すけ ベイス 由来。 【名探偵コナン】キャラクターたちの名前の由来・元ネタまとめ

スケベ椅子ってなに?病みつきになる使い方を解説!

すけ ベイス 由来

歴史 [ ] ソープランドは、後述するようにになってからの名称で、それ以前は「」(しばしば略して「トルコ」)と呼ばれていた。 古くは、(7年)に発表されたの『』に「トルコ風呂」についての記述がある。 女性がマッサージをする蒸し風呂が当時の上海にあり、日本でも知られていた。 もともと地域の伝統的な公衆浴場()は蒸し風呂(スチーム・サウナ)で、中では垢すりのサービスが行われていたので、これが20世紀初頭まで中東随一の大国であったの名前で日本に紹介されたものとみられる。 女性がマッサージを行う個室浴場の店舗としての「トルコ風呂」が日本で初めて誕生したのは、(昭和26年)にに開店した東京温泉である。 経営者は現代史の怪人とも呼ばれるで、の日本代表選手として海外渡航した際にスチーム・サウナに感動し、日本初の「トルコ風呂」を開業したという。 サウナ施設がメインで、女性(ミストルコ)がマッサージサービスを行うもので、女性は着衣のまま性的なサービスも厳禁 、その後も同店はこの姿勢を崩さなかった。 なお、これ以前に性的サービスを行う「トルコ風呂」が存在していた旨をが述べているが、確認できるものはない。 性風俗の過激化 [ ] トルコ風呂は、個室内で裸の男性に対して女性がマッサージを行うことから、東京温泉以外では、性的サービスを行う店舗が増えていった。 トルコ風呂専従記者であったの『ちろりん村顛末記』『戦後性風俗大系』によれば、ソープランド/トルコ風呂の歴史概略は以下のようである。 1953年(昭和28年):都内20店・全国70店に拡大。 手を使ってをマッサージし、快楽に導く「スペシャルサービス」(おスペ)が売り物になりミス・トルコの呼び名も広がっていく。 1958年(昭和33年):施行。 廃止に伴い赤線女性のトルコ風呂流入。 同年は、都内33店・全国で100店を超える。 1960年(昭和35年):さらに全国的に店舗が増加。 都内67店・全国167店。 ただしでは、旧赤線を引継いだが残っていたため、増加傾向やサービスの過激化は、が主流となる。 1963年(昭和38年):赤線廃止後、本番サービスが中心となっていたが、を控えて、東京浄化運動による取締りが強化され、おスペサービスが限界となったという。 1966年(昭和41年):トルコ風呂がの適用を受ける。 また、この年初めて正確な調査が行われた。 全国706店(東京都208店・神奈川県54店・千葉県28店・北海道25店・福島県7店・岐阜県30店・福岡県18店)という結果であった。 1969年(昭和44年):に開店した川崎城に勤めていた濱田を名乗る女性が「泡踊り」と呼ばれるサービスを考案。 1970年(昭和45年):・・週刊現代の順に、トルコ風呂に関する記事が大きく展開されていく。 改名問題 [ ] 「トルコ風呂」が性風俗店の名称として大衆化されるとともに、主に日本に在住・滞在する出身者の間で、日本の性風俗店に自国の名称が使われていることに対する反発がつのっていたが、1984年(昭和59年)、でを学んでいたトルコ人留学生が当時のに名称変更を訴え出たことが発端となり、この問題は広く公になった。 そこで、「東京都特殊浴場協会」が「トルコ風呂」に代わる名称を公募して、1984年(昭和59年)12月19日、「ソープランド」と改称した(も参照)。 なお、当時サンジャクリがトルコ風呂の名称問題で相談していたのはで、そのことを1985年(昭和60年)4月11日付けの夕刊で認めている。 法律上の位置づけ [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 ソープランドは(風適法)に定める店舗型性風俗特殊営業である。 風適法第2条第6項1号では「浴場業( (昭和二十三年法律第百三十九号)第一条第一項に規定するを業として経営することをいう)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されており、公衆浴場としての条件も満たす必要がある。 そのための検査が行われる。 風俗営業の為、18歳未満は客・従業員ともに立ち入り禁止である(風適法第18条)。 2018年のに際して、被災者向けに性風俗営業なしで風呂のみ提供した店舗があった。 公衆浴場としての条件を満たしているために、こうした営業が可能であった。 かつては「 個室付き特殊浴場」と呼ばれた。 「トルコ風呂」は個室サウナという位置づけで、個室には必ずサウナ施設が付けられていた。 現在は公衆浴場法が改正され、特殊浴場という規定はなくなっている(法律での明文は無くなったが、の適用を受けない「 その他の公衆浴場」の一種という扱いをされている )。 また、では風適法第2条第6項1号に定める営業を「 個室付浴場業」「 個室付浴場業に係る公衆浴場」と定義し、以外での建築を禁止している。 売春防止法 [ ] では単純に対する罰則はなく、客とが金銭を介して性交渉を行っても摘発することはできない。 しかし、経営者側が客や女性に売春のための場所を提供することは、売春防止法でいう「場所提供」にあたり、また女性の勤務を管理することは「」にあたり、違法である。 入浴料とサービス料を別としたり、ローションや避妊具などの管理を、女性の裁量に任せているのも、はであり、店舗で管理売春でないことを明確にするためである。 実際、女性の自由意志で外出ができない状況が常態化していることが、物証や証言により確認できた場合に、勤務中(つまり管理売春)とみなされるという過去の判例が複数存在する。 なお、第3条に、単純売春に対する罰則規定が存在しない背景については、案の審議の際ののによると、次の通りである。 「立証が極度に困難であり、かつ、徹底的な立証をしようとすればの非難さえ生じ得る」こと。 勧誘(第5条)や売春を助長する行為(第6条 - 策15条)を処罰することなどで、法律の目的を達しようとするものであること。 現況 [ ] 日本 [ ] 現在ではソープランドの新規出店が一部地域を除き規制されているため店舗数は減少に向かう方向にあり、2004年(平成16年)末時点で1,304店舗にまで落ち込んでいる。 これは1985年(昭和60年)に強化された行政の締め付け、の流行、、性風俗の多様化、若年層の風俗離れなどが考えられている。 18-19歳の女性の雇用に関しては、特に法令上の禁止条項はないが、一部地域を除き、雇用されていない(警察の指導による業界団体の自主規制と考えられる)。 所轄が就労するの(就労者が保持者で、尚且つ年齢ある事の証明)の提示や従業員名簿を提出することを指導しており、の立ち入り検査による店舗内の衛生状況の検査や指導なども行われている。 新規出店が規制されているソープランドは、息の長い高収益営業を目指しており、特に保健所の指導によるの検査も積極的に行っている。 世界の現状 [ ] では、「按摩施術所」と言う名称で、日本と同様店舗型で営業している。 韓国でもソープランドに「 터키탕 トルコ風呂、トッキータン 」の名称が使用されていたが、1997年(平成9年)、日本と同じようにトルコ政府から異議の申し立てを受け、公衆衛生法施行令を改正し 터키탕(トルコ風呂)の呼称を公式に 증기탕(蒸気風呂)に変更するも 、現在「按摩施術所」や「按摩房」(房(バン、:방)とは店舗を指す)などの名称が一般的に使われている。 なお、「按摩」を冠した名称で営業している施設であっても、性的なサービスを提供していない、単なるマッサージ業が多い(「男女共用」「退廃禁止」など、店の看板に記載している場合も多い)。 でもは違法であるものの、 洗浴中心(入浴センター)の個室において、類似のサービスを行うものが見られる。 これは、など大都市に限らず、地方都市にも存在している。 立地 [ ] ソープ街(2009年) 日本 [ ] 日本国内にはソープランドが集中している区域、いわゆるソープ街がいくつか見られる。 この中にはかつて公認の売春地域、いわゆる地域、またはに由来するものがあるが、かつての赤線経営者がそのまま営業を続けているとは限らない。 として知られる地域にもソープランド街があるが、イメージ低下を避けるため雄琴温泉や道後温泉のように本来の温泉街と隔離されたり、中山温泉のように性風俗産業の取り締まり強化により衰退している場合が多い。 では1号営業と定められており、他のと比較して規制が非常に厳しい。 現在は各地方自治体のなどによりほとんどの地域で新規出店は出来ないが、改修は可能であるので、新規参入などの場合はもともとあった店舗を借り、それを改修する。 この際、全面改修は新築とみなされるので、内装工事と外装工事は分けて行われる。 ソープランド街 [ ] 柳筋入口 代表的なソープランド街一覧 地域名 所在地 旧名 届出店舗数 補足 薄野遊郭 他の地区と異なり、店舗所在地にまとまりがなく点在している。 川反 国分町 最大の歓楽街である。 天王町 茨城県桜町 二丁目のみ。 江野町 宮町四丁目の通称。 埼玉県西川口 西口の一部。 約160店 旧地帯。 約160店が出店しており、である。 東京都池袋 北口に集中。 東京都歌舞伎町 一丁目に密集している。 栄町 からやや離れたエリアに集中。 旧青線地帯。 川崎市川崎区 旧赤線地帯。 神奈川県 昭和新道のみ。 加賀市 歓楽街の通称。 春桜会通りのみ。 大門 旧赤線地帯。 苗鹿 苗鹿三丁目のみ。 後期になって、雄琴温泉そばの民家さえ無いの中に突然出来たため、他のソープランド街とは異質である。 福原 旧赤線地帯。 四日市・津 および 旧赤線地帯。 薬研堀・弥生町 三丁目の歓楽街・まるは通りのみ。 八重垣遊郭 旧赤線地帯。 秋田町 道後多幸町のみ。 堺町 中洲一丁目の通称。 佐賀県 中央街 元町 上野町・ 橋通西は二丁目・三丁目のみ。 沖之村遊郭 8番街区のみ。 辻 条例で定める日本国内のソープランド営業禁止地域 [ ] 各都道府県で定める「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例」により、ソープランド(第2条第6項第1号に定める店舗型性風俗特殊営業)は、以下の地域で営業を禁止されている(2009年(平成21年)現在)。 ただし、同法第28条3項にあるように、下記地域での営業禁止は、条例の施行または適用の際現に届出書を提出して店舗型性風俗特殊営業を営んでいる者の当該店舗型性風俗特殊営業については、適用しない。 都道府県内で禁止されているが、記述する地域で許可されているところ 天王町・泉町三丁目の一部、2丁目の一部以外と、日立市、古河市、石岡市、結城市、竜ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、東茨城郡、那珂郡、久慈郡、稲敷郡、結城郡、猿島郡、北相馬郡以外の地域 市江野町・池上町の一部と、足利市、小山市、栃木市、佐野市、鹿沼市、真岡市、大田原市、日光市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡、上都賀郡、芳賀郡、下都賀郡、塩谷郡、那須郡以外の地域 利根町根利字トザワ区域と、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市、北群馬郡、多野郡、甘楽郡、吾妻郡、利根郡、佐波郡、邑楽郡以外の地域 大宮区宮町、の一部 中央区栄町の一部と、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、印旛郡、香取郡、山武郡、長生郡、夷隅郡、安房郡以外の地域 4丁目16番 - 32番、41番 - 48番までの地域 の国道156号の両側の路端 - 700m以外の利賀村北原・長崎・大牧・下原・栃原・新山区域と、、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、射水市、中新川郡、下新川郡以外の地域 、、七尾市、加賀市、羽咋市、輪島市、珠洲市、かほく市、白山市、能美市、能美郡、石川郡、河北郡、羽咋郡、鹿島郡、鳳珠郡以外の地域 、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、吉田郡、今立郡、南条郡、丹生郡、三方郡、大飯郡、三方上中郡以外の地域 大字字腰巻・大手2丁目の一部と、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ケ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、南佐久郡、北佐久郡、小県郡、諏訪郡、上伊那郡、下伊那郡、木曽郡、東筑摩郡、北安曇郡、埴科郡、上高井郡、下高井郡、上水内郡、下水内郡以外の地域 渚町と、下田市、伊豆市、伊豆の国市、伊東市、三島市、沼津市、裾野市、御殿場市、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、磐田市、浜松市、湖西市、賀茂郡、田方郡、駿東郡、榛原郡、周智郡以外の地域 ・いなべ市・のうち8番・9番・12番・13番の街区、西新地4番・5番・6番の街区以外、街区の一部と、亀山市、鈴鹿市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、熊野市、伊賀市、名張市、三重県内各郡以外の地域 、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市、海草郡、伊都郡、有田郡、日高郡、西牟婁郡、東牟婁郡以外の地域• 3丁目の区域のうち、市道皆生温泉20号線、市道皆生温泉13号線、市道皆生温泉11号線、市道皆生温泉14号線によって囲まれた区域• 大字三朝の区域のうち、県道鳥取鹿野倉吉線、町道堂小路線、町道三朝砂原線、町道川岸線及び三徳川左岸によって囲まれた区域 島根県の区域のうち、玉湯町玉造323番地の先、勾玉橋右岸側の下流端を中心として半径30m以内の区域 、、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気郡、都窪郡、浅口郡、小田郡、真庭郡、苫田郡、勝田郡、英田郡、久米郡、加賀郡以外の地域(許可されている場所はなくて県内全域が営業禁止になっていると思ってよい) 中区薬研堀一番街区、四番街区、五番街区、八番街区と弥生町三番街区、六番街区 2丁目、3丁目、4丁目の公安委員会規則で定めるもの 1丁目、1丁目、 の市道東浜4号線・14号線・6号線・により囲まれた区域と、琴平町の町道北富士見町線・南新町線・栄町東裏通2号線、琴平町字川東250番6地先~琴平町字川東246番2地先までの町有地である道路、町道大宮新地川筋線により囲まれた区域 道後多幸町のうち、県道六軒家石手線の各一側について幅20m以内の区域 堺町(1番街区から9番街区までを除く)と与力町1番、8番、9番街区 船頭町3番と1丁目・2丁目 、の一部 中央区中央街の4番・6番・8番・10番・11番 、元町・楠町の公安委員会規則で定める道路の側端から10m以内の区域と、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡、速見郡、玖珠郡以外の地域 2丁目・3丁目、と中央通の一部 8番区域 2丁目10番 - 22番、24番・25番を除く区域と名護市、うるま市、沖縄市、宜野湾市、浦添市、豊見城市、南城市、糸満市、宮古島市、石垣市、国頭郡、中頭郡、島尻郡、宮古郡、八重山郡以外の地域 一般的な個室内の様子 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年8月) ソファーや鏡台などが置いてあるスペースにベッド(マッサージ台)が置いてある。 