ヤンヤン つけ ボー いちご。 長~く人気の明治ヤンヤンつけボー|nonoopy|note

ヤンヤンつけボーうますぎ!業務用を箱で激安!送料無料で購入だ!|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

ヤンヤン つけ ボー いちご

突然だが、「 ヤンヤンつけボー」って知ってるかい。 スーパーとかでよく売ってる、明治「ヤンヤンつけボー」のことさ。 オレはもう、ヤンヤン歴ウン十年。 物心ついた時から食べている。 40間近の今でも食べている。 ついでに言うなら海外でも食べていた。 遠い昔、 とある雑誌で、世界の「ヤンヤンつけボーっぽいお菓子」を実食レビューするコーナーを連載していたくらいのワールドワイドなヤンキーだ。 そんなオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」を今回は紹介したい。 おっとその前に、ヤンヤンつけボーを知らない人のために、サクっとヤンヤン(つけボー)を紹介しとくよ。 ヤンヤンはカップ状になっていて、フタを開けると…… スティックに、チョコ、そして粉末状のラムネが入っているお菓子のこと。 どうやって食べるのかも説明しとくと…… チョコにスティックをディップして…… そのまま食べてもOKだが、さらにラムネをつけると…… ジャリジャリも加わって劇的にウマイってことよ! だが! ヤンヤン経験者であればおわかりかと思うが、 この「ラムネ」を最後まですくい上げるのは至難の業。 ベトベトのチョコ付きスティックがラムネ層の縁に付いてグチャグチャになったりもするし、「ラムネ残量」もわかりにくいため、 ペース配分はヤンプロでないと難しい。 よって、オレは…… いつも、 紙を使っている……!! なんでもいいから清潔な紙。 メモ用紙でいい。 そいつを4つに折って、広げてから…… ラムネを入れる……!! そこに…… まんべんなく……全体に…… まぶす……!! ヤンヤン経験者であればおわかりかと思うが、このような「100%ラムネコーティングヤンヤン( 通称ワンハンドレッド)」は、デフォルトの「カップに突っ込んでのまぶし」では到底不可能。 ある意味、全ヤンキーが憧れる「最高のヤンヤン状態」なのである。 そんな100%ヤンヤンをエンジョイし…… ラムネの残量も減ってきたら…… チョコに入れちゃう……!! こうすることにより、「チョコと混ざりあったラムネのヤンヤン( MAJIRI)」が楽しめるって寸法なのさ。 ま、それは単なる自慢だけど、覚えておいてほしいのは、「ラムネは紙で」というテクニック。 これだけでもヤンヤン攻略は大きく変わってくるはず。 それでは良きヤンヤンライフを。 エンジョイ。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

