は、2020年4月27日に住民基本台帳に記録されている人です。 郵送方式、それともオンライン方式? 「アベノマスク」のように、自動的に届けば手間はありませんが、現金給付ではそうもいきません。 公的な給付金は、自ら申請しないと受け取れませんが、特別定額給付金も例外ではありません。 待っているだけでは受け取れませんので、お住まいの市区町村にしましょう。 さらに注意すべき点は、申請には期限があることです。 申請の受付が始まる日は市区町村によって異なりますが、郵送での受付開始日から3カ月以内に申し込む必要があります。 受付開始日は市区町村のホームページで確認できますが、郵送の申し込みの書類でも確認できるので、急ぐのでなければ書類が届くのを待っていてもいいでしょう。 郵送での申請は、市区町村から送られる書類を返送 では、郵送での申請方法を見ていきましょう。 1 市区町村から申請書が送られてくる どの自治体もできるだけ早く発送するようにはしているものの、給付対象者の多い大都市圏では時間がかかる可能性があります。 東京都、以降など、自治体によっては5月2日現在未定のところも少なくありません。 (特別定額給付金申請書様式案)総務省資料より 2 申請書に必要事項を記入する 給付金は世帯ごとに給付になり、1人あたり10万円です。 3人家族なら30万円受け取れますが、印字されている給付対象者と金額を確認しましょう。 給付を希望しない人がいる場合には、右側のチェック欄にチェックを入れます。 それから、給付金の受け取り口座を記入します。 記入間違いがあると受け取りに時間がかかってしまいます。 通帳やキャッシュカードなどを確認しながら記入するといいですね。 3 本人確認書類のコピーと、振込先口座の確認書類を2に同封して返送 本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードのコピーを準備します。 振込先口座確認書類は、金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる、通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面のコピーです。 口座情報の間違いは、受け取りが遅くなるだけではなく、金融機関の事務処理が増えることで、金融機関の崩壊につながりかねません。 給付対象者が多いので、ひとつでもミスを少なくするためにできる限りの協力をしましょう。 4 振り込みを確認 振り込み時期もまた、自治体によって異なります。 人口規模の小さな自治体では5月中に給付が始まる見込みのところもありますが、詳細は各市町村のホームページなどで確認すると確実です。 郵送方式では、原本を郵送すると手元に書類が残りません。 給付金の振り込みが確認できるまで、念のため書類のコピーをとっておくことをおススメします。 また、郵送方式の受付開始日から3カ月以内が申請期限です。 忙しい毎日を送っているとつい1日延ばしにしがちですが、早めの手続きをしておきましょう。

