時節柄 意味。 季節柄・時節柄の意味や使い方とは?季節の変わり目に使える例文も

「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!

時節柄 意味

「時節柄」の意味と使い方 「今の季節」という意味の「時節柄」 「時節柄」の本来の意味は「今の季節的に」という意味です。 夏であれば「時節柄、熱中症にご注意ください」、冬なら「時節柄、お風邪などめされませんようご自愛ください」などと使います。 「時節柄」という言葉は口頭でも文章でも使うことができますが、多くは手紙などの文章内で使われています。 手紙では「時候の挨拶」といって、その季節に合った挨拶文を文頭に書くことがマナーとされています。 この「時候の挨拶」で始まった手紙の締め文として「時節柄」という言葉が頻繁に使われます。 「時候の挨拶」は決まりがあるわけではありませんが、手紙を書く月や季節によってある程度定型文化されているものが多く、時候の挨拶を読むだけである程度どんな季節に書かれた手紙かがわかります。 1月なら「新春の候」、5月なら「晩春の候」などです。 この「時候の挨拶で始まった手紙」では締め文にも、季節にまつわる言葉で終わるというルールがあります。 そこで手紙の最後に「時節柄、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。 どうかご自愛ください」「時節柄、朝晩の冷え込みが強くなって参りました。 お風邪などめされませんよう」などです。 手紙の「時節柄」を口頭で使う場合には、知人などと会ったときの挨拶として「時節柄お忙しいでしょう」「時節柄スーツを着るのが辛くなってきました」など、「季節的に」という意味とほぼ同義で使うことができます。 「現代の風潮」という意味の「時節柄」 「時節柄」が持つもう一つの意味は「今は」「現代では」という意味です。 こちらの「時節柄」は主に口頭での会話で使われます。 「時節柄、社内コンプライアンスには今まで以上に敏感でいるように」「時節柄、この件の公表はもう少し先にしたい」などと使い「今は」「現代の風潮的に」という意味を持っています。 「時節柄」という言葉を使わなくても「今は」「最近は」など他のわかりやすい言葉で表すことができるものを、敢えて「時節柄」という言葉を使って表すのは「ある程度言わなくてもわかるだろう」「皆まで言わなくてもわかるよね」という、お互いの暗黙の了解のようなニュアンスを出すためです。 あまり大っぴらには言いたくない、という含ませる心情も「時節柄」という言葉に乗せられます。 「時節柄」と「季節柄」の違い 「時節柄」と似た言葉に「季節柄」があります。 この2つの違いは「範囲」です。 まず「季節柄」とは、文字通り「今の季節」についてのことを指しています。 一方「時節柄」は季節だけでなく、世間の動きや情勢なども含めたことを指しています。 基本的に、手紙で季節による相手の体調などを心配する文章を書く場合には「時節柄」を使います。 これは相手に注意して欲しい、気をつけて欲しいと思うことが、世の中の動きにも関係してくることが多いためです。 たとえば冬の時期に相手に「風邪に気をつけて欲しい」と思ったのであれば、相手は自分の体調管理だけでは足りません。 毎年冬にはインフルエンザが流行することは事実なので、世の中の動き(毎年この季節はインフルエンザが流行する)にも敏感になっておく必要があるためです。 一方で「特別な注意は必要ないだろうと思うこと」「一般的なこと」であれば「季節柄」を使います。 たとえば「春の朝晩の冷え込みに注意した方が良い」ということを伝えたい場合です。 春になると日中に比べて朝晩の冷え込みが気になる、というのは季節の特徴であり、世の中の動きとは特に関係がありません。 そのため、この場合は「季節柄」を使います。 「時節柄」の類語 「~の季節です」 「時節柄」という言葉を「季節」の意味で挨拶に使うのであれば「~の季節ですので」という言い方が良いでしょう。 「時節柄」を口語的にした「~の季節」は言いやすく、会話の中に自然に取り入れることができます。 もちろん手紙の締め文として使うことも可能です。 「そろそろクリスマスの季節ですから、街がにぎやかですね」「紅葉の季節です、是非休日は美しい自然をご覧ください」などと使い、「時節柄」よりも具体的な時節のイメージをすることができます。 「最近は~」 「時節柄」を世の中の動きや情勢について使うのであれば「最近は~」という言い方もおすすめです。 「~の折り」「時下」 手紙で使う「時節柄」の類語として良く使われるのは「~の折り」または「時下」です。 「~の折り」とは「今がちょうどその時です」という意味があり「寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ」などと使います。 「時下」は「今、現在」という意味で「時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」などと使われます。 「時下」は手紙の冒頭文として使われる言葉で、文末で使うことはほとんどありません。 「時節柄」の例文• 「時節柄、くれぐれもご自愛ください」• 「時節柄、ご多用と存じますがお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」• 「時節柄、お風邪などめされませんようくれぐれもお気を付けください」• 「時節柄、いろいろと問題になりやすいので注意しましょう」• 「時節柄、こういうやり方の方が受け入れられやすいのではないでしょうか」 スポンサードリンク.

