グラブル 6 周年。 『グラブル』6周年アップデート情報まとめ! 十天衆最終上限解放IIや新マルチバトル、毎日最高100連無料キャンペーンなど新情報盛りだくさん!!

【グラブル】6周年記念武器交換チケットのおすすめ武器/交換対象【グランブルーファンタジー】

グラブル 6 周年

今回は十天衆に焦点を当てた物語となっており、後編クリアではイベント限定のシスが加入するなど『シス』が主役の物語。 穏やかな素顔の瞳が見据える先は、主人公と同じ、この長く果てない旅路の目的地。 「十天衆」の一人、シス。 空を旅する彼が遂に相対するのは、かつての己が振るった力の代償だった。 「シスの名は十天衆に返上する。 カルム一族の後胤たちは静かに相対する。 — グランブルーファンタジー granbluefantasy イベント限定ミニゲームも登場! 月末シナリオイベントは戦貨ガチャを回して報酬を集める形式。 始めた時期が遅いユーザーでも毎回過去の分を7個まで遡って獲得できる。 日頃育成している編成の腕試しに挑んでみよう。 解禁日 2020年3月4日 水 19:00 3月4日 水 の後編ストーリー追加後、第9話クリアで イベント限定バージョンの闇SSR「シス」が仲間に加入。 十天衆の別バージョン追加は今回が初めてとなる。 ライターD イベント限定シスも総べ称号の効果対象となります。 被ダメでリセットされるが、効果量が高く持ち直しも早いため、 格闘ジョブのメイン武器として役立つ性能となる。 秩序の下公正な裁きを与える秩序の騎空団。

次の

【グラブル】6周年イベント報酬の十天衆選びのポイントまとめも

グラブル 6 周年

もくじ• 希少性について。 そもそもグラブルの季節限定は以下の通り。 2月 バレンタイン 3・6・7・8月 水着 グラブルには3月に水着キャラを追加するという謎文化がある 10月 ハロウィン 12月 クリスマス 水着は3月と6・7・8月に復刻したり3・8月に無料ガチャが開催されて入手する機会が多い。 バレンタイン、ハロウィン、クリスマスはガチャをそもそも引く機会が少ない。 年末年始に強力なキャラが追加される為 なので、この機会に季節限定キャラをとるのであればバレンタイン、ハロウィン、クリマスキャラを検討したい。 性能 それぞれの属性で一線級の性能を持っているか 火属性 なし 水属性 水着グレア ・奥義が強い、トリプルアタック確定付与等、アタッカー。 ・更に自分の強化効果を味方1人に付与できるアビもある。 水着カリオストロ ただし技巧編成 ・技巧編成におけるキーキャラクター、支援役。 土属性 水着ゴットガードブローディア ・全体かばうに、味方の防御累積アップなど、防御役。 ・フルオート適正もある。 ・他属性に出張することもできる。 ・自分の強化効果が無効化されない。 クリスマスマギサ ・土の刻印付与役、10ターン以降火力高い、アタッカー。 クリスマスナルメア ・1回ではなく1ターン攻撃大幅UP持ち、アタッカー。 ・全体かばうもある。 風属性 クリスマスミュオン ・通常時は連続攻撃が発生しないかわりに与えダメージが高い、アタッカー。 ・アタッカーといいつつ防御ダウン、風属性防御ダウン、弱体耐性ダウンがある。 ・ナイトロバーストォ 光属性 水着ハールート・マールート ・光の刻印付与役、ダメージアビリティで回復しつつ自身もダメージがだせる、何でも有りアタッカー。 ・フルオート適正高い ハロウィンハレゼナ ・常時トリプルアタック確定の、アタッカー。 ・敵の攻防ダウン 累積 、味方全体強化もある。 闇属性 水着ゾーイ 正確にはリミテッドキャラ ・味方全体のHPを1にするコンジャクションが強力。 ・闇背水の女 バレンタインクラリス ・ルシファーHard特攻キャラ。 まとめ ・季節限定で特に入手機会が少ない、バレンタイン、ハロウィン、クリマス ・古戦場周期的に土属性を強化したい。 現環境では土属性は刀編成が強力なのでクリスマスナルメアがおすすめ。 属性関係なしだったら、上記の解説したキャラはどれもおすすめ。 3月14日から水着追加・復刻グランデフェスのはずなので水着キャラを狙っている人はグランデフェス終了まで待機。 どうしてもリミテッドキャラが欲しい人は4月1日まで待機。 バレンタイン、ハロウィン、クリマスキャラでほしいものがある場合はもう取得するのもあり。

