ワイ モバイル ショップ。 山梨県のY!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル(Ymobile)のデータ移行を分かりやすく解説!スマホ/ガラケーの電話帳・写真の移行方法、店舗でできることについて

ワイ モバイル ショップ

沖縄県で「Y! mobile ワイモバイル 」が契約できる実店舗は公式ショップ、取扱・販売店を含め43件のお店が登録されています。 そのうちY! mobile ワイモバイル の公式ショップである「ワイモバイルショップ」が21件、ワイモバイルの取扱いがある「ソフトバンクショップ」が0件あります。 公式ショップ 「ワイモバイルショップ」では新規契約・機種変更のほかにプラン変更・契約内容変更から解約、料金のお支払いをすることができ、店舗によっては端末の下取りサービスやタブレット端末、Pocket WiFi モバイルWi-Fiルーター の取扱いもあります。 またスマホ端末「格安スマホ」については、店舗によって取扱いがある端末・在庫の有無、そしてショップ独自のキャンペーンなどで販売価格も違いますので、詳しくは店舗でご確認ください。 店舗詳細ページでは取扱いサービスやショップの来店予約ページを確認することができます。 取扱店 ワイモバイルの取扱いがある「ソフトバンクショップ」も公式ショップと同様のサービスを受けることができますが、混雑具合や取扱っているスマホ端末などを考えると「ワイモバイルショップ」に行くのがおすすめです。 またワイモバイルの取扱いがある「家電量販店」や「携帯ショップ」もあります。 サービスは新規契約・機種変更のみとなりますが、店舗独自のキャンペーンを積極的に行っていたり、「iPhone」の取扱いがある店舗もたくさんあるので、新規契約や他社からの乗り換えで「Y! mobile ワイモバイル 」を検討している方にはおすすめです。

