かまいたち トトロ。 【M

【お笑いネタ】かまいたち|マジ笑!本気で笑える厳選お笑い芸人ネタまとめ

かまいたち トトロ

涙なしでは見られません! 毎度ながら過去映像のストックの多さに度肝抜かれます。 今年はミルクボーイ・かまいたちの二本柱に和牛を絡ませるテイストの編集になっていましたが、これはABCと吉本製作なのでぺこぱ少なめなのは仕方ない。 そして、 からし蓮根やその他若手がノータッチなのは今後の活躍に期待を込めて、だと思います。 感想としては、 昨年2018年の方が好きだったかな〜。 2018年の編集はすごい良かった。 今年は ちょっとあざといカラーが強めだったかな〜って印象w。 特に濱家さんは相当狙ってたんじゃないかしらとファンながら思いますw。 でもオススメですよ!全国ゴールデンでやってくれないのが悲しいです。 史上最高レベルの大会と言われるだけあって、過去比べても、ズバ抜けて痺れる とても良い大会でした。 この大会は本当に 魔物的神様がいます。 それだけの魂がぶつかり合ってます。 世代交代の流れで、若手に風が吹く笑神籤。 かまいたちはファーストステージで2番手を引くも、前半戦とは思えない高得点を叩き出し、数多のライバルを凌いで決勝戦へ。 最後は大会のお客さんと空気諸共全てを制したミルクボーイに女神は微笑みましたが、かまいたちの実力を疑う人はもういないはず。 類稀なる技術と強さを持ち、実力者としてゴールした銀メダルは彼ららしさすらあります。 今年の単独からずっと勝負ネタとして、何度も何度も寄席にかけて練っていた「お酒」ネタを最終的には完全に捨て、ここ数年一番の武器だった「UFJ」ネタを自信持って大舞台にぶつけ、最終決戦は準決勝で強さを見せつけた「自慢」ネタで大いなる賭け。 この判断力も安定感ありました。 M1終わった。 決勝を選ぶのが辛かった。 人情的にはかまいたちに勝たせてあげたかった。 自信と怯えの共存する文句なしの漫才。 去年足りなかったのはその部分。 ただミルクボーイの受け方が半端なかった。 人情や私の思い出で選ぶのは失礼と思いミルクボーイを押した。 でも辛い。 今夜寝られそうにないよ。 — 志らく shiraku666 そして、準優勝に導いてくれた、 松本人志の貴重な一票。 毎年思いますが、毎年この決選投票、 松本人志が誰よりも芸人であり、常に芸人側でいるという想いを伝えてくれます。 アツすぎて、最高過ぎて、全く思いがまとまらないのですが。 とにかく、山内さん、濱家さん、15年間本当にお疲れ様でした。 このツイートでは、元来持ってる彼らの謙虚さを伝えたくて「ただただ初心に戻った」と書きましたが、よくよく考えると「 ただただ進化した」の方が表現正しいかも。 進化と成長。 それが地に足をつけた実力者の三度目の正直でした。 3回戦、準々決勝と苦戦していた様子で厳しい戦いでしたが、準決勝は面白さだけでなくて 強さを証明してくれたと思います。 見ている途中から、きたきたきた、とニヤけが止まりませんでした。 少しずつ売れて忙しくなり、体調崩しながらも、この数週間であの準決勝ネタをスピード合わせて仕上げてきた、外野を黙らせる、 なめんなよ的な強さが大好きです。 最後〆の山内さんの表情に感無量。 あれだけであそこまで笑いを取れるようになったのは、 キャラ浸透して売れた証拠ですね。 数年前では無理でした。 新しい顔ぶれだらけですが、今日の準決勝見ていれば、少なくとも選ばれてることに異論はないはず。 賛否を横に置ける強さがある。 少しずつ売れて忙しくなり、体調崩しながらも、この数週間でここまで仕上げてきた、外野を黙らせる、なめんなよ的な強さが大好きです。 — LilaComedy LilaComedy 決勝メンバーは新しい顔ぶれだらけで、芸歴も一番長くて何だかお邪魔します、みたいなコメントを濱家さんが言ってましたが、いいんですよ。 もうそれだけの中堅位置に来てるのだから仕方ない。 会社で管理職になり、若手社員の様に働けないのと一緒で。 準決勝見ていれば、 好みは別れようとも異論はないはずです。 追われる側になり、少し寂しいけど、 昨年最高の出来で仲間と戦う夢は叶えてます。 今年は堂々と 自分たちの漫才が出来る花道貰ってますよ。 漫才師人生として最高じゃないですか! おめでとうございます!! ワクワクさせてくれてありがとう!! 山内さんのコメント、このセンスが大好きです。 こんなに途中まで普通なこと言いながら、最後わはっ!