グラナイト ギア ポーチ。 グラナイトギア ハイカーサチェル 軽量サコッシュ

グラナイトギアの人気商品おすすめランキング15選|キャンプや登山・タウンユースにも最適の超軽量モデル

グラナイト ギア ポーチ

「GRANITE GEAR(グラナイトギア)」 アメリカ生まれのアウトドアブランド「GRANITE GEAR(グラナイトギア)」。 リュックをはじめ、サコッシュやウェストポーチ、スタッフバッグ、仕分けアイテムなどの小物類まで、「収納」に関するギアを幅広く展開しているブランドです。 グラナイトギアの特徴として挙げられるのが、「徹底した軽量化」。 なんと代表的なリュック「ヴァーガ2」は、54Lという容量にして540gしかありません。 例えば、 の同じようなサイズのモデル「バルトロ65」であれば、重量は2. 55kg。 グレゴリーは背負い心地の良さを重視しており、コンセプトが全く異なる商品とはいえ、グラナイトギアの圧倒的な軽さがおわかりいただけるかと思います。 グラナイトギアの魅力は、他ブランドの追随を許さない「軽さ」なのです。 もちろん、軽いからといって背負い心地の快適性もおろそかにされていないのがグラナイトギアの特徴。 独自開発した形成フレームを使ったリュックは、非常に疲れにくい仕様になっているのです。 唯一無二のデザイン さん pancakehiker がシェアした投稿 - 2019年 1月月9日午前1時48分PST 「軽量化」に続くグラナイトギアの特徴は、「デザイン性の高さ」です。 他ブランドとは全く異なるフォルムのデザインは、一目見てグラナイトギアとわかるほど。 また、ユニークな色使いも魅力で、原色を多用しつつもおしゃれにまとめたアイテムが豊富にラインナップされています。 実は、「グラナイトギア」が初めて作ったバックパックは、雨蓋のないコンプレッションバッグでした。 そのことからも、常識にとらわれないグラナイトギアのものづくりに対する姿勢が見てとれます。 グラナイトギアの歴史 グラナイトギアは、1986年にアメリカ・ミネソタ州で、アウトドア好きの青年2人により作られたブランドです。 ダウンタウンの貸し工場スペースで始まったグラナイトギアは、初年度から今も販売されている「コンプレッションバッグ」を作るなど、業界を驚かせるアイテムを作っていました。 軽さと快適性の両立を求めて開発したバックパック「ニンバス・オゾン」「ヴェイパートレイル」は、2003年にはバックパッカーマガジン誌でエディターズチョイス賞を受賞し、グラナイトギアは勢いに乗ります。 その後は全世界的にUL(ウルトラライト)スタイルがブームになったこともあり、兼ねてからウルトラライトなアイテムを生産していたグラナイトギアは広く支持を集めました。 日本でもUL派のハイカー・トレイルランナーの中で不動の地位を築くことになったのです。 なんと米軍にも採用されている!軽さと快適性がウリ グラナイトギアのポイントは、先ほどから何度か繰り返しているように「軽さ・快適性」です。 デザイン性が高く、セレクトショップでも多くの取扱がされていることから、アウトドアファッションブランドと思われがちなグラナイトギア。 しかし、その軽量性・快適性は高く評価されており、中でもリュックの背面システムを活かしたテクノロジーは米軍特殊部隊(SOCOM)にも採用されているほど。 また、アメリカのアウトドアスタイル「ロング・トレイル(何千、何万キロもの長い山道を踏破するスタイル)」においてもさまざまな著名人が使用しており、アウトドアでの機能性の高さが伺えます。 ファッション性が高い さん bleucommebleu がシェアした投稿 - 2018年 7月月21日午前1時20分PDT グラナイトギアの特徴として、さらに挙げられるのが、普段使いにも使えるということ。 ポップなカラーリングや、アウトドアブランドらしいハイテクな素材でできており、コーディネートのアクセントにぴったりのアイテムばかりなのです。 「ポップすぎるカラーはコーディネートに合わせにくい・・・」という方にはもちろんブラックやホワイト、コヨーテブラウンなど、合わせやすい定番カラーもラインナップされています。 ミリタリー好きにはおすすめなのが「タクティカルライン」 さらに、ミリタリーアイテムとしておすすめなのが「タクティカル」ライン。 アメリカ陸海空軍、米軍特殊部隊(SOCOM)で実際に使われているアイテムがラインナップされています。 タクティカルラインは機能性だけではなく、おしゃれ度も高いのがポイント。 流行のコヨーテブラウンやコーディネートのアクセントにおすすめのカモ柄が展開中。 普段使いにもぴったりのアイテムなのです。 