コロナ 感染 者 関西。 兵庫県 新型コロナ関連情報

<新型コロナ>帰国者「感染心配だった」 成田で検査 → 中部国際で待機 帰宅まで丸2日:東京新聞 TOKYO Web

コロナ 感染 者 関西

福岡ルートの感染集団は、70代の男性医師(5月9日死亡)ら計12人。 医師と同居していた妻や、立ち寄り先の「接客を伴う飲食店」関係者、乗車したタクシーの運転手、受診した病院の医療スタッフに感染が広がった。 市は、感染者二十数人分の検体のゲノム解析を国立感染症研究所に依頼。 その結果、医師ら計12人の検体のゲノム配列が一致し、福岡の感染グループとも共通していたことから、福岡から熊本への感染経路が推定できるという。 関西ルートとみられるのは、馬肉料理店の経営者家族や従業員の計4人。 海外からの直接ルートは温浴施設利用者ら計5人。 市関係者は「関西や海外から訪れた人が熊本にウイルスを持ち込んだ可能性がある」とみている。 一方、感染が判明して入院し、退院後に再び陽性となった女性のゲノム解析も依頼していたが、試料の不足で判定不能だった。 体内に残ったウイルスの「再燃」か、別ルートで再感染したのかは解明できなかった。 (古川努).

次の

熊本市の感染集団に3ルート 福岡、関西、海外…ゲノム解析で推定|【西日本新聞ニュース】

コロナ 感染 者 関西

府内の感染者数に占める経路不明者は増加傾向にあり、大阪だけでなく他府県との広域連携を通じて押さえ込みを図りたい考えだ。 吉村知事は8日、府庁でインターネット中継された全国知事会会議に出席し、民間事業者らに休業要請した場合の損失補償などについて意見を交わした。 直後に新型コロナ対策を担う西村康稔経済再生担当相や、大阪と同様に緊急事態宣言の対象地域となった6都県の知事とのネット会議に参加し、西村氏に重症者の病床確保への支援を要請、「新型コロナ対策をやればやるほど医療機関は赤字になる」と訴えた。 午後には神戸市内へ移動すると関西広域連合の会議に出席。 その後の定例記者会見では「他県との連携は大切だ。 協力して新型コロナ対策をやる」と述べた。 爆発的な患者急増(オーバーシュート)までには至っていないが、大阪府の感染状況は予断を許さない。 政府が緊急事態宣言の対象地域選定にあたり重視したのは、(1)都道府県ごとの累計感染者数(2)7日間ごとに集計した感染経路不明者が倍増するまでの日数(倍加時間)(3)感染者数に占める経路不明者の割合-だ。 宣言前日の6日までに大阪府で確認された感染者数は428人で、うち半数の215人が経路不明者だ。 倍加時間は短いほど感染拡大の状況が深刻といえ、国の専門家によると大阪府の倍加時間は東京都(5日)に迫る6・6日という。

次の

新型コロナ、経路判明はライブハウスのクラスターだけ 姫路の女性看護師、濃厚接触約90人「市中感染」解明の道遠く

コロナ 感染 者 関西

データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

次の