ペイペイ 加盟 店。 ペイペイとは?使い始め(登録)から支払いまでの流れ

ペイペイとは?使い始め(登録)から支払いまでの流れ

ペイペイ 加盟 店

最近はキャッシュレス決済のと言うのがだんだん主流になっていきそうな気配をしていますね!。 覚えなければならないことが多くて大変といえば大変ですが、今日はそんな私でも簡単に使える方法と、あっと驚くお得なキャンペーンがあります。 それが何かと言うと、あるサービスが 買い物をした代金の2割を還元するという驚きの キャンペーンを始めたからですね。 消費税が10パーセントに上がろうとしている今日です。 スポンサーリンク 目次• PayPay ペイペイ をコンビニで使う方法! ソフトバンクとヤフーの共同出資会社 PayPay株式会社が記者発表会を開催。 PayPayはコンビニエンスストアでも使えますが、 お買い物をする前にやっぱり使い方を知って置かなければなりませんよね!。 そこで今回は、PayPayを使ってコンビニエンスストアでお買い物する方法をご紹介します!実際にファミリーマートで買い物をしてきたので 、画像で詳しくご説明します。 2018年12月5日現在、PayPayを使えるコンビニはファミリマートのみです。 2018年12月17日からはミニストップでも使えるようになりますし、ポプラもPayPay近日対応予定となっています。 セブンイレブンやローソンなどのほかの 大手コンビニエンスストアでは現在利用できませんが、PayPayの加盟店の増加具合を考えると、 利用できる日も近いと思います。 PayPayを使ってファミリーマートで買い物をする方法! それでは実際にファミリーマートでPayPayを使ってお買い物してみましょう! 買いたい商品を決めたら、まずはPayPayアプリを立ち上げます。 PayPayアプリトップ画面の「この画面を提示してすぐお支払い」をタップしてください。 そうすると、下記のQRコードとバーコードが表示された画面になります。 デフォルトのお支払い方法は「PayPay残高」になっていますね。 Yahoo! マネー決済やクレジットカードなどの ほかのお支払い方法を設定している方は変更することもできます。 変更する場合は 「お支払い方法」をタップすると下記のような画面になるので、ここでお支払い方法を選択してください。 MEMO このQRコード&バーコード画面では スマホの明るさが勝手に最大になります。 少し眩しいですが、そういう挙動なので 安心してくださいね! あとはこの画面をファミリーマートのレジで店員さんに見せて、 PayPay ペイペイ でお願いします!そして 店員さんがスマホ画面のバーコードを読み取って、お支払い完了となります!。 読み取る際は 「PayPay ペイペイ 」とスマホから音が鳴るようです。 支払いが完了するとアプリの画面が下記のようになります。 とても簡単で、スムーズにお支払いをすることができました! しかも2018年12月6日現在は「 100億円あげちゃうキャンペーン」中なので、20%キャッシュバックされて31円がPayPay残高に付与されています。 めちゃくちゃお得ですね! PayPay ペイペイ 使える店・加盟店〔これを見ればOK〕 PayPayのキャンペーン『100億円あげちゃうキャンペーン』がすごい! さて、PayPayを使って コンビニで簡単にお買い物できるということがわかりました。 こんなに簡単にレジでお支払いができて、しかもキャッシュバックされるなんて とてもお得ですよね! これを機に、 PayPayをぜひ始めてみてはいかがでしょうか? コンビニ以外で 使えるお店を知りたい方はこちらから続きをどうぞ!! スポンサーリンク ビックカメラやローソンやファミマなどはいつから使えるの? 由紀先生のスマホでお買い物の様子です。 その中でもソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社が提供している「PayPay ペイペイ 」は、大規模なキャンペーンを実施しているので、 注目度が高いと思います。 筆者は今まで モバイル決済は使ったことがありませんでしたが、 キャンペーン目当てにアプリのインストールや銀行口座からのチャージ、クレジットカードの登録をして、 PayPayで支払いができる状態にしました。 そこで気になるのが 「PayPayはどのお店で使えるか」ということなのでPayPayの 加盟店一覧を調べてみました。 ファミマやビックカメラ、ローソンなどたくさんの身近なお店で、PayPayが使えるようになるみたいですよ。 PayPay ペイペイ の加盟店一覧を紹介! 2018年12月5日現在、公式サイトで発表されているPayPayの加盟店一覧はこちら。 近日中にPayPayが使えるようになるお店も多くあるようです。 次は ファミマやビックカメラなど、近日PayPayが使えるようになる 加盟店をご紹介しますね。 スポンサーリンク PayPay ペイペイ の加盟店 「iPad Pro」購入額が全額戻ってきた当選客。 一方で決済に手間取ったり、サーバーダウンに見舞われたりした店も。 スマホ決済PayPay(ペイペイ)の還元キャンペーン初日の様子です。 — 日本経済新聞 電子版 nikkei インターネットでは「ファミマやビックカメラでPayPayが使えるかどうか?」ということがよく検索されているようです。 公式サイトを確認すると ファミマもビックカメラは2018年12月4日から 使えるようになりました! PayPayが使える加盟店一覧はこちら。 PayPayはお店側にとっても導入しやすい理由が3つあります。 初期導入費:0円• 決算手数料:0円 最初の3年間は0円、その後は有償になる可能性あり• 入金手数料:0円 ジャパンネット銀行は永年0円、その他の銀行は2019年9月末まで0円 ジャパンネット銀行の口座を利用すれば、 最初の3年間はすべて0円なので、お店にとって気軽に導入できる。 これが大きいですね。 PayPay ペイペイ の加盟店を確認する方法 次はPayPayの 加盟店を確認する方法をお伝えします。 PayPayの公式サイトでは 大手の加盟店一覧はありますが、 個人店舗や小規模店舗は確認できません。 自宅周辺やお出かけ先に PayPayで支払いができるお店が、あるかどうかって 気になると思います。 そんなとき、 PayPayアプリで近くのPayPayが使えるお店を見ることができるんですよ。 私はiPhoneを使っていますので、 ここではiPhoneでの操作方法をお伝えしますね。 1 PayPayアプリを起動します。 2 インフォメーション「全国のお店一覧」をタップします。 3 「位置情報の利用を許可しましょう」の「許可する」をタップします。 4 「PayPayの使用中に位置情報の利用を許可しますか?」の「許可」をタップします。 5 現在地周辺のPayPayで支払うことができるお店が表示されます。 6 お店のマークをタップするとお店の名前が表示されます。 PayPayアプリのお店の名前が表示 7 お店の名前をタップするとお店の詳細が表示されます。 PayPayアプリのお店の名前が表示 8 表示されている電話番号をタップすると電話をかけることもできますよ。 PayPayアプリの電話番号 9 PayPayアプリの電話番号へかける PayPayのアプリで 簡単に加盟店を探せるので便利ですね。 PayPayでは既に多くの加盟店がありますが、ファミマやビックカメラは2018年12月4日から、PayPayに 対応するそうです。 PayPayアプリでは、PayPayで支払うことができる 店舗を探すこともできますので、 アプリをダウンロードすれば簡単にお買い物が出来て 更にボーナスゲットですね。 最後まで読んで頂き有難うございます。 もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

