就活 コロナ。 新型コロナ:OB訪問や説明会…機会激減 コロナで売り手市場一変 :日本経済新聞

就活生のコロナ影響、これからがむしろ本番だ

就活 コロナ

21卒の就活はどうなる?-新型コロナウイルスによる影響とは- 新型コロナウイルスの影響により、21卒の就活がどうなるのか。 就活のスケジュールも合同説明会の延期・中止によって少し鈍感する可能性もあります。 ここでは、新型コロナウイルスの就活の影響と、企業側が面接や採用の面でどのように対応していくのかを紹介します。 新型コロナウイルスによる就活への影響 新型コロナウイルスにより、21卒の就活が現状でどうなっているのかについて紹介します。 説明会の延期・中止 リクナビ・マイナビが新型コロナウイルスの感染防止のため、3月度の合同説明会を延期・中止することを発表致しました。 就活生と企業の出会いの場がなくなり、就活がどうなるのか不安や心配になっている就活生も多いのではないでしょうか。 合同説明会の延期だけでなく、大学で行われる学内説明会や企業が単独で行う会社説明会を行わないと発表している企業も非常に多いです。 このような、20卒以前の就職活動とは、異なり短期決戦から長期戦になると予測している人もいるのも事実です。 新型コロナウイルスによる就職活動への影響を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。 新型コロナウイルスについて 企業側も対応に追われているため、就職活動の動きは企業ごとに異なります。 自分の入社したいと考えている企業がどのような状況で説明会をするのかなどは事前に調べておきましょう。 WEB化への移行 新型コロナウイルスの影響により、WEB説明会やWEB面接の動きが増えてきています。 実際に20卒の就活からWEB化が進んでおり、より WEBの方向へ舵を切ろうとしている企業も多いです。 特に、就活生が就活をする以前から知られている企業。 ネームバリューがある企業ではWEB化が進んでいます。 自分の狙っている企業がWEBでも進めているのかどうかは調べておきましょう。 WEB面接や説明会などの経験がない就活生は以下の記事を参考にしてみてください。 WEB化について WEBでも就活生も企業もやることは同じですが、注意しておくべきマナーなどもあります。 就活がどうなるのか新型コロナウイルスがいつ収束するのかによって異なるので、WEB面接をする可能性があることは頭に入れておきましょう。 新型コロナウイルスで21卒の就活はどうなる 次に、実際に新型コロナウイルスの影響により、人事や各企業がどのように21卒採用を進めていくのかについて紹介します。 実際に、就活がどうなるのかについて知りたい就活生は一度読んで、今後の対策を進めていきましょう。 現状の21卒採用活動は変更しない 現状では、21卒の採用活動を変更せずに、進めていこうと考えている企業が多いでしょう。 新型コロナウイルスがいつ収束するのかによって異なりますが、採用人数を変更せずに同様の採用選考を進めようとしています。 企業側の動きとしては、今後、新型コロナウイルスがどのように経済影響を起こすのかによって企業も判断をしようとしています。 なので、採用人数の母数もそのままで採用しようとしているので、就活がどうなるのか心配な就活生は、変わらず就活を進めることをおすすめします。 注意:20卒の内定取り消し規模は別 ただし、注意としては、企業規模によって動向が異なることが挙げられます。 特に、新型コロナウイルスの影響により、20卒の内定取り消しをしている企業も発生していることがニュースでも取り上げられています。 まだ経済影響にどの程度の影響を及ぼすのか、不明慮と言われている中で、 内定取り消しを行う企業の規模だと21卒の採用活動を一旦止めている企業もあるでしょう。 自分の入社したいと考えている企業の規模や新型コロナウイルスの影響が受けやすい業界なのかなどによって判断が異なるので注意が必要でしょう。 【予測】企業の21卒の就活への対応 最後に、考えられる今後の企業の採用活動の動向について紹介します。 