バーニング サン 事件。 V.I(スンリ)にスキャンダル?クラブ事件や薬物&性接待疑惑まとめ[動画・画像]

韓国バーニングサン事件のクラブの場所やスンリとの関係~被害者や加害者・ファンハナ逮捕も解説

バーニング サン 事件

ユ・インソク前代表は、の前メンバーV. Iと、2015年~2016年に日本や香港などから来た外国の投資家に計24回にかけて売春を斡旋した容疑 売春処罰法違反 で裁判にかけられた。 また、ユ・インソク前代表は、チョン・ジュニョン、FTISLANDのチェ・ジョンフン、V. 今回の裁判で、ユ・インソク側の弁護人は「容疑を全て認める」とし「実質的な加担程度などに対しては書面で詳しく説明する」と明らかにし、被告人らと一部の容疑が絡んでいるとV. Iの名前も言及された。 軍事裁判に移管されたV. I V. Iは、3月9日江原 カンウォン 鉄原郡 チョルウォングン 陸軍6師団新兵教育隊に入所した。 Iは、これまで常習賭博、外国為替取引法違反、売春処罰法違反、横領などの容疑で検察の調査を受けていたが、検察は1月30日にV. Iを在宅起訴した。 これにより、兵務庁は「公正な兵役義務を果たしてもらうため、捜査終了に伴い入隊通知書を発送した」と、V. Iに入隊通知書を発送し、V. Iは現役入隊を選択。 そのため、該当の事件は軍人の裁判権を持つ軍事裁判所が担当することになった。 軍事裁判の結果により、V. Iの軍生活と除隊日にも変化が起きる事が予想されるため、NAVERの法律をもとに、今後V. Iにどのような影響がもたらされるのか調べてみた。 民間人でも軍人でも避けられない処罰 犯罪を犯し、入隊前の裁判で刑が確定された場合は、量刑により兵役が免除されることがある。 兵役法施行令が1年6ヶ月以上の懲役または、禁固を宣告された入隊対象者は5級の戦時勤労役 兵役免除 に編入されると規定しているためだ。 FTISLANDのチェ・ジョンフンが、懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けて軍免除が決定されたのも同じ理由だ。 しかしその反面、被告人が裁判を終えないで入隊する場合、軍事裁判所法により軍事裁判を受けることになる。 軍事裁判所は、法律が定めた判事ではなく、国防部長官や指揮官が任命した領官級の軍法務官で構成されている。 民間人でも軍人でも、自身が犯した罪に対する処罰は避けられないということだ。 軍事裁判で刑を宣告された場合 軍人の身分で裁判を受け、軍務中に裁判が終わるのなら、結果により兵役処分が変更されることがある。 兵役法施行令は入隊対象者だけでなく、現在服務中の現役兵にも適用されるためだ。 Iが1年6ヶ月以上の懲役または、禁固が宣告されることになれば、入隊対象者と同じように5級戦時勤労役に編入され、事実上強制除隊となる。 刑が確定すれば、残りの服務期間と関係なく、居住地管轄の民間刑務所に移監され、宣告された刑期を服役することになる。 この時重要なのは、刑の執行期間が軍服務期間に含まれないという点だ。 すなわち、軍刑務所で宣告された刑期を服役したのち、再び軍に復帰して残りの軍務期間を遂行しなければならない。 だが、V. Iのような場合、軍事司法にバックの力が無ければ返って一般の裁判より不利になることはもちろん、今回の事件はあまりにも有名で、軍の立場から見ても量刑を減らす理由が見当たらないとされている。 このことから、V. Iは、軍に入隊する前に事件の判決を終わらせることが有利だったのではないかと言われているが、軍事裁判はもうすぐ開かれることになる。 果たして、今後V. Iにはどのような展開が訪れるのか.. 裁判の判決によってV. Iの人生が大きく左右されることになる。