次の

「季節柄」の意味・「時節柄」との違い・季節柄ご自愛ください

時節柄 意味

「時節柄」と言う言葉を目にしたり、耳にしたりしたことはないでしょうか。 「時節柄」とは主に手紙の結びの挨拶によく用いられる言葉です。 では、この「時節柄」とはどのような意味があるのか、またどのように使ったらよいのか、説明していきましょう。 意味 「時節柄」の「時節」には、以下のような意味があります。 ・気象や風景の変化によって感じられる今現在の最適な「季節」や「時季」 ・現在の社会情勢や時勢などを表す「時代」や「時世」 ・時間や時期、何かをするには良い時機や機会 このことから、「時節柄」とは下記のような意味があります。 ・今の季節にふさわしい ・ちょうど今のような季節 ・今の時代や社会情勢にふさわしい ・今のような時世 このように、現在の季節や時代を表す際に、「時節柄」と言う言葉を使用します。 使い方 ただし、手紙などの挨拶文として使用する場合は主に、今の季節を表す言葉として使われています。 使い方としては、基本的には手紙の最後の挨拶として使われます。 あるいは、今の世の中の状態を指すため、社会全体の様子や雰囲気などを表す場合があります。 季節を表す場合 「季節柄」の使い方 「時節柄」と「季節柄」の使い分けについてですが、「時節柄」と「季節柄」は範囲に大きな違いがあると説明したとおりです。 意味合いとしてはどちらも同じであり、結びの言葉としてどちらを使っても構いません。 ただし「季節柄」は季節を指し、「このような季節ですから」と言うような意味合いで用いられる言葉のため、「そのためにどのような配慮を必要とするか?」という表現も合わせる必要が出てきます。 「季節柄、通勤の電車の中で咳をしている人が増えてきましたが、お変わりございませんか。 体調を崩す恐れもありますので、どうかご自愛くださいませ」 「時節柄」と「季節柄」の使い分け そこで「時節柄」と書くことで、「この季節に合った」「時期が時期だけに」「この季節が持つ特徴的な厳しさがある」というニュアンスを含むため、暑さ寒さがある季節に送る際には共通の認識として相手に伝わりやすくなります。 そのため、冬ならば「時節柄、お風邪など召しませぬよう」、夏ならば「時節柄、熱中症などには十分にお気をつけください」と言う書き方で共有することができます。 逆に、春先や秋口など、特に注意喚起する必要がない場合ならば、「季節柄、朝晩など寒暖の差が大きくなってきました」と言うように、季節感を表す言葉を使っても良いでしょう。 「時節柄」とはいつ使うのか ご自愛ください 「自愛 じあい 」とは、「あなた自身を大切にしてください」と意味が込められています。 「ご自愛ください」とは、相手の健康を気遣う言葉であるとともに、年齢や性別に関わらず使える丁寧な言葉です。 そのため、目上の人に使っても失礼にはあたりませんが、「ご自愛専一にて」「ご自愛くださいませ」というように、一層丁寧な書き方をすることで印象が変わります。 ただし、今現在体に不調をきたしている人に対して「ご自愛ください」は失礼になるので、注意しましょう。 また「お体をご自愛ください」という一文を見かけますが、「ご自愛ください」という一文そのものが「お体を大切に」と言う意味合いなので、「お体を」という単語は必要ありません。 「時節柄ご自愛ください」は季節の変わり目に対して「体調を崩さないよう、お体を大切にしてください」というだけでなく、「こんな大変な時代だからこそ、お体を大切にして下さい」と言う意味にも使えます。 くれぐれも 「くれぐれも」は何度も心を込めて懇願したり忠告したりするさまを意味します。 「心を込めて忠告する」や「心を込めて何度も懇願する」など、こちらの気持ちを強く念押ししたい時に用いられます。 また注意を促したり、体調をいたわったりする場合や、依頼やお願い、感謝を伝える際にも使われることが多いです。 また、「くれぐれも」自体は敬語ではないものの、目上の人に使用しても問題はありません。 「季節の変わり目で体調を崩しやすくなっていおります。 