門別 ブリーダー ズ ゴールド カップ。 ブリーダーズゴールドカップ

ブリーダーズゴールドジュニアカップ

門別 ブリーダー ズ ゴールド カップ

概要 [ ] 1989年に、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬によるとの全国交流競走として創設。 1994年まではのダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年よりのダート2300mに変更。 施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していた。 2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年よりのダート2000mに変更された。 創設時より内国産馬限定で施行されてきたが、2006年からも出走可能になった。 第1回の1着賞金は3000万円で、最も高かった第8回(1998年)から第13回(2001年)までは5000万円が設定 されるなど、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとしての地位を保ち続けている。 1997年よりダート競走格付け委員会によってに指定、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGIIに格付けされた(その後格付表記はJpnIIに変更)。 創設当時、地方競馬で施行される中央と地方のダート交流重賞は本競走と(大井競馬場)しかなく 、中央・地方交流重賞としては長い歴史を持つが、GI(JpnI)に格上げされることはなかった。 2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され 、あわせて格付けもJpnIIIに格下げとなった。 また、古馬シーズンの対象競走にも指定された。 牝馬限定競走への変更 [ ] この節のが望まれています。 主に: 牝馬限定競走になった経緯 ( 2014年9月) 前述の通り2014年から牝馬限定競走となったことから、競走の位置づけが大きく変わり、を見据えたレースとなることも見込まれている。 牝馬限定競走への変更に合わせ、新たな施策も導入された。 2014年は新設された2歳牝馬の重賞競走「」が同日に施行されたほか、2013年まで行われていた「夏のケイバまつり」に代わり「シュエット・ジュマン・フェスティバル(素敵な牝馬の祭り)」と銘打ち、女性にスポットを当てたイベントも実施する。 また同年より、本競走のシンボルフラワーとして「」が制定された。 ホッカイドウ競馬は馬主に生産者が多く、在籍馬の4割、2歳馬に限れば6割が牝馬であるなど、在籍頭数に占める牝馬の割合が高い(競走馬市場では牡馬が優先して売れていく傾向があり、牝馬が生産地に残りやすいという事情もある )という実情を踏まえ、またファンの裾野拡大とホッカイドウ競馬の特色作りを意図し、牝馬レースの充実を図るとしている。 競走条件・賞金 [ ] 以下の内容は、2019年のもの。 競走条件 [ ] 出走資格 系3歳以上牝馬、出走枠は中央競馬所属馬5頭、地方他地区所属馬4頭、北海道所属馬7頭と定められている。 3歳53kg、4歳以上55kgを基本に、本年8月9日までのGI・JpnI競走優勝馬は3kg増、GII・JpnII競走優勝馬は2kg増、GIII・JpnIII競走優勝馬は1kg増(2歳時の成績は対象外) 賞金 [ ] 1着3100万円、2着620万円、3着465万円、4着310万円、5着155万円。 副賞 [ ] 過去にはとして施行されたことがあり、副賞として以下の種牡馬の種付権が贈られていた(出典で確認できるもののみ記載)。 賞(2001年 ) 歴史 [ ] ある日、の生産者(ブリーダー)の集まりの中で「競馬の発展があっての我々である。 アメリカののようなレースを作れば、競馬に貢献できるのではないか」という話が持ち上がった。 その後1987年(昭和62年)ごろ、実現の可能性についてへ内々に打診し、「法人、構成員、ある程度の永続性などの条件が満たされれば可能」と回答された。 最初は内輪話程度の小さな火種だったが、徐々に具体性を増し現実味を帯びた話となってくる。 構成員所有種牡馬の産駒に限って、出走権や副賞金を与えようといった意見もあがった。 また、内部調整などに尽力した関係者の努力なども勘案し、全国から優駿を集めるのがよい、として関係者の同意を得るまでにこぎつけた。 こうして1989年(平成元年)に、の後援による「第1回ブリーダーズゴールドカップ」が札幌競馬場で創設された。 