趣味 人 倶楽部。 「趣味人倶楽部」を運営するオースタンスが、梅田裕真氏等からの資金調達を実施|株式会社オースタンスのプレスリリース

【おすすめWEBサービス】趣味人倶楽部

趣味 人 倶楽部

趣味人倶楽部: 今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。 更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。 現在、日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳と、世界最長寿国です。 60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。 株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真 <プロフィール> 1983年生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒業。 投資家と起業家として活躍。 メディカルノートを創業し代表取締役CEO。 <コメント> シニア向けにサービス展開するオースタンスの世界観、菊川社長のビジョンに共感し、ご一緒させていただきました。 シニアのIT利用がますます増えていく中、オースタンスの成長を支えていきます。 株式会社ギフティ 取締役 鈴木達哉 <プロフィール> 1985年生。 一橋大学経済学部卒業。 2008年 株式会社インスパイアにて大企業の新規事業支援やベンチャー投資業務に従事。 2011年 株式会社wacul社の取締役に就任。 2012年 ギフティ社の取締役に就任。 <コメント> 今後日本が向き合う課題に対して、明るく楽しいアプローチで解決していこうとするオースタンス社と菊川さんの考え方に強く共感し、一緒の船で応援させて頂くことにしました。 2014年9月にand factory株式会社の設立に参画し、同年11月、取締役に就任。 コーポレート部門の管掌取締役として同社の成長を牽引し、設立4年でIPOを果たしたのち、2019年11月に任期満了に伴い取締役を退任。 <コメント> 菊川くんと初めて会ったのは、彼がまだ大学生の時で、気づけば10年以上経ちました。 今回オースタンスに投資をさせてもらいましたが、学生時代からどんどん成長していく菊川くんに、常に多くの刺激と学びをもらっています。 今後は、オースタンスが目指す世界の実現に向けて、同じチームの一員として一緒に邁進できることを非常に嬉しく思います。 趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)とは 「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、月間2000万PV、月間100万UU、会員数34万人と、多くの方に日常的に使用されている、シニア向けのコミュニテイサービスです。 趣味人倶楽部: 旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。 さらに匿名性のコミュニティサイトのため、これまでの人生にとらわれずに自身の「好き」や「興味」に向き合い、新しい趣味や出会いを楽しむことができます。 株式会社オースタンス とは 【会社概要】 会社名:株式会社オースタンス 代表者:代表取締役 菊川 諒人 事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供 URL:.

次の

【おすすめWEBサービス】趣味人倶楽部

趣味 人 倶楽部

趣味人倶楽部: 今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。 更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。 現在、日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳と、世界最長寿国です。 60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。 株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真 <プロフィール> 1983年生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒業。 投資家と起業家として活躍。 メディカルノートを創業し代表取締役CEO。 <コメント> シニア向けにサービス展開するオースタンスの世界観、菊川社長のビジョンに共感し、ご一緒させていただきました。 シニアのIT利用がますます増えていく中、オースタンスの成長を支えていきます。 株式会社ギフティ 取締役 鈴木達哉 <プロフィール> 1985年生。 一橋大学経済学部卒業。 2008年 株式会社インスパイアにて大企業の新規事業支援やベンチャー投資業務に従事。 2011年 株式会社wacul社の取締役に就任。 2012年 ギフティ社の取締役に就任。 <コメント> 今後日本が向き合う課題に対して、明るく楽しいアプローチで解決していこうとするオースタンス社と菊川さんの考え方に強く共感し、一緒の船で応援させて頂くことにしました。 2014年9月にand factory株式会社の設立に参画し、同年11月、取締役に就任。 コーポレート部門の管掌取締役として同社の成長を牽引し、設立4年でIPOを果たしたのち、2019年11月に任期満了に伴い取締役を退任。 <コメント> 菊川くんと初めて会ったのは、彼がまだ大学生の時で、気づけば10年以上経ちました。 今回オースタンスに投資をさせてもらいましたが、学生時代からどんどん成長していく菊川くんに、常に多くの刺激と学びをもらっています。 今後は、オースタンスが目指す世界の実現に向けて、同じチームの一員として一緒に邁進できることを非常に嬉しく思います。 趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)とは 「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、月間2000万PV、月間100万UU、会員数34万人と、多くの方に日常的に使用されている、シニア向けのコミュニテイサービスです。 趣味人倶楽部: 旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。 さらに匿名性のコミュニティサイトのため、これまでの人生にとらわれずに自身の「好き」や「興味」に向き合い、新しい趣味や出会いを楽しむことができます。 株式会社オースタンス とは 【会社概要】 会社名:株式会社オースタンス 代表者:代表取締役 菊川 諒人 事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供 URL:.

