パープル 化粧下地 おすすめ。 パープルの化粧下地おすすめ人気ランキング8選。選び方から徹底解説。

透明感のある肌に!トーンアップできるおすすめの化粧下地を紹介

パープル 化粧下地 おすすめ

記事の目次• パープル下地の魅力 パープル下地はピンクとブルーのいい部分を取り入れています。 肌の透明感を引き出すことや肌色のトーンが明るくなるのも特徴です。 ここではパープル下地の魅力を紹介します。 肌の透明感を引き出せる パープル下地の魅力は、肌の透明感を引き出せることです。 パープルはピンクとブルーを混ぜて作ることができます。 ピンクは血色感を演出し、ブルーは赤みをカバーするため、くすみをカバーしつつ上品な透明感になるのです。 血色が悪い女性やくすみが気になりやすい 色白の女性には特におすすめのカラーとなります。 ブルーの下地では血色が悪く見えるような人も、パープルの下地を使うとよいでしょう。 肌色のトーンが明るくなる パープル下地を使うと、 肌色のトーンが明るくなるメリットがあります。 コントロールカラーとして使える下地ですが、黄色が強い肌を調整することや血色感をプラスすることで肌色のトーンも増すのです。 肌のトーンが暗く感じる場合やくすみが気になる女性におすすめのカラーとなります。 肌が明るくなるとくすみやシミなどが薄れる効果も期待できるでしょう。 下地を変える明るさは自然な明るさになるため、周囲に違和感なく印象を変えることができます。 パープル下地の選び方 パープル下地はデパコスやプチプラがあるので、それぞれのメリットや特徴を知った上で選びましょう。 ここではデパコスとプチプラの違いに触れながら、パープル下地の選び方を紹介します。 本格派さんはデパコスでリッチに パーブル下地は種類が多いので、 本格的に選ぶのであればデパコスがおすすめです。 デパコスはデパートで販売しているコスメのことで、取り扱っているのは主に高級化粧品ブランドになります。 デパコスはお金がかかりますが、カウンセリングが受けられるのがメリットです。 自分の肌にパープル下地が適しているかどうか、どのパープル下地がいいのかプロが教えてくれます。 カウンターで実際にメイクをして使用感を確かめることができるので、コスメ選びで失敗する確率は小さくなるでしょう。 お試しならプチプラから 気軽にパープル下地を使いたい人におすすめするのがプチプラです。 カラーバリエーションが豊富にあり、コンビニやドラッグストアでも入手することができます。 お店で取り扱っているプチプラは売れ行きがいい物が多く、安いからと言って質が悪いとは限りません。 金額が安いため、他の商品を比較しながら選んで対応することができます。 同じパープル下地でも商品によって色味やツヤ感などは違うため、 いくつか使ってみて自分に合うものを見つけましょう。 気になる色ムラをぼかし、トーンアップに効果的な色味を与えることができます。 肌と下地の一体感があり、 フィット性の高い膜は崩れにくく化粧の維持にもつながるでしょう。 ピンクよりのパープルになるため、他の商品に比べるとかなり明るくなります。 毛穴つまりも少なく、肌の凹凸を滑らかにしながら保湿効果が期待できるでしょう。 目の下や目の周り、口まわりなどくすみが気になるところを重点的に伸ばしていくと効果的です。 プチプラなパープル下地 プチプラなパープル下地は安いことや種類が多いメリットがあります。 ここでは、プチプラの中でも特におすすめのパープル下地を抜粋して紹介していきます。 CandyDoll ブライトピュアベース<ラベンダー> 血色感をアップする下地で、 1年中使うことができる無香料SPF35PA++です。 肌色コントロール効果でやわらかな血色感が期待できるでしょう。 肌のくすみを瞬時に隠し、パープルに含まれるピンクの効果で肌のトーンアップにつながります。 成分組成について詳細な説明があるのも安心です。 くずれ防止パウダーにシリカ、美容成分にヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、オリーブオイルなどが使用されています。 肌を乾燥から守り、肌にかかる負担も減らせるでしょう。 まとめ パープル下地は肌の透明感アップやトーンアップの効果が期待できます。 パープル下地はブルーとピンクの量によっても効果が異なってくる点に注意が必要です。 下地はデパコスやプチプラで手に入れることができるので、予算や肌の状態に合わせて選んでいきましょう。