次の

【2020年6月版】ワイモバイルで開催中のお得なキャンペーン・割引

ワイ モバイル ショップ

ワイモバイル Ymobile で新しく機種を買い替える場合、今使っている端末から新しい端末に、 電話帳や写真、LINEなどの データ移行が必要になってくると思います。 データ移行の方法は、大きく3つで、• 上記のいずれかの方法で10分程度作業すれば、利用中の端末から新端末に、電話帳や写真、LINEなどのデータを丸々移し替えることができます! ワイモバイル Ymobile には、格安SIM MVNO としては唯一全国に1,000店舗以上のショップがあります。 ショップに行けば、データ移行は全部丸ごとやってくれるのではと思われている方もいらっしゃるかもしれません。 ところが、ワイモバイル Ymobile のショップに行っても、データ移行を手伝ってくれるのは、電話帳のデータのみなんです。 どこの店舗も、写真や動画、LINEのデータ移行については、データ消失のトラブルになるということで手伝わない方針になっています。 SIMカードのみの契約の場合、端末はそのままでSIMカードのみを差し替えるだけで、端末の中に入っている電話帳や写真、LINEのデータはそっくりそのまま残るので、データ移行は不要なんです。 ちなみに、ワイモバイル Ymobile は全国に1,000店舗以上の店舗がありますが、「データ移行は基本的にはご自身でやって頂くこととなっています」というように案内されます。 下手に店員さんに聞いて、中途半端にデータ移行をするよりも、やり方をしっかり理解して自分でやった方が、データが消えてしまったり、重複してデータを移してしまったりせずに済みます。 ワイモバイルのデータ移行は、機種変更 端末を買い替える の場合のみ必要• ワイモバイルではSIMカードのみの契約も可能だが、SIMカードのみの契約の場合はデータ移行は不要 ワイモバイルのデータ移行の全手順 ワイモバイル Ymobile 乗り換え時のデータ移行は、• ワイモバイル乗り換え後:新たに購入した端末で復元 という3ステップです。 意外に思われるかもしれませんが、ワイモバイル Ymobile に 契約する前には、データ移行の準備は不要で、データ移行は新しい端末を購入した後にやるものなんです。 乗り換え前 ワイモバイル Ymobile に 乗り換える前については、データ移行で特にやることはないです。 データ移行は、利用中の端末と、新しく購入した端末の2台を机などに揃えて行います。 ワイモバイル Ymobile 乗り換え前にやっておくべきことは、データ移行よりむしろ、友だちや家族、仕事でやり取りのある方々へのメールアドレスの変更の連絡です。 ワイモバイル Ymobile に乗り換えると、大手通信キャリア MNO のキャリアメールは利用できなくなってしまいます。 そのため、docomo. jpなどのキャリアメールで普段やり取りされている方に対して、メールアドレス変更の連絡をするようにしましょう。 ワイモバイル Ymobile に限らず、格安SIM MVNO に変更すると、キャリアメール docomo. jp、 ezweb. jp、 softbank. jp は諦めざるをえません。 したがって、• Gmailへ送受信メールのデータ移行:できればやっておくと便利 というステップで、Gmailににメールアドレスを変更するようにしましょう。 メールアドレス変更の際には、メアドの変更連絡を周囲の方に伝えておきます。 乗り換え後 ワイモバイル Ymobile のデータ移行は、• 新たに購入した端末ににデータを復元 という4つのステップです。 意外にも、ワイモバイル Ymobile のSIMやスマホを申し込む前には、データ移行でやっておくべきことは何もなく、申し込み後に旧機種と新機種が揃った段階で、データ移行を始めればOKです。 それぞれのステップについて詳しく見ていきたいと思います。 新機種で電話・ネットが使えるようになったら、旧機種でのバックアップを行いましょう。 ポイントは、• LINEのアカウントのバックアップ:全体バックアップ完了後に、個別に実施 という形で、全体のバックアップが終わったあとに、全体のバックアップでやり切れなかった部分を個別にバックアップを取るという手順です。 最後に、新機種でデータを復元したら、データ移行は完了です。 新機種でのデータの復元についても、• LINEのアカウントの復元:全体のデータの復元完了後に、個別に実施 という形で、全体のデータの復元が終わってから、個別のデータを復元するようにしましょう。 ワイモバイルのデータ移行は、契約後にすればよく、契約前には特にするべきことはない• スマホからスマホの場合は、GoogleアカウントやiTunesを使えば一発でデータ移行ができるのですが、ガラケーからスマホや、ガラケーからガラケーなどの機種変更の場合、データ移行の方法がちょっと変わってきます。 というわけで、端末に応じたデータ移行の方法をそれぞれ見ていきたいと思います。 スマホからスマホの場合 GoogleアカウントはGoogleの公式なデータ移行の方法、iTunesはAppleの公式なデータ移行の方法なので、データが消えてしまうリスクが少なく、最も安全かつ手軽にデータ移行をする方法になります! iPhoneからiPhoneのデータ移行はiTunesで行うのですが、iTunesのデータ移行については後ほど詳しく解説していきます。 ここでは、AndroidからAndroidのデータ移行を、Googleアカウントを利用して移し替える方法について、詳しく解説していきます。 Androidで公式に定められているデータ移行の方法は、Googleアカウントを利用することです。 Androidスマホを利用している場合、以下のように設定画面で、簡単にGoogleのサーバー上にアップロードすることができます。 [アカウント]をタップします。 同期したいGoogle アカウントをタップします。 「連絡先」のをタップして同期をオンにします。 同期の設定が完了します。 上記手順で、利用中のAndroidのバックアップは完了します。 新たに購入したAndroidの電源を入れると、初期設定画面で、Googleアカウントの入力を求められるので、そこでGoogleアカウントとパスワードを入力するだけで、一発で電話帳や写真データが旧機種から新機種に移し替えられます。 ガラケーからスマホの場合 ガラケーからスマホにデータ移行をする場合は、赤外線を利用してデータ移行するのが手っ取り早いです。 Androidには赤外線が搭載されている機種があります。 