あく タイプ 3 種類。 タイプ別ポケモン一覧/タイプ相性表

【ポケモンGO】あくタイプ一覧とおすすめポケモン

あく タイプ 3 種類

概要 [ ] 販売されていた当時には VW1500、後に VW1600とをとって呼ばれたが、のちにがVW1500へモデルチェンジし区別が難しくなったので、現在では、、とに挟まる第三型として「タイプ3」と総称されることが多い。 と共通の2,400mmのに、デビュー当時としては常識的なスタイルのフルワイズ・フラッシュサイド型ボディを持ち、室内もスペースもビートルより格段に広い機能的モデルであった。 総合的な完成度は一定水準以上にあったが、当時の1. 5L超クラスの中級乗用車では少数派の車(機能や面で主流派の車に比べ劣位となる)であったことや、ラインナップに汎用性のある4ドアモデルを持たなかったことなど、戦略的な問題点もあり、同時代の競合メーカー製品を大きく凌駕するには至らなかった。 一方で長年の実績によって市場から根強い支持を得ていた先輩格のビートルに取って代わる存在になることもできなかった。 ボディを持つモデルや、世界初の電子制御エンジンなどを追加投入したものの、最終的にはビートルより早く生産を終了することとなった。 同社は後継のも販売が芳しくなく、ビートルとの世代交代に2代続けて失敗しているが、ベーシックカーの刷新を図るも、後継車が先に生産を終えるという例は、と、となどでも見られる。 バリエーション [ ] 9月に最初に登場したのは2ドアセダンの「VW・1500」と、2ドアクーペの「カルマンギア1500」 の2種類であった。 2ドアの ヴァリアント 輸出先のアメリカでは「Squareback」と呼ばれた は翌1月に追加された。 ファストバックセダンは8月に追加され、それ以降はノッチバック型が「L」、ファストバックが「TL」と呼ばれるようになった。 当初はも生産される予定であったが、実現しなかった。 なお、タイプ3がアメリカに輸出されるようになったのは、このTL アメリカでは「Fastback」と呼ばれた が登場してからで、アメリカにノッチバック型は正規輸出されなかった。 メカニズム [ ] エンジンは基本的にと共通のである。 ただし、エンジン自体は単純にビートルの流用ではなかった。 など冷却系統をはじめとする補機類にレイアウト変更を加えることでエンジン全高が低く抑えられ、「・エンジン」の異名を取るほどコンパクトなエンジンに仕立てられていたのである。 これにより通常のセダンモデルでも、リアのエンジンルーム上を蓋でふさぎ、その上の空間をとして利用できるようになった。 フロントノーズのラゲッジスペースも併せて利用できるため、リアエンジン車特有の欠点であるラゲッジスペース不足問題を解消して、フロントエンジン車に対する市場競争力を高めた。 エンジンルーム上の車内高が大きいバリアントやファーストバックセダンでは、相当量の荷物を積むことが可能となった。 もっとも、エンジン真上部分では遮熱問題があり、また後年にはエンジンルームの狭さゆえ、の装備が困難なことが欠点となった。 