次の

【2020年6月更新】PayPay(ペイペイ)が使えるお店・加盟店をまとめてみた

ペイペイ 加盟 店

PayPay(ペイペイ)加盟店メリット 2018年10月よりサービスを開始したPayPay(ペイペイ)は、大手通信会社のソフトバンクと大手検索サイトのヤフーが合弁会社を設立して運営しているQRコード決済サービスです。 発表当時、大々的なキャンペーン展開をかかげ、かなり話題になったことで記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。 そんなPayPay(ペイペイ)に関するメリットをまとめてみます。 簡単に導入することができます PayPay(ペイペイ)はお店ごとに専用のQRコードを発行してくれますが、それを印字したステッカーを用意してくれます。 お店側からすれば、精算金額を提示するだけで、しかも導入にかかる機器類を用意する必要がありません。 また、お客様がアプリの使い方を分からない場合、決済したいQRコードをお店側で読み取るストアスキャン方式をおこなうことができます。 手数料などコストが殆どかかりません PayPay(ペイペイ)との 加盟店契約にかかる費用ですが、 ・導入費用 ・加盟店費用 ・決済手数料 ・入金手数料 と、いずれも 無料となっています。 また、決済手数料や入金手数料では、 売り上げ金額の2. 0~4. なお、PayPay(ペイペイ)でも永久に無料というわけにはいかず、 決済手数料は2021年9月30日まで、 入金手数料は2020年6月30日までを無料と今のところ公表しています。 入金サイクルが短く資金繰りがラク PayPay(ペイペイ)では 指定された銀行(ジャパンネット銀行)への入金は、 翌日自動入金となっており、 他の銀行でも、 累計決済金額が1万円以上となった場合に 最短で翌々営業日に入金となっています。 他のQRコード決済サービスを利用する場合、 月2回払い(1日~15日締め、16日~月末締め)、月1回払い(1日~月末締め)となることもあります。 入金に関する締め日のサイクルが短ければ短いほど、キャッシュフローが潤い 資金繰りが助かると言われていますので、PayPay(ペイペイ)は条件の良いサービスと捉えることができます。 インバウンド対策も用意しています もともと中国市場を中心に世界的に流通しているQRコード決済サービスですが、 訪日中国観光客の殆どはQRコード決済を求めてくると言っても過言ではありません。 PayPay(ペイペイ)では、 中国2大QRコード決済サービスの1つである Alipay(アリペイ)が同時に使えるようになっています。 しかも、 対象期間中はアリペイで決済した場合でも手数料がかからないサービスがついていて、これだけでもお得と言えるのではないでしょうか。 2020年10月以降は有償化する場合があります。 ちなみに 東京オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで。 東京パラリンピックは2020年8月25日から9月6日まで。 外国人観光客が日本に多く訪れることが想定されます。 Alipay(アリペイ)は世界中の アクティブユーザー数が10億人を突破しています。 キャッシュレス・消費者還元事業に申し込めます PayPay(ペイペイ)では、キャッシュレス事業者に登録しており、キャッシュレス・消費者還元事業をサポートしてくれます。 PayPay(ペイペイ)への 『加盟店登録』と 『キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録』を一緒に進めることができますので、余計な手間をかけずに済むことでしょう。 キャンペーンによる恩恵があります PayPay(ペイペイ)のキャンペーンは、他のQRコード決済サービスと比べると、質も量も豊富です。 お客様向けには利用促進としてポイント還元率を上げるサポートをしたり、加盟店向けにはお店紹介によってキャッシュバックを実施したりしています。 利用者増加と加盟店増加の相乗効果を狙ったキャンペーンにより、QRコード決済サービスの市場活性化へ大きな役割を担ってくれています。 PayPay(ペイペイ)の過去のキャンペーンを見ると、 ユーザー確保に積極的かつ加盟店に負担をかけないようになっているので素晴らしいと思います。 