SHARPや富士通といった国内のスマホを購入される方は、赤外線で電話帳のデータを移すのは馴染みのある方法かもしれません。 赤外線の場合、とくに旧機種でバックアップを取る必要はなく、新しい機種を購入したら、古い機種と新しい機種の赤外線部分を近くにして、設定から赤外線で送信ボタンを押すだけです。 事前に、旧ケータイで連絡先の赤外線送信設定を行います。 そして、旧ケータイより赤外線を通して、アドレスを送信します。 新しいスマホとと旧ケータイの赤外線ポートを近づけると、旧ケータイから連絡先が送信されます。 認証コードを入力し、[OK]をタップします。 新しいスマホ側で、連絡先の受信が完了したら[OK]をタップします。 新しいスマホ側で、[OK]をタップすると、連絡先への登録が完了します。 ガラケーからガラケーの場合 ガラケーからガラケーにデータ移行をする場合は、SDカードを利用してデータ移行するのが、一番簡単です。 ガラケーを操作することで、SDカードにデータをバックアップすることができます。 バックアップをしたら、SDカードを新機種に差し替えるだけで、新機種にデータを移すことが可能です。 SDカードへのデータのバックアップ方法は、以下の通りです。 機種によって操作方法は変わりますが、大体以下のような手順で、SDカードに電話帳のデータを保存することができます。 待受画面でセンターキーを押す• メニューから[設定]を選択• [本体・メモリーカード]を選択• [メモリカード保存・読込み]を選択• 「保存(全項目)」を選択• 画面表示に沿ってデータをメモリカードに保存 上記手順で電話帳データを保存したメモリカードを、機種変更後のスマートフォンに挿入すると、電話帳が新しいスマホに復元されます。 ワイモバイルのデータ移行は、スマホからスマホ:Googleアカウントを利用、ガラケーからスマホ:赤外線を利用、ガラケーからガラケー:SDカードを利用ですれば良い• iPhoneからiPhoneの場合については、iCloudやiTunesを利用してデータ移行をするとスムーズ ワイモバイル乗り換え時にデータ移行すべきモノは? ワイモバイル Ymobile に乗り換える際に、最低限乗り換えておくべきデータは、電話帳、LINE、写真・動画などだと思います。 特に、電話帳やLINEは、乗り換え後新しい機種でもすぐに使うことになるので、確実にデータ移行させておきたいものです。 電話帳、LINE、写真・動画それぞれで、データ移行する方法を、個別に見ていきたいと思います。 電話帳 iPhoneからiPhoneへのデータ移行は、iTunesやiCloudを利用すれば、電話帳だけでなく、端末上に入っているデータが一括で移行することができます。 Androidについても、基本的にはiPhoneと同じようにバックアップが取れます。 iPhone同様、基本的にはLINEのデータ以外は、以下の方法でバックアップを取ることが可能です。 連絡帳データの入っているスマートフォンでGoogleアカウントと同期• 一般的な操作方法のため表記が異なる場合があります。 最初に表示されるホーム画面で[MENU]ボタンを押し、「端末設定」を選択• 「アカウントと同期」を選択• 「連絡先を同期」にチェックあり 同期した直近の日付が表示されます。 再度同期をしたい場合はチェックを入れ直してください。 LINE 機種変更後にも、真っ先に使えるようにしたいのが、LINE ライン だと思います。 LINE ライン についても、バックアップがとても重要で、バックアップをしていないばっかりに、友だちリストが消えてしまったという方もいるので、機種変更前の機種でやっておくべきことを確認しておきましょう。 TwitterやFacebookはと違って、LINE ライン は普段使っていても、メールアドレス、パスワードが未登録となっている場合があります。 利用中のスマホで、LINE ライン を開いて、以下の手順で進めていきましょう。 利用中のスマホでLINE ライン を起動します。 画面右上の「…」(その他)をタップし、歯車アイコン(設定)をタップします。 「設定」画面が表示されるので、アカウントをタップします。 そして、メールアドレスとパスワードを登録しましょう。 ワイモバイル Ymobile に乗り換えると、 docomo. jpや ezweb. jpなどの大手キャリアのキャリアメールは利用できなくなってしまうので、Gmailなどのフリーメールを入力するようにしましょう。 写真・動画 写真データについても、事前にGoogleフォト上にバックアップを撮っておけば、新端末に、 旧端末と同じGoogleアカウントでログインし「Googleフォト」アプリを起動すれば、バックアップされた写真・画像データを見ることが可能です。 旧端末から、以下のリンクをタップし、「Googleフォト」のアプリを起動します。 あとは、新しい端末でGoogleフォトを立ち上げると、Googleのサーバー上にアップロードされた写真データを見ることができます。 Googleフォトは保存容量がなく、何枚でも写真をアップロードでき、Googleのサーバー上にデータを半永久的に保存しておくことができます。 そのため一旦Googleフォト上に写真をアップロードすれば、今後は機種変更毎にデータ移行をする必要がなくなり、データ移行の手間がかなり軽減されるはずです。 全データを一括でデータ移行する方法も こうして見ていくと、いろんなデータを個別に移行させていかないといけないのかと思えますが、実は、• なので、機種変更前後で同じOS AndroidからAndroidやiPhoneからiPhone を利用する場合は、以下で紹介する方法でデータ移行をするのがオススメです。 SDカードを利用したデータ移行は、「あんしんバックアップ」というアプリケーションでデータを移行できます。 あんしんバックアップを利用すると、「電話帳/S! メール(@softbank. あんしんバックアップを利用したデータ移行の手順は、以下の通りです。 アプリケーション「あんしんバックアップ」で電話帳データをサーバに保存する。 新しい機種 に「あんしんバックアップ」をインストールする Googleのアカウントが必要• サーバから電話帳データを取得する あんしんバックアップは、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーの方のみ利用できるアプリです。 ドコモやauを利用されている方は、SHARP機種だとコンテンツマネージャーというアプリ経由でSDカードにデータをバックアップすることが可能です。 