結論は、経済や業界への影響がある程度わかってきた段階で採用人数を絞る企業が多くなるでしょう。 つまり、最終面接の手前までは通過人数を確保して、状況次第では採用人数を絞るため最終面接で落ちる就活生が出てくることが予測されます。 そのため、履歴書や1次面接や2次面接は変わらず、通過しやすい可能性が高いでしょう。 しかし、GW付近になるとある程度企業も業界や経済にどのくらいの影響が出てくるのか判断できるようになるでしょう。 そうなると、5月付近に内定を出す企業も多いため、その内定人数に変更をかける企業が多くなることが予測として考えられます。 就活がどうなるのかの次に、実際に就活生がするべき対策について紹介します。 21卒の就活はどうなる?-緊急事態宣言による影響とは- 新型コロナウイルスの影響により、とうとう政府が感染拡大を防止するために緊急事態宣言を発表しました。 この事態を受けて企業や大学がどのように動くのか。 また、緊急事態宣言の中で就活生はどのように行動するべきなのかについて紹介します。 政府が緊急事態宣言を発表 政府は新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受けて、東京などの7都府県を対象に、法律に基づく「緊急事態宣言」を行いました。 宣言の効力は5月6日までで、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡が対象になります。 また、「緊急事態宣言」は海外で見られる「都市閉鎖」を行うものではなく、公共交通期間など必要な経済社会サービスを可能な限り維持しながら、密閉・密集・密接の3つの密を防ぐことなどで、感染拡大を防止していく対応になります。 引用:NHK「安部首相が緊急事態宣言 7都府県対象 効力5月6日まで」 政府が緊急事態宣言を行うことで、企業がどのような行動をしていくのか、就活がどうなるのかについて紹介します。 企業側の就活の動き 企業側の動きは大手・中小と動きが異なります。 それぞれの動きについて解説するので、就活生は自分の就職したいと考えている企業規模の現状を知っておきましょう。 大手企業の就活の動き 大手企業は継続してWEBでの説明会を実施を発表している企業が多いですが、現状では採用を止めている企業の方が多いです。 大手企業の場合は、売上の影響が大きく、現状の売上の対応に追われています。 加えて、大手企業の場合は選考が多少遅れたとしても就活生の選考希望者が多いことも中止できる要因です。 中小企業の就活の動き 中小企業では、採用が順調な企業も多いようです。 WEBでの説明会に移行出来ていない企業でも、少人数での対面説明会で実施をしていたり工夫をして進めています。 ただし、緊急事態宣言の発表でWEBにより切り替える企業が出てくると予測されるので就活生はWEBでも対応できるようにしておきましょう。 大学側の就活の動き 大学での学内説明会も軒並み中止になっています。 大学にもよりますが5月からのスタートとなる大学もあります。 そのため、通常の大学スケジュールとは異なるため授業の調整などの対応に追われているのが大学側の現状のようです。 大学の通年のスケジュールが確定次第で学内説明会を実施する大学も出てくるでしょう。 就活生は不安が多いとは思いますが、準備を進めていつでも学内説明会に参加してアピールできるようにしておきましょう。 就活生がとるべき行動とは 上記で説明した通り、企業や大学も不測の事態のため対応に追われているのが現在の状況です。 この中でも、WEBでの説明会など採用に動いている企業がいるのも事実です。 就活生がどうするべきなのかについて紹介します。 気になる中小企業がWEB説明会を実施しているか確認 大手の企業が現状は採用を止めている企業が多いので、中小企業の興味のある企業がWEBでの採用を進めているのか確認しておきましょう。 WEBでの説明会や面談だと社風などが掴みづらいと感じている就活生も多いのではないでしょうか。 