ディープ キス やりかた。 気持ちいいディープキスの仕方って?雰囲気を壊さないタイミングも

若い子に急増中!?好きな人とのキスを嫌がる理由

ディープ キス やりかた

*キスが上手な人 キスをするタイミングって、実はとても大切なんです。 キスが上手な人はキスのタイミングが絶妙にうまいです。 唇を動かすタイミングや、離れるタイミング。 キスをする間の呼吸のタイミング……。 時に強く、時についばむように優しくしてあげる。 そんなキスはとても気持ちがいいと女性は感じるのです。 まだキスをしたいと思っているのに離れてしまったり、キスをするムードでもないのにいきなりキスをしてきたり、彼女と気持ちを合わせられていないことが多いです。 経験がない男性は、いかにも「俺はキスがしたいぞ」という表情で彼女を見つめることがありますが、女性が求めるキスは「流れるようなキス」。 自然な流れでキスをしたいのです。 キスをする時に歯が当たらないコツは決して急がない事です。 自分のキスに余裕を持ちましょう。 そしてキスのリードを自分が握るのです。 *キスが下手な人 キスをする時に、お互いの歯が当たってしまって気まずい思いをしたことがある男性も多いのではないでしょうか?歯の当たる音がガチっとなったりするとせっかくの良い雰囲気が冷めてしまいますね。 1回だけならまだしも、キスが下手な男性は何回も歯が当たります。 これでは興ざめです。 はやくキスがしたい気持ちもかわいらしい…ですが勢いそのままに彼女の唇へ猛スピードで突っ込んでしまうとそれはキスではなくただの衝突です。 歯並びに自信のない人もゆっくりやればきっと素敵なキスができるはずですよ! 舌の使い方 キスは大きく分けてチュッと軽めのエンゼルキスとディープキスとの二つのタイプがあります。 初めてディープキスを経験した時、初めて感じるその感触に驚きながらも、甘い快感にうっとりとすることも多いでしょう。 しかし舌の動きはむやみに動かせばいいと言うものではありません。 *キスが上手な人 キスが上手い人は、その舌加減がきちんと分かっています。 勿論それは経験の上に成り立つものではありますが、それよりも大事なのは気持ちです。 ディープキスをしていることに一生懸命になってしまって、まったく気持ちが入っていないと女性は気持ちよくありません。 逆につたない舌の動きでも相手の舌の動きに応える気持ちがあれば、お互いの気持ちがからまり気持ちよくなれるのです。 *キスが下手な人 女性の口内でがむしゃらに舌を動かせば女性に快感を与えられるわけではありません。 逆に舌をまったく動かさないのも気持ちよくありません。 キスが下手な男性は、激しく舌を絡ませれば良いというような勘違いをしている人が多い印象です。 鼻息 *キスが上手な人 キスをする時、顔と顔が非常に近くなりますね。 すると普段気にならなかった事がふと気になるものです。 その一つが鼻息です。 キスが上手い人は余裕があるので呼吸も落ち着いています。 キスをする時は、はやる気持ちを落ち着けて呼吸を整えてみましょう。 *キスが下手な人 キスが下手な人は鼻息が勢いよく彼女の唇に当たりがちです。 今からキスをすると思うと興奮して鼻息が荒くなる気持ちも分かります。 しかしそこはグッとこらえて静かな呼吸を心がけましょう。 女性の気持ちになって考えてみてください。 キスの最中、彼の生暖かい鼻息がフガーッと自分の唇に降ってくる…ちょっと嫌ではないですか?筆者自身もそうですが多くの女性はキスの時、息を止めると言われています。 こうすることで、女性にはキスがよりロマンチックに映り、あなたのキスが魅力的だと感じるのです。 また、より雰囲気を出したいときにはキスの最中に手の位置を頭から腰、というように移動させる方もいます。 女性の頬や腰に手をまわすといやらしいのでは?と思われるかもしれません。 確かにいやらしいのですが、カップルであれば問題ありません。 きっと彼女のはにかむ顔が伺えますよ! 表情 あなたの唇が触れたとき、その感触がガサガサだったらガッカリ。 キスの快感もあっと言う間に急降下してしまいます。 キスはどの瞬間でするか分かりません。 そのタイミングは突然くるもの。 なので、いつどこでキスをしても大丈夫なように普段から唇のお手入れをしておきましょう。 筆者がオススメするお手入れはリップクリームとリップスクラブです!リップクリームは薬局などで男性用のものが販売されていますね。 リップスクラブは自宅ではちみつ:砂糖=1:1を混ぜ合わせて簡単に作ることができます。 唇にのせて1分ほどくるくると優しく撫でて砂糖のつぶつぶが無くなれば完了。 かと言って、口を開かなさすぎも舌が挿入できず上手くディープキスができません。 ディープキスにはその口の開きかたに絶妙な具合が必要なのです。 多くは経験をしていくことでその感触をつかめていきますが慣れるまで頑張りましょう。 唇の重ね方 ただやみくもに唇を強く押し付けてくるキスは、女性にとってあまり気持ちいいものではありません。 女性の唇は指で触れるとぷるぷるとする位気持ちがいいですよね。 柔らかく押し当てて、たまに柔らかい唇を優しく噛むそんなキスが女性は好きなのです。 なので、唇に触れる時は優しく触れてあげましょう。 ボディタッチも忘れずに! いつもは優しいキスなのに、時になぜか強引なキスをされると、あれっ?と女性は少しドキドキしてしまいます。 また、いつもは彼が積極的にキスしてくるのに、今日はなんだか控え気味という焦らしキスや、キスをしている流れで唇だけでなく首筋などにも優しくキスされたり、キスの合間に「可愛いね」とか「好きだよ」なんて言われながらのキスだったら、さらにドキドキしてしまいます。 二人の空間を盛り上げるキス、それができたら彼女の心はあなたのものですよ! 声をもらしてみる 男性の中にはキスの時に声を出すのが恥ずかしく感じる方もいるかと思います。 しかしムードを作りたい場合は気持ちいいことをアピールして、キスの合間に息をもらしてみましょう!声を出すというよりは息をもらすイメージです。 キスの時にクールな男性もかっこいいですが抑えきれていない余裕のない男性もセクシーで魅力的です。 きっと彼女のかわいらしい反応が見られると思います。 また、キスだけではなくふーっと息をふきかけたり、指でつーっとなぞったりしても効果的です! 脱がせながらキスしてみる 激しいキスをして彼女をキスに集中させている間に服を脱がせてしまいましょう!なかなか大胆な手ですし、成功させるのも難しいかもしれません。 キスの時に絶対に言ってはいけないこと 「キスしていい?」.