【iCloudを利用してデータ移行する方法】 iCloudはiTunesの簡易版のようなもので、パソコンを利用せずにデータ移行を行うことが可能です。 パソコンを持っていないとか、パソコンを使うのがめんどうという方は、iCloudを使って、iPhoneだけでデータ移行を完結させることができます。 ただし、iCloudでバックアップができるデータは5GBまでです。 そのため、iPhoneの中に写真が2,000枚もあると、すべての写真データを移行させることができません。 写真がそれほど多くなく、電話帳と写真、カレンダー、メモ帳などを、パソコンなしで、簡単に移し替えたいということであれば、iCloudを利用して、データ移行させるのもよいと思います。 iCloudのデータのバックアップは、iPhoneの設定から行います。 Wi-Fi環境でiCloudを利用したデータ移行(バックアップ・復元)する手順は以下のステップです。 利用中のiPhoneからデータをiCloudにバックアップする• iCloudのデータを 新しい iPhone に復元する 利用中のiPhoneでiCloud上にバックアップを取ったら、データ移行はほとんど終わりです。 新しいiPhoneの電源を入れると、AppleIDとパスワードを求められるので、AppleIDとパスワードを入力すれば、自動的にiCloud上に保存したデータが、新しいiPhoneに復元されます。 具体的には、今まで利用していたiPhoneの 連絡先、音楽データ、写真や動画、ブックマーク、カレンダー、インターネットメール、メモ帳、アプリのデータ など、ほぼすべてのデータを、一発で新しいiPhoneにデータ移行させることができます。 アプリの配置やWiFiの設定、ユーザー辞書など細かな部分まで、すべてのデータが丸々移し替えられます。 なので、iTunesでデータ移行をすれば、機種変更をしても、前のiPhoneのデータを、そっくりそのまま新しいiPhoneでも使えるということになります。 iTunesを使えば、電話帳データもそっくりそのまま移行されるので、上記で紹介した電話帳の移行は不要になります。 iPhone とパソコン(iTunes)を接続しデータ移行(バックアップ・復元)する方法は以下の通りです。 パソコンへiTunesをインストールしていない場合はインストールを行った後、データ移行を行ってください。 利用中のiPhoneからデータをiTunesにバックアップする• iTunesのデータを新しい iPhone に復元する iCloudだと、データの保存容量は5GBまでなので、写真データが移しきれない場合がありますが、iTunesならパソコンに保存できる容量分データが保存できます。 なので、利用中のiPhoneのデータを全部漏れなく移し替えたいという方は、iTunesを利用したデータ移行が一番オススメです。 SIMのみ契約の場合はデータ移行は不要• LINEの引き継ぎはデータの消失に注意• SIMのみ契約の場合はデータ移行は不要 ワイモバイル Ymobile に乗り換える方の中には、SIMのみを購入して、スマホは今までのものを使うという方もいらっしゃると思います。 SIMのみ契約で、スマホをそのまま使うなら、データ移行は一切不要です。 電話帳だけでなく、写真、動画、メール、アプリもそのまま使えます。 LINEの引き継ぎはデータの消失に注意 新しいスマホでLINEを使い始める際にめちゃくちゃ気をつけたいのが、LINEを開いてすぐに出てくる上記の画面です。 今までLINE ライン を利用していた方は、上記の画面で、 絶対にログインボタンを押して、次に進むようにしましょう。 ログインボタンを押すと、これまで利用していたアカウントにアクセスして、元々繋がっていた友だちリストが、新しいスマホでも使えます。 しかし、新規登録を押してしまうと、• 新しいアカウントを作ると、自動的にスマホ上の電話帳を読み込んで、LINE上でも友だちとしてつながってしまうので、相手から見るとどちらのアカウントに連絡していいか分からないというめちゃめちゃ面倒な状態になります。 しかし、iPhoneからAndroidあるいは、AndroidからiPhoneのようにOSが異なる機種変更では、iTunesやGoogleアカウントといった公式に認められているデータ移行の方法が使えず、データ移行が少々複雑です。 JSバックアップは、AppleやGoogleの公式の方法ではないのですが、パソコンを使って、iTunesのように一発でデータ移行をすることができます。 JSバックアップは、• 標準バックアップデータ:連絡先、通話履歴、SMS、MMS、カレンダー、ブックマーク、システム設定、ホームショートカット、アラーム、辞書、ミュージックプレイリスト、アプリ• メディアデータ:画像、音楽、動画、文書 など、あらゆるデータが一括でデータ移行できます。 アプリを開いて、PCを使ったバックアップというボタンを押すと、上記のようにバックアップを完了させることができます。 ワイモバイルに乗り換えする際に、SIMカードのみ契約の場合はデータ移行は不要• また、LINEの引き継ぎは、アカウントが消えてしまうリスクがあるので、慎重に作業するよう注意• 写真やLINEのデータが消えてしまうと、トラブルになってしまうということで、ショップ側もデータ移行についてはきちんとしたルールがあり、電話帳以外はデータ移行のサポートはしてはダメということになっています。 とはいえ、ガラケーからiPhoneについては、自力で電話帳を移行させることができないため、どうしても店舗にサポートをお願いすることになってきます。 iPhoneには赤外線やSDカードが付いていないため、ガラケーからのデータをiPhoneに移すためには、ショップにある専用機器を利用する必要があります。 iPhone を購入してから60日以内であれば、ショップにある専用機器を使って、iPhone に電話帳データを移すことができます。 作業手順は以下の通りです。 ワイモバイルショップで電話帳をサーバーにバックアップする• サーバにバックアップした電話帳データを iPhone の「連絡先」に追加する ガラケーからiPhoneに乗り換える場合は、その旨をワイモバイル Ymobile の店員さんに伝えれば、電話帳移行についてはサポートしてもらうことができます。 ただ、LINEや写真・動画のデータ移行については、店員さんの作業ミスでデータを消失してしまうとトラブルになるということで、基本的には店舗に行っても対応してもらえないので注意です。 なので、店舗で契約しても、オンラインストアで契約しても、データ移行は結局のところ、自力でやる覚悟が必要になってきます。