このように、当初はアメリカのブリーダーズカップに範をとって生産者主導で計画され、賞金も生産者が拠出する など、主催者の北海道競馬事務所(当時)よりもジャパンブリーダーズカップ協会のほうが意欲的であった。 第1回の優勝馬(笠松)に騎乗したは当時所属で、まだ開催の正式決定もされていなかった時期から札幌競馬場へ入厩していたフェートノーザンの調教をつけるために、笠松競馬場での騎乗をすべてキャンセルし開催日まで札幌に滞在するなど、開催に向けての協力は大きかった。 安藤はその後第16回ではJRA所属騎手として自身2度目の優勝、またフェートノーザンも各地の地方競馬を股にかけて活躍するなど、人馬とも中央・地方の垣根を越えて活躍した。 第1回こそフェートノーザンが制したが、その後は(JRA)所属馬の出走が見送られた第19回(2007年)を除き、JRA所属馬が勝利している(2014年現在)。 第19回にJRA所属馬の出走が見送られたのは、JRA施設内で所属馬の一部にの感染が確認され、JRAに所属する全馬の移動が制限されたためであった()。 レース当日は種牡馬の展示が行われ、第1回は・・・が来場している。 年表 [ ]• 1989年 - サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央・地方全国交流競走として創設、・ダート2400mで施行。 1995年 - 施行場と距離を・ダート2300mに変更。 施行時期が10月から8月になる。 1996年 - 川崎競馬場で場外発売実施 [ ]。 1997年 - ダート競走格付け委員会によってに指定、GII(統一GII)として格付け。 1998年 - 負担重量を定量からグレード別定に変更。 2000年 - スタリオンシリーズ競走に指定。 2006年 - の出走が可能になる。 2007年• 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIに変更。 JRA所属馬の一部にの感染が確認されたため、出走予定のJRA所属馬が防疫上の理由から競走除外となる(このとき、JRA所属馬は4頭が出走を予定していた ほか、この日は別のJRA交流競走でも同様の理由から6頭のJRA所属馬が競走除外となった )。 2009年 - 施行場と距離を・ダート2000mに変更。 2011年 - スタリオンシリーズ競走から外れる。 2012年 - ホッカイドウ競馬所属馬が出走取消のため不在となったうえ、レースも6頭立てと歴代最少頭数になった。 2014年• 格付けをJpnIIIに変更。 出走条件を3歳以上牝馬に変更。 古馬シリーズに指定。 歴代優勝馬 [ ] 優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年以降は現表記。 すべてダートコースで施行。 条件は第1回から第12回まで「4歳以上」、第13回から第25回まで「3歳以上」、第26回は「3歳以上牝馬」。 Rはコースレコードを示す。 回数 施行日 競馬場 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 1989年10月10日 2400m 12頭 牡7 2:31. 9 吉田秋好 第2回 1990年9月24日 札幌 2400m 10頭 プレジデントシチー 牡8 R2:31. 0 第3回 1991年10月10日 札幌 2400m 12頭 牡5 JRA 2:32. 0 第4回 1992年8月27日 札幌 2400m 10頭 マンジュデンカブト 牡7 JRA 2:32. 1 第5回 1993年10月11日 札幌 2400m 11頭 ヒデノリード 牡5 JRA 2:32. 8 第6回 1994年10月10日 札幌 2400m 12頭 牡9 JRA 2:33. 4 第7回 1995年8月16日 2300m 9頭 牡5 JRA R2:28. 0 第8回 1996年8月15日 旭川 2300m 10頭 メイショウアムール 牡6 JRA 2:30. 2 第9回 1997年8月20日 旭川 2300m 12頭 牡7 JRA 2:28. 8 第10回 1998年8月20日 旭川 2300m 12頭 メイショウアムール 牡8 JRA 2:31. 0 河内洋 高橋直 第11回 1999年8月16日 旭川 2300m 14頭 スノーエンデバー 牡6 JRA 2:29. 2 第12回 2000年8月15日 旭川 2300m 13頭 牡6 JRA 2:32. 5 南井克巳 第13回 2001年8月16日 旭川 2300m 10頭 ウイングアロー 牡6 JRA 2:29. 5 岡部幸雄 南井克巳 第14回 2002年8月15日 旭川 2300m 14頭 アルアラン 牡6 JRA 2:30. 2 第15回 2003年8月14日 旭川 2300m 11頭 牡4 JRA 2:30. 