って笑っちゃうこと言えるの凄いww。 「初めて出たときに緊張した記憶があります。 初出場の皆さんには空気に飲み込まれないように、ある程度力を出した上で、 ベストを尽くして 我々に負けてほしい。 」 最大の敵は、過去の自分でも、他の8組+敗者復活者でもなく、 志らく師匠になりそうですねw。 関連記事: 関連動画: 関連記事: 関連記事: 確認した限り、見取り図は昨年乗り越えてきてますね!和牛はM1が作り上げた前代未聞の無敵怪物でしょう。 凄い!そして、かまいたちのネタはトイレ?愛してるから敢えて言うけど本当にそれ!?なんで!?誰よりも応援してるのです。 伝われーこの思い…。 — LilaComedy LilaComedy 今回の 敗退者ラインナップは進出者ラインナップかと思ったほどで、本当に厳しい厳しい、戦いです。 クセが強めで、いつものしゃべくり漫才というより、 山内さんサイコパスコント寄り。 流しているに近いと思って、いつものテンションで見ていたら、なんと M1用に仕上がっていますね!!それにファンとしてはは感動!! 何に感動しているかと言いますと、 山内さんのキャラに乗りながらも 緩急があり、 3分の使い方が綺麗な印象で、 オチを添えると一つのストーリーにもなります。 まとまってますね!! これからの勝負ネタが楽しみとしか言いようがありません。 きました。 きましたよ!! 望み繋いだラストイヤーの挑戦 M1の出場資格は 結成15年以内であること。 かまいたちの結成は2004年。 今年2019年がラストイヤー。 昨年M12018終わり、打ち上げ会場での過酷なGYAO配信も終わり、帰ろうとする山内さんを追いかけた濱家さんの おもしろかったな、山ちゃん。 ありがとう。 おもしろかった。 一番おもしろい。 と共に交わしたアツい握手。 (これはファンの涙腺爆発でしたねw) そして帰り道、 今年最後にしようと思ってたんで。 ネタもめちゃくちゃいいネタができて、やってたんで。 だから今のところ、今年で終わりにしようかなと思ってるんですよね。 でも気が変わるかもしれない。 一晩寝たら。 スロットで大負けした次の日も結局並んでたんで。 っていうなんとも、山内さんっぽいw、コメントを残しつつ。 あ、ちなみに、これは関西で放送された「 M-1アナザーストーリー」の内容ですが、 M-1グランプリ2018のDVDにも収録されていますので、ぜひ見てください! これは必見です!!最高の仕上がりです。 制作側の愛がたくさん詰まってます。 リンク その日から、ラジオやインタビューでは、ずっと2018年を最後の戦いとしてやってきたこと、2019年は出場しないつもりでいること、「優勝を約束してくれないと出ない」と笑い混じりに語ってきた山内さんと濱家さん。 (約束されたのか?w) 出場しないのも一つの選択肢でした 一、ファンとしては、 出ないっていうのも一つの判断なので、それはそれで賛同でした。 個人的には、 2017年に続く2018年二人ともやり切った様子だったことと、いまこれだけ旬に売れ始めているところで、 ラストイヤーと煽られるブランディングも不安に思い、何より M-1の空気の流れが変わり始めているのも感じてました。 M-1も大事ですが、かまいたちと山内さんと濱家さんのキャリアが大事なので、 現役ど真ん中で長く太く活動していくべく、鮮度高い印象を保つためにも、タイミングを逸しているのであれば、出場回避は一つだと思っていました。 だけど、思い出しました、そういうことじゃないわ。 そんなごちゃごちゃ、どうでもいいですね。 ここは、 漫才師としての意地と浪漫。 そして、 今年ラストイヤーの追い風を今年一番享受できるのは、かまいたちなので美味しいはず。 TV局側も欲しいはず!何なら呼んだはず!w。 この勝負師2人が、 二冠狙えるチャンスを逃さない、と決めた確固たる確信があるのでしょう。 全力で応援します!! かまいたちのM1戦歴 これがかまいたちの恐るべし戦歴。 2018年 決勝5位• 2017年 決勝4位• 2016年 準決勝-敗者復活戦• 2015年 準決勝-敗者復活戦• 2010年 準々決勝• 2009年 準決勝-敗者復活戦• 2008年 準決勝-敗者復活戦• 2007年 準決勝-敗者復活戦• 2006年 準決勝- 敗者復活戦• 2005年 準決勝- 敗者復活戦• 2004年 2回戦 優勝できていない、と言われればそれまでですが、ここまで安定的に戦える人も少ないはずです。 