スカー レッド スーパー ノヴァ。 スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンカード情報・考察

【遊戯王】レッド・デーモンデッキ

スカー レッド スーパー ノヴァ

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 パスワード:99585850• 1 の効果は、シンクロ素材の関係上攻撃力は5500まで上がる上、 2 の効果破壊耐性により場持ちがいいと思います。 3 の効果はこのカードも除外する必要があるものの、モンスター効果や攻撃に反応して相手側全てのカードを除外出来る、優秀な効果だと思います。 3 の効果で除外しても自己帰還効果を持っているものの、次の自分のエンドフェイズと遅めな点には、注意が必要だと思います。 シンクロ素材が重いですが「レッド・デーモン」デッキなら、「クリムゾン・リゾーネター」とレベル4を並べ「レッド・ライジング・ドラゴン」を出し、その効果で! 「クリムゾン・リゾーネター」を蘇生し、「クリムゾン・リゾーネター」の効果で「リゾーネター」チューナーを2体リクルートすれば出せるため、問題はないと思います。 元々の攻撃力も闇属性・ドラゴン族・シンクロの中では最も高いため、切り札の一つと言えると思います。 王を迎えるは三賢人。 紅き星は滅びず、ただ愚者を滅するのみ!荒ぶる魂よ天地開闢の時を刻め!シンクロ召喚!スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン!という召喚口上がジャックの声優である星野さんによって付けられた。 それはそうとしてダブルチューニングならぬトリプルチューニングが必要な為、非常に重い。 初期の評価が低いのはその辺が関係しているのだが、わずか1ヶ月でクリムゾン・リゾネーターとレベル4非チューナーだけでこのカードまで繋がるようになってしまった。 レッド・ライジング・ドラゴンでクリムゾンを釣り上げて、クリムゾンの効果でリゾネーター2体を特殊召喚することが可能。 コール・リゾネーターという便利なサーチも存在している為、手札に揃えるのは容易。 シンクロ召喚した時点で5500打点というライトニングも真っ青の打点を備えている上に、モンスター効果の発動に応じて逃げることが可能。 その際に相手フィールドのカードを全て除外するというとんでもないオマケが付与される。 ただし戻って来るのが次の自分エンドフェイズな上に、効果破壊耐性はあるものの魔法・罠に耐性が皆無なのがキツイところ。 ダブルを超越したトリプルチューニングで誕生する超新星。 墓地のチューナーの数に応じて攻撃力を上げる効果、効果で破壊されない耐性、相手の効果・攻撃時に自身と相手のカードをすべて除外し次の自分エンド時に帰還する効果を持っている。 まずはチューナー3体とSモンスターでレベル12を作るという召喚条件がかなり無理筋。 ジャックデッキではレッド・デーモンズにレベル4分の3体のチューナーか、アビスにレベル1チューナー3体で出すことになるが、流石にチューナー3体を並べるのはかなり骨が折れる。 既知の通り実は裏道があり、ジャンク・スピーダーを使うことでレベル7分のシンクロンとレベル5のスピーダーで召喚でき、遊星のほうがうまく使えるという悲しい事実がある。 場に出せば最低5500は期待できる高火力と、耐性とついでで場を蹂躙していく自己除外効果で高い生存力と制圧力を両立する。 魔法罠のバウンス・除外にこそ弱いがモンスターで突破するのは困難。 出れば素晴らしい活躍を期待できるが、スピーダールート以外でまともに出せるかがかなり怪しい。 超重量級と言える。 スカノヴァの進化系、初の ? チューナー3体指定のシンクロである。 スカノヴァの破壊耐性と打点アップはそのまま引き継ぎつつ相手モンスターの攻撃か効果に反応して相手のフィールド全除外という豪快なことをやってのける、素材指定上最低5500打点でありそれでいて破壊耐性を持っているこのカードを攻撃もモンスター効果の発動も介さずに突破するのは至難の業なので制圧力は高い、地味に蘇生制限と同名単1制限はないので2体目を出せればさらに制圧力は増す。 ただ、破壊を介さない魔法罠には一切の無力である点と素材指定が重い点が難点、素材指定に関しては必ずしもレモン関係は必要ないので既にあげられているジャンクスピーダーでクリアできるがあちらの効果の性質上ほぼこのカード単体で棒立ちになってしまうので魔法罠に無力なのは少し頼りない、なので自然な流れで出してほかのモンスターと並べたいがそれにしては素材が重い。 豪快かつ優秀な効果でロマンはあるが最大限に生かしたいなら専用構築が必要なカードという印象は受ける、ただその専用構築をする値打ちはあると思う。 超新星として帰ってきたスカノヴァ。 チューナー3体に加えSモンスターも要求されると非常に重い。 各所でも書かれている通り、ジャンクスピーダーを主力とするシンクロンが一番無理なく楽に出せるデッキか。 スカノヴァ同様の強化効果と耐性。 更に効果に反応して相手カードを全体除外を行える。 ただ自身も一定期間除外する必要があり、戻ってくるまでも遅く攻めに転じづらめ。 適当な発動は許されないでしょう。 破壊耐性のお陰である程度は様子見しやすい。 後続の展開も考えたいですが、この重さなのでその余裕があるかどうかも・・・。 使うなら特化構築が望ましいかと。 ダブルチューンに特化したジャックデッキでキツいのは残念ですが、チューナーの展開が得意なデッキなら新たな切り札として充分活躍が見込めるかと。 流星TGなんてなかった。 追記:新規のクリムゾンリゾネの登場により、展開ルートが大きく広がってジャックデッキでの運用も楽になった。 点追加しておきます。

