なーくん 嫌 われ 小説。 怪獣のように猛烈な、息子の妻

【黒バス嫌

なーくん 嫌 われ 小説

サイファ姫の懇願を受けて、もう数日シュベール王国に滞在決定。 本音を言えばさっさと帰りたいのだけど、 サイデン大樹海の調査の際やここから西のバルト帝国への訪問の際、 シュベールは必ず通過するルートであるため、 出来れば関係は良好でありたい。 先日まで魔力欠乏症で寝込んでいたというのもある。 そういった事情から、やむなく数日滞在せざるを得なかったわけだ。 せっかくのんびり出来る時間、というわけで姫との面会後、 僕等は早速王都エルネシアの観光に出かけることにした。 シュベール竜王国首都エルネシア。 推定人口28万人。 街並みは南北に長く、東に大絶壁、西にバルト帝国への街道、という 大陸中央部の交通の要所である。 その歴史はそう長くはなく、150年ほど前にバルト帝国領から独立、 その軍事力を背景に小国ながらアーデラル王国と盟友関係を結び、 竜騎士を提供する代わりに経済的支援を受けることで発展した経緯を持つ。 国主がエルフ族であることも手伝い両国の関係は良好で 王族間での血縁関係も結ばれている。 アーデラルの先王トリストラムの妻は、 先だって討ち死にしたガリア王の姉である。 人口比率はエルフが2割、獣人族1割、人間族2割、 ドワーフ族2割、妖魔族1割、翼人族1割といったところだそうだ。 残りはその他の種族が雑多に混在している。 そういう意味では小さな王都という割には多種多様な種族に溢れた、 活気ある街・・・であった。 「・・・お店、しまってますわね・・・。 」 「・・・外、ほっとんど人おらんねぇ・・・。 」 そろそろお昼時だというのに、街には人影もほとんどなく、 西から南へ、南から西へと商人たちがわれ関せずといった雰囲気で そそくさと去っていくくらいだ。 先日の勇者騒ぎが原因であることだけは間違いない。 街の中を流れる空気がおかしいのも、その影響なんだろう、そう思っていた。 かすかに風に混じる腐臭。 それに嫌な予感を感じながら、僕らは王都の北側に向け足を運ぶ。 ・・・・・・そこには、廃墟があった。 街中の、特に北側のあらゆる場所が暴風による被害で木っ端微塵であり、 城の前の広場はいまだに血の香りも漂っている。 瓦礫の中で呆然としている者たちや、 懸命に炊き出しを行っている者たちもいる。 なぎ倒された瓦礫の傍で、座り込む子供たち。 無表情で、のろのろと瓦礫を取り除く者たち。 憂鬱そうな顔で兵たちが死体をついばむ鳥や獣を追い払い、 転がる遺体からは吐き気を催す匂いが立ち上る。 木々や壁にぶら下がる遺体もある。 そこかしこの瓦礫の隙間から見える、赤黒いしみ。 火葬という習慣がないのか、広いところに並べられるたくさんの遺体。 誰もかれもが、平和など謳歌していない。 誰もかれも、理不尽に奪われた日常に心を折られ、 希望を失い、膝を折っている・・・。 ・・・そう、ここは戦争被災地なのだ。 彼らにとって、戦いの終わりはイコール平和の再来ではないのだ。 目の前を暴力の嵐が過ぎ去っても、 次に待つのは生きるという終わりなき戦い。 それを、忘れていた。 そんな当たり前の悲劇を、失念していた。 観光? このありさまを見て、言えるのか? 膝を抱えた虚ろな瞳の子供たちの目が、 まるで僕らを責めているようで 天を仰いで立ち尽くす大人たちの目が、 僕の愚かさを嘆いているようで、 逃げ出すように、その場を離れた。 「・・・・・・。 」 「・・・。 」 皆、無言だった。 さっきまでの楽しい観光気分は、 冷や水をかけられたかのように冷めてしまった。 考えればわかることだった。 王都から北を、奴らは蹂躙してきたのだ。 何故聞かなかったのだろう? ねえねもローズも、防衛戦に加わってこの光景を見ていたはずなのに。 何を僕は浮かれていたのだろう。 適当な瓦礫に腰かけ、頭を抱えた。 自分の浅慮っぷりに、情けなくて泣きそうだった。 「・・・申し訳、ありません・・・。 わたくし達は、あの光景を見ていたはずなのに・・・。 観光気分で浮かれて、浮足立っておりました・・・。 」 「ろーちゃんだけのせいやない・・・。 うちかて、完全に忘れとった・・・。 なーくんが目ぇ覚まして、一緒にみんなでお出かけや!って、 浮かれとった・・・。 」 ローズもねえねも、思うところがあったようで酷く落ち込んでいた。 人々のあんな姿を見て、暢気にへらへらとしていられる奴は普通じゃない。 これが僕らのせいじゃないのは分かっている。 僕等があれこれ思うのは間違っている。 この国の人間がどうにかすべき問題なのもわかっている。 ・・・でも、目の前で見てしまったら、 苦しむ人々、嘆く人々、希望を失くした子供たち・・・。 そんなものを目の前で見せつけられて、 黙っていられるわけがないだろうがっ!! ・・・なぁ、正直、さっさと帰りたい。 「・・・はい。 」「・・・うん。 」 僕の言葉に、二人とも頷いてくれる。 ・・・そして、言葉を待ってくれている。 ・・・どうしたいのか、任せてくれてるんだなぁ。 ・・・僕って人間の良心を、信頼してくれてるんだなぁ。 涙が、でた。 ・・・僕は、少しでも傷ついた人たちの心を救いたい。 ただの自己満足で、ただの偽善だと思う。 それでも、何もしないでは、いられない・・・。 死者に、手向けを。 遺族に、祈りを。 明日に、希望を。 その為に出来る何かを、僕らは持ってるはずだから。 だから、手を貸してくれ。 ねえね、ローズ、僕らは僕らに出来る援助をしよう。 「・・・その言葉を、お待ちしておりました。 」 「ウチに出来ることはいくらでも、な。 なーくんは病み上がりなんだから、無理したらいかんよ? その分ウチらが力になるよってな。 」 うん、期待してる。 僕等は、連れ立って北側の粉砕された公園に戻ると、行動を開始した。 まずやるべきは、遺体の埋葬と防疫。 このままだと街に疫病が発生するかもしれないので、 瓦礫の除去と合わせて遺体の埋葬を行うことにする。 かと言って、突然遺体を持ち去られれば遺族も怒るだろう。 故に、慰霊碑を作り、その地下に被害者を火葬して葬る形にする。 公園の中央、壊れた噴水部に、広い地下空洞を作り出す。 『土壌操作』の出番だ。 余った土はねえねがソイルパペットにして遺体の運搬に使う。 瓦礫は直接ストーンパペットにして、やはり瓦礫除去に利用だ。 ローズにはねえねについてもらって、 広場で遺体の火葬と埋葬を行う宣伝をしてもらう。 地下空洞の入口には余った土を石に変えて、モニュメントを作っている。 慰霊碑だ。 火葬は、地下への入り口前に大きな焚き火の魔法で一気に焼く。 一応、トンネルを設置して見えないようにはする。 パペットでそのまま運んでもらうので、 パペットが何体か火でダメージ受けそうだけど その辺はねえねに耐火対応してもらう。 次々に運ばれてくる遺体。 それらは劫火で焼かれ、骨になり、パペットに運ばれ地下に納められる。 その様子を見ながら、次々に生気を失った人々が集まってくる。 人々が黙って立ち上る煙を見上げる中、僕はモニュメントを生成していく。 巨大な剣を抱きかかえる竜の像。 剣の表面に文字を刻んでいく。 「異界よりの暴徒に奪われし同胞たちの無念をここに鎮める。 」 「この胸に残るは古き良き日々の思い出。 」 「流る涙は枯れることを知らず慟哭は天に響く。 」 「されど我ら誇り高き竜の国の民。 」 「怨讐を慈悲の糧とし、正しき心以て明日を生きる。 」 粛々と葬列は進む。 いつしか大勢の人々が広場に集い、膝をつき、 ただ黙して故人への祈りを捧げていた。 遺骨が一つ収められるたびに、誰かが涙を流した。 煙が一つ上がるたびに、誰かの嗚咽が響いた。 誰かが一人泣き崩れるたびに、誰かがそれを支え、 誰かが天を仰ぐたびに、誰かが傍で肩を抱いた。 2の鐘が鳴っても、3の鐘が鳴っても、葬列は続く。 祈りの声は何時しか街中に響き渡り、夕暮れの影が人々の上に降りる頃。 ようやく最後の一人が、納骨された。 炎を消し去り、墓所の入口を埋め、石碑を置いて封印とする。 いつの間にか戻っていたねえねとローズが僕の隣に立つ。 疲労の色が濃いけれど、二人ともやり遂げた、って顔をしていた。 気付けば、凄まじい数の人々が集まっていた。 そして、その人たちは皆、じっと僕らを見つめている。 心に響く、哀悼の声。 言葉にならない叫び。 そんな諸々が何故か僕の胸を打って。 気が付けば、僕は歌を歌っていた。 スティーブン=フォスターの「Massa's in De Cold Ground」 「主は冷たい土の中に」という題名で知る人も多いかもしれない。 原文そのままというわけではなく、 多少こちら向けにアレンジしてはいるけれど、 アカペラで歌われるそれは、不思議と広く響き渡る。 Round de meadows am a ringing De brethren's mournful song While de mocking bird am singing Happy as de day am long Where de ivy am a creeping O'er de grassy mound Dare old king am sleeping Sleeping in de cold, cold graound 特に意識したわけではなかった。 深い意味があって、この歌を選んだわけでもなかった。 たまたまこの曲を、僕は原文で教わっていたというだけだ。 たまたまこの曲が、この場にふさわしいと思っただけだ。 人々が見守る中、祈りを込め、歌う。 巻き込んでしまってすまない。 助けられなくてすまない。 偽善と言われようと、それでも僕らは、 あなた達が巻き込まれてほしくはなかった。 神の振るう暴虐に、関わらせて、本当にすまなかった・・・。 Down in de cornfield Hear dat mournful sound All de brethren am a weeping King's in de cold, cold gound 「・・・・・・!?これ・・・は・・・!?」 「!?なーくん!?こ、これ・・・これって・・・!?」 ローズとねえねの動揺の声がする。 地面から、ふわり、ふわりと蒼い光が瞬き、浮き上がっていく。 夕闇に包まれる街を、幻想的な蒼の輝きが染め上げていく。 まるで蛍火のように宙を舞うそれらは、 一つ、また一つと数を増やしていく。 人々のざわめきが聞こえる。 King made de brethren love him Cayse he was so kind Now, dey sadly weep above him Mournin cayse he leave dem behind I can not work before tomorrow Cayse de teardrop flow I try to drive away my sorrow Pickin' on de old lute 想いの囁くままに歌い切ったその瞬間。 宙を舞う蒼の光が、人の姿をとった・・・。 「・・・!?とーちゃん!!」「うわあああん!かあああちゃああああん!!」 「おお・・・おおお!!」「奇跡じゃ・・・!奇跡が起きた・・・!」 「アンナ!アンナなのかっ!」「にいさん!にいさあああん!!」 蒼い光は親しき人々の元へと飛んでいき、 束の間の別れを終えて天へと昇っていく。 理不尽に奪われた日常、言えなかった別れの言葉、 もう会えなかったはずの大事な人々・・・。 束の間とはいえ、それは確かに奇跡だった。 僕等は静かに、その場を離れる。 「・・・なーくん、よう頑張った。 まさかあんな凄いことして見せるとは思わんかったけど、 大丈夫?無理しとらん?」 「お兄様、あれって『主は冷たい土の中に』の原文ですの・・・? まさか歌であんなことが起きるなんて思いもしませんでしたわ・・・。 」 城への帰り道、思わぬ現象を目の当たりにした二人は若干興奮気味だ。 あー、うん、僕は無理はしてない。 僕もあんなこと起きるなんて思わなかったよ・・・。 歌で何か起きたんじゃなくて、歌はただのきっかけだった気がするけどね。 でも、これでこの国の被害者たちが、少しでも上を向いて生きていければ・・・。 心から、そう思った。

次の

みんな、助けてあげるから・・・『黒子のバスケ.相棒組嫌・われ』

なーくん 嫌 われ 小説