就活生は考えていることは、企業側も同様のことを懸念として抱えています。 その中でも中小企業は大手とは異なりネームバリューがないため少しでも就活生に知ってもらうためにWEBでの説明会や面接を進めています。 緊急事態宣言の期間を超えると、企業は対面で会うことを希望するので、就活生はそれまでに興味ある企業や入社したい企業がどのような企業なのか改めて自己分析しておきましょう。 大手志望の就活生も内定を持っておこう 大手志望の就活生も今の内に中小企業の選考を進めておいて、必ず内定を持っている状態で大手の企業選考に行くようにしましょう。 大手の企業も今回の影響で採用人数を減らす業界も出てくるでしょう。 特に、旅行・航空への影響が非常に大きいでしょう。 GWも緊急事態宣言の期間内になってしまっているので採用人数が減ってしまう可能性があります。 逆に変わらず現状の採用人数で採用を進めている業界が社会インフラ系の業界になります。 自分の志望している業界にどのような影響が及んでいるのかを業界分析を含めてしておくことをおすすめします。 大学の単位の確保は必須 22卒向けの内容になりますが、採用が止まっている内に大学の単位を必ず確保できるようにしておきましょう。 大学によっては、夏休みなどを少なくして授業を進めていくことになるでしょう。 そして、就職活動も今後の影響次第では長期化する恐れがあります。 就職活動と大学の授業、そしてゼミや研究となると就活生への負担も非常に多くなってしまいます。 少しでも負担が大きくならないように出来ることはしっかりとしておきましょう。 21卒の就活はどうなるのか-就活生がするべき対策- 今までは、就活が直近でどうなる可能性があるのかについて解説していきました。 次に、就活が今後は長期的にどうなるのかについて、そして就活生が今何をするべきなのかについて紹介します。 就活が今後どうなるのか 就活がどうなるのか、新型コロナウイルスや緊急事態宣言における影響をこれまでは紹介しました。 次に、今後の就活がどうなるのかをリーマンショック時の数字を用いながら解説します。 現状の有効求人倍率の推移 以下の画像が、厚生労働省の「求人・求職及び求人倍率の推移」になります。 上記の画像の通り、リーマンショック時よりもまだ今の状況の方が景気が良いことが上の画像で分かると思います。 しかし、新型コロナウイルスの影響により2月から有効求人倍率が落ちてきています。 しかも、2月はまだ新型コロナウイルスがそこまで大きな脅威になるとは考えられていなかった時期になります。 次に、今後の有効求人倍率がどのように変化していく可能性が高いのかについて紹介します。 以下の画像がリーマンショックが発生し、有効求人が回復するまでの推移を示しています。 しかも、リーマンショック前の有効求人倍率と同様に回復するのに約6年かかっていることが上の図からわかると思います。 つまり、就活生は今、就活を行い内定を取っておかないと今後はどんどん採用されづらくなるということです。 今までは転職が可能でしたが、今後のは転職もしづらくなることが予想されます。 ファーストキャリアである新卒として就職する企業がより重要になっていきます。 そのファーストキャリアをどのように選ぶのか。 就活生が今何をするべきなのかについて改めて紹介します。 就活生が今、すべき対策とは 就活生が今、すべき対策について紹介します。 企業が採用人数を絞ろうが就活生がするべきことは変わりません。 ガクチカを今から作ることは出来ないのでできることが今しっかりと行っておきましょう。 自己分析 就活生が企業への就職のためにしておくべきなのが、自己分析になります。 自己分析と言われると「よく聞くことだけどやり方がわからない」と考えている就活生も多いでしょう。 今では、自己分析ツールなどの一から自己分析をする必要もなくなっているのでいろいろ対策をしてみましょう。 21卒も4月手前になると、ガクチカなどを作ることが難しいでしょう。 なので、企業へ何を伝えるのか、自分の強み・弱み、就職において大切にしたい価値観を今一度整理しておくことをおすすめします。 