結成2年目で準決勝です。 M1は、3回戦は基本みんな面白くて、準々決勝辺りからは、 もう決め手は時代の流れとM1神様の道しるべだけ、ってぐらいで強者揃いになるので、 準決勝にこれだけ上がっている時点で、安定した実力はお墨付きです。 結成2年目で出た結果が2回戦敗退ですが、その後基本準決勝進出で、 概ねコツを掴んだ感がすごいw。 2010年は準々決勝で敗退していますが、これは 前年2009年準決勝でまさかの山内さんネタ飛ばしによる影響かもしれないですね。 結成5年目の試練。 リンク アナザーストーリーにもこの時の過去映像が入っていて、事前インタビューで山内さんが大分ちょけていて、 この翌年から大きく姿勢が変わったこともわかりますが、立ち直りきれず、そのままM1は終了。 2015年にM1が復活した時は、強くなって帰ってきましたね。 2017年は、10月にキングオブコント(KOC)優勝し、大台に乗った状態で臨んだ年で、決勝進出で結果4位と健闘するも最終決戦に残れず。 その後、ほのかに残る勢いの余韻に乗り、 勢いの賞味期限があることを自覚して2018年はラストイヤーとして臨み、2018年は状態良好で戦って、結果5位。 そこから1年。 いまはバラエティど真ん中で認知度上げてきて、勢いつきつつ、 東京認知度が完全に上がりきる前の状態で、タイミングとしては悪くないはず。 勝負の角度で見れば、射程範囲内ではあります。 目指せ二冠、いや、実は八冠?十冠? これがかまいたちの優勝歴。 2007年 第28回ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞• 2008年 第43回上方漫才大賞 新人賞• 2012年 第33回ABCお笑いグランプリ 優勝• 2012年 第42回NHK上方漫才コンテスト 優勝• 2016年 歌ネタ王決定戦2016 優勝• 2017年 キングオブコント2017 優勝• 2019年 第54回上方漫才大賞 奨励賞 このほかは、外王〜ロケ最強芸人決定戦で2回優勝。 (私服センスない芸人入れたらプラス1勝w) 決勝進出を含めれば、更に長いリストになりますが、出ていないのは、R1グランプリあたりでしょうか。 若手時代から軒並み賞レースをとり 、 バウンティーハンターと言われただけあります。 ( お相撲さんのネタ大好きだったな~) ここにM-1を足したら、八冠王とか言いたいところですが、とにかくゲットしたい前代未聞の、 M-1&KOCの二冠王。 漫才とコントの二刀流戦士。 正直、二刀流を公式に言えるコンビは少ないと思うので、 サンドウィッチマン・中川家に続く後輩として、かまいたちのはずです。 前代未聞の二冠王になるに相応しい2人です。 そして、そのあとは 上片漫才大賞の大賞が待っていると信じています。 ここから4か月アツい戦いを見守るしかない! 最終的にはM-1はテレビ番組ということも踏まえ、勝ち残れるよう、ファンとして一、視 聴者目線で応援&コメントを伝えていくしかない! 今からこんな興奮状態で、向こう数ヶ月、 全く仕事できる気がしない!ww こう見えて、仕事は忙しくしているのですよね・・。 今から有休を取っておこう。 おーまーけー 昨晩からこんなページが立ち上がってます。 見れるー!って喜べないです。 これは演者にとって恐ろしい企画だと思います。 ネタがバレてしまう+何度も見られてしまう=ウケなくなってしまう このリスクが潜みまくってます。 同じネタで勝ち上がろうとしても、「 ああ、これ前見たやつだ」って気持ちをお客さんに植えつけてしまいます。 昔と違って、いまのM1プレイヤーは配信されることを前提に、戦っていかなければ行けない。 ここが格段に難易度アップしているポイントだと思います。 なので、見てください!って心からお勧めできないものの、ラインナップ見てると、すでにハネるメンバー揃ってますのでお知らせします。 ひと昔前は決勝進出者だった モンスターエンジン、今やバラエティ引っ張りだこの 宮下草薙や 納言、今年ABCお笑いグランプリ優勝した エンペラー、M1決勝進出経験のある さや香、などなど そんなメンバーが1回戦から、ゴロゴロいます。 この何千組の中から優勝者は1組だけです。 M-1優勝は、実力と運を味方につけ、雷に当たるようなものですね。 かまいたちが初決勝進出した2017年はこちら!.

