チャウダー 英語。 私と英語のMonterey Bay Aquariumとクラムチャウダーの思い出

クラムチャウダー

チャウダー 英語

チャウダーとシチューとポタージュの違いが分かりますか。 チャウダーとシチューの違いや、シチューとポタージュの違いが分かれば役立ちそうです。 チャウダーの英語表記は「chowder」です。 チャウダーは、アメリカ合衆国生まれのスープの一種になります。 チャウダーという名前は、「米語」で食事を意味する俗語の「チャウ(chow)」が元になったとする説があります。 フランス語で大鍋を意味する「ショーディエール」が元になったとする説などもあります。 シチューの英語表記は「stew」になります。 シチューが料理としての確立したのは、16世紀後半から17世紀前半のフランスだとされています。 日本へシチューが伝来したのは明確にはわかりません。 明治4年(1871年)には、東京の洋食店「南海亭」のちらしに、「シチウ(牛・鶏うまに)」の品書きがあるようです。 明治中頃までには、ビーフシチューはレストランのメニューに普及しています。 明治末期には、シチューのレシピが上流階級向けの婦人雑誌に掲載されるようになっています。 ポタージュの英語表記は「potage」になります。 つなぎを使った、とろみのついたものを「ポタージュ・リエ」と呼びます。 澄んだものは「ポタージュ・クレール」と呼びます。 次に、チャウダーとシチューとポタージュの違いを紹介します。 チャウダー チャウダーとシチューとポタージュの違いを分かるために「チャウダー」の概要を紹介します。 チャウダーはアメリカ合衆国生まれのスープとして知られています。 魚介類・じゃがいも・ベーコン・クリームなどを入れて煮込んだ、具だくさんのスープになります。 二枚貝(clam)を入れるとクラムチャウダーと呼ばれます。 白身魚を入れるとフィッシュチャウダーになります。 スイートコーンを入れたらコーンチャウダー、ベイクドビーンズを入れたらビーンチャウダーになります。 クラムチャウダーと言えば、牛乳ベースの白いクリームスープを思い浮かべますが、ニューヨーク風のクラムチャウダーは赤いトマトスープになるようです。 アメリカ合衆国は多民族国家なので、一口にチャウダーと言っても移民元の国によって具材や味付けが異なっています。 チャウダーはスープなので、シチューよりも具が小さくなっています。 チャウダーは、具を小さく切ることで短い加熱時間で手軽に作ることができます。 次に、シチューとポタージュの概要を紹介します。 シチュー チャウダーとシチューとポタージュの違いを分かるために「シチュー」の概要を紹介します。 英語では煮込むことを「stewing」と呼びます。 シチューは英語で煮込み料理を意味しています。 シチューは、野菜・肉・魚介類を出汁やソースで煮込んだ煮込み料理になります。 日本でシチューと言えば、クリームシチューかビーフシチューのいずれかのことを指します。 クリームシチューとビーフシチューは、小麦粉を炒めて作ったルーを加えたとろみのあるものが一般的です。 チャウダーとシチューを比べると、シチューのほうの具が大きくなります。 元々、煮込み料理のシチューなので、具がメインなので大きくなるようです。 次に、ポタージュの概要を紹介します。 ポタージュ チャウダーとシチューとポタージュの違いを分かるために「ポタージュ」の概要を紹介します。 ポタージュは、フランス語でフランス料理が確立する過程で洗練されたスープ全般を指す言葉になります。 古くからの郷土料理の色彩の濃いものとポタージュは区別されています。 とろみのついたものは「ポタージュ・リエ」と呼ばれています。 澄んでいるものは「ポタージュ・クレール」と呼ばれています。 日本ではスープ類のうち、とろみのついたものをポタージュ、澄んだものをコンソメと呼んでいるようです。 ポタージュはフランス語でスープ全般のことを指しています。 フランス語では、コンソメ・ブイヤベース・ヴィシソワーズ・ビスク・ポトフなどはすべてポタージュになります。 ポタージュには具入りのものもありますが、裏ごしをしていて具がないものが多くあります。

