愛工大 スポーツマネジメント。 経営学部

スポーツマネジメントになるには・スポーツマネジメントの仕事内容

愛工大 スポーツマネジメント

近年、注目を集めるスポーツビジネスですが、その発展に伴って「マネジメント」の重要性が認識されてきています。 スポーツビジネスをマネジメントするためには、決断力と柔軟性が必要であるとされますが、そもそも、「スポーツビジネス」とは何なのでしょうか。 ここでは、スポーツビジネスの概要とマネジメントの必要性について解説していきます。 予測の難しいスポーツビジネス スポーツビジネスは多方面に渡り、範囲も情報量も限りなく大きいことから、予測が難しいといわれています。 ここでは、スポーツビジネスとは何か、そして、なぜ予測が難しいのかについて解説していきます。 スポーツビジネスの概要 「スポーツマネジメント」とは、スポーツに関するすべての活動やビジネスの仕組みに広がる価値を管理していく考え方のことです。 例えば、スポーツを通して、お金を稼ぐことを目的にビジネスを展開していく手法でマネジメントした場合、どのように稼いで、どのように消費していくのかを分析していく必要があります。 一方で、お金を目的としないマネジメント手法も存在します。 この場合は、スポーツの施設やチームのマネジメントに焦点があてられます。 このように、スポーツマネジメントには2つの考え方があるため、目的を明確化してビジネスに展開していく必要があります。 スポーツビジネスは予測が難しい スポーツビジネスは予測が難しいといわれていますが、それはなぜでしょうか。 そもそも、スポーツビジネスとは、プロスポーツをはじめとして、スポーツ関連用品やスポーツ施設など、スポーツに関わるすべてにおけるビジネスのことです。 プロスポーツは、観客の感情や試合における勝敗など、不確定要素を含むものであるため、収益を予測することが難しいものですが、スポーツビジネスそのものが、IT化やダイバーシティ化など、その定義を拡大している成長産業であるため、今後の予測が難しくなっています。 スポーツビジネスのステークホルダーはさまざま ビジネスには利害関係と呼ばれるステークホルダーがつきものですが、スポーツビジネスも例外ではありません。 スポーツビジネスにおけるステークホルダーはどういうものなのか、また、スポーツビジネスをマネジメントすることで高まるステークホルダとの関連性はどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは、スポーツビジネスのステークホルダーについて解説していきます。 スポーツビジネスのステークホルダーとは スポーツビジネスのステークホルダーには、選手を取り巻くファンや自治体、協賛者やメディア、その他スポーツに関する団体やスポンサーなどがあります。 スポーツビジネスの基本は、大きく分けて「行う」、「支える」、「観る」の3つに分類されます。 「行う」は、主に選手としてスポーツに取り組むことで、ファンや協賛しているスポーツ団体やスポンサーなどのステークホルダーを結んでいます。 一方、「支える」は、ファンやスポンサーなど、選手がプレイしやすい環境を作ることができるようにサポートする役割を担います。 そして、「観る」ことで、来場者数やファン獲得に繋がります。 このように、「行う」、「支える」、「観る」ことでスポーツビジネスのステークホルダーが維持されているように感じますが、実際はそうではありません。 その理由は、スポーツビジネスとしてマネジメントする力が不足しているためです。 スポーツビジネスをマネジメントする必要性 スポーツビジネスの基本は、「行う」、「支える」、「観る」から成り立っているということについて解説してきましたが、この3つのステークホルダーだけではビジネスとしては不完全です。 しかし、この3つのステークホルダーに、「マネジメント」の要素を加えることでスポーツをビジネスとして捉えることができるようになります。 その理由は、選手や来場者数、ファンやスポンサーなど、スポーツ全般に関して管理することができるようになるためです。 スポーツは、ファンやスポンサーなどの支えがあってこそ成り立つものであり、選手だけは成り立ちません。 そして、それらの活動を管理するための「マネジメント」の必要性は高いといえます。 具体的には、ファン獲得に向けて運営者がSNSで情報を発信したり、イベントを企画して選手とファン、スポンサーが直接触れ合える環境を作ったりします。 このように、スポーツビジネスをマネジメントする必要性が問われています。 スポーツマネジメントの仕事はスポーツビジネスを発展させること スポーツマネジメントの仕事には、いくつか役割があります。 ここでは、スポーツマネジメントの役割とビジネスを発展させるために必要な考え方について、詳しく解説していきます。 企業から輩出される実業団の活躍でスポーツビジネス業界が躍進 企業のスポーツマーケティング戦略により、スポーツビジネスが発展する時代がやってきました。 インターネットを活用して情報を発信することで、実業団のブランドが高く評価されやすくなり、企業としてのブランディングの質が問われる場面も多くみられます。 企業が実業団を持つことも多く、スポーツマネジメントを行うことで必然的にスポーツビジネスを発展させることに繋がっています。 スポーツ施設を企業がマネジメントする時代の到来 スポーツ施設を企業がマネジメントする場面も多くみられます。 行政がスポーツ施設をマネジメントする時代はすでに終わりを告げているといえます。 今後は、企業がスポーツビジネスを展開するにあたり、スポーツ施設をマネジメントして発展に寄与していくと考えられています。 スポーツを「プレイする」から「経営する」に重点を置く考え方 スポーツをビジネスとして捉える考え方が定番化しています。 これまでの、「プレイする」から「経営する」という考え方が広がっているためです。 「ビジネス展開=経営」という考え方がマッチした企業としての取り組みも評価されやすくなったことから、スポーツビジネスへの考え方を一新してマネジメントする取り組みに重点を置く企業も増えています。 スポーツマネジメントによってスポーツビジネスが発展する これまでは、スポーツマネジメントという考え方は存在しませんでした。 しかし、スポーツをビジネスと捉える考え方が定番化してきたことから、マネジメントする動きを無視することはできなくなっています。 結果として、企業のマネジメント力の質が問われたり、ライバルの登場による競争の激化でスポーツビジネスが発展するきっかけが作られました。 スポーツビジネスのマネジメントに必要なこととは? スポーツビジネスにおいて、マネジメントは重要とされています。 そして、マネジメントは、情報収集に基づく分析の結果によって成果が大きく分かれます。 ここでは、スポーツビジネスをマネジメントするために必要なことについて解説していきます。 データの収集・分析 スポーツビジネスは、データ無くして成功はありません。 まずは、来場者数やファンの年齢層、チケットの売上高やスポンサーの存在など、あらゆる方面からデータを収集して分析することが重要です。 経済的な利益を得る データを分析したら、その結果に基づき、方向性を定めてビジネスを展開していきます。 そこで必要となってくるのが、スポーツビジネスをマネジメントする能力です。 つまり、収集したデータをマネジメントすることで、効率よく利益を出すことに繋がります。 ステークホルダーとの調整 スポーツビジネスにおいて、選手やファン、顧客やスポーツ団体などのステークホルダーの調整は必要不可欠です。 例えば、選手やファン、スポンサーのどれかが利益を出しすぎることで、全体的なバランスが崩れてしまいます。 そうなると、スポーツビジネスのバランスまで崩れてしまい、上手に利害関係を結ぶことができなくなってしまいます。 まとめ スポーツビジネスは、さまざまなステークホルダーを巻き込みながら発展している産業です。 そこには、不確定要素があり、予測が難しいとされていますが、データを収集・分析し、マネジメントすることによってスポーツビジネスを成功させることができるといえるでしょう。 参考記事一覧 「スポーツマネジメント」ってどんなことをするの? (ゼロからのスポーツビジネス入門).