ライバル車がモデルチェンジのたびにパワーアップ、高速化していくため、タイプ3のエンジンも徐々に強化されて行った。 この際車名が「VW・1600」となった。 6月には、世界最初の量産型電子式エンジンを搭載し、65馬力にパワーアップした「1600LE・1600TLE」が追加された。 同時に3速フルオートマチックも装備可能となった。 エンジン以外にタイプ3がビートルよりも進歩していた点としては、フロントがある。 と横置き式のを組み合わせるレイアウトは同じであったが、ビートルはトーションバー・スプリングが開発当時量産できず、代用品として、極めて細長い板バネを直線の帯状に重ねて束ねたトーションリーフスプリングを使用していた。 しかし、このレイアウトであればトーションバーの方が本来は望ましく、タイプ3ではようやく横置きトーションバーが初採用され、としての役割も果たすようになった。 8月には、(フロント)が120mm延長されてフロントトランクのスペースが拡大された他、形状の変更や、の拡大などが行われた。 生産台数 [ ] タイプ34カルマンギア 、セダンと同時にタイプ3をベースに全く新しいスタイルの「タイプ34」が登場した。 同時代のの影響が顕著に感じられるの効いたスタイリングを特徴とし、価格もビートルの2倍近くと比較的高価で、装備についてもからは電動がオプション装備可能となる など、タイプ1カルマンギアよりも高級志向であった。 また、他のタイプ3各モデル同様に居住性やトランクスペースは大幅に改善されていた。 しかしそのスタイルはタイプ1カルマンギアほどの人気を得ることができず、がの生産を開始したに、タイプ1より先に消滅した。 生産台数も4万2,505 台 と、年間平均5,000台程度に留まり、今日では稀少車扱いされ始めている。 この生産台数の少なさは、アメリカに正式輸出されず 、タイプ1カルマンギアのようにでも生産されなかったためであった。 ブラジル生産車 [ ] ブラジル製VW1600・ヴァリアンチ II ブラジル法人では、タイプ3はに現地生産開始となったが、本国にはない4ドアノッチバックで、スタイルもに登場するブラジル法人のオリジナルモデルの「」に良く似た独自のものであった。 ファストバック版はに追加され、こちらも2ドアに加えて独自の4ドア版が用意されてまで生産された。 こちらの方がより多く販売されたが、ブラジルにおけるタイプ3で最も人気があったのはに登場した3ドアワゴンの「ヴァリアンチ」であった。 「ヴァリアンチ」はセダン型が生産中止になった後のにモデルチェンジを受けて、「ブラジリア」をベースにより角張ったスタイルの「ヴァリアンチII」となって、まで生産された。 ブラジル版は結局、ノッチバック2万4,475台、ファーストバック10万9,515台、「ヴァリアンチ」25万6,760台、「ヴァリアンチ II」4万1,002台の合計43万1,752台が生産された。 日本への輸入 [ ] 日本では当時の輸入総代理店を通じて販売された。 生産終了後もとして並行輸入されるケースも多く、ビートル同様、の対象として若者に愛好された。 脚注 [ ].

