荷物 不在 ショート メール。 【荷物到着メールは詐欺】日本郵便なりすましに注意

【注意】携帯に届いた再配達のメール(SMS)は詐欺メールかもしれない

荷物 不在 ショート メール

突然のメッセージ ふとiPhoneを見ると、メッセージが1件届いていました。 その結果、明らかに警告を示す表示。 このような画面が表示されたのは初めてで、一気に目が覚めました。 マルウェアとは、要するに「ウイルス」です。 感染すれば、遠隔操作されたり、勝手にデータが抜き取られたり、悪いことしか起こりません。 とりあえず、この画面が表示されたおかげで、被害にあわずに済みました。 なぜリンク先にアクセスしてしまったのか メッセージのURLに含まれている「sagawa」の文字と、文面から「佐川急便」と思い込んでしまいました。 少し緊張が緩んでいた状態だったという理由もありますが、なんとなく「佐川急便」と信じてリンク先にアクセスしてしまいました。 では、「なぜ信じてしまったのか」を簡単に分析してみます。 主な理由はふたつあります。 メッセージ(ショートメール)で送られてきた• 何か申し込んでいたかも・・・という心のスキ 相手の番号が表示されるショートメッセージ 私の経験上ですが、この手のものが メッセージ(ショートメッセージ)で届くのは初めてです。 消してありますが、ショートメッセージなので相手の電話番号が表示されています。 相手の番号が表示されているせいで、少し警戒心が薄れてしまいました。 正直に言うと、「配達係」の人が送ってくれたメッセージで、佐川はこんなサービスしてくれるんだ・・・って思ってしまったぐらいです。 何もないはずなのに、「ない」の自信がない 陸マイラー活動をしていると、宅急便や郵便局にお世話になることが増えます。 最近は商品を申し込むことは減ってきましたが、「クレジットカード申し込み」や「口座開設」はやっています。 この時は、ちょうど何も申し込んでいなかったので、荷物は「 ない」はずでした。 しかし、「 ない」に自信がもてないので、「なんかあったかな」と確認したくなります。 情けないですが、完全にだまされました いろいろな情報から佐川と「 思い込み」、何もないはずなのに「 自信がもてず」、リンク先にアクセスしてしまいました。 情けないですが、完全に相手の作戦にはまってしまいました。 一番警戒心を下げたのが「 ショートメッセージ」だったところです。 このような変なサイトに誘導するものは、私の経験上ではメールで来ます。 最近では、企業やメーカーの名前をうまく絡めた「それらしいドメイン」で送られてきますが、そもそも「メール」という時点で除外です。 「ショートメッセージ」という普段と違う方法に、やられてしまいましたね。 赤い画面が出たら閉じる だまされてしまい、アクセスした結果が、これです。 この赤色をチョイスした人は素晴らしいですね。 目が覚めます。 このページが表示されたら、右下にある「 ページを閉じる」を押してページを閉じてください。 詳細を見たい人は「詳細を表示」を押せば、いろいろ情報が得られるかもしれませんが、調べるだけムダです。 慌てず、ゆっくりページを閉じましょう。 マルウェアWebサイトの警告 今回はiPhone純正のブラウザ「 Safari」を利用していたため、このような警告を出してくれたようです。 Safariを含むいくつかのブラウザでは「Google Safe Browsing」というツールが導入されていて、そこで登録されている不正サイトにアクセスすると、今回のような警告を表示してくれるようです。 アクセス先はさらに「佐川」っぽいようです 私はブラウザのセーフティー機能で助けられましたが、リンク先はさらに「佐川」っぽいようです。 Webで調べてみると、その画像なども出ています。 織田裕二が表示されていたら、流石に信じちゃうかも。 リンク先で、何かインストールするように誘導するそうですが、それをインストールすると「完全にアウト」の状態になってしまうはずです。 絶対にアクセスしないようにしてください。 いろいろな事例があるようなので、一度確認しておくことをお勧めします。 今回私に送りつけられたURLを少し変えたバージョンなども出回っているようなので、注意してください。 こういう悪いことをする人は「佐川」が終わると、次は「ヤマト運輸」や「日本郵便」など姿を変えて攻めてくると思います。 どんな企業を装っても、だまされないように注意しないといけませんね。 具体的な内容を伝えた方がいいと思い、あえてURLを表示していますが、くれぐれもアクセスしないように注意してください。 そして、どのような形で相手が攻めてきても、ダマされないようにしてください。 (終わり) 【家族構成】 私、奥様(ディズニー大好き)、子供2人(6才、4才) 【最寄りの空港】 セントレア(中部国際空港) 【陸マイラー経歴】 ・2017年3月 陸マイラーデビュー ・2017年10月 貯めたマイルをANA SKY コインに交換して家族4人分のオーランド行き航空券を購入 ・2018年4月 家族4人でウォルト・ディズニー・ワールドへ7泊9日旅行 ・2018年5月 SFC修行を決断!修行チケット購入。 ・2018年9月 SIN-NRT間で初ビジネスクラス搭乗 ・2018年9月 50,000PP越えでプラチナ到達 ・2018年12月 家族4人で香港ディズニーランドへ3泊4日旅行 ・2019年1月 2019-20年越しウォルト・ディズニー・ワールドの特典航空券を発券•