次の

スポーツマネジメントはどんなことをマネジメントするの?

愛工大 スポーツマネジメント

月給230,000円~(スキルによって優遇) 待遇 各種社会保険完備、交通費全額支給、賞与年2回、昇給年1回、ビジネススキル研修制度あり 休暇 土曜、日曜、祝日(振替休日あり)。 有給休暇、育児休暇、慶弔休暇あり。 希望者は下記募集要項を確認して、ご応募下さい。 月給200,000円~(スキルによって優遇) 待遇 各種社会保険完備、交通費全額支給、賞与年2回、昇給年1回、ビジネススキル研修制度あり 休暇 土曜、日曜、祝日(振替休日あり)。 有給休暇、育児休暇、慶弔休暇あり。 希望者は下記募集要項を確認して、ご応募下さい。 [2]土日および春・夏・冬の長期休みイベント会場勤務。 お問合せ TEL:03-5412-0055 E-mail: 採用担当宛(営業時間:平日10:00〜19:00) スポーツマネジメント株式会社では、インターンを募集しています。 希望者は下記募集要項を確認して、ご応募下さい。 宿泊費および食費は弊社負担。 国内旅行傷害保険加入 選考STEP 書類選考または面接 勤務地 各イベント会場 お問合せ TEL:03-5412-0055 E-mail: 採用担当宛(営業時間:平日10:00〜19:00).

