巨人 コロナ。 【坂本勇人】坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

巨人 坂本と大城が新型コロナウイルスに感染

巨人 コロナ

巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性判定が出たと発表した。 プロ野球は3か月遅れとなる6月19日の公式戦開幕に向け、前日2日に練習試合を再開。 巨人は東京Dで西武戦を行い、坂本は「4番・ショート」、大城は「7番・キャッチャー」でスタメン出場していた。 当初は3日も東京Dで午後2時から西武との練習試合が予定されていたが、開始約1時間前に巨人が中止を発表。 理由は追って説明するとされていた。 球団は判明までの経緯の詳細を明らかにした。 それによると、球団は1、2、3軍の全91選手や首脳陣、スタッフら総勢約220人に希望を募った上で、希望者全員について新型コロナウイルスの抗体検査を実施。 5月29~31日までに希望者全員218人の採血を実施した。 そのうち、選手やスタッフ計4人について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認された。 このため球団はその4人について、2日の夕方にPCR検査を実施。 3日午前に坂本、大城の2名について陽性判定の連絡があり、管轄の保健所に連絡した。 2人の新型コロナウイルス遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上に、ともに回復を示す「IgG抗体」を持っていることから、専門家からは2人ともに感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ている。 2人は入院し、4日以降に保健所の指導に従って連日PCR検査を実施し、陰性が確認でき次第、早期のチーム合流を目指す。 2人は3月下旬以降、体調に何も問題なく、味覚嗅覚の異常も感じていない。 検査から2週間前にさかのぼって日常の行動確認をしたところ、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城は5月28日にチームメート2人と2時間、夕食をとった以外、外食も夜の外出も一切していないという。 現在、坂本と大城2人との濃厚接触者は保健所が特定を急いでいるが、球団としては「1メートル以内で15分以上会話をした」者を中心に26名について3日にPCR検査を実施。 これ以外の1軍メンバー、スタッフなどについては4日にPCR検査を実施するという。 31歳。 小学1年から野球を始め「昆陽里(こやのさと)タイガース」では投手。 捕手だった田中将大(現ヤンキース)とバッテリーを組んだ。 青森・光星学院高から06年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。 12年最多安打、16年に首位打者と最高出塁率。 186センチ、85キロ。 右投右打。 27歳。 東海大相模高で3年夏に甲子園準V。 東海大4年時の全日本大学選手権で優勝しMVPと首位打者。 NTT西日本を経て、2017年ドラフト3位で巨人入団。 187センチ、90キロ。 右投左打。 日本野球機構(NPB)の球団所属選手の感染は初めてだった。 同14日に大阪市内で開かれた懇親会には選手・知人合わせて13人以上が参加し、伊藤隼太外野手(31)、長坂拳弥捕手(26)からも陽性反応が出た。 報知新聞社.

次の

巨人、新型コロナ感染の坂本、大城に加え濃厚接触の9人、その他17人のPCR検査陰性を公表

巨人 コロナ

それが本当なら改めて、感染の怖さを感じます」 あるセ球団の選手がこう言った。 坂本と大城2選手、スタッフ2人のコロナ感染は、巨人が独自で行った抗体検査を契機に判明した。 すでに抗体ができており、4日、再検査の結果が陰性となったことから、感染してから時間が経過していた可能性は高い。 では、2人はいつ、どこで感染したのか。 巨人の説明では直近2週間の行動は、坂本が5月29日に友人と昼食をとり、大城が同28日夜に同僚2人と夕食をした以外は外出をしていなかったという。 球界OBが言う。 「2人は活動自粛期間中は自主練習を行い、5月11日から東京ドームで練習を継続していた。 外食時の感染でないなら、スタッフから感染したか、自宅と球場を往復する過程で感染した可能性が高いだろう。 自己管理を徹底し、いくら球場内や施設内で対策をしても防ぎようがない。 不安と恐怖に駆られ、定期的にPCR検査を受けたいという選手が続出しています」.

次の

巨人・坂本、大城 コロナ「微陽性」連日検査で陰性出れば再合流、6・19開幕間に合う見込み― スポニチ Sponichi Annex 野球

巨人 コロナ

球団側は先月末に大学医学部の研究に参加する形で監督、コーチ、全選手らに希望を募って抗体検査を実施。 その結果、坂本ら4人から感染後の回復を示すとされる抗体が見つかり、あらためてPCR検査を実施したところ坂本と大城の陽性が判明したという。 両選手は無症状で何の自覚もないだけに罹患してしまった当人たちはもちろん、周囲の誰もが大きなショックを受けた。 コロナ禍の中、初めて聞いた「微陽性」 この日は本拠地・東京ドームで埼玉西武ライオンズを相手に無観客での練習試合が14時から予定されていた。 しかし試合は当日になって急遽中止。 試合中止の判断は賢明な判断だったとはいえ、どうしても不安が残るのは坂本と大城が前日も東京ドームで組まれていた練習試合・西武戦にスタメン出場していたことだ。 チームメートやスタッフらと濃厚接触があった疑いは避けられない。 しかも対戦相手の西武側の選手らも濃厚接触とまではいかないにせよ、近距離でともに激しい動きによる荒い息遣いを伴ってプレーしたのだから不安は拭えないだろう。 さらにさかのぼれば、両選手はそれまで行われていたチーム練習や個人練習にも参加している。 ここでも複数の人たちと濃厚接触があったことはおそらく否定できない。 ようやく6月19日に決まった今季開幕も危うくなってくるだろう。

次の