時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」 「立秋とは言え厳しい暑さが続きます。 ご健康にはくれぐれもご留意なさってお過ごしください」 お風邪など 季節の変わり目などには体調を崩しやすくなります。 そこで、 相手の健康や自愛を願う結びの言葉として、「お風邪など召されませんよう」と言う一文を用いることができます。 「年を取る」を「お年を召す」というように、「自分のものにする」ことを敬って「召す」と表現します。 そのことから、「風邪を引く」の尊敬語として「風邪を召す」と表します。 「朝夕めっきり涼しくなってきました。 時節柄、風邪など召されませんようお気をつけくださいませ」 「寒さが厳しくなってまいりましたが、時節柄、風邪などひかれませんようご自愛ください」 ご多忙・ご多用 ご多忙とご多用はとても忙しいことを表す言葉の尊敬語です。 お多忙=「とても忙しいこと」、またご多用=「用事が多くて忙しいこと」という意味があり、どちらも同じ意味合いで用いられています。 ただし、お祝いの手紙や、お見舞い状や年始の挨拶、冠婚葬祭の際には、「忙」に含まれる「亡」という字が縁起が悪い忌み言葉とされ、避けるのが一般的です。 「ご多忙・ご多用とは存じますが」=「大変忙しいと思われますが」と言う意味になり、年末年始などいろいろと忙しい時期などでの挨拶では、「あなたは今とてもお忙しいでしょうが、どうか私の願いを聞いてください」という意味の言葉を簡潔に、かつ丁寧に表しています。 「時節柄、ご多忙中とは存じますが、体調には十分ご留意ください」 「時節柄ご多用の事と存じますが、ご出席賜りますよう、ご案内申し上げます」 「時節柄」の類語 「時節柄」とは「そのような時期、状況であるから」と言う意味なので、「時節柄」と似たような意味合いの言葉は複数あります。 とはいえ、言葉によっては「時節柄」とは違う使い方や使うタイミングも変わったりとさまざまです。 ここでは、「時節柄」の類義語とその例文をご紹介します。 色々な言葉を使い分けることで、ワンランク上の手紙やビジネス文書になるでしょう。 時分柄 時節柄と同様に使われる「その時期らしい特徴を備えている」という意味を持つのが「時分柄 じぶんがら 」です。 時分=おおよその時期や時刻、ちょうどよい頃合い、または好機という意味で使われます。 おおよその時期やちょうどよい頃合いという意味のある「時分」は、「頃」と置き換えて使うことができる言葉なので、例えば「子供の時分」=「子供の頃」というように使うことができます。 「季節の果物をお送りします。 時分柄、早めにお召し上がりくださいませ」 「夏の疲れが出やすい時分柄、どうぞお体大切に」 折から 漢字で「折柄 おりから 」とも表すことがあります。 使い方は「~の折から」と言う形で用いられます。 また、単体で使われる場合は「折柄の強風で」のように、 「その物事に相応しい時」「ちょうどその時」と言う意味で用いられることがあります。 なお「折から」の場合は、結びの言葉以外に時候の挨拶でも使われることがあります。 【時候の挨拶】 「寒さ厳しき折柄、皆さまにはご壮健にお過ごしのこととお慶び申し上げます」 「暑気厳しき折柄、皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと存じます」 【結びの挨拶】 「余寒厳しき折から、風邪など召されませぬようご自愛くださいませ」 「残暑なお厳しき折柄、くれぐれもご自愛専一のほどお祈り申し上げます」 時下 ビジネス文書などで全ての季節に使え、また「昨今、近頃、ただ今、現在、この頃」などの意味で使われることがあります。 さまざまな場面で使える「時下」は季節ごとに変わる時候の挨拶の代わりに使うことができる言葉で、「拝啓」の次の文に用いることができます。 【個人宛】 「時下ますますご清祥のことと存じます。 日頃より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」 個人宛の場合は、健康と幸せを願うご清祥、相手の健康を願うご健勝、相手の幸せを願うご多幸などを用います。 