次の

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンとは (スカーレッドノヴァドラゴンとは) [単語記事]

スカー レッド スーパー ノヴァ

dandeです。 今回は、12月21日発売予定の LEGENDARY GOLD BOX に収録される《スカーレッド・・ドラゴン》を取り上げます。 アニメ「5D's」 ファンにはたまらない新規カードとなりました。 2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードをする。 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》のリメイクモンスター。 その素材指定は、 チューナー3体を要求しており、なかなかに重いです。 を狙うには、相応の工夫が必要でしょう。 4 効果は、リメイク元をリスペクトした効果ですが、帰還が 「次の自分エンドフェイズ」と少し遅いので注意。 《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》と同じ仕様の帰還にしてくれたら嬉しかったですが、 3 の除外効果が強力なのでよしとします。 【TGが繋ぐ絆】 《スカーレッド・・ドラゴン》の召喚方法は、後述のとおり多数ありますが、ゴッズファンとしてお勧めしたいのは、 【TG】によるです。 【TG】は、 《水晶機巧-ハリファイバー》を起点として、 《TGトライデント・ランチャー》の効果で3体を並べ、相手ターンに《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》をするのが基本です。 それを応用することで、《スカーレッド・・ドラゴン》をできます。 以下、《水晶機巧-ハリファイバー》を出した後のルートです。 遊星とブルーノが繋いだ絆が、ジャックの新たな力になるという熱い展開ですね。 これはもう、《シューティング・スター・ドラゴンTG-EX》と《スカーレッド・・ドラゴン》を出す【TG】デッキを組むしかないでしょう。 私は組みます。 完成したらまた記事にします。 【他の召喚方法について】 とは言うものの、やはり他の召喚方法を知りたい方も多いと思うので、現時点で思いついたものを箇条書きにしておきます。 ・《王者の調和》による疑似シンクロ いきなり邪道な出し方ですが、 《王者の調和》はカード名にジャックを象徴する 「キング」があり、 ある意味王道の召喚方法です。 通常罠 1 :相手モンスターが自分のSモンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 その攻撃を無効にする。 その後、以下の効果を適用できる。 《クイック・シンクロン》を起点として《ニトロ・ウォリアー》をし、《王者の調和》をセットすれば、相手が《ニトロ・ウォリアー》に攻撃した時に、《スカーレッド・・ドラゴン》が出せます。 これもある意味、遊星とジャックの共演と言えるかもしれませんね。 ・《スカーレッド・カーペット》+《レッド・》の効果で、【リゾネーター】3体を蘇生 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》をシンクロ素材とすれば、まさにキングになれますね。 《真炎の爆発》もあわせて使うとさらに強力です。 ・《機械複製術》で【機械族】チューナー3体をSS SSするチューナーは、 《ブンボーグ001》が最適でしょう。 2 :このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時にされた場合に発動できる。 このカードを墓地からする。 《幻獣機アウロー》で幻獣機ン3体をSSし、《ブンボーグ001》の 2 効果で自身を蘇生する動きを活かしつつ、【カリ】等を連続シンクロしていけば、《スカーレッド・・ドラゴン》に行き着きますね。 【カリ】には、後続のチューナーをSSする共通効果があるので、複数のチューナーを要求する《スカーレッド・・ドラゴン》との相性も良いですね。 ではでは。 dandee.

