コロナ の 影響 で 仕事 が ない。 副業・複業で新型コロナの影響で仕事や収入がなくなるリスクに備える

コロナで仕事がない!バイトや派遣・転職で今すぐに在宅の仕事を探す方法

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

自分が働いている業界は大丈夫なのか? と不安に思っているかもしれません。 しかし・・・逆に 「コロナの影響で伸びている業界」があるのも事実です。 先に答えを言うと「ネット関連の企業」ですね。 というわけで、今回の記事では• ココロウイルスが社会に与えるダメージは大きい• コロナの影響を受けている業界• コロナの影響で需要が高まっている業界• これを機にネット関連の職種に転職するのもアリ 上記4つについてお話しします。 今回の記事は以下の人向けです。 コロナウイルスの影響を受けていない業界を知りたい人• 自分の会社がコロナの影響で倒産しないか心配な人• これを機に影響を受けない業界に転職しようと思っている人 自分の業界は大丈夫か? 会社は倒産したりしないだろうか? と不安に思っているかもしれませんね。 しかしながら・・・ コロナの影響を受けていない業界があるのも事実です。 なので、これを機に• どんな業界が落ち込んでいるのか• 逆に落ち込んでいない業界はどんな業界なのか をきちんと知って、今後のあなたの将来設計に役立てましょう。 今後も コロナウイルスと同じような出来事があるかもしれませんし、そのたびに不安に思うのは人生疲れますからね。 また、これを機に 影響を受けにくい業界に転職してみるのもアリです! 倒産しないにしても「コロナウイルスの影響がある中、バリバリの満員電車で通勤させている企業」なんかもやばいですよね・・・思考停止していると言いますか。 なので、もしあなたがそうした会社で勤めているのであれば、あなた自身の安全を確保するためにも、 転職することを視野に入れておいたほうがいいでしょう。 コロナの影響を受けている業界 というわけで、まずは コロナウイルスの影響を受けている業界を説明します。 あなたが働いている会社がどれかに当てはまるのであれば・・・転職を検討するべきかもしれません。 その1:旅行会社やホテル会社 まずは旅行会社はホテル会社などの、 旅行系の会社ですかね。 具体的に言えば、• 航空会社• バス会社• ツアー会社• ホテル会社• 鉄道会社 でしょう。 まず、外出を控えるように国が進めている中で、 ・・・やばくないですか??? コロナの影響で需要が高まっている業界 それでは次に、 コロナウイルスの影響によって逆に需要が高まっている業界についてお話しします。 ダメージを受けている企業が多いことは事実ですが、中には 「逆に成長している企業」があるのも事実ですからね。 その1:ネットスーパーなどのオンラインショップ まず1つ目が ネットスーパーなどのオンラインショップです。 スーパーに食材を買いに行くだけでも感染リスクがあるので、 自宅に食材を配達してくれるサービスを利用する人が増えている状態です。 これはコロナの影響を受けて始まったことではないのですが、さらに拍車がかかっているというイメージですかね。 食材に限らず ショッピング全般はオンラインを利用する人が増えている状態なのですが・・・ 中でも「食」は切っても切り離せない文化ですから、 服や雑貨なんかは、別に今あえて買う必要はないですからね。 また、上記に伴って 運送会社も需要が高まっています。 その2:フードデリバリーなど 2つ目が フードデリバリーなどです。 典型的なのは• ウーバーイーツ• ドミノピザなどのデリバリーピザ• 銀の皿などのデリバリーサービス ですかね。 1つ目のオンラインショップとも似ているのですが、こちらは 「完成した食べ物を配達してくれる」という違いがあります。 スーパーに買い物に行くのはもちろん、 どこかのお店で外食するのも感染のリスクがありますから、 自宅まで配達してくれる というのは、このご時世 非常に大きなメリットになります。 そんなこんなで フードデリバリーサービスを利用する人も増えています。 その3:オンライン教育など 3つ目が オンライン教育関連の業界です。 学校が休校になっているのはあなたもニュースなどで承知しているかと思いますが・・・ 休校になっているのは学校だけでなく、塾などもそうです。 学生が多く集まる場所は非常に危険ですからね。 そんな中、塾や学校に行けない代わりに 「オンラインで受講できる教育」が増えつつあります。 どこかの場所に人が密集することがなく、自宅でタブレットなどを通して教育を受けることができますからね。 なので、 オンライン教育の業界と、 オンライン教育を提供するサービス会社も伸びています。 こちらもコロナの影響云々ではなく すでに伸びていた業界と言えますけどね。 これを機にネット関連の職種に転職するのもアリ というわけで、ここまで読んだあなたは• コロナの影響を受けている業界• コロナの影響で逆に需要が高まっている業界 を理解することができました。 基本的には 「ネットでできる業界」はコロナの影響を受けにくいですね。 そもそも外出する必要がないですし、誰かと会うのもスカイプ会議などで完結できるからです。 というわけで、これを機に ネット関連の職種に転職するのもアリです。 転職しないにしても 「転職するためにスキルを身につけておく」というのもアリです。 副業でブログを運営することで、• 本業以外の収入が増える• 不労所得になり得る などなど、多数のメリットがあります。