次の

【グラブル】6周年アニバーサリーサプチケのオススメ交換

グラブル 6 周年

6周年記念武器交換チケット 【交換可能期限】2020年3月10日(火)19:00~2021年2月28日(日)23:59 1年間たっぷり悩める期限設定。 マジェスタスについて ・エピックウェポン第二世代武器 ・ルシHの難易度が激変するほどの高い防御効果を持つ堅守スキル ・1本でも使えるが2本目も編成に入る(ソロ攻略趣味の人は3本目も一応意味はある) ・ハデス編成限定 今回のラインナップではダントツで入手難易度(労力部分を含めて)が高い武器。 ティアマト・マリスHLは6人マルチで1日1回制限。 まず毎日の周回の回数を稼ぐ方法がとてもとても難しい。 さらに現状ではドロップ以外の交換方法が存在しない。 周回速度については魔法戦士限定ルームなど中にはさくさく狩れる戦法も存在しますが、MVPも欲しい強欲火マグナマンだった私は野良部屋で毎日汁チェインしてました。 ドロップについてですが、MVPの有無と日頃の行いと個人の運に大きく左右されます。 自分は毎日通って3ヶ月くらいかかった感じでした。 2本目は2週間かかりませんでした。 という武器ですが、加護的に ハデス編成限定の有用性です。 マジェスタス編成するなら両面にしとけって言われるくらいゴリゴリのハデス編成用武器です。 支配の天秤についてのあれこれ長い言い訳 ・エピックウェポン(アヌビス、第2世代武器) ・全属性でハイランダー編成が採用可能に ・強くなれるかどうかの評価はいろんな視点が混ざるのでとてもむずかしい 今回解説するのが一番むずかしい支配の天秤。 天上征伐戦、古戦場後半などなどの高防御の敵も同様に厄介。 必殺リミ武器が1本で済むのもお財布に優しい。 ほんとにござるかーって言われそうですが、火の古戦場ではマグナハイランダーは結構使ってる人いたんですよ本当に。 ということもありオメガ第二スキルや終末5凸の第三スキルにも渾身、背水を入れることで3本、4本の渾身(背水)スキルを並べるという戦法が多く取られます。 結果、神石のハイランダー編成を追求していくと自然に終末5凸を持っている事を前提条件として挙げてしまいがちです。 これが何を意味するかというと、終末5凸が遠い人からは縁の遠い話と感じてしまい、逆にマグナの終末5凸を作っちゃった人はヒヒイロカネ1個分の投資がある分、移行のハードルがあがって割にあわないという感想を持つ事が増えてしまいます。 といった感じで進行状況の人の視点が混在していて、色んな評価が飛び交っている状態です。 さらに細かい話をすると水属性だと技巧ハイランダーなどといったレアケがあったり、闇ソルジャーの神石ハイランダー編成では方陣と通常枠を考えると結局マグナ終末5凸を使う局面もあったりする。 なので、自分が作って純粋に強くなるかどうか、作った分見合う価値があるかどうかとったアドバイスを見分けるのはなかなかに大変だゾ。 という事で先輩諸兄達に適当にハイランダー強い?って聞いても適当な答えしか返ってこないことも多いです。 代わりに闇ソルジャーハイランダー・・・?っていうのをやってみたいんですけど強いですか?ってある程度具体的な目標とか目的を挙げて聞いたらすごくノリノリの長文で答えてくれると思う。 とても強い第11本目の刺さってる感じになるので終末4凸だろうが、現状より強くなる可能性はとても高い。 ・複数の渾身、背水スキルが並べやすい 終末4凸だけどオメガ武器はあるって時に発生するケースあり。 