ウン十年と『ヤンヤンつけボー』を食べてきたオレが行き着いた「最高にして究極のヤンヤンつけボーの食べ方」がコレだ

ヤンヤン つけ ボー いちご

ヤンヤンつけボーというネーミング、少し変わった名前だと思いませんか? つけボーは棒状のクラッカーを付けることからきているのはわかりますが、 ヤンヤンとは一体なんでしょうか? パッケージにはパンダのキャラクターが描かれているので、 パンダの名前がヤンヤンなのでは?という説があるようですが、その説はどうやら違うようなのです。 ヤンヤンつけボーの名前の由来とされる有力な説は2つあります。 ひとつめは英語の「 yummyyummy」(ヤミーヤミー)からきているのが由来という説です。 ヤミーは英語で美味しいという意味で、それをもじって「 みんなで美味しく楽しく」という意味を込めてヤンヤンにした、という説です。 もうひとつの説は「 Young」(ヤング)をもじってヤンヤンとつけたのが由来という説です。 発売当時、 若い女子高生をターゲットにしていたためヤングという言葉を使ったというのです。 しかし、だんだんと女子高生から子供へとターゲットが変わり、今ではすっかり子供向けお菓子にシフトチェンジしたようです。 ちなみにヤンヤンつけボーは発売当初は つけチョコヤンヤンという商品名でした。 その当時からやはり ヤンヤンという言葉は使われていたようです。 説が2つあり正しい由来はわかりませんが、ヤンヤンという言葉が重要であることに間違いはなさそうです。 ヤンヤンつけボーの楽しみ方といえば、自分で好きなだけチョコをクラッカーにつけられることだと思います。 初めからチョコがついて完成されたお菓子には無い、 自分で作る楽しみがあるのです。 その楽しみ方は今も昔も変わらず、子供達に支持され続けています。 ふたを開けると3つに仕切られたパッケージに 棒状のクラッカー、チョコクリーム、砂糖菓子でできたカラフルなトッピングが入っています。 開けるときに気をつけないとトッピングが飛び出ることもあります。 クラッカーをチョコにつけてからトッピングをつけます。 食べ方にはそれぞれ個性が出るのも面白く、 残ったチョコやトッピングも綺麗に食べるのが多くの子供達の楽しみ方です。 実は ヤンヤンつけボーはシンガポール原産のお菓子だと知っていましたか?販売元が明治なのですっかり日本のお菓子だと思っていましたが、シンガポール原産のお菓子なのです。 そのため当然シンガポールでも「 YanYan」とう名前で販売されています。 やはり、シンガポールでもヤンヤンという文字は付くようです。 シンガポールのYanYanはトッピングがつかず、チョコ以外にイチゴ味があるようです。 そのほかには少し前に流行して品切れが続出した ヌテラゴーという商品もあります。 ヌテラはヨーロッパの朝の定番チョコスプレッドで、チョコが濃厚で美味しいのです。 そのチョコスプレッドに棒状のクラッカーをつける食べ方は、まさに 大人版ヤンヤンつけボーといった感じです。 評判を見ると「懐かしいパンダのつけボー。 子供の頃買ってもらったらテンション上がったなぁ」「子供の頃よく食べてました。 大好きだったお菓子です」「懐かしいなぁ昔よく食べてた」という声がありました。 やはり 販売から40年も経っているので懐かしい、と子供の頃を思い出す人が多いようです。 「息子がこのお菓子が大好きで、これを買ってくると必ず翌日のおやつで食べてます」「娘が大好きなお菓子です。 自分で好きな様に食べられて楽しいみたいです」という声もありました。 懐かしいと大人が楽しむ一方で、今 時の小さい子供たちにもしっかり受け入れられています。 やはり今も昔も、自分でつけて食べるスタイルは人気がある様です。 「眠れないからって夜中にヤンヤンつけボーなんて開けるんじゃなかったやひっくり返して大惨事」「美味しかったけどチョコとトッピングが余ったので最後に一気に食べる羽目になりました」「チョコとトッピングのペース配分がわからないまま、もう28歳になってしまった」という声です。 トッピングの砂糖菓子が蓋を開けるときや、食べている途中こぼれることがあるようです。 ヤンヤンつけボーは小さな子供でも食べやすいよう容器を持ちやすい細さにしているそうです。 しかしそのためか、置いた時こぼしてしまうことがあるようです。 小さい子供はマグカップなどに容器を入れるとこぼしにくいと明治は推奨しています。 溢れるのが心配な場合は試してみてはいかがでしょうか? 多かったのが最後トッピングやチョコがどうしても残ってしまう、という声です。 残ったトッピングやチョコもみなさん残さずポリポリ食べているようで、それもまた楽しんでいる人が多い印象です。 小皿にトッピングを入れるとつけやすいという声もありました。