次の

透明感のある肌に!トーンアップできるおすすめの化粧下地を紹介

パープル 化粧下地 おすすめ

鈴木 株式会社エクラ 商品開発担当。 元美容インストラクター。 化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ資格保持。 赤ら顔でお悩みの方にとって、メイクでいかに赤みをカバーできるかはとても重要ですよね。 赤みを隠そうとして、ファンデーションを厚塗りしていたりしませんか? 実は、赤ら顔をカバーするための重要メイクアイテムは「化粧下地」。 ファンデーションで隠そうとすると、清潔感がなく見えたり、化粧崩れしやすくなってしまいます。 あなたにぴったりな化粧下地が見つかれば、赤みもしっかり隠しつつナチュラルで美しい仕上がりに! 赤ら顔の方におすすめしたいのは「コントロールカラー」下地。 肌の赤みを補正し整えてくれるグリーンとイエローのおすすめ下地を 5つずつご紹介していますので、ぜひあなたのお肌に合う下地を探してみてくださいね。 赤ら顔をカバーできる化粧下地って? コントロールカラー下地には、さまざまなカラーがあります。 中でも、赤みをカバーする効果が高いのは「グリーン」、次に「イエロー」です。 逆に、赤みが気になる人にとって避けるべきカラーは、ピンクやオレンジ、パープルなどです。 赤ら顔でお悩みの方におすすめのカラーは、グリーンとイエローということになりますが、それぞれに特徴や選び方がありますので、それを見ていきましょう。 1-1. 赤みが強い方には、グリーンがおすすめです。 グリーンの下地は、部分使いが基本。 特に、テクスチャ固めのものほど、特定の部分の赤みを消す用途に適しています。 塗った部分が白浮きしやすいという特徴があるため、違和感が出ないように使う量を調整したり、特に赤みの気になる箇所にだけ部分使いをするようにしましょう。 また、もとの肌の色がブルーベースの方が肌になじみやすく、イエローベースの方には、グリーンの下地が合わない場合もあります。 1-2. グリーンほど赤みをカバーする効果は高くありませんが、イエローベースのお肌になじみやすいため、グリーンの下地が合わなかった方には、ぜひ試していただきたいカラーです。 どちらのカラーもいまいち肌に合わないという方や、イエローをベースにしつつ、赤みをカバーする効果も持たせたいという方は、次の「2色混ぜて使う」テクニックもご覧ください。 1-3. グリーンの下地で赤みをカバーしたいけれど肌に合わないという方や、グリーンもイエローも単色では肌になじまなかったという方は、2色のカラーを混ぜて使ってみましょう。 量を調整しながら混ぜることで、自分の肌に合わせたカラーを作ることができます。 赤ら顔をカバーできるおすすめ化粧下地 それでは、おすすめコントロールカラー下地のご紹介です! グリーンとイエローそれぞれから5つずつピックアップしています。 目的に合わせて、自分に合うコントロールカラー下地を探してみてくださいね。 2-1. グリーンのコントロールカラー下地 【プチプラなら】 ちふれ カラー メーキャップ クリーム(グリーン)/¥450(税抜) 内容量 : 35g まずは一度グリーンのカラーコンロール下地を試してみたい、という方におすすめなのがこちら。 ドラッグストアで手に入るプチプラコスメなので、お手軽に試すことができます。 半透明のジェルがとろけるように密着し、気になる色ムラやくすみ、クマなどをナチュラルにカバーしてピュアな肌に仕上げます。 【化粧崩れ防止】マリークヮント アウト オブ サイト コントロールカラー/¥2,500(税抜) 内容量 : 13g メイクアップベースとして、広範囲に使えるタイプ。 ファンデーションの密着を高める下地効果とともに、赤みをカバー。 皮脂の吸着性が高く、長時間美しい仕上がりをキープしてくれるので、崩れにくさ重視の方はぜひこちらを。 赤みのカバーだけでなく、 UVカット効果の高さも重視したい方や、春~夏の紫外線が気になる季節におすすめです。 