次の

【チャウダー】頭からっぽという最大のギフトをくれるカートゥーンアニメ

チャウダー 英語

はてなブログの記事で何をテーマに書こうかなと考えていたら、はてなブログのがわたしと英語でした。 英語を使うのは好きなので、ずっとなんやかんやで勉強したり、英語の文書を読んだりしています。 以前は仕事で少し必要だったのですが、今はそれほど必要でないので、Pythonのチュートリアルとか仕様書を読むのがメインです。 最近、Duoringoにはまっているのでクロスワードパズルのようなゲーム感覚で英語を使ってます。 モントレーベイ水族館の思い出 サンフランシスコに行ったとき、レンタカーを借りて友達数人でモントレーベイ水族館に行ってきました。 モントレーベイ水族館は屋内型水族館のお手本になった水族館で、海遊館の雰囲気ととても似ている印象でした。 正確には海遊館がモントレーベイ水族館に似ているんですけどね。 笑 写真もいっぱいとって残っているので、後で見つけてブログに追記してみようかな。 水族館に入ってすぐ、天井から吊り下げられた大きなシャチがとても印象に残ってます。 モントレーベイ水族館の屋内水槽は、日本の技術が支えています。 何トンという水圧に耐えることができ、かつ、水槽の中の視界がクリアにできる技術が生かされていました。 屋内であるのですが、自然な雰囲気の水槽の中で魚が泳いでいたり、クラゲがいたり、イワシが群れで泳いでいたり、見ていて時間を忘れる水族館でした。 水辺の生き物と触れ合える展示もあって、子どもも大人も楽しめます。 もちろん、アナウンスや、説明は英語なのですが、多言語対応もしていた気がします。 館内を案内するガイドの人たちもいたのですがその時は見て回るだけでしたね。 モントレーベイ水族館の場所 サンフランシスコからルート1を車でかなり南下しました。 私は、国際免許を取っていったのですが、アメリカでの車の運転に慣れていなかったのでちょこっとしか運転しませんでしたけどね。 休憩しながらゆっくりと楽しいドライブでした。 ピア39で有名なお店で食べたのですが、この時までクラムチャウダーが有名って知らなかったんですよね。 でも、なんかとても美味しかったので缶詰を買って帰りました。 クラムチャウダーを食べたピア39の場所 ピア39は電車でも行けるのですが、私たちはレンタカーを駐車場にとめてピアの周りを歩いて散策しました。 少し歩くと公園もあってケーブルカーに乗りました。 ケーブルカーではすれ違う時に、ハイタッチしたのがとても楽しかったですね。 サンフランシスコなどの西海岸は、人種のるつぼ的な感じで、つたない英語でも意外と聞いてくれます。 だって、サンフランシスコは観光地なのでメキシコ系や、韓国系、中国系、インド系など、明らかにアジア系の雰囲気の人も結構いてました。 ご飯食べるにしてもモントレーでチケットを買うにしても英語が必要ですが、決まり文句があるのでそれさえ知っていれば観光は何とかなりました。 今や、第二外国語で英語を話す人が多いので我々もどんどん英語を使って行動範囲を広げる時代がやってきたという感じですかね。

次の

チャウダーとは

チャウダー 英語

この記事の目次• そもそもクラムチャウダーってなに? クラムチャウダーは英語で「clam chowder」とつづります。 まず、clamとは 二枚貝のことです。 日本でのクラムチャウダーといえばアサリが一般的ですが、他の貝を使われることもあります。 そして、chawderは 具だくさんスープを指します。 つまりクラムチャウダーとは、 二枚貝を使った具だくさんスープという意味なんですね。 ちなみに、クラムチャウダーにも種類があり、牛乳を使うものをニューイングランド風、トマトピューレを使うものをマンハッタン風といいます。 クラムチャウダーとシチューとの違いは? そこで気になるのはシチューとクラムチャウダーの違いですよね。 アサリが入っている・入っていない以外の見分け方を教えます。 1つめは、クラムチャウダーが「 スープ」でシチューは「 煮込み料理」ということです。 クラムチャウダーは、材料をさいの目に細かく切って短時間で調理しますが、シチューは材料を大きめに切り、時間をかけて煮込んでいきます。 2つめの違いは、 汁のとろみです。 シチューは煮込み時間が長いため、クラムチャウダーよりどろっとして濃厚な場合が多いです。 最後に、料理の位置づけですが、クラムチャウダーはスープとして扱われるのに対して、シチューはレストランで メイン料理として扱われます。 クラムチャウダーとシチューの違いをざっくりまとめると、 ・二枚貝が入っているさらっとしたスープ・・・ クラムチャウダー ・具が大きいドロッとしたメイン料理・・・ シチュー というかんじでしょうか。 ですが、現在のシチュー自体が日本向けにアレンジされた料理ですし、クラムチャウダーを作るためにシチューのルーを使うレシピもたくさんありますよね。 作る人がアサリ入りのシチューを「クラムチャウダーだ」と言ったらそうでしょうし。 なかなか線引きは難しいのが現状です。

次の