引越し 見積もり もらえる。 引越しにお得なキャンペーンを比較! 見積もりでもらえる特典は?|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越しにお得なキャンペーンを比較! 見積もりでもらえる特典は?|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 見積もり もらえる

サカイ引越センターの見積もりは以下の通りです。 サカイ引越センターの営業マンはしつこく「 即決」を迫ることで有名で、 見積もりには骨が折れます。 しかし実際の作業については業界内でも一目置かれる品質ですから、ファンも多いことで知られています。 サカイ引越センターは「 即決」にこだわる引越し業者であり、こちらが「契約する」と言うまでは延々と家から出ていってくれません。 相見積もりの1社目に呼んでしまうとその後の業者の流れが非常に悪くなってしまうからです。 しかし、即決に強いこだわりを持つ故に、 契約をチラつかせれば限界まで引越し料金を値引きしてくれる営業マンが多いのもサカイ引越センターの特徴です。 その特徴を利用して、複数の引越し業者の見積書が出揃った後にサカイ引越センターを呼び、他業者の見積もり書を見せながら値引き交渉に臨めば、一社目に呼んだ時よりも大幅な値引きをしてもらえるでしょう。 サカイ引越センターに同席見積もりをさせると喧嘩のような話し合いが始まる サカイ引越センターの営業マンは、 「自分たちが日本で一番の引越し業者であり、他社に負けている要素がない」という強いプライドを持っています。 実際に年間引越し作業件数は2014年からずっとNo. 1をキープしていますし、年々売り上げ・利益を伸ばしていができます。 しかし営業マンのプライドが強いせいで、他の引越し業者の営業マンと同時に見積もり(同席見積もり)となった場合は大変です。 サカイさんだって何度も問題を起こしているではありませんか。 サカイさんの営業マンは今みたいな他社批判で見積もりを粘るから印象悪いってよく聞きますよ?それについてはどう思っているんですか? というように、結果としてお互いの会社を批判しつつ口喧嘩をしあうという状況を見せつけられるため、こちらとしては気持ちよいものではありません。 見るにかねて見積もりを中止するように促しても、「いや、あなたが契約してくれるまで私は残りますよ!」といった感じで非常に疲れます。 しかし、 これを続けていくうちに両営業マンが引越し料金をドンドン値引きしてくれることが多いので、メリットがないわけではありません。 引越しの営業マンの口喧嘩を静観するだけの余裕を兼ね備えているのであれば、敢えてサカイと他の引越し業者の見積もりを同時に取るのもアリでしょう。 関連記事・ ・ サカイ引越センターの見積もり~契約に関するFAQ ダンボールは自分で購入するの? サカイ引越センターでは引越しの契約をした顧客に対して、大小合わせて50枚のダンボール、ガムテープ2巻き、布団袋2枚などの梱包資材を 無料でプレゼントしてくれるため、自前で用意する必要はありません。 また、家財の量が多く無料プレゼント分のダンボールを使い切った場合でも、中古のダンボール(他の人が一度使ったダンボールだが、再利用できる程度には綺麗な物)であれば無料で追加することができます。 有料にはなりますが新品ダンボールの購入もできます。 担当の営業マンに相談すれば、追加の新品ダンボールが無料になることもありますが、確実にやってもらえるとは限らないため、まず相談してみましょう。 ちなみに、お皿を包むための梱包材やエアークッションなどの高額梱包資材の取り扱いもおこなっており、見積もり時の交渉によってはこちらも無料プレゼントしてもらえることもあります。 欲しいという方は忘れずに営業マンへ相談しましょう。 梱包はやってくれるの? サカイ引越センターの引越しには複数のコースがありますが、こちらが何も言わずにいると一番ポピュラーな「 せつやくコース」で話を進められることになります。 せつやくコースで引越しを契約した場合、 家財をダンボールへ梱包する作業は自分でやらないといけません。 