次の

RIETI

愛工大 スポーツマネジメント

2017. 25 スポーツマネジメント 須賀 優樹 「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」って違うの? 今回のテーマは、 「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」は違うのか? ということを取り上げます。 近年では、スポーツビジネスが発展してきたことによって、「スポーツ」に関しての「経営」や「マネジメント」が重要だと認識されてきています。 日本においては、200以上の大学が、スポーツに関する何らかの経営学やマネジメントといったことを学べる学科、コース等を設置しています。 学校によっては、「スポーツ経営学 論 」という名前の講義であったり、「スポーツマネジメント概論」のような名前の授業を行っています。 ですが「スポーツマーケティング 論 」ついては、「スポーツ市場学 論 」というような言い方はしません。 どこの大学でも「スポーツマーケティング 論 」と言っています。 なぜ、スポーツの経営に関しては、「スポーツ経営」や「スポーツマネジメント」という呼び方をするのでしょうか。 日本と海外では、スポーツに対するマネジメントの考え方が違っているということですね。 では、具体的に「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」の違いをみていきましょう! 海外では、「スポーツアドミニストレーション」のことを、スポーツ関連の行政や企業といった、「組織全体」の運営管理といったことを指しているようです。 「スポーツマネジメント」については、そうしたスポーツ関連の行政や企業が実際に行う「事業」をいかに効率よく効果的に行うか、といったことを「スポーツマネジメント」と呼んでいるようです。 すべてに当てはまる訳ではありません したがって、例えばプロ野球の球団などで考えると、「アドミニストレーション」は「 球団自体をどうやって経営していくか」ということです。 「マネジメント」は、「 球団が持っている様々な事業 部門 などをどのように管理・運営していくか」、といった具合です。 「事業」というのは、それぞれの仕事の役割のことです。 球団の中にも、野球やサッカーそのものをプレーする選手や監督といった人たちがいる「野球事業」あるいは「サッカー事業」と、チケットをどうやって売るかなどを考える「営業部門」、メディアを使ってどのように球団をアピールするかを考える「広報部門」などがありますが、それら1つ1つの事業や部門の経営のことを「スポーツマネジメント」と呼んでいる傾向にあります。 「スポーツ経営」は1960年代~70年代にかけて登場してきた考え方であるとされています。 これは、「スポーツによる教育」や、「実際に自分達がプレーするスポーツ」をどうするか、つまり 「競技力」に重点を置いた視点です。 日本のスポーツ政策でよく話題になるのは、「オリンピックで金メダルを何個取る」といったことが多いですが、日本のスポーツはとにかく「競技力向上」が好きなのです。 したがって、扱う内容は、「運動プログラム」や、「スポーツ施設をどうやって活用するか」とか、「スポーツ大会 運動会 」をどうやって開催するか、のようなことが中心でした。 そういった意味では、日本における従来の「スポーツ経営」は、「ビジネス」の視点はあまり重視されてこなかったため、儲かるとか儲からないといったことはあまり重要ではありませんでした。 基本的には、行政 自治体 や学校がスポーツをどう扱うか、といった視点だからです。 最近、日本で一般的になってきているような「スポーツマネジメント」が誕生したのは、1980年代以降とされています。 それまで行政や学校が中心となっていた「スポーツ」は、「運動」という意味合いが強かったですが、この頃になると、企業がスポーツの価値を認識しはじめ、スポーツに対して大きな投資をするようになりました。 1990年代以降は、「スポーツ経営」も「プレー中心」の「スポーツ経営」から、海外の「スポーツアドミニストレーション」や「スポーツマネジメント」の考えを取り入れた新しい「スポーツ経営」が発展してきているように見受けられます。 というのは、 でご紹介したように、地域のスポーツ施設の運営を行政が行うのではなく、 一般企業に任せるといったビジネスなどが定着してきているからです。 