そのとなりに洗い場と浴槽があり、マットが置いてあることが多い。 スペースの関係でマットを壁に立てかけて置いてある場合も多い。 かつては、「 個室付き特殊浴場」であったため、必ずサウナ設備(ボックス)が置いてあった。 また、都道府県条例の規定により部屋を密閉できないよう、ドアに大きなのぞき窓(ガラスや柵など、遮断するようなものは付けていない)をつけたり、ドア自体がなくカーテンで仕切るところもある。 一般的なシステム [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年8月) 好みのソープ嬢がいる場合は指名することもできる。 以前入って気にいったソープ嬢を指名する「本指名」と、店頭や雑誌・ネットで写真を見て指名する「写真指名」「雑誌指名」がある。 指名をしないで店に任せることは「フリー」と呼ばれる。 受付で 入浴料(部屋の使用料という名目で、これが店の収入になる)を払うとホテルのロビーのような待合室に通される。 本指名でない場合は、ここで出勤中のソープ嬢の写真をみて選ぶこともできる。 少し待った後ソープ嬢と対面し、その女性が部屋に案内する。 部屋ではお互い服を脱ぎ、いわゆるに座って全裸の女性に体を洗ってもらう(いす洗い)。 風呂に入り、なるサービスなどを受け、その後泡踊りといわれるエアマット上のサービスを受ける(ボディ洗い)。 その際性交を行う場合もある。 休憩を挟んだ後、ベッドに移って性交を行う。 時間が来るとサービスは終了。 ソープ嬢に サービス料を支払う。 ただし、後述の ランク別のサービスと料金にあるように、店のランクや店ごとのスタイルによって、行われる行為の内容・手順及び支払う料金は異なってくる。 サービス料はソープ嬢の(性的な)サービスに対する対価で、入浴料のだいたい2 - 3倍であるが、これはソープ嬢と客の自由意思の範疇で行われているということになっている。 部屋を出る前にソープ嬢から自分の出勤日などを記入した名刺をもらうことが多い。 その他 [ ]• もともとソープ嬢はプロ意識・職人気質が強く、以前はサービス中にをしない者が多かった。 これは「体を売っても、心までは売らない」 という意志を象徴していた。 しかし、1980年代に恋人風のサービスが始まり、近年では普通にサービスの一環として行われるようになった。 入浴料1万円、サービス料2万円の場合、俗に ワンツーの店などと言うこともある。 サービスはあくまで男女間の合意に基づくという建前のため、ソープを紹介する雑誌などには入浴料までしか表示していない場合も多い。 また、サービス料を含めた全料金を受付などで支払う総額制のソープランドも多く見られる。 「駅前ソープ」と呼ばれる店がある。 ソープの集中する地域以外の駅前にある店で、「本番」行為はなく同様な 遵法的で良心的な? サービスを受けられる、総額料金1万円前後が多い。 関西(特に、ソープランドの営業が全域で禁止の大阪府)では「ソープ(ランド)」の語を嫌い「マットヘルス」と呼ぶことが多く、近隣にソープランドがない(大阪市内から最寄りのソープランドは兵庫県尼崎市)為、料金も通常のソープランドの格安店並みである。 用語は下記の「ソープランドに関する語」を参照 ランク別のサービスと料金 [ ] 料金は店の格式によって多様で、サービス内容も異なる。 吉原や堀之内などでは高級店・中級店・大衆店(格安店)に分類されるが、地方によっては高級店と大衆店に分けられる。 値段の違いは、接客時間、女性の質、店舗の雰囲気のほか、仕事的な感じを与えないかどうかの違いがある。 高級店(上級店) [ ] 店内は高級を思わせる造りと雰囲気で、ソープ嬢も美貌とスタイルとテクニック、高度な接客態度を兼ね備えていることが多い。 ベテランが多く在籍し、、やその他個々のソープ嬢の持っている技術で、ソープランドの技を堪能させてくれるタイプの店や、ベテランと若い女性を両方用意している店もある。 ただし店の方針によっては、言葉遣いなどの応対や、接客技術にも一定の水準が求められるため、若い女性だとなかなか勤まらない場合も多く、必ずしも若い女性ばかりとは限らない。 接客時間も120分以上と長く、料金は地域によって差があるが、吉原や堀之内では概ね総額50,000から60,000円以上とされ、中級店がない地方では3万円以上が高級店と分類されている(2003年頃)。 関東では総額70,000円以上は「超高級店」とされている。 高級店は建物が広めであり 、待合室の入り口と待合室から個室へ向かうために出る場所は異なり他の客との鉢合わせを避けている。 高級店の特徴は、対面後すぐに身体の接触が始まり、入室後は時間を置かずに女性が男性の洋服を脱がせ、を行う、いわゆる即尺・即ベッド(即即)サービスが売り物になっていることが多い。 店のスタイルまたはソープ嬢の接客スタイルとして、どの程度まで身体接触を行うかの差はあるが、個室に入室する前に身体接触を行うこともある。 さらに、一通りサービスが終わった人は、待合室とは別の部屋、いわゆる上がり部屋に通されることになる。 一部の高級店にはNS嬢というソープ嬢が存在し、をせずにプレイをすることができる。 NS嬢とは「ノースキン」に由来する。 中級店 [ ] 接客時間は90分前後であり、料金は吉原や堀之内の場合総額30,000 - 50,000円前後(2003年頃)。 ソープ嬢の質は中程度。 接客開始場所は個室の中で始まることがほとんどである。 中級店クラスだと即尺・即ベッド(即即)サービスは行っていないことが多く、このため、入室後に身体の接触が始まる時間も高級店ほど早くないことが多い。 コンドームの使用を義務付ける店が多く、本番は2回可能なことが多い。 (先述の「ワンツーの店」は、かつては高級店の代名詞だったが、1990年代頃から高級店が増加したため、現在では大衆店の代名詞となっている)中には中級店であってもコンドームの使用をソープ嬢の自由にすることで、事実上、コンドームを使用しないで接客できるソープ嬢が在籍しているのを一つの売りにしている店もある。 大衆店(格安店) [ ] 接客時間は45 - 70分程度と短い。 総額は吉原・堀之内で20,000円前後、中級店の分類がない地方では3万円以下である(2003年頃)。 昨今の不況により、高級店では指名数が取りにくくなったソープ嬢が、薄利多売で大衆店などに移る現象もみられる。 また、大衆店や格安店であっても、他店と差をつけるために接客時間を長めに設定している店もある。 ソープ嬢 [ ] ソープランドで接客を行う女性をソープ嬢、や泡姫・姫という(かつてはトルコ嬢と呼んだ)。 1回の接客におけるソープ嬢の収入は、総額の料金が3万円以下の格安店では2万円以下、総額で5万円以下の大衆店では3万円以下、総額が7万円から10万円程度の高級店では4万5千円から6万円程度である。 ソープ嬢はの扱いであり、自分の割り当てられた個室の管理をある程度任されており、一般に店内での・・類・・などは本人負担である。 本人負担といっても、これらは店を通して購入等がされるため、嬢が支払った経費の一部は店の利益になる。 このことが、入浴料無料サービスを行っても経営が成り立つ裏付けとなっている。 また、客である男性同様に入浴料を支払うことも多い。 一方、嬢がサービス料を無料にして常連客や知人を呼び込む場合もある。 これはノルマ達成や報奨金を目的としたもので、報奨金が大きい高級店とノルマが厳しい格安店に見られる傾向である。 男性従業員 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年8月) 公衆浴場として定期的に保健所が査察に入る。 自治体の条例や各保健所の指導方針でも異なるが、保健所の検査項目は、水質、個室内照明の照度、個室内の施設や衛生状態、遮蔽などの違反の有無などがある。 従業員の性病などの検査に関しては保健所が指導しているとの誤解が生じているが、実際保健所の観点では個室内の性的サービスは行っていないという建前であるので、条例などで定められている地域を除き、店を通しての性病管理は行っていない。 あくまでも浴場としての営業をする上での管理を中心に行っている。 基本的に避妊具など性的サービスを連想させる物は個室内にないことになっているので、査察で見つかった際には店には厳重注意や始末書、営業停止などの処分が下るのが一般的である。 エアーマットも御法度であり、査察の際にはエアーマットがないことになっている状態にする。 抜き打ち査察の際には男子従業員が屋上などに隠したり 、いざという時には備え付けのナイフや千枚通しなどでマットを切り裂き迅速に空気を抜き、残骸を倉庫や湯船の中の客の下などに隠して査察を乗り切ることもある。 吉原地域の場合、抜き打ち検査と一斉検査がありブロック単位で行われ、営業時間中に来ることが多いが、同じ都内でも新宿等は営業時間外に査察が来るケースも存在する。 また、西川口地域では、従業員に胸部X線レントゲン検査を義務とさせており、年1回保健所にて検査を実施している。 金津園では店舗休業日に保健所が査察に来ることが多い。 営業時間中に査察が入る地域で接客中に査察が来た場合は、客もコンパニオンも個室内で衣類を着用するなどをして性器や裸の露出は行わないようにし、マッサージを行っていたり会話を行っている風にやり過ごすのが一般的である。 ソープランドをテーマにした作品 [ ] を参照 ソープランドにまつわる事件 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年4月) 基本用語 [ ] ソープ嬢 ソープランドで男性に性的サービスをする女性従業員のこと。 泡姫とも呼ばれる。 公には一般的な女性接客係を意味すると呼ぶ。 ボーイ 店内の男性一般従業員を指す。 水商売では黒服と呼ばれる。 主に来店前後の接客応対や、部屋の片付けの手伝い、注文への応対、送迎車の運転などをする。 まれに案内役や電話受付などでコンパニオンではない女性従業員を採用している店も存在する。 店によって異なるが、入店年数や経験で昇格して肩書きが変わる。 新入りのボーイは、送迎車の運転や閉店後の掃除、備品補充などのコンパニオンと関わらない仕事から与えられ、徐々に入口の立番や個室のセットの手伝いや注文対応を任されるようになる。 フロント どの店にも大なり小なり必ずフロントが存在する。 ほとんどの店では、フロント担当には馴染み客を覚えている経験年数がある者しか座らせない。 フロント担当は電話応対、予約管理、付け回し、会計、個室からのオーダー電話やチケットとリストの管理、コンパニオンの雑費の精算等をこなす。 来店時にフロントに立ち寄らせて入浴料の会計をする店もあれば、いったん待合室に案内されてからボーイが待合室で入浴料の会計をする店とがある。 リスト 出勤・接客管理や予約を管理する紙、または付け回し担当を指す。 チケット チケットとは、お客の名前や会員番号と指名種別、割引有無やコースや上がり時間を書いてあり、コンパニオンが利用する紙を指す。 1回の接客で1枚の店と、1日で1枚の店があるが、チケットを使わない店もある。 1日1枚で使用しているチケットは1回毎にフロントに戻し、1回1枚のチケットは精算時にフロントに返す。 インターホン(インター、コールとも呼ぶ) フロントと個室や控え室を結ぶ直通電話。 仕事のお知らせ、接客終了の連絡、個室からのオーダー注文、トイレなども含め他の客やコンパニオンとバッティングしないように個室の出入り許可をフロントに得る等で利用する。 また、個室内でトラブルがあった際もまずインターでフロントに連絡する。 入浴時間がオーバーした際はフロントからインターホンを鳴らされる。 時計合わせ 個室とフロントの時刻を一致させるため、ほとんどの店では営業開始時や、コンパニオン入れ替え時にインターホンでフロントに問合せて時計あわせを行う(繁盛店は案内が重複しやすく時間ロスが発生しやすいため)。 コンパニオンによっては次の予約客の案内時間が押さないように、自主的に数分進めたりする場合もある。 フロントの時計が必ずしも時報の時刻と一致しているとは限らないので、個室の時計もこれに準じることになる。 部屋持ち 指名の多いコンパニオンに専用の固定の部屋を割り当てること。 高級店の場合、月収も数百万円を超える場合もあり、当然指名も取りにくい。 大衆・格安店でも部屋持ちのソープ嬢を置く場合もある。 コンパニオンの意向での部屋内の備品常設や飾り付けが許される。 上がる 女性がソープ業界から離れること。 一度やめても戻ってくる(「下がる」)女性が多いといわれる。 