しかし、家財の梱包作業を女性スタッフがおこなう「 らくらくBコース」というコースもあり、あなたが家財の梱包をサカイ引越センターに任せたいという意思を営業マンへ伝えれば、家財の梱包をサカイ引越センターにやってもらう方向で話を進めることもできます。 どのコースを選んだとしても、ダンボールに梱包することができない大きな家財については引越し当日に現場作業員が梱包をおこなってくれるため、自分で梱包をする必要はありません。 コース コース概要 メリット デメリット せつやくコース 大型家具以外の荷造り・荷解きを自分で行うコース。 費用が安い。 プライバシーが守られる。 荷造り・荷解きを自分で行う。 らくらくAコース 荷造り・荷解きを専門スタッフが行ってくれるコース。 家財や食器の梱包も安心。 費用が高い。 プライバシーが守られない。 らくらくBコース 荷造り・梱包を専門スタッフが行ってくれるコース。 家財や食器の梱包も安心。 新居のインテリアや小物の整理を自分でできる。 せつやくコースに比べて費用が高い。 サカイの人は怖い? サカイ引越センターの営業マンはしつこい見積もりをすることで有名で、プライドが高く他業者へ上からものを言う傾向にあるため、「怖い」という感想を持つことが多いでしょう。 もちろん、すべての営業マンが上記のような態度を取るわけではなく、非常に親切な対応をしながら引越しについて詳しく教えてくれる方も多く在籍しています。 大企業であるために上と下でレベルの差が大きく開いてしまっているのは困りどころですが、その社風は頭に入れておきましょう。 事務所の電話対応については、大企業故に日夜大量の電話がかかってくるため、一つ一つ処理をし切れていないというのが現実であり、「対応が遅い」という評判も聞きます。 サカイにしかないポイントは?サカイに決めた人の動機は? サカイ引越センターで見積もりを取ると、営業マンが訪問時に 岩手県産のひとめぼれ(1kg)をプレゼントしてくれます。 このお米、実は「かなり」美味しいお米であると評判で、 これを目的にサカイ引越センターの見積もりを取るという人も多いのです。 また、サカイ引越センターの家財保険は保険会社を通さない独自の保険であり、100万円を超えない家財については基本全額補償。 100万円を超える家財については申告さえしておけば補償をしてもらえるという優れものです。 しかし、上の通りサカイ引越センターの対応は遅いことで有名で、補償されるまでに数ヶ月かかったという例もあるため、家財を壊された際は根気よく連絡を取りましょう。 他の引越し業者にあるのにサカイにないサービス サカイ引越センターでは、家電リサイクル法が適用されている一部家電を除いた家財・家電の処分を任せることができません。 購入から約2年ほどの傷が目立たない家財であれば、子会社のリサイクルショップが引き取ってくれることもありますが、判断基準が明確ではなく確実に引き取ってもらえるわけではないため、あまり頼りにしてはいけないシステムです。 サカイ引越センターと比較したい引越し業者 アート引越センター 名実ともに「 サカイのライバル」と言える引越し業者。 サカイ引越センターにはない「エコ楽ボックス」という食器を梱包なしで運ぶことができる資材があるため、梱包面ではアートに軍配が上がり、オリコンランキングもサカイより上位に位置するため評価が高い。 品質にこだわる場合や、家族の引越しで家財の量が多い場合は両者の相見積もりを取って検討しましょう。 見積もりは「慣れ」ということもあるので、一度でも引越し経験があればなんということもありません。 最初は確かに不安かもしれませんが、サカイ引越センターほど味方につけておけば安心するものはありません。 即決に対する異様な執念は、言い換えれば「 売り上げ・作業件数一位の座を確固たるものにするための努力」と言い換えることもでき、その熱意に感動して契約を結んだという人も決して少なくはありません。 元引越し営業マンの私からすれば、家財を確認して引越し料金を提示し、お客様がNOと言ったら「はいそーですか」と帰るだけの営業マンに比べれば、一生懸命自社のために頑張っている営業マンのほうが評価に値すると思います。 しかし、その熱意がお客様に対して「怖い」と伝わっていることが多いのも事実であり、改善点が多いのが現実であると言えるでしょう。