【ブランドコスメなら】ジバンシイ アクティ マイン アクティ・キウイ/¥5,500(税抜) 内容量 : 30ml UV効果: : SPF15 色展開 :アクティ・ミルク、アクティ・ストロベリー、アクティ・キウイ、アクティ・プラム、 ジバンシイのカラーコンロール下地シリーズ。 ミネラルを補いうるおいをキープしつつ、微粒子パールが肌の色ムラを均一に。 色味による赤みカバー効果だけでなく、光を反射するパールが肌を美しく見せてくれます。 コスパより質を重視したい方に。 2-2. イエローのコントロールカラー下地 【プチプラなら】無印良品 UVベースコントロールカラー イエロー/¥880(税抜) 内容量 : 30g UV効果 : SPF50+・ PA+++ 色展開 :イエロー、ピンク、ブルー ¥ 1,000以下で買える、プチプラな無印良品のコントロールカラー下地。 従来の人気商品がリニューアルして、より伸びやすく、 UVカット効果が大幅アップ。 この価格で、しっかり UVカット効果のある下地として使える優秀コスメ。 【敏感肌・にきびに】NOV ベースコントロールカラー UV ナチュラルイエロー/¥2,500(税抜) 内容量 : 30g UV効果 : SPF35・ PA++ 色展開 :ナチュラルイエロー、ラベンダーピンク 敏感なお肌のためにこだわって作られた、低刺激化粧品シリーズ NOVのカラーコンロール下地。 ソフトフォーカス効果のあるパウダー配合で、毛穴やにきび跡の凹凸もカバー。 ノンコメドジェニックテスト済み商品なので、にきびでお悩みの方にもおすすめです。 色ムラのカバーだけでなく、ルーセントパウダーが光を拡散することで肌の凹凸を補正してくれます。 赤み以外に、毛穴やにきび跡の凹凸も気になるという方におすすめ。 【ナチュラル派に】MAMEW コントロールリキッド レモンイエロー/¥3,000(税抜) 内容量 : 25ml 色展開 :レモンイエロー、オレンジ、ゴールドシルバー、ピンク、ブロンズミックス 肌になめらかに溶け込むようなリキッドタイプで、しっとりとツヤのある肌に。 メイクによる肌ダメージから肌を守ってくれる数種類の美容成分を配合。 軽い仕上がりなので、ナチュラルメイク派の方に。 軽くみずみずしいテクスチャーで、肌に溶け込むようにフィットするところが特徴。 つるんとなめらかな肌へ整えてくれます。 ファンデーションを選ぶ際も、下地と同様にピンク系の色味は避け、黄みの強いイエロー系・ベージュ系のカラーをチョイスすると赤みのカバー効果があります。 赤ら顔がカバーできたら、オレンジ系のチークを軽く入れ、赤みを抑えつつ立体感を出すときれいな仕上がりに。 もとの肌色に合わせつつ、下地やファンデーションからチークまで、トータルで赤みをカバーできる色味を意識して選ぶようにすると効果的です。 まとめ 赤ら顔の方におすすめしたいコントロールカラー化粧下地についてご紹介してきました。 グリーンとイエローのコントロールカラーを有効に活用して、ナチュラルに赤みをカバーしていきましょう。 また、ピックアップした 10個のコントロールカラー下地は、肌色の補正以外の効果もさまざま。 目的に合わせて選びつつ、自分のお肌にぴったりの下地を探してみてくださいね。 こんなお悩みありませんか?• コントロールカラーでも消えない赤みがある• 赤みを隠す為にメイクが厚塗りになってしまう• 敏感肌で肌に合う化粧品がない• 赤みを隠そうとすると血色が悪くなってしまう 赤みの原因は様々で、毛細血管の透けや肌の炎症、ニキビなど幅広い症状があります。 症状によって赤みの濃さが異なり、特にニキビなどの赤みは凹凸があり、コントロールカラーのみでカバーするのは難しいです。 そんな様々な赤みをまるでなかったかのようにカバーしながら、赤みをケアできるアイテムがあります。 それが 『shirosaiコンシーラー』です。 ただ 赤みをカバーするだけでなく、和漢植物エキスが赤みをケアしてくれるので、他にはない新しいコンシーラーになります。 shirosaiコンシーラーは、赤みの反対色であるグリーンカラーです。 気になる赤みにのせることで、綺麗にカバーすることができます。 ファンデーションを重ねても、コントロールカラーを使用しても、隠れない赤みにお悩みの方はぜひお試しくださいね。