PayPay(ペイペイ)が負担するキャンペーンは お客様、店舗経営者にとっては大きなメリットと言えます。 の公式サイトはこちら PayPay(ペイペイ)加盟店デメリット PayPay(ペイペイ)導入に対して多くのメリットがある反面、万人受けする訳ではありません。 加盟店になるにあたって気を付けなければならない点を、デメリットとしてまとめてみます。 お客様への使い方をサポートできるようにしましょう お客様の中にはQRコード決済サービスを使い慣れている方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。 不慣れな方にとっては心配な面もあるでしょうから、お店のスタッフには スマホやアプリの使い方を手ほどきできるように教育する必要があります。 決済システムを導入するにあたり、決済手数料は基本的には発生するのが通常です。 QRコード決済が乱立する中、決済手数料が無料などのキャンペーンはいつか終わるであろうと言う覚悟はしておいた方が良いですね。 第31条 中途解約等 第29条第1項の有効期間内であっても、加盟店が当社所定の方法で解約届を当社に提出し、当社がこれを受理した後、別途定める期間が経過した時点で、本契約は終了するものとします。 当社が30日以上の期間を定めて本契約の解約を通知したときは、第29条第1項の有効期間内であっても、当該通知期間の経過をもって、本契約は終了するものとします。 paypay. PayPay(ペイペイ)を導入すると入金サイクルが設けられていますので、現金化に日数を要することになり、売り上げに関する管理が少々面倒になってきてしまいます。 現金の他に銀行口座へ入金される予定日と金額をまとめて、該当日の売り上げ金額に誤差が出ないよう帳簿の記載方法(消し込み計算)を工夫するようにしましょう。 現金だけの決済から電子決済を導入すると会計処理に困惑するかも知れませんね。 こちらも慣れれば問題ないと思います。 セキュリティ面を意識するようにしましょう キャッシュレス決済の多くは利便性を高めるため、自己管理でスマホを所有していることを前提に、簡易的なアクセスですぐに利用できるようになっています。 公衆の前でアクセスするということは、他人に大切な情報を盗み見される危険性もあり、トラブルの原因に成りかねません。 いくらお店側に責任がないからと言っても、「この店で情報が漏れた」と言われれば信用問題にもつながってきますので、会計の際には本人以外のお客様の行動にも注意を払うように心がけましょう。 PayPay(ペイペイ)では、お客様の決済手段にクレジット決済を利用できるのですが、不正利用の疑惑をかけられたことがあります。 その後、誤解が解けPayPay(ペイペイ)側でもセキュリティ強化策をとったのですが、お店でも情報漏洩に関するマニュアルを実施することを検討しましょう。 キャンペーン情報を管理するようにしましょう キャンペーンによる集客効果は嬉しい反面、情報が乱雑しがちになり、虚偽のキャンペーンを言われて損をすることも考えられます。 有効活用するためにも、実施中のもの、終わったもの、今後のものと、特に重なる時期にはキャンペーンを整理して、どれが該当しているのか把握しておくことが大切です。 キャンペーンを知っているとお客様とのコミュニケーションにも役立ちますね。 また、自社の広告に上手く組み合わせることもできるのでキャンペーンの情報収集は大切です。 PayPay(ペイペイ)加盟店のメリットとデメリットまとめ PayPay(ペイペイ)の加盟店になることで、 多くの恩恵があることが分かったのではないでしょうか。 ・簡単に導入することができます ・手数料などコストが殆どかかりません ・入金サイクルが短く資金繰りが楽です ・インバウンド対策も用意しています ・キャッシュレス・消費者還元事業に申し込めます ・キャンペーンによる恩恵があります その一方で、QRコード決済サービスの 仕組みや使い方をしっかりと理解しておかないと、トラブルに巻き込まれてしまう危険性も潜んでいます。 ・お客様への使い方をサポートできるようにしましょう ・将来的なコストを考えておきましょう ・会計処理を工夫するようにしましょう ・セキュリティ面を意識するようにしましょう ・キャンペーン情報を管理するようにしましょう 自分のお店ではどのような効果があるのか、色々とシミュレーションしながら活用術を見出してみて下さい。 の公式サイトはこちら.

