カブの葉レシピ。 かぶ!人気レシピ16選【殿堂1位は?】つくれぽ1000超え

カブの葉の生のシャキシャキ感を楽しむ!美味しいナムルのレシピ [簡単一汁三菜レシピ] All About

カブの葉レシピ

かぶの浅漬け/即席漬けのレシピ かぶの浅漬けに使うかぶは、 1玉が100gほどの小かぶがおすすめ。 そのくらいの大きさであれば皮をむく必要がなく、葉っぱも浅漬けで食べやすいからです。 葉っぱはきれいに水洗いして、かぶは皮ごと3〜5㎜幅に、葉っぱは3〜4cm幅に切ります。 それから加える塩の分量は、 『かぶの実と葉の合計重量に対して2. 5〜3%の塩』。 一般的な浅漬けは2%なので、それに比べると少し塩は強めです。 ボウルに切ったかぶを入れて塩を混ぜ合わせると、まんべんなく塩がいきわたり漬かりが早くなります。 また、塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。 目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4〜5gです。 あとは、漬物容器やジップロックなどに移して重しをかけて漬け込みます。 この時に加えるのが材料Aの 昆布・輪切り唐辛子・穀物酢・砂糖です。 これらも全体にしっかりと混ぜ合わせて漬け込み、重しをかけて冷蔵庫に移します。 キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。 冷蔵庫に移したら、6〜7時間後くらいから美味しく食べることができます(時間に余裕があれば1日以上漬け込むとよいです)。 食べるときは汁気を軽くしぼってからいただきます。

次の

カブの葉の生のシャキシャキ感を楽しむ!美味しいナムルのレシピ [簡単一汁三菜レシピ] All About

カブの葉レシピ

所要時間: 15分 カテゴリー:、 カブの葉の生のシャキシャキ感を楽しむ!美味しいナムルのレシピ カブの実の部分だけを使って、残った葉は食べられずに捨てられてしまうこともよくあります。 でも、実よりも葉の方が栄養は豊富。 食べないのはモッタイナイです。 今回はカブの葉をナムルにしてみました。 カブの葉は生のまま食べてもOK。 茹でてから使うレシピが多いですが、加熱すると逃げてしまう栄養を残すためにも塩もみをしてしんなりとさせたところをナムルにします。 茹でた葉よりもシャキシャキ食感が残るのが美味。 手間も省けます。 このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『』にまとめてあります。 ぜひ併せてご覧ください。 カブの葉のナムルの材料( 2人分).

次の

かぶの浅漬け(即席漬け)のレシピ/作り方:白ごはん.com

カブの葉レシピ

がおいしい! ゲストさん 13:18• がおいしい! ゲストさん 12:37• がおいしい! ゲストさん 12:33• がおいしい! ゲストさん 12:29• がおいしい! ゲストさん 12:27• がおいしい! ゲストさん 12:15• がおいしい! ゲストさん 11:54• がおいしい! ゲストさん 11:52• がおいしい! ゲストさん 11:25• がおいしい! ゲストさん 11:24• がおいしい! ゲストさん 11:11• がおいしい! ゲストさん 11:07• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:42.

次の