闇属性ならグラーシーザー、オメガ、セレ爪、ケル銃、リボンなどで終末武器がなくてもかなりの背水の捻出が可能。 アヌビスHLからの入手難易度も、マジェスタスの次くらいの評価なので、将来投資含めて取得するのは個人的にはとてもおすすめです。 古戦場などイベントが差し迫ってるなら話は別 ・本数が重要になるマグナ2武器(テュロスビネット、グリム琴、ゴブロ斧などなど) ・開催が不定期な六道武器、ブレイブグラウンド武器でキーパーツになりそうな武器(ダンテ琴、コロゥ剣、デモン・アドヴォケイト、ウシュムガル、ヴィントホーゼなど多数) 次回古戦場は4月に水有利で開催。 テュロスビネットは必殺スキル効果持ちで2100万選手権への影響度は大きい。 ヴィントホーゼは持ってるかどうかでクリュサオル編成の最短手数が出来るかどうかが決まってしまう。 といったイベント限定入手組にも重要度の高い武器は存在。 チケットを温存して、困った時に今すぐ必要なものを取る。 というのもアリアリのアリ。 お前なら初心者時代すぐ終わるからもっと背伸びしろとか言われる事もあると思う、個人指導大事。 メイン装備が出来て、奥義効果強くてスキルも便利、という基準で選定、コロゥ剣は他に光EX武器が入手出来そうという事でギリギリ除外。 レガリアシリーズ(マグナ2武器) 現状人気が高く、本数を必要としているのはこの4本。 装備によっては3本(中には5本)必要なグリム琴、ゴブロ斧など数が必要なマグナ2武器もあったり、最終上限解放素材にはマグナ2のマグナアニマという時間とエレメント泥棒が存在する。 ただのEX武器として使うなら代用枠も多い。 ブレイブグラウンドに比べるとかなり定期的に開催されている印象もある。 (オールド)オベロン、コルタナ、ナラクーバラも最終上限解放次第では復権or面白い用途が出てくるかも。 ただし今年に入ってからのアプデで大幅に入手難易度は緩和されている。 オールド武器もその気になれば交換だけで2ヶ月に1本ペースで作成が可能。 流石にチケット切るのはもったいないと思う。 評価は属性毎に当たり外れのムラが大きい。 第一と第二で評価が全然違う属性も。 最注目アイテムの天秤は長々書いたので上述を参照。 第2世代武器はドロップ以外の入手方法が存在しないこと、そしてドロップが青箱、赤箱に限定されているという事で一定の戦力がないと掘る事すらできない。 その他の武器としてはカー・オン杖が水古戦場で便利に使える可能性が存在。 取るものねーって言う人はこれ結構ありかもしれない。 また、ウニウス(風)、不毀の篭手(光)など限定で4本以上大量に染める編成が存在。 ハードルの高さ故に目指している人も少ないですが、1本貰えるのはとても嬉しい。 風のヴィントホーゼなどは肉集めに非常に重大な影響がある武器ですが、それでも古戦場前に復刻はされませんでした。 という事で、この先の復刻ペースについては本当に予想が付かない。 撃滅戦の二属性同時開催が落ち着いたら途端にブレイブグラウンド開催が来る可能性もある。 交換するなら本当にイベントでどうしても必要って差し迫った時にはしたいところはある。 ティアマト・マリス武器(その他表記) 今回チケットでは「その他」カテゴリーになっていますが、対象は「ティアマト・マリスHL」でドロップする武器二種となります。 なんといっても注目されているのは「マジェスタス」の方。 ハツオイイルハルはゼピュロスマンがゼピュロスマニアに進化してから初めて手をだすくらいの武器なので今回は完全にドン無視しました。 ごめんね。 現状では入手労力的に一番高いのは間違い無いと思う。

次の