次の

2019年M

かまいたち トトロ

かまいたちってどんな芸人? かまいたちは、ボケ担当の山内健司とツッコミ担当の濱家隆一が2004年に結成した、吉本興業所属のお笑いコンビです。 キングオブコント2017で見事優勝し、M-1グランプリの決勝の常連でもある、お笑いのネタにおいては最強と言ってよい芸人でしょう。 M-1グランプリは2019年がラストイヤーで、惜しくもミルクボーイに敗れて準優勝となり、キングオブコントとM-1での同時優勝という史上初の快挙は逃してしまいました。 しかし、その披露したネタの完成度は各所から絶賛されています。 かまいたちは3年連続でM-1グランプリの決勝に残り、 2017年に4位、2018年に5位、2019年に2位という結果を残しています。 2019年に初めて最終決戦まで残り、数々の漫才師にその技術を認められたかまいたちは、これまでとは何が違ったのでしょうか。 2018年のM-1ネタには何が足りなかったのか? 2018年のM-1グランプリ決勝で、かまいたちは「タイムマシーン」のネタを披露しました。 ネタの内容は、山内がもしタイムマシーンを使うことができたら、過去に戻って今まで貯めていなかったポイントカードを作るということを理屈っぽく主張するというものです。 ポイントカードを作るというくだらない主張ですが、山内が妙に説得力のある理論を含ませながら必死に主張していく様が非常に面白いネタです。 しかし、結果は上述の通り4位で、惜しくも最終決戦には残ることができませんでした。 2018年のかまいたちのネタには何が足りなかったのでしょうか。 2018年のM-1で審査員もしていたナイツ塙は著書『言い訳』の中で、かまいたちには漫才において重要な「三角形」ができていなかったと述べています。 漫才における「三角形」とは何か。 それを説明するには、ブラックマヨネーズのネタが参考になると思います。 (中略)あのように、掛け合いでうねらせていくのは、理想の漫才だと思います。 ボケとツッコミと客席と、きれいな正三角形ができていました。 ボケ、ツッコミ、客席が全て一体となって作り上げるのが漫才の理想形だと塙は考えています。 ボケとツッコミだけがやり取りをしていて客を無視していては横の直線になってしまいますし、ボケが客席しか見ておらず、ツッコミを無視していても縦の直線になってしまいます。 塙自身も、2008年にM-1グランプリに出場者として参加した時に、トイレで偶然会った島田紳助に三角形が作れていないことを指摘されたそうです。 当時のナイツのネタは塙が小ボケを連発しているだけで、ツッコミの土屋が機能していなかったのです。 そして、2018年のかまいたちのM-1ネタも、同様に三角形が出来ていなかったと塙は指摘しています。 山内君は怒りを前面に押し出してくるのですが、それはどこまでいっても「俺はこうだ!」「俺はこうしたい!」という主張に過ぎない。 (中略)主張とは本来、黙って耳を傾けるものです。 したがって、ツッコミの濱家君も「わかるけどな」とか「思うか!」程度のことしか言えず、掛け合っているようで、掛け合っていませんでした。 そのため、山内君の主張パートはウケるけど、濱家君のツッコミでは笑いは起きないのです。 (中略)つまり、相方とも、客席とも、結ばれていない漫才、つまり「点」に見えてしまいました。 