次の

引越し見積もりは何日前に取るべき? 引越し費用を安くするための見積もり時期とタイミング|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 見積もり もらえる

もうすぐ引っ越しシーズンですね。 各社では引っ越しの見積もりだけでお得なプレゼントが貰えるキャンペーンを実施中です。 見積もりをして、自分に合った引っ越し業者を見極め、更にプレゼントも貰ってはいかがでしょうか。 リセッシュセレクション3点は下記の通りです。 ファブリーズダブル除菌• ボールド 香りのサプリイン• ジョイコンパックト しかも今なら下記1点がついて4点セットとなっています。 レノアハピネス アロマジェルお試し版 見積もりから成約時に至った際には、ペットボトルを使ったディズニーデザインの加湿器がもらえます。 サカイ引越センターで見積もりを頼んだだけでお米1kgもらいました。 プレミアム米「はなよ」は1kg3240円です。 それだけかよちんはお米にこだわっているのです。 持ち手だけではなく、粘着シートにも猫の手が印刷されている可愛い一品で、引っ越し作用にも実用的です。 成約時には、ヤマトのお掃除・お片付けサービスで使える2000円引きのクーポン券が貰え、そのうち300名にはカタログギフトまで当たります。 ヤマトのサービスで使える2000円引きのクーポン券• 引越し後の洋服やお子様のおもちゃ入れ、車の備品入れなどに便利ですね。 には、引っ越しに役立つ除菌スプレーとクイックルハンディの他、様々なクーポンや割引券が掲載されています。 また、見積もりキャンペーンの他にもリピーターキャンペーンや紹介キャンペーンなどユニークなキャーンペーンも実施中です。 引越し侍 引っ越し侍では、見積もりだけで引っ越しに役立つガイドブックがもれなくもらえます。 更に抽選で3名に最大10万円のキャッシュバック。 100名に500円分のQUOカードが当たります。 引越しの準備手続きのガイドブック• 最大10万円のキャッシュバック(抽選)• 500円分のQUOカード(抽選) ズバット引越し比較 ズバット引越しでも日頃の感謝という形でキャッシュバックキャンペーンを実施いたしています。 キャンペーン期間中にサイトを利用して引越し見積もりをすると、「引越し料金最大10万円キャッシュバック」(1名様)、現金1万円(10名様)に抽選でプレゼント。 さらに抽選にはずれた方の中からQUOカード500円分(100名様)を抽選で当たります。 引越し侍とほぼ同じ内容ですね。 最大10万円のキャッシュバック(抽選)• 全ては紹介しきれないので、当ブログでもおすすめしているHOME'S引越しの特典を紹介しておきます。 SGムービング 旧佐川引越しセンター• 基本料金の最大50%OFF(当社日時指定) アリさんマークの引越社• 電話、ネット、訪問見積もりの方、特別割引実施中(1割引)• ダンボール50枚、ガムテープ2個、布団袋2個、無料サービス アート引越センター• エコ楽ボックス無料レンタル• ダンボール最大50枚無料• 【期間限定】 訪問見積もり「早得」 アーク引越センター• 毎月1日-20日の平日は特別割引• ダンボール最大50枚無料• ハンガーBOX最大4枚無料 サカイ引越センター• 訪問見積もり後に「いわて純情米ひとめぼれ」1kgプレゼント• ダンボール最高50枚無料!• ハンガーケースレンタル 最高5箱• 10分間サービス ハート引越センターハート引越センター• ご不用品の処分・廃棄。 梱包資材プレゼント(ダンボール・ガムテープ等) クロネコヤマト引越センター• らくらくタイムリーサービス平日20%引• 単身引越サービス2000円引• この会社の評判・評価・口コミ 8.まとめ 今回紹介したプレゼントキャンペーンは、期間限定のキャンペーンも多くあり時期によって変わる可能性もあります。 引っ越しの見積もりをして、お得なプレゼントやポイントなどを貰ってはいかがでしょうか? 繁盛期の引っ越しに役立つ記事 関連記事.