別にアトピーである事は恥ずかしい事でも なんでもないでしょ。 また,帯状疱疹は,高齢になるにつれて, 免疫力が低下して発症することが多い。 同科の帯状疱疹の患者を年齢別に見ると, 最も多いのが50歳代で,その次は20歳代となっている。 本田講師は「20歳代の患者の原因を調べると,アレルギー体質やアトピー素因の患者が 圧倒的に多い。 もともとアレルギー体質やアトピー素因の人は,液性免疫の亢進により 細胞性免疫が普通の人より落ちている傾向がある。 ツベルクリン反応も陰性のことが多い。 そのような人は,帯状疱疹になりやすい」と説明している。 (神が喘息であるかないかを決める) 2. K 喘息でない人 P 喘息の人は は体力がある 体力がない 3. K P 行動力、 五感(嗅覚)が鈍り感性が変化する。 (例えば誰でも灯油のにおいの感覚は理解 するが、 キーボードの匂いをかぎ分けるのは、 体力のない人間には難しい。 体力のある人間は様々なにおいをかぎわけるが、 体力のない人間は強い匂いにしか反応できない。 神の目からは、繊細さに欠ける様に見える。 この 五感鈍化が病気につながるケースは様々な病気に 当てはまる可能性がある:アルツハイマーなど) 4. K 変化なし P アトピーになる 6. K 正常な感性 P 外に出なくなりさらに異常な感性になる 7. K 喘息でない P 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めましょう 解決法:体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 首なんかすげえ色素沈着 してたし。 アトピがあったから、なかなか求婚を 受け入れなかったって言われている。 2.その水疱瘡のウィルスを取り出しワクチンをつくる。 3.ワクチンを大量につくり、愛子ワクチンとして売り出す。 4.日本中の子供と親がワクチンを打ちたがる。 5.ワクチンバカ売れ。 6.日本の景気回復。 なにかいい治療法でもあるのかなぁ。 CACのエステも受けているらしい。 お産より辛かったってさ。 原因はろくに寝ないで釣り三昧で、免疫力低下したからです。 初めは ものもらいみないのが目にできて、それからブワッと顔中に広がった。 某医大の医師が ヤブで治療法間違え激化した。 抗生物質飲んだら一週間で治ったけど。 前に比べたら随分キレイになったから。 「帯状庖疹はアトピーやステと関係ない人もかかりますヨネ」。 って言ってみたかったの。 アトピー板に来たのは脱ステ中の彼女のリバウンドが今までで1番酷くて シーツや枕が粉だらけ・顔が粉だらけ ステロイドの事調べてたら、ここに来ちゃいました。 あれってアトピー関係あったんだ・・・ 彼女をがんばって支えてあげてね。 きっとそばにいて頭なでてあげるだけで彼女はうれしいよ。 でも皇室で、夏は水を飲むの控えて汗をかかなくするとかTVで やってたけど、公務ってもー完璧な姿を見せなきゃいかん感じなんでしょうね・・ 駅で結構近くで見たけど、そうアトピーっぽさ感じなかったけど、普通のキレイな 肌って感じでもなく・・・。 もっとカジュアルに生活できればいいのにねー。 もうすでにあごの部分にアトピーがあった。 ;;;;;;;;;;;;;. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ! ほとんどシャブ中。 そりゃ、30年やそこら俗世で生きてきた人間が皇居に隔離されんだ。 やってられんわな。 薬漬けで、免疫落ちて帯状に1000ペセタ。 完璧主義すぎて。 漢方や食事療法などの民間療法の事は推奨しません あと〇村医師が雅子様にしていた治療法は知りません。 大丈夫かな、雅子様は。 昔みたいに炎症後の色素沈着は 雅子様今はダイブなくなってるんだってさ。 サンクス。 オイラなんて唇にできた…。 白い水膨れができんの。 ご飯も食べれない、話するのもおっくうになるし・・。 雅子様かわいそう・・・。 雅子様は頭いいんだから、自分で勉強した方が良い方法がわかると思うけど。 病因が水痘の原因ウイルスであるVZVなんだよな。 私の場合、右背部から胸部にかけて出た。 神経痛も来た。 K 喘息でない P 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めようぜ 解決法:体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 鼻に変な違和感があったり、頭がぼおっとする時の解決法。 口をつぐんだまま、口の中で空間を作る、すると口の中に空気がたまるのでそれを吐き出す。 無論息が苦しくなったら、呼吸をして良い。 これを、100回くらい。 日本の中であっても、体力をつけると治るはずだが、 様々な理由により、霊界の存在がばれてしまい、 この失態が明るみになるので、治さないようにしている。 よって、絶対にアトピーを治すには、 海外に行き体力をつける。 もうアトピーとは 分からないぐらいにね。 >やっぱりだんだんと薬がいらなくなる感じですか? 理想だけどこんな方法は知らないんです。 あったら本当にいいのにね。 ニ、 、 、tヘヾi、 ヾミニソ. ;:' ,. l 、  ̄ ,! ヽヾ ,. ; ,. 政府がなぜこんなに急いで派遣しようとするのか理解できません。 (天国・霊界が喘息であるかないかを決める) 2. K 喘息でない人 A 喘息の人は は体力がある 体力がなくなる 3. K 変化なし A 行動力、五感(嗅覚)が鈍り感性が変化する。 K 変化なし A アトピーになる 6. K 正常な感性 A 外に出なくなりさらに異常な感性になる。 K 正常な人間 A 異常な人間(レッテル) 8. K 喘息でない A 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めようぜ 解決法:寝て起きて、やな気分でも、続けるけること。 体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 あとはウォーキング 2. 3時間を目安にウインドーショッピングや本屋めぐり 絶対に直す方法: よく海外に行ってアトピーが治る話を聞くが、基本的に日本の中のことだけなので、 海外に行くとほとんどの場合体力をつけると治る。 日本の中であっても、体力をつ けると治るはずだが、 様々な理由により、霊界の存在がばれてしまい、 この失態が明 るみになるので、治さないようにしている。 よって、絶対にアトピーを治すには、 海外 に行き体力をつける。 よって、我々の高尚で自由なる精神への回帰と達成のために政府に対し次の通り要求する。 沖縄県における天皇制の処分 2. 不必要な民族的アイデンテティーの継承拒否権 3. 沖縄米軍基地の処分 4. 義務教育英語に加え中国語を選択可能とする 5. 1国2制度の国家体制、および首相を2名とすること. 現実には、アトピーどころの騒ぎじゃないぞ。 雅子様は出産問題が原因の重度の鬱病。 遂には自殺を図るまでに至り、公務を休まれているんだよ。 自殺の手段及び、後遺症の有無までは知らないが、 復帰するまでには数年を要する模様。 場合によっては、末期の皇后様の時と同様に 一切の報道を、死ぬまで封印されてしまう可能性あり。 我々MMRより。 アトピー気質と言う言葉があり、 実際にアトピー患者の精神状態が、前向き、又は躁状態だと、 アトピー状態も良好、 だが、アトピー患者の精神状態が、後ろ向き、又は欝状態だと、 アトピー状態が悪化を始めると言われています。 ですから、雅子様は今危険な状態にあると言えます。 これから悪化を始める一つのきっかけとなるかも知れない、危険な状態であると言えます。 これは、我々MMRが考えるに、 単純にステロイド剤が効かなくなってきたことによる、(薬剤耐性) 物であると考えられます。 ステロイドは事実強力な麻薬であるからです。 雅子様の精神、肉体状態は今、よりもっと強力なステロイドを求めている、状態なのです。 ですが、これは、もちろん、麻薬が効かなくなってきたから、 変わりに、もっと強い麻薬で目先のハイを得ようとする、 麻薬中毒患者の心理と同じであると言えます。 これは、しばらくは良いというだけで、もちろん長期的には 破滅への道となるだけです。 今の雅子様の状態は精神、肉体、ともに、薬剤耐性でステロイドが効かなくなってきている 状態であり、心理状態、アトピー状態がともに実に危険なのです。 ここで、皮膚科医どもは確実により強力なステロイド剤を進めるでしょうが、 我々はもちろんこれを断固否定します。 では、どうするか、ここはやはり、脱ステをするしかないと思います。 脱ステの一つの権威である、深谷先生に掛かったり、日本オムバスの代表である小川先生に掛かったり するのが一番だと思います。 (我々MMRとしてはこれについては、良く解りませんが。 元気か? 俺たち心配してるんだから、返事くらいくれよ。 まったくこれだから皇族はお高くとまっちゃってよー、、、。 もうすぐ、試合が始まるな。 本当にこの国の皮膚科医療はどうなってんだよ。。 雅子様が同じように、バルトレックスを、服用しているとしたら、心配になってきます。 自分の掲示板にも、子供さんが、バルトレックスでSJSを、引き起こしたという方がいたし・・・ 帯状疱疹などのことについて、やりとりする掲示板を創りました。 (藁 子供中絶させる話、ごまんとあるよ。 一度中絶させれば、次からは自分からだまって茄子は 中絶しにいくようになる、っていってる香具師も いたよ。 子供作れば医者の妻の地位ゲットって思ってる茄子も、馬鹿だし。 超心配。 アンパンマンを正面から潰したような顔だもんな・・・。 それに引き換え次男の所はいい遺伝子もらってるよな・・・。 心が寒いよ、あんたは。 それかストレスやステ依存が並々ならぬほどなんだとしか・・・。 日本で一番恵まれた 医療を受けれる存在の方でさえ、あんな肌じゃアトピーに未来はないな。 脱ステを教えてあげたいよ。 23日の天皇誕生日に伴う行事、 新年一般参賀や歌会始など年始の宮中恒例行事もすべて欠席する。 医師や皇太子ご夫妻と相談した上で、静養を決めたという。 (略) 雅子さまは後頭部などに痛みを伴う発疹(はっしん)が出て、 3日に帯状疱疹(ほうしん)と診断された。 宮内庁病院に入院して点滴治療などを受け、 8日の退院後も住まいの東宮御所(東京・元赤坂)で薬をのむ生活を続けている。 以上共同通信[2004年12月12日20時30分更新](2003年12月15日 1:42:24) 1)帯状疱疹後神経痛 痛みの特徴は,発疹が出た部位の,表面のチクチクした,焼けるような,じりじりした 痛みであったり,奥の方のしめつけられるような,握りつぶされるような痛みであったり します.これらの痛みは持続しますが,ときに発作的に電気が走るような,撃たれるような 痛みに襲われます.痛みのために,睡眠障害,食欲低下,脱水症状を起こすこともあります. 経験談 後頭部の帯状疱疹後神経痛が最もきついのだそうです。 剣山の針を細くしたようなもので 後頭部をガンガンガンと続けざまに強打するような激痛が走ります。 それが24時間続くのです。 もう生きた心地がしませんでした。 『このまま死なせて』と母に何度も頼みました。 それ程の正に激痛だったのです。 極度の不眠症になり寝られない日が続いたのです。 このままの状態で親王が誕生しなければ、いずれ皇族男子がいなくなり、断絶してしまいます。 皇族に男子が40年も生まれていない。 推古天皇は聖徳太子がいたからなんとかなったんだろうな。 天皇に。 全然回復できないみたい。 やれやれ皮膚科学会も面目丸潰れだな。 あのアンパン顔もはや気づけよな・・・。 奥さん地獄に落とす気かねぇ。 実際に良く知ってもらうとアトピー患者がいかに生活に 気をつけているかは分かってもらえるけど、無神経に憶測で いろんな事言われるのが本当に辛かった。 ここのスレッドの人も憶測で勝手な事言ってるね。 ステロイドの副作用の治療はステロイド塗布中止=脱ステロイドである。 このことは皮膚科の標準治療派のアトピー治療のガイドラインやテキストに明記されている。 皇室だろうと一般だろうと、脱ステしなければならない時は脱ステしなければならない。 もっとも、雅子妃が脱ステ中かは、闇の中だが・・・。 宮内庁側近: お世継ぎは男児でないと何かと不都合。 外遊する暇があったら男児を作れ。 の対立で引き篭もってんだろが。 アトピーなんざ関係ねえよ。 首なんかすげえ色素沈着 してたし。 アトピがあったから、なかなか求婚を 受け入れなかったって言われている。 また,帯状疱疹は,高齢になるにつれて, 免疫力が低下して発症することが多い。 同科の帯状疱疹の患者を年齢別に見ると, 最も多いのが50歳代で,その次は20歳代となっている。 本田講師は「20歳代の患者の原因を調べると,アレルギー体質やアトピー素因の患者が 圧倒的に多い。 もともとアレルギー体質やアトピー素因の人は,液性免疫の亢進により 細胞性免疫が普通の人より落ちている傾向がある。 ツベルクリン反応も陰性のことが多い。 そのような人は,帯状疱疹になりやすい」と説明している。 結婚当初から週刊誌などで報道されている。 今、急遽に話題に なった訳ではない。 >んで話に尾ひれがついて、ステ漬けだのプロ漬けだの、 >ステでコントロールが無理とか言いたい放題いってるし これはその通りだ。 >むちゃくちゃだな 2ちゃんねるだからな。 TVの画面でハッキリと酷さが判ったけど、私はアトピーとは知らなかったので これはナンなんだろう?ご成婚の日はどうするんだろう?