山内が論理的なようで間違っている主張を繰り返すところを楽しむネタである性質上、山内がある程度周囲を無視して自分の意見を力説しなければならないのは仕方ないことでしょう。 しかし、漫才という競技を考えると、それでは高評価に繋がらなかったのです。 こうしたかまいたちの漫才スタイルが持つ根源的な欠点を克服できず、かまいたちの2018年のM-1は幕を閉じます。 2019年のM-1ネタは何が凄かったのか? 結成15年目を迎え、2019年にM-1ラストイヤーとなったかまいたちは、再び決勝に進出します。 決勝1stラウンドで行ったネタは「UFJ」です。 正直言ってお笑いファンの方では知らない人がいないほど有名なネタで、数年前からテレビでも披露されていたネタです。 ネタの内容は山内が序盤に「USJ テーマパーク 」に行ったと言いたかったところを「UFJ 銀行 」と言い間違えるも、その間違えを頑なに認めないというものです。 確実に言い間違えたのにも関わらず、一切間違えを認めず必死に自分の正しさを主張する山内の狂気と、それに対し、濱家が恐れ震える様子が非常に面白い名作です。 2018年のM-1では「三角形」を作れず「点」となってしまっていたかまいたちですが、今回のネタでは山内と濱家がしっかりと喧嘩交じりの掛け合いを見せ、濱家の恐怖と呆れが観客の共感を呼ぶことで、きれいな「三角形」を見事に作り上げていました。 ネタの真新しさは無かったものの、こうしたボケ・ツッコミ・観客が一体となった漫才を完璧に行ったかまいたちの漫才の技術は誰もが賞賛するところとなりました。 塙の『言い訳』の内容を知ってか知らずか、観客をどんどん取り込もうとしていく工夫をすぐに漫才に取り入れることのできるかまいたちは流石の一言です。 そして、観客をネタに巻き込んでいこうという仕掛けの最たる例が最終決戦で披露したネタにあります。 決勝戦のネタのオチは決まっていなかった!? 2019年のM-1グランプリ1stラウンドで見事2位になったかまいたちは、最終決戦で「トトロ」のネタを披露します。 これは山内がこれまで『となりのトトロ』を一度も見たことが無いことを自慢するというネタで、一見何も凄くなさそうな自慢を屁理屈でどんどんもっともらしく見せていくというかまいたちが得意なスタイルのネタです。 最後は濱家が客席に向かってトトロを見たことが無い人がいるかを尋ね、数人が挙手をすると、山内が苦し紛れに「実は『火垂るの墓』も観たことが無い」というのがこの漫才のオチです。 滅茶苦茶な主張を繰り返す山内が完璧に論破され、漫才の締めとして非常に綺麗に見えるオチですが、実はこれにはとんでもない仕掛けがあります。 それは、この漫才にはオチが2パターンあったということです。 当然ですが、客席が1人も挙手をしなかった場合はこのオチは成立しません。 かまいたちはその場合に備えて、幻の2つ目のオチが用意されていたと後に明かしています。 漫才における「三角形」を作る上で、オチを観客に委ねる以上のことはできないのではないでしょうか。 そこからも、かまいたちがどれだけ観客を漫才に巻き込もうと苦心したのかが読み取れます。 結果は惜しくも1stラウンドの勢いに乗ったまま流れに乗ったミルクボーイに負けてしまいましたが、見事準優勝をし、その漫才の実力は誰もが認めるものとなりました。 ミルクボーイ優勝の裏で隠しきれなかった悔しそうな表情から、 かまいたちがどれだけ漫才のことを考えてきたのかが伝わってきます。