また、お客の入浴時間が終わることも「上がり」と呼ぶので、入浴後に男性従業員が最初にかける言葉は「お上がりなさいませ」となる。 飛ぶ コンパニオンや男性従業員が無断で店を辞めること。 大概は店の雰囲気についていけない者が多く取る行動だが、中にはコンパニオンや従業員からのイジメなど、パワハラやモラハラによって、これを選ぶ者も少なからずいる。 ひどい場合には店主導で成績の悪い、または嫌われたコンパニオンや従業員へ給与を払わなくてすむように無断退店に追い込む例もあり、その場合は「 飛ばし」と呼ぶ。 ソープランドに限らず、性風俗や水商売全体で浸透している用語だが、場合によっては一般企業でも用いられる。 お茶をひく 女性に客がなかなかつかずに時間を持て余している状態。 江戸時代の吉原では、客のいない暇な時間に実際にお茶を挽いていたとされる。 現代では、客が付かずに勤務時間が終わることを指す。 口開け その日の最初にソープ嬢に付いたお客さん。 ラスト 主に店全体での最終受付時間を指す。 店毎の入浴時間によってラスト案内の時間が異なる。 地域によって24時の閉店と客出しを徹底している地域と、地域によって24時過ぎまで受付をしている店があり、24時以降の表記を曖昧にするためにラストと表記する店もある。 日の出 風営法により深夜営業が出来ないため、する店も多い。 毎日違う日の出の時間を厳密に守る店もあれば、通年午前5時や午前6時を暫定のとして開店する店もあった。 夏期は日の出が午前4時過ぎで、冬期の日の出は午前7時過ぎになる関係もあり、それにかかる曖昧な時間として表記上だけは日の出と表記している店もあったが、2016年(平成28年)の改正風営法の施行により、季節に関係なく午前6時以降となった。 入会金 入会金には2つの形態があり、一つは会員権のように、優先予約権や割引価格で利用出来る権利がある任意会員の入会金で、入会しなくても入店は可能。 もう一つは初回来店者に必ず課している入会金とがある。 金津園では前者のシステムを採用しているタイプの店が多い。 会員制 スナックの扉に貼ってある会員制と同じ意味で、店のイメージを良くしたいという願望から表記されていることが多く、多くは広告を出したり一見客歓迎している店なので意味がない場合がほとんどであるが、熊本にある老舗店など、会員の紹介がないと入浴出来ない一見客お断りの店もごくわずか存在する。 通常、入会金がない会員制の店では、一度でも入っていれば会員扱いとなり、非会員客と区別する何らかの待遇サービスや、同じ会員制度でも来店頻度がより多い常連客を対象にVIP会員制度を設け、特別な割引やより多くの情報提供サービスを行っている店も存在する。 インターネット上のみの会員制度を設け、店に来たことがない客にもメールアドレスなどの登録だけで会員用ページの閲覧サービスを提供している店も存在する。 実来店の会員とネット会員2つの制度がある店では、同じ会員でも別の扱いで、予約可能時間等待遇に差がある場合が多い。 入浴料 入店時にフロントなどで男性従業員に支払う、風呂に入るための料金。 必ず別途サービス料が請求される。 サービス料 入浴料とは別に個室でコンパニオンに直接支払う料金。 しかし、コンパニオンから店へ雑費やフリー紹介料など、何らかの形で店側に支払うシステムになっており、サービス料が全額コンパニオンの収入になるわけではない。 入浴料の支払い時に一緒にサービス料を支払う店も存在する。 総額 ソープランドでの客が払う総額の料金、入浴料とサービス料と指名料がその内訳。 入浴料や指名料が無料や割引になっている場合や、時間帯ごとに変わる店もある。 入浴料に別途消費税が発生する店もあるので、事前に電話などでの問い合わせをすることが望ましい。 入浴料無料 来店客を増やすために店が行うシステムの一つ。 入浴料は無料でもコンパニオンへのサービス料は必ず発生する。 早朝や早い時間帯に行っているケースもあるが、終日入浴料無料をうたっている店も存在する。 入浴料に相当する金額をコンパニオンへのサービス料からの負担で賄われるので、サービス料が全額コンパニオンの報酬となるわけではない。 割引 割引を設定している店では、割引分を店が負担している場合と、コンパニオンが負担している場合とがある。 本指名 一度接客されたコンパニオンを再度指名すること。 「裏を返す」や「リピート指名」とも言われる。 同じ指名でも割引での入浴や写真やパネルでの再指名は本指名とならないシステムの店が大半である。 ほぼ全ての店舗はコンパニオンへ本指名でのリピート来店顧客を増やすよう指導しており、本指名が多いコンパニオンは店からも優遇される傾向にあるが、本指名が少ないコンパニオンは退店させられることがほとんどなので、コンパニオンは本指名を増やすために接客に励んでいる。 本指名の場合は、コンパニオンへ報酬を出している店もある。 店内略語は本指(ほんし)。 店のシステムによっては、コンパニオンへの指名を本指名とする条件に電話予約や以前入浴した際のコンパニオンの名刺の提示を求めるシステムの店も存在する。 フリー 本来、接客するコンパニオンを店にお任せする意味であったが、競争の激化で来店後の写真やパネルでの指名もフリーとなる店が大半になった。 店が客を紹介しているという建前で、コンパニオンへのサービス料から店に報酬を支払うシステムを採用している店も大半であり、総額が高くなる程本指名とフリーでコンパニオンの報酬の価格差が広がる傾向である。 フリーでも来店時刻での予約は可能である。 初来店の客は一切指名が出来ないシステムの店も存在する。 写真フリー・店内パネル指名 店舗に来店してから店が準備してある写真等でコンパニオンを指名すること。 サービス競争の激化から、フリーでも写真で選べるようになった経緯上、他の風俗とは違い、客側からは店内で写真指名しても、指名とは言えずにフリー扱いとなる店がほとんどである。 本指名やネット指名とは異なるのでコンパニオンの指名ポイントにもならず、バックも上がらないシステムが一般的である。 一度接客したコンパニオンに写真フリーやパネル指名で入浴する場合は、入浴するまでの間に店に一度接客経験がある旨を伝えないとほとんどの店舗がフリー同様となり、コンパニオンの指名ポイントとならず、本指名と比較して報酬も減るシステムの場合が多い。 インターネット指名・雑誌指名・P指名 インターネットや雑誌でのコンパニオン紹介を見て予約で指名すること。 ほとんどのケースが初対面であるため、写真フリー同様にコンパニオンの指名ポイントとならず、本指名より報酬も減るシステムの場合もある。 アルバム 入浴後の客を対象に、他の在籍女性を紹介するアルバムを用意している店も存在する。 雑誌やインターネット上では顔写真を出していないコンパニオンもアルバムでは顔を確認出来る写真を掲載していることがほとんどである。 指名ランキング 通常は本指名の数の多い順のランキングであるが、ロングコースでもショートコースでも同じ数(客数のみ)で計算したり、逆にポイント制を設けて120分コースでは3P、60分コースでは1P等、時間換算以上のポイント制を与えたりする計算の店や、本指名とネット指名数の総合でランキングを決めている店や、指名数ではなくネットのアクセスランキングを基に作成していたり、店によっては本指名率でのランキングの場合もあったりなど、店によって色々なカウント方法と順位付けシステムがある。 本指名数ランキング上位のコンパニオンでも、一部の顧客による貸し切り状態も考えられるため、純粋にリピート本指名顧客数の多いコンパニオンであるかはランキング上では分からない。 指名ノルマ コンパニオン同士を競争させるために、指名ノルマを課す店も多い。 目標をクリアするとボーナスがあったり手取りが上がる店や、逆にノルマ以下だと手取りが下げられる店と同じノルマといえども色々違う。 切り返し コンパニオンと対面してから行う延長のこと。 店によっては延長用の時間設定と料金が別途ある場合もある。 フリーでも切り返しでダブル以上にした場合、2枠目以降はコンパニオンへの本指名となる。 手取り(バック) 雑費を引く前の段階のコンパニオンの取り分に当たる金額。 客が払うサービス料と一致しないことが多い。 雑費 コンパニオンが使う店内の消耗品などの代金を店に払うこと。 雑費が存在しない店は稀である。 フリー扱いの客が多く付くと雑費が増える店もある。 付いた客数で雑費が決まる場合と、1回出勤分で雑費が決まる場合があり、1客分100円 - 1日最大30,000円以上まで様々ある。 税金 店がコンパニオンから徴収する雑費の一種のような位置付け。 サラリーマンや自営業者の所得税や源泉徴収とは全く別物である。 地域によっては組合や自治体に納める費用であったり、客の入浴料分の消費税をコンパニオンに負担させる店もあるが、そのような取り決めのない地域の店の場合は単なる店の収入源となっている場合も多くある。 ボーナス ソープランドの男子従業員(ボーイ)は、盆暮れのボーナスや賞与の制度がなかったことから、コンパニオンがボーイ達をねぎらう目的でコンパニオン達から自主的にボーナスを与えていた習わしが、時代とともに自主的という名の強制となり、金額も店が主導で定められるように変化していった。 コンパニオンの出勤日数や稼ぎの金額は関係なく一律であることが多い。 店主導の強制徴収となってしまった近年では雑費同様に店の収入源となるだけで、全額がボーイの手に渡ることはまれである。 大入り 店の売り上げが一定目標以上に達した場合、店の経営者から従業員に大入りが出る店もある。 確認電話 予約時に、指名かどうかにかかわらず、来店意思を確認するために店が指定した時間までに客に意思連絡をさせるシステムのこと。 システムによっては数回必要になる場合もある。 確認電話を決められた時間までにしなかった場合キャンセル扱いとされ、他に入浴を希望している客が優先される。 送迎車 駅から離れた場所にある店舗は、駅からの往復を無料サービスする送迎車を持っている場合がある。 送迎車として高級外車や高級車を使う店が多く、店外でのサービス競争のひとつとなっている。 送迎車待ち合わせ場所は、店への最短出口や最寄り駅でない場合もある。 送迎車を使う際は予約時に店に希望する必要がある。 姫予約 店がコンパニオンの予約を開始する前に、コンパニオン自身があらかじめ客の予約を取り次いで店に予約を入れること。 コンパニオン自身が客を選ぶことができる唯一の方法である。 コンパニオンとの連絡先交換を禁止している店が近年では多くなってきているため、姫予約が出来る店は限られてきている。 出禁(できん) 出入り禁止のこと。 客がソープ嬢や店に対して明らかに多大な迷惑をかけた場合には、入店禁止措置(店舗からの半永久的なパージ)が取られる場合がある。 例えば結婚を迫ったり行為をした場合などである。 店の禁止事項を守れない客、店の客としてふさわしくない客、コンパニオンが接客するのが苦痛だとクレームが出た客も出入り禁止となる。 店単位での出入り禁止と、コンパニオン単位の出入り禁止が存在する。 アンケート コンパニオンの接客内容に関して、男性従業員が客に満足度等をリサーチすること。 アンケートの内容次第でコンパニオンが指導されるケースもある。 アンケートはコンパニオンが希望すると閲覧が可能であるのが一般的である。 恒常的な定期的なアンケートのほかに、その店での初出勤の場合や入店後日の浅いケースでは、店によるフォローの一環として男性従業員が客に聞き取り調査することもある。 振替 事前にコンパニオン指名予約をしているにもかかわらず、客を来店させてから店の勝手な都合で他のコンパニオンでの入浴を強引に勧められること。 元々出勤していないコンパニオンで来店予約を受ける場合のケースと、出勤中のコンパニオンの予約をダブルブッキングで受けてのケースと、店側の優遇しているコンパニオンに振替されるケースがある。 外出 裏メニュー扱いで、本指名のトリプル(3枠分又は5時間以上が多い)以上でコンパニオンと外出を許可している店もある。 基本的にコンパニオンが外出用の服装を準備する必要があるために事前予約が必要であり、決められた時間までに店に戻らなくてはいけない。 コンパニオンが拒否した場合は外出ができない。 外出しても店に戻ってきて店内で残り時間を過ごすことも可能である。 店によっては外出前に行動範囲を制限したり、身分証明を求めるのが一般的である。 薬物検査 コンパニオンが麻薬や禁止薬物を店でも使用していたことが捜査で明らかになった店では、店にも強制捜査が入り、営業停止等の処分を科せられ、営業不可能となると経営に大きな痛手を与えることになるため、店が強制で薬物検査を実施する店もある。 衛生管理 ソープランドの求人などの項目でよく使われているが、何の衛生なのか明記されることもなく、諸事情から性的サービスを連想させる単語を明記できない理由もあり、『衛生管理万全で安心』と書いてあっても、性病検査結果提出義務のない店や、コンドームを使わない接客サービスが売りの店も多く存在し、ほぼ意味のない言葉となっている。 案内所・紹介所 風俗街の片隅で紹介業を営む店が存在し、ポン引きとは違って路上での営業はせず、店舗形式で営業している。 地域によって呼称や営業形態がさまざまであり、いかにもという案内所から、喫茶店を装ったものまである。 店が決まっていない客に店を紹介し、入浴が決まったらお店の送迎等で目的のお店に案内されるのが一般的である。 案内所のメリットは、風俗街に不慣れでも予算と目的に合った店を紹介してもらい、数店から写真などで選ぶことも可能である。 この時の写真はインターネット等の写真と異なり、写真フリーの写真同様に目線等が入っていない写真であることが多い。 基本的に紹介した店からバックマージンを得て成り立っているので、客が紹介料を負担することはない。 ポン引き 路上での客引きの担当を指す言葉だが、ソープランドの場合は多くの地域で店の前の路上での客引きはもちろん、店の入り口に立つことも自治体条例で規制されていることが多く、ソープランド関係でのポン引きとは、路上で違法営業の風俗店へ客引きしている人を指すのが一般的である。 違法営業故、深夜も営業していることが多い。 男性とは限らず、女性も存在する。 