と心配でした。 ご成婚の日はなんともなかったけど、後日に雅子さまはアトピーなのでステロイド で治した(と言うより、ステロイドで消した)と知りました。 ってか、他の病気のホルモン治療でも不妊の要因になるよ。 そう、不妊治療の為のホルモン治療ですら、副作用は不妊なんだ・・・。 アトピーはストレスが原因で起こる自律神経異常による皮膚炎、自律神経を上手にコントロールできるようになる成年期にはほとんど出なくなる。 ステロイド皮膚炎は薬のステロイドが体内で残って悪してる皮膚炎。 ステが体から排出されない限り治らない。 それだけニーズ&ステ依存者が潜在してるってとこ。 青年期になって治るのは、胃腸が丈夫になって代謝がうまく機能するように なったからだと思う。 例えとかでもいいですけど。 実際にはそんなことは無いだろうから、根拠は無いと俺も思う。 別に統計を見たわけじゃないよ。 ただなんかステの使用量が増えたから 重症あるいは成人型アトピーも増えたってのは、完全否定できないんじゃないかな。 こないだのスパスパだっけ?視力回復特集見ていて思ったんだけど。 「メガネが普及したから現代人はこんなに近視が増えたんじゃないかな」 と真剣に思ったよ。 そりゃQOL維持のためにはメガネ必要だろうな。 でも真剣にトレーニングすれば視力は回復するものだとも思った。 ボーズ頭は虱、しらくも 顔ははたけ、にきびetc.ちょい南米の インディオっぽいというか。 不安や抑うつ気分が現れ、公務を行うのが困難な状態というが、徐々に回復の兆候がみられるとした。 雅子さまの詳しい診断結果が公表されるのは初めて。 同庁は6月に国内の代表的な医師を加えて医師団を整備。 不安要因を減らす「環境調整」と医師と話すことを通じて問題解決を図る「精神療法」を 治療の中心とし、薬物療法を併用しているという。 雅子さまは昨年春ごろから、立ちくらみや頭痛などを度々感じるようになったといい、昨年12月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)で 宮内庁病院に一時入院した後は公務を休んでいる。 雅子さまの病状を巡っては5月に皇太子さまが記者会見で、雅子さまの「キャリアや人格を否定するような動きがあった」と 異例の指摘をするなどしており、宮内庁は公務の見直しなどを表明している。 今回の発表に関し、林田東宮大夫は数日前に医師団から「適応障害」と聞き、皇太子ご夫妻と相談のうえ公表を決めたことを 明らかにした。 天皇、皇后両陛下にも報告しているという。 今後の治療に関しては「まずは心のエネルギーを高めるような私的活動を優先していただく」と説明。 「治療的な観点から望ましくない影響を与える可能性が高い」として、メディアの取材を当面控えるよう求めた。 不安や抑うつなどの情緒的、不眠やけん怠などの身体的、 遅刻・欠勤、過剰飲酒などの問題行動などの症状が出る場合がある。 治療は原因となるストレスを軽減し、適応しやすい環境を整えることやカウンセリングを行う。 症状に応じ、薬物療法が必要な場合もある。 不安や抑うつ気分が現れ、公務を行うのが困難な状態というが、徐々に回復の兆候がみられるとした。 雅子さまの詳しい診断結果が公表されるのは初めて。 同庁は6月に国内の代表的な医師を加えて医師団を整備。 不安要因を減らす「環境調整」と医師と話すことを通じて問題解決を図る「精神療法」を 治療の中心とし、薬物療法を併用しているという。 雅子さまは昨年春ごろから、立ちくらみや頭痛などを度々感じるようになったといい、昨年12月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)で 宮内庁病院に一時入院した後は公務を休んでいる。 雅子さまの病状を巡っては5月に皇太子さまが記者会見で、雅子さまの「キャリアや人格を否定するような動きがあった」と 異例の指摘をするなどしており、宮内庁は公務の見直しなどを表明している。 今回の発表に関し、林田東宮大夫は数日前に医師団から「適応障害」と聞き、皇太子ご夫妻と相談のうえ公表を決めたことを 明らかにした。 天皇、皇后両陛下にも報告しているという。 今後の治療に関しては「まずは心のエネルギーを高めるような私的活動を優先していただく」と説明。 「治療的な観点から望ましくない影響を与える可能性が高い」として、メディアの取材を当面控えるよう求めた。 不安や抑うつなどの情緒的、不眠やけん怠などの身体的、 遅刻・欠勤、過剰飲酒などの問題行動などの症状が出る場合がある。 治療は原因となるストレスを軽減し、適応しやすい環境を整えることやカウンセリングを行う。 症状に応じ、薬物療法が必要な場合もある。 お前らアト板の面汚しだ。 純粋に質問です。 それを全くわかっておいででない。 したいこと、楽なことをなさりたいだけ。 紀宮さまも手を引いてしまわれた。 そうとでも思わなければやりきれない。 もう治ったので使ってませんが 両方とも使ったことあります。 早く良くなって下さい。 皇居内にある、一般の人でもいける博物館で、皇后がお育てになった蚕から 作られたものを展示しているみたいですが、皇太子夫妻はお出ましにならないみたい。 皇后は、秋篠宮妃紀子さまと、眞子さまと佳子まさに任せようかなと思っているみたい。 バルトレックスをもらいましたが、保険きいても一週間で約1万もするのですね。 しかもあんま効果ないので毎日激痛とたたかってます。 でも仕事も休めないのでなんとかやってますがつらいです。 出来物潰す癖があるんだが、我慢して跡が残らなかったのには嬉しかったよ。 そういえば、なんで入院中は一つもニキビ出来なかったんだろう。 病院の食事が良かったんだろうか。 でも、映像はありません。 本来トリコモナスの治療に使う抗原虫剤ですがなぜこれがにきびやアトピー性皮膚炎 に効くのかメカニズムは解明されていないまま使われています。 www. itch. jp この会社ではメトロニダゾールの皮膚炎に対する研究をしています。 雅子はその一人、宮内庁にクレームばかり言っていたそうだ。 トーク帽、コート、ハイヒール、ワンピース、かばんと何もかも黄色。 秋篠宮妃殿下のときは、昭和天皇の喪中だったので黒のワンピース。 寛仁親王妃信子殿下は25歳だったのでピンクと年のあった、状況に あった色で望まれている。 色の専門家がいっていた。 黄色を着る人は自己主張が激しいと。 少し安心しました・・・ 月曜に病院行って来ます。 レス、ありがとうございました。 結構薬代高いよ 引いてくるまでに1週間以上掛かることが多い。 根本が治っても神経を痛めている場合は痛みだけが長く続くこともある。 3ヶ月だったか以上続く場合を「帯状疱疹神経痛」と言って 年単位で長引くこともあるから早めに受診することをお勧めします。 要は神経が痛むわけだから。 ウチのおっかさんは出産より痛いって言ってたし、テレビでミッキーカーチスが 「人生で一番痛かったのは帯状疱疹」って言った位だから。 205さんがおっしゃるように神経痛のような痛みもあり この痛みがすごく辛いです。 明日、朝イチで病院へ行って来ます。 205さん、206さんありがとうございました。 数日したら腫れてきたです。 水ぶくれからかさぶたになり 毎日打っていた注射もなくなったばかりなのに かさぶたの横へ新たなシマが・・・(涙) 痒みも痛みも辛いけど 今の時点でもう2メーン超えた治療代にまた涙。 私はアトピーではないのですが、病院では水ボウソウになったことがある人ならみんなそのウイルスを持っていて、極度のストレスと過労から来ると言われました。 再発するのは極マレで、明後日また来て下さいって言われました。 私は、帯状疱疹神経痛が残ってしまい外出もままなりません。 ヘルペスの知人が居るので違いを述べてみました。 以前は、雅子さんが出てこないのは精神的なものかと思っていました。 今は違います。 報道では疲れが…と出ますが、それも有りますけれど 痛いのです。 火傷のような痛みや内臓まで響く痛み・・・ 無職になってしまいましたが、もう暫くは仕事に就けそうにもありません。 腰痛・左背筋痛・左脇腹痛で整形へ行っていたが、 体調がよくなったっぽいので皮膚科へ行ったら背中と脇腹の原因は帯状疱疹と言われた。 水疱瘡のウイルスが神経に沿って出て(だから帯状に出る)神経を 破壊したりするので痛いらしいのですが、中には傷み・かゆみの無い人も居ます。 私がそうだったのですが、(背中に帯状の発疹が出た。 少し痒かった) 医師に上記の説明を受けました。 痛くないというのは不幸中の幸いとでも・・・ ヘルペスでも壊疽レベルや粘膜に出来るのは相当痛いとか。 食事もあまり食べられないし眠れない。 婚約の時から首が黒くてザラザラな感じだった。 その後治療して結婚式の時はだいぶ綺麗だったけど。 腰の辺りにできてて、めっちゃ痛い。 前にもダイアフラジンでやったけど、 やっぱ原因はブフェキサマクだったのか! でもむかし、アンダームとステを交互に処方されてた時は大丈夫だったのに、 と、ここで、はたと気がつく。 アンダームで炎症つくりステで抑えてただけだったのでは??? 帯状疱疹のときってステもプロも使えないよね。 この小説は日本の雅子皇太子妃を拉致するという 架空の事件を通し、明成皇后殺害という日本帝国の陰謀と蛮行を露わにするのが基本的あらすじである。 東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか 慎重な検証が必要と考えます。 伯母上、皇位は余がいただく。 , ヽ、 ー' /. 裁判で安易に人の命を奪うのは危険だ。 巧妙な責任転嫁の可能性が否定できない。 コンプライアンス(憲法遵守、法律遵守)を大学や地域が 地下で根底から失えば、人間を「食肉」やモノとして見るイデオロギーが強まり、 医学部がナチス化する可能性が出てくるだけでなく(以下URLの投稿106)、 化学系学部がサリン製造場所(以下URLの投稿60)になりうる可能性すら出る。 一旦、憲法や法律を地下で蹂躙した「カルト学校」(以下URLの投稿117)で教育を受ければ、 憲法や法律を守らない人材に人格改造され、就職や結婚時等に 文明共生論を適用させる事の論議が必要な状態となりえ、若い人にデメリットは大きい。 以下URLにおいて、若い人も含めた積極的な論議を行っていただけないでしょうか。 外交では使えないってことですよ。 皇族は憲法で政治活動は制限されてますから外交はできません。 外務省のキャリアであらせられる雅子妃がそんな基本的なことも知らなかった…んだろうな、やっぱり。 いったいなんだったのだろう。 どこか勇気ある週刊誌の方、ぜひ理由を教えてください。 ただし、反日小説の主人公としてだが……。 小説の作者はベストセラー作家の金辰明氏(44)。 民族主義的な大衆小説で今やモテモテの人物だ。 代表作は韓国で200万部以上も売れた『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』。 侵略戦争を仕掛けた 日本に韓国が核ミサイルを撃ち込む近未来小説だ。 で、今回の小説のタイトルは『皇太子妃拉致事件』。 7月19日の発売後、早くも5刷を重ねる人気ぶりだ。 全南大学講師の水野俊平氏によれば、小説は日韓の教科書問題から始まる。 「韓国はユネスコに教科書問題を訴えるが、成果が出ない。 電報は1895年に起きた李氏朝鮮の閔妃暗殺に関するものだ。 だが、外務省は頑なに公開を拒むのだった。 その後、犯人は韓国人留学生(閔妃とともに殺された人物の曾孫)と判明。 「指示を出したのは、在日韓国人牧師。 閔妃殺害のとき敵前逃亡した近衛兵隊長の曾孫でした。 彼は曾祖父の悪行を償い、事件の真相を暴こうとしたのです」 皇太子妃は奈良県の牧師宅に監禁されていた。 そこを警察が襲い、留学生は射殺、牧師は重傷。 「雅子さまはすぐに外務省から電報を入手。 彼女はユネスコの教科書審査で、電報を暴露。 産経新聞の黒田勝弘・ソウル支局長は手厳しい。 「電報の内容は、以前から噂されており、極秘でも何でもない。 拍子抜けしたね。 これに限らず、韓国の小説では天皇陛下が即位のパレードで李王家の末裔に狙撃されるなど、 皇室も書かれ放題。 かく言う私も、日本の世論を煽る悪役としてよく登場するのですが……。 ちなみに金辰明氏は若者に絶大な人気があるんですよ。 いかに、金辰明氏が人格がゆがんでいるか分かります。 明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国なるものは、 それらの大謀略を経て築かれた偽政体であった。 このような大異変は、 日本民族のそれまでの歴史の流れから、絶対に生まれるはずのない性質のものである。 それは何故なのか? なぜ、起きたのか? そしてその本質は何なのか? 今や、この問題に答えを出さなければならない秋は来た。 本書はこの平成の御代まで連綿と続く、西洋かぶれ売国奴政治屋の悪辣悪行をあぶり出し、 家畜・羊の群れと堕した現代日本人に強い覚醒を促す書である。 