特に、21卒は上記で説明した通り今後の状況によっては企業は採用人数を絞る可能性があります。 その時に、判断材料になるのは最終選考だけではありません。 1次面接や2次面接などの今までの積み重ねにより企業も最終面接前に就活生にある程度の順位を付けています。 なので、就活生がするべきことは、できるだけ面接などで企業からの評価をもらっておくという、今までの就職活動と同様の内容になります。 つまり、就活生は就活がどうなるのかを不安に思うのではなく、やるべきことをしっかり行っておくことが就職への一番の近道になります。 やりたいこと・向いてることの整理 自己分析に近いですが、就活生はやりたいことや向いてることを明確にしておきましょう。 それぞれを明確にせずに就職活動をしてしまうと企業への入社後に早期退職に繋がってしまうためです。 今までのデータでは、新卒採用の新卒社会人が3年間で3分の1が転職をすると言われています。 それだけ、企業も就活生もミスマッチが多いということです。 今までなら、転職もできる売り手市場と言われていましたが、今後は転職も難しくなる可能性もあります。 そのため、就活生はやりたいこと・向いてることを整理して、ファーストキャリアとして働く企業で長く働けるようにすることをおすすめします。 OG・OB訪問 再度の実際に働いてる社会人に聞くことをおすすめします。 特に就活生の多くがイメージで就活をしてしまう傾向があります。 なので、実際に働きたいと考えている業界の社会人に実際に働いてる姿や1日のスケジュールを聞くことをおすすめします。 OB・OG訪問をしておくことで、入社後のギャップもなく働くことをできるので、就活生も安心して働くことができるでしょう。 以上が、21卒の就活生がしておくべき対策になります。 就活が今後どうなるのかはまだ不明瞭です。 しかし、就活生するべきことは変わらないのでやるべきことを行い、企業からの内定を獲得しましょう。 22卒の就活はどうなる?-今後の予測を解説- ここでは、21卒向けではなく、22卒向けの就活がどうなる可能性があるのかについて紹介します。 就活ルールの撤廃発表や1日インターンの停止などの今後の就活の動向が変わる可能性もあります。 22卒の就活生は参考にしてみましょう。 就活ルールの撤廃 2019年4月19日に経団連は通年採用に移行し、新卒一括を見直しの発表しました。 経団連は新卒の学生の就職活動について通年採用を広げていくことで大学側と合意したと日本経済新聞で発表されています。 引用:2019年4月19日日本経済新聞 これにより、21卒、そして22卒も採用活動が通年採用に移行されると言われていました。 しかし、実際には政府主導でルール決定を行い、リクナビ・マイナビも本オープン時期を変えずに進めています。 就活ルールの廃止について詳しく知りたい就活生は以下の記事で紹介しています。 就活ルールについて 就活ツールの廃止により、今後も早期化は進むことが考えられますが、大きな変化ではなく徐々に就職活動が変わることが考えられます。 マイナビなどが1日インターン取り扱い中止 2020年3月19日にマイナビやリクルートキャリアなおでゃ自社の情報サイトで十分な就業体験が確保されない1日完結の「ワンデーインターンシップ 1日インターン 」の取り扱いを停止すると発表しました。 引用:2020年3月19日日本経済新聞 電子版 現状では企業がどのような動きを見せるのかはまだ不明瞭ですが、22卒の就職活動に大きな影響を及ぼす可能性が高いということは認識しておきましょう。 まとめ 22卒の動向については、新型コロナウイルスがどのように日本経済に影響を及ぼすのか。 東京オリンピックが開催されるのか。 5GによりWEB化がより仮想するのか。 などの動向が変わる要素が多くあります。 就活がどうなるのかについては現状でははっきりと決まっていないのが現状です。 しかし、就活生は企業への就職のためにするべき対策は変わりません。 自己分析や長期インターンシップなどを通して、自分の向いてる仕事ややりたい仕事を明確にして就職活動を成功させましょう。