次の

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンカード情報・考察

スカー レッド スーパー ノヴァ

2 :フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。 3 :1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、 または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。 4 :このカードの 3 の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。 除外されているこのカードをする。 トリガーするのがモンスター効果のみのため、《 無限泡影》にめっぽう弱く、魔法などで始動するデッキに対しては多少隙を見せてしまうところが弱点です。 破壊耐性のみで、コン奪取やバウンスに弱いのもネック。 やはり隣に弱点を補ってくれる何かを置きたくなりますよね。 展開例 *フォロワーさんに教えていただきました。 要求札は 《クリムゾン・リゾネーター》と特定のレベル4モンスターです。 モンスター効果に誘発して相手の場全除外とフリチェで場のカード一枚無効を行える盤面を目指します。 要求される特定のレベル4モンスター 特定のレベル4モンスターとは• 《黒き森のウィッチ》• 《終末の騎士》or《BFー精鋭のゼピュロス》• 《ドラゴンメイド・チェイム》• 《呪眼の》 です。 要は、• 非チューナーレベル4• 間接的or直接的に時間差で非チューナーレベル4を場に供給できる• クリムゾンの効果発動条件を邪魔しない• が可能 を満たすモンスターであれば良いです。 まだまだあるかも……。 《Em ダメージ・》とかでもありかもですね〜。 とチェイムは召喚時に蘇生札をサーチできるため、単純にレベル4二体分として扱えます。 黒き森のウィッチは《風来王ワイルドワインド》等をサーチしてします。 はシンクロと表記します。 手札: クリムゾン・リゾネーター+終末の騎士 最終盤面: 目指す盤面は 《スカーレッド・・ドラゴン》+《 えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》• クリムゾンリゾネss 終末ns efでゼピュロス墓地送り• レッドグAef クリムゾン蘇生• クリムゾンef デッキから《シンクローン・リゾネーター》と《クリエイト・リゾネーター》をss• シンクローンを手札に戻して墓地ゼピュロスef ゼピュロス蘇生• クリムゾン+ゼピュロスでレッドグBシンクロ• レッドグBef クリムゾン蘇生• 手札からシンクローンss• シンクローンef クリエイト回収• クリエイトss クリエイト+レッドグBで 《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》を! さいごに 今回は、リゾネーターデッキの新ルール対応の展開ルートを紹介させていただきました。 リゾネーターデッキは光り物が少なく、エクストラも極端に高いカードも必要ないので組みやすく、回し方も難しくないので初心者の方にはオススメのデッキです!(今回の新規カードも全てノーマルでしたね) 一応新ルール適応までは旧ルールでやっていくつもりなので、私の現状のデッキでは実現できないですが、4月からはこのルートをガンガン使っていきたいと思います! 他にもこんな展開例があるよ!とかありましたら、コメントくださると嬉しいです。

次の