内容(「MARC」データベースより) 明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国とは、 大謀略を経て築かれた偽政体であった。 「孝明天皇父子弑逆」 「大室寅之祐明治天皇スリ替え」など、長州売国奴が封印した日本史の超タブーを暴く。 逮捕がないと法治国家が成立しないものと 学術分析できる。 国家と国民との間の絶対契約(日本国憲法)を確信犯的に破壊し、 多くの国民をサリン人体実験犯罪などで殺したナチズム被疑。 国民を人体実験に使って次々と殺した被疑。 形を変えて同じような事が国内で繰り返されている。 情報テロ被疑も殺人に近い犯罪水準。 国内で進む国内先住民による大量殺人事件(赤ん坊も対象に含めた人喰い)を北朝鮮拉致と言い張る犯罪性。 こんなやり方は許されない。 暴力団より遥かに悪質な暴力犯罪被疑がニセ皇族にある。 人間を何だと思っているのか。 【東大解体論】東大は日本を潰している。 統治行為論の範囲を遥かに超えた国家ナチ犯罪。 オウム大量殺人・・・東大農学部犯罪(20人以上毒殺、6000人以上、重軽傷)。 皇族テロ。 秋田県立大の鈴木・松永・石川・松本らの逮捕が必要 天皇機関説・・・・・東大法学部犯罪(美濃部達吉)長州藩部落住民系のニセモノ皇族が凶悪なテロ犯罪実行。 テロ官庁となった宮内庁の解体が必要。 クローン人間作成容疑・・・東大医学部(ニセ皇族等へのクローン導入容疑、ナチ手法による生命尊厳破壊、インフォームドコンセント破壊) 第二産業革命特許の強盗・・東大工学部犯罪(AIST)&東大経済学部犯罪(経済産業省)、FT合成軽油(GTL)は時空操作を使った悪質な不正。 評論家ナチ犯罪・・・・・・東大文学部犯罪(情報テロ犯罪:立花隆犯罪他、逮捕が必要)。 憲法を破壊したナチ盗聴に基づく多数の評論家犯罪者の横行。 作家ナチ犯罪・・・・・・・東大文学部犯罪(情報テロ犯罪:大江健三郎犯罪、違法盗聴で逮捕が必要)。 多くの小説・映画・TVドラマがナチ盗聴題材犯罪。 マスコミ犯罪・・・・・・・東大文学部犯罪(NHK等による虚偽報道。 悪質な大本営発表を繰り返し事実上、殺人罪の共犯)。 ジャーナリズムを殺した。 北朝鮮拉致捏造犯罪・・・・東大法学部犯罪(外務省犯罪、平沢代議士、佐々淳行他は国内先住民の大量殺人を幇助。 よって殺人罪共犯) 東大文学部犯罪(中山元参与も国内先住民による大量殺人を幇助:よって殺人罪共犯。 ヒットマンではなく 直接してやる。 覚悟しろや。 このまま柵のついた窓がある病院で一生を終えるなんてイヤだ。 自分の中では療養という気持ちが強かったものですから, いまニートと言われまして,ああニートなんだなというふうにまず思いました。 自分の中では交代し夫人という気持ちが強かったものですから, いま12年目と言われまして,ああ10年目なんだなというふうにまず思いました。 自分の中では大殺界の酉年という気持ちが強かったものですから, いま幼稚園の送迎と言われまして,ああ幼稚園の送迎なんだなというふうに まず思いました。 自分の中では送迎は職員の仕事で当然という気持ちが強かったものですから, はい。 いま風邪と言われまして,ああ風邪なんだな というふうにまず思いました。 自分の中では仮病という気持ちが強かったものですから, いま意地の悪い馬鹿と言われまして,ああ意地の悪い馬鹿なんだなというふうに まず思いました。 自分の中ではただの馬鹿という気持ちが強かったものですから, はい。 いま10時と言われまして,ああ10時なんだなというふうに まず思いました。 自分の中では9時という気持ちが強かったものですから, いま「暇なんですね」と言われまして、ああ暇なんだなというふうにまず思いました。 自分の中では「自分探し」という気持ちが強かったものですから、 雅子様の明日と言われまして,ああ明日なんだなというふうにまず思いました。 今もアトピー酷いのかな? 紀子さんなんて健康そのものだから 比較されて大変だろうに。 男児も生みそうだし。 「触るとすげー痛いできもの」がいっぱいできる病気だよ。 子宮の病気かなんかあるらしいから。 いいよ。 女の子で。 犬と抱き合ったりキスしたり考えられないような不潔な ことやってりゃ奇病にもなるわな。 その多くは「適応障害」でご静養中の雅子妃に対し、「ワガママ病」「皇太子妃としての自覚がない」と批判するものだった。 実は雅子妃は、平成十五年に長期静養に入られてから、文字を集中して読むことは治療上好ましくない、と医師に指導されていた。 ところが、昨年秋ごろには、体調が良いときは新聞などをご覧になるまでに回復されてきたという。 そのため、こうした記事が、雅子妃の目に触れてしまったのだ。 「批判記事を読んだ妃殿下は大変なショックを受けられ、寝込んでしまわれたといわれています」(東宮職員) 問題は、単に雅子妃が受ける精神的ショックだけではない。 こうした精神的ショックが、「適応障害」治療そのものの妨げになりかねないことだ。 長期ご静養に入られて三年目。 ご体調は回復傾向にあるものの、未だに行事を欠席せざるをえない不安定な状態だ。 公務に完全に復帰されるにはまだ時間がかかるという。 「ご体調の良いときと悪いときの波が激しく、悪いときは全身につよい倦怠感があって力が入らないため、目覚めても起き上がれないといいます。 ご病気前はあれだけきちんと身の回りのお支度をされていた妃殿下が、お化粧もお着替えになるのも億劫だというのは、よほどおつらいのでしょう。 愛子さまとお過ごしの時も、立っているのがやっとという日があって、壁に寄りかかるようにしながら愛子さまの様子を見守っていらっしゃいます。 その多くは「適応障害」 でご静養中の雅子妃に対し、「ワガママ病」「皇太子妃としての自覚がない」と 批判するものだった。 実は雅子妃は、平成十五年に長期静養に入られてから、文字を集中して読むこ とは治療上好ましくない、と医師に指導されていた。 ところが、昨年秋ごろには、 体調が良いときは新聞などをご覧になるまでに回復されてきたという。 そのため、 こうした記事が、雅子妃の目に触れてしまったのだ。 「批判記事を読んだ妃殿下は大変なショックを受けられ、寝込んでしまわれたと いわれています」(東宮職員) 問題は、単に雅子妃が受ける精神的ショックだけではない。 こうした精神的シ ョックが、「適応障害」治療そのものの妨げになりかねないことだ。 長期ご静養に入られて三年目。 ご体調は回復傾向にあるものの、未だに行事を 欠席せざるをえない不安定な状態だ。 公務に完全に復帰されるにはまだ時間がか かるという。 「ご体調の良いときと悪いときの波が激しく、悪いときは全身につよい倦怠感が あって力が入らないため、目覚めても起き上がれないといいます。 ご病気前はあ れだけきちんと身の回りのお支度をされていた妃殿下が、お化粧もお着替えにな るのも億劫だというのは、よほどおつらいのでしょう。 それでも、周囲に気を使われるご性格のせいか、つらい、と弱音は決 しておっしゃらずに微笑まれるのです。 しかし、声はか細く、目に力がな いご様子を見ておりますと、ご回復にはまだ時間がかかるかもしれないと 思いました」(雅子妃と会ったご学友) 宮中祭祀を続けて欠席されているのも、その重要性は十分に理解してお られるが、長時間に及ぶことと、暗所に恐怖感を抱かれるためだという。 しかし、「適応障育」という病名が一般的ではないため、どうしても病 状の理解は得られにくい。 またご病状の回復に伴って雅子妃の私的外出が 増える一方で、体調の急激な変化から行事を突然キャンセルされることも 重なり、宮内庁詰めの記者たちからは、医師団に正確な説明を求めたいと いう要望が出されていた。 ところが、この(医師団の見解)文書が、さらなる波紋を呼ぶことにな ってしまった。 「雅子さま『誕生日の乱』」(週刊文春05年12月22日号) はこの文書を「皇室不適応宣言」と名づけ、(取りようによっては、雅子 さまが皇室という「環境」、にはっきり「NO」をつきつけた文書とも読 めるのである)と書いた。 宮内庁幹部の「昨年五月の皇太子殿下の『人格 否定発言』以来のゴタゴタもようやく収まってきたところなのに、どうし てまたひっくり返すようなことをなきるのでしょうか」というコメントも、 記事中に紹介されている。 この医師団の見解文書に対しては、他にも同様の趣旨の記事が続出した。 たしかに病名が「適応障育」であり、(医師団の見解)では「公務」や 「育児」などが例示されてはいるものの、原因が「環境によるストレス」 である以上、環境=皇室そのものに雅子妃が適応できないとする読み方も ありうる。 しかし、問題はこれらの記事において、(医師団の見解)は、皇太子ご 夫妻の意向が強く反映された内容で、お二人が周囲の反対を押し切って 「医師に出させた」、さらには「雅子妃が書かせた」という見方がされて いることだ。 雅子妃自身が、皇室に適応できないというメッセージをわざ わざ国民に伝えている、というのだろうか。 実は、医師団による説明は、雅子妃が長期静養に入られた後、平成十六 年の春からすでに検討されていた。 しかし、その時点ではまだ雅子妃に 病名が告げられておらず、治療計画もさだまっていなかったため、秋に 予定されていた発表は延期されたのだった。 だが、宮内記者会から、医師団による説明を求められており、また、 ご静養から二年が経過して、雅子妃のご体調は愛知万博に出席されるなど 徐々にではあるが回復傾向にあった。 さらに、精神的な病がどれほど苦痛 を伴うものか理解を得たいといった三つの理由から、今回の発表となった のだった。 専門医のサポート体制の整ったいま、「不適応宣言」を望む意味はどこ にもない。 よりよい治療ができる環境を整えたい医師団が「詳しい説明を 出す必要がある」と判断して文書を作成し、それを皇太子ご夫妻が認めたのである。 1年半の治療体制の空白 雅子妃は、平成五年に皇室に入られたときから、お世継ぎを求める声は 十分に自覚されていた。 お世継ぎの重要性はもとより理解されていたが、 なかなか子宝に恵まれなかった。 だが周囲は、必要以上に強い物言いで、 雅子妃の心を深く傷つけた。 それでもご夫妻は積極的に何度も妊娠検査を受けられ、平成十三年十二 月、待望の内親王殿下がご誕生された。 雅子妃は会見で「生まれてきてく れてありがとう、という気持ちになりました」と涙ぐまれ、皇太子がそっ と肩に手を添えられた。 しかし実のところ、ご出産後すぐに「第二子を」という話が持ちあがっ ていた。 お世継ぎをという周囲の希望は理解できても、産後すぐの雅子妃 は精神的に余裕がなく、さらに外国訪問や地方行啓を含めた多くのご公務 が続いたため、肉体的にも限界を感じられる状況にあった。 そして、いつしか、 心の闇に陥っていったのだった。 ようやく現在の精神科の医師を主治医として迎え入れることができたの は、平成十六年五月、皇太子の「人格否定発言」の後だった。 雅子妃への 専門的な治 いま振り返ってみれば、皇太子が批判をおそれず「人格否定 発言」をされた意味は、雅子妃のご病気の様子をいくら訴えても聞き入れ てもらえなかったため、一刻もはやく、専門医による治療体制と宮内庁の サポートを求めるお気持ちが大きかったのではないだろうか。 今回の医師団の見解からも、治療を開始した当時の、ご容態の悪さがう かがわれる。 (医師団は、この一年あまり治療に携わらせていただきましたが、妃殿下 がこれまでに直面されてきたストレスは、医師団の想像以上に強いもので あったということをあらためて実感しております) 皇太子の「人格否定発音」も、医師団の見解も、確かに皇室の伝統から いえば前例がないことだろう。 しかし皇太子の「治療体制作り」の訴えに 続き、今回は「治療への理解」を求めて、あえて医師団が発言したのだっ た。 繋留流産を経ての、待望のお子様誕生に、皇太子ご夫妻はこの上なくお 慶びだった。 だが、ご出産前にも増して多くの公務をこなさねばならなか ったうえ、産後の肥立ちもあり、雅子妃のご体調はすぐれなかった。 そこ で東官大夫と電話でお話しになり、公務についての再考をお願いされたと いう話は、当時、取材を重ねていた私の耳にも届いていた。 しかし、「皇 太子妃を辞めます」などという発言は今日に至るまで聞いたことがない。 今回の「離婚説」という記事を受けて、改めて取材した。 「あの頃の妃殿下は、育児と公務の両立にとても悩まれていました。 妃殿 下は、ある一定の時期までは、母親としてなるべく子育てに取り組みたい とお考えになっていました。 また、公務が一回限りで終わってしまうよう な継続性のないものが多く、お二人が主体的に関われるものではないこと も、残念に思っておられました。 そこであえて電話のなかで、公務の在り 方を検討していただけないかと伝えられたようです。 しかし、決して『辞 めます』などとはおっしゃっていません。 