7 第16回 2004年8月12日 旭川 2300m 9頭 牡6 JRA 2:31. 4 安藤勝己 第17回 2005年8月17日 旭川 2300m 14頭 牡5 JRA 2:32. 2 第18回 2006年8月17日 旭川 2300m 12頭 ハードクリスタル 牡6 JRA 2:31. 0 第19回 2007年8月16日 旭川 2300m 8頭 ギルガメッシュ 牡4 2:36. 2 第20回 2008年8月14日 旭川 2300m 13頭 牡6 JRA 2:31. 3 第21回 2009年8月13日 2000m 15頭 牡4 JRA R2:02. 2 第22回 2010年8月12日 門別 2000m 13頭 牡4 JRA 2:03. 0 第23回 2011年8月11日 門別 2000m 12頭 牡6 JRA 2:05. 0 第24回 2012年8月16日 門別 2000m 6頭 シビルウォー 牡7 JRA 2:02. 7 戸田博文 第25回 2013年8月15日 門別 2000m 8頭 牡4 JRA 2:04. 9 昆貢 第26回 2014年8月14日 門別 2000m 14頭 牝5 JRA 2:07. 4 岩田康誠 第27回 2015年8月13日 門別 2000m 14頭 牝4 JRA 2:08. 1 第28回 2016年8月11日 門別 2000m 10頭 アムールブリエ 牝5 JRA 2:08. 7 浜中俊 松永幹夫 第29回 2017年8月17日 門別 2000m 11頭 マイティティー 牝5 JRA 2:08. 4 第30回 2018年8月16日 門別 2000m 15頭 牝4 JRA 2:05. 6 第31回 2019年8月15日 門別 2000m 11頭 アンデスクイーン 牝5 JRA 2:06. 2 脚注 [ ]• 地方競馬全国協会. 2019年8月13日閲覧。 - 地方競馬全国協会、2014年8月15日閲覧• 『地方競馬史 第四巻(P126-127)』 - 地方競馬全国協会• ホッカイドウ競馬 2014年2月13日. 2014年5月11日閲覧。 2014年8月18日閲覧。 - ホッカイドウ競馬、2014年8月11日閲覧• 『THE JR Hokkaido(No. 319、P7)』北海道ジェイ・アール・エージェンシー• - 北海道新聞社、2014年8月11日閲覧• JBISサーチ. 2019年8月13日閲覧。 - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧• - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧• - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧 各回競走結果の出典 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の

【ブリーダーズゴールドカップ2019】予想オッズ・枠順/牝馬のメンツ激突

門別 ブリーダー ズ ゴールド カップ

2018年8月16日(木)門別競馬場11R(20:00発走)で行われる牝馬限定戦では最も距離の長い交流重賞ブリーダーズゴールドカップの予想です。 昨年は6番人気のマイティティーが勝って馬連でも4ケタ配当が出ましたが、その前は馬連130円、430円、240円と低配当で決着している本命寄りのレース。 ここは狙いを3頭まで絞って馬連2点、三連複1点、三連単4点で馬券を買ってみようと思います。 PR)MRO金賞3連単276. 2倍的中で165,720円獲得! 今週地方は黒潮盃など2鞍の予想を無料で公開します! 今週お盆WEEKは連日地方競馬で交流重賞が行われますね! そして先日大井競馬では的場文男騎手が佐々木竹見元騎手の持つ記録を塗り替え 地方競馬通算最多勝記録 7152勝を達成! その的場文男騎手がクリスタルシルバーで出走するのが15日(水)に大井競馬場で行われる南関東の重賞競走 「黒潮盃」 前走1着馬、羽田盃、東京ダービーの上位馬、他地区のダービー馬などが活躍する傾向 過去10年の内8回は6番人気以下の穴馬が好走でヒモ荒れ注意! データではこの辺に注目したいところ。 先週JRAでは エルムS38,500円獲得!関屋記念451,400円獲得! 地方では 東京プリンセス賞3連単108. 9倍的中65,340円獲得!、帝王賞3連単43. 1倍60,340円獲得! 先週も船橋の 千葉日報賞3連単44倍26,400円獲得!MRO金賞3連単276. 過去3年の好走データをざっと書きだすと・・・• 連対馬はすべて近3走共1600以上を使われていた• 1番人気は2. 2で馬連配当は安いが2着が多い• 8枠を引いた馬が3勝• 父系にミスプロの血を持つ馬が4連勝中 こんな感じ。 