2004年(平成16年)7月には、吉原でを着た老婆が路上で客引きをし、売春防止法の斡旋容疑で逮捕されたケースも存在する。 本(単位) 客を数える単位は、人では無く『本(ぽん)』である。 営業スタイル [ ] 2回戦 2回目のプレイのこと。 マットで一度性交した後、休憩しベッドで2度目の性交をする場合が多い。 必ずしも2回全て射精することを指すわけではない。 一度も射精に至らなくても、入浴休憩ないしはマットなどを挟み3回行為に臨んだ場合は3回戦となる。 2輪車 ソープ嬢2人と同時にプレイをすること。 3人の場合は3輪車と呼ぶ。 ダブル 1コマの価格設定しかない店で客が2倍の2コマ分入ること。 例えば60分2万円の店で、120分入ることで料金も倍の4万円になる。 3コマ分180分であれば6万円の「トリプル」となる。 用具 [ ] スケベ椅子 ソープ嬢が客の体を洗う際、客が座る凹字型の椅子。 座った時、男性の股間を洗いやすくするため、座る部分が縦に開口している。 男性客をこの椅子に座らせ、ソープ嬢が椅子の縦開口に腕を通して男性客の股間を洗える。 スケベ椅子を発明したのは、かつてにて営業して閉店したソープランド「歌麿」の店長という説がある。 また、子爵家の血を引く公家のが開発したとの説もある。 1977年(52年)ごろから普及した。 座高が高いために腰への負担がかかりにくいことや、股間を洗いやすいことなどから、・などに悩む人が個人的に購入することもある。 近年では「介護者が洗うのが楽」という理由から、用品としても利用されている。 くぐり椅子 アクリルくぐり椅子(座面補強があるタイプ) スケベ椅子の座高をさらに高くしたもので、ソープ嬢が下に潜る形になる。 スモーク色のアクリル板など薄く強度のある材質を折り曲げた形をしており、仰向けになったソープ嬢が寝そべって通過できる。 男性客をこの椅子に座らせ、ソープ嬢が通過しながら男性客の股間を舌で舐め上げて洗える。 通販で購入できる程度の値段のものや、ソープランドでの使用を主な目的として頑丈に作られた値段の張るタイプのものは、座面裏側が補強目的で二重になっている物がある。 座面が補強されているタイプが一番値段が高く、値段は10万円程度し、このタイプの色は、茶色、透明、赤、紺、ガラス色などがある。 また、同色・同アクリル素材の桶などの小道具も存在する。 スケベ椅子と同じく、身体的事情による個人的需要や介護用品としての需要がある。 ゴールドチェア・ピンクチェア ゴールドチェア(黒) スケベ椅子の発展形(言葉による形状の説明は困難が伴う)。 岐阜のをはじめ、広く使われているが詳細は店舗によってことなる。 両者は、色による差のみでなくその構造にも差が見られる。 名称と色は多くは一致するが必ずしも一致しない場合がある。 ゴールドチェアは椅子状で、人の字状になっている。 色はピンク、赤、黒、緑がある。 客は最初はチェアに跨がるような状態で、顔を穴の部分にして上部両側にあるハンドルを持ってうつ伏せ状態から始まり、ソープ嬢から舐めや胸洗い、壷洗い、アナル舐め、椅子潜り、シックスナインなどを受け、うつ伏せでのサービスが終わると仰向けになる。 仰向けうつ伏せ両面からサービスがあるので、難易度は後述のピンクチェアより高度である。 また、ゴールドチェアの簡易版としてシルバーチェアも存在し、こちらの大きさは小さく、色は銀色である。 ゴールドチェアとシルバーチェアは、金津園でのみサービスを行っている。 ゴールドチェアの略称は「GC」。 ピンクチェアはゴールドチェアと比較すると形状が複雑であるが、仰向け状態のみのサービスであることから、サービス自体はそこまで複雑ではない。 客はリクライニングした椅子のシート状の部分に仰向けに位置する。 このシートには客が足を置くアームを供えており、アームには必ずタオルを巻いて使用する。 客の位置するシートの下に入るようにソープ嬢が位置するシートが設けられている。 このシートにソープ嬢が位置することにより、よりバリエーションのあるサービスを可能にする意図がある。 ピンクチェアは金津園の他に沖縄にも設置店がある。 色は金、赤、ピンク、黒などがある。 ピンクチェアの略称は「PC」。 これらチェアの使用方法には各人の流儀があり、さまざまな使用上のテクニックが存在する。 浴槽 高級店では家庭用より長さ方向にかなり大き目の浴槽を用いる。 ジェットバスなどが設置された店もある。 浴槽には介護用の手すりが設けられているものが多く、客はこの手すりで自身の体を支えることにより、お湯の浮力を応用したサービスを受けられる。 また、客の頭が当たる浴槽の縁に小さなエア枕を付けてくれるところが多い。 ベッド 自治体条例や保健所などによって制限されていない地域を除き、あからさまなベッドは置かず、マッサージ台やソファベッドのような台にタオルやマット類を敷いて即席ベッドに仕立てて使用する。 潤滑をよくするための液体で、業務用に濃縮されたものを使用時に希釈して用いる。 家庭で個人的に用いるものに比して、大量に使用して、椅子やエアーマットなどでの独特のサービス に活用している。 熱めのお湯で希釈し、湯冷めしないように配慮してくれている。 かつては海藻由来の成分を含んでいたため、海藻で作られているとの誤解も多いが、現在のほとんどの製品は高分子ポリマーなどの合成的に作られた水分をよく含む材質からなっている。 ピンク色のローションの方が肌が荒れにくい高級品とされ、高級店などではピンク色のローションを目にすることが多い。 金津園などでは、パックに入った濃縮されていないローションを用いているケースもある。 ゼリー(潤滑ゼリー) プレイ用のローションと混同される場合もあるが、プレイに使うローションとは異なり、希釈せずに粘膜を保護し、性交痛を軽減するために用いられる。 プレイに使うローションは水道水での希釈後に雑菌が繁殖することから、粘膜保護用には薄めないで使う専用品の潤滑ゼリーを用いるのが一般的である。 製品では実際の医療現場で使われているグリセリンを主体とした成分で、製薬会社が製造しているものから高分子ポリマーを主成分とするものまでさまざまである。 市販のものを用いており、主に業務用144個(グロス)入りで安価で購入出来る製品を使用している。 サイズはS - LLまで様々である。 雰囲気を壊さないように各々必要なサイズと接客中に使われそうな数のコンドームを枕元やベット周辺に、封を開けたものをタオルに挟んで事前に用意しておくのが一般的である。 をに挿入する寸前に、なるべく客に悟られないように、口を使ったで装着してくれる(これを「フェラかぶせ」と呼ぶ )ので、客はいつ装着したか分からないままサービスを楽しめる。 また、客がしてが溜まったコンドームも、なるべく客に悟られないよう体を離すときに上手に取り外し、こっそり捨ててくれる。 なお、ノースキン(NS、後述)の時は、なるべく膣から客の精液が漏れ出さないようにして体を離し、洗い場で膣から精液を洗い流している。 スチームバス(サウナ) 顔だけを出して入るスチームバス(サウナ)が置かれていることがある。 通常使われることはないが、自治体の条例でサウナとしての営業を認められている都内などでは、営業時間中に常にスチーム機能が使える状態となっている。 色は様々あり、材質はスケベ椅子と同じような素材で作られていることが多い。 遮蔽 部屋の内部を隠す用具のことを指す。 東京都内や埼玉県内の場合は個室の扉に室内が見えるようにガラス窓を付けることが義務付けられているが、普段はタオルなどで見えなくすることを遮蔽という。 扉の窓の大きさや材質は自治体の条例で異なるが、神奈川県内では扉自体がガラス扉であることが義務付けられているので、シーツやカーテンのような大きい布で覆うケースがある。 地域によってはプラスチック板などで覆っている店も存在する。 また、広島などの地域では個室そのものの存在が御法度なので、カーテンなどの仕切りを用いて入浴中に他の客と顔を合わさないように配慮されている地域も存在する。 空気で膨らむビニール製の大型マットで、浴場の洗い場で使用する。 一般的にアダルトグッズ店などで販売されている中国製の製品とは異なり、業務用はより頑丈なビニール製で国内で製造されたものを使用している。 色は一般的にシルバーが多いが、業務用ではシルバーの他に金と白も存在し、一般で手に入るアダルトグッズのエアーマットでは近年透明などのバリエーションもある。 頭の部分を「枕」と呼ぶほか、足の方にも枕が付いたタイプがあり、足の枕を「足山」と呼ぶ場合もある。 身体を乗せる筋状や山状になっている部分は「山」と呼ばれ、マットの種類や大きさを区別する上で山と枕の数で分別する。 一番大きいとされているタイプでは両枕で山が9山あるタイプ(「9本マット」と呼ばれる )で、高級店ではほとんどこのサイズを用意してある。 洗い場が狭い店などでは8山の少々小さい両枕タイプを使用したり、もっと狭い洗い場の店では頭枕のみのマットを使用している店もある。 頭枕にタオルをかけて男性が横たわり、女性からローションを用いてのサービスが通常の使用方法である。 どのタイプのマットでも、使用後にシャワーで流すだけでは垢やローションがこびりついている場合があるので、丁寧に洗って拭き上げを指導していない店では衛生面に注意することも必要である。 サービス [ ] 泡踊り マットの上にをまき、ソープ嬢が体をすりつけて客の全身を洗う行為(自分のやなどをタワシやスポンジのように用いる)。 手でを刺激しながら行うことが多い。 の阿波と泡(アワ)をかけた言葉。 発明者は「川崎城」という店の浜田嬢といわれている。 以前は本当に石けんを泡立てたものを用いていたので文字通り「泡踊り」だったのだが、石けんはソープ嬢の肌や陰部の粘膜を傷める ため、現在はローションが使われている。 そのため泡が出ない(もしくは細かい)ので、1980年代は「さざなみ踊り」とも呼ばれていた。 現在は「ボディ洗い」や「マットプレイ」と呼ぶのが一般的。 使用されるローションは「ゼットローション」とも呼ばれるワセリンの一種で、無味・無臭・無色である。 ただし最近は肌を荒らしにくいボディシャンプーが出てきたため、それをローションに混ぜて泡立てて用いることもある。 はこのサービスとの初遭遇を、の持つ柔らかさが石鹸のすべすべ感で強調され、さらに肌を滑るの感触がまた素晴らしく、すぐにに至ってしまったと述懐する。 考案者である浜田がその技術を惜しみなく同僚に伝授したこともあり、泡踊りは関東のトルコ風呂を席巻した。 マットプレイ ビニール製の空気マットの上に横たわった客にソープ嬢からローションで奉仕する、ソープランドならではのサービス。 行為そのものにいろいろな名前がついており、行為一つ一つを技と呼ぶ。 アダルトビデオのマットプレイとは異なり、終始一貫男性が受け身になるサービスであるので、うつ伏せでも仰向けでも客の手のポジションは枕に乗せておく体勢が基本ポジションで、基本的に手を出さないのがマナーである。 客の好き勝手でソープ嬢の動きを止めたり、動線を邪魔するような行為をする客は、AVの見過ぎと敬遠される傾向もある。 マットプレイでは、主に身体を使って愛撫することを洗いと呼ぶ。 ソープ嬢は、枕と山の間の隙間や、山と山の間や、足山と山の間の隙間に体重をかけて微妙なバランスを取って、客に体重をかけすぎないようにサービスを行う。 胸で身体を愛撫する胸洗い、舐めて洗うことを舐め洗いといい、胸が豊かなソープ嬢は胸洗いを得意とする場合が多いが、マットプレイを得意とするソープ嬢でも舐め洗いと胸洗いのどちらかに重点が偏っていると、同じマットプレイでも違う体感となる。 また、身体をあわせてお互いの体感を楽しむ行為を「滑る」ともいい、時間が60分程度のコースでは、時間の都合上「滑るだけ」というマットプレイを行う場合も多く、滑るだけでは舐め洗いはほとんどしないことが多い。 マットの上でローションの滑り具合を利用してマッサージを行う場合や、ローションを落とす際に塩や泡などを用いることもあり、ローションを落としながらマッサージするサービスもある。 ローションはシャワーだけで流すよりも、最後に浴槽に入ってタオルを用いて撫でて落とすことでほとんど落とし残しがない状態となる。 きちんとフルサービスを行うと、洗い流すまでに最低40分程度、マットプレイを売りにしているソープ嬢の場合60分程度も要してしまうので、マットプレイの前には身体を浴槽で十分暖めてから行うことが望ましい。 フルサービスの場合、通常はうつ伏せから入り、途中で仰向けになり、最後は女性上位でフィニッシュに導くパターンが一般的である。 マットがないソープランドも存在する。 ほとんどの高級店には大きい9山両枕タイプのマットが置いてある。 保健所サイドからはマットの設置は御法度であるため、保健所の見回り期間はマットサービスができない。 逆マット(マットプレイ) お客が女性にマットで愛撫することを指す。 アダルトビデオの影響を受けたソープファンの中には逆マット愛好家もいるが、逆マットの際にローションの感覚とマットの扱いに慣れていない客に主導権を握らせることは、ソープ嬢の洗えない髪の毛や目元の化粧までローションで汚されてしまう場合や転倒などの危険もあり、次の接客に迷惑がかかるケースが多く、通常一見の客相手には敬遠されあまり行われない。 椅子プレイ 椅子を使うサービスの総称。 泡で洗うだけの行為も含まれる。 「すけべ椅子」プレイは凹型の形状の椅子を用いて股間の下部の隙間から愛撫する。 金色のラメのタイプが多い。 「くぐり椅子」プレイはかつて高級店の一部のソープ嬢やベテランソープ嬢のサービスとされていたが、サービス競争の激化に伴い時間の長めな大衆店や格安店等でもそのサービスを必須としていたり、「くぐり椅子」プレイ可能なソープ嬢も増えている。 椅子の座面にはタオルを用いて、座る前に暖かいお湯をかけて寒くないようにするが、くぐり椅子で一枚のタオルを座面に使うソープ嬢は椅子くぐりは行わないことが多い。 生フェラ 多くのソープランドは生でフェラチオを行うが、格安店などになるとフェラでのスキンの着用はコンパニオンの裁量に任される場合が多い。 大衆店や高級店で生でのフェラチオが必須サービスになっている場合でも、真性包茎や重度の仮性包茎、の疑いがある場合は、コンパニオンの裁量でフェラでのスキンの着用サービスが許されている。 