次の

イヤホンには3種類4タイプがある!特徴・メリット・デメリットを解説

あく タイプ 3 種類

概要 主に設定で凶悪、獰猛なポケモンが多く分類される。 悪のイメージからか黒色のものが多い。 より登場。 タイプと同じくの手持ちであることが多く、どくタイプがしたっぱに使われやすいのに対し、こちらは幹部クラスやボスクラスのトレーナーによく使われている。 最近はの最終進化系にこのタイプが付くことも増えており、やは高い人気を誇る。 自身の技はのポケモンに有効である一方でエスパー技はこちらには効かない。 まさしくエスパー対策に特化したタイプと言ってよい。 弱点は3つだがいずれもで半減できるので、相互補完としては優秀な部類。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのあくタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ややタイプの技は、効果が抜群となる。 やあくタイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する状態(・・)• 状態になったとき、エスパータイプの技との相性は等倍に変わる。 関係する• を持つと、エスパータイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 相手のとくせいのにより優先度が上がった技は無効になる。 無効化できる技はに限定されず、により出た攻撃技も無効化する。 いたずらごころにより優先度が上がったにより出された技である場合のみは有効。 いたずらごころのポケモンが自分・味方である場合は有効。 場を対象とする技は有効。 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた)• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• あくタイプの歴史 またはの能力が高く、一方でやといった耐久面は低い。 で既存の技の全てと新技のほとんどはになり、はと、で登場した・のみである。 なおが80を超える技はになってようやく登場した(上記のナイトバースト)。 現在でも攻撃タイプとしては地味で、安定して高い威力を出せる技は少ない。 やでトリッキーにダメージを出していくのが特徴である。 からを絡めたを無効にできるという特権を得た。 ほぼ全員がを使えることも相まって補助タイプのポケモンに対しては強い。 さらにはによって物理アタッカーに、によって特殊アタッカーに対応していくことができ、相手の戦術に順応して捌いていくのが得意なタイプと言える。 第二世代 第一世代の環境は絶対神のタイプを筆頭に、タイプごとの優遇・冷遇がはっきりしていたため、これらを少しでも改善するために追加されたのがあくタイプとタイプだった。 あくタイプは、今まで事実上弱点なしだったエスパータイプに対し弱点を突け、逆にエスパー技は無効にするなど、まさにエスパーを弱体化させるために追加された要素として代表的な存在であった。 また、第一世代で冷遇されていた、を弱点とするため、それらへの救済の意味合いもあった。 このように、新タイプを追加することで異常に優遇されていたエスパータイプを弱体化させ、逆に冷遇されていたかくとうタイプを強化させることでバランスを調整しているのだと考えられる。 第二世代の環境において、あくタイプで特に使われたポケモンは、、、の3匹。 ブラッキーはブイズで珍しく耐久向けのステータスで当時の努力値の仕様と相性が良く、ヘルガーはエスパータイプおよびはがねタイプに対してとても強く、バンギラスはレベル55限定という制限にありあまるほどの強さを誇った。 新タイプは2つとも、初登場から可もなく不可もなくとそれなりのポジションとなっていた。 第三世代 数多くのあくが追加されたが、どれもがを上回るなどであるあくとはアンチシナジー。 主力あくウエポンを欠くポケモンも多く、特に期のはあくの最高威力がを考慮しなければ威力20の止まりであった。 環境に影響を及ぼしたあく技は程度なものであった。 この世代では50戦がメインでありレベル51以上のポケモンがレベル50に補正される機能も実装されていなかったため、が公式大会に出場不能となった。 そうしたこともあって、この世代で活躍できたのはヘルガー程度なものであり、そのヘルガーすらも枠としての性質が強かった。 第四世代 の・の分離によって、多くのあくの物理アタッカーが救済された。 さらに、としてが追加されて、には滅法強くなり、すれば、居座って突っ張れば、といった具合に択を迫れるようになった。 