【会社・組織宛】 「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 会社や組織など、法人宛の場合は健康や繁栄を祝うご清栄のほか、商売繁盛を祝うご盛栄を用います。 「時節柄」をつかった挨拶方法 日本には時代の流れのほか、季節の移ろいを感じ表現する時候の挨拶を用いています。 手紙の文面だけでも季節を感じることができるのが、日本の文化でもあります。 日本は春・夏・秋・冬の四季のほかにも、1年を夏至や冬至、さらに春分と秋分というように24等分に分ける太陽の動きを元にした二十四節季というものもあります。 ここからは、「時節柄」をつかった挨拶方法を紹介していきます。 春 春は、気象学的に区別するならば3・4・5月となり、暦で区別するならば2月4日頃の立春の日から立夏の前日である5月5日頃までとされています。 春は過ごしやすい季節になり、心機一転何かを始めたり、アクティブな気持ちにかられる季節です。 しかしその反面、新しい環境に適応できず五月病になったりと、物憂げな気持ちになる季節でもあります。 「春たけなわの季節となりましたが、時節柄、ますますお健やかにお過ごしのことと存じます」 「花の便りが各地から届くこの頃、時節柄、お花見にはもういらっしゃいましたでしょうか」 「梅雨の走りともいわれ、雨がよく降るようになりましたが、時節柄、お変わりなくお過ごしでしょうか」 夏 秋は、気象学的には9・10・11月となり、暦によれば立秋の日から立冬前の11月7日頃までとされています。 暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすくなる安堵感と、一抹の寂しさ、これから来る冬に対しての憂いを含んだ季節です。 山々を彩る紅葉と舞い落ちる落ち葉、実り多く春とはまた違った趣のある落ち着いた季節であり、芸術の秋、読書の秋など、落ち着いて物事に取組むのに適した季節でしょう。 「暑さもひと段落し、朝夕はしのぎやすくなってまいりました。 時節柄、お変わりなくお過ごしでしょうか」 「味覚の秋、芸術の秋となり、時節柄、ますます充実した日々をお過ごしのことと存じます」 「吐く息の白さに、秋の終わりを感じる今日この頃、時節柄、お変わりなくご活躍の事と存じます」 冬 冬は、気象学的には12・1・2月となり、暦によれば立冬の日から立春の前の日である2月3日頃とされています。 冬と言えば寒さも厳しくなり、年末年始で慌ただしくなる季節です。 三寒四温と言う言葉があるように、厳しい寒さが続いた後に寒さが緩むという現象が繰り返される季節でもあります。 また、クリスマスや初詣など、なにかとイベントも多い季節です。 「年の瀬の、寒さの身に染みる季節となりました。 時節柄、お風邪など召していらっしゃいませんか」 「時節柄、皆様お揃いで賑やかなお正月をお迎えの事とお慶び申し上げます」 「余寒なお厳しい昨今ですが、時節柄、お元気でお過ごしでしょうか」 社会人として「時節柄」をうまく利用しましょう 日本には四季があり、時代の流れと共に季節の移ろいを感じることができるのが特徴です。 また、日本人は手紙の文面で季節を感じさせる時候の挨拶に始まり、相手を思いやる結びの言葉で締めくくる美しい書き方の文化を持っています。 季節に触れる手紙は美しい日本の伝統でもあり、相手に真心を伝える手段として用いられてきました。 季節の移ろいと共に、自分たちを取り巻く社会の現状をも表すことのできる「時節柄」という言葉は、季節や社会的な風潮に相応しくという意味合いであったり、こんな時期であるからこそというように使われています。 こんな季節だからこそ体に気をつけてほしい、こんな情勢だからこそより一層仕事などに励んでほしい、 そういう気遣いの文面に使われることが多い「時節柄」を使うことにより、ビジネス文書のように事務的になりがちな手紙でも、相手に気持ちが伝わりやすいことでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