次の

グリーン系化粧下地おすすめ人気ランキング9選!肌の透明感をアップ

パープル 化粧下地 おすすめ

【目次】• 化粧下地はどんな役割があるの?下地を塗る理由は? ファンデーションの前に化粧下地を塗るのは、最近はスタンダードなメイクプロセスになっています。 そもそも、化粧下地を塗る事にはどんな役割があるか知っていますか? 化粧下地を塗る理由【1】ファンデーションの密着力を高める 化粧下地には、ファンデーションと肌の密着力を高める効果があります。 普段のメイクに化粧下地というワンステップを追加すると、崩れにくいベースメイクを作ることができます。 ファンデーションと混ぜて使えるものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。 化粧下地を塗る理由【2】肌の悩みをカバーする また、ファンデーションの前に色付きの化粧下地を使うことで、様々な肌悩みをカバーすることができます。 ある程度の肌トラブルを色補正でカバーすることでファンデーションを重ねずに済むため、厚塗り感のないきれいな仕上がりにすることができます。 さらに、色付きのカラーコントロールと呼ばれる化粧下地を使うことで、色の効果を利用しながら肌悩みをフラットな状態に仕上げることができます。 ファンデーションの前に色味を補正しておくことで、色ムラのない美しいベースメイクを作ることができます。 肌色に最も近く、カバー力も高いのが「ベージュ」の化粧下地です。 BBクリームやCCクリームなどにも多い色で、色でしっかりカバーしたい人向けの化粧下地です。 COVERMARKのスキンブライトクリームCCはこれ一本で化粧下地としてはもちろん、ベースメイクが完成できるアイテムです。 明るめのベージュとベージュの2色展開なので、自分の肌色に合わせてカラーが選べます。 化粧下地とは思えないほどのカバー力があるので、ファンデーションを使いたくない日やナチュラルメイクに仕上げたいときは、これだけで仕上げてもきれいな肌になれます。 カラーコントロールだけでなく、化粧持ちをよくしてくれるのも優秀なポイント。 イエローはコントロールカラー系の中で、もっとも使いやすいカラーです。 イエローの化粧下地の効果は以下の3点です。 ・くすみを消してくれる ・赤みを消してくれる ・シミやそばかす、クマをカバーしてくれる 肌馴染みも良い色なので、カラーコントロール初心者の方でも気軽に使えます。 化粧下地には定評のあるSUGAOから販売されているカラーコントロール。 肌に乗せた瞬間サラサラな仕上がりになって、まるでシルクのような触り心地に。 サラサラ肌になれる秘訣は、配合されている皮脂吸着パウダーのおかげ。 長時間つけていても皮脂を吸収してくれるので、ベタついたり、テカったりしないのが嬉しいポイントです。 ピンクは血色感をプラスする色味です。 黄色と同様肌なじみがよく、とても使いやすいカラーです。 明るさと血色を同時にプラスすることができます。 赤みの強い肌の方が使ってしまうと、余計に赤みを強調することになるので注意が必要です。 青みのあるピンクベージュのカラーコントロールであるSUQQUのブルーミンググロウプライマー。 ブルーベースの方はもちろん、イエローベースの方でも安心して使えるピンクの化粧下地です。 肌にのせると淡いベールを被せてくれたように馴染み、くすみを飛ばしてふわっと明るい肌色を作ってくれます。 しっとりとした質感なので、ツヤ肌に仕上げられます。 また、上から塗るファンデーションとしっかりと密着してくれるので、崩れにくさも評価されています。 グリーンは赤みが気になる肌に使うことで、気になる赤ら顔を均一な肌色に補正してくれるカラーです。 馴染みが悪そうに見えますが、肌にのせると程よく馴染み、明るい印象に仕上げることができます。 