新規勢もメタとして強力な、無しの耐久型である、最大威力のふいうちが持ち味のなど、粒揃いであった。 しかし何と言っても大きいのは、の導入によってが使用可能になったことであろう。 バンギラスはの効果をうけて自身のを1. 5倍強化し、生半可な特殊火力ならであっても受けることができた。 第五世代 の追加、、、、の登場が主な変化。 サザンドラは高い特攻と広い技範囲、低くない素早さを活かしてアタッカーとして活躍。 一方ゾロアークは実際の対戦では見せ合いがあるため、「使いこなせば強い」程度に落ち着いた。 はによる居座り耐久型として使ってよし、サイクル型として使ってよしと、型の豊富さ、汎用性の高さで環境における活躍を果たした。 は全盛の環境とあってシングルバトルでは立場がなかったが、でアタッカーとして活躍。 第六世代 の登場、に対するあくの技の相性仕様見直しが主な変化。 フェアリーに弱点を突かれることも然ることながら、役割対象となっていたがやのパワーを受け切れないため環境から減少し、ひいてはあくの仕事も少なくなった。 この世代で活躍していたあくポケモンはゲッコウガ、ギャラドス、サザンドラ(期)(期)程度であり、そのうちはが主流、は後限定であり、それを考えるとあくの活躍が乏しかったと言える。 第七世代 この世代の完全新規のあくはとのみ。 としては、、が追加された。 の仕様低下、やの登場などの普及がきつく、SM期のシングルバトルではととを除くあくタイプが使用率ベスト30に一切入選しない異常事態となった。 上述のゲッコウガとメガギャラドスの性質から、あく枠を地で行っているのはバンギラスしかいない状況となった。 しかしでのあくの技範囲は評価されている。 というのも、この世代の最強トリオと名高い、、の3匹、通称「カバマンダガルド」をしても全員が等倍以上で受けることに甘んじるのが、あくなのである。 そのうち前者はで打つとなるとから一致で抜群を取られるジレンマを抱くことになるため、「カバマンダガルド」を相手に一致技の範囲を活かすなら後者が適任である。 では新入りのアローラベトベトン、アローラペルシアン、ガオガエンが中々強く、バンギラスも依然の始動役としてトップメタを守っている。 特にガオガエンはSM期にも使用率が高かったが、を解禁されるとダブルバトル使用率1位を自身の特等席とした。 これまでのあくタイプは火力に乏しくやを倒しきれない悩みがあったが、を用いることで高い瞬間火力を出せるようになった。 GSダブルではを流せるとしての意味合いを持つようになった。 タイプの横行したこのルールにおいてあくタイプの通りはよく、ガオガエンはもちろんやといった比較的マイナーなものも用いられた。 によりの高いを逆に利用できるメリットが強力であった。 ピカブイ ピカブイではにしか存在しない為数が極めて少ない。 第八世代 前世代で猛威を振るったは存在しないことから、以前ほどあくタイプが生きられない状態では無くなっている。 初のフェアリータイプとの複合であるは、現在環境トップであるを止められるポケモンとして評価されている。 さらに・が廃止されたことでが対戦環境において通りやすくなったことから採用を上げることとなった。 トップメタには、が存在している。 特にサザンドラは主要なフェアリーの削除、かくとうの環境からの死滅などから、簡単には弱点を突かれない存在となった。 バンギラスはあく枠というよりの耐久型として引き続き使われることとなった。 わざとしてのあくタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・あく・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• あくわざの威力を上げるとして、・・がある。 あくわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンは、あくタイプのを受けるとが1段階上がる。 とくせいがのポケモンは、むし・ゴースト・あくタイプの技を受けるとが1段階上がる。 過去の仕様• までは全てだった。 まではタイプには効果が今一つだった。 あくタイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの専門の使い手であるはまで存在しなかった。 のとしてなら、がいる。 これにより、以外の肩書きを持つあくタイプの専門の使い手が登場した事になる。 このため、第五世代ののでは、全タイプの中で唯一すべてのバトルが一般トレーナーとの対戦である。 タイプを除くすべてのタイプとの組み合わせがある。 のポケモンがこのタイプを持つポケモンとして目立つ。 これは、のモブトレーナーが使う悪役キャラとしての役割を持たせるためとも考察されている。