この辺に該当する馬を馬券の中心に組み立てたいですね。 ブリーダーズGCのJRA登録馬 今年は クイーンマンボ ハービンマオ フォンターナリーリ プリンシアコメータ ラビットラン と5頭が出走。 登録段階ではプリンシアコメータだけが鞍上未定となっていました 補欠から繰り上がりでの出走はいないのでJRA馬中心に組み立てていいと思います。 ブリーダーズGC 2018 前売りオッズ ブリーダーズGC 2018 前売り 単勝人気順 ブリーダーズGC 2018 前売り 馬連人気順 ブリーダーズGC 2018 前売り 三連複人気順 ブリーダーズGC 2018 前売り 三連単人気順 (追記) 前日発売がなかったので当日15:52の前売りオッズです。 すべての式別で1番人気はクイーンマンボ。 2番人気フォンターナリーリはもっと下がるような気がしますけど、能力高そうな馬ですし、モレイラ騎手で4倍つくならクロフネの血に目をつぶって単勝買っても面白いかもしれませんね。 3番人気はラビットラン。 結局ルメール、モレイラ、デムーロと外国人騎手3名が上位人気となっています。 それでも前走は牡馬相手に平安Sで2着。 馬場と展開が味方した面もあったとは思いますが、ミツバ、グレイトパール、テイエムジンソクといったところを負かしての2着なのでここではかなり威張れる実績だと思います。 ただ函館ウッドでの追い切りは今年よりも昨年の方が時計では出てるんですよね。 それでも昨年は併せ馬で一杯に追って時計を出していたのが、今年は単走とか馬なりなどで時計を出さない調整なので、もしかしたら仕上がりという点では昨年よりいいのかも・・・良くも悪くも取れる調整過程ではあります。 強力なライバルになりそうなのがモレイラ騎手が騎乗する フォンターナリーリ。 前走東大路Sは2~6着に差し追込み馬が好走する中この馬は早めに仕掛けての優勝。 当時の京都は全体的に差し馬の活躍も多かった時期で、同じ週にダートで逃げ先行した馬の次走成績は【4. 25】複勝率40. 5%複回値も110と優秀です。 スカーレット一族の良血ですが、懸念材料はクロフネの血。 若干前向きさもあるタイプなので、2000は本質的に長い可能性はあります。 ただ能力だけでも充分カバーできそうなのと、今日も重発表の門別ですが明日も雨予報、渋った馬場も得意なので相殺できるかも。 プリンシアコメータは平安Sでは大きく敗れましたが、中盤緩むところがなく先行馬には少し厳しかった競馬でのもので度外視してもよさそう。 前々で競馬をすればアンジュデジールと勝ち負けできる馬ですから、ここに入ってもヒケはとらないかと。 馬券は以上3頭の三連複とあとはプリンシアコメータを軸にした馬連と三連単あたりを考えていますが、とりあえずオッズを見てまた追記したいと思います。 000 門別は前売りやるのかと思ったらやらないんですね。 結局オッズがわからないままガミる買い目を書くのもいやなのでとりあえずここは三連複1点にしておきます。 以上、 ブリーダーズゴールドカップ 2018の予想でした! PR 昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く! 来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「 札幌記念」が行われます。 出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。 昨年は 20万馬券が飛び出すなど予想の難しい札幌記念。 その難しいレースを読むのに役立つ「 指数」があります。 「 うまとみらいと」の「 コラボ@指数」です。 先週は 指数上位4頭でエルムステークスを的中させました! 8月11日(土)は3連単の的中率が「 41. 7%」!! 難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。 毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。 全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「 コラボ@指数」。 今週末の重賞無料提供はもちろん「 札幌記念」です! 無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。 「 札幌記念」の指数は土曜日に公開です。 それまでお盆休みは過去データを検証することをおススメします。 週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない! メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!.