次の

10万円の特別定額給付金、オンライン申請開始。よくある質問も更新

給付 金 申請 の 仕方

個人が受けられる給付金、手当 ・ どんな支援?:すべての国民に 一律10万円を給付する制度です。 2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人が対象です。 申請方法:申請方法は、郵送とオンラインの2種類。 詳しくはを確認してください。 また、受給権者は、その人の属する世帯の世帯主です。 つまり、世帯主がまとめて申請する形となります。 (関連記事:) ・傷病手当金 どんな支援?:健康保険等に加入していれば、病気やケガの療養のために仕事を休んだとき、 休業4日目以降の所得保障が行われます。 新型コロナウイルス感染症に感染し、その療養のために働くことができない人も、利用することができます。 支給期間:支給を始めた日から最長1年6カ月。 申請方法:加入している医療保険の窓口に、支給要件の詳細や具体的な手続きについて問い合わせをしてください。 どの保険に加入しているかは、健康保険証を確認しましょう。 ・休業手当金 どんな支援?:企業から個人への手当てです。 会社に責任のある理由で労働者を休業させた場合、 会社は従業員に対し、休業期間中に「休業手当」(平均賃金の6割以上)を支払う必要があります。 労働基準法で定められていますが、新型コロナウイルスの場合は緊急事態宣言が発令されており、「会社都合」の休業にあたるかについては議論が分かれています。 厚生労働省は事業者に対し、「労使がよく話し合って労働者の不利益を回避するように努力することが大切です」と。 厚労省は休業手当の対象となるケースとして、 「発熱などの症状があるという理由だけで、労働者に一律に仕事を休ませる措置をとる場合」などを挙げています。 相談窓口:「休業手当が出ない」「解雇された、雇い止めにあった」などのトラブルがあったら、各都道府県の労働局が設けている 「」に相談しましょう。 事業者が受けられる支援(雇用調整助成金、休業要請に応じた時の協力金、持続化給付金) ・ どんな支援?:経済上の理由で、事業活動の縮小を余儀なくされた 事業主に対し、雇用を維持してもらう目的で、休業手当の一部を国が助成する制度です。 支給対象は個人ではなく、「事業主」となります。 新型コロナウイルスの感染拡大で、特例措置として、助成を受けられる要件が緩和されました。 たとえば、従来は売り上げや販売量などを示す「生産指標」が「3か月で10%以上低下」が条件だったのに対し、「1か月で5%以上低下」とハードルを下げるなどしています。 申請方法:から、条件や申請方法などを確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも雇用調整助成金に関する問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 (関連記事:) ・休業要請の「協力金」 どんな支援?:各都道府県の自治体が、休業要請に応じた事業主に対して、 「協力金」を支給する制度です。 金額や支給の条件などは各自治体によって異なります。 たとえば、東京都は、1事業者に対し50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)のとしています。 申請方法:各都道府県の公式サイトに協力金の情報が掲載されています。 協力金制度があるか、確認するようにしましょう。 ・持続化給付金 どんな支援?:国から企業、個人事業主への給付金です。 新型コロナウイルス感染症の影響によって、 売上が前年同月比で50%以上減少している企業、個人事業主に支給されます。 給付額は、原則、法人が200万円、個人事業者などが100万円。 (ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限としています) 申請方法:経済産業省が創設しますが、4月22日時点で、申請方法などの具体的な詳細は未確定です。 4月最終週を目途に確定・公表するとしているため、を確認するようにしましょう。 電話での相談窓口は、0570-783183まで。 臨時休校で子どもの世話を行う保護者向けの支援 ・ どんな支援?:事業主への助成制度です。 小学校などの臨時休業に伴い、その学校に通う子どもの世話が必要な労働者(保護者)に対し、有給の休暇を取得させた事業主(労働基準法上の年次有給休暇を除く)に賃金相当額が助成されます。 労働者は正規、非正規雇用を問いません。 適用日、申請期間:適用されるのは、2020年2月27日~6月30日の間に取得した有給の休暇分。 また、申請期間は2020年9月30日までです。 申請方法:から、申請書などをダウンロードできます。 申請方法もこちらで詳細を確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 ・ どんな支援?:個人への助成制度です。 小学校などの臨時休業により、契約した仕事ができなくなった 個人事業主(保護者)に支援金が支給されます。 支給額は、就業できなかった日について、 1日あたり4100円。 適用日、申請期間:適用されるのは、2020年2月27日~6月30日の間で、申請は2020年9月30日までです。 申請方法:から、申請書などをダウンロードできます。 申請方法もこちらで詳細を確認してください。 また、コールセンター(0120-60-3999)でも問い合わせに対応しています。 コールセンターの受付時間は、土日祝日を含み9:00~21:00まで。 休業した人向けの「緊急小口資金」、失業した人向けの「総合支援資金」があります。 休業により収入の減少があったり、失業して生活が困窮したりした場合に、無利子で生活費を借りることができます。 申請方法:住んでいる市区町村の社会福祉協議会から相談・申請ができます。 市区町村名と、「緊急小口資金」または「総合支援資金」などでウェブ検索して、情報を確認してください。 多くの都道府県の公式サイトでも、市区町村の社協のリンク集などを掲載しています。 一般的な問い合わせは、コールセンター(0120ー46ー1999)でも受け付けています。 ・ どんな支援?:新型コロナウイルスによる影響で、一時的に業況が悪化した 中小企業や個人事業主などに無利子・無担保で融資する制度です。 最近1カ月の売上高が、前年または前々年の同期と比較して「5%以上」減少しているか、などが条件となります。 融資限度額は、中小事業が3億円、国民生活事業が6000万円。 申請方法:窓口は日本政策金融公庫で、申請書類はにまとめられている。 申請方法などの詳細は。 ・社会保険料などの減免、納付猶予 どんな支援?:厚生年金保険料や国民年金保険料、国税や地方税など、新型コロナウイルスの影響で納付することが困難になった場合、申請すれば減免もしくは納付猶予が認められることがあります。 厚生労働省はその対象として、以下を挙げています。 厚生年金保険料(問い合わせ先:) 国民健康保険、後期高齢者医療制度および介護保険の保険料(問い合わせ先:各市区町村の国民健康保険組合) 所得税や法人税などの国税(問い合わせ先:) 住民税などの地方税(問い合わせ先:各都道府県や市区町村) 電気・ガス料金(問い合わせ先:契約している電気、ガス事業者) ・住居確保給付金(家賃の支援) どんな支援?:新型コロナウイルスの影響で家賃を払えなくなってしまった場合に、 一定期間、家賃相当額が支給される制度です。 従来は職を失った人が対象でしたが、支給対象が拡充されます。 東京都特別区の目安で、支給額は単身世帯は5万3700円。 2人世帯は6万4000円、3人世帯だと6万9800円です。 支給期間:原則3カ月 申請方法:申し込みや相談は、市区町村の自立相談支援機関に問い合わせましょう。 ・生活困窮者自立相談支援事業 どんな支援?:市区町村の自立相談支援機関では、さまざまな課題を抱える人の相談に応じています。 就労支援や家賃支給など、状況に応じて相談ができるため、積極的に活用しましょう。 問い合わせ先:市区町村の自立相談支援機関で相談を受け付けています。 ・生活保護制度 どんな支援?:生活保護制度は、必要な生活費を得られないなど、困窮した状況にある人を支えるための制度です。 年齢や世帯の人数などによって定められている必要な生活費(「最低生活費」)より収入が少ない場合に、生活保護を受給できます。 申請方法:相談や申請は、住んでいる地域を所管するの生活保護担当で受け付けています。 全国のから確認できます。 都道府県など、自治体の支援制度も確認を そのほか、都道府県などの自治体が、独自に行っている支援制度もあります。 自分が住んでいる地域でどんな支援策があるのか、公式サイトにアクセスして確認するようにしましょう。

次の