宮内庁も、この記事に対しては「皇太子妃を辞め ます」などという電話は事実無根と、編集部に抗議を申し入れているとい う。 雅子妃のご体調が悪くなった頃に東宮職の人事異動があり、いまやご静 養中の雅子妃しか知らず、以前の快活なご様子はわからないという幹部や 職員もいる。 宮内記者会にしても、最近異動してきた記者は、雅子妃の会見を直接見 る機会がない。 行事などの当日キャンセルが繰り返されるたびに、待機さ せられたり情報の裏取りに駆け回らねばならず、不満が蓄積していったと いうこともあろう。 雅子妃の関係者にむかって「このままわがままが続け ば、皇室を去らなくてはならない日が来るでしょう」と言い切る記者まで いた。 また、「離婚鋭」の記事が続出しているのは、皇室典範改正問題がから んでいるという指摘もある。 女系天皇容認か、否かという論議が盛んだが、 万が一、皇太子ご夫妻の離婚、さらに皇太子ご再婚で男子誕生となれば、 問題が一挙に解決すると考える人々がいるのだという。 その真偽のほどは わからないが、有識者会議が報告書をまとめた十一月以降に、バッシング 報道が激しくなってきたことも事実である。 また、(東宮職医師団の見解)文書にもあったが、雅子妃は、遊ぶこと や楽しむことを罪悪と感じる傾向があり、うまく気分転換ができないこと があった。 そこで、気晴らしやリラックスする方法を身につけることも、 課題として設定されている。 乗馬をはじめ、スキー、テニス、スケートといった運動や、親族と会わ れるなど私的外出は、単なる楽しみのためではなく今後の生活を潤滑にす るための治療の一環として行われている側面がある。 雅子妃ご自身は、 公務を休んでいる状況での私的外出に抵抗を示されたが、医師のすすめに 従って取り組まれている。 「昨年十二月二十四日丸の内のイルミネーショ ン『ミレナリオ』を見に、ご家族でドライブに出かけたことが批判されま したが、これも、御所という限られた空間だけでなく、外の環境や雑踏に 慣れるためのものでした。 これまでの『嫌だ』という記憶を、『良い』と感じられるよう塗り替える ことが課題なのだそうです」(東宮職員) 幼年期の楽しい思い出を追体 験し、自信を回復することも、治療のひとつである。 雅子妃は、幼いこ ろ恐竜が大好きだった。 アメリカ生活でも、科学博物館に行くと恐竜の展 示物に夢中になり、恐竜図鑑を記するほど繰り返し読んだという。 そこで、 私的外出先として、台東区の国立科学博物館の恐竜博が選ばれた。 さらに 小学生のころ、将来の夢は「獣医になりたい」と書かれたほど動物好きだ ったことから、馬や犬などと触れ合う動物介在療法も取り入れた。 心の病気は、他人にはなかなか理解が難しく、完治するまでに時間がか かるため、家族のサポートが非常に重要である。 長引けば長引くほど周囲 も諦めてしまうという難しさがあるが、皇太子は常にあたたかく力強く支 えられている。 愛子さまとの心の交流がしっかりとあることや、天皇皇后 両陛下が見守ってくださっていることも治療の大きな助けになっていると いう。 治療のひとつである「乗馬」も、美智子皇后が二年前に勧めてくださっ たことがきっかけだった。 「雅子妃はとてもお喜びになって、皇居の馬場で乗馬をされたところ、 治療の効果がすぐに現れたのです」 東宮職員 医師団の判断から、現在は私的活動で活力を取り戻すことを最優先して いるが、雅子妃本人は公務を休まれていることを大変気にされていること や、一日も早く復帰したいという願いから、行動療法のなかに、多少無理 をされても「公務に慣れていく」というトレーニングが加えられた。 太陽が照りつける夏 という季節はご病気の雅子妃にとっては大変な負担である。 しかし、当日 になってまた取り止めれば関係者に申し訳ないという気持ちから、病をお してご出席されたのだった。 緊張して臨まれた久しぶりの公務を、「ぶす っとして不機嫌そうだった」と報じたメディアもあった。 しかし雅子妃に とっては、大きな一歩だった。 現在でも、午前と午後に及ぶ長い公務や、連日のご出席はなかなか難し いという。 午前中に発熱や嘔吐があっても点滴を受け出席されたことも あるが、周囲に知らせることはできないため、その時々のご体調について 理解を得ることは容易ではない。 今年、元旦の祝賀の儀と翌二日の一般参賀に連日で出席されたのも、 昨年は一般参賀だけだったことを考えれば、治療は効果をあげているとい えるだろう。 だが、歌会始の儀は長時間にわたるため、御歌は詠まれたが、前々から 欠席が決められていた。 同じ日の午後に乗馬治療があったのだが、これを 「宮内庁が蒼くなった.雅子妃『皇居で乗馬』事件」(週刊ポスト06年2月 3日号)は、(宮内庁も慌てふためき、すぐに東宮職に確認の連絡を入れた という。 そして記者クラブ内でも、あからさまに『公務を欠席しておきな がら、当日の午後、同じ皇居の中で乗馬はないだろう』と驚きの声が上が ったという)と、批判した。 実際は、二年前から毎週木曜日が乗馬治療の日と決められており、馬の 手配の都合があったため、予定どおり皇居の馬場に向かわれたのだった。 主治医にとっても、皇室の行事を考慮しながら治療計画をたてるべきか、 しかし行事を優先すると治療が遅れ、結局は復帰が遅れる、という選択の 難しさがある。 一般人ならば、会社のストレスで障害になった場合、休職療養中に近所 を散歩しても、具合が悪ければ横になっていてもいい。 しかし雅子妃の 場合は、いわば「会社」のなかで治療せねばならず、その様子は衆人の目 にさらされているようなものだ。 公私の別が難しいなか、治療方法の選択 はいかにも難しい。 中国系アメリカ人のおもちゃにされて、裸写真まで撮られていた女が皇太子妃w さらには、外務省の中年上司の不倫相手になってアヘアヘいっていた女。 オックスフォード時代、不倫相手の子供を中絶してしばらく休学してたらしいな。 そのころから子宮はもうダメになってたんじゃねーの? それともクラミジアかなんかに感染して卵管でも詰まってたのかね。 生理があっても子宮がボロじゃ妊娠を継続するのは難しいもんな。

次の

【黒バス嫌

なーくん 嫌 われ 小説

別にアトピーである事は恥ずかしい事でも なんでもないでしょ。 また,帯状疱疹は,高齢になるにつれて, 免疫力が低下して発症することが多い。 同科の帯状疱疹の患者を年齢別に見ると, 最も多いのが50歳代で,その次は20歳代となっている。 本田講師は「20歳代の患者の原因を調べると,アレルギー体質やアトピー素因の患者が 圧倒的に多い。 もともとアレルギー体質やアトピー素因の人は,液性免疫の亢進により 細胞性免疫が普通の人より落ちている傾向がある。 ツベルクリン反応も陰性のことが多い。 そのような人は,帯状疱疹になりやすい」と説明している。 (神が喘息であるかないかを決める) 2. K 喘息でない人 P 喘息の人は は体力がある 体力がない 3. K P 行動力、 五感(嗅覚)が鈍り感性が変化する。 (例えば誰でも灯油のにおいの感覚は理解 するが、 キーボードの匂いをかぎ分けるのは、 体力のない人間には難しい。 体力のある人間は様々なにおいをかぎわけるが、 体力のない人間は強い匂いにしか反応できない。 神の目からは、繊細さに欠ける様に見える。 この 五感鈍化が病気につながるケースは様々な病気に 当てはまる可能性がある:アルツハイマーなど) 4. K 変化なし P アトピーになる 6. K 正常な感性 P 外に出なくなりさらに異常な感性になる 7. K 喘息でない P 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めましょう 解決法:体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 首なんかすげえ色素沈着 してたし。 アトピがあったから、なかなか求婚を 受け入れなかったって言われている。 2.その水疱瘡のウィルスを取り出しワクチンをつくる。 3.ワクチンを大量につくり、愛子ワクチンとして売り出す。 4.日本中の子供と親がワクチンを打ちたがる。 5.ワクチンバカ売れ。 6.日本の景気回復。 なにかいい治療法でもあるのかなぁ。 CACのエステも受けているらしい。 お産より辛かったってさ。 原因はろくに寝ないで釣り三昧で、免疫力低下したからです。 初めは ものもらいみないのが目にできて、それからブワッと顔中に広がった。 某医大の医師が ヤブで治療法間違え激化した。 抗生物質飲んだら一週間で治ったけど。 前に比べたら随分キレイになったから。 「帯状庖疹はアトピーやステと関係ない人もかかりますヨネ」。 って言ってみたかったの。 アトピー板に来たのは脱ステ中の彼女のリバウンドが今までで1番酷くて シーツや枕が粉だらけ・顔が粉だらけ ステロイドの事調べてたら、ここに来ちゃいました。 あれってアトピー関係あったんだ・・・ 彼女をがんばって支えてあげてね。 きっとそばにいて頭なでてあげるだけで彼女はうれしいよ。 でも皇室で、夏は水を飲むの控えて汗をかかなくするとかTVで やってたけど、公務ってもー完璧な姿を見せなきゃいかん感じなんでしょうね・・ 駅で結構近くで見たけど、そうアトピーっぽさ感じなかったけど、普通のキレイな 肌って感じでもなく・・・。 もっとカジュアルに生活できればいいのにねー。 もうすでにあごの部分にアトピーがあった。 ;;;;;;;;;;;;;. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ! ほとんどシャブ中。 そりゃ、30年やそこら俗世で生きてきた人間が皇居に隔離されんだ。 やってられんわな。 薬漬けで、免疫落ちて帯状に1000ペセタ。 完璧主義すぎて。 漢方や食事療法などの民間療法の事は推奨しません あと〇村医師が雅子様にしていた治療法は知りません。 大丈夫かな、雅子様は。 昔みたいに炎症後の色素沈着は 雅子様今はダイブなくなってるんだってさ。 サンクス。 オイラなんて唇にできた…。 白い水膨れができんの。 ご飯も食べれない、話するのもおっくうになるし・・。 雅子様かわいそう・・・。 雅子様は頭いいんだから、自分で勉強した方が良い方法がわかると思うけど。 病因が水痘の原因ウイルスであるVZVなんだよな。 私の場合、右背部から胸部にかけて出た。 神経痛も来た。 K 喘息でない P 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めようぜ 解決法:体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 鼻に変な違和感があったり、頭がぼおっとする時の解決法。 口をつぐんだまま、口の中で空間を作る、すると口の中に空気がたまるのでそれを吐き出す。 無論息が苦しくなったら、呼吸をして良い。 これを、100回くらい。 日本の中であっても、体力をつけると治るはずだが、 様々な理由により、霊界の存在がばれてしまい、 この失態が明るみになるので、治さないようにしている。 よって、絶対にアトピーを治すには、 海外に行き体力をつける。 もうアトピーとは 分からないぐらいにね。 >やっぱりだんだんと薬がいらなくなる感じですか? 理想だけどこんな方法は知らないんです。 あったら本当にいいのにね。 ニ、 、 、tヘヾi、 ヾミニソ. ;:' ,. l 、  ̄ ,! ヽヾ ,. ; ,. 政府がなぜこんなに急いで派遣しようとするのか理解できません。 (天国・霊界が喘息であるかないかを決める) 2. K 喘息でない人 A 喘息の人は は体力がある 体力がなくなる 3. K 変化なし A 行動力、五感(嗅覚)が鈍り感性が変化する。 K 変化なし A アトピーになる 6. K 正常な感性 A 外に出なくなりさらに異常な感性になる。 K 正常な人間 A 異常な人間(レッテル) 8. K 喘息でない A 喘息である 13. に戻る これは事実。 広めようぜ 解決法:寝て起きて、やな気分でも、続けるけること。 体力をつけると感覚が正常に戻り、 アトピーも快癒に向かう。 目安としてグランドを10週くらい。 あとはウォーキング 2. 3時間を目安にウインドーショッピングや本屋めぐり 絶対に直す方法: よく海外に行ってアトピーが治る話を聞くが、基本的に日本の中のことだけなので、 海外に行くとほとんどの場合体力をつけると治る。 日本の中であっても、体力をつ けると治るはずだが、 様々な理由により、霊界の存在がばれてしまい、 この失態が明 るみになるので、治さないようにしている。 よって、絶対にアトピーを治すには、 海外 に行き体力をつける。 よって、我々の高尚で自由なる精神への回帰と達成のために政府に対し次の通り要求する。 沖縄県における天皇制の処分 2. 不必要な民族的アイデンテティーの継承拒否権 3. 沖縄米軍基地の処分 4. 