グーグル アラート 設定。 予定通知をメールで受信したいなら【Googleカレンダー】

Googleアラートで定期的な情報収集を!マーケター必見です!

グーグル アラート 設定

メール通知を設定する Googleカレンダーを個人で利用されている方も、今回初めてGoogleカレンダーを利用される方も、まずGoogleで仕事用のアカウントを作るといいでしょう。 メール転送設定 仕事用のメールアドレスに転送されるよう設定します。 これでGoogleカレンダーの予定が仕事用のアドレスに届くようになります。 Outlookでの設定 仕事で利用しているメールアプリがOutlookであれば、次の項目の設定をすると、管理しやすいと思います。 1.受信トレイに予定通知用フォルダーを作成。 2.未読件数の表示ではなく、フォルダーにあるアイテムの合計数を表示。 3.仕分けルールを使って、予定通知フォルダーに自動的にメールを移動。 予定通知フォルダーの編集方法 このフォルダーに届いたメールを、処理が完了したものは削除するようにしておけば、「未処理の予定件数」が表示している状態になるので、管理しやすいと思います。 フォルダー作成時に「アイテムの合計数を表示」に設定したので、未読・既読に関係なく 残っている予定件数がフォルダー名の横に表示されているのを、メールをチェックするたびに確認できますので、忘れることもないです。 仕分けルールでメールを振り分け 1.「ファイル」タブから、「仕分けルールと通知の管理」をクリック。 2.「新しい仕分けルール」をクリック。 31日で登録した場合に、「31日よりも少ない日数の月は最後の日に登録する」みたいな機能がないので、30日や28日の月は別に登録する必要があります。 以上です。

次の

予定通知をメールで受信したいなら【Googleカレンダー】

グーグル アラート 設定

新サイト、新サービス、新製品リリース時に自社アカウントから告知を行った後、気になるのは他者からの評判です。 Twitterでの評判はTwitter検索を行えば見つかりますが、あらゆるWebサイトの評判をTwitterで見つけることは難しいでしょう。 そんなとき活用したいツールが Googleアラートです。 本記事ではネット上の言及を見逃さないための簡単なGoogleアラートの使い方を解説します。 対象読者 : Googleアラートの使い方について知りたい方、ネット上の情報を収集したい方 この記事を読んで理解できること : ネット上で情報収集できるGoogleアラートの使い方について理解ができます Googleアラートとは? Googleアラートは登録したキーワードがネット上に登場したとき、メールでお知らせをしてくれるサービスです 実際にはGoogleがインデックスしたタイミングとなります。 個人名、自社名、サービス・製品名という固有名詞や、話題の言葉などさまざまなキーワードを登録することによって、指定したキーワードがネット上に登場したとき、ページへのリンクを含んだ情報がメールボックスに届きます。 固有名詞を登録しておけば、自分の関連している仕事に関わる情報を見逃しにくくなります。 または「iBeacon」など新分野のキーワード、これから勉強したいキーワードを登録しておけば、効率良く情報収集することが可能です。 たとえば以下のメール画面は私が現在、しているの情報を得るために「シュキーン」というキーワードを登録したGoogleアラートメールです。 Googleアラート登録方法 では実際に、Googleアラートの登録方法を画面解説付きで紹介します。 Googleアカウントに登録 Googleアラートを利用するにはGoogleアカウントが必要です。 Googleアカウントを持っていない方はまずGoogleアカウントに登録しましょう。 