次の

ブリーダーズゴールドカップ

門別 ブリーダー ズ ゴールド カップ

概要 [ ] 1989年に、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬によるとの全国交流競走として創設。 1994年まではのダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年よりのダート2300mに変更。 施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していた。 2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年よりのダート2000mに変更された。 創設時より内国産馬限定で施行されてきたが、2006年からも出走可能になった。 第1回の1着賞金は3000万円で、最も高かった第8回(1998年)から第13回(2001年)までは5000万円が設定 されるなど、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとしての地位を保ち続けている。 1997年よりダート競走格付け委員会によってに指定、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGIIに格付けされた(その後格付表記はJpnIIに変更)。 創設当時、地方競馬で施行される中央と地方のダート交流重賞は本競走と(大井競馬場)しかなく 、中央・地方交流重賞としては長い歴史を持つが、GI(JpnI)に格上げされることはなかった。 2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され 、あわせて格付けもJpnIIIに格下げとなった。 また、古馬シーズンの対象競走にも指定された。 牝馬限定競走への変更 [ ] この節のが望まれています。 主に: 牝馬限定競走になった経緯 ( 2014年9月) 前述の通り2014年から牝馬限定競走となったことから、競走の位置づけが大きく変わり、を見据えたレースとなることも見込まれている。 牝馬限定競走への変更に合わせ、新たな施策も導入された。 2014年は新設された2歳牝馬の重賞競走「」が同日に施行されたほか、2013年まで行われていた「夏のケイバまつり」に代わり「シュエット・ジュマン・フェスティバル(素敵な牝馬の祭り)」と銘打ち、女性にスポットを当てたイベントも実施する。 また同年より、本競走のシンボルフラワーとして「」が制定された。 ホッカイドウ競馬は馬主に生産者が多く、在籍馬の4割、2歳馬に限れば6割が牝馬であるなど、在籍頭数に占める牝馬の割合が高い(競走馬市場では牡馬が優先して売れていく傾向があり、牝馬が生産地に残りやすいという事情もある )という実情を踏まえ、またファンの裾野拡大とホッカイドウ競馬の特色作りを意図し、牝馬レースの充実を図るとしている。 競走条件・賞金 [ ] 以下の内容は、2019年のもの。 競走条件 [ ] 出走資格 系3歳以上牝馬、出走枠は中央競馬所属馬5頭、地方他地区所属馬4頭、北海道所属馬7頭と定められている。 3歳53kg、4歳以上55kgを基本に、本年8月9日までのGI・JpnI競走優勝馬は3kg増、GII・JpnII競走優勝馬は2kg増、GIII・JpnIII競走優勝馬は1kg増(2歳時の成績は対象外) 賞金 [ ] 1着3100万円、2着620万円、3着465万円、4着310万円、5着155万円。 副賞 [ ] 過去にはとして施行されたことがあり、副賞として以下の種牡馬の種付権が贈られていた(出典で確認できるもののみ記載)。 賞(2001年 ) 歴史 [ ] ある日、の生産者(ブリーダー)の集まりの中で「競馬の発展があっての我々である。 アメリカののようなレースを作れば、競馬に貢献できるのではないか」という話が持ち上がった。 その後1987年(昭和62年)ごろ、実現の可能性についてへ内々に打診し、「法人、構成員、ある程度の永続性などの条件が満たされれば可能」と回答された。 