義務教育英語に加え中国語を選択可能とする 5. 1国2制度の国家体制、および首相を2名とすること. 現実には、アトピーどころの騒ぎじゃないぞ。 雅子様は出産問題が原因の重度の鬱病。 遂には自殺を図るまでに至り、公務を休まれているんだよ。 自殺の手段及び、後遺症の有無までは知らないが、 復帰するまでには数年を要する模様。 場合によっては、末期の皇后様の時と同様に 一切の報道を、死ぬまで封印されてしまう可能性あり。 我々MMRより。 アトピー気質と言う言葉があり、 実際にアトピー患者の精神状態が、前向き、又は躁状態だと、 アトピー状態も良好、 だが、アトピー患者の精神状態が、後ろ向き、又は欝状態だと、 アトピー状態が悪化を始めると言われています。 ですから、雅子様は今危険な状態にあると言えます。 これから悪化を始める一つのきっかけとなるかも知れない、危険な状態であると言えます。 これは、我々MMRが考えるに、 単純にステロイド剤が効かなくなってきたことによる、(薬剤耐性) 物であると考えられます。 ステロイドは事実強力な麻薬であるからです。 雅子様の精神、肉体状態は今、よりもっと強力なステロイドを求めている、状態なのです。 ですが、これは、もちろん、麻薬が効かなくなってきたから、 変わりに、もっと強い麻薬で目先のハイを得ようとする、 麻薬中毒患者の心理と同じであると言えます。 これは、しばらくは良いというだけで、もちろん長期的には 破滅への道となるだけです。 今の雅子様の状態は精神、肉体、ともに、薬剤耐性でステロイドが効かなくなってきている 状態であり、心理状態、アトピー状態がともに実に危険なのです。 ここで、皮膚科医どもは確実により強力なステロイド剤を進めるでしょうが、 我々はもちろんこれを断固否定します。 では、どうするか、ここはやはり、脱ステをするしかないと思います。 脱ステの一つの権威である、深谷先生に掛かったり、日本オムバスの代表である小川先生に掛かったり するのが一番だと思います。 (我々MMRとしてはこれについては、良く解りませんが。 元気か? 俺たち心配してるんだから、返事くらいくれよ。 まったくこれだから皇族はお高くとまっちゃってよー、、、。 もうすぐ、試合が始まるな。 本当にこの国の皮膚科医療はどうなってんだよ。。 雅子様が同じように、バルトレックスを、服用しているとしたら、心配になってきます。 自分の掲示板にも、子供さんが、バルトレックスでSJSを、引き起こしたという方がいたし・・・ 帯状疱疹などのことについて、やりとりする掲示板を創りました。 (藁 子供中絶させる話、ごまんとあるよ。 一度中絶させれば、次からは自分からだまって茄子は 中絶しにいくようになる、っていってる香具師も いたよ。 子供作れば医者の妻の地位ゲットって思ってる茄子も、馬鹿だし。 超心配。 アンパンマンを正面から潰したような顔だもんな・・・。 それに引き換え次男の所はいい遺伝子もらってるよな・・・。 心が寒いよ、あんたは。 それかストレスやステ依存が並々ならぬほどなんだとしか・・・。 日本で一番恵まれた 医療を受けれる存在の方でさえ、あんな肌じゃアトピーに未来はないな。 脱ステを教えてあげたいよ。 23日の天皇誕生日に伴う行事、 新年一般参賀や歌会始など年始の宮中恒例行事もすべて欠席する。 医師や皇太子ご夫妻と相談した上で、静養を決めたという。 (略) 雅子さまは後頭部などに痛みを伴う発疹(はっしん)が出て、 3日に帯状疱疹(ほうしん)と診断された。 宮内庁病院に入院して点滴治療などを受け、 8日の退院後も住まいの東宮御所(東京・元赤坂)で薬をのむ生活を続けている。 以上共同通信[2004年12月12日20時30分更新](2003年12月15日 1:42:24) 1)帯状疱疹後神経痛 痛みの特徴は,発疹が出た部位の,表面のチクチクした,焼けるような,じりじりした 痛みであったり,奥の方のしめつけられるような,握りつぶされるような痛みであったり します.これらの痛みは持続しますが,ときに発作的に電気が走るような,撃たれるような 痛みに襲われます.痛みのために,睡眠障害,食欲低下,脱水症状を起こすこともあります. 経験談 後頭部の帯状疱疹後神経痛が最もきついのだそうです。 剣山の針を細くしたようなもので 後頭部をガンガンガンと続けざまに強打するような激痛が走ります。 それが24時間続くのです。 もう生きた心地がしませんでした。 『このまま死なせて』と母に何度も頼みました。 それ程の正に激痛だったのです。 極度の不眠症になり寝られない日が続いたのです。 このままの状態で親王が誕生しなければ、いずれ皇族男子がいなくなり、断絶してしまいます。 皇族に男子が40年も生まれていない。 推古天皇は聖徳太子がいたからなんとかなったんだろうな。 天皇に。 全然回復できないみたい。 やれやれ皮膚科学会も面目丸潰れだな。 あのアンパン顔もはや気づけよな・・・。 奥さん地獄に落とす気かねぇ。 実際に良く知ってもらうとアトピー患者がいかに生活に 気をつけているかは分かってもらえるけど、無神経に憶測で いろんな事言われるのが本当に辛かった。 ここのスレッドの人も憶測で勝手な事言ってるね。 ステロイドの副作用の治療はステロイド塗布中止=脱ステロイドである。 このことは皮膚科の標準治療派のアトピー治療のガイドラインやテキストに明記されている。 皇室だろうと一般だろうと、脱ステしなければならない時は脱ステしなければならない。 もっとも、雅子妃が脱ステ中かは、闇の中だが・・・。 宮内庁側近: お世継ぎは男児でないと何かと不都合。 外遊する暇があったら男児を作れ。 の対立で引き篭もってんだろが。 アトピーなんざ関係ねえよ。 首なんかすげえ色素沈着 してたし。 アトピがあったから、なかなか求婚を 受け入れなかったって言われている。 また,帯状疱疹は,高齢になるにつれて, 免疫力が低下して発症することが多い。 同科の帯状疱疹の患者を年齢別に見ると, 最も多いのが50歳代で,その次は20歳代となっている。 本田講師は「20歳代の患者の原因を調べると,アレルギー体質やアトピー素因の患者が 圧倒的に多い。 もともとアレルギー体質やアトピー素因の人は,液性免疫の亢進により 細胞性免疫が普通の人より落ちている傾向がある。 ツベルクリン反応も陰性のことが多い。 そのような人は,帯状疱疹になりやすい」と説明している。 結婚当初から週刊誌などで報道されている。 今、急遽に話題に なった訳ではない。 >んで話に尾ひれがついて、ステ漬けだのプロ漬けだの、 >ステでコントロールが無理とか言いたい放題いってるし これはその通りだ。 >むちゃくちゃだな 2ちゃんねるだからな。 TVの画面でハッキリと酷さが判ったけど、私はアトピーとは知らなかったので これはナンなんだろう?ご成婚の日はどうするんだろう?と心配でした。 ご成婚の日はなんともなかったけど、後日に雅子さまはアトピーなのでステロイド で治した(と言うより、ステロイドで消した)と知りました。 ってか、他の病気のホルモン治療でも不妊の要因になるよ。 そう、不妊治療の為のホルモン治療ですら、副作用は不妊なんだ・・・。 アトピーはストレスが原因で起こる自律神経異常による皮膚炎、自律神経を上手にコントロールできるようになる成年期にはほとんど出なくなる。 ステロイド皮膚炎は薬のステロイドが体内で残って悪してる皮膚炎。 ステが体から排出されない限り治らない。 それだけニーズ&ステ依存者が潜在してるってとこ。 青年期になって治るのは、胃腸が丈夫になって代謝がうまく機能するように なったからだと思う。 例えとかでもいいですけど。 実際にはそんなことは無いだろうから、根拠は無いと俺も思う。 別に統計を見たわけじゃないよ。 ただなんかステの使用量が増えたから 重症あるいは成人型アトピーも増えたってのは、完全否定できないんじゃないかな。 こないだのスパスパだっけ?視力回復特集見ていて思ったんだけど。 「メガネが普及したから現代人はこんなに近視が増えたんじゃないかな」 と真剣に思ったよ。 そりゃQOL維持のためにはメガネ必要だろうな。 でも真剣にトレーニングすれば視力は回復するものだとも思った。 ボーズ頭は虱、しらくも 顔ははたけ、にきびetc.ちょい南米の インディオっぽいというか。 不安や抑うつ気分が現れ、公務を行うのが困難な状態というが、徐々に回復の兆候がみられるとした。 雅子さまの詳しい診断結果が公表されるのは初めて。 同庁は6月に国内の代表的な医師を加えて医師団を整備。 不安要因を減らす「環境調整」と医師と話すことを通じて問題解決を図る「精神療法」を 治療の中心とし、薬物療法を併用しているという。 雅子さまは昨年春ごろから、立ちくらみや頭痛などを度々感じるようになったといい、昨年12月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)で 宮内庁病院に一時入院した後は公務を休んでいる。 雅子さまの病状を巡っては5月に皇太子さまが記者会見で、雅子さまの「キャリアや人格を否定するような動きがあった」と 異例の指摘をするなどしており、宮内庁は公務の見直しなどを表明している。 今回の発表に関し、林田東宮大夫は数日前に医師団から「適応障害」と聞き、皇太子ご夫妻と相談のうえ公表を決めたことを 明らかにした。 天皇、皇后両陛下にも報告しているという。 今後の治療に関しては「まずは心のエネルギーを高めるような私的活動を優先していただく」と説明。 「治療的な観点から望ましくない影響を与える可能性が高い」として、メディアの取材を当面控えるよう求めた。 不安や抑うつなどの情緒的、不眠やけん怠などの身体的、 遅刻・欠勤、過剰飲酒などの問題行動などの症状が出る場合がある。 治療は原因となるストレスを軽減し、適応しやすい環境を整えることやカウンセリングを行う。 症状に応じ、薬物療法が必要な場合もある。 不安や抑うつ気分が現れ、公務を行うのが困難な状態というが、徐々に回復の兆候がみられるとした。 雅子さまの詳しい診断結果が公表されるのは初めて。 同庁は6月に国内の代表的な医師を加えて医師団を整備。 不安要因を減らす「環境調整」と医師と話すことを通じて問題解決を図る「精神療法」を 治療の中心とし、薬物療法を併用しているという。 雅子さまは昨年春ごろから、立ちくらみや頭痛などを度々感じるようになったといい、昨年12月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)で 宮内庁病院に一時入院した後は公務を休んでいる。 雅子さまの病状を巡っては5月に皇太子さまが記者会見で、雅子さまの「キャリアや人格を否定するような動きがあった」と 異例の指摘をするなどしており、宮内庁は公務の見直しなどを表明している。 今回の発表に関し、林田東宮大夫は数日前に医師団から「適応障害」と聞き、皇太子ご夫妻と相談のうえ公表を決めたことを 明らかにした。 天皇、皇后両陛下にも報告しているという。 今後の治療に関しては「まずは心のエネルギーを高めるような私的活動を優先していただく」と説明。 「治療的な観点から望ましくない影響を与える可能性が高い」として、メディアの取材を当面控えるよう求めた。 不安や抑うつなどの情緒的、不眠やけん怠などの身体的、 遅刻・欠勤、過剰飲酒などの問題行動などの症状が出る場合がある。 治療は原因となるストレスを軽減し、適応しやすい環境を整えることやカウンセリングを行う。 症状に応じ、薬物療法が必要な場合もある。 お前らアト板の面汚しだ。 純粋に質問です。 それを全くわかっておいででない。 したいこと、楽なことをなさりたいだけ。 紀宮さまも手を引いてしまわれた。 そうとでも思わなければやりきれない。 もう治ったので使ってませんが 両方とも使ったことあります。 早く良くなって下さい。 皇居内にある、一般の人でもいける博物館で、皇后がお育てになった蚕から 作られたものを展示しているみたいですが、皇太子夫妻はお出ましにならないみたい。 皇后は、秋篠宮妃紀子さまと、眞子さまと佳子まさに任せようかなと思っているみたい。 バルトレックスをもらいましたが、保険きいても一週間で約1万もするのですね。 しかもあんま効果ないので毎日激痛とたたかってます。 でも仕事も休めないのでなんとかやってますがつらいです。 出来物潰す癖があるんだが、我慢して跡が残らなかったのには嬉しかったよ。 そういえば、なんで入院中は一つもニキビ出来なかったんだろう。 病院の食事が良かったんだろうか。 でも、映像はありません。 本来トリコモナスの治療に使う抗原虫剤ですがなぜこれがにきびやアトピー性皮膚炎 に効くのかメカニズムは解明されていないまま使われています。 www. itch. jp この会社ではメトロニダゾールの皮膚炎に対する研究をしています。 雅子はその一人、宮内庁にクレームばかり言っていたそうだ。 トーク帽、コート、ハイヒール、ワンピース、かばんと何もかも黄色。 