1990年代以降の「スポーツ経営」 上記のように、日本では「運動」を中心とした「スポーツ経営」から、1980年代以降は、企業がスポーツをビジネスとして捉え始めたという流れの中で、「企業経営におけるスポーツのマネジメント」という考え方が登場してきました。 ところが、日本では1990年代以降の経済の悪化によって、色々な企業がスポーツに対して使っていたお金を、かなり減らさなくてはならない事態になりました。 「 経済が悪化して業績も落ち込んでいるのに、スポーツなんかやっている場合じゃないだろう」といった意見が、企業の内外から出てきたためです。 「実業団」と呼ばれる、企業が所有していたスポーツチームも、次々と「廃部」になりました。 「廃部」ですから、こうしたチームは企業の中の1つの「部活動」にすぎません。 「部活動」ということは、 チーム自体にはお金を稼ぐという機能がないのです。 2000年代中頃までは、プロ野球といった「プロ」のスポーツでさえも、実際の経営は「親会社」と呼ばれるような、元々チームの所有権を持っている会社の出資で成り立っていたため、球団自体が大きな利益を生み出すどころか、 大半の球団は儲からないビジネス 赤字 だったのです。 実業団もプロ野球もあくまで、「スポーツチームを持っている企業が、どのようにそのチームを活用するか」という視点だったのです。 こうした流れが、ここ10年前後で少しずつ変わり始めています。 インターネットの発達によって、国内や海外でのスポーツビジネスの内容や取り組み、成功している事例などががすぐに分かるようになりました。 「スポーツアドミニストレーション」や「スポーツマネジメント」を学ぶために海外へ留学するような人も増えました。 さらに「スポーツビジネス」に、これまで全く違った業界で仕事をしていたような人たちが関わることによって、マーケティングやマネジメントが発展してきています。 「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」は同じもの? 現在は、海外のスポーツビジネスのノウハウとの融合や、国内スポーツビジネスの現場でのさまざまな取り組みが「スポーツ経営」に影響を与え、今では、「スポーツ経営」も「スポーツマネジメント」もほぼ変わりないものであると言えます。 「ほぼ」というのは、こうしたコラムでご紹介した、 や といったことを、日本の「スポーツ経営」ではあまり学ぶ機会がないからです。 学ぶ機会が少ないというのは、教えられる人材が少ないからです。 スポーツという商品の価格の決まり方や、スポーツ組織の実際の資金繰りといったことを学ぶのはスポーツ組織に関わる上では非常に重要です。 「マーケティング」や「マネジメント」といったことは、スポーツビジネスに関わらず、一般企業の「マーケティング部」などで経験・実績を積んだり、自分の部署や部下の業務管理といったことを経験すれば、ある程度は分かるようになります。 しかし、「 経済学」や「 ファイナンス」は日々の業務の中では得にくい知識なのです。 日本でこうした分野を本格的に学ぶことは難しく、本気で学びたい人は北米や英国といった海外のスポーツマネジメントスクールに通う必要もあるかもしれません。 繰り返しになりますが、 「スポーツ経営」「スポーツマネジメント」を学ぶ際に、こうした科目がなければ、一般的な「経済学」や「ファイナンス」をぜひ勉強してみてください。 スポーツ関連の企業や球団に就職するときにもきっと役に立つはずです。 こうした知識を持った人材が増えれば、「スポーツ経営」も「スポーツ産業」もまだまだ発展していくのではないかと感じます。 まとめ 今回は、「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」って違うの? というテーマで解説をしていきました。 ただし、 現在では、「スポーツ経営」も「スポーツマネジメント」も大きな違いはなくなってき ています。 日本で「スポーツ経営」「スポーツマネジメント」を学ぶ際には、スポーツに関する「経済学」や「ファイナンス 財務・金融 」といった分野を学べる機会が少ないので、一般的な「経済学」や「ファイナンス 財務・金融 」を同時に学んでいくと良いと思います!! 「スポーツビジネスを勉強したいが、学校にそうした科目がない!!」と困っている人は、ぜひLINEでご相談くださいね!.

次の