積水 ハウス 外壁 塗装。 積水ハウスに塗装を依頼した場合の費用相場は? 事例や注意点も紹介 【ファインドプロ】

積水ハウスの外壁塗装を艶消し塗料アートフレッシュで|世田谷区I様邸

積水 ハウス 外壁 塗装

価格が高い分、満足行く仕上がりになりました なぜ積水ハウスを選んだのですか 有名ハウスメーカーに施工してもらうのが一番安心だからです。 アフターケアも充実しているので、積水ハウスさんにお願いしました。 営業の対応はどうでしたか 非常に礼儀正しく、好感の持てる若い男性の営業担当の方でした。 カタログ、見積りなども詳しく説明してくださり、知識も豊富な人です。 営業の方の知識レベルが高いので、安心してお願いできると感じました。 見積に関して納得できるものでしたか 見積りに関しては、複数社から取り寄せました。 価格だけを見ると、積水ハウスさんは高い方に入ると思います。 ただ、使用しているペイント剤も特殊染料を用いているという点と、防水、防塵加工の持ちが長いという点で、価格に見合った材料を使っていると感じました。 実際にサンプルもいくつか取り寄せたのですが、色々比較してみると、価格相応の価値はある素材です。 結局、見積りに関しては納得できるものでした。 相談~契約~塗装までの流れ・期間など まずは、自分の家の外壁を全体的に、現在と同じホワイト色に塗り直してもらいたいという旨を伝えました。 見積りの際に提示された、最も防水加工の強い、外気からの汚れにも耐性のある染色剤で塗ってもらう事でお願いしました。 業者さんが測量をするのに、立ち会える日を聞かれましたので、私が自宅にいる、休日にお願いしました。 翌週の休日に、正確に家の外壁の状態を見る為に、作業員の方が家の周囲を調査しに来ました。 その作業は、半日程度で終わりました。 そして、翌週、営業の方が直接、こちらの自宅に来てくれて、契約書を交わしました。 だいたい、予想していた金額通りで仕上がりそうなので安心しました。 塗装業者さんの作業態度や作業期間の様子はどうでしたか 塗装業者さんは、声のはきはきとした、明るい人ばかりでした。 我々、高齢者にとっては、「ずいぶん若い作業員の方たちが頑張ってくれているなあ」というのが正直な気持ちです。 態度も、思っていたより、真面目な好青年という感じです。 顔も若くてなかなか男前な、お兄さんたちという感じで、大変助かりました。 足場の組み立ても含み、1週間程度で、家の周囲全体の塗装は完了しました。 塗装後の外壁の状態はどうですか。 家族の反応など。 さすがにピカピカになりました。 建築当初から、20年間塗り替えをしていなかったので、白い壁が少しすす黒くなっていたようです。 塗り直した後は、ホワイト色がよみがえって新築当初を思いだしました。 妻、両親ともに、喜んでいました。 不満だったところ あまり不満だったところは思いつかないです。 今後のアフターケアを期待しています。 積水ハウスでの塗装を検討中の方にコメント 外壁塗装に関しては、10年以上使う物なので、少々高くても良い品質の塗装をしてもらった方が良いです。 また、私の家はホワイトでしたので、特に色のイメージが違う事が無くて良かったですが、家の外壁の色を変える場合は、かなり慎重にした方が良いです。 こちらは素人で、メーカーはプロなので、ある程度メーカーの営業の方のアドバイスを参考にすると、上手くいくと思います。 こちらもハウスメーカーに一括でお願いした口コミになりますが、延べ床面積33坪で価格は180万円。 よほど良い塗料を使用されたのでしょうか、そうだとしても少し間を抜き過ぎなのでは無いのでしょかと言う印象です。 営業マンの態度が良いのは、それなりに大きなマージンを貰えるからと言うのが1番です。 複数社で相見積もりをなされた様ですが、金額以上に担当の方の気質が良かったのだと思われます。 少々高くても良い品質の塗料を使って塗装して貰えるのは良い事だとは思いますが、あくまで少々の話であり、十分高い金額の塗装だと思います。 ウレタンやシリコンからフッ素などの最高級の物を使ったとしても、平米辺りはそれ程変わらないのです。 本当の適正価格を知りたいのならば、しっかりとした業者に相見積もりをお願いする事が1番です。 これから外壁塗装を検討中の方へ 大手ハウスメーカーは安心だけど値段が高いかも。 自宅を購入したハウスメーカーさんでそのまま他の業者さんと相見積もりを取ることなく外壁塗装を依頼する方も多いと思います。 やはり大手ハウスメーカーさんで外壁塗装をしてもらった方が、もし不具合があったとしても保証の面でも安心です。 ですが、大手ハウスメーカーさんも結局は、下請けの外壁塗装業者さんに依頼をして塗装を行うので中間マージンが発生し高くなってしまうのです。 自分で安心できる外壁塗装業者さんを見つける事が出来れば、同等レベルの塗料や職人さんの技量で安く塗装が出来るのは間違いありません。 少しでも良いものを安く塗装してもらいたい方は、私がおすすめできる『外壁塗装駆け込み寺』の一括見積もりを利用するのが安心です。 無料で利用できるだけでなく、外壁塗装業者さんの間に入ってお断りも代行してくれるので業者さんとのやり取りも少なくて済みます。 外壁塗装駆け込み寺のを利用するメリットは?• 紹介件数 10万件の実績あり• 業者さんへの お断りを代行• 厳しい審査基準を満たした業者のみを取扱い• 最後まで無料で利用できる 「外壁塗装駆け込み寺」では、審査基準を満たした業者のみを取り扱っており、 お客さんから複数のクレームが入ると取扱いを停止しているので安心して利用できます。

