あおり 運転 女 ガラケー。 あおり運転暴行事件を巡りデマを流された女性 豊田市議との和解を拒否

「ガラケーの女」デマ、法的措置へ 被害女性が会見:朝日新聞デジタル

あおり 運転 女 ガラケー

そもそも広がっていた情報は、宮崎容疑者が茨城県の常磐道であおり運転をしていた際に同乗していた喜本容疑者が被害女性であると「特定」したデマだった。 根拠は「顔が似ている」ことや、宮崎容疑者が被害女性のInstagramをフォローしていたことだが、そもそも被害女性は両容疑者とは知り合いではなく、事実無根だ。 代理人弁護士によると、デマが広がったのは、宮崎容疑者が指名手配をされて氏名と写真が公開された8月16日の翌日のこと。 同乗していた喜本容疑者(当初は指名手配されておらず、名前も公開されていなかった)に関する憶測が広がるなかで、午後2時前、Twitterで被害女性のことを喜本容疑者であると名指しする投稿がされたことが発端とみられるという。 その1時間後にはネット掲示板「5ちゃんねる」に被害女性のInstagramのリンクを貼った記事が投稿され、コメント欄には大量の誹謗中傷が寄せられた。 さらに被害女性のプロフィールや顔写真などがネット上に大量に広がり、経営する会社も晒された。 会社への電話は1日で200件を超えたという。 デマの拡散は、被害女性への誹謗中傷は、自身が経営する会社のホームページで声明文を発表するまで続いたという。 拡散した「トレンドブログ」とは そうした情報の拡散の起点となったのが「トレンドブログ」だ。 そもそもトレンドブログとは、検索エンジン対策(SEO)に長けており、ユーザーが検索しそうなキーワードを先回りして記事化し、検索からユーザーを流入させてページビューを得ることで、広告収入を稼いでいるとみられるブログ群だ。 「犯人は?顔写真は?」などと、読み手の興味をそそるようなタイトルのものが多いが、その内容はほかのサイトの記事の引き写しや、単なる憶測に留まっていることがほとんどだ。 社会の注目が集まる事件・事故が発生するたびに、容疑者のプロフィールや顔写真を紹介するといった触れ込みのトレンドブログの記事が、大量に作り出されている。 そのため、誤った情報を拡散する起点になることも少なくない。 実際、川崎・登戸の殺傷事件では「犯人は在日」というデマを拡散。 京アニ火災では同様の情報のほか、「NHKのディレクターと犯人が知り合い」という噂をディレクターの顔写真や個人情報とともに掲載したサイトもあり、のちにNHKが公式に否定する自体にまで発展した。 「本人とみて間違いなさそう」.

次の

「ガラケー女」デマ拡散、提訴した女性側が和解拒否:朝日新聞デジタル

あおり 運転 女 ガラケー

市議は原田隆司氏(57)。 女性の提訴後、原田氏は29日に自らのフェイスブック上で女性に謝罪する動画を投稿。 30日には豊田市役所で会見を開き、提訴されたことで批判や無言電話を相次いで受けたとし、「(女性の気持ちを)身に染みて感じた」などと陳謝した。 だが、女性は「過失があって非難が殺到するのと、いわれもない中傷をされた私とは全く質が違う」と憤っているという。 原田氏は会見で、女性が提訴するまでの間に「(代理人弁護士に)繰り返し電話したがつながらなかった」などとしたが、弁護士は「そうした事実はない」と反論。 女性は不信感を強めているといい、「気持ちが高ぶってしまう」としてこの日の会見には出席しなかった。 弁護士によると、これまでにツイッターの投稿者などと7件の和解が成立している。 今後も発信者が特定できれば、提訴する方針。 訴状などによると、原田氏は自らのフェイスブックに、事件とは無関係の会社経営の女性を加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 女性は名誉を毀損(きそん)されたとして、慰謝料100万円を求めている。 (新屋絵理).

次の

喜本奈津子(ガラケー女)の現在!出身と実家や経歴・卒アル画像・逮捕その後まとめ

あおり 運転 女 ガラケー

煽り運転ガラケー女の特定情報! 今回のガラケー女性の特定情報のきっかけは、Twitter上で宮崎文夫容疑者の指名手配の画像と並び、「ガラケー女」とされる女性が特定したとして、名前や顔が映った画像が流れたことでした。 その後その女性のTwitterやInstagramなどから会社名が追跡、あっと言う間に女性のアカウントが炎上となったのです。 流れとしてはレコーダーに撮影された時の画像と、特定されたの画像が似ていると勝手に同乗者であると思われた結果でした。 宮崎文夫容疑者とガラケー女。 顔写ってたんやな。 スポンサーリンク 特定されたガラケー女はデマ?SNSの声は? 今回のガラケー女特定される情報は、不鮮明な画像から判断し顔立ち・服装などが似ていただけ判断であり、情報の出所もはっきりされていません。 つまり確実な根拠はどこにもないということです。 煽り運転の同乗ガラケー女の実名出回ってますが、間違いっぽいよなぁ。 元SE、インスタする、などの人が何故ガラケーなのかがふちに落ちない。 名誉棄損で捕まる。 確かに今の時代高齢者ではないのにガラケーを持っているのは非常に珍しいことで、特定したくなるのもわかりますが、もし間違いだったらことがことだけに名誉毀損で訴えられますね。 ここで感じたのはやはりネットの力は怖い!一度拡散されたなら、それを見てしまった人の中には真実でなくても信じる人もいるので、安易な投稿は出来ないですよね。 スポンサーリンク 本人知人も否定でデマ濃厚! 「ガラケー女と」して特定された本人はインスタのStoriesで、 たくさんの人から電話とメールが来てます。 起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください。 全く身に覚えがないので困ってます。 と投稿、特定情報を否定されていました。 またFacebookのアカウントには、知人や友人らから心配のコメントがあったそうです。 すでに警察には相談を持ちかけているとのことでした。 現在までの状況としては批判のみならず嫌がらせの書き込みも殺到!アカウントの方は非公開されているようです。 たしか宮崎文夫容疑者がニュースで名前が公開されるまでは、ネットで全く別人の名前が犯人として上がってましたよね。 ネット社会と言われてますが、情報の全てが真実とは限らないということです。 スポンサーリンク まとめ 今回は「煽り運転ガラケー女の特定情報はガセ?本人知人も否定でデマ濃厚!」について書いて来ました。 何となく似てたで犯人扱いされたらたまんないですよね。 これだけの騒ぎになった事件の共犯として個人情報が流れてしまったら、もう人間不信になりそうです。 前文でも書きましたがネットは怖くて、間違った情報でも拡散するのは時間が入りません。 情報を提供する側も受けて側も正しい情報か?間違った情報か?を冷静に判断することを忘れないようにしましょう。

次の