次の

イヤホンには3種類4タイプがある!特徴・メリット・デメリットを解説

あく タイプ 3 種類

コード型イヤホン• Bluetoothイヤホン(完全独立型)• Bluetoothイヤホン(ネックバンド型)• Bluetoothイヤホン(左右一体型) そして、イヤホンには4つのタイプがあります。 「コード型イヤホン」「Bluetoothイヤホン(完全独立型)」「Bluetoothイヤホン(ネックバンド型)」「Bluetoothイヤホン(左右一体型)」です。 この4つのイヤホンのタイプの違いは、イヤホンの形になります。 この4つのタイプによって、イヤホンの性能や使い心地、使う用途が変わってきますので、自分の用途にあったイヤホンのタイプを選んでください。 それでは次に、それぞれのイヤホンの3つの種類と4つのタイプの特徴、メリット、デメリットについて解説していきます! イヤホンの3つの種類について ・ 耳にイヤーピースを差し込むタイプ ・ 音漏れが少ない ・ 低音と細かな音の表現力がある ・ 長時間つけていると疲労感を感じる ・ 一番人気の主流なイヤホン カナル型のイヤホンは、耳の穴にイヤホンの先端部分であるイヤーピースを差し込んで使うタイプのイヤホンです 遮音性に優れているため音漏れが少ないのが特徴的で、外部の音も遮音します。 低音と細かい音の表現力に飛んでいるイヤホンであることも一番の特徴です。 しかし、長時間カナル型のイヤホンを耳につけていると疲労感や耳に痛みを感じることがあります。 耳の穴に入れるので人によっては気持ち悪さを感じてしまうこともあります。 品揃えも豊富にあり、たくさんのメーカーがカナル型イヤホンを販売しており、イヤホンの形としては主流です! メリット ・ 耳垢問題 ・ 違和感と疲労感 ・ イヤーピースがなくなる問題 以上3つがカナル型イヤホンであげられる3つのデメリットです カナル型イヤホンは耳に差し込んで使うので、耳垢がイヤホンの先端のイヤーピースについてしまい、そのままにしておくと匂いの問題になります。 しっかりと耳を掃除して、イヤーピースをティッシュなんかで拭いてあげれば問題はありません そして、カナル型のイヤホンは、音が耳にダイレクトに届いたり、耳の中に装着しているタイプのイヤホンなので長時間つけていると耳の疲労感や痛みを感じます。 また、カナル型に慣れていない人は最初違和感を感じるでしょう。 一番やっかいなのが外でイヤーピースが取れてなくなってしまうことです。 音楽が聴けず、動画が音ありで見れず、とにかくテンション下がるのでイヤーピースの予備は必須です。 また、低音に弱い一面があります。 しかし、音の臨場感や空間を感じることに優れており、簡単に装着できることから疲労感や違和感を感じずに使うことができます! 世間的に「音漏れ」が問題となり、品揃えは減少気味になっています。 それでもiPhoneの純正イヤホン「AirPods」がインナーイヤー型イヤホンの形に似ており、人気を集めている傾向もあります。 メリット ・ 音の臨場感と空間を表現できる ・ 付けやすく取りやすい ・ 違和感がない ・ 外部の音が聴ける インナーイヤー型イヤホンのメリットは以上の4つです まず、インナーイヤー型イヤホンの最大の特徴は、音や曲の臨場感や空間を伝えることができることです。 ライブの臨場感や空間の大きさ、音の重さなど音楽や音声を生で聴いているかのように味わうことができます。 そして、耳に引っ掛けて使うタイプのイヤホンなので、付けやすく取り外しもすごく簡単。 また、カナル型のように耳に差し込まないので疲労感や違和感を感じません。 そして、違う意味ではデメリットでもありますが、外の音が聞こえるので犯罪や事故などの予防になります。 デメリット ・ 低音に弱い ・ 音漏れする ・ 雑音が入る ・ 品揃えが減少気味 以上4つがインナーイヤー型イヤホンのデメリットになります。 音の臨場感や空間を表現することはできますが、カナル型イヤホンと比べると低音に弱い一面を持っています。 また、耳の奥までイヤホンを入れていないため、音漏れが発生する問題があります。 これが原因となりインナーイヤー型のイヤホンの品揃えはあまり多くない傾向にある。 そして、メリットでも伝えたように外部の音が聞こえてきます。 防犯対策、事故予防などには適していますが、集中して音楽や音を楽しみたい方には向いているとは言えません。 そして、現在イヤホンの形は、カナル型イヤホンが主流になっています。 なのでインナーイヤー型イヤホンの品揃えは減少気味になっており、幅広い価格からデザインや機能を考えて選ぶことが難しくなっています。 インナーイヤー型イヤホンを含め、料金別でBluetoothイヤホンを9つ厳選しました。 Bluetoothイヤホンはコードレスなので、コードが邪魔にならず快適な音楽体験をすることができます。 ぜひ、チェックしてみてください。 耳かけ型イヤホンは、耳の外につけるタイプのイヤホンなので、音がクリアに聞こえなかったり、音が繊細に聞こえないことがあります また、イヤホンの種類の中で最も音漏しやすいタイプになります そして、なによりのデメリットは、品揃えが薄いこと。 