次の

積水ハウスの外壁塗装を艶消し塗料アートフレッシュで|世田谷区I様邸

積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスの外壁はコンクリート・セラミック・サイディング・陶器・吹付 まずは外壁の種類・特徴を把握していかないとどの外壁にするか?選べないと思うのでまずは外壁の種類特徴を紹介していきます。 種類 商品名 【鉄骨】 コンクリート ダインコンクリート・エコルディックウォール 【鉄骨】 セラミック・サイディング セラブリッド 【木造】 陶版外壁 ベルバーン 【木造】 吹付外壁 シームレスドライウォール 積水ハウスの外壁は大きく鉄骨と木造さらには建物本体の商品によって選べる外壁が決まっています。 木造の陶版外壁ベルバーンやコンクリート外壁エコルディックウォールもおすすめなのですが 見栄っ張り夫がおすすめする外壁は・・・・ 「ダインコンクリート」 です!! ダインコンクリートがおすすめな理由 ダインコンクリートがおすすめ出来る理由は 1. 外壁材として性能の高さ 2. 見た目がかっこいい この2つさえ兼ね備えていれば外壁としては完璧ですよ! それでは1つずつ見ていきましょう!! 1. 外壁材として性能の高さ 外壁で大切なのが性能の高さです!! これから何十年とアナタの家を守ってもらう外壁ですのでヤワな外壁では困ります!! ダインコンクリートは積水ハウス独自の原料組成と「オートクレープ養生」という製造方法によってアナタの家を何十年と守れる性能を有しています!! こんな感じのタンクの中で高温高圧をかけて材料を硬化させます。 ダインコンクリートが高い強度を誇っているのは板状構結晶造体「トバモライト結晶」が生成出来る事が要因です。 こんな結晶ですね。 この「トバモライト結晶」は加熱や水でも科学変化を起こさせないので長年雨風にさらされても経年劣化の無い構造体だということです。 日本の気象風土は雨・湿気が多いですがそのような環境下でも劣化しない材質、さらには衝撃にも強く通常のコンクリートオの数倍強度があります。 さらにダインコンクリートの特徴は100%独立した気泡がつくられているということです。 もし気泡がつながっていたら1つの気泡に水や湿気が入った場合、気泡を通じて外壁から内側へと浸透してしまいカビや内材を腐らせる原因となってしまいます。 しかし積水ハウスのダインコンクリートは独立した気泡がつくられているので水が浸み込みにくく耐久性に優れています。 見た目がかっこいい まぁ、なんだかんだでココが大事ですよね!! そう!見た目がかっこいい!! はい!見栄を張りたい人はココを覚えておきましょう! 今までのコンクリート外壁はのぺっとしててなんだか殺風景だったのですが 積水ハウスオリジナルの配合と製法で既存のコンクリートでは難しかったメリハリのある表情!オシャレなデザインが可能となりました。 家の見た目において外壁というのは・・・ とっても大事です!!!!!! 