最初は内輪話程度の小さな火種だったが、徐々に具体性を増し現実味を帯びた話となってくる。 構成員所有種牡馬の産駒に限って、出走権や副賞金を与えようといった意見もあがった。 また、内部調整などに尽力した関係者の努力なども勘案し、全国から優駿を集めるのがよい、として関係者の同意を得るまでにこぎつけた。 こうして1989年(平成元年)に、の後援による「第1回ブリーダーズゴールドカップ」が札幌競馬場で創設された。 このように、当初はアメリカのブリーダーズカップに範をとって生産者主導で計画され、賞金も生産者が拠出する など、主催者の北海道競馬事務所(当時)よりもジャパンブリーダーズカップ協会のほうが意欲的であった。 第1回の優勝馬(笠松)に騎乗したは当時所属で、まだ開催の正式決定もされていなかった時期から札幌競馬場へ入厩していたフェートノーザンの調教をつけるために、笠松競馬場での騎乗をすべてキャンセルし開催日まで札幌に滞在するなど、開催に向けての協力は大きかった。 安藤はその後第16回ではJRA所属騎手として自身2度目の優勝、またフェートノーザンも各地の地方競馬を股にかけて活躍するなど、人馬とも中央・地方の垣根を越えて活躍した。 第1回こそフェートノーザンが制したが、その後は(JRA)所属馬の出走が見送られた第19回(2007年)を除き、JRA所属馬が勝利している(2014年現在)。 第19回にJRA所属馬の出走が見送られたのは、JRA施設内で所属馬の一部にの感染が確認され、JRAに所属する全馬の移動が制限されたためであった()。 レース当日は種牡馬の展示が行われ、第1回は・・・が来場している。 年表 [ ]• 1989年 - サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央・地方全国交流競走として創設、・ダート2400mで施行。 1995年 - 施行場と距離を・ダート2300mに変更。 施行時期が10月から8月になる。 1996年 - 川崎競馬場で場外発売実施 [ ]。 1997年 - ダート競走格付け委員会によってに指定、GII(統一GII)として格付け。 1998年 - 負担重量を定量からグレード別定に変更。 2000年 - スタリオンシリーズ競走に指定。 2006年 - の出走が可能になる。 2007年• 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIに変更。 JRA所属馬の一部にの感染が確認されたため、出走予定のJRA所属馬が防疫上の理由から競走除外となる(このとき、JRA所属馬は4頭が出走を予定していた ほか、この日は別のJRA交流競走でも同様の理由から6頭のJRA所属馬が競走除外となった )。 2009年 - 施行場と距離を・ダート2000mに変更。 2011年 - スタリオンシリーズ競走から外れる。 2012年 - ホッカイドウ競馬所属馬が出走取消のため不在となったうえ、レースも6頭立てと歴代最少頭数になった。 2014年• 格付けをJpnIIIに変更。 出走条件を3歳以上牝馬に変更。 古馬シリーズに指定。 歴代優勝馬 [ ] 優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年以降は現表記。 すべてダートコースで施行。 条件は第1回から第12回まで「4歳以上」、第13回から第25回まで「3歳以上」、第26回は「3歳以上牝馬」。 Rはコースレコードを示す。 回数 施行日 競馬場 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 1989年10月10日 2400m 12頭 牡7 2:31. 9 吉田秋好 第2回 1990年9月24日 札幌 2400m 10頭 プレジデントシチー 牡8 R2:31. 0 第3回 1991年10月10日 札幌 2400m 12頭 牡5 JRA 2:32. 0 第4回 1992年8月27日 札幌 2400m 10頭 マンジュデンカブト 牡7 JRA 2:32. 