朝一スロット。 スロット6号機の朝一リセット狙い【リセ判方法も!】

朝一スロットで恩恵のあるおいしい狙い台情報を教えちゃいます。設定変更(リセット)の恩恵一覧

朝一スロット

朝からパチスロを打つうえで、勝つ立ち回りをしたいなら、前日の情報収支は、とても大事だと感じています。 例えば休日の土曜日に、朝1から打つ予定の場合、金曜日の夜の閉店20分前に、明日、行く予定の店に下見に行きます。 20分の間に、今日、出た台や、凹みが激しい台など、設定変更されそうな台をチェックしていきます。 また、ハイエナできそうなゲーム数で終わっている台の台番号とゲーム数や、ボーナス消化中に閉店を迎えた台の台番号などを控えていきます。 そして、目立たないように、閉店になった瞬間、こそこそと出ていき、家に帰って、明日の作戦を練ります。 本当は、閉店時間40~50分前に、近隣の{稼動の少ない不人気店}でハイエナできる台をメモっておくと尚、良いです。 稼動の少ない店では、閉店時間40~50分前に、ハイエナ出来そうな台のゲーム数とボーナス回数をメモっておくと、次の日、高設定台をとれなかった時に役立ちます。 稼動の少ない店では、閉店1時間前を過ぎてから客が空き台に座り、そこからボーナスをひくケースが少ないからです。 万が一、ボーナスを引いても、ボーナス回数から{前日、閉店前にボーナスをひいたか?}がわかるため大丈夫です。 さて、朝1の高設定狙いの立ち回りですが、週末にかけて設定変更をする頻度の高い店なら、本日、へこんでいた台を狙いますし、週末にかけて設定変更しない店なら、本日、設定は高かっただろうに、あまり枚数はでていないであろう{不発の高設定台}の据え置き(高設定台の据え置き)も視野に入れて狙い台を考えます。 整理券の番号が悪かった場合に備えて、候補台を3つくらい用意しておきます。 本当は、上の写真のように、その店の各台のデータをエクセルに毎日、打ち込んでいき、店の設定変更の癖を調べた方が良いのですが、そこまで時間がない場合は、ヘコみ台の上げ狙いor高設定の据置を狙うと良さそうです。 で、当日。 当日は朝から整理券を取りに行き、入店後は狙い台を抑えます。 ここでポイントなのですが、出来れば、早く{設定変更をしているかどうか?}を確認できる台を狙うと良いでしょう。 例えば、昔のジャグラーは朝1、30Gほど回せば{設定変更をしているかどうか?}を確認できていました。 他にも設定変更後に当たりやすい台や、設定6だけは特殊な台などを打つようにすると、だらだらと低設定を打ち続けてしまう損を回避することができます。 狙い台が高設定ではなかったら「残念」ということで見切りをつけて、私の場合は、ハイエナしながら高設定が空くのを待つようにしていました。 ここで役に立つのが前日の調査です。 前日の調査から、本日、ハイエナに向いている台を打っていきます。 そして、たまに「これは高設定だろう」という台が、空かないかチラ見しにいきます。 そうやってハイエナをしながらお小遣い稼ぎ&時間をつぶし、高設定台があいたら即、とって、後は閉店まで打ち続けます。 ちなみに、稼動の多い高設定が入る人気店では、13時くらいまでには宵越し狙いのハイエナが出来る台はなくなります。 そこで、昼以降は、前日、閉店前に調査した稼動の少ない不人気店に移動するのも良さそうです。 昼過ぎには、100ゲーム~500ゲームくらいまわされている台がチラホラでてくるので、宵越し天井が狙いやすくなります。 宵越し天井狙いのハイエナなどを行って打つ台がなくなったら、また稼動の多い高設定が入る人気店の様子を見にいきます。 毎回、朝から高設定台が取れれば理想ですが、高設定台をとれない日も多いのが現実ですよね。 そこで、高設定台が取れなかった時に備え、閉店前に宵越しハイエナが出来そうな台を探しておくと、ハイエナで収支をプラスにしていけそうです。 それと、書き忘れていましたが、閉店前にパチンコ屋にデータを見にいく時間をとれない場合や面倒な場合は、出球をネットで公開している店を探し、その店で打つようにするのも良さそうです。 出玉をネットで公開している店は、高設定を使っている店が多いため、前日の出玉をネットで調べ、狙い台を決めて朝1から打ちにいくのも良さそうですね。 さて、朝一のドキドキ感はたまりませんよね。 前日の調査で「次の日、勝てるかどうか?」の多くが決まってしまう。