基本的にファンデーションと合わせて使うカラーなので、お気に入りのアイテムの下に仕込んでみてください。 innisfreeのミネラルメイクアップベースのグリーンは、名前の通りミネラルが配合されているので、肌への負担が少ないアイテムです。 化粧下地は肌全体に塗るものなので、なるべく優しい成分のものを使用したいですよね。 潤い成分がたっぷりと入っているので、乾燥肌の方におすすめの化粧下地です。 ファンデーションとピタッと密着してくれるので、化粧崩れしにくいのも嬉しいポイントです。 イエベの肌にぴったりの化粧下地の色は、ベージュです。 ある程度の黄みをカバーしながら、ナチュラルな肌に仕上げることができます。 イエベで肌悩みがあまりないという人には、ベージュがおすすめです。 他におすすめの色味はピンクやパープル、ブルーです。 ピンクは黄みが気になる肌を抑えながら血色感のある印象に仕上げることができます。 ブルーは黄みをカバーしながら透明感のある肌に整えます。 パープルは血色感に透明感をプラスした、華やかなベースメイクを作ることができますよ。 軽いテクスチャーなのに、しっかりカバーしてくれるので、薄づきなのに満足のいく仕上がりに。 しっとりしたベースがファンデーションの持ちをよくしてくれるので、1日中崩したくない日にもってこいの化粧下地です。 ソフトフォーカスな仕上がりなので、フィルターをかけたかのようなふわっとしたお肌になれます。 思わず触りたくなるお肌はデートにぴったりです。 ブルベの肌にぴったりな化粧下地は、ピンクベージュです。 ピンクに寄りすぎると、赤みがより強く出てしまいますが、ベージュが混ざった肌なじみのいい色がブルベには使いやすくなります。 他におすすめの色味はグリーンやイエロー、パープルです。 グリーンは赤みが気になる部分がある人におすすめです。 イエローは肌のくすみが気になっている肌を抑えて明るく見せる効果があります。 パープルは程よい血色感と透明感をプラスします。 ブルベの方はパープルを使って透明感を出そうとしてしまうと青みが強すぎて顔色が悪く見えてしまう恐れがあるので、ピンクの化粧下地を使って血色感を出しながら透明感を出していきましょう。 ベースメイクが得意なRMKの化粧下地は、まるで乳液かのように滑らかなつけ心地。 しっとりと保湿をしながら色を補正してくれます。 まるで美容液を塗ったかのようにみずみずしくツヤのある肌に仕上げてくれるLUNASOLのカラープライマー化粧下地。 すっと肌に伸ばすだけで、光のヴェールをまとったかのような自然なツヤ肌に仕上げてくれます。 ブルベさんに使ってもらいたいのは01のWarm Pinkです。 血色感の少ないブルベさんは、ピンクのカラーコントロール化粧下地を使って顔色を整えるだけでパッと明るい印象になります。 とくにピンクのカラーコントロール化粧下地を使用すると、自然と血色感を出すことができます。 控えめに血色感を出したい際には、頬やおでこ、顎先のようにポイント使いをおすすめします。 十字になるように血色感をプラスすることで、女の子らしい印象を与えることができます。 美肌効果が高いと言われている大豆と、ポリフェノールを豊富に含むと言われているアルペンローゼが配合されているnaturaglaseのカラーコントロールベース。 化粧下地としてカラーコントロールをしたり、ファンデーションのノリを良くしてくれたりするのはもちろん、化粧をしながらスキンケアをすることもできちゃうんです。 お肌にのせると自然な血色感を与えてくれる程度に色づいてくれるので、メイク初心者の方でも使いやすいでしょう。 肌なじみが良く、色ムラもしないので、忙しい朝はこの化粧下地があれば時短にもなります。 キメを整えみずみずしい肌にしてくれるため、くすみが気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

次の