次の

【かまいたちネタ書き起こし】バカな人【漫才コントまとめ】

かまいたち トトロ

ラジオCMの公募が好きで、もう5年前ぐらいからずっと応募し続けているんですが、さすがに飽きてきました 笑 ヒヒ馬です。 でもね、M1グランプリみたいな面白い作品を見ると、思うんですよね。 こういう面白いシナリオ、俺も書いてみてーー! というわけで、自分の創作活動にも役に立てるように、お笑いも勉強していきたいと思います!今日はかまいたちのネタを分析!あの、観ていない方は、YouTubeで検索してみてください! こういうやつ、いる! 1本目は、「USJ」を「UFJ」と言い間違えた山内さんが、自分の非を認めないどころか、濱家が言い間違えたと主張する漫才。 この漫才ではだいぶ極端に表現されてますけど、こういう恥ずかしい間違いを絶対認めない人、周りにいません? 笑 すごい共感が沸いたんですよねぇ。 2本目は「となりのトトロを見ていない」と、なぜか自慢し始める山内さん。 本当、こういう人いません? 笑 「最近流行りの番組を知らないあたしって逆にすごい」的なオーラを醸し出してくるような人 笑 2本とも共通しているなぁと思ったのは、 ちょっとウザいやつを、極端にして、コメディーにしている。 だから、山内さんが繰り出す屁理屈に、共感して笑ってしまうんだと思うんですよねぇ。 ウザいというか、もはや可愛い。 山内さんのキャラは、「ウザい」んじゃなくて、「ちょっとウザい」というのが、ポイントだと思うんですよねぇ。 いい間違いを絶対認めないところや、トトロを見ていないことを誇りに思っているのって、 ちょっと、可愛くないですか? 笑 必死に自分をよく魅せようと、あの手この手で濱家さんのツッコミを回避する様子って、なんか笑ってみていられるんですよねぇ。 予想を超えてくる屁理屈なボケも面白いんですが、そういうキャラの人間味を感じられるところも、プラスに働いている気がするんですよねぇ。 ただ、ボケを言うんじゃなく、そこにキャラが載ってくると、ボケが強くなると思うんですよね。 「ペコパ」もそうだし、「オードリー」の春日のキャラもまさにそうですけど、かまいたちの場合は、日常でよく見るキャラを進化させているような感じがして、ずっと見ていられます 笑 会場を巻き込んでいる。 1本目は、「お客さんにどっちが言い間違えてたか、聞こうよ」 2本目は、「お客さんの中で、人生でトトロを見たことある人?」 もはや2本目に関しては、実際質問してて、すごいなぁと思っちゃいました。 手を挙げた人が何人かいて「トトロ見てない人、結構いるじゃん」「俺は火垂るの墓も見てないけどな」というオチで終わるんですが、多分、手を挙げる人がいないバージョンのオチも用意していたんだろうなぁ。 「笑い」の逆側に、「退屈」があると思うんです。 だから、時々お客さんを巻き込むことで、この笑いの敵「退屈」を防ぐ効果があると思うんですよね。 セミナーなんかでもちょっとしたワークがある方が、眠くないですよね笑 聞いている人を巻き込むというのは、お笑いに限らず、いろんなシチュエーションで応用できそうだなぁと思いました。 かまいたちも面白かったのに、それを圧倒的大差で勝ったミルクボーイの漫才は、本当発明だなぁと逆につくづく感じてしまいましたねぇ。 キャッチコピー30案、1万円で、いたします! 明日は、ペコパを分析したいと思います!.

次の