次の

ヤンヤンつけボー いちご

ヤンヤン つけ ボー いちご

ヤンヤンつけボーというネーミング、少し変わった名前だと思いませんか? つけボーは棒状のクラッカーを付けることからきているのはわかりますが、 ヤンヤンとは一体なんでしょうか? パッケージにはパンダのキャラクターが描かれているので、 パンダの名前がヤンヤンなのでは?という説があるようですが、その説はどうやら違うようなのです。 ヤンヤンつけボーの名前の由来とされる有力な説は2つあります。 ひとつめは英語の「 yummyyummy」(ヤミーヤミー)からきているのが由来という説です。 ヤミーは英語で美味しいという意味で、それをもじって「 みんなで美味しく楽しく」という意味を込めてヤンヤンにした、という説です。 もうひとつの説は「 Young」(ヤング)をもじってヤンヤンとつけたのが由来という説です。 発売当時、 若い女子高生をターゲットにしていたためヤングという言葉を使ったというのです。 しかし、だんだんと女子高生から子供へとターゲットが変わり、今ではすっかり子供向けお菓子にシフトチェンジしたようです。 ちなみにヤンヤンつけボーは発売当初は つけチョコヤンヤンという商品名でした。 その当時からやはり ヤンヤンという言葉は使われていたようです。 説が2つあり正しい由来はわかりませんが、ヤンヤンという言葉が重要であることに間違いはなさそうです。 ヤンヤンつけボーの楽しみ方といえば、自分で好きなだけチョコをクラッカーにつけられることだと思います。 初めからチョコがついて完成されたお菓子には無い、 自分で作る楽しみがあるのです。 その楽しみ方は今も昔も変わらず、子供達に支持され続けています。 ふたを開けると3つに仕切られたパッケージに 棒状のクラッカー、チョコクリーム、砂糖菓子でできたカラフルなトッピングが入っています。 開けるときに気をつけないとトッピングが飛び出ることもあります。 クラッカーをチョコにつけてからトッピングをつけます。 食べ方にはそれぞれ個性が出るのも面白く、 残ったチョコやトッピングも綺麗に食べるのが多くの子供達の楽しみ方です。 実は ヤンヤンつけボーはシンガポール原産のお菓子だと知っていましたか?販売元が明治なのですっかり日本のお菓子だと思っていましたが、シンガポール原産のお菓子なのです。 そのため当然シンガポールでも「 YanYan」とう名前で販売されています。 やはり、シンガポールでもヤンヤンという文字は付くようです。 シンガポールのYanYanはトッピングがつかず、チョコ以外にイチゴ味があるようです。 そのほかには少し前に流行して品切れが続出した ヌテラゴーという商品もあります。 ヌテラはヨーロッパの朝の定番チョコスプレッドで、チョコが濃厚で美味しいのです。 そのチョコスプレッドに棒状のクラッカーをつける食べ方は、まさに 大人版ヤンヤンつけボーといった感じです。 評判を見ると「懐かしいパンダのつけボー。 子供の頃買ってもらったらテンション上がったなぁ」「子供の頃よく食べてました。 大好きだったお菓子です」「懐かしいなぁ昔よく食べてた」という声がありました。 やはり 販売から40年も経っているので懐かしい、と子供の頃を思い出す人が多いようです。 「息子がこのお菓子が大好きで、これを買ってくると必ず翌日のおやつで食べてます」「娘が大好きなお菓子です。 自分で好きな様に食べられて楽しいみたいです」という声もありました。 懐かしいと大人が楽しむ一方で、今 時の小さい子供たちにもしっかり受け入れられています。 やはり今も昔も、自分でつけて食べるスタイルは人気がある様です。 「眠れないからって夜中にヤンヤンつけボーなんて開けるんじゃなかったやひっくり返して大惨事」「美味しかったけどチョコとトッピングが余ったので最後に一気に食べる羽目になりました」「チョコとトッピングのペース配分がわからないまま、もう28歳になってしまった」という声です。 トッピングの砂糖菓子が蓋を開けるときや、食べている途中こぼれることがあるようです。 ヤンヤンつけボーは小さな子供でも食べやすいよう容器を持ちやすい細さにしているそうです。 しかしそのためか、置いた時こぼしてしまうことがあるようです。 小さい子供はマグカップなどに容器を入れるとこぼしにくいと明治は推奨しています。 溢れるのが心配な場合は試してみてはいかがでしょうか? 多かったのが最後トッピングやチョコがどうしても残ってしまう、という声です。 残ったトッピングやチョコもみなさん残さずポリポリ食べているようで、それもまた楽しんでいる人が多い印象です。 小皿にトッピングを入れるとつけやすいという声もありました。

次の