次 亜鉛 酸 水 の 使い方。 次亜塩素酸とは?高い殺菌力と安全性を持つ次亜塩素酸水で感染症対策を!|医療法人あだち耳鼻咽喉科

『 次亜塩素酸水 』の使い方 <ウイルスを除菌・消臭> 手指消毒は?|地の塩社

次 亜鉛 酸 水 の 使い方

次亜塩素酸とは? 次亜塩素酸とは塩酸や食塩水を電気分解したもののことです。 多くの場合、水道水で希釈して 「次亜塩素酸水」として使用し、殺菌や消毒のために用いられます。 次亜塩素酸水は作るプロセスから「電解水」と呼ばれることもあり、こちらの名称の方が一般的かもしれませんね。 この次亜塩素酸水、じつは カット野菜の洗浄や医療機器の消毒、農薬などとしても使われており、意外と身近な存在なんです。 最近では 公共交通機関や観光施設などの空間消毒にも使われることが増えています。 厚生労働省においても次亜塩素酸水は食品添加物の認可を受けており、その 安全性はしっかりと保証されています。 無色の液体で見た目には水と変わらず、わずかに塩素のにおいが感じられるくらい。 同じ消毒液であるアルコールなどと比較すると 手荒れなどを引き起こしにくく、人体への影響も少ないのが特徴です。 次亜塩素酸水の特徴 つづいて次亜塩素酸水の特徴について、さらに詳しくみていきましょう。 高い殺菌力 次亜塩素酸水には アルコールなどの消毒液に比べて、さらに高い殺菌力があります。 O-157やインフルエンザウイルス、ノロウイルスなどに効果があり、 約10秒で不活化し殺菌できる、という即効性も特徴です。 さらに セレウス菌やボツリヌス菌といった熱に強い食中毒菌も殺菌し、一般的な消毒液であるアルコールの届かない範囲まで効果を発揮します。 人体や環境に負荷が少ない 次亜塩素酸水は 私たちの身体や、環境への負担が少ないのも特徴です。 アルコール消毒のように肌荒れを起こす心配も少なく、 万が一体内に入ってしまっても残留するおそれがほぼないため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。 次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)との違い ノロウイルスなどの対策として、家庭でハイターなどの塩素系漂白剤を薄めて消毒液を作るをご存じの方も多いのではないでしょうか。 家庭内での手軽な殺菌方法として、さまざまな公的機関でも推奨されていますよね。 これは 塩素系漂白剤に含まれる「次亜塩素酸ナトリウム」を使った方法で、次亜塩素酸水と同じように殺菌や消毒の効果があります。 どちらも名前が似ているため、同じものと思ってしまいますが、 次亜塩素酸水が「次亜塩素酸」を主成分とするのに対し、次亜塩素酸ナトリウムは「次亜塩素酸イオン」が主成分です。 しかし、 殺菌力は次亜塩素酸の方が次亜塩素酸イオンよりも約80倍高いとの研究結果もあります。 さらに、 次亜塩素酸ナトリウムは強いアルカリ性のため手荒れや金属への腐食、環境への負荷も引き起こしやすいといったデメリットも。 もちろん手袋やマスクを装着する、最後にしっかり水拭きするなど安全性を確保した上で次亜塩素酸ナトリウムを使えば、多くの場合家庭でも問題が起こることはありません。 しかし、 次亜塩素酸水なら次亜塩素酸ナトリウムを使うよりも安全に、高い殺菌効果を得られるメリットがあるのです。 次亜塩素酸水の種類 次亜塩素酸水は含まれる有効塩素濃度やpH値によって3つに分類され、それぞれに用途も異なります。 強酸性次亜塩素酸水:pH2. 7以下・有効塩素濃度20〜60ppm• 弱酸性次亜塩素酸水:pH2. 