同じ広さ同じ形の家でも外への種類によってガラッとイメージが変わってしまうものです。 もちろんダインコンクリートはその他の外壁に比べて高いですがそれだけの価値はあります。 種類も豊富で「シェードボーダー」「小端積」「ボーダー」「砂岩」「古レンガ」「スクラッチ」と6種類ありますが見栄っ張り夫のおすすめはシェードボーダーです。 やはり外壁は凹凸がある方が高級感が出ます。 ダインコンクリートのデメリット ダインコンクリートは性能が良い!見た目がかっこいい!とここまで散々褒めてきましたが やはり世の中に完璧な物はありません! ダインコンクリートにも残念ながらデメリットがあります・・・ ここからはダインコンクリートのウィークポイント・弱点について述べていきます。 つまりコンクリートを製造した後に表面を塗装しているということですので他大手ハウスメーカーに比べると明らかに劣る点となります。 例えばセキスイハイムの磁器タイル外壁「レジデンスタイル」はもともと無塗装なので「外壁の塗り替えが不要」と謳っています。 ダイワハウス「EXウォール」「DCウォール」 パナホーム「キラテックタイル」ミサワホーム「ニューセラミック」 これらの商品に比べると積水ハウス「ダインコンクリート」の塗装は劣るでしょう! 積水ハウスの外壁は「タフクリア-30」という防汚塗装を施しており外壁の塗り替えサイクルを大幅に延長しています!と謳っていますが・・・ タフクリア-30とは:外壁の対候性を高めるように4種類の塗装を実施し「太陽の紫外線や熱による色あせをきわめて少なくし高い対候性を実現」それにより外壁の塗り替えサイクル従来の15年から30年と大幅にメンテナンス費用を削減 う~ん・・・30年だとしても他大手ハウスメーカーの「塗り替え要らず」に比べるとやっぱり劣りますよね・・・ そもそも「タフクリア-30」だけで30年持つのか?という疑問もありますし 塗り替えの際にはタフクリア-30の上から塗るわけにはいかないので一度「タフクリア-30」を綺麗に落とす必要があると思うんですよね・・・ そこからの塗装となりますので通常の塗装よりも割高になると思います。 「ビーシリーズ」で選べる「エコルディックウォール」に比べコンクリートの厚さが約2倍 2. 重たい外壁を支えれるように大きな鉄骨躯体と特別な基礎が必要 そもそもコンクリートの強度にこだわっている為、コンクリート厚みが同じコンクリート外壁「エコルディックウォール」の約2倍となっており高いです! さらにそんな厚いダインコンクリートですのでかなり重たいです! ちなみにコンクリート製で60mmの厚みがあります・・・おもっ!! そんな重たい外壁ですので通常の鉄骨躯体・基礎ではとても支えきれません。 そこで「イズシリーズ」では重たい「ダインコンクリート」を貼るために通常よりも丈夫な鉄骨躯体と基礎を採用している為どうしても価格が高くなってしまいます。 ちなみに「イズシリーズ」と「ビーシリーズ」では坪単価15~20万円程の価格差があります。