秋篠宮妃殿下のときは、昭和天皇の喪中だったので黒のワンピース。 寛仁親王妃信子殿下は25歳だったのでピンクと年のあった、状況に あった色で望まれている。 色の専門家がいっていた。 黄色を着る人は自己主張が激しいと。 少し安心しました・・・ 月曜に病院行って来ます。 レス、ありがとうございました。 結構薬代高いよ 引いてくるまでに1週間以上掛かることが多い。 根本が治っても神経を痛めている場合は痛みだけが長く続くこともある。 3ヶ月だったか以上続く場合を「帯状疱疹神経痛」と言って 年単位で長引くこともあるから早めに受診することをお勧めします。 要は神経が痛むわけだから。 ウチのおっかさんは出産より痛いって言ってたし、テレビでミッキーカーチスが 「人生で一番痛かったのは帯状疱疹」って言った位だから。 205さんがおっしゃるように神経痛のような痛みもあり この痛みがすごく辛いです。 明日、朝イチで病院へ行って来ます。 205さん、206さんありがとうございました。 数日したら腫れてきたです。 水ぶくれからかさぶたになり 毎日打っていた注射もなくなったばかりなのに かさぶたの横へ新たなシマが・・・(涙) 痒みも痛みも辛いけど 今の時点でもう2メーン超えた治療代にまた涙。 私はアトピーではないのですが、病院では水ボウソウになったことがある人ならみんなそのウイルスを持っていて、極度のストレスと過労から来ると言われました。 再発するのは極マレで、明後日また来て下さいって言われました。 私は、帯状疱疹神経痛が残ってしまい外出もままなりません。 ヘルペスの知人が居るので違いを述べてみました。 以前は、雅子さんが出てこないのは精神的なものかと思っていました。 今は違います。 報道では疲れが…と出ますが、それも有りますけれど 痛いのです。 火傷のような痛みや内臓まで響く痛み・・・ 無職になってしまいましたが、もう暫くは仕事に就けそうにもありません。 腰痛・左背筋痛・左脇腹痛で整形へ行っていたが、 体調がよくなったっぽいので皮膚科へ行ったら背中と脇腹の原因は帯状疱疹と言われた。 水疱瘡のウイルスが神経に沿って出て(だから帯状に出る)神経を 破壊したりするので痛いらしいのですが、中には傷み・かゆみの無い人も居ます。 私がそうだったのですが、(背中に帯状の発疹が出た。 少し痒かった) 医師に上記の説明を受けました。 痛くないというのは不幸中の幸いとでも・・・ ヘルペスでも壊疽レベルや粘膜に出来るのは相当痛いとか。 食事もあまり食べられないし眠れない。 婚約の時から首が黒くてザラザラな感じだった。 その後治療して結婚式の時はだいぶ綺麗だったけど。 腰の辺りにできてて、めっちゃ痛い。 前にもダイアフラジンでやったけど、 やっぱ原因はブフェキサマクだったのか! でもむかし、アンダームとステを交互に処方されてた時は大丈夫だったのに、 と、ここで、はたと気がつく。 アンダームで炎症つくりステで抑えてただけだったのでは??? 帯状疱疹のときってステもプロも使えないよね。 この小説は日本の雅子皇太子妃を拉致するという 架空の事件を通し、明成皇后殺害という日本帝国の陰謀と蛮行を露わにするのが基本的あらすじである。 東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか 慎重な検証が必要と考えます。 伯母上、皇位は余がいただく。 , ヽ、 ー' /. 裁判で安易に人の命を奪うのは危険だ。 巧妙な責任転嫁の可能性が否定できない。 コンプライアンス(憲法遵守、法律遵守)を大学や地域が 地下で根底から失えば、人間を「食肉」やモノとして見るイデオロギーが強まり、 医学部がナチス化する可能性が出てくるだけでなく(以下URLの投稿106)、 化学系学部がサリン製造場所(以下URLの投稿60)になりうる可能性すら出る。 一旦、憲法や法律を地下で蹂躙した「カルト学校」(以下URLの投稿117)で教育を受ければ、 憲法や法律を守らない人材に人格改造され、就職や結婚時等に 文明共生論を適用させる事の論議が必要な状態となりえ、若い人にデメリットは大きい。 以下URLにおいて、若い人も含めた積極的な論議を行っていただけないでしょうか。 外交では使えないってことですよ。 皇族は憲法で政治活動は制限されてますから外交はできません。 外務省のキャリアであらせられる雅子妃がそんな基本的なことも知らなかった…んだろうな、やっぱり。 いったいなんだったのだろう。 どこか勇気ある週刊誌の方、ぜひ理由を教えてください。 ただし、反日小説の主人公としてだが……。 小説の作者はベストセラー作家の金辰明氏(44)。 民族主義的な大衆小説で今やモテモテの人物だ。 代表作は韓国で200万部以上も売れた『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』。 侵略戦争を仕掛けた 日本に韓国が核ミサイルを撃ち込む近未来小説だ。 で、今回の小説のタイトルは『皇太子妃拉致事件』。 7月19日の発売後、早くも5刷を重ねる人気ぶりだ。 全南大学講師の水野俊平氏によれば、小説は日韓の教科書問題から始まる。 「韓国はユネスコに教科書問題を訴えるが、成果が出ない。 電報は1895年に起きた李氏朝鮮の閔妃暗殺に関するものだ。 だが、外務省は頑なに公開を拒むのだった。 その後、犯人は韓国人留学生(閔妃とともに殺された人物の曾孫)と判明。 「指示を出したのは、在日韓国人牧師。 閔妃殺害のとき敵前逃亡した近衛兵隊長の曾孫でした。 彼は曾祖父の悪行を償い、事件の真相を暴こうとしたのです」 皇太子妃は奈良県の牧師宅に監禁されていた。 そこを警察が襲い、留学生は射殺、牧師は重傷。 「雅子さまはすぐに外務省から電報を入手。 彼女はユネスコの教科書審査で、電報を暴露。 産経新聞の黒田勝弘・ソウル支局長は手厳しい。 「電報の内容は、以前から噂されており、極秘でも何でもない。 拍子抜けしたね。 これに限らず、韓国の小説では天皇陛下が即位のパレードで李王家の末裔に狙撃されるなど、 皇室も書かれ放題。 かく言う私も、日本の世論を煽る悪役としてよく登場するのですが……。 ちなみに金辰明氏は若者に絶大な人気があるんですよ。 いかに、金辰明氏が人格がゆがんでいるか分かります。 明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国なるものは、 それらの大謀略を経て築かれた偽政体であった。 このような大異変は、 日本民族のそれまでの歴史の流れから、絶対に生まれるはずのない性質のものである。 それは何故なのか? なぜ、起きたのか? そしてその本質は何なのか? 今や、この問題に答えを出さなければならない秋は来た。 本書はこの平成の御代まで連綿と続く、西洋かぶれ売国奴政治屋の悪辣悪行をあぶり出し、 家畜・羊の群れと堕した現代日本人に強い覚醒を促す書である。 内容(「MARC」データベースより) 明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国とは、 大謀略を経て築かれた偽政体であった。 「孝明天皇父子弑逆」 「大室寅之祐明治天皇スリ替え」など、長州売国奴が封印した日本史の超タブーを暴く。 逮捕がないと法治国家が成立しないものと 学術分析できる。 国家と国民との間の絶対契約(日本国憲法)を確信犯的に破壊し、 多くの国民をサリン人体実験犯罪などで殺したナチズム被疑。 国民を人体実験に使って次々と殺した被疑。 形を変えて同じような事が国内で繰り返されている。 情報テロ被疑も殺人に近い犯罪水準。 国内で進む国内先住民による大量殺人事件(赤ん坊も対象に含めた人喰い)を北朝鮮拉致と言い張る犯罪性。 こんなやり方は許されない。 暴力団より遥かに悪質な暴力犯罪被疑がニセ皇族にある。 人間を何だと思っているのか。 【東大解体論】東大は日本を潰している。 統治行為論の範囲を遥かに超えた国家ナチ犯罪。 オウム大量殺人・・・東大農学部犯罪(20人以上毒殺、6000人以上、重軽傷)。 皇族テロ。 秋田県立大の鈴木・松永・石川・松本らの逮捕が必要 天皇機関説・・・・・東大法学部犯罪(美濃部達吉)長州藩部落住民系のニセモノ皇族が凶悪なテロ犯罪実行。 テロ官庁となった宮内庁の解体が必要。 クローン人間作成容疑・・・東大医学部(ニセ皇族等へのクローン導入容疑、ナチ手法による生命尊厳破壊、インフォームドコンセント破壊) 第二産業革命特許の強盗・・東大工学部犯罪(AIST)&東大経済学部犯罪(経済産業省)、FT合成軽油(GTL)は時空操作を使った悪質な不正。 評論家ナチ犯罪・・・・・・東大文学部犯罪(情報テロ犯罪:立花隆犯罪他、逮捕が必要)。 憲法を破壊したナチ盗聴に基づく多数の評論家犯罪者の横行。 作家ナチ犯罪・・・・・・・東大文学部犯罪(情報テロ犯罪:大江健三郎犯罪、違法盗聴で逮捕が必要)。 多くの小説・映画・TVドラマがナチ盗聴題材犯罪。 マスコミ犯罪・・・・・・・東大文学部犯罪(NHK等による虚偽報道。 悪質な大本営発表を繰り返し事実上、殺人罪の共犯)。 ジャーナリズムを殺した。 北朝鮮拉致捏造犯罪・・・・東大法学部犯罪(外務省犯罪、平沢代議士、佐々淳行他は国内先住民の大量殺人を幇助。 よって殺人罪共犯) 東大文学部犯罪(中山元参与も国内先住民による大量殺人を幇助:よって殺人罪共犯。 ヒットマンではなく 直接してやる。 覚悟しろや。 このまま柵のついた窓がある病院で一生を終えるなんてイヤだ。 自分の中では療養という気持ちが強かったものですから, いまニートと言われまして,ああニートなんだなというふうにまず思いました。 自分の中では交代し夫人という気持ちが強かったものですから, いま12年目と言われまして,ああ10年目なんだなというふうにまず思いました。 自分の中では大殺界の酉年という気持ちが強かったものですから, いま幼稚園の送迎と言われまして,ああ幼稚園の送迎なんだなというふうに まず思いました。 自分の中では送迎は職員の仕事で当然という気持ちが強かったものですから, はい。 いま風邪と言われまして,ああ風邪なんだな というふうにまず思いました。 自分の中では仮病という気持ちが強かったものですから, いま意地の悪い馬鹿と言われまして,ああ意地の悪い馬鹿なんだなというふうに まず思いました。 自分の中ではただの馬鹿という気持ちが強かったものですから, はい。 いま10時と言われまして,ああ10時なんだなというふうに まず思いました。 自分の中では9時という気持ちが強かったものですから, いま「暇なんですね」と言われまして、ああ暇なんだなというふうにまず思いました。 自分の中では「自分探し」という気持ちが強かったものですから、 雅子様の明日と言われまして,ああ明日なんだなというふうにまず思いました。 今もアトピー酷いのかな? 紀子さんなんて健康そのものだから 比較されて大変だろうに。 男児も生みそうだし。 「触るとすげー痛いできもの」がいっぱいできる病気だよ。 子宮の病気かなんかあるらしいから。 いいよ。 女の子で。 犬と抱き合ったりキスしたり考えられないような不潔な ことやってりゃ奇病にもなるわな。 その多くは「適応障害」でご静養中の雅子妃に対し、「ワガママ病」「皇太子妃としての自覚がない」と批判するものだった。 実は雅子妃は、平成十五年に長期静養に入られてから、文字を集中して読むことは治療上好ましくない、と医師に指導されていた。 ところが、昨年秋ごろには、体調が良いときは新聞などをご覧になるまでに回復されてきたという。 そのため、こうした記事が、雅子妃の目に触れてしまったのだ。 「批判記事を読んだ妃殿下は大変なショックを受けられ、寝込んでしまわれたといわれています」(東宮職員) 問題は、単に雅子妃が受ける精神的ショックだけではない。 こうした精神的ショックが、「適応障害」治療そのものの妨げになりかねないことだ。 長期ご静養に入られて三年目。 ご体調は回復傾向にあるものの、未だに行事を欠席せざるをえない不安定な状態だ。 公務に完全に復帰されるにはまだ時間がかかるという。 「ご体調の良いときと悪いときの波が激しく、悪いときは全身につよい倦怠感があって力が入らないため、目覚めても起き上がれないといいます。 ご病気前はあれだけきちんと身の回りのお支度をされていた妃殿下が、お化粧もお着替えになるのも億劫だというのは、よほどおつらいのでしょう。 愛子さまとお過ごしの時も、立っているのがやっとという日があって、壁に寄りかかるようにしながら愛子さまの様子を見守っていらっしゃいます。 その多くは「適応障害」 でご静養中の雅子妃に対し、「ワガママ病」「皇太子妃としての自覚がない」と 批判するものだった。 実は雅子妃は、平成十五年に長期静養に入られてから、文字を集中して読むこ とは治療上好ましくない、と医師に指導されていた。 ところが、昨年秋ごろには、 体調が良いときは新聞などをご覧になるまでに回復されてきたという。 