次の

コロナウイルスの影響も関係ない仕事 それはeBay 輸入転売

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

・タクシー運転手の収入が9割減 ・中国からの観光客減少でバス会社が倒産 ・パートで生計を立てていたシングルマザーが収入ゼロに ・4月からの就職予定だった学生の内定取り消し ・飲食店や個人経営者が店の家賃が払えない! ・学生アルバイトがシフトに入れずバイト代ゼロに コロナショックによる厳しい状況は自分だけではありません。 思い詰めず、できることをひとつずつ進めていきましょう。 新型コロナウイルスが原因で支払いが間に合わない時の対応を紹介 コロナによって仕事がなくなってしまったり、アルバイト・パートがなくなってしまった場合、収入が急に無くなってしまいます。 支払いが難しくなった家庭を対象に支払い免除や支払い猶予期間を延長する動きが加速しています。 1:電気料金など公共料金の支払い猶予を順次進めている 水道局では、新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に水道料金の支払いに困難を来している方を対象に、最長4か月の支払い猶予の受付を3月24日に開始しました。 詳しくは東京都水道局のHPをご覧ください。 各都道府県の会社に確認してみましょう。 免除ではなく支払い猶予なので注意してくださいね。 2:携帯料金・ネット回線料金の支払い猶予 ドコモやau、ソフトバンクなどの大手携帯会社は新型コロナウイルスの影響で支払いができない顧客に対して支払い期限を5月末まで延長する発表をしました。 国税に加え、社会保険料についても原則1年間、納付猶予や延滞金などの免除措置を取る。 (参照) 毎月の保険料は、家庭によって大きな出費になると思います。 仕事を探している間は、生活も厳しいはずです。 無理せず支払い猶予をして仕事探しをしましょう。 仕事・アルバイト・パートを探す方法 新型コロナウイルスの影響で仕事を失った場合に、給料保証や助成金の情報は以下の記事に最新情報をまとめているので、ご参照ください。 バイトを探す方法1:短期バイトの求人を探すならバイトルが良いかも! アルバイト・パート情報サービスの「バイトル」が短期雇用の求人掲載枠を期間限定で無料になっています。 ( 参照) 企業に向けて短期バイト募集の掲載が無料なので、他のバイト情報サイトよりも求人が集まりやすくなりそうです! 現在バイトルでは「すぐ働ける短期のお仕事特集」を実施しています。 新型コロナウイルスで仕事を失った人や、短期的に単発の仕事を探している人はまずを見るべきです。 バイトを探す方法2:「ランサーズ」で在宅ワークを探す! クラウドソーシングサイトでは、スマホやパソコンだけでできる仕事を探すことができます。 クラウドソーシングサイトとは、企業や個人がネット上で仕事を依頼したり、引き受けることができるサイトのことです。 登録は無料なのでにとりあえず登録して家にいながらでもできる仕事を探してみましょう! 家にいながらお小遣いを稼ぐ方法 続いて、家にいながらお小遣い・お金を稼ぐ方法を紹介していきます。 スマホだけでも現金に交換できるポイントを稼ぐこともできるので、試してみてください。 1:ポイントサイト スマホやパソコンで、ゲームをしたりアンケートに答えることでポイントが貯められるサービスがポイントサイトです。 明日の支払いに間に合わないなら借りてでも支払うべき 明日の支払い、来月の支払い、家賃が間に合わない。 そんな人もいるかと思います。 自分のできることを徹底的に調べて、意地でも支払いましょう。 支払えないのは、コロナのせいでもなければ誰のせいでもない。 自分の責任です。 それを理解することから始めるべきです。 まとめ:新型コロナウイルスで仕事が無い!仕事探し・アルバイト探し情報 新型コロナウィルスで仕事やアルバイトが無くなってしまった人の仕事の探し方。 給付金や支払いが間に合わない場合の、支払い免除と支払い猶予延期の最新情報について紹介してきました。 このブログでは、新型コロナウイルスでのお金の情報を更新しています。 その他、個人で稼ぐための情報もまとめているのでぜひ参考にして欲しいと思っています。