次の

引越しの見積もりでプレゼント特典が付いてくる業者・サイトまとめ

引越し 見積もり もらえる

訪問見積もりのメリット 実際に荷物の大きさ・量を見てもらえる 営業担当に家の中に入ってもらって、どんな荷物があるのか、大きさや量はどれくらいかを実際に見てもらうので、見積もりがスムーズに行きますし、後日必要な分の段ボールを届けてもらえます。 最適な値段を提示してもらえる 実際に荷物を見てもらうことで、必要な人員数やトラックの大きさが決められますので、その場で最適な値段を提示してもらえます。 たいていの業者はこの時「他の業者と比較してみてください」と言って帰ります。 依頼者は他社の見積もりも取ることを前提に訪問するわけです。 見積もり書を書いてもらえる 見積もりを行ったその場で、契約書に当たる「見積もり書」を作成してもらえます。 見積もり書があれば、後々になっていろいろな理由をつけて値上げされる、というようなことを防げます。 訪問見積もりのデメリット ある程度は時間を取らなければならない 訪問見積もりにはそれなりに時間がかかります。 単身の引越しの場合は10分程度で終わることもありますが、家族で引越すとなると、見積もりに1時間以上かかることはざらにある話です。 「仕事が忙しくでなかなか時間が取れない!」という人には悩ましい話ですが、中には夜遅くでも訪問してくれる業者もあるので、相談するのがよいでしょう。 知らない人を家に上げなければならない もちろん営業担当は赤の他人。 知らない家に上げるのには抵抗がある人もいるかもしれません。 しかし、営業担当にしてみれば、1日に何件も回っているわけですから、例え家の中が散らかっていようとさほど気にしてはいないのです。 断りを入れなければならない せっかく複数の業者が訪問してくれても、最後に頼めるのは1社のみ。 それ以外の業者には断りを入れなければなりません。 なかなか心苦しいことではありますが、仕方のないことなのです。 電話で見積もりする 業者との電話で見積もりを取ってもらう方法です。 次のようなメリットがあります。 電話見積もりのデメリット 電話見積もりはデメリットのほうが大きい感は否めません。 そもそも電話では見積もってくれない 多くの業者は、電話見積もりは単身者の引越しに限っています。 単身者の荷物の量はだいたい相場が決まっているからなのですが、家族での引越しとなると、家庭によって荷物の量は大きく違ってきます。 それ故、多くの業者は、家族での引越しの場合は電話見積もりは受け付けません。 長電話になる 電話見積もりの場合、名前や現住所、引越し先の住所等のほかに、どんな荷物がどれくらいあるのかを全て伝えなければなりません。 これを電話で行うと短くても15分、長ければ30分はかかると身構えておく必要があります。 もちろん複数の業者に電話で見積もる場合、その分時間がかかります。 段ボールは自分で用意しなければいけない業者も 電話見積もりでは、段ボールは自分で用意しなければならないこともあるようです。 とはいっても、私自身が引越しの際に電話見積もりを使った際には後日段ボールを届けてもらえましたが……。 こればかりは業者によりけりのようです。 料金が高くなる 電話見積もりの場合、訪問見積もりよりも高い料金が提示されます。 引越し当日になって「見積もりの時に言っていなかったんだけどこれも……」というように荷物が増えてトラックに載せきれない、ということを防ぐため、電話見積もりでは申告した分よりもあらかじめ荷物の量が多めに設定されるからです。 情報がうまく伝達されないことも 見積もりの際にはきちんと伝えたのに、業者から「こんなに荷物があるなんて聞いていない」と言われるという具合に、こちらが電話で伝えた情報と、引越し当日に業者が把握している情報に食い違いが生じている、ということがあります。 電話での見積もりではままあるトラブルと言われています。 見積もりサイト経由で依頼する 見積もりサイトを使うデメリット 便利な見積もりサイトですが、デメリットもあります。 サイトによって見積もり価格がバラバラのことも 同じ条件を入力しても、見積もりサイトAと見積もりサイトBでは同じ会社でも見積もり価格が異なるということがあります。 複数の見積もりサイトでさらに比較するのが良いでしょう。 業者からの電話が止まない 詳しくは後述します。 見積もりの注意点 見積もりの注意点は、どのようなものがあるでしょうか。 見積もりで失敗しないためには 見積もりで失敗しないために心得ておくべきことをリストアップしました。 引越し日がおおよそ決まってから見積もる 見積もりは、引越しの日時が決まってからか、複数の日にちが挙げられるようになってからにしましょう。 見積もりの際に「日時はいつでもいい」などと伝えてしまうと、業者は困ってしまいます。 平日なのか土日なのか、また3月下旬~4月上旬の引越し繁忙期と重なるのか等で料金は変動します。 「いつでもいい」と言われると適切な値段が出せず、一番高い見積もり料金を提示しなければならないことになってしまいます。 荷物の詳細をしっかり伝える 上でも書いたことですが、後々トラブルになることを防ぐためにも、運んでもらう荷物は全て伝えましょう。 申告漏れならまだしも、見積もりの際に「これは自分で運びます」と伝えたのに当日「運べ」と言っても、業者は運んでくれないか、運んでくれても割増料金が付きます。 引越し先の周辺の道路は? 見積もりの前に、引越し先の物件の周辺の道路の大きさを確認しておきましょう。 それなりの道幅のある道路でないとトラックが入れず、少し離れたところで荷物を降ろして運ぶ、ということになります。 事前に把握して伝えれば問題ありませんが、当日にこういう状況になれば割増料金がかかります。 訪問見積もりは1社ずつ 訪問見積もりの際は1社ずつ行いましょう。 「時間がないからとめて入って見積もってもらおう」と同じ時間で複数の業者を呼んで見積もりをお願いするというのは、業者にも悪い印象を与えてしまうのでやめましょう。 「安かろう悪かろう」にならないようにするためには? 引越しの際の出費は大きいものですから、なるべく安い業者を選ぼうとするのは当然の心理ですよね。 安い業者を選ぶ際の注意点としては、いかなる見積もりの方法であれ、 「複数の業者と比較する」ということです。 最初の1社目の営業マンが「今この場で契約してくれたらもっと安くしますよ!」と言ってきても、そこは心を強く持って「他と比較してみます」と宣言しましょう。 昔から「安物買いの銭失い」という言い回しもあるように、安さにはなにか裏があるはずです。 1番安い業者を選んだら作業が雑で、家具に傷が付いてしまった、なんていう話はよく聞きます。 もしかしたら、数千円高いけど口コミはとても良い業者があるかも知れません。 見積もりサイト上の口コミ等を参照し、本当に安くて質が高い業者なのか、他の業者と比較しながら確かめましょう。 まとめ 引越しの見積もりのあれこれについて見てまいりました。

次の