グラナイトギアはUL(ウルトラライト)の先駆け的ブランド アウトドア業界で近年トレンドになったのが「UL(ウルトラライト)」スタイル。 荷物をグラム単位で切り詰め、非常に軽量なスタイルでハイキングに挑むスタイルです。 ULスタイルでのハイキングが流行したのは2000年頃から。 アメリカのロングトレイルから始まり、日本でもUL関連の書籍が出版されるなど、10年ほど遅れてブームが到来します。 かねてより軽さと快適性を追い求めてきたグラナイトギアのアイテムが、世界的に注目され始めたきっかけです。 ヤマケイ文庫「ウルトラライトハイキング」 特に日本では、それまでグラナイトギアはそれほどメジャーではありませんでした。 ULブームがグラナイトギアを定番ブランドに押し上げたと言っても過言ではありません。 グラナイトギアはどこで買える?店舗は? グラナイトギアは現在直営店を展開していません。 買えるのは、好日山荘や石井スポーツ、オシュマンズなどのアウトドア量販店でのみ。 また、グラナイトギアのアイテムには定番商品が多く、なかなか売り切りのセールにかからないことでも知られています。 安く買いたい方は、量販店のセールを活用してみると良いでしょう。 グラナイトギアの別注モデルに注目! 数は少ないですが、グラナイトギアは別注モデルを展開することでも知られています。 定番のサコッシュやリュックが、おしゃれなセレクトショップによってまた違った雰囲気をまとった仕様になっています。 コラボ先はオシュマンズやビームスなど。 こちらはかなり人気アイテムのため、見つけたラッキーな方はお早めにゲットするようにしましょう。 グラナイトギアのおすすめアイテムを紹介 さて、ここからはグラナイトギアのおすすめアイテムを紹介していきます。 50Lを超えるザックなど、バックパッキングや登山向けのアイテムから、サコッシュやエコバッグ、ポーチなど普段使いに大活躍するアイテムまで、おすすめアイテムがたくさんありますよ。 <グラナイトギアのおすすめサコッシュ・ウェストバッグ> グラナイトギアはリュックのイメージが強いですが、小物も非常に充実しています。 普段使いや登山・旅行の際のサブバッグ、フェスなどで便利と流行の「 」、鍵やスマートフォン・財布など最低限のものを入れられる「 」のほか、超軽量なマイバッグなどもラインナップ。 アウトドアのみならず、普段の生活で大活躍するアイテムばかりですよ。 ヒップウィング グラナイトギアの定番といえば、近年爆発的に流行中のサコッシュ「ハイカーサチェル」です。 ハイカーサチェルのポイントは、絶妙なサイズ感とデザイン性の高さ。 登山においては、地図や携行食、コンパクトカメラなどを入れることができ、とても使いやすいサイズ感。 また、スマートフォンや財布、鍵などに加え、手帳や化粧道具など普段使いに必要最低限のアイテムを収納可能です。 シンプルな構造で作られたデザインも美しく、かつアウトドアらしいシルナイロン素材で作られているので、普段のコーディネートのアクセントとしても効かせることができちゃいます。 その他、豊富なカラバリが嬉しいポイント。 いくつか購入して、コーディネートに合わせて使い分けるなんておしゃれもできますね。 タクティカルサチェル 登山や旅行の際、コンパクトな財布が欲しいと思ったことはありませんか? 普段使いにしている財布をそのまま持っていき、リュックの中で大きくかさばっている方も多いのではないでしょうか。 また、革素材だと雨に濡れてしまうのも怖いですよね。 そんな方におすすめなのがグラナイトギアの「トレイルウォレット」。 非常にコンパクトな作りで、お札数枚とカード、コインなどの必要最低限のアイテムを収納するのにぴったりとなっています。 <グラナイトギアのおすすめリュック(バックパック)> 何と言ってもグラナイトギアで定番のギアといえば「リュック(バックパック)」。 先ほどからご紹介している通り、軽量性と快適性を追求したアイテムの数々がラインナップされています。 どうしても54L・540gという驚異の軽量化を実現している「ヴァーガ2」がフィーチャーされがちですが、その他にも魅力的なリュックはたくさんあるのです。 ヴァーガ2 冒頭でも紹介した、グラナイトギアが誇る54リットル・重量540gの超軽量リュックが「ヴァーガ2」です。 軽量なのにはもちろん理由があり、大きな特徴として、多くの登山リュックに採用されている「フレーム構造」を採用していないこと。 背中にフレームもパッドも入っておらず自立しないリュックになっています。 かといって背負い心地が悪いかといえばそうでもなく、パッキングのコツをつかめば楽に背負えるリュックなのがヴァーガ2の良いところです。 パッキングの方法は、まずはじめにスリーピングマットを大きく丸めて入れてしまい、そうしてできた筒の中にスタッフザックなどで小分けにした荷物をいれていくというもの。 