次の

仕事がない…コロナ不況の影響&暇な時間があるからこそやるべきこと

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

Contents• 新型コロナの影響を受けても大丈夫そうな仕事を考察しました。 何かが起こったとき、景気が悪くなったとき、生き残りやすい仕事はどんなものでしょうか。 販売業やサービス業をしている知り合いがいるのですが、 「キャンセルが相次いで掃除しかしてない」「お客さんこないから仕事がなくなった」 こんな声も聞こえてきました。 緊急事態宣言をうけて、1か月もの間休業になる店舗も多く出ています。 職を失う人も出てくるでしょう。 これからの未来を考えた際、不測の事態があっても安定している仕事に就きたいと考えますよね。 公務員は不景気でも安定するという話は有名ですが、今回は民間企業のお話。 簡単に分けると下記3点の特徴を持つ仕事であれば影響が少ないでしょう。 市場が広い• 嗜好品でなく必需品• 場所が限定されない すこし考えてみます。 市場が広い 仕事とは、何かをを販売するものです。 サービスを売る、物を売る、娯楽を売る。 ジャンルは様々ですが、対象とするお客さんの層が幅広いほどつぶしが効きます。 距離や広さという意味では、下記の通り。 全世代に販売できるなら広い• 20代の男性にだけ売っているなら狭い このような状況。 しかし、今回のコロナを例にあげると、広さや距離は場合によりリスクになっています。 (海外輸出入がメインだと大変ですよね) 年齢や性別といったターゲット層が幅広い事業は、どのような状況でもつぶしが効きやすいと考えられます。 嗜好品でなく必需品 不測の事態が起きた際、人は節約思考になり、嗜好品の購入を避けます。 「人は生活必需品を買うと精神が安定する」という研究結果もあるようで、必需品の売上が上がります。 3月にはなぜか全国で一時的にトイレットペーパーが売り切れるという、集団洗脳みたいな出来事も起こりましたよね。 あれは「トイレットペーパーの生産が止まって売り切れそうだ」というTwitterでのデマが元だったようですが、精神の安定を求める人々がちょうどその情報に乗ってしまったという図式でしょう。 必需品を取り扱う事業は安定していると言えます。 場所が限定されない お店を構えていて、「そこでしか販売できない」という状況はどうやらマズそうです。 その地域で不測の事態が発生してお客さんがこなくなれば終わり。 例えばインターネットでも売れるとか、出張していって売れるとか、そのような対策を考えられる商売の方が、生き残りやすいかもしれません。 宿泊施設の方からお客さんのところには歩いて行けませんもんね。 様々な販売チャネルを用意できている事業であれば安定と言えそうです。 じゃあ全部ダメじゃん 上の3つに照らして考えていくと「だいたいの商売はアウトじゃん」となってくるのですが、あまり影響を受けなさそうな職業もあります。 私はweb系の業界にいるのですが、正直ほぼノーダメージです。 不景気になったり今回の新型コロナのようなイレギュラーな出来事があっても「景気がまだマシ」であろうというお仕事をご紹介します。 新型コロナ影響下でもまだマシなお仕事 それでは、私が考えた、景気や不測の事態にそこまで左右されなさそうなお仕事をご紹介します。 転職、自己分析サービスの で調べた求人数などもあわせて見ていきます。 あくまで目安にご覧下さい。 ) 工事、施工業者 たとえば道路の工事、建物の工事。 仕事はなくなりませんよね。 勝負がどんどんインターネット上に移っている世の中でも、工事は現地にいかないとできません。 最強です。 札幌でも、インフラ整備の仕事は今回のウイルス下でも全く影響なく動いているという話を聞きました。 たしかに、外でする仕事で、そんなに密集するわけでもなく、むしろ車が減っていて捗りますよね。 で施工関係の企業を検索すると、9000件以上の求人が。 現場以外にも様々な職種があります。 安定を望むなら、今ねらい目かもしれませんね。 リンク こういうカメラですね。 さらに必需品を買い込み始める方が増えるので「冷凍庫」の売上が伸びているようです。 大きい量販店であれば生活必需品のトイレットペーパーなども取り扱っていますし、最強です。 こんな風に幅広い商品を取り扱っていれば、その時々のさまざまな世代のニーズにこたえられるので大型店は強いです。 自分が働くのであればEC部門が最強かもしれません。 おまけ:オンライン学習系 これは今回の新型コロナでの休校や外出自粛の影響の特需なので、不景気やその他のイレギュラーでは関係ないかもしれません。 「よし、どこも行けないし英会話でも習うか。 」とオンライン英会話の申し込みなどが増えているそうです。 本当にいつ何の需要が上がるのかわかりません。 オンライン上で教えられる技術を持っていれば、今回注目が集まった分、オンライン講座の需要はどんどん増えていくでしょうね。 新型コロナに負けない仕事のご紹介でした。 新型コロナや、その他ご時世の動きの影響をそこまで受けなさそうなお仕事をご紹介しました。 とはいえ本当に状況によりますので、「だから転職する!」というのはさすがに難しいとは思います。 が、売上が下がってしって働ける時間や給料のカットにまで発展してしまったり、本当に仕事がなくなってしまう可能性は0ではありません。 無料で年収診断や自己分析ができるMIIDAS(ミイダス)を利用すれば、いざというときに動くための自己分析が可能。 企業からのオファーも貰えるので、登録しておいて損無しのサービスです。 「うちの会社大丈夫かな……」と少し心配な方は、ぜひ事前の準備を。

次の