Googleアラートの画面に飛ぶ ほとんどの方はGoogleアカウントを持っていると思いますので、以下のリンクからGoogleアラートの画面に飛んでください。 キーワードを入力する 以下のような入力画面が表示されますので、「アラートを作成…」のボックスにメールで受け取りたいキーワードを入力します。 まずは自分の名前、自社名、サイト名、サービス・製品名などを入力してみましょう。 例えばシュキーンの運営会社、の社名、インフィニットループを入力します。 後から変更もできますが、今設定してしまったほうが楽です。 各オプションを説明します。 頻度 「その都度」「1日1回以下」「週1回以下」という3種類から選択できます。 すぐ知りたいときは「その都度」を選びましょう。 ただし、よく使われるキーワードを登録した場合はメールが頻繁に届いてしまいますので、その場合は「1日1回以下」が良いでしょう。 自社に関わるキーワードの場合は「その都度」「1日1回以下」、全体的な業界の動向が知りたいキーワードの場合は「1日1回以下」「週1回以下」が良いでしょう。 ソース 「自動」「ニュース」「ブログ」「ウェブ」「ビデオ」「書籍」「ディスカッション」から選択できます。 どれか特定のソースだけを取得した場合は上記のどれかを選択しますが、 満遍なく情報を取得したい場合は「自動」が良いでしょう。 言語 世界各国の国から選択できます。 日本以外の国の情報を取得したい場合は特定の国を選択してください。 全世界の情報を取得したい場合は「すべての言語」を選択してください。 ただし、英語を登録すると、予想以上のキーワードがヒットし、本当にほしい自社の情報が埋もれてしまう場合がありますので、あくまで知りたい国だけを選択するのが良いでしょう。 商圏が日本の場合はデフォルトの「日本語」のままで構いません。 地域 世界各国の国から選択できます。 日本以外の国での地域に限定して情報を取得したい場合は特定の国を選択してください。 基本的には デフォルトの「全ての地域」のままで構いません。 件数 「上位の結果のみ」「すべての結果」から選択できます。 関連性が高く、重要な結果だけを知りたい場合は「上位の結果のみ」、ネット上の言及全てを知りたい場合は「すべての結果」を選択しましょう。 新しい話題について広く収集している場合は「上位の結果のみ」、自社サービス・製品について知りたい場合は「すべての結果」が良いでしょう。 配信先 「登録しているメールアドレス」「RSSフィード」から選択できます。 RSSリーダーを使用したい場合は「RSSフィード」ですが、そうではない場合は「登録しているメールアドレス」が良いでしょう。 「アラートを作成」を押す 最後に「アラートを作成」を押せば、Googleアラート登録完了です。 Googleアラートがメールで届く ネット上の言及があれば、以下のようなGoogleアラートからのメールが届きます。 「メールが届きすぎる」または「メールが届かなすぎる」という場合はメール下部にある 「このアラートを編集」から設定を見直してみてください。 Googleアラートを活用すると、ネット上の言及を見逃しにくくなります。 しかし、あくまでGoogleアラートはGoogleにインデックスされたページのみとなりますので、GoogleのインデックスされにくいTwitterの投稿などはTwitter検索を使うなど併用して情報収集に励んでください。 また、このGoogleアラートはGoogleの演算子の使用が可能です。 高度な結果を返したいときは登録するキーワードにGoogleの演算子を指定してみてください 本記事では省略します。 下記のHTMLタグをコピーして簡単にリンクが貼れます ネット上の言及を見逃さない!簡単『Googleアラート』の使い方 新UI対応 Webマーケティング論.