7〜5・有効塩素濃度20〜60ppm• 微酸性次亜塩素酸水:pH5〜6. 5・有効塩素濃度10〜80ppm 強酸性次亜塩素酸水は医療機関で内視鏡などの洗浄に使われるなど、業務用がおもな用途です。 管理が難しいので、一般的な消毒や殺菌には使われません。 家庭や公共機関、観光施設などで用いられるのは弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水です。 とくに微酸性次亜塩素酸水は強酸性・弱酸性の次亜塩素酸水に比べて、比較的管理がしやすく、人体への影響も少ないため安心して使えます。 次亜塩素酸水の使い方 家庭用の次亜塩素酸水はまだあまり一般的ではないものの、近年では流通量が増えてきました。 希釈して使う大容量タイプや使いやすいボトルタイプなどさまざまあり、使いたい方法によって選べます。 使い方はアルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒液と同じように、 殺菌したい場所に直接スプレーしたり、拭いたりすればOK。 手荒れの心配も少ないため、 次亜塩素酸水を使って直接手を洗って消毒することも可能です。 また、 専用の加湿器や噴霧器を使えば、空間全体の除菌にも。 消臭効果もあるため、ペットやトイレ、キッチン、靴箱などの気になるニオイの対策にも使えます。 次亜塩素酸水を使う際の注意点 便利な次亜塩素酸水ですが、使う際にはいくつか注意点があります。 誤った使い方では効果が発揮できなかったり、安全性が保証できなかったりするため、正しい方法で使うことが重要です。 殺菌したい場所を掃除してから使う 殺菌したい場所は前もって汚れを拭き取っておくなどしておきましょう。 これは 次亜塩素酸水は有機物に触れるとすぐに反応し、自らも分解してしまうためなんです。 菌やウイルスに触れる前に付着している汚れに反応してしまうと、せっかくの殺菌効果が十分に発揮しにくくなってしまいますよね。 まずはウェットティッシュやタオルなどで汚れを拭き取り、その後次亜塩素酸水を使って拭いたり、スプレーしたりしましょう。 保存方法に注意する 次亜塩素酸水は 周囲の環境によって性質が左右されやすく、不安定なため、保存方法に注意が必要です。 医療現場などで使われる強酸性次亜塩素酸水はとくに管理が難しいため、次亜塩素酸水そのものではなく製造装置を設置し、かけ流しで使う方法が一般的。 家庭用として使える微酸性次亜塩素酸水は周囲から影響を受けにくいパッケージで市販されている場合が多く、未開封であれば比較的長期の保存が可能です。 家庭で使いかけの次亜塩素酸水を保管する場合も、 遮光・密閉できる容器に入れる、涼しい場所で保管するなど心がけるようにしましょう。 次亜塩素酸ナトリウムと間違わない 次亜塩素酸水と間違い、次亜塩素酸ナトリウムを 人体へ向けてスプレーしたり、加湿器に入れたりすると思わぬ被害につがなるため注意が必要です。 前述したように次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用の塩素系漂白剤を薄めて作る消毒液と、次亜塩素酸水は性質が異なります。 必ず確認してから使うようにしましょう。 まとめ 次亜塩素酸を主成分とする 次亜塩素酸水は高い殺菌力を持ち、さまざまなウイルスや菌に効果を発揮します。 アルコールや次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)を使った殺菌・消毒よりも 安全性も高く、子どものいる家庭でも安心して使えるのがうれしいですね。