次の

積水ハウス 外壁塗装/屋根塗装(お役立ちコラム)

積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスの外壁はコンクリート・セラミック・サイディング・陶器・吹付 まずは外壁の種類・特徴を把握していかないとどの外壁にするか?選べないと思うのでまずは外壁の種類特徴を紹介していきます。 種類 商品名 【鉄骨】 コンクリート ダインコンクリート・エコルディックウォール 【鉄骨】 セラミック・サイディング セラブリッド 【木造】 陶版外壁 ベルバーン 【木造】 吹付外壁 シームレスドライウォール 積水ハウスの外壁は大きく鉄骨と木造さらには建物本体の商品によって選べる外壁が決まっています。 木造の陶版外壁ベルバーンやコンクリート外壁エコルディックウォールもおすすめなのですが 見栄っ張り夫がおすすめする外壁は・・・・ 「ダインコンクリート」 です!! ダインコンクリートがおすすめな理由 ダインコンクリートがおすすめ出来る理由は 1. 外壁材として性能の高さ 2. 見た目がかっこいい この2つさえ兼ね備えていれば外壁としては完璧ですよ! それでは1つずつ見ていきましょう!! 1. 外壁材として性能の高さ 外壁で大切なのが性能の高さです!! これから何十年とアナタの家を守ってもらう外壁ですのでヤワな外壁では困ります!! ダインコンクリートは積水ハウス独自の原料組成と「オートクレープ養生」という製造方法によってアナタの家を何十年と守れる性能を有しています!! こんな感じのタンクの中で高温高圧をかけて材料を硬化させます。 ダインコンクリートが高い強度を誇っているのは板状構結晶造体「トバモライト結晶」が生成出来る事が要因です。 こんな結晶ですね。 この「トバモライト結晶」は加熱や水でも科学変化を起こさせないので長年雨風にさらされても経年劣化の無い構造体だということです。 日本の気象風土は雨・湿気が多いですがそのような環境下でも劣化しない材質、さらには衝撃にも強く通常のコンクリートオの数倍強度があります。 さらにダインコンクリートの特徴は100%独立した気泡がつくられているということです。 もし気泡がつながっていたら1つの気泡に水や湿気が入った場合、気泡を通じて外壁から内側へと浸透してしまいカビや内材を腐らせる原因となってしまいます。 しかし積水ハウスのダインコンクリートは独立した気泡がつくられているので水が浸み込みにくく耐久性に優れています。 見た目がかっこいい まぁ、なんだかんだでココが大事ですよね!! そう!見た目がかっこいい!! はい!見栄を張りたい人はココを覚えておきましょう! 今までのコンクリート外壁はのぺっとしててなんだか殺風景だったのですが 積水ハウスオリジナルの配合と製法で既存のコンクリートでは難しかったメリハリのある表情!オシャレなデザインが可能となりました。 家の見た目において外壁というのは・・・ とっても大事です!!!!!! 同じ広さ同じ形の家でも外への種類によってガラッとイメージが変わってしまうものです。 もちろんダインコンクリートはその他の外壁に比べて高いですがそれだけの価値はあります。 種類も豊富で「シェードボーダー」「小端積」「ボーダー」「砂岩」「古レンガ」「スクラッチ」と6種類ありますが見栄っ張り夫のおすすめはシェードボーダーです。 やはり外壁は凹凸がある方が高級感が出ます。 ダインコンクリートのデメリット ダインコンクリートは性能が良い!見た目がかっこいい!とここまで散々褒めてきましたが やはり世の中に完璧な物はありません! ダインコンクリートにも残念ながらデメリットがあります・・・ ここからはダインコンクリートのウィークポイント・弱点について述べていきます。 つまりコンクリートを製造した後に表面を塗装しているということですので他大手ハウスメーカーに比べると明らかに劣る点となります。 例えばセキスイハイムの磁器タイル外壁「レジデンスタイル」はもともと無塗装なので「外壁の塗り替えが不要」と謳っています。 ダイワハウス「EXウォール」「DCウォール」 パナホーム「キラテックタイル」ミサワホーム「ニューセラミック」 これらの商品に比べると積水ハウス「ダインコンクリート」の塗装は劣るでしょう! 積水ハウスの外壁は「タフクリア-30」という防汚塗装を施しており外壁の塗り替えサイクルを大幅に延長しています!と謳っていますが・・・ タフクリア-30とは:外壁の対候性を高めるように4種類の塗装を実施し「太陽の紫外線や熱による色あせをきわめて少なくし高い対候性を実現」それにより外壁の塗り替えサイクル従来の15年から30年と大幅にメンテナンス費用を削減 う~ん・・・30年だとしても他大手ハウスメーカーの「塗り替え要らず」に比べるとやっぱり劣りますよね・・・ そもそも「タフクリア-30」だけで30年持つのか?という疑問もありますし 塗り替えの際にはタフクリア-30の上から塗るわけにはいかないので一度「タフクリア-30」を綺麗に落とす必要があると思うんですよね・・・ そこからの塗装となりますので通常の塗装よりも割高になると思います。 「ビーシリーズ」で選べる「エコルディックウォール」に比べコンクリートの厚さが約2倍 2. 重たい外壁を支えれるように大きな鉄骨躯体と特別な基礎が必要 そもそもコンクリートの強度にこだわっている為、コンクリート厚みが同じコンクリート外壁「エコルディックウォール」の約2倍となっており高いです! さらにそんな厚いダインコンクリートですのでかなり重たいです! ちなみにコンクリート製で60mmの厚みがあります・・・おもっ!! そんな重たい外壁ですので通常の鉄骨躯体・基礎ではとても支えきれません。 そこで「イズシリーズ」では重たい「ダインコンクリート」を貼るために通常よりも丈夫な鉄骨躯体と基礎を採用している為どうしても価格が高くなってしまいます。 ちなみに「イズシリーズ」と「ビーシリーズ」では坪単価15~20万円程の価格差があります。

次の