次の

朝一スロットおすすめ打つならこの台!昼からは「神」!?|スロット稼働日記 |サボリーマンのパチスロ副業

朝一スロット

有利区間32Gぶん天井狙いを早められる 天井狙い目は等価で 640G〜に設定しました。 少し辛いようにも見えるのですが、沖ドキ2の天井狙いのマイナスポイントは大きく分けて2つあります。 1つ目が ボーナス振り分けが 天井含む ゲーム数解除の方が冷遇されていること。 ハマるほどレア役で当選する割合が落ちるので、 期待獲得枚数も落ちていきます。 そしてもう一つが 有利区間システムにより、ハマり台は出玉が落ちることです。 沖ドキ2は32G以内の連チャンで出玉を増やす機種なのでこの区間は必然とコインが減ります。 純増は4枚ですが実質2枚後半程度だと思われます。 天井付近までハマれば1000〜1300枚で強制終了となりそうです。 ハマり時の救済機能などが判明しない限りは浅くから狙わないようにしましょう。 また沖ドキ2は上位モードだった場合 有利区間継続する事があるようです。 有利区間継続台は実質的に チャンスモード or 天国準備濃厚となるので当たるまで打ち続けましょう。 また朝一リセット台は 実質天井が967Gとなります。 チャンスモード・天国準備もリセットされていると 32Gズレるのでゾーン狙いなどで打つ際は注意が必要です。 天国・ドキドキ・超ドキドキ・保証滞在時 ボーナス 振り分け BIG 60. 初代沖ドキも初当たり確率が軽くて天井到達率が低いうえに、恩恵もボーナス確定というだけだったので辛かったのです。 今作は初当たり確率こそ重くなっているものの、有利区間システムの影響がマイナス要素となっています。 なので、他の部分を狙っていく形になりそうです。 今作であれば、• 通常B以上に期待できる台… 天井狙い目を浅くする• 天国準備濃厚の台… G数不問で大当たりまで続行 このような形をイメージしています。 通常Aが一番キツいモードなのでそこを避けることができれば勝ちに繋がりそうです。 以上 「沖ドキ2の天井狙いまとめ記事」でした。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

ジャグラー「朝一」の狙い台と狙い目!台選びのコツを伝授!

朝一スロット

朝からパチスロを打つうえで、勝つ立ち回りをしたいなら、前日の情報収支は、とても大事だと感じています。 例えば休日の土曜日に、朝1から打つ予定の場合、金曜日の夜の閉店20分前に、明日、行く予定の店に下見に行きます。 20分の間に、今日、出た台や、凹みが激しい台など、設定変更されそうな台をチェックしていきます。 また、ハイエナできそうなゲーム数で終わっている台の台番号とゲーム数や、ボーナス消化中に閉店を迎えた台の台番号などを控えていきます。 そして、目立たないように、閉店になった瞬間、こそこそと出ていき、家に帰って、明日の作戦を練ります。 本当は、閉店時間40~50分前に、近隣の{稼動の少ない不人気店}でハイエナできる台をメモっておくと尚、良いです。 稼動の少ない店では、閉店時間40~50分前に、ハイエナ出来そうな台のゲーム数とボーナス回数をメモっておくと、次の日、高設定台をとれなかった時に役立ちます。 稼動の少ない店では、閉店1時間前を過ぎてから客が空き台に座り、そこからボーナスをひくケースが少ないからです。 万が一、ボーナスを引いても、ボーナス回数から{前日、閉店前にボーナスをひいたか?}がわかるため大丈夫です。 さて、朝1の高設定狙いの立ち回りですが、週末にかけて設定変更をする頻度の高い店なら、本日、へこんでいた台を狙いますし、週末にかけて設定変更しない店なら、本日、設定は高かっただろうに、あまり枚数はでていないであろう{不発の高設定台}の据え置き(高設定台の据え置き)も視野に入れて狙い台を考えます。 整理券の番号が悪かった場合に備えて、候補台を3つくらい用意しておきます。 本当は、上の写真のように、その店の各台のデータをエクセルに毎日、打ち込んでいき、店の設定変更の癖を調べた方が良いのですが、そこまで時間がない場合は、ヘコみ台の上げ狙いor高設定の据置を狙うと良さそうです。 で、当日。 当日は朝から整理券を取りに行き、入店後は狙い台を抑えます。 ここでポイントなのですが、出来れば、早く{設定変更をしているかどうか?}を確認できる台を狙うと良いでしょう。 例えば、昔のジャグラーは朝1、30Gほど回せば{設定変更をしているかどうか?}を確認できていました。 他にも設定変更後に当たりやすい台や、設定6だけは特殊な台などを打つようにすると、だらだらと低設定を打ち続けてしまう損を回避することができます。 狙い台が高設定ではなかったら「残念」ということで見切りをつけて、私の場合は、ハイエナしながら高設定が空くのを待つようにしていました。 ここで役に立つのが前日の調査です。 前日の調査から、本日、ハイエナに向いている台を打っていきます。 そして、たまに「これは高設定だろう」という台が、空かないかチラ見しにいきます。 そうやってハイエナをしながらお小遣い稼ぎ&時間をつぶし、高設定台があいたら即、とって、後は閉店まで打ち続けます。 ちなみに、稼動の多い高設定が入る人気店では、13時くらいまでには宵越し狙いのハイエナが出来る台はなくなります。 そこで、昼以降は、前日、閉店前に調査した稼動の少ない不人気店に移動するのも良さそうです。 昼過ぎには、100ゲーム~500ゲームくらいまわされている台がチラホラでてくるので、宵越し天井が狙いやすくなります。 宵越し天井狙いのハイエナなどを行って打つ台がなくなったら、また稼動の多い高設定が入る人気店の様子を見にいきます。 毎回、朝から高設定台が取れれば理想ですが、高設定台をとれない日も多いのが現実ですよね。 そこで、高設定台が取れなかった時に備え、閉店前に宵越しハイエナが出来そうな台を探しておくと、ハイエナで収支をプラスにしていけそうです。 それと、書き忘れていましたが、閉店前にパチンコ屋にデータを見にいく時間をとれない場合や面倒な場合は、出球をネットで公開している店を探し、その店で打つようにするのも良さそうです。 出玉をネットで公開している店は、高設定を使っている店が多いため、前日の出玉をネットで調べ、狙い台を決めて朝1から打ちにいくのも良さそうですね。 さて、朝一のドキドキ感はたまりませんよね。 前日の調査で「次の日、勝てるかどうか?」の多くが決まってしまう。

次の