こうすれば、フレームのないヴァーガ2でも、快適に背負うことができますよ。 タクティカルヴァーガ ヴァーガ2の軽さはそのままに、サイズダウンしたモデルが「ヴァーゲイト26」。 26Lという、旅行や日帰り登山に使いやすいサイズ感のリュックです。 ヴァーガ2と共通して言える特徴ですが、フロントには大きなポケットがついているため、登山の際の携行食や旅行の際のガイドブックなど、出す頻度が高いアイテムを入れると良いでしょう。 サイドにも2つポケットがあるので、ボトルが収納可能です。 トップ部分はロールトップ方式を採用しており、クルクルまるめてパチンと止める方式。 暑くて脱いだアウターやタオルなどを止めておくのに便利です。 こちらも軽量化のため、背中にクッション材は採用されていません。 ヴァーガ2と同様、パッキングする際はクッションマットを使うなどして工夫するのが良いでしょう。 クラウン2 60L 「いくら軽いといっても、ヴァーガ2だと頼りない」 そんな方におすすめなのが、60リットルの大型リュック「クラウン2」です。 長い距離を、重い荷物を背負って歩くハイカーのためのリュックサックで、バックパッキングや長期縦走に向いています。 フレームや雨蓋(リッド)、ウェストベルトが付いており、しっかりと背面全体で重さを支えてくれることによって生まれた、非常に高い背負い心地がポイント。 また、これらのパーツは全て取り外しでき、好みに応じて軽量化できるのが「クラウン2」のすごいところ。 重量は全てのパーツを装着すると1,100g、ウェストベルトのみ残してフレームや雨蓋を取り外すというスタイルだと860gとなっています。 ショルダーベルトやフレーム構造など、しっかりした作りでありながら、それでもなお1kg付近の超軽量というのは、グラナイトギアのリュックならではの魅力です。 クラウン2 38L 鮮やかなグリーンが目を引く大型のリュックが「ニンバストレース アクセス 60L」です。 背中にはクラウンシリーズと同様フレームが入っているのですが、こちらが「トポックスフレーム」というユニークな素材で出来ているのが特徴です。 トポックスフレームは、スキー板の素材としても知られるメープル材をベースとしたコンポジット材を使用されているため、重さをフレームの「しなり」を利用して逃してくれるというシステムになっているのです。 「ニンバストレース アクセス60L」も「クラウン」シリーズと同じく雨蓋(リッド)を外して軽量化を図れるのが嬉しいポイント。 外した雨蓋はウェストバッグとして使えるので、登山などで山頂にアタックする際や、バックパッキングでホテルに荷物を預けた後に大活躍してくれます。 これまで紹介してきたリュックは、すべて上部からのアクセスのみ可能でしたが、「ニンバストレース アクセス 60L」は背面に大きなファスナーが付いていてそこからアクセス可能なので、非常に使いやすい仕様となっています。 <グラナイトギアのおすすめスタッフバッグ> 旅行や登山の際、衣類や化粧品など、小分けにするアイテムはたくさんありますよね。 そんな時に活躍するのがアウトドア用仕分け袋「スタッフバッグ(スタッフサック)」です。 グラナイトギアは様々なスタッフバッグをラインナップしています。 どれも軽量化にこだわって作られているため、無駄な機能もなくシンプルな仕様です。 登山やバックパッキングにはぴったりと言えます。 エアジップサック XS 旅行や登山において、荷物はコンパクトにしたいものですよね。 そんなときに便利なのが「シルコンプレッサー」。 ダウンやシュラフなど、ザックの中でかさばりがちなアイテムを圧縮してコンパクトにできるスタッフバッグなのです。 シルコンプレッサーの特徴は、シルナイロンとeventで出来ていることから、非常に高い防水を実現していること。 本体はシルナイロン、ボトム部分が防水透湿素材「event」で出来ており、圧縮する際にはボトム部分から空気が抜けるのです。 サイズはXS(10L)、S(13L)、M(18L)、L(25L)の4サイズ展開となっています。 軽さと快適性に秀でたギア作りで知られる「グラナイトギア」。 ハイキングや登山、バックパッキングなどのアウトドア・アクティビティで使える大型リュックや、 普段使いにピッタリのサコッシュはトートバッグなど、たくさんのアイテムがありましたね。 グラナイトギアのアイテムは、アウトドアブランドらしいカラーリングやユニークなデザインが特徴です。 アウトドアアクティビティだけでなく、普段使いにも取り入れて、コーディネートのアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