次の

PayPay(ペイペイ)使えるお店・加盟店を紹介!お店を探せる機能についても解説

ペイペイ 加盟 店

PayPayが使える「ドラッグストア」の一例• ウエルシア• クスリのアオキ• サンドラッグ• ココカラファイン• スギ薬局• ツルハドラッグ• マツモトキヨシ ウエルシア、マツモトキヨシ、ツルハドラッグなど大手ドラッグストアでPayPayが使えます。 薬局での買い物となると、金額もそれなりに高額になることも多いので、ぜひ積極的にPayPayでの支払いを利用していきたいところですね。 スーパーと同様に、 ローカルなドラッグストアも多数ラインナップされています。 近くのドラッグストアはPayPayに対応しているかチェックしておくと良いでしょう。 PayPay ペイペイ が使える「飲食店」 今いる場所の近くの「PayPayが使えるお店」の見つけ方• PayPayアプリの「マップ機能」で探す• Yahoo! 地図で「PayPay」と検索する• 「Paymap」を利用する PayPayのアプリ内から近くの使えるお店を探すことができます。 また、PayPayが使えるお店で使えるクーポンも同時に探すなら「Yahoo! 地図」が便利です。 駅名・店名で探すなら「Paymap」を利用すると良いでしょう。 PayPayが使えるお店の見つけ方を詳しく見ていきましょう。 PayPay ペイペイ アプリの「マップ機能」で使えるお店を探す PayPayアプリの中にマップ機能があり、近くにPayPayが使えるお店があるかを確認することができます。 使い方は簡単で、PayPayアプリを開いて「近くのお店」をタップすると、近くのPayPayが使えるお店が地図上に表示されます。 一目でPayPayが使えるお店が見つけることができるはずです。 Yahoo! 地図で「PayPay」と検索する Yahoo! 地図で「PayPay」と検索すると、PayPayが使えるお店が地図上に表示されます。

次の