イヤホンはカナル型イヤホンが主流であり、その次にインナーイヤー型イヤホンがきています。 特殊な形である耳かけ型イヤホンは衰退傾向にあるので多くの商品から選べるということはできないです。 イヤホンの4つのタイプについて コード型イヤホンとは? 出典:Amazon 特徴 ・従来の一般的なイヤホンの形 ・イヤホンジャックをデバイスに指して音を聴くタイプ ・常にデバイス、イヤホン、耳の3つがコードでつながっている状態 ・音質がいい ・動画と音の時差がない コード型のイヤホンは一般的なイヤホンのタイプで、Bluetoothイヤホンが出てくる前は当たり前のように使われていたイヤホンです。 イヤホンの先端をスマホやパソコンなどのデバイスに差し込んで使うタイプなので、常にデバイスと耳がイヤホンのコードを通じてつながっています。 iPhoneはイヤホンジャックが廃止された機種もあるので、コード付きのイヤホンが使えることを確認してスマホなどデバイスを購入するようにしましょう! メリット ・コードが邪魔じゃない ・モノによっては超便利 完全独立型のBluetoothイヤホンは、 コードが何もないタイプのイヤホンです。 コード型イヤホンで感じていたコードの邪魔さを一切なくした一番スタイリッシュな近代的イヤホンになります。 モノによっては、充電ケースから取り出すだけでデバイスと自動でBluetooth接続がされてすぐにイヤホンが使えたり、 耳からイヤホンを外すだけで自動で音楽が止まったり、 イヤホンをタッチするだけで次の曲にいったり、音量を調節したり、電話にでたり、 と完全独立型のBluetoothイヤホンは、 コード型イヤホンの使っていた人からすると画期的な機能がたくさんつまっていてワクワクします! デメリット ・Bluetooth通信が途中で途切れることがある ・動画と音声に時差を感じる ・落として壊れる or 無くす可能性がある 完全独立型のイヤホンは、コードがないので本当に使いやすくて便利です しかし、Bluetoothで通信をして音声を流しているため、トンネルに入ったり、人がたくさんいたり、 通信が悪くなるとBluetooth通信が途中で途切れてしまうことがあります。 そうなるともう一度Bluetoothを繋ぎなおす必要もあるので、とても面倒なことが起きることがあります。 また、動画と音声に時差を感じ、 口の動きと声がずれてしまうこともあります。 コードが一切ない素晴らしいイヤホンですが、 もしも耳から落としてしまうと、場合によっては無くしたり、壊れてしまうことも考えられます。 どんな用途でイヤホンを使うのか? 「音楽を重視してイヤホンで聴きたい」 「運動をするときにイヤホンで音楽を聴きたい」 など、イヤホンをして音楽を聴くときの状況を考えてみましょう。 例えば、運動をするときであれば汗をかきます。 イヤホンがカナル型であったら、耳との密着性が高いため汗で耳の穴が被れたりする可能性があります。 耳のふちにかけるタイプのインナーイヤー型イヤホンなら、音楽性を重要視しつつ外部の音も聞こえやすく、耳との密着性もカナル型より軽いのでいいかもしれません。 また、完全独立型のイヤホンだとコードが邪魔になりません。 ネックバンド型や左右一体型Bluetoothイヤホンではコードが首にまとわりつき邪魔になることが考えられます。 例えば、通勤や通学の時にイヤホンで音楽を聴くなら。 外部の音が聞こえないくらい自分の世界に入り込みたいというのであればカナル型イヤホンがいいです。 逆に、人が多くて音が聞こえないと怖いという方はインナーイヤー型イヤホンにすればカナル型よりも外部の音は聞こえやすいでしょう。 Bluetoothイヤホンでは通信が切れた時にとても面倒ですが、コード型なら音が途切れることはありません。 このように、自分がイヤホンをして音楽を聴く時、どんな状況でどんなことを重要視しているのかを考えてみると自分の生活にあったイヤホンを選ぶことができます。 自分の違和感がないイヤホンはどれなのか? 結局は、自分でイヤホンを付けてみないとカナル型、インナーイヤー型のどちらに合っているのか知ることはできません。 この2つに関しては、本当に自分の好みで分かれてきます。 それぞれ向いている特徴をまとめておきました。 「 耳との密着感が嫌だ」 「 耳の穴に入れるのが違和感」 「 臨場感を味わいたい」 「 クリアな音を聴きたい」 「 外の音が何も聞こえないのは怖い」 どちらのイヤホンがいいのか迷っていらなら、自分がどちらに当てはまるのかをよく考えてみてください また、カナル型イヤホンだからと言っても付け心地が全て一緒なわけではありません。 インナーイヤー型だからと言って密着感がないというわけでもありません。 家電量販店に行き、実際に自分の耳に装着してみてから、どのイヤホンを購入するのかを考えたほうが後々後悔せず、いい選択ができることは間違いないでしょう。

次の