笠井 アナウンサー。 笠井信輔アナ、退院後初のアナウンス室で集合ショット 現場にも完全復帰「やはり心躍りました」(ねとらぼ)

笠井信輔アナ、生存率は「7割」 4ヶ月入院で抗がん剤治療へ

笠井 アナウンサー

笠井信輔(かさいしんすけ)のWikiプロフィール・経歴・出演番組は?川崎市殺傷事件のストップウォッチ検証で炎上?• 名前:笠井信輔(かさいしんすけ)• 生年月日:1963年4月12日• 年齢:56歳• 高校:東京都立狛江高等学校• 大学:早稲田大学商学部• 勤務局:フジテレビジョン• 出身地:東京都世田谷区 東京都世田谷出身の笠井信輔アナ。 1987年にフジテレビに入社しており 入社後は「FNS27時間テレビ」の 提供読みを記念すべき1期生として 塩原恒夫とともに勤めました。 1990年代は「おはようナイスデイ」に 出演しており1999年以降は、後番組の 「情報プレゼンター ナイスデイ」で 小倉智昭さんのアシスタントを勤めました。 同局の軽部真一アナは先輩にあたり、 軽部アナと二人で「男おばさん」という コンビを組み、番組も担当しています。 2人は公私ともに仲良しなのだとか。 2018年からお昼の「バイキング」の コーナー担当として、進行を勤める中で、 うっかりしている一面を持っており 番組中に携帯を鳴らしてしまったことも。 これは坂上忍さんにツッコまれていました。 また、2019年5月末に発生した川崎市での 連続殺傷事件の際に、容疑者の犯行を ストップウォッチを使って再現したことで 批判が殺到しました。 まぁ、笠井アナの 発案の演出だったかは分かりませんが。 笠井信輔アナウンサー フジテレビ の学歴(高校・大学)は? 笠井信輔アナの出身高校は東京都立の 狛江高等学校です。 こちらの高校の 偏差値は近年は60くらいとなっており 高めになっています。 大学は早稲田大学商学部に進学しています。 こちらの学部の偏差値は60代後半なので、 高校時代には優秀だったのでしょうか。 学生時代にはTBS「ぴったしカンカン」で アルバイトしていましたが、就活時には TBSは男性アナの募集をしておらず、 フジテレビを受験したそうです。 笠井信輔アナウンサー フジテレビ の結婚相手 妻 や子供は?宝塚愛がすごい! 笠井信輔アナは、1990年に結婚しており お相手は元同局アナの茅原ますみさんです。 2人はアナウンス学校が同じだったらしく 学生時代からのお付き合いだったようですね。 既に結婚して29年目の熟年夫婦の2人は、 3人のお子さんに恵まれ、全員男の子です。 既に長男は20歳を超えている、とのこと。 宝塚ファン歴30年の笠井アナは夫婦そろって 宝塚の大ファン、観劇もお2人でするそうで 夫婦で趣味が共有できるのは羨ましいですね。 笠井アナは担当してみたい番組という質問に 「宝塚専門チャンネルの司会進行」と答える など、宝塚愛は止まることを知りません。 笠井信輔アナウンサー フジテレビ の身長・体重は? 笠井信輔アナウンサーの身長について 調べてみたところ、170cmと平均的で、 体重は62kgだということがわかりました。 笠井アナはもともと小柄なイメージなので 想像していた通りの身長と体重でした。 高身長のアナウンサーも人気がありますが より親近感が湧きやすいかもしれませんね。 笠井信輔アナウンサー フジテレビ の収入・年収は? 笠井信輔アナウンサーの収入については 確かな金額についてはわかりませんでした。 フジテレビの平均年収は約1300万円ですが 笠井アナウンサーの年収はどうでしょうか? 笠井アナは、フジテレビ局内の役職として アナウンス室専任部長に就いているようです。 テレビ局は年功序列制度ということもあり、 だいたい1500万円前後かと予想してみます。