即即 即尺(入浴前にフェラチオを行う)・即ベッドのサービスを指す。 高級店ではほぼ必須のサービスではあるが、それ以下の価格帯の店でも即即を売りにしている場合もある。 即即が必須サービスであっても、悪臭・・排泄物などの残留で体の汚れが著しい場合や性感染症の疑いがある場合は、衛生上の理由で即即はしなくてもよいと指導されている。 その場合、入浴までの間はスキン着用でのフェラサービスに切り替えたり、先に入浴させたり、疾患部分と接触するサービスを断るかはコンパニオン側に選択権がある。 潜望鏡 ソープ嬢と客が一緒に風呂に入り、客が腰を浮かせ、勃起した男性器が水面上に出たところをソープ嬢が口で愛撫する行為。 男性器をにたとえている。 つぼ洗い 客に指を立てさせ、その指をソープ嬢の膣に差し入れて洗う行為。 指だけでなく勃起した男性器をソープ嬢のに差し入れることもあるが、洗いが目的なので数秒で終わり本格的な性交には至らない。 爪が伸びていたり鋭利な形状の場合はサービスが省略される場合もあったり、つぼ入れ中に客が勝手に指を曲げる行為も歓迎されない。 たわし洗い 客の腕や脚にソープ嬢がまたがってをこすり付けて洗う行為。 陰毛を「たわし」にたとえている。 「ブラシ洗い」とも。 椅子洗い スケベ椅子やくぐり椅子等に座った客の身体をソープ嬢が身体全体を使って洗うこと。 石鹸の泡で洗うだけの「ボディ洗い」と、ローションを使用した「椅子プレイ」、「くぐり椅子」等の椅子を使う行為全般の大意で利用される場合がある。 指入れ つぼ洗いと同意だが、ソープ嬢の性器が損傷を受ける原因のほとんどが客の手による過度な刺激に原因があり、一見伸びていないような爪でもかなりのダメージを与えたり、ゼリーが指入れや激しい扱いによって乾いてしまい、特に入り口付近の摩耗が大きくなるので、入り口付近の粘膜が裂傷を起こす。 接客が続くソープ嬢は、自身の体を守るために指入れをさせないソープ嬢がどの価格帯の店にも存在する。 メインサービスはあくまでも本番であるため、激しい指入れや乾いた性器への無理な愛撫は嫌われる行為であり、次の接客に支障をきたしたり治癒までに日数を要するような損傷を与えた客は出入り禁止となる場合もある。 花時計 挿入したままソープ嬢が回転すること。 通常は女性上位で行うが、椅子で挿入中に回転するアクロバティックなプレイも存在する。 NS 「ノースキン」の略で、サービス時にを使用しないこと。 かつては「ジュンナマ」とも呼ばれていた。 ソープ嬢はのためを服用する。 かつてはコンドーム不使用が当然であった時代もあり、その時代にはコンドーム使用はソープ嬢に対する侮辱として扱われたこともある。 現在は性感染症予防のためコンドームを使用しているソープ嬢が多い。 コンドームの使用は格安店か高級店かどうかにあまり関係がなく、店の方針やソープ嬢によるところが大きい。 関東圏以外の地域の高級店はコンドーム使用率が低い傾向がある。 (ND) 「ノースキン」で膣の中に射精すること。 お清め(フェラ) 客が射精した後、精液などの付着した性器をフェラチオによって舐め取る行為のこと。 (イメクラ)のサービスの要素を取り入れたシステムで、お客がソープ嬢に好みの制服や服装を指定することが出来るサービス。 通常一般的なお店に関してはコスプレイサービスは行っておらず主にお店側が指定されたソープ嬢のみとなっているのがほとんどなので事前確認する方がいい。 サービスを受けるに当たってソープ嬢を指名する際にフロントに予約(入浴料支払い前)する必要がある。 コスプレ専門店以外のお店なら無料で受けられるのがほとんどである。 店によってはコスプレイを売りにしている専門の店もあり「コスプレソープ」、「イメージソープ」などといわれている。 一般的なお店とは異なり店に在籍しているソープ嬢ならどの子でもコスプレイサービスを受けることが出来る。 ベットでのプレイがメインのお店ではマットプレイを行わず(店によって異なる)ボディー洗い後や一回戦後に、ソープ嬢が制服や服装を着直した後に再プレイするのもある。 料金にいたっては服装や制服によってオプション料として別料金が必要になる場合がある。 また一部の店では追加オプションとしてローターやバイブなどを提供している場合があるが別料金が必要になる。 二輪車 1人の客に2人のソープ嬢でサービスすること。 脚注 [ ] []• 中東では男性客には男性、女性客には女性の垢すり師がつくのが原則。 広岡敬一『ちろりん村顛末記』(朝日文庫)P. 松沢呉一『エロスの原風景』(ポット出版)P. 84 - 93• トルコ嬢の名は本番サービスが主流になって以降で、当時は「体を売らない」という信条もあり指技以外の行為を求められることは恥とする気風があったとされる。 広岡敬一『ちろりん村顛末記』P. 20 - 21• 2019年5月16日閲覧。 『産経新聞』• - 「個室付き公衆浴場」がソープランドに該当• - e-Gov• 事件番号 昭和53う393、福岡高等裁判所、昭和53年12月7日• 事件番号 昭和42 あ 605、最高裁判所第三小法廷、昭和42年9月19日• 事件番号 昭和43う482、福岡高等裁判所、昭和44年1月29日• 2013年4月21日閲覧。 『「夜のオンナ」はいくら稼ぐか?』p. 78 -• p16• 문화 일보 文化日報 1997-02-11• (2010年10月9日時点の)• p36-38• p18• 接吻は心を許した相手とだけ行うという不文律があったため。 このようなけじめをつけることは職業人としての誇りを保ち、人間としての尊厳を両立させることが可能である心理的な防衛として機能する。 p18-24• p19• p21• 日本語. inbee【インビー】 「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト. 2018年10月2日閲覧。 p19,21• 『』2010年11月号 p89「現役ソープ嬢・七住舞のフーゾク覗き穴」• p27-34• p34-36• p23• 『アクション大魔王 第3巻』白泉社 1997年5月 p. 169、『戦後性風俗大系』p. 296 - p. 297• 凡平著『志ん生で味わう江戸情緒(2)江戸の花街「遊廓」がわかる』(技術評論社、2005年)• 孝友社出版『THE SUGAR』通巻18号 pp88-89「僕らの生活快感事典」• 『戦後性風俗大系』p. 232 - 236• 参考文献 [ ]• 『保存版ソープランド投稿の本』 (No. 1ムック Vol. 1) フェンス 2008年5月10日• 門倉貴史 『「夜のオンナ」はいくら稼ぐか? 』 2006年7月• 広岡敬一 『戦後性風俗大系 わが女神たち』朝日出版社 2000年4月 文庫版:新潮社 2007年 p. 広岡敬一 『ちろりん村顛末記』 朝日新聞 1984年2月• 岩永文夫『フーゾク儲けのからくり : 欲望産業の原価がわかる本』ベストセラーズ、2003年。。 関連項目 [ ]• (売り専)• :にある性風俗店の一種。 ソープランドと同様のサービスを受けられる。 外部リンク [ ]•

次の

「眼目」の地名の由来

すけ ベイス 由来

こんにちは、ひまひめです。 「名探偵コナン」はこれまでかぞえきれないほどのキャラクターを生み出してきましたが、 それぞれの名前にはきちんとした由来があることをご存知でしょうか。 その多くがミステリー小説や作家にちなんだものですが、中には作者・青山剛昌先生が大ファンだというある作品から由来するものも・・・。 作中では蘭に名前をたずねられた際、ちょうどよく後ろにあったこの2人の本を見て「江戸川コナン!」と名乗りました。 工藤 新一 「工藤」はテレビドラマ『探偵物語』の主人公で私立探偵の 工藤俊作(くどう しゅんさく )から。 「新一」部分は正確には不明ですが、小説家・ 星 新一からではないかとの声もあります。 江戸川乱歩の小説に登場する私立探偵、明智小五郎の妻・ 文代が由来。 明智 文代 『上野発北斗星3号』にて有希子が使った偽名。 名前は 明智小五郎とその妻・ 文代から。 毛利 蘭 『アルセーヌ・ルパン』の作者、 モーリス・ルブ ランから。 毛利 小五郎 苗字は モーリス・ルブランから、名前は江戸川乱歩の小説に登場する私立探偵・ 明智 小五郎からきています。 妃 英理 アメリカの推理作家、 エラ リー・ クイーン が由来。 クイーン(Queen)を日本語に直すと妃になります。 ゴロ 英理のペットでロシアンブルーのゴロちゃん。 阿笠 栗助 阿笠博士の叔父さん。 同じく由来は アガサ・ クリスティ。 阿笠 定子 栗介の妹であり、博士の叔母さん。 アガサ・クリス ティが由来で、栗助(くりすけ)と定子(ていこ)を合わせてクリスティになります。 灰原 哀 アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ 』シリーズに登場する、唯一ホームズを出し抜いた女性、 アイリーン・アドラーから。 吉田 歩美 推理作家の 北川 歩実から。 円谷 光彦 内田康夫の推理小説に登場する素人探偵・ 浅見 光彦が由来。 円谷 朝美 弟の光彦と同じく、 浅見光彦が由来。 小嶋 元太 小説家・ 小峰元 (こみね はじめ)から。 小林 澄子 青山剛昌の友人の名前から。 鈴木 園子 青山剛昌の後輩の名前からだとか。 鈴木 次郎吉 鈴木史郎の兄で、鈴木園子の伯父。 ルパン 次郎吉の愛犬。 名前の由来は、モーリス・ルブランの小説に登場する怪盗、 アルセーヌ・ ルパンから。 鈴木 史郎 園子のお父さん。 フリーアナウンサーの 鈴木史朗さんが由来。 鈴木 朋子 鈴木史郎の妻で、園子のお母さん。 『コナンvs怪盗キッド』のストーリーの関係上、真珠の宝石言葉である 「 月」の文字が含まれるように考えられた? 京極 真 空手団体・国際空手道連盟極真会館の「 極真空手(きょくしんからて)」と、小説家の 京極夏彦(きょうごく なつひこ)からとったと言われています。 名前が羽柴秀吉(豐臣秀吉の前名)に酷似しているため世間から「太閤名人」と呼ばれている秀兄さん。 由来はもちろん 羽柴 秀吉です。 宮本由美がつけたあだ名 「チュウ吉 」は、彼女が秀吉とつきあい始めた頃、 チーズばかりを食べている姿をみてネズミを連想させたから。 赤井 秀一 「赤井」はアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「 赤い彗星のシャア」ことシャア・アズナブル。 「秀一」はシャアと赤井の声優・ 池田 秀一さんから。 沖矢 昴 アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するシャア・アズナブルの本名、 キャスバル ・レム・ダイクンをもじった名前。 『機動戦士ガンダム』に登場するシャア・アズナブルの本名、 キャスバル・レム・ ダイクンが由来。 ジェイムズ・ブラック アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する、ホームズの宿敵、 ジェームズ・モリアーティから。 アンドレ・キャメル アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、 キャメル艦隊指揮官の ドレン大尉が由来。 ジョディ・スターリング ハリウッド女優、 ジョディ・フォスターと 彼女の代表作『羊たちの沈黙』の クラリス・ スターリングから。 帝丹高校に赴任してきた際の偽名、ジョディ・サンテミリオンは赤ワインのサン=テミリオンからつけられています。 目暮 十三 ジョルジュ・シムノンの小説に登場する警察官、 ジュール・フランソワ・アメデ・ メグレから。 目暮 みどり 目暮警部の妻。 「みどり」は、目暮警部の声優・ 茶風林さんの奥さんの名前。 高木 渉 高木刑事の声優・ 高木渉 さんからそのまま。 (目暮警部役の 茶風林さんがアドリブで名前を尋ね、咄嗟に自分の名前で答えてしまったため) 佐藤 美和子 青山先生の知人の名前から。 宮本 由美 名前の由来が全く不明。 ほとんどのキャラクターに由来がありますが、由美さんだけ適当なのでしょうか? (小説家に宮本百合子や松尾由美という方がいらっしゃいますが、関連性は不明) ペットの愛犬・スタとハチはアメリカのテレビドラマ『 刑事 スタ スキー& ハッチ』から。 三池 苗子 小説家・赤川次郎の代表作『 三毛猫ホームズ』に由来。 晴月 沙羅(旧姓:白鳥 沙羅) 白鳥警部の妹。 名前の由来は推理小説家の サラ・ パレツキーから。 松本 清長 小説家・ 松本清張(まつもと せいちょう)が由来。 小田切 敏郎 戦国武将・ 織田信長から。 山村 ミサオ 推理小説家・ 山村美紗から。 横溝 参悟 苗字は推理小説家の 横溝正史(よこみぞ せいし)から。 名前は 頭がサンゴに似ているため。 横溝 重悟 兄・参悟の名前を数字になおし、掛け算をした結果できた名前。 上原 由衣 名前の由来は、武田信玄の側室・諏訪御料人(小説『風林火山』では 由布姫、小説『武田信玄』では 湖 衣姫と呼ばれている)と、長野にある山城・ 上原城から。 スポンサードリンク 諸伏 高明 三国志に登場する軍師であり、 伏龍とも呼ばれていた 諸 葛孔明 (しょかつこうめい) が由来。 黒田 兵衛 戦国武将の 黒田 官兵衛 (くろだ かんべえ)から。 綾小路 文麿 京都府警刑事部捜査一課の刑事。 名前の由来は不明。 漫談家の綾小路きみまろさんや、京都の綾小路通りあたりからとったのかも? 西村警部 北海道警警部。 トラベルミステリーを多く執筆している作家・ 西村京太郎が由来。 百瀬刑事 警視庁刑事部捜査三課の警部。 雛人形がテーマの回で登場したため、由来は 桃 の節句から。 弓長警部 警視庁刑事部捜査一課火災犯捜査係・警部 で、小五郎が火災犯係に所属していたころの上司。 由来は、三国時代に活躍した武将・ 張飛(ちょうひ )。 見た目と「長介」は『ザ・ドリフターズ』の いかりや 長介さん、「高木」は 高木ブーさんが由来。 鮫崎 島治 2年前に定年退職した、元捜査一課の警視で小五郎の上司。 (画像左上)名前の由来は サメ。 (『二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件』の登場キャラクターの名前の由来が海の生き物) 松田 陣平 見た目と苗字は、ドラマ『太陽にほえろ!』の 松田優作。 名前は松田優作が演じた柴田純のあだ名・ ジーパンから。 萩原 研二 ドラマ『太陽にほえろ! 』にて早見淳を演じていた 萩原健一が由来(たぶん見た目も)。 大滝 悟郎 時代劇『鬼平犯科帳』の登場人物・ 大滝の 五郎蔵(おおたきのごろぞう)から。 遠山 銀司郎 時代劇『遠山の金さん』の主人公・ 遠山金四郎から。 服部 平蔵 「半蔵」は戦国時代の忍者・ 服部 半蔵と『鬼平犯科帳』の主人公である 長谷川 平蔵から。 服部 静華(旧姓:池波 静華) 旧姓の「池波」は、時代劇小説家・ 池波正太郎から。 「静華」は野村胡堂の小説『銭形平次捕物控』の妻、 お 静からきています。 服部 平次 苗字はドラマ『探偵物語』の主人公・工藤につきまとう 服部刑事、名前は野村胡堂の小説『銭形平次捕物控』の 銭形 平次から。 服部刑事の「工藤ちゃあああん」というセリフは有名ですね。 遠山 和葉 苗字は時代劇『遠山の金さん』の主人公・ 遠山金四郎から。 「和葉」は登場時の青山剛昌のチームアシスタントの夫人の名前からだそう。 大岡 紅葉 苗字は、時代劇『大岡越前(おおおかえちぜん)』の 大岡忠相(おおおか ただすけ)。 同じ江戸町奉行として遠山金四郎と比べられることも多いため、和葉のライバルとしてはぴったりの名前です! 名前は、和葉と同じ植物で、なおかつ初登場である劇場版『から紅の恋歌』が百人一首をもちいたストーリーなので、それに関連して「紅葉」とつけられたのかもしれませんね。 スポンサードリンク 伊織 無我 『大岡越前』の登場人物・ 榊原 伊織(さかきばら いおり)と演じた俳優・ 竹脇 無我(たけわき むが)さんから。 中森 銀三 苗字はアイドル・ 中森明菜さんから。 名前は 銀 色から。 (『まじっく快斗』の主要キャラには色の名前が入っている) 怪盗キッド (作中での由来)彼のシークレットナンバー・1412から、元々は「怪盗1412号」と呼ばれていました。 しかし記者が殴り書きした1412を工藤優作が「KID」っと読み、それが広がったため「怪盗キッド」と呼ばれるように。 黒羽 快斗 「黒羽」は色の 黒から。 (『まじっく快斗』の主要キャラには色の名前が入っている) 作中では、9月生まれであり、 誕生石のサファイアから付けられたと書かれています。 寺井 黄之助 「黄之助」は 黄色から。 (『まじっく快斗』の主要キャラには色の名前が入っている) 「寺井(じい)」は不明ですが、たぶん「 爺」から。 白馬 探 「白馬」は色の 白 から。 ( 『まじっく快斗』の主要キャラには色の名前が入っている) また、お金持ちで少々ナルシストな王子キャラなので、 白馬の王子様からきているのかも? 「探」は 探偵から。 水無 怜奈(本名:本堂 瑛海) 偽名の水無怜奈は、イアン・フレミングの小説『 007』から。 本堂 瑛祐 苗字は『007』シリーズの主人公、 ジェームズ・ ボンドから。 名前は推理作家・ 海渡 英祐(かいと えいすけ)から。 イーサン・本堂 本堂瑛海・本堂瑛祐の父親。 由来は、映画『ミッション:インポッシブル』の主人公、 イーサン ・ハントと、 『007』の主人公、 ジェイムズ・ ボンドから。 安室 透(本名:降谷 零) 安室透、降谷零ともに、アニメ『機動戦士ガンダム』の アムロ・レイと その声優を担当した 古谷徹 (ふるや とおる)さんから。 風見 裕也 アニメ『機動戦士Zガンダム』の主人公、 カミーユ・ビダンから。 榎本 梓 由来は、担当する声優・ 榎本充希子さんから。 大尉 アガサ・クリスティの推理小説に登場するエルキュール・ポアロの友人、 アーサー・ヘイスティングズ 大尉が由来。 宮野 志保 青山剛昌先生のチャット仲間のハンドルネームが由来。 宮野 厚司 名探偵コナンの作画監督を務めている 青 野厚司 さんから。 新出 智明 「新出」は、山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚(あかひげしんりょうたん)』の主人公で医師の 新出去定(にいで きょじょう)、「智明」は、江戸川乱歩の小説に登場する 明智小五郎から。 シャロン・ヴィンヤード 「シャロン」はアメリカの女優、 シャロン・ストーンから。 代表作『氷の微笑』で有名な椅子に座って足を組みかえるシーンは、作中でベルモットが何度か披露しています。 「ヴィンヤード」は vineyard=(ぶどう酒用の)ブドウ園から。 沖野 ヨーコ 『救急ハート治療室』などで知られる漫画家・ 沖野ヨーコから。 岳野 ユキ 沖野ヨーコを含めた4人アイドルグループ、地球的淑女隊 アース・レディース のメンバー。 星野 輝美 沖野ヨーコを含めた4人アイドルグループ、地球的淑女隊 アース・レディース のメンバー。 草野 薫 沖野ヨーコを含めた4人アイドルグループ、地球的淑女隊 アース・レディース のメンバー。 間熊 篤 草野薫のマネージャー。 剣崎 修 ドラマや料理番組の司会などを務めている人気俳優。 (画像左下) 名前の由来は、 剣を収める。 比護 隆佑 ビッグ大阪所属のサッカー選手。 名前の由来はポルトガルのサッカー選手、 ルイス・ フィーゴから。 赤木 英雄 元日本代表、 中田 英寿(なかた ひでとし)選手から。 上村 直樹 東京スピリッツの選手。 名前の由来は元日本代表、 松田 直樹選手から。 大怪獣ゴメラ 少年探偵団も大好きな怪獣映画。 由来は、怪獣映画の『 ゴジラ』と『 ガメラ』から。 仮面ヤイバー 少年探偵団が大好きな特撮ヒーロー。 由来は『 仮面ライダー』と青山剛昌先生の漫画『 YAIBA』から。 木村 達也 『カラオケボックス殺人事件』にて登場した、ロックバンド・レックスのボーカル。 由来はおそらく、元SMAPの 木村拓哉さんから。 三船 拓也 三船電子工業の社長。 名前の由来と容姿のモデルはおそらく、元SMAPの 木村拓哉さんから。 (特に90年代後半のキムタクにそっくり。 ドラマ「ギフト」とかまんまです。 ) 津川 秀治 米花図書館の極悪館長。 由来は、推理小説家の 津村 秀介から。 アーサー、ドイル、クリスティ 『消えなかった証拠』にて登場した3匹。 アーサーは『シャーロック・ホームズ』の原作者、 アーサー・コナン・ドイルから。 ドイルも同じく、 アーサー・コナン・ ドイルから。 クリスティは『エルキュール・ポアロ』などの作者、 アガサ・ クリスティが由来です。 森谷 帝二 『時計じかけの摩天楼』にて登場した建築家。 名前の由来は、シャーロック・ホームズの宿敵であるジェームズ・ モリアーティ教授。 黒澤 陣、魚塚 三郎 『そして人魚はいなくなった』に登場する「儒良祭りの名簿」に記入されていた名前。 黒澤陣(くろさわじん)=ジン 魚塚三郎=ウォッカ まとめ ・・・以上、キャラクターの名前の由来まとめでした! ここに載せただけでも100人を越してしまいましたが、こんなにも細かく由来がある作品はめずらしいですよね ^^; きちんと考えて作られた名前がある、というだけでキャラクターの深みが増す気がします。

次の

【輔】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

すけ ベイス 由来

このポスターは、1915年から交際、第一次世界大戦中の女性労働者へのホステルの住宅を提供し、英国の女性の戦争時間基金を支持促進 ドイツの( Richard Schirrmann)が、(移動教室)を思いつき、を連れて、さかんに徒歩旅行をしていた。 しかし、宿泊場所の確保に苦労し、に豪雨のために緊急避難的に小学校に避難したことからユースホステルを思い付く。 その後シルマンは、ザウワーラント山岳協会のの支援を受け、一代にして世界中にユースホステル運動を広げる。 しかし、によりユースホステル運動は中断し、大戦後ので、シルマンは全ての財産を失った。 その後(ナチス)政権によりシルマンは追放される。 そして、と敗戦を経て、爆撃と戦闘でドイツは焦土となり世界から孤立した。 ドイツユースホステル協会の国際ユースホステル連盟への復帰は却下され続ける。 このような絶望的な状況下からもシルマンは、何度も何度も再起し、世界中にユースホステルのネットワークを作り上げていった。 国際ユースホステル連盟 [ ] ユースホステル運動の国際組織として、 国際ユースホステル連盟( International Youth Hostel Federation, IYHF)があり、ののに事務局が置かれている。 日本では日本ユースホステル協会(JYH)がIYHFに加盟しており、日本では各地区にのユースホステル協会が設けられている。 各ユースホステルはIYHFや所在する国・地域の協会の指針に基づいて運営される。 宿泊施設 [ ] 宿泊施設は一般住宅と同等の家屋のほか、古や古い穀物倉庫などの歴史的建造物、豪華な邸宅、さらに岸壁に係留されたや貨客船などの船舶であったりと多種多様で、そうした環境面での予期しない楽しみも多い。 世界最初のユースホステルもドイツ・近くのアルテナにある古城の一角に設けられた。 2017年時点で、世界の60ヶ国に約3500施設があり、うち約3分の2がにある。 日本国内には約200カ所の施設がある。 元来、青少年の旅行者向けに開設された宿泊施設のため、ドイツ南部のでは2004年まで原則満26歳までの利用とする年齢制限があった。 2005年からは世界中の全ての地域・国で、利用できる年齢に上限を設けていない。 ヨーロッパのユースホステル [ ] 歴史 [ ] 世界最初の専用ユースホステルは、シルマンが、を使って青少年が廉価で宿泊できる施設を開設したのが始まりである。 アルテナ城内のユースホステルは現在も営業を続けている。 それ以前にも自身の勤務する小学校(アルテナのネッテ校)でユースホステルを臨時に設置していた。 ただし、アルテナ城と違って専用ユースホステルではない。 1932年にはアムステルダムで第1回国際ユースホステル会議が開催され、ドイツ、チェコスロバキア、オランダ、スイス、ノルウェー、デンマーク、ポーランド、ベルギー、イギリス、アイルランドが参加した。 第二次世界大戦後、ヨーロッパの大部分の国では戦争による建物の破壊や徴発、設備の略奪、管理人や職員の四散によりユースホステル運動の継続は危うい状況となっていた。 しかし、国際奉仕団等の援助もあり、1947年にはヨーロッパ諸国には500以上のユースホステルが再建された。 施設 [ ] 宿泊料 [ ] ロンドンや北欧のユースホステルは物価水準が高いこともあり3,000円 - 4,500円程度となっている。 設備 [ ] ヨーロッパでは自炊のためのメンバーズキッチン 自炊室 がある施設が多い。 日本のユースホステル [ ] 詳細は「」を参照 日本ではに、下中弥三郎、中山正男、横山祐吉、金子智一らが中心となって( JYH)が発足した。 に13施設と契約。 には、直営第1号として、北海道千歳市の支笏湖畔にあるをオープンさせた。 会員の種別 [ ] 有効期間は原則として申し込みを行い会員証が発行された日からの1年間。 但し学校パス会員は会計年度制で4月から翌年3月まで。 特別資格公認証会員は発行された日からの1ヶ月のみ。 一般会員の終身パスについては有効期限なし。 会員になると、上掲の通りユースホステルの宿泊がビジターよりも優遇されるほか、提携施設での割引や優待、提携カード会社などとの特典が受けられる。 一般会員• 少年パス会員(4歳〜中学3年生)• 青年パス会員(中学卒業者〜19歳未満)• 成人パス会員(19歳以上〈年齢上限なし〉)• 家族パス会員(19歳以上の成人と同行者として帯同する中学生以下の少年)• 団体パス会員(10名以上の団体・法人・機関。 応募はそれらの代表者が行う)• 終身パス会員(26歳以上〈年齢上限なし〉)• モンベルカード - アウトドア用品メーカー・環境保全団体の(株)との提携によるもの。 モンベル直営店・オンラインショップでの購入特典あり。 成人パス会員(19歳以上〈年齢上限なし〉)• ワールドホステリングカード - 、またはとの提携によるもの。 いずれもの機能があるため、入会に際し提携のクレジットカード会社の厳正な審査がある。 成人パス会員(19歳以上〈年齢上限なし〉)• 家族パス会員(19歳以上の成人と同行者として帯同する中学生以下の少年)• その他の特別会員• 学校パス会員(10名以上の小学校・中学校・高等学校・高等専門学校の生徒・教職員。 応募はそれらの代表者(引率責任者)が行う) なお、特別資格公認証会員(10名以上の地方公共団体・青少年団体・社会福祉団体・および大学・大学院・専門学校など日本ユースホステル協会が特に必要と認める団体が対象)は廃止された。 四つの誓い [ ] ユースホステル会員やホステラーが守ることを求められる誓いが、JYHによって次の通り定められている。 私たちは、簡素な旅行により、未知の世界をたずね見聞を広めよう。 私たちは、規律を守り、良い習慣を身につけよう。 私たちは、共に助け合い、祖国の繁栄に努めよう。 私たちは、国際人としての教養を高め、明るい社会を建設しよう。 青少年運動として [ ] 都道府県のユースホステル協会で、青少年活動としての事業を行う所がある。 野外活動の一部としての「歩くこと」や、少年少女の指導的な側面は・に通じるものもある。 また、大学・高校の公認サークルとしてのユースホステル部やユースホステル研究会もある。 ユースホステルの利用を前提とした、自炊によるアウトドア活動や鉄道旅行、子供との交流などに力点を置いている。 歴史 [ ] 1951年のJYH設立以後、全国各地でユースホステルの開業が相次ぎ、の最盛期には587施設とピークを迎えた。 それ以降の施設は減少気味であり、には332施設、2010年12月31日現在249施設、2013年では222施設まで減少している。 会員も全盛期には、1970年代には最高で63万人を超え世界第1位となったこともあったが、1980年代以降は減少傾向にあり、2013年で37,800人まで減少している。 