次の

次亜塩素酸水で手指の消毒はできる?【専門家の見解/新型コロナウイルス】

次 亜鉛 酸 水 の 使い方

次亜塩素酸とは? 次亜塩素酸とは塩酸や食塩水を電気分解したもののことです。 多くの場合、水道水で希釈して 「次亜塩素酸水」として使用し、殺菌や消毒のために用いられます。 次亜塩素酸水は作るプロセスから「電解水」と呼ばれることもあり、こちらの名称の方が一般的かもしれませんね。 この次亜塩素酸水、じつは カット野菜の洗浄や医療機器の消毒、農薬などとしても使われており、意外と身近な存在なんです。 最近では 公共交通機関や観光施設などの空間消毒にも使われることが増えています。 厚生労働省においても次亜塩素酸水は食品添加物の認可を受けており、その 安全性はしっかりと保証されています。 無色の液体で見た目には水と変わらず、わずかに塩素のにおいが感じられるくらい。 同じ消毒液であるアルコールなどと比較すると 手荒れなどを引き起こしにくく、人体への影響も少ないのが特徴です。 次亜塩素酸水の特徴 つづいて次亜塩素酸水の特徴について、さらに詳しくみていきましょう。 高い殺菌力 次亜塩素酸水には アルコールなどの消毒液に比べて、さらに高い殺菌力があります。 O-157やインフルエンザウイルス、ノロウイルスなどに効果があり、 約10秒で不活化し殺菌できる、という即効性も特徴です。 さらに セレウス菌やボツリヌス菌といった熱に強い食中毒菌も殺菌し、一般的な消毒液であるアルコールの届かない範囲まで効果を発揮します。 人体や環境に負荷が少ない 次亜塩素酸水は 私たちの身体や、環境への負担が少ないのも特徴です。 アルコール消毒のように肌荒れを起こす心配も少なく、 万が一体内に入ってしまっても残留するおそれがほぼないため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。 次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)との違い ノロウイルスなどの対策として、家庭でハイターなどの塩素系漂白剤を薄めて消毒液を作るをご存じの方も多いのではないでしょうか。 家庭内での手軽な殺菌方法として、さまざまな公的機関でも推奨されていますよね。 これは 塩素系漂白剤に含まれる「次亜塩素酸ナトリウム」を使った方法で、次亜塩素酸水と同じように殺菌や消毒の効果があります。 どちらも名前が似ているため、同じものと思ってしまいますが、 次亜塩素酸水が「次亜塩素酸」を主成分とするのに対し、次亜塩素酸ナトリウムは「次亜塩素酸イオン」が主成分です。 しかし、 殺菌力は次亜塩素酸の方が次亜塩素酸イオンよりも約80倍高いとの研究結果もあります。 さらに、 次亜塩素酸ナトリウムは強いアルカリ性のため手荒れや金属への腐食、環境への負荷も引き起こしやすいといったデメリットも。 もちろん手袋やマスクを装着する、最後にしっかり水拭きするなど安全性を確保した上で次亜塩素酸ナトリウムを使えば、多くの場合家庭でも問題が起こることはありません。 しかし、 次亜塩素酸水なら次亜塩素酸ナトリウムを使うよりも安全に、高い殺菌効果を得られるメリットがあるのです。 次亜塩素酸水の種類 次亜塩素酸水は含まれる有効塩素濃度やpH値によって3つに分類され、それぞれに用途も異なります。 強酸性次亜塩素酸水:pH2. 7以下・有効塩素濃度20〜60ppm• 弱酸性次亜塩素酸水:pH2. 7〜5・有効塩素濃度20〜60ppm• 微酸性次亜塩素酸水:pH5〜6. 5・有効塩素濃度10〜80ppm 強酸性次亜塩素酸水は医療機関で内視鏡などの洗浄に使われるなど、業務用がおもな用途です。 管理が難しいので、一般的な消毒や殺菌には使われません。 家庭や公共機関、観光施設などで用いられるのは弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水です。 とくに微酸性次亜塩素酸水は強酸性・弱酸性の次亜塩素酸水に比べて、比較的管理がしやすく、人体への影響も少ないため安心して使えます。 次亜塩素酸水の使い方 家庭用の次亜塩素酸水はまだあまり一般的ではないものの、近年では流通量が増えてきました。 希釈して使う大容量タイプや使いやすいボトルタイプなどさまざまあり、使いたい方法によって選べます。 使い方はアルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒液と同じように、 殺菌したい場所に直接スプレーしたり、拭いたりすればOK。 手荒れの心配も少ないため、 次亜塩素酸水を使って直接手を洗って消毒することも可能です。 また、 専用の加湿器や噴霧器を使えば、空間全体の除菌にも。 消臭効果もあるため、ペットやトイレ、キッチン、靴箱などの気になるニオイの対策にも使えます。 次亜塩素酸水を使う際の注意点 便利な次亜塩素酸水ですが、使う際にはいくつか注意点があります。 誤った使い方では効果が発揮できなかったり、安全性が保証できなかったりするため、正しい方法で使うことが重要です。 殺菌したい場所を掃除してから使う 殺菌したい場所は前もって汚れを拭き取っておくなどしておきましょう。 これは 次亜塩素酸水は有機物に触れるとすぐに反応し、自らも分解してしまうためなんです。 菌やウイルスに触れる前に付着している汚れに反応してしまうと、せっかくの殺菌効果が十分に発揮しにくくなってしまいますよね。 まずはウェットティッシュやタオルなどで汚れを拭き取り、その後次亜塩素酸水を使って拭いたり、スプレーしたりしましょう。 保存方法に注意する 次亜塩素酸水は 周囲の環境によって性質が左右されやすく、不安定なため、保存方法に注意が必要です。 医療現場などで使われる強酸性次亜塩素酸水はとくに管理が難しいため、次亜塩素酸水そのものではなく製造装置を設置し、かけ流しで使う方法が一般的。 家庭用として使える微酸性次亜塩素酸水は周囲から影響を受けにくいパッケージで市販されている場合が多く、未開封であれば比較的長期の保存が可能です。 家庭で使いかけの次亜塩素酸水を保管する場合も、 遮光・密閉できる容器に入れる、涼しい場所で保管するなど心がけるようにしましょう。 次亜塩素酸ナトリウムと間違わない 次亜塩素酸水と間違い、次亜塩素酸ナトリウムを 人体へ向けてスプレーしたり、加湿器に入れたりすると思わぬ被害につがなるため注意が必要です。 前述したように次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用の塩素系漂白剤を薄めて作る消毒液と、次亜塩素酸水は性質が異なります。 必ず確認してから使うようにしましょう。 まとめ 次亜塩素酸を主成分とする 次亜塩素酸水は高い殺菌力を持ち、さまざまなウイルスや菌に効果を発揮します。 アルコールや次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)を使った殺菌・消毒よりも 安全性も高く、子どものいる家庭でも安心して使えるのがうれしいですね。