次の

Yahoo!モバイル

ワイ モバイル ショップ

平日を狙って行ったので、口コミ情報では物凄く混んでいるということでしたが、先客が2組程で思っていたより混んでいませんでした。 分からない事を細かく質問したのですが、色々とこちらが得をするような手続きをしてくださいました。 ただ、多くの手続きがあり、どうしても伝える内容が多いということからだと思うのですが、後で帰宅してからよく分からなかった…ということもありました。 メモを取ったりもしていたのですが、結局後でまたお店に電話をして確認することになってしまいました。 開通するまで2時間ほどと言われ、昼食を取って待っていたのですが、1時間ほどで連絡をいただけ、とてもよかったです。 丁寧に対応していただけたのではないかと思います。 山梨県で「Y! mobile ワイモバイル 」が契約できる実店舗は公式ショップ、取扱・販売店を含め28件のお店が登録されています。 そのうちY! mobile ワイモバイル の公式ショップである「ワイモバイルショップ」が7件、ワイモバイルの取扱いがある「ソフトバンクショップ」が4件あります。 公式ショップ 「ワイモバイルショップ」では新規契約・機種変更のほかにプラン変更・契約内容変更から解約、料金のお支払いをすることができ、店舗によっては端末の下取りサービスやタブレット端末、Pocket WiFi モバイルWi-Fiルーター の取扱いもあります。 またスマホ端末「格安スマホ」については、店舗によって取扱いがある端末・在庫の有無、そしてショップ独自のキャンペーンなどで販売価格も違いますので、詳しくは店舗でご確認ください。 店舗詳細ページでは取扱いサービスやショップの来店予約ページを確認することができます。 取扱店 ワイモバイルの取扱いがある「ソフトバンクショップ」も公式ショップと同様のサービスを受けることができますが、混雑具合や取扱っているスマホ端末などを考えると「ワイモバイルショップ」に行くのがおすすめです。 またワイモバイルの取扱いがある「家電量販店」や「携帯ショップ」もあります。 サービスは新規契約・機種変更のみとなりますが、店舗独自のキャンペーンを積極的に行っていたり、「iPhone」の取扱いがある店舗もたくさんあるので、新規契約や他社からの乗り換えで「Y! mobile ワイモバイル 」を検討している方にはおすすめです。

次の