施設 [ ] 運営主体による分類 [ ] 運営の主体により下記のように分類される。 直営ユースホステル:JYHが直接運営しているもの。 公営ユースホステル:公営の宿泊施設をユースホステルとして使っているもの。 あるいは、などがユースホステル専用として設置運営しているもの。 会員でなくても身分証明があれば同じ料金で宿泊できることが多い。 民営ユースホステル:民営(個人・会社)の宿泊施設がユースホステルとして利用できるもの。 あるいは、個人などがユースホステル専用として設置運営しているもの。 日本では直営ユースホステル以外、設置者(民間の個人、地方自治体など)がJYHから認定を受けた上で、JYHとの契約でユースホステルの運営が開始される。 2008年末、の多くのユースホステルが一斉に日本ユースホステル協会との契約を解除した。 そのため、日本ユースホステル協会のWebサイトなどでは「閉館」と告知されているが、ほとんどの施設はユースホステルと同形態のまま宿泊営業を続けている。 日本の施設では宿泊料金は2007年で一般的に1泊2食付で約4700円〜約5040円(会員料金・通常期料金)となっており、基本的に寝室は男女別相部屋であるが、家族やグループの場合は一部屋を家族やグループ単位で利用できるところが多い。 2006年より宿泊料金の上限が引き上げられ、繁忙期料金や閑散期料金がそれぞれの施設である程度自由に設定できるように規則が改められた。 ユースホステルの運営と建物 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年1月) 形態と建物 [ ] 日本の民営ユースホステルでは、建物全体が専らユースホステルとして使用されている施設だけでなく、・の経営者が館内の一部を利用して兼営で営業する施設、の住職等が寺院内部で等を利用して開設した施設もある。 日本では木造建築の施設が多いが、鉄骨・の建物による施設もある。 鉄骨・鉄筋コンクリートの建物の施設は、日本に限らず世界的に見て、部の施設に多い。 日本では、・旅館との兼業でなくユースホステル専用ながら、ペンション風や和式旅館風の建物による施設もある。 そのようなユースホステルは1990年代以降、増加傾向にある。 建物が歴史的・文化的に価値のあるものなどユニークなものとして、海外では先述の通りのほか、元の建物による施設がある。 日本国内でユニークな建物の施設といえば、かつてはの古いを利用したものやのを利用したものがあったが、現在日本でユニークな建物の施設は、・の古い民家を利用したもの、鰊を利用したもの、を利用したものが挙げられる。 日本では、1980年代以前に開設された施設では宿泊人員が数十人や100人前後かそれ以上の大規模な施設が多かったが、1990年代以降に開設された施設では宿泊人員が十数人から20人程度の小規模な施設が多い。 この要因には、ユースホステル会員数の減少などユースホステルの需要が低下しており、大規模にする必要性が薄くなったこと、近年ではホステラーがユースホステルに家庭的な雰囲気を求める考えが強くなった事や設置者・管理者にとっても小規模な施設であれば建物・設備の維持・管理が容易になることが挙げられる。 以前にユースホステルとして営業していた宿泊施設の経営者が、JYHとの契約終了後、同一の建物でまたはペンションを営業している場合もあれば、民宿として営業していた宿泊施設がJYHとの契約で、全面的にユースホステルとしての営業に変わる場合もある。 運営スタッフ [ ] 日本のユースホステルで、施設の運営の最高責任者は、管理者である マネージャー(最近はこの呼称が使われるようになったが、古くからの「 ペアレント」の呼称が使われることもある。 )である。 民営ユースホステルでは多くの場合、施設所有者と経営者とマネージャーは同じである。 マネージャー夫妻が運営の中心となっている所が多いが、比較的大きなユースホステルや繁忙期には、施設運営の補助にアルバイトを雇っていることも多い。 アルバイトであっても業務は館内の、の準備と後片付け、応対、の準備、宿泊予約の受付、チェックイン時のホステラーへの応対などの接客など、施設運営におけるあらゆる業務にわたっている。 宿泊施設としての側面 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年1月) 利用の規則 [ ] 2018年現在では男女別の相部屋の原則(家族や夫婦の場合は相部屋ではない場合が多い)、他の利用者の迷惑になる行為をのぞいては一般的な宿泊施設と同様の施設が多く、食事の配膳、食器洗い等の後片付け、寝具の準備、清掃に至るまでセルフサービスといった施設は少ない。 かつては後の清掃もホステラーの義務であったり、義務でなくても任意で行うのが望ましいとされた施設もあったが、現在日本国内で、ホステラーが朝の出発前に館内を清掃する施設はほとんど皆無と言ってもよい。 かつては日本国内の施設では、消灯時間が厳守され、午後10時にはホステラーの寝室も含めて館内の灯火をほとんど全て消し、ホステラーは寝室に引き上げる必要があった。 現在でも消灯時間を設けている施設は多いが、規則は緩やかで、早めに就寝したいホステラーへの配慮から、寝室の電灯を午後10時から11時の間に消す必要があっても、や談話室(談話スペース)をより遅い時間まで雑談などに利用できる施設が普通で、中には談話室を終夜利用できる施設もある。 かつて、日本国内では禁酒の施設が一般的であったが、近年では大半の施設で飲酒できるようになり、ホステラーにの販売を行う施設や施設内にカウンターのあるバーを設けて、そこでホステラーにやを提供する施設が海外のみならず日本でも見られるようになっている。 また、については、防止の観点から、全館禁煙の施設が増加してきている。 食事の提供 [ ] ・朝食とも提供する施設もあれば、どちらかのみの提供となっている施設もある。 また、施設によっては通年もしくは閑散時に食事提供を行っていない場合や、ホステラーが自炊する場合もある。 海外ではを備えた施設が多いが、現在日本では自炊室を備えた施設は少ない。 自炊室のある施設では、・やはおおむね無料で貸してもらえる。 日本で朝食提供のある施設では、大概宿泊料金と朝食料金が別立てで朝食込みの宿泊料金となっていないが、ヨーロッパでは宿泊料金が朝食込みとなっている施設が多い。 但し、日本でも海外でも、夕食が宿泊料金に含まれている施設はほとんど見られない。 日本では宿泊申込み(予約)と同時に食事の予約も行うが、ヨーロッパのユースホステルでは宿泊申し込み時に夕食の申し込みをする必要はない場合が多く、施設に到着後、夕食前に館内で食券を購入して施設内の食堂を利用するか、食券を購入しなくても施設内の食堂に入ってその場で夕食メニューを注文すればよい。 また、宿泊料金が朝食込みでないヨーロッパの施設では、朝食は日本の施設のように宿泊申込み時に予約するのではなく、その朝施設内の食堂に入って注文すればよい。 寝室と寝具 [ ] ヨーロッパのユースホステルの様式では、寝室内のは二段ベッドであり、その様式は日本国内の施設でも一般的であるが、日本では寝室がを敷いて寝る敷きの和室となっている施設もある。 また、近年の日本では、寝室内に二段ベッドではなくシングルベッドを備える施設が増えている。 1室の宿泊人員は、日本でも海外でも、一般的には4〜8人程度である。 中には、大部屋の寝室に二段ベッドを何台も据えて一部屋の宿泊人員を多くした「マスプロ」式・「詰め込み」式で、ホステラーにとって居住性が高いとは言えない施設もある。 料金が低廉とはいえ、日本でも海外でも、やなど館内が清潔で、相部屋ながら居住性の高い施設も多い。 一方、中には的とは言い難い施設もある。 などへの対策では、日本国内でも近年では寝室のを内側から施錠できる施設が少なくない。 日本ではまだ少ないが、ヨーロッパではチェックイン時にホステラーに寝室のを貸与する施設が一般的である。 寝室の鍵はカードキーである場合もある。 時に鍵のを徴収し、紛失・破損など問題がない限りチェックアウト時に鍵を返却の際、全額保証金を返還する施設もある。 また、・などヨーロッパの都市部では、寝室の扉がオートロックとなった施設もある。 さらに、ヨーロッパでは寝室内に荷物用を備える施設が多く、その場合ホステラーがロッカーの施錠を持参ので行うことが多い。 ベッドの(ユースホステルにおいては「スリーピングシーツ」と呼ばれることが多い)は、かつてホステラーが持参することが多かったが、現在ではほとんどの場合、施設が提供するものを使用する。 以前は状のものが一般的であったが、形状からくる束縛感が不評なこともあり、多くの場合一般的なシーツを二枚重ねにして使用する。 もちろん現在の日本ではシーツは宿泊料金に含まれており、持参しても料金は割引にならない。 海外では、現在でもシーツ持参で宿泊料金が割引になる国がある。 朝には毛布を畳み、かつての日本ではその方向や畳み方まで微に入り細をうがって点検するという、まるで刑務所か軍隊を思わせるような規律があったが、現在はそのような厳しい点検を行うことはない。 借りたシーツは連泊でない限り、ベッドまたは布団から外して畳み、所定の場所に返却する。 水周り [ ] ユースホステルでは基本的に風呂()・・洗面所は寝室になく、寝室の外に設けられ共同である。 ユースホステルの共同浴場は、海外では当然シャワー室だが、日本ではなどの一部の施設でシャワー室であるのを除けば、浴槽と洗い場からなる風呂である。 日本のでは、共同風呂が風呂となっている施設がある他、館内の風呂が温泉でなくても希望者をで近くの温泉に送迎する施設がある。 近年では、洗面台が寝室内に設けられた施設が日本にも海外にもあり、中には洗面台だけでなくトイレも寝室に設けられた施設がある。 後述の日本のユースゲストハウス・ドイツのユーゲントゲストハウスでは、寝室にトイレ・洗面台だけでなくシャワー(バス)までも備わった施設もある。 日本でも海外でも、などホステラーが有料で使用できる・乾燥機が多くの施設に設置されている。 「ミーティング」 [ ] ミーティング(ティータイム)は日本のユースホステルに特有の行事で、海外の施設では見られない。 現在では行われていない施設が多い。 かつては、マネージャーやヘルパーが中心となって、夕食後に「ミーティング」が行われ、宿泊者同士の交流もその場を中心として行われていた。 これらはユースホステル側スタッフ(ペアレントやヘルパー)とホステラーによるやが中心で、程度問題であるが、脱線状態となり、狂喜乱舞しているユースホステルもあった。 しかし、歌と踊りのミーティングは、禁酒でもあり消灯時刻もある中での制限内での騒ぎであった。 その後、ミーティングの形態も変化し、かつて程度を超えたミーティングで不評を得たこともある「歌」や「踊り」を行う施設はまれになり、それを実施するユースホステルでは逆に「売り」になっている。 現在では要望に応じての観光案内や、ティータイムなどの座談が中心である。 ティータイムでは参加したホステラーに茶菓を出して、ホステラー同士が旅行情報を交換したり雑談する他、マネージャーやヘルパーが観光案内を行うことが一般的であり、日常生活では出会うことのありえない人達との出会いがあって、ユースホステルの魅力の1つとなっている。 最近はミーティングやティータイムの時間を設けていないユースホステルもある。 その場合は談話室に自由に集まり、雑談や情報交換が自然発生することが多い。 ユースゲストハウス [ ] 近年では、通常のユースホステルより設備の水準が高い施設として ユースゲストハウス(:YGH)もある。 通常のユースホステルより高い年齢層の利用を考慮して、一部屋の定員を2〜6人程度にし、寝室では二段ベッドでなくシングルベッドを備えてが広いなど、設備が高級化しているため、宿泊料金も通常の施設より高めに設定され、JYHでは1泊2食付5000円〜6500円程度とされているが、実際には2004年現在、1泊2食付で約5400円〜約5800円(会員料金)が一般的と考えるとよく、家族部屋などがある。 設備には以下の3タイプあり、日本ユースホステル協会が設定している上限価格が違っている。 洗面付(上限価格 - 素泊3500円)• 洗面トイレ付(上限価格 - 素泊4000円)• 洗面トイレ・風呂付(上限価格 - 素泊4500円) 但し、あくまでも上限価格であり、実際には、どのユースゲストハウスも、価格差はほとんどない。 1泊2食付で約5400円〜約5800円(会員料金)の範囲内と考えて良い。 しかし、ユースゲストハウスと同等の高レベルの設備ながら、設置者またはマネージャーの意向で通常のユースホステルとして営業している施設もある。 ホステリングとホステラー [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年1月) ホステラー同士の交流 [ ] ユースホステルでは、寝室が相部屋で一人旅での利用が多いという特質のため、以前に面識のなかったホステラー同士が施設の館内で歓談することが普通にある。 ホステラー同士の雑談などの交流は、寝室内の他、食事時間中に食堂、ミーティング(ティータイム)とその前後に食堂や談話室(談話スペース)で行われ、食堂や談話室では性別に関係なくホステラー同士の雑談が気軽に行われる。 会話だけでなく、ホステラー同士が時にやなどの、卓球台のある施設ではに興じることがある。 その他、施設によっては、、なども用意している。 このようなホステラー同士の交流は日本の施設だけでなく海外の施設でも見られ、・・の異なる者同士が交流することもある。 そのようなホステラー同士が・、近年ではのを交換し合うことも少なくない。 知り合ったホステラー同士で次の日に観光などの行動を共にすることもある。 また、日本では、施設にもよるが、ホステラーとマネージャー、ホステラーとヘルパーが互いに歓談などをすることも珍しくはない。 特に日本国内においては、その施設を定宿として頻繁に利用するホステラーも少なくはなく、常連同士が食堂や談話室などに集まって、内輪ネタで盛り上がることも多い。 