次の

趣味人倶楽部にいた10年で、私は成長することができました

趣味 人 倶楽部

昨今InstagramやFacebookなど、さまざまなSNSを活用した交流が盛んです。 DeNAが運営するは、その名の通り"趣味"をきっかけに繋がる大人世代のためのコミュニティサイト。 主に50代~60代の方々にご利用いただき会員数は約32万5000人、月間約2000万PVと、ミドル~シニア向けのサービスとしては日本最大級の規模を誇ります。 若者のツールと思われがちなSNSの世界で大人世代に受け入れられる理由とは、そして大人のSNSの中ではどのようなコミュニケーションが起きているのか。 担当者にインタビューしました。 砂田:もともと趣味人倶楽部は2007年に旅行会社のクラブツーリズム社とともに、旅行や趣味に特化したウェブコミュニティを立ち上げたのがはじまりです。 「趣味」という分かりやすいきっかけから始まるコミュニティ作りをしてきたことで、初めての方でも利用しやすいようです。 また、悪質な出会い目的にならないよう趣味人倶楽部のサイト上でのプライバシー管理を厳しくしている点も、広く受け入れられている理由のひとつだと思います。 中村:実際「他社サイトと比べて個人情報のやり取りに厳しく、(アイコンやハンドルネームも自由なので)匿名性が保たれているのが良い」という声は多いですね。 イベント等で顔を合わせた後は、サイト上で個人情報を直接やり取りしたい、というご要望もあるのですが、総じてプライバシーの公開には慎重な方が多いです。 事務局としてイベントなどで会員の方にお会いする機会がありますが、皆さんとてもアクティブでITリテラシーも高く、実生活でも一定のポジション・技術をお持ちの方が多い印象です。 2007年から長期にわたって運営しているサイトだからこそ、インターネットサービスやサイト運営に対するご意見のレベルも高くて、その分事務局への要望は厳しいですね(笑)。 もちろん全て対応できるわけではありませんが、いただいたご意見はしっかり受け止めて改善に役立てています! その他にも、「住まいを気にせず、日本全国の方と知り合える」「同じ趣味でも、めちゃくちゃ詳しい、濃い人たちがいて勉強になる。 こんな場所は他にない」などのお声をいただいています。 実際に会員の約3割がコミュニティに参加しており、1人あたり平均3~4つのコミュニティに入っていることをみても、新しい人生を共に楽しむ仲間がほしい、というニーズは高いのではないでしょうか。 実際に投稿される写真を見てもプロ顔負けの腕前の方がいたりするのが趣味人倶楽部らしいなと思います。 10年前からずっとアルバムを更新し続けている方もいて、ライフログとして使われているのを感じます。 砂田:趣味人倶楽部は6割が男性会員なのですが、男性のライフステージが変わる定年退職のタイミングで趣味を探したい、極めたい、趣味仲間を見つけたいという方が多いのかもしれません。 中村:女性は子育てがきっかけで家庭の外にもコミュニティを作りやすいですし、育児がひと段落するのも男性の定年より10年くらい早いんですよね。 そのためか、一人でも趣味を探したり仲間を探したりできる方が多いようなんですが、男性は仕事以外のコミュニティの作り方がわからないということはあると思いますね。 退職されてから初めて「さぁ何をやろうか」となる男性が多いのではないでしょうか。 今の30代くらいの男性は子育てに参加されてる方も増えていますから、今後、また傾向は変わってくると思いますが。 イベント開催率で言うと、やはりお出かけ系のコミュニティが活発です。 夏にはビアガーデンやホテルでのランチ会など、一人では行きにくい場所での集まりが人気なのかなと思います。 華やかなところでは屋形船の貸切イベントなどもありますね。 とても活発でイベントも華やかです。 コミュニティの中には、参加者数が少なかったりイベントの開催自体はあまりないけれどもトピックの投稿やメンバー同士のやりとりが活発、というパターンもあるので、みなさんそれぞれに楽しまれています。 中村:アクティブさの度合いが深いと言いますか、ものすごく趣味を極めている方はやはりいらっしゃいますね。 それなりに年齢を重ねてきて、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いがはっきりしているというか、振り切っている方が多いのかなと思います。 「街歩きが趣味」という方にもお会いしたんですが、日本ではなくてなんと中国で街歩きしてるんですよね。 上海から何百キロというマイナーな街で、言葉も特に分からないけれど漢字の筆談だけでバスに乗って適当に歩くと仰っていて。 旅のお仲間もタイから中国まで原付バイクで旅をする方がいるそうで、もうすごすぎる!...... 実際に会員の方とお会いするとびっくりすることが多いです。 >>後編を読む: 趣味人倶楽部: 趣味人倶楽部 SNS、どれくらい使ってる?ミドル~シニア世代のホンネ調査: おすすめの記事 カテゴリー.

次の