次の

就活イベント中止で「ナビ離れ」加速?新型コロナで就活に異変【2月26日更新】

就活 コロナ

誰もが新型コロナウイルスの影響を受ける中、2021年卒で就職活動をしている学生が大変であることは想像に難くありません。 新卒採用支援事業を展開するディグ株式会社()が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2021卒で活動している就活生に就活状況のアンケート調査を行いました。 就活生のいるご家庭でも心配をされていることと思います。 現在の就活状況をアンケート結果とともに見ていきましょう。 《順調であると回答した主な理由》 「WEBで説明会・選考に参加でき、一定ラインまで進んでいるから」 「WEB説明会にとにかく参加。 また、「WEB説明会の開催時間はどれくらいの長さが適切だと感じますか?」と聞いたところ、67. 《参加したWEB説明会で良かった事例や良かった内容(複数意見を抜粋)》 「社内の様子を見せてくれたり、社員座談会をしてくれた」 「音声での質問ができなかった際チャットで受け付けてくれた。 また、リアルタイムで質問に答えてくれた」 《参加したWEB説明会で不満だった事例や良くなかった内容(複数意見を抜粋)》 「資料がなく、口頭説明のみで人事の一人語りの説明会」 「映像に変化がなく、会社の雰囲気が全くわからなかった」 「企業の通信環境が不安定であった」 「ナビやHPに載っている情報が中心だった」 《現在の就活について不安に感じていることや採用担当者に知って欲しいこと》 「新卒の採用人数を変更したことや採用を停止していることを細かく発信してほしい」 「内定取り消しが今後増えていくのか。 一方で待遇などの条件面を重視しない学生は、ナビサイトなどの、説明会日程検索やWEBで選考を実施している企業特集のリンクから、新たな企業の発見が期待できます。 会社側は、WEB説明会を数多く開催することだけでなく、その後の選考もWEBで受けられることを選考フローに明記することがエントリー獲得や説明会予約につながっています。 <印象の良いWEB説明会実施のPOINT> ・ 質疑応答がリアルタイムできる ・ 社内の雰囲気が映像でよく伝わる ・ ツールや流れの説明が丁寧である ・ 説明会でしか得られない情報がある ・ 1時間〜1時間半程度で終了する ライブ・録画配信いずれでも学生の評価に大きく差はありませんが、疑問や質問に対応してくれるかなど、企業から発信のみの一方通行ではなく、双方向でコミュニケーションが取れていると満足度が高まります。 また、説明会に参加しなければ得られない社内の雰囲気や社員の人柄などへのニーズも、志望度へ直結します。 そのため、録画配信の場合でも、質問チャットを設置するなどして、学生が企業理解がしやすい支援を積極的に行うことや、会話ができているような演出をすることが有効です。 そのため、志望動機UPに繋がる仕掛けが必要となります。 早期採用成功企業からの学びとして、「座談会や質問会、面談を多く設ける」「求める人物像を丁寧に解説する」「社内からの中継や先輩社員への質疑応答チャット」「WEB説明会のアーカイブや資料を参加者に共有する」など、自社の情報が細かく伝達され、学生が働くイメージを持ちやすくすることが有効です。 選社軸が曖昧で不安を抱えたまま行動し、その行動量で就活している感覚を持っている学生が多いため、短時間で複数回接触しやすいWEBの強みをうまく活用して、学生への寄り添いを実現できると志望度が高まるようです。 内定取り消しや内定時期に対する不安も多くあるようなので、会社側は、選考フローや採用計画の変更はできる限りナビサイトや 採用HPの見えやすい場所に記載するのがいいでしょう。 *** 新型コロナウイルスの影響を受けての就職活動は、就活生はもちろん、採用する会社側にも戸惑いがあります。 しかし、こうしたときだからこそ、人間性や会社の度量がよく見えるものです。 置かれている状況は皆同じ、そんな中でも工夫して頑張る就活生を応援したいですね。 【調査名称:<4月>新型コロナウィルスの感染拡大に伴う就活への影響アンケート】 対象:弊社就活支援サービスを利用している2021卒の就活生 回答者数:157名 実施期間:2020年4月22日〜4月26日.