1 第5回 1993年10月11日 札幌 2400m 11頭 ヒデノリード 牡5 JRA 2:32. 8 第6回 1994年10月10日 札幌 2400m 12頭 牡9 JRA 2:33. 4 第7回 1995年8月16日 2300m 9頭 牡5 JRA R2:28. 0 第8回 1996年8月15日 旭川 2300m 10頭 メイショウアムール 牡6 JRA 2:30. 2 第9回 1997年8月20日 旭川 2300m 12頭 牡7 JRA 2:28. 8 第10回 1998年8月20日 旭川 2300m 12頭 メイショウアムール 牡8 JRA 2:31. 0 河内洋 高橋直 第11回 1999年8月16日 旭川 2300m 14頭 スノーエンデバー 牡6 JRA 2:29. 2 第12回 2000年8月15日 旭川 2300m 13頭 牡6 JRA 2:32. 5 南井克巳 第13回 2001年8月16日 旭川 2300m 10頭 ウイングアロー 牡6 JRA 2:29. 5 岡部幸雄 南井克巳 第14回 2002年8月15日 旭川 2300m 14頭 アルアラン 牡6 JRA 2:30. 2 第15回 2003年8月14日 旭川 2300m 11頭 牡4 JRA 2:30. 7 第16回 2004年8月12日 旭川 2300m 9頭 牡6 JRA 2:31. 4 安藤勝己 第17回 2005年8月17日 旭川 2300m 14頭 牡5 JRA 2:32. 2 第18回 2006年8月17日 旭川 2300m 12頭 ハードクリスタル 牡6 JRA 2:31. 0 第19回 2007年8月16日 旭川 2300m 8頭 ギルガメッシュ 牡4 2:36. 2 第20回 2008年8月14日 旭川 2300m 13頭 牡6 JRA 2:31. 3 第21回 2009年8月13日 2000m 15頭 牡4 JRA R2:02. 2 第22回 2010年8月12日 門別 2000m 13頭 牡4 JRA 2:03. 0 第23回 2011年8月11日 門別 2000m 12頭 牡6 JRA 2:05. 0 第24回 2012年8月16日 門別 2000m 6頭 シビルウォー 牡7 JRA 2:02. 7 戸田博文 第25回 2013年8月15日 門別 2000m 8頭 牡4 JRA 2:04. 9 昆貢 第26回 2014年8月14日 門別 2000m 14頭 牝5 JRA 2:07. 4 岩田康誠 第27回 2015年8月13日 門別 2000m 14頭 牝4 JRA 2:08. 1 第28回 2016年8月11日 門別 2000m 10頭 アムールブリエ 牝5 JRA 2:08. 7 浜中俊 松永幹夫 第29回 2017年8月17日 門別 2000m 11頭 マイティティー 牝5 JRA 2:08. 4 第30回 2018年8月16日 門別 2000m 15頭 牝4 JRA 2:05. 6 第31回 2019年8月15日 門別 2000m 11頭 アンデスクイーン 牝5 JRA 2:06. 2 脚注 [ ]• 地方競馬全国協会. 2019年8月13日閲覧。 - 地方競馬全国協会、2014年8月15日閲覧• 『地方競馬史 第四巻(P126-127)』 - 地方競馬全国協会• ホッカイドウ競馬 2014年2月13日. 2014年5月11日閲覧。 2014年8月18日閲覧。 - ホッカイドウ競馬、2014年8月11日閲覧• 『THE JR Hokkaido(No. 319、P7)』北海道ジェイ・アール・エージェンシー• - 北海道新聞社、2014年8月11日閲覧• JBISサーチ. 2019年8月13日閲覧。 - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧• - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧• - 地方競馬全国協会、2014年8月11日閲覧 各回競走結果の出典 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の