次の

予定通知をメールで受信したいなら【Googleカレンダー】

グーグル アラート 設定

Contents• 情報収集を効率化してくれる『Googleアラート』とは? Googleアラートの説明をGoogle検索ヘルプから引用します。 Google 検索で特定のトピックについて新しい検索結果が見つかったときにメールが届くようにすることができます。 たとえば、特定のニュースや製品、自分の名前に言及しているコンテンツに関する情報を受け取れます。 自分が設定したキーワードが出ているニュースをGoogleニュース上からピックアップして自動でメールに通知してくれるとっても便利なサービスなんです。 プライベートの趣味の情報や仕事の情報、業界情報など気になるWEB上にアップされた情報を自動で収集してくれます。 これでもういちいちたくさんのサイトを閲覧して開いては閉じてとしていなくても、Googleアラートがメールに通知してくれるので楽ですよ。 Googleアラートを活用するメリット4つ Googleアラートを使った情報収集には4つのメリットがあります。 WEBサイトをひとつひとつ開いて探す手間が省ける 普段情報収集する時は例えばSmartNewsやGunosyのようなキュレーションサイト、仕事の情報であればその業界の有名なサイトなどを見て収集しているかと思いますが、必ずしもあなたが欲しい情報がそこにあるとは限りません。 Googleアラートで自分が知りたい情報についてのKWを設定しておけばいちいちひとつひとつサイトを開くことなく情報収集が可能ですし、あなたが普段チェックしていないサイトからもあなたが欲している情報を収集してきてくれます。 世の中には様々な類似のトピックを扱ったサイトがあるためそれをすべて見ているのは至難の業です。 Googleアラートを活用して効率的に情報収集しましょう。 情報更新頻度を決められるので欲しい情報にメリハリがつけられる 例えば、あなたの仕事に関係ある業界情報や競合情報は毎日のように知りたいかもしれませんが、あなたが例えば転職の情報を集めていたり趣味の情報だったりであれば毎日必要な情報ではないかと思います。 欲しい情報がどれくらいの頻度で送ってほしいのかを選択できるため、あなたが必要としている情報の頻度を設定することで情報がたくさん来すぎて困るということにはならないです。 うまく情報を精査して効率よく使いましょう。 自分が知らないサイトからも情報を引っ張ってきてくれる Googleアラートは設定したキーワードをGoogleで検索できるあらゆるサイトから情報を引っ張ってきてくれるので、時々自分が知らなかったサイトや新たにリリースされたサイトからも情報を得てきてくれます。 似たり寄ったりのことを書いている記事をピックアップしてきてしまうこともありますが、だいたいタイトルと最初の3行くらいで何が書いてあるのかがわかりますので、どれを読むのかにも困りません。 情報収集の抜け漏れを極力なくすことができます。 設定するKW次第で毎日特定の分野に関する鮮度の高い情報収集ができる あなた自身が働いているところや興味関心の高い物に関しての情報収集は質と鮮度が大事かなと思います。 Googleアラートは毎日その設定したKWに関して新しくネット上に公開された情報を拾ってきて届けてくれるのでこれを設定してその記事を読むだけである程度鮮度の高い情報を常にキャッチアップすることが可能になります。 常に情報はアップデートされるのでKW選定をしっかりして鮮度の高い情報を得られるようにしたいですね。 Googleアラートの設定方法・使い方 グーグルアラートの設定方法はとても簡単です。 グーグル系のサービスは直感的に使いやすいデザインにしてあるので好きです。 ではさっそく見ていきましょう。 Googleアラートのページを開く 下記にグーグルアラートのリンクを用意しました。 まずはこのページへ行きましょう。 こんなページに飛びます。 グーグルアラートのTOPページ 画像を見たいただくとわかりますが僕は49個のキーワードを登録しています。 担当している業界の情報や会社の情報、そのほか投資やデザインなどの情報もGoogleアラートで設定して集めています。 興味のあるキーワードを入れる Googleアラートに集めたい情報に関するKWを入れる 上記画像を見て頂くと検索窓があるかと思います。 さっそく興味のある検索キーワードを打ち込んでみましょう。 アラートを作る前にエクセルかメモ帳に自分の関心のあるキーワードを洗い出しておくとよいかもしれません。 キーワードの検索方法は検索エンジンと同じです。 例えば転職に興味があったとします。 単一キーワードでもよいですし、複数キーワードを掛け合わせるのもよいです。 単一キーワードの場合は下記のように打ち込みましょう。 『転職市場』 『転職理由』 複数キーワードの場合は下記のようにスペースを入れましょう。 『IT 転職』 『海外 転職』 『コンサル 転職』 Googleアラートの検索テクニック Googleサービス全般をある程度使いこなしている方はしっているかもしれませんが、通常のグーグル検索でも様々なテクニックがあるように、Googleアラートにもテクニックがあります。 下記に簡単に紹介しましたので他の検索方法も興味がある人は調べてみてください。 【-】『A - B』を指定するとAが含まれる情報でもBが入ったものに関しては除外するという検索方法があります。 【site:】『興味のある検索語句 site:https:nomuranshare. com』と設定すると特定のサイトの中で設定したキーワードの情報が更新されたときに通知を飛ばしてくれます。 アラートの通知時期や言語設定などを確認しよう 検索するとすぐに『アラートを作成』というボタンが出てきますが、すぐに押さないでください。 それでも検索可能なのですがより詳細に設定しておいた方が後から便利です。 『オプションを表示』を選択すると下記のような項目が出てきます。 Googleアラートのオプション設定 項目は下記です。 ソース• 配信先 冒頭で述べたように様々な情報を収集すると思いますがあなたが必要な頻度に応じて設定を変更しておきましょう。 また、件数を設定すれば情報が来すぎてしまうこともないです。 配信先では、GmailかRSSか選べるのであなたにあった方を選びましょう。 僕はGmailに設定してメールの振り分け設定で情報毎にフォルダが自動的に分かれるようにしています。 通知されるアラートを整理しよう だいたいの人はアラートを作成するだけで満足してしまいます。 たくさん作ったもののメールを開くのがめんどくさくなってしまうからです。 なのでもうひと手間加えて使える情報収集の時間にしましょう。 Gmailに基本的に通知を飛ばすと思いますので、フォルダ分けをしておきましょう。 フォルダ分けをすることで趣味の情報なのか仕事の情報なのか等々見やすくなります。 仕事の情報は毎日みたいけど、 趣味は週1回みれれば・・・ ということもあるかと思いますので、フォルダ分けをしておくことでより情報を見やすくすることができます。 Googleアラートだけに頼りすぎるのも注意が必要。 複数の選択肢で情報収集しよう GoogleアラートはKWを設定しておくだけで情報を拾ってきてくれる便利なツールですが、更新していかないと情報を全て取りきれるわけではありません。 様々なサイトやツール、SNSなんかを駆使して多方面からその時々で必要な情報収集をしていきましょう。

次の