次の

ディープキスのやり方11選!舌入れキスで彼氏・彼女をメロメロに!

ディープ キス やりかた

唇の合わせ方にもポイントがあるのですよ。 そちらについて紹介していきますね。 唇についてどう合わせていけばいいのだろう?と思いますよね。 唇の合わせ方というのはキスするときにいきなりすると上手くいきづらいので、ゆっくりとするのがポイントになりますよ。 ゆっくりキスをすることで、気持ち的にもドキドキが高まるのと焦らなくていいということがいえますよね。 ですので早くキスをしたい気持ちもあるでしょうが、ゆっくりとキスをすることを是非心がけてくださいね。 フレンチキスのときはあまりガツガツいかずにとにかく優しめのキスができるようにするのが大切といえます。 優しくゆっくりキスをされた方がされる側もキスされるときに大切にされていると感じることができて嬉しいです。 舌を絡ませることで、よりエッチで上手いキスができるといえます。 よく漫画などで銀の糸を引いたような表現というのがありますよね。 そうしたこともしてみることでより一層キスをするのが盛り上がるといえるのではないでしょうか。 舌を上手く絡ませるコツとしては自分の舌と相手の舌を上手く絡ませるようにしないといけないので、そこをどうするかということがいえますよね。 舌を上手く絡ませるためにお互いの絡ませるタイミングであったり絡ませ方のコツをつかまないといけないですね。 だんだんコツやタイミングをつかむのがいいでしょう。 まとめ~上手なキスのやり方についてはいかがでしたか?~ 上手なキスはフレンチキスとディープキスどちらが嬉しい?.

次の

ディープキスのやり方は?初心者向けから上級者テクニックを伝授

ディープ キス やりかた

濃厚なディープキスの種類と方法5つめは、クロスキスです。 クロスキスは、とっても濃厚すぎるディープキスになります。 一度唇をつけたら、長いこと話さないディープキスがクロスキスです。 相手を興奮させるには、1番いいディープキスになるでしょう。 クロスキスの方法は、キスをしたら、そこから唇を離さずにお互いに舌入れをします。 そして、舌入れをしても唇を離すことなく、舌を絡ませたり、舌を回したりしましょう。 とても激しいディープキスにはなりますが、優しさが大前提にあることを忘れないディープキスにしましょう。 ディープキスの中に優しさが感じられると、彼氏も彼女も大興奮しますし、愛情も好きな気持ちも伝わりやすいので、クロスキスではより優しさを込めるといいでしょう! 上手なディープキスをするには、ボディタッチもプラスさせましょう。 ボディタッチといっても、濃厚なボディタッチをするわけではありません。 ソフトなキスから始まって、舌入れをして徐々に激しいキスになってきたら、体を引き寄せるとか、頭を撫でるなどのディープキスです。 彼氏から彼女にするのが望ましいですが、彼女から彼氏の頭を撫でてもいいでしょう。 ディープキスにボディタッチが含まれると、お互いにかなり興奮することができ、とてもいいディープキスをすることもできるでしょう。 上手なディープキスをする人は、必ず適度なボディタッチが入っていると思ってください。 激しいディープキスだけではなく、自分の体もキスのテクニックの1つとして使っているのです。

次の