次の

東日本大震災で報道されない事件・犯罪・タブーの真相【閲覧注意】

バーニング サン 事件

2018年11月24日 韓国ソウルのクラブ「バーニングサン」 先頃、カンナムのクラブでキム・サンギョ氏がクラブのチャン理事に暴行を受けたうえ警察にも暴行を受けて連行された。 その後、ネットユーサーがこの店がBIGBANG のスンリの店で、女性客に薬を盛っている疑いがあると暴露。 韓国メディアが事件の過程を整理した。 事件の発生は午前6時55分。 キム・サンギョ氏が店の外に連れ出された。 1分間ほどチャン理事に手当たり次第殴られる。 5分後の7時1分、キム氏が警察に通報。 7時13分、警察が現場に到着。 しかし、警官は車から降りてこない。 警察官が車から出てきたのは7時15分。 キム氏が暴行されているのを2分間も傍観していた。 この2分間にキム氏は店からゴミ袋を持ち出して、それを蹴飛ばす。 従業員がこれを制して、後頭部を殴られる。 警察は本来、興奮しているキム氏を落ち着かせるべきだ。 しかし、自体を傍観している。 クラブのガードマンら数人が現場まで来ると、やっと車から出てくる。 キム氏:「警察が来るのを待っていました。 私が通報したんです。 でも警官たちは車から降りてきませんでした」 警官らは店に入ってチャン理事を捕らえることもせず すべての監視カメラを確かめることもしなかった。 スポンサーリンク Sponsored Links 警察:「彼はとても興奮してゴミ袋を蹴っていました。 営業妨害になりますし、店側も営業の妨げになると主張しました。 制止しようとすると抵抗しました。 それで現行犯逮捕したんです」 画面中央の警察官がキム氏の背中に手を回し、連れていこうとする。 バランスを崩したキム氏が前にいた警官に捕まろうとする、 その結果、2人一緒に倒れ込む。 その後、別の警官が脚でキム氏の後頭部を蹴っている。 現在、この動画はすでに削除されている。 診断書:左の第6 ,7 ,8 肋骨骨折、全治5 週間。 キム氏がパトカーに乗せられる場面。 警察官がキム氏の神をつかんで引っ張っている。 キム氏は肋骨が折れているために痛みでうめき声を上げている。 しかし警察は彼を押さえつけて動きを制している。 また彼の髪を乱暴に引っ張っている。 パトカーが出る際に警察官に暴行を受けたとキム氏は証言している。 しかし、偶然にもその間だけは監視カメラの映像が保存されていなかった。 警察に着くとキム氏の母親が救急車を呼んだ。 しかし警察側は調査を理由に治療を認めず、救急隊は手ぶらで帰っていく。 鼻血を流して苦しんでいるのは警察に着いてからの動画。 鼻と唇に血の跡があり、服にも血が付いている。 キム氏によると顔の傷はチャン理事に殴られたせいではない。 警察の暴行によるものだという。 キム氏:「警察の前の階段まで来た時、警察官が私の脚を引っかけました。 そして後ろにいた人たちが私を推したんです。 手は後ろで手錠を掛けられていたので、つんのめりました。 そいつは足でこんなふうに私を蹴りました。 そのたびに顔がガラスのドアにぶつかりました。 ドアの下部にはステンレス製の枠があり、私はそこにぶつかりました。 すぐ鼻血が流れました」 監視カメラを見るとキム氏が2人の警官に引きずられて入ってくるのが確認できる。 警官は後ろ手に手錠を掛けられたキム氏を椅子に縛りつけた。 その1分後、キム氏が通った後にモップをかけ始める。 床に付いた血を拭いているのだろう。 スポンサーリンク Sponsored Links 2018 年12 月1 日 韓国ソウル 暴力事件の報道後、薬を盛られた女性の動画がネット上に流出。 しかし店側は酔って暴れた女性客だと主張 その後、韓国メディアが別の監視カメラ映像を公開。 酒に酔ったかのように、ちゃんと立っていられない女性がクラブの入り口で人ともつれている。 女性は男に支えられて、横っ面をひっぱたく。 店側はこの女性は先の動画の中で引っ張られていった女性と同一人物だと確認。 その後、ネットユーザーがバーニングサンのVIPルームでは薬物の吸引サービスを提供していると暴露。 また女性客に対して性的暴力を加えているとも。 クラブの中をうろついて、買い手を探すんです。 連中は法の網目を抜けられる薬を扱い、絶対に大麻は売りません。 ハッキリそう言ったのを聞いたことがあります。 去年の12月の最後の週でした。 閉店間際に3人の私服警察が来たんです。 『ここで強制的に大麻を吸わせていると通報があって調査に来た』と。 別の元従業員:「あり得ないことですよ。 水に薬を入れるとか口に含ませるとかいう話は聞いたことがあります。 でも私が働いている時には一度もありませんでした。 記者がバーニングサンの経営情報を調べて発見した。 スンリは2019年1月24日 事件後 に理事の職を辞任している。 1月28日に暴行事件の報道があってからは、事件の原因はセクハラ行為を制止したことが原因だとクラブ側は説明している。 しかし、スンリとYGはこの件に関してノーコメントだ。 これはそれ以前に制作された動画です。 バーニングサンで起きた暴行事件のキム・サンギョ氏側の主張がよくまとまっているのでご紹介しました• カテゴリー• 108• 264• 139• 678• 151• 111•

次の

渦中のクラブ・バーニングサン側、一連の報道に強く反論「暴行事件は事実、それ以外の報道は虚偽事実」(全文)

バーニング サン 事件

女優パク・ハンビョルの夫として知られるユ・インソク(36)元ユリホールディングス代表が裁判で容疑事実を一部認めながらも、故意性については否定した。 6月22日、ソウル中央地裁・第26刑事部(キム・レニ部長判事)の審理では、ユ・インソク元代表など計6人の業務上横領、性売買斡旋、食品衛生法違反、特定経済犯罪加重処罰などに関する2次公判が開かれた。 この日の裁判に参加したユ元代表と担当法律代理人は、疑惑と関連した裁判所の質問に「若干悔しい部分もあるが、公訴事実はおおむね認めている」とし、「今日の裁判で結審することなく期日を続行したい考え」と述べた。 Iの容疑についても言及が ユ元代表は、K-POPグループBIGBANGの元メンバー、V. I(本名イ・スンヒョン)と一緒に、2015〜2016年に外国投資家に性売買を斡旋した疑い(性売買処罰法違反)で裁判にかけられた。 ユ・インソク元代表 ユ元代表は警察の捜査を受けていた2019年5月、拘束令状が請求されたが棄却され、在宅起訴された。 この日の公判では、今年3月に入隊とともに軍事裁判に移管されたV. Iの事件についても言及された。 現在、兵役中のV. Iは、ユ元代表とともに性売買処罰法違反(斡旋、性売買)、業務上横領、証拠隠滅教唆、性暴行特別法違反(カメラ等利用撮影)、食品衛生法違反などで起訴されたが、去る3月、第6師団に現役入隊しながら裁判が分離された。 Iの裁判は現在、V. Iが自隊配置(訓練所で新兵教育訓練を終えた兵士を勤務する部隊に配置すること)を受けた5軍団傘下の軍事裁判所に移送された状態だ。 この日の裁判で弁護人は、V. Iの容疑と関連して「事実関係が定まり、証拠も同意するが、法理的主張としてイ・スンヒョン(V. I)はバーニングサン・エンター株式会社の代表理事として、株主の要求に応じて形式的に資金を執行した。 不法横領などの故意性などを否定している点を考慮して、法的判断を受けることを望んでいる」と付け加えた。

次の