次の

次亜塩素酸水の使い方・家庭における活用方法について|備える.jp

次 亜鉛 酸 水 の 使い方

健康を目指すうえで、有害な細菌やウィルスの除去は必要不可欠です。 そんなあなたにお勧めなのが次亜塩素酸水ですが、どうせなら簡単に使えるようストックしておきたいところです。 ここでは、次亜塩素酸水の作り方についてご紹介していきます。 次亜塩素酸水の生成には生成器を使用すると良い 画像:amazon. com 次亜塩素酸水生成器 もっとも安全な方法としては、やはり生成器を利用するのがよいでしょう。 次亜塩素酸はもともと生成器のみを取り扱っており、正式に液体のみを販売したりといったものに関しては、個々のメーカーが責任を持つ形となっています。 このため、不純物のない身体に安全な次亜塩素酸水を楽しむためには、やはり生成器を購入したりレンタルして使うのが一番です。 さまざまなサイトや家電量販店でも近年では次亜塩素酸水の生成器を見掛けるようになりました。 価格は非常に幅があり数十万円するものもあれば、数万円で購入できるものもあります。 次亜塩素酸水は電解水ですから、電気分解できる設備がついているものの中にはアルカリイオン水をはじめとするほかの水も生成できるようになっている製品も多くあります。 正しく、次亜塩素酸水を生成できるものを選んでいきましょう。 この方法は、厚生労働省も認可する最も安全な方法であるといえるでしょう。 次亜塩素酸水を自宅で生成する場合の注意 次亜塩素酸水は殺菌に効果のある非常に有用なものですが、実際に自宅で生成する場合には、その濃度に気をつけて作っていく必要があります。 自宅で生成するということは、自分で濃度を計算して作るということです。 売られている既製品は不純物も多い上、濃度が高くなっていることがほとんどです。 高すぎる次亜塩素酸水は肌や粘膜を傷つけたり、塩素臭が強く気分を害してしまうことも少なくありません。 しっかりと濃度を計算し、推奨される濃度の範囲で作っていきましょう。 次亜塩素酸水自体殺菌能力がありますが、機器にカビが繁殖したり、雑菌の温床となっている場合、正しい生成水が生まれないということになります。 そればかりか、健康を害してしまう引き金にもなりませんから、消毒するものだから放置しても大丈夫、ではなく、消毒するものであるからこそ清潔に保つようにしましょう。 自宅で生成する方法というものもあるのですね。 機器を実際に買うと比較的リスクなく作ることが出来そうです。 コスト的に心配な方は、しっかりと計算の上、希釈して是非次亜塩素酸水を実感してみてください。

次の