ところがユースホステルの利用者の多くが一人旅であるが故、また交流を積極的に望む意識が比較的強いが故に、一見客から見ると、このような常連の内輪ネタによる盛り上がりが時として排他的な雰囲気を生むことになり、会話の輪に入れず疎外感を持つことがしばしば見受けられる。 また反対に、さほど積極的な交流を望まないホステラー(特に女性)が男性ホステラーから執拗に話し掛けられたり、住所交換などを求められ対応に苦慮するケースもしばしば見受けられ、これは宿泊施設としてのユースホステルの個性である「交流の宿」という性格が、いわばマイナスに作用しているケースと言える。 移動手段 [ ] 日本国内のホステリングで、かつてはやなどでの移動が最も一般的で、現在では、交通機関の利用によるホステリングもあるが、やでの移動が主流である。 また、かつても現在も、または徒歩で移動するホステラーが時に見受けられる。 最寄のまたはが施設から遠い場合、交通機関利用のホステラーを自動車で駅またはバス停に送迎する施設もある。 日本のユースホステルの問題 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年1月) ホステラーの高年齢化 [ ] 日本では、1970年代まではホステラーのほとんどが10代後半から20代前半の・(世代としては「」からその10歳前後下までが中心)で、から前後までは若年の・の利用が多くなったとはいえ、学生・生徒の利用も少なくなかった。 近年の日本では、学生等の若者よりむしろ中高年の利用が多く、では30代がホステラーの中心的な年齢層である。 また、かつてはあまり見られなかった、連れの利用もかなり多く見られるようになった。 利用者側の側面• によって日本全体で若年者の割合が減っていること、面識のない他人との相部屋を嫌う若者が、現在ではかつて以上に多いこと。 また相部屋を嫌う旅行者が出張でなくてもを選択する傾向があり、そのホテル側も最近は(一概には言えないが)料金がリーズナブルでしかも朝食無料サービスという様な優待サービスも少なくない。 日本国内の施設では、比較的年齢層の高い社会人が主たるホステラーとなっていくにつれ、学生・生徒が心理的にホステラーとして宿泊しにくくなってしまったこと。 国内の経済情勢の変化(主に悪化)により、は3年次から就職活動を強いられ、卒業後も社会に出て1〜2年目は遊びどころではないこと。 「携帯貧乏」と称されるように、などへの支出が多い生活スタイルから、若者の旅行への支出が減る傾向があること。 安価な国際線が多く流通することで、若者のが多くなったこと。 施設側の側面• 設置者がマネージャーである民営ユースホステルにとって、比較的多くの安定した収入のある20代後半以降の会社員・公務員が主たるホステラーであれば、単に宿泊するだけでなく、年越しパーティや・などのツアーといった施設主催の行事に料金が低廉でなくても参加し、また、施設で販売する・輸入ビールなどの安価ではない酒類を購入するなど、本来の宿泊料金以外に・などでの収入が多額となり、学生が主なホステラーであるよりも多くの収益を見込める。 また、そのような社会人が固定客となれば、安定した施設の経営に繋がりやすい。 そこで、日本経済の実情からして大幅な右肩上がりの経済成長を望めない現在、日本国内のかなり多くの施設で、本来のユースホステルの設立趣旨から逸脱・乖離しながらも、学生・生徒よりも比較的年齢層の高い社会人の宿泊を主眼において経営を進めるようにもなり、そのような施設運営のあり方も、日本でのホステラー高年齢化をさらに進行させている。 ユースホステルの長所の1つである料金の低廉さが、近年においては格安ななどの乱立により長所たり得なくなっていること。 詳しくは次節を参照されたい。 しかし、ホステラーの高齢化が進んでいる理由は、多くの場合、単一の理由のみによってではなく、複合的な要因によることが多いと考えられる。 また、地域的事情など他の様々な要因も関係してくるので、ケースバイケースである。 さらに、全体の傾向として、ホステラーの高齢化が進んでいるという感触があるというだけで、一部のユースホステルでは、若年のホステラーの利用が多数を占める。 施設数の減少 [ ] 日本における施設数の減少傾向の理由としては、宿泊施設の多様化と、宿泊する側の要望する水準が高くなっていることに対して、既存のユースホステルが応えきれていないこと、少子化による想定した利用者人口の減少などにより、ユースホステル会員数が大幅に減少していることが挙げられる。 一方で、施設の老朽化による閉鎖や、民営ユースホステルにおいては「後継者」問題がある。 の終焉時代から始まった赤字ローカル線廃止や、それを引き継いだ・の登場、それら企業者がJRとは全く関係ないためワイド周遊券などのの通用除外となったこと、JR旅客各社が周遊券を廃止して、より通用期間が短いに置き換えた事などによる、その地域のを利用した旅行者の減少、公営ユースホステルにおける収支逆ザヤなど、様々な要因が複雑に絡み合っている。 実際には、近年でも新しいユースホステルも次々と開所しているので、閉所しているユースホステルは、表面的な減少数よりも遥かに多い。 価格帯が競合する宿泊施設の登場 [ ] 利用料金 [ ] 以前は、ユースホステルの宿泊料金は素泊まり3000円以下、1泊2食4000円前後かそれ以下という価格設定になっており事実上最も安い宿泊施設であった。 しかし、今は宿泊施設の多様化が進み、価格面でも競合相手が多数出てきている。 またこれがネックとなって、入会および利用へのブレーキになっている。 実際には会員でなくてもビジター料金600円で宿泊できるが、地方都市の駅前など朝食付きの安価なビジネスホテルには料金面で太刀打ちできなくなっている。 このことを踏まえて財団法人日本ユースホステル協会は、この料金面での不利さを払拭し、とくに本来的なユースホステルの利用者層とされる若年層の利用促進を図るため、2009年〜の間、「ユースホステル100周年記念事業 若者旅立ちキャンペーン」を実施し、巻き返しを図った。 これは、高校生以下の人がユースホステルを利用する際に「会員証不要」とするもので、かつ会員証そのものも無料で配布される。 他の宿泊施設との比較 [ ] 期と同期してレジャーブーム、ブームが起き、数多くのアウトドア施設(サイト)が建設された。 以前のテントサイトは、さえ不十分であったが、・トイレ施設の充実の他、シャワールームが設置されたり、露天風呂までも併設されたりした。 このため、価格面だけで言えば、ユースホステルの強力な競合相手となった。 期以降の若者のの進展から、若者の旅行は、交通機関での移動からオートバイ、さらに自動車での旅行に大きく変化し、究極的には「車中泊」が最も安いが、カップルでの車旅行の場合は、郊外立地型のもユースホステルの競合相手となった。 2人分の宿泊料金と駐車場代を含めて考えればユースホステルよりも安いことが多く、時間の指定や受付の煩わしさもなく、設備も充実しているため、「カップルでの車旅行」のスタイルでは、ユースホステルが選ばれることは稀になった。 但し、入室後の出入りが自由かどうかはホテルによって違いがあるため、限定的な利用スタイルでもある。 ユースホステルと似た形態であるが、主に都市部ではといわれる外国人向けの低価格宿泊施設も登場している。 これは、日本の宿泊費が高い事から、外国人向けにつくられたもので、・・沖縄などに多い。 元々宿泊施設として作られたものではなく、普通の家やアパート、マンションを改装して2段ベッドなどを詰め込んだドミトリー型の宿泊施設となっており、立地条件にもよるが、1泊のみだと2000円から4000円程度である。 外国人の場合、長期宿泊することが多いため長期の割引率が高く、沖縄の場合は1ヶ月いると1泊あたり1000円以下になる所もある。 外国人向けに作られたものであるが、その安さのために日本人の利用者も増加し、日本人専用のゲストハウスもできてきている。 ただし、長期利用者が多いゲストハウスでは、の一形態とも見なされ、ユースホステルよりも宿泊における規則が厳しくなってしまった所も出てきており、均質的なユースホステルと比べると利用しづらい面もある。 民宿においても、ユースホステルと同じく男女別相部屋を基本とし、料金もユースホステルの会員料金と同程度であり、宿によっては寝室に二段ベッドを備え、JYHと契約がないことを除けばユースホステルとほぼ同一の方式・形態で運営される宿がある。 1980年代以降、北海道やなどで開業が増えた。 かつてはユースホステルより利用者の年齢層がやや高く、飲酒が可能など規律もユースホステルより緩やかだったが、ホステラーの高齢化と規律の緩和により、現在ではそのような民宿とユースホステルの実質の差はさらに僅かとなっている。 そのような民宿を「旅人宿」と呼び、かつては「ユース民宿」の語も使われた。 代表例では、「とほネットワーク旅人宿の会」を形成する民宿である通称「とほ宿」があり、共同で「とほ」を発行している。 既述の内容と重複するが、ユースホステルがJYHとの契約を解約して同一形態のまま、そのような民宿に移行する場合もあれば、逆にそのような民宿がJYHとの契約で、民宿の頃と営業形態を変えずにユースホステルに移行する例もある(の項目を参照)。 既存の宿泊形態であっても、最近のによる宿泊予約システムの普及によって、宿泊料金の低価格化が進んでいる。 インターネットで予約すれば、3000円台後半から4000円台で宿泊できるが非常に増えている(予約・受付業務における人件費削減による低廉化)。 もちろんこれらの施設は個室であり、部屋にバス、トイレ、テレビ、エアコン、冷蔵庫の他、インターネット設備まで取り揃えている場合もある。 さらにこの値段で朝食付きの所まである。 ユースホステルが相部屋である事から考えると、ユースホステルの割高感を持たざるを得ない。 ビジネスホテルの立地として、公共交通機関利用者を主なターゲットにした駅前立地の他、自家用車利用者をターゲットにした高速道路の付近に立地するものもあり、広大な駐車場を併設した型もある。 また、ビジネスホテルより豪華な一般のやであっても、空室にしておくよりは割引してでも満室にしておいた方が利潤があるとして、地方中核都市や温泉地を中心に、「直前割引」「当日割引」を設定している宿泊施設がある。 また、などでは、ネットによる当日予約で、予定チェックインの時間帯(夕方、夜、深夜)によって宿泊料金が変わる宿泊施設がある。 これは、終電後にで帰宅する人に対し、タクシー代と競合する価格帯(5000円程度)にすることで、新たな宿泊需要を掘り起こすことを目的としている。 いずれの場合も価格競争力があるため、ホテル側の設定意図とは離れて、ユースホステルと競合することになってしまった。 以上のように、携帯電話を持って車旅行をする者にとっては、ユースホステルは価格面において唯一の選択肢ではなくなってしまった。 この例として、車による旅行者を主なターゲットとする「」(一人旅でも家族連れでも利用可能)という、低廉で気軽に利用できる宿泊施設が全国各地の町にあるアメリカでは、個人の家庭をユースホステルとして提供している施設も含め、ユースホステルは132軒に留まる。 施設数自体は日本に次ぐものの、東海岸や西海岸に集中し、内陸部は少ない。 その他の問題点 [ ] 一人での利用の場合は原則的に相部屋とされる。 このためプライバシーの制限を受けることが少なくなかった。 しかし最近では夫婦や家族での一室利用も歓迎されることも増え、以前に比べればかなり利用しやすくなってきたといえる。 またシングルルームを用意している施設も少なからずあり、前述のビジネスホテルとの競合を意識した経営戦略を打ち出すところも出始めている。 海外では、個室やファミリールームを設けているユースホステルが多い。 相部屋という性質上、まれに盗難事件が起こることもある。 海外のユースホステルの場合、鍵付き(または持参をした鍵をつけられる)ロッカーが整備されていることも多い。 ユースホステルに関する情報提供 [ ] ユースホステルの情報としては、入会及び継続時に配布される冊子で、各施設への行き方や住所が簡単に記述された ホステリングガイド、季刊の情報誌「 とらいべる( Tryvel)」のほかに、ユースホステルを紹介する書籍が発行されているが、近年ではを利用した情報公開に移行している。 ただし、公営ユースホステルのうち日本ユースホステル協会からの負担金の増額に応じていないユースホステルは、公営ユースホステルのサイトにのみ掲載されており、日本ユースホステル協会のサイトには掲載されていない。 ユースホステルしんぶんから「とらいべる」へ [ ] ユースホステルの情報源としての情報誌「ユースホステルしんぶん」がかつて発行されていた。 月3回発行で、PR版(1日号)、会員版(11日号)、内報版(21日号)があり、会員には会員版が送付され、事実上の月刊紙であった。 だが、度では会員版は年4回休刊し、年8回の発行となっていた。 その後2004年度に廃刊された。 2005年度以降は、ユースホステルの情報の他、旅行情報を掲載した季刊の情報誌「とらいべる」が発行されている。 「とらいべる」は、創刊号だけがイレギュラーの4月1日発行だが、以後、6月1日、9月1日、12月1日、3月1日の発行予定となっている。 ユースホステルしんぶん時代は、入会から初回の送付までに1〜2ヶ月を要し、年8回発行といっても場合によっては6〜7回しか手元に郵送されなかったが、「とらいべる」はシステム変更により、必ず4回送付される。 入会直後の発行分が間に合わない場合は、会員期限(1年)が切れた後も、4回目のものが手元に届くようになる。 なお、2006年度から発行日が20日に改められた。 ホステリングガイド [ ] 日本ユースホステル協会が発行する、ユースホステルの入会および継続時に入手できる日本国内のユースホステルに関する情報及び、世界的なユースホステルに関する予約などの情報が記入されている小冊子のことを指す。 ユースホステルの利用のための情報、日本のユースホステルの情報、各地のユースホステルが行っている行事、会員における割引施設の情報、ホステル宿泊約款など様々な情報が得られる。 公営ユースホステルのうち日本ユースホステル協会からの負担金の増額に応じていないユースホステルは掲載されていない。 出典 [ ].

次の