次の

GRANITE GEAR / グラナイトギア

グラナイト ギア ポーチ

Contents• 超軽量で丈夫なバックパックで有名!グラナイトギアとは? グラナイトギアとは、 アメリカのミネソタ州で1986年に生まれたアウトドアブランドを言います。 アイテムの軽量化と 快適性を重視した商品展開で、流行に左右されないのが強み。 メイン商品の ザック(バックパック)は、 アウトドアレジャーからタウンユースまで使えると人気です。 商品は、アウトドア量販店やネット通販で購入できます。 続いて、 グラナイトギアの人気アイテム一覧をご紹介します。 グラナイトギアの人気アイテム一覧 グラナイトギアにはどのようなアイテムがあるのでしょうか。 以下の表に アイテムの特徴をまとめてみました。 アイテム 特徴 ザック 軽量かつ丈夫なバックパック。 登山などで身体への負担を減らしたい時におすすめ。 ユニークさ溢れるおしゃれなデザインで自分らしさを表現しやすいのも魅力。 サコッシュ 散歩や短時間のお出かけに使えるアイテム。 邪魔にならないサイズでタウンユースだけでなく、アウトドアでも活躍。 ポーチ アウトドア時や普段使いに小物を仕分けるときに活躍。 耐水性が高い商品もあり、コンパクトサイズなので旅行時の仕分け袋としても使える。 スタッフサック 旅行やキャンプなど荷物がたくさんになりがちなシーンで役立つ。 ブロック形状で荷物を詰める楽しみも。 商品によっては バスタブ構造になっていて、 濡れている物の上に置ける。 エアキャリアー 使用しない時は折りたたんで持ち運べるのが特徴。 水に強い素材を使っているため、海やプールに行くときに持って行くと便利。 トレイルワレット ビビッドなカラーバリエーションが印象的。 登山やキャンプなどで必要なものだけを入れて持ち歩ける手軽さが人気、タウンユースとしても使いやすい。 お財布代わりに使う人もいる程。 タクティカルシリーズ 落ち着いたカラー展開が特徴のタクティカルシリーズ。 派手な色合いが苦手な人も使いやすいグラナイトギアアイテム。 早速、グラナイトギアの人気アイテムを、 種類別にランキング形式でご紹介します。 グラナイトギアのザック(バックパック)おすすめランキング3選 グラナイトギアでおすすめの ザック(バックパック)をランキング形式でご紹介します。 1位:GRANITE GEAR グラナイトギア VIRGA 2 カード入れは2ケ所ですが、重ねれば計8~10枚くらいは入りそうです。 チャック部分が長いのか固いのか、チャック両端が突っ張っているような感じで少しボコッとしてるのが気になりますが、その他は非常に気に入っております。 【迷彩好きの人向け】グラナイトギアのタクティカルシリーズおすすめランキング2選 グラナイトギアでおすすめの タクティカルシリーズをランキング形式でご紹介します。 タクティカルシリーズとは、 米国陸海空軍や海兵隊の特殊部隊を統合する『SOCOM』で正式に採用されているシリーズのことです。 ミリタリー感満載の迷彩柄デザインがかっこよく人気です。 1位:GRANITE GEAR グラナイトギア タクティカル サチェル カモフラージュ1 実際に入れてみると、トレック900を入れてもまだまだ余裕があり、外側にOD缶を1つ入れた程度ではスカスカです。 ジッパーはやや噛み込みやすい構造になっていますが、すぐにリカバリーできる作りになっています。 グラナイトギアの軽量おすすめアイテムが「もっと遠くへ」をかなえてくれる! アメリカ生まれの グラナイトギアは、 軽量で使いやすいため、アウトドア好きは持っておくとおすすめ。 定番のバックパックやコサッシュを取り入れて、 身体にできるだけ負担をかけず快適な登山やキャンプを楽しみましょう。 アイテムによってはアウトドアに限らず、 デイリーユースできるものもあります。 丈夫な素材を使用しているので 長く使えてコスパも良いです。 グラナイトギアの人気アイテムを使って、アウトドアをより深くまで楽しみましょう!.