ビジネス文書作成時に役立つ、結びの挨拶文例を紹介。文書の正しい締め方とは

時節柄 意味

スポンサードリンク 時節柄とはどんな意味があるのか? それで時節柄とは どんな意味があるのかと言いますと、 1. 時節にふさわしいこと 2. このような時節だから といった意味があります。 「時節」という言葉には どんな意味があるのかと言いますと、 1. 気象や自然の移り変わりによって感じられる季節・時季 2. 現在の世の中の状況、時代、時勢 3. 何かをするのによい時機 といった意味が存在しています。 だから時節柄の意味も ・今の季節にふさわしい ・今のような季節ですから といったような意味や ・今の時代や社会風潮にふさわしい ・今のような時代ですから という意味のように 現在の季節とか時代を表す際に 時節柄という言葉を使います。 ただ手紙で 時節柄 という言葉を使う場合は 季節を表す意味として使われています。 それにしても その時期の季節を表すのなら 季節柄 とかでもよさそうだと思いますが、 時節柄 と使っているあたり 昔から当たり前のように 手紙でつかわれてるのだと思いますね。 スポンサードリンク 時節柄とは使い方はどうなってるのか? 例えば、 時節柄、ご自愛ください といった文章の場合ですと、 今の季節は風邪をひきやすいですから 体調に気をつけてください といった意味になりますし、 時節柄、お早めにお召し上がりください といった文章の場合ですと 旬の食材を郵送した際に使うのですが、 旬の食材も季節によっては 傷みやすくなってたりしますので、 今の季節だと傷みやすいですので お早めにお召し上がりください といった意味でつかわれています。 そんな感じで 今の季節 を表す言葉として 時節という言葉が使われています。 時節柄とはどんな意味なのかまとめ 時節柄の意味は 1. 時節にふさわしいこと 2. このような時節だから といった意味が存在しています。 要するに ・今の季節にふさわしい ・今のような季節ですから といった意味になっていて 手紙では上記のように使われています。 ですので、 現在の季節に合わせて 時節柄 という言葉を手紙の挨拶として 使っていくといいでしょう。 人気記事ランキング• 74,633pv 宴会などで 宴もたけなわ えんもたけなわ という言葉が用いられますが、 宴もたけなわの意味は どのようになってるのでしょうか? 60,429pv 日常生活の中で そっこう という言葉を用いることがありますが、 「そっこう」に当てはまる漢字には ・速攻 ・即効 ・... 55,598pv 手紙の挨拶として 寒さ厳しき折 さむさきびしきおり という挨拶が用いられますが、 寒さ厳しき折とは どんな意味があるのでしょうか?... 47,460pv 秋も深まってくると 秋の夜長 あきのよなが なんて言葉を聞くようになりますが、 秋の夜長とは どのような意味があるのでしょうか?

次の