次の

笠井美穂

笠井 アナウンサー

悪性リンパ腫の入院治療を終え、4月末に退院した元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(かさい・しんすけ 57歳)が5日、悪性リンパ腫が「完全寛解」したことをブログで発表し、本格的に仕事復帰することが明らかになりました。 笠井信輔アナはブログで、 「 昨日、病院の診断で主治医の先生から『完全寛解です』とのお言葉をいただきました!(中略)前回撮影したPET検査(最新のがんカラー映像全身撮影)の結果、何ヶ所か怪しい病変のような部分が見つかりました。 そのため『寛解』の診断がお預けになっていたんですが、この2週間の間に、さらに詳しい解析と評価をしてくださったんです。 やりました!(中略) 『状況としては完全寛解ですが、一応2ヶ月後に検査をして経過を確認していきましょう』と言ってくださいました。 」と、悪性リンパ腫が完全寛解したとの診断結果が出たとしています。 早く仕事をしたい気持ちでいっぱいです。 」との思いを明かし、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることで今後どうなるかは分からないものの、「まず今月は慌てずに、自宅でのリモートワークを中心にやっていこうと思っています。 」としています。 笠井信輔アナは『サンケイスポーツ』の電話取材にも応じ、 「主治医から 『完全寛解です。 普通に仕事をして大丈夫』と診断されました。 ガンは全て消えたそうです。 お酒もOK。 妻や息子たちはまだ許してくれませんが…。 (散歩や筋トレで体力回復を目指しているが)すぐ足がむくむし、まだ指のしびれもある。 コロナ禍でもあるし、今月いっぱいはゆっくりして、 7月から慌てず本格的にメディアの仕事を再開させたい」と語っていたといいます。 そして、笠井信輔アナの完全寛解報告に対してネット上では、• 良かったですね。 これからが本当のフリー解禁ですね。 どんな姿でテレビに現れるか楽しみです。 良かったです!明るいブログをずっと読み続けていたし、ずっと応援していました。 家族の温かい応援もどれだけ力になったことでしょうね。 おめでとうございます!• 完全寛解すごいです。 私は卵巣癌ステージ3で、抗がん剤治療中です。 私も絶対に完全寛解して元気になりたい。 こんなに早い段階での完全寛解ってあるのかとビックリ。 数年様子を見ての完全寛解で、さらに数年様子を見ての完治だと思っていた。 でも、悪性腫瘍には完治はないもんね。 32年たってからの再発があった。 ってお医者さんに聞いた。 いずれにせよ、良かったですね。 完全寛解、すごいですね!!良かったです!昔同じ病気で友人が亡くなってしまったのですが、今は治療も随分進んでいるのでしょうね。 数ヶ月の大変な入院生活で体力も落ちてしまったでしょうから、まずはムリのないペースでお仕事開始されると良いですね。 ご自愛ください!• おめでとうございます。 一時どうなることか心配してましたが、池江璃花子さんにしろ、キツイ治療に絶えての寛解に頭がさがります。 近々テレビで会えること楽しみにしてます、お大事にしてください。 油断は禁物。 まだ5年以内にガンが再発しなければ治ったことにはなりません、だから体調に気を付けてお仕事頑張ってください• コロナウイルスのワクチンや治療薬出来るまで仕事を休止してた方が良くないですか 見えない敵だけに感染を防ぎようがない。 免疫力が落ちておられるでしょうから気をつけた方が良いのでは• 母が、いま同じ病気と闘っています。 抗がん剤が思うように合わず、痛みとも戦っている最中です。 だからこそ寛解した知らせが励みにもなっています。 色々なコメントがありますが、あなたが寛解したことで希望が持てる人もいる。 個人的にあなたのよい知らせを知ることができて嬉しいです。 本当に良かった、おめでとうございます!自分はまだ寛解ではありませんが、自分も頑張らねば!と思います 来月本格的に仕事復帰に向けて、体力をつけて免疫力をつけて。 ご飯をいっぱい食べて、復帰に備えて下さい! などの声が上がっています。 笠井信輔アナは昨年12月に、血液ガンの一種である悪性リンパ腫のうち「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という病気を発症したことが判明、そこから入院して抗ガン剤治療などを受け、治療の効果が出たことで今年4月に無事退院しました。 退院時点では寛解との診断は出ておらず、5月中旬に予定している最終チェックでガン細胞が消えているのが確認出来れば、寛解と言えるかもしれないとしていました。 寛解というのは完治、治癒とは違い、症状が落ち着いているものの再発する可能性がある状態を指します。 寛解はガンなどの病気に用いられる言葉で、症状が改善されてはいるが一部で異常がある場合には「部分寛解」、現時点で症状が完全に消え、異常が見られない場合には「完全寛解」と呼び、もし寛解から5年間に再発しなければ一般的には完治、治癒とされます。 そのため、笠井信輔アナは医師から完全寛解との診断結果を得たというものの、まだ再発する可能性はゼロではなく、完全に安心できる状態ではないのですが、治療から半年で完全寛解との結果が得られたのは良かったですし、今後もあまり無理はせず徐々に仕事復帰し、フリーアナウンサーとして活躍する姿を見せてほしいですね。

次の

笠井信輔アナが罹患した悪性リンパ腫とは…血液のがんの一種― スポニチ Sponichi Annex 芸能

笠井 アナウンサー

笠井信輔アナ 悪性リンパ腫が公になった元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(56)が19日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に生出演。 病名が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」であることを明かした。 番組冒頭でメインキャスターでタレント、小倉智昭(72)が「3カ月前に笠井くんの卒業式をやってなんでこんな形で戻ってくるかね」と問いかけると、笠井アナは「自分でもこの激烈な展開についていけてないような感じがあります。 なんでって…」と複雑な胸の内を明かした。 悪性リンパ腫を公表した理由として、「32年間ワイドアナウンサーとして生きてきて、あらゆる有名人のプライバシーを自分の言葉で紹介してきて、いざ自分でも病気になったときにそっとしておいてくださいというのは自分の生き方としては許さない。 話せることは皆さんに知ってもらう義務がある」と説明。 続けて、「もう1つは小倉さんです。 小倉さんががんになって、自分の病状を事細かく公表する姿を見ていて、そこまで話さなくてもいいのに。 という姿を見ていたら、やっぱり我々のような仕事をしている人間というのはそういう覚悟とか立場に行く瞬間があるなと小倉さんを見ていて学びました」と話した。 病名は「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と公表。 進行速度は「中程度のスピードで、アグレッシブなタイプ」と診断されたと話し、「ちょっと強い抗がん剤治療が必要だねと。 生存率は7割程度」と言われたという。 診断を聞いたときの心境を「なんで。 なんでいま。 なんで俺がって。 そればかりでした。 フジテレビを辞めてフリーになってこれからというときに、そういう宣告を受けるのは青天の霹靂を超える衝撃でした」と振り返った。 さらに調べた結果、がんは全身に散らばっている状況だと話し「全身にがんが散らばっていると聞いた瞬間はめまいがしましたね。 自分大丈夫なのかな。 死ぬの?ってそのときは思いましたけど、先生はしっかり向き合っていけば大丈夫ですよと言ってくださったので、その言葉を信じて闘っていこうといまは思っています」と決意を示した。

次の