次の

【チャンス】コロナが21卒の就活に及ぼす影響と圧勝する方法をまとめた

就活 コロナ

2021年卒業予定者の新卒採用面接が6月1日に正式に解禁され、就職活動が山場を迎える時期ではあるものの、今年は新型コロナウイルスの影響で選考時期を遅らせる、結果的に遅れる企業も目立つ為、昨年までとは様子が違う。 株式会社ディスコの「6月1日時点の就職活動調査」によると6月1日時点の内定状況は 64. 0%で前年同期実績を7. 1ポイント下回り、就職活動終了者は全体の 35. 2%と前年を8. 7ポイント下回っている。 また、就職活動継続者は 64. 7%で内定を得ても就職先を決めていない理由に「本命企業がまだ選考中」 55. 1%と全体の進捗の遅さが見て取れる。 そして未内定者の7割強が先の見えない状況にあるようで売り手市場でスタートした21就活が想像以上に厳しく、カタチを変えているようだ。 合同説明会ではなくあえての「シンポジウム」 経済、経営環境がどうなるのか、企業の採用戦略はどう変わるのか、学生だけでなく大学側も全く見通せない中で、学生の不安やストレスが高まっている。 例年であれば企業の説明会や採用・選考が盛んに行われているこの時期に学生の不安を解消するため、5月23日に学校法人昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区 のキャリア支援部・キャリア支援センター主催、総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:水田正道、以下パーソルホールディングス)後援で「がオンラインで開催された。 多くの就職支援に関わる企業がコロナ禍でオンラインを活用した合同説明会など企業と学生を繋げて、リアルで出来なかった就活イベントを作り上げていることで学生は不安もありつつ、流れに乗り始めたのがGW明け。 そんな中、実施された大学と総合人材サービス企業によるシンポジウムにはコロナ禍で就活をする学生への大きなヒントになったようだ。 パネラーにはNTTデータ、ニトリホールディングス、トランス・コスモスの現役人事、有識者と豪華。 就活イベントで聞けない、採用のリアルから人事のホンネ、人事から見る「 今だから出来ること」まで就活生には刺激のあるインプットが続いた。 就活生はコロナ禍でなぜ不安に感じるのか 21卒、22卒共に学生はコロナ禍で自分たちの就職活動に何らかの「 不安」を抱えている。 シンポジウムに参加した学生300名以上が回答したアンケートにも7割近くが「不安」要素を記載している。 ここで学生に理解して欲しいのは なぜ?不安になるのか。 シンプルに考えることが必要で人間は情報がない環境下では「不安」を感じます。 例えば、暗闇に放り込まれたら誰もが「不安」を感じます。 ところが暗闇に小さな光が差し込めば、「不安」が「期待・希望や疑問、焦り」に変わります。 つまり、コロナ禍の就活市場の「正しい情報」を手にしていないので「不安」になるのです。 良いも悪いも含めたリアルな情報を学生は手にすることで、「不安」は「期待・希望や疑問、焦り」に変わります。 その結果、不安で立ち止まっていた場所から一歩踏み出せるのです。 そういった意味では、オンライン就活の仕掛けが増加する中、実施されたシンポジウムは「 一歩立ち止まって現実を理解する」ことが出来て、学生たちの「一歩」を後押しした。 コロナ禍の就活では「正しい情報」がカギになる 変わる就職活動の中で最も就活生に影響を与えているのが「情報」だ。 本来は、机上の空論としてインプットしていた業界、企業、働く社会を合同説明会、会社説明会、社員面談、インターンシップなどを通じてリアルとすり合わせをして現実を捉えていくものだが、オンライン活動が中心になる中でリアルな情報を捉えることは確かに難易度が高い。 情報も錯綜していて、何が本当かわからないという状況にもある。 特にコロナ禍では多くの社会人がSNS上で若者支援を積極的に実施しているが就活生からは、 「若手社会人は自分の経験ばかりで客観性がない」 「最前線の理解のない社会人と相談をしたので余計に混乱した」 「採用支援のビジネスに繋げられた」 などの声も上がっていて、就活生は 本当に誰からどのような情報が得られるかがわからないのが現実だ。 ポイントになるのは 『採用の利害のない、就職市場のスペシャリスト、マーケター』から良いも悪いも正しい情報を得るということが今出来る唯一の行動であり勝負のカギになる。 適切な人に会うのもスキルになるので、社会人を見極め、インプットを鵜呑みにせず、自分が本当に「この人」だという厳選をして相談できる関係性を築くこと。 「 正しい情報」を集めることで「 不安が何らかの一歩」に変化するので、どうして良いかわからないから動けない、とりあえずSNSで情報収集、先輩に聞く、ではなく学生は『どこに正しい情報があって、それは誰持っているのか?』を思考してみることをおススメします。 必ず、次の一歩に繋がるので。 はたらくを楽しもう。 【参考】.

次の