そのため、 こうした記事が、雅子妃の目に触れてしまったのだ。 「批判記事を読んだ妃殿下は大変なショックを受けられ、寝込んでしまわれたと いわれています」(東宮職員) 問題は、単に雅子妃が受ける精神的ショックだけではない。 こうした精神的シ ョックが、「適応障害」治療そのものの妨げになりかねないことだ。 長期ご静養に入られて三年目。 ご体調は回復傾向にあるものの、未だに行事を 欠席せざるをえない不安定な状態だ。 公務に完全に復帰されるにはまだ時間がか かるという。 「ご体調の良いときと悪いときの波が激しく、悪いときは全身につよい倦怠感が あって力が入らないため、目覚めても起き上がれないといいます。 ご病気前はあ れだけきちんと身の回りのお支度をされていた妃殿下が、お化粧もお着替えにな るのも億劫だというのは、よほどおつらいのでしょう。 それでも、周囲に気を使われるご性格のせいか、つらい、と弱音は決 しておっしゃらずに微笑まれるのです。 しかし、声はか細く、目に力がな いご様子を見ておりますと、ご回復にはまだ時間がかかるかもしれないと 思いました」(雅子妃と会ったご学友) 宮中祭祀を続けて欠席されているのも、その重要性は十分に理解してお られるが、長時間に及ぶことと、暗所に恐怖感を抱かれるためだという。 しかし、「適応障育」という病名が一般的ではないため、どうしても病 状の理解は得られにくい。 またご病状の回復に伴って雅子妃の私的外出が 増える一方で、体調の急激な変化から行事を突然キャンセルされることも 重なり、宮内庁詰めの記者たちからは、医師団に正確な説明を求めたいと いう要望が出されていた。 ところが、この(医師団の見解)文書が、さらなる波紋を呼ぶことにな ってしまった。 「雅子さま『誕生日の乱』」(週刊文春05年12月22日号) はこの文書を「皇室不適応宣言」と名づけ、(取りようによっては、雅子 さまが皇室という「環境」、にはっきり「NO」をつきつけた文書とも読 めるのである)と書いた。 宮内庁幹部の「昨年五月の皇太子殿下の『人格 否定発言』以来のゴタゴタもようやく収まってきたところなのに、どうし てまたひっくり返すようなことをなきるのでしょうか」というコメントも、 記事中に紹介されている。 この医師団の見解文書に対しては、他にも同様の趣旨の記事が続出した。 たしかに病名が「適応障育」であり、(医師団の見解)では「公務」や 「育児」などが例示されてはいるものの、原因が「環境によるストレス」 である以上、環境=皇室そのものに雅子妃が適応できないとする読み方も ありうる。 しかし、問題はこれらの記事において、(医師団の見解)は、皇太子ご 夫妻の意向が強く反映された内容で、お二人が周囲の反対を押し切って 「医師に出させた」、さらには「雅子妃が書かせた」という見方がされて いることだ。 雅子妃自身が、皇室に適応できないというメッセージをわざ わざ国民に伝えている、というのだろうか。 実は、医師団による説明は、雅子妃が長期静養に入られた後、平成十六 年の春からすでに検討されていた。 しかし、その時点ではまだ雅子妃に 病名が告げられておらず、治療計画もさだまっていなかったため、秋に 予定されていた発表は延期されたのだった。 だが、宮内記者会から、医師団による説明を求められており、また、 ご静養から二年が経過して、雅子妃のご体調は愛知万博に出席されるなど 徐々にではあるが回復傾向にあった。 さらに、精神的な病がどれほど苦痛 を伴うものか理解を得たいといった三つの理由から、今回の発表となった のだった。 専門医のサポート体制の整ったいま、「不適応宣言」を望む意味はどこ にもない。 よりよい治療ができる環境を整えたい医師団が「詳しい説明を 出す必要がある」と判断して文書を作成し、それを皇太子ご夫妻が認めたのである。 1年半の治療体制の空白 雅子妃は、平成五年に皇室に入られたときから、お世継ぎを求める声は 十分に自覚されていた。 お世継ぎの重要性はもとより理解されていたが、 なかなか子宝に恵まれなかった。 だが周囲は、必要以上に強い物言いで、 雅子妃の心を深く傷つけた。 それでもご夫妻は積極的に何度も妊娠検査を受けられ、平成十三年十二 月、待望の内親王殿下がご誕生された。 雅子妃は会見で「生まれてきてく れてありがとう、という気持ちになりました」と涙ぐまれ、皇太子がそっ と肩に手を添えられた。 しかし実のところ、ご出産後すぐに「第二子を」という話が持ちあがっ ていた。 お世継ぎをという周囲の希望は理解できても、産後すぐの雅子妃 は精神的に余裕がなく、さらに外国訪問や地方行啓を含めた多くのご公務 が続いたため、肉体的にも限界を感じられる状況にあった。 そして、いつしか、 心の闇に陥っていったのだった。 ようやく現在の精神科の医師を主治医として迎え入れることができたの は、平成十六年五月、皇太子の「人格否定発言」の後だった。 雅子妃への 専門的な治 いま振り返ってみれば、皇太子が批判をおそれず「人格否定 発言」をされた意味は、雅子妃のご病気の様子をいくら訴えても聞き入れ てもらえなかったため、一刻もはやく、専門医による治療体制と宮内庁の サポートを求めるお気持ちが大きかったのではないだろうか。 今回の医師団の見解からも、治療を開始した当時の、ご容態の悪さがう かがわれる。 (医師団は、この一年あまり治療に携わらせていただきましたが、妃殿下 がこれまでに直面されてきたストレスは、医師団の想像以上に強いもので あったということをあらためて実感しております) 皇太子の「人格否定発音」も、医師団の見解も、確かに皇室の伝統から いえば前例がないことだろう。 しかし皇太子の「治療体制作り」の訴えに 続き、今回は「治療への理解」を求めて、あえて医師団が発言したのだっ た。 繋留流産を経ての、待望のお子様誕生に、皇太子ご夫妻はこの上なくお 慶びだった。 だが、ご出産前にも増して多くの公務をこなさねばならなか ったうえ、産後の肥立ちもあり、雅子妃のご体調はすぐれなかった。 そこ で東官大夫と電話でお話しになり、公務についての再考をお願いされたと いう話は、当時、取材を重ねていた私の耳にも届いていた。 しかし、「皇 太子妃を辞めます」などという発言は今日に至るまで聞いたことがない。 今回の「離婚説」という記事を受けて、改めて取材した。 「あの頃の妃殿下は、育児と公務の両立にとても悩まれていました。 妃殿 下は、ある一定の時期までは、母親としてなるべく子育てに取り組みたい とお考えになっていました。 また、公務が一回限りで終わってしまうよう な継続性のないものが多く、お二人が主体的に関われるものではないこと も、残念に思っておられました。 そこであえて電話のなかで、公務の在り 方を検討していただけないかと伝えられたようです。 しかし、決して『辞 めます』などとはおっしゃっていません。 宮内庁も、この記事に対しては「皇太子妃を辞め ます」などという電話は事実無根と、編集部に抗議を申し入れているとい う。 雅子妃のご体調が悪くなった頃に東宮職の人事異動があり、いまやご静 養中の雅子妃しか知らず、以前の快活なご様子はわからないという幹部や 職員もいる。 宮内記者会にしても、最近異動してきた記者は、雅子妃の会見を直接見 る機会がない。 行事などの当日キャンセルが繰り返されるたびに、待機さ せられたり情報の裏取りに駆け回らねばならず、不満が蓄積していったと いうこともあろう。 雅子妃の関係者にむかって「このままわがままが続け ば、皇室を去らなくてはならない日が来るでしょう」と言い切る記者まで いた。 また、「離婚鋭」の記事が続出しているのは、皇室典範改正問題がから んでいるという指摘もある。 女系天皇容認か、否かという論議が盛んだが、 万が一、皇太子ご夫妻の離婚、さらに皇太子ご再婚で男子誕生となれば、 問題が一挙に解決すると考える人々がいるのだという。 その真偽のほどは わからないが、有識者会議が報告書をまとめた十一月以降に、バッシング 報道が激しくなってきたことも事実である。 また、(東宮職医師団の見解)文書にもあったが、雅子妃は、遊ぶこと や楽しむことを罪悪と感じる傾向があり、うまく気分転換ができないこと があった。 そこで、気晴らしやリラックスする方法を身につけることも、 課題として設定されている。 乗馬をはじめ、スキー、テニス、スケートといった運動や、親族と会わ れるなど私的外出は、単なる楽しみのためではなく今後の生活を潤滑にす るための治療の一環として行われている側面がある。 雅子妃ご自身は、 公務を休んでいる状況での私的外出に抵抗を示されたが、医師のすすめに 従って取り組まれている。 「昨年十二月二十四日丸の内のイルミネーショ ン『ミレナリオ』を見に、ご家族でドライブに出かけたことが批判されま したが、これも、御所という限られた空間だけでなく、外の環境や雑踏に 慣れるためのものでした。 これまでの『嫌だ』という記憶を、『良い』と感じられるよう塗り替える ことが課題なのだそうです」(東宮職員) 幼年期の楽しい思い出を追体 験し、自信を回復することも、治療のひとつである。 雅子妃は、幼いこ ろ恐竜が大好きだった。 アメリカ生活でも、科学博物館に行くと恐竜の展 示物に夢中になり、恐竜図鑑を記するほど繰り返し読んだという。 そこで、 私的外出先として、台東区の国立科学博物館の恐竜博が選ばれた。 さらに 小学生のころ、将来の夢は「獣医になりたい」と書かれたほど動物好きだ ったことから、馬や犬などと触れ合う動物介在療法も取り入れた。 心の病気は、他人にはなかなか理解が難しく、完治するまでに時間がか かるため、家族のサポートが非常に重要である。 長引けば長引くほど周囲 も諦めてしまうという難しさがあるが、皇太子は常にあたたかく力強く支 えられている。 愛子さまとの心の交流がしっかりとあることや、天皇皇后 両陛下が見守ってくださっていることも治療の大きな助けになっていると いう。 治療のひとつである「乗馬」も、美智子皇后が二年前に勧めてくださっ たことがきっかけだった。 「雅子妃はとてもお喜びになって、皇居の馬場で乗馬をされたところ、 治療の効果がすぐに現れたのです」 東宮職員 医師団の判断から、現在は私的活動で活力を取り戻すことを最優先して いるが、雅子妃本人は公務を休まれていることを大変気にされていること や、一日も早く復帰したいという願いから、行動療法のなかに、多少無理 をされても「公務に慣れていく」というトレーニングが加えられた。 太陽が照りつける夏 という季節はご病気の雅子妃にとっては大変な負担である。 しかし、当日 になってまた取り止めれば関係者に申し訳ないという気持ちから、病をお してご出席されたのだった。 緊張して臨まれた久しぶりの公務を、「ぶす っとして不機嫌そうだった」と報じたメディアもあった。 しかし雅子妃に とっては、大きな一歩だった。 現在でも、午前と午後に及ぶ長い公務や、連日のご出席はなかなか難し いという。 午前中に発熱や嘔吐があっても点滴を受け出席されたことも あるが、周囲に知らせることはできないため、その時々のご体調について 理解を得ることは容易ではない。 今年、元旦の祝賀の儀と翌二日の一般参賀に連日で出席されたのも、 昨年は一般参賀だけだったことを考えれば、治療は効果をあげているとい えるだろう。 だが、歌会始の儀は長時間にわたるため、御歌は詠まれたが、前々から 欠席が決められていた。 同じ日の午後に乗馬治療があったのだが、これを 「宮内庁が蒼くなった.雅子妃『皇居で乗馬』事件」(週刊ポスト06年2月 3日号)は、(宮内庁も慌てふためき、すぐに東宮職に確認の連絡を入れた という。 そして記者クラブ内でも、あからさまに『公務を欠席しておきな がら、当日の午後、同じ皇居の中で乗馬はないだろう』と驚きの声が上が ったという)と、批判した。 実際は、二年前から毎週木曜日が乗馬治療の日と決められており、馬の 手配の都合があったため、予定どおり皇居の馬場に向かわれたのだった。 主治医にとっても、皇室の行事を考慮しながら治療計画をたてるべきか、 しかし行事を優先すると治療が遅れ、結局は復帰が遅れる、という選択の 難しさがある。 一般人ならば、会社のストレスで障害になった場合、休職療養中に近所 を散歩しても、具合が悪ければ横になっていてもいい。 しかし雅子妃の 場合は、いわば「会社」のなかで治療せねばならず、その様子は衆人の目 にさらされているようなものだ。 公私の別が難しいなか、治療方法の選択 はいかにも難しい。 中国系アメリカ人のおもちゃにされて、裸写真まで撮られていた女が皇太子妃w さらには、外務省の中年上司の不倫相手になってアヘアヘいっていた女。 オックスフォード時代、不倫相手の子供を中絶してしばらく休学してたらしいな。 そのころから子宮はもうダメになってたんじゃねーの? それともクラミジアかなんかに感染して卵管でも詰まってたのかね。 生理があっても子宮がボロじゃ妊娠を継続するのは難しいもんな。

次の