次の

詐欺?ショートメール(SMS)でjppost偽日本郵便から不在通知がきた

荷物 不在 ショート メール

宅配便の不在通知を装うショートメッセージ(SMS)にご注意ください• インターネット• 振り込め詐欺• その他 このようなケースが発生しています。 宅配便の不在通知を装うURLを記載したショートメッセージを送付。 記載されたURLにアクセスするとSMBCダイレクトの偽画面を表示し、ログイン情報等を盗取する事案が発生しています。 リンク先の偽画面に口座情報や暗証番号等を入力すると、 インターネットバンキングで不正出金される被害につながることがありますので、十分ご注意ください。 手口の特徴• ご確認ください。 com」等の 宅配便の不在通知を装いURLを記載したショートメッセージを送付。 ご確認ください。 」等のメッセージを表示し、 SMBCダイレクトの偽画面に遷移してログインを誘導。 被害に遭わないためには•

次の

宅配便の不在通知を装うショートメッセージ(SMS)にご注意ください : 三井住友銀行

荷物 不在 ショート メール

不在通知を知らせるショートメールが届いた ショートメールの内容を読むと宅配便の不在通知と書いてあり、携帯電話番号とホームページのアドレス(URL)が記載されていました。 宅配便を利用した覚えはないけれど何か荷物が届いたのかもしれないと記載されていた携帯電話番号に電話をかけてしまったのですが、相手は電話に出なかったということでした。 仕方がないので記載されていたURLをクリックしてみたところ、「このページは存在しません」と表示されたとのこと。 それから何かあったかと確認しましたが、不審なことはなかったというので今回は仕方ないけれど、こういうショートメールが届いても書いてあるURLをクリックしたり携帯電話番号に電話をかけたりはしないでね、とお話ししました。 調べてみると同じような事例がいくつもありました。 生徒さんが受け取ったSMS、実は佐川急便を名乗っていたのですが、やはり佐川急便の公式サイトで事例とともに注意喚起の内容が公開されていました。 佐川急便を装った迷惑メールが届くというお問い合わせが急増しております。 このような迷惑メールに記載されているアドレスにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりされますとコンピューターウィルスに感染する恐れがございますのでご注意ください。 なお、 当社ではショートメールによるご案内は行っておりません。 参考 ショートメールに届くだけじゃない。 PCメールも注意! 今回、生徒さんが受け取ったのはショートメッセージでしたが、パソコンメールにも同じような件名・内容のメールが届いている事例がたくさんありました。 そしてその多くが、誰もが知っているような有名企業、大手企業を名乗っていました。 事例としては今回の宅配便の不在通知のほかに、請求書という件名で添付ファイルがついたメールが届いたり、アカウントが乗っ取られたと危険を知らせる内容だったり、パスワードの変更を促したり、二段階認証を促したりなどというものが多く報告されています。 気を付けていても有名企業、大手企業を名乗ったメールだとつい開いてしまいそうになると思いますし、メールの内容を読んでつい連絡を取ってしまいそうになってしまいます。 が、決して連絡を取ってはいけません。 メールに記載されているホームページのアドレスをクリックしてはいけません。 ショートメールに届いた不在通知に連絡を取ってしまったら起こり得ること 携帯電話や固定電話の番号を悪用される まず、ショートメールに記載されている携帯電話番号に電話をかけてしまうと、携帯電話番号が使われていることを証明してしまうことになり、別の詐欺に巻き込まれてしまう可能性が否定できません。 また、名簿業者に売られてしまう可能性だってあります。 本物そっくりのホームページに誘導され、アカウントやパスワード、個人情報を盗まれる ショートメールに記載されているホームページのアドレスをクリックするとホームページが表示されますが、このホームページは巧妙に作られた偽物のホームページであることが多いです。 一見すると本物のように見えるのですが、ホームページのアドレスを見ると全然違うアドレスです。 生徒さんにこのことをお話しても、そこまで(ホームページのアドレス)は見ないよと言われます。 そうですよね、見ませんよね。 だから、偽物だと気付かずに、アカウントやパスワードを入力してしまうのです。 すると、その情報は相手に取られてしまいます。 そのアカウントとパスワードを使って本物のホームページを開くとあなたになりすまして情報を入手することができてしまうので大変危険です。 Android7. スマホのウイルス感染も報告されている もし、このアプリをインストールしてしまい、さらに起動させてしまうとスマホがウイルスに感染してしまいます。 スマホがウイルスに感染してしまうと、スマホから情報を抜き取られてしまったり遠隔操作されてしまったりするようです。 中にはプリベイトカードをキャリア決済で購入されてしまったという事例も報告されています。 参考 ショートメールで宅配便の不在通知が届いても無視してください こういう事例は、テレビなどであれほど取り上げられているにも関わらず、被害に遭ってしまう人が後を絶ちません。 実は生徒さんの中では、こういう事例を耳にしたり目にしたりすると自分が騙されてしまうかもしれないと心配する人のほうが意外とこういう事例にひっかかりません。 少しでも違ったことがあればすぐに聞いてくれるからです。 反対に、別の記事にも書きましたが、自分は大丈夫だ、そういった被害にはあわないと言い切っている人のほうが被害にあっています。 「あれ?」という感覚は大事にしてください。 おかしいと思ったらそれ以上操作を続行せず退避してくださいね。

次の