次の

グラナイトギアの人気商品おすすめランキング15選|キャンプや登山・タウンユースにも最適の超軽量モデル

グラナイト ギア ポーチ

『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』でスーパーの買い出しもアウトドア気分! グラナイトギアはアウトドアブランドで、登山などを趣味にしている人には知られたブランドだ。 機能性を追求した商品を探す場合、アウトドアブランドが良いものを出していることが多いが、エコバッグについても同様で、コレがかなり良い。 『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』は大容量で結構頑丈! 高級スーパーのエコバッグは、ユーザーが女性を想定されているためか、耐荷重に弱く、すぐ破れてしまうものが多い。 しかし、 『エアグロッセリーバッグ』は袋の口と取っ手の部分がステッチで補強されており、とっても頑丈。 15kgまで荷重に耐えることができる。 これだけの耐久性ならば、買い物で破れることはまずないだろう。 内容量も30Lとエコバッグとしては圧倒的だ。 『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』は防水・撥水効果も十分! また、『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』、 30D(デニール)のシルナイロンで作られているので、 普通のエコバッグより高い防水性を備えている。 30Dのシルナイロンは、風雨に晒されるなどのハードな環境に耐える登山用バッグのカバーと同じ素材であるため、クオリティは信頼できそうだ。 実際使ってみても、雨や水に濡れてシミになることもないので、 水泳道具入れとしても使用できる。 『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』は当然携帯しやすい 多くのエコバッグ同様、『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』も持ち運び用に折り畳むことができるが、 『エアグロッセリーバッグ』ではキーリングも付属しているので、カラビナなどにつけたり、メインバッグに着けてもよさそうだ。 『ウルトラショッピングバック』は、同じ30Dクラスの生地でなんと耐荷重が130Kgという代物で、価格も安いが、内容量が25Lと小さくなる。 個人的にはグラナイトギアの方が生地の発色とデザインが勝っていると評価しているが、 値段と耐荷重を優先するならSEA TO SUMMIT(シートゥサミット)もアリだ。 私は買い物袋 エコバック)以外に、 保育園の荷物入れ、 出張・旅行の時の着替え入れなど毎日のように使用している。 もちろん、などの外遊びの着替え入れ・食料入れなどにも大活躍だ。 汚れたら洗濯機にポイッと入れて洗えるし、くしゃくしゃにしても様になる。 『グラナイトギアのエアグロッセリーバッグ』は、 めちゃくちゃ万能な隙間アイテムなので、いくつか買っても損なしなのだ。

次の