クラビット 扁桃炎。 クラビットは扁桃炎はもちろん他の病気にも有効的です

性病Q&A

クラビット 扁桃炎

単なる扁桃腺炎ならば、通常は3日程度で抗菌薬の効果が出ます。 現在、扁桃炎の症状が消えているならば、抗菌薬の効果は出ているので、飲み切らなくても大丈夫だと思います。 耐性菌の場合は、一週間程度の服薬で生じるものでは無いので、最初から効果が出ないはずです。 耐性菌は、抗菌薬の効果が出ない菌ですから、薬を飲まないから耐性菌になるわけでは無いです。 同じ種類の抗菌薬を飲み続けると、抗菌薬の効果の無い菌が増殖する場合があるので、その場合は別の種類の抗菌薬に変える必要があると言う事です。 クラビットは、それほど副作用はありませんが、最初から副作用があったのなら、別の抗菌薬に変えるべきでしたね。 次からは、クラビットは処方しないように御願いしてください。 Q 喉の強い炎症とそれによる微熱があり、病院から出されたクラビット錠500mg(3日分)を飲んでおり 只今2日目です。 用法は朝食後1錠です。 今日は12時頃飲みましたがまだ効果が表れず、いつものように悪化してきました。 (夕方から悪くなり、夜中0時頃がピーク) この薬は強力な方らしいですが、2日目の今もこのような状態ということは効いていないのでしょうか? 私にこの病気を移した人はこれを同じ様に飲んで2日目から治ってきたと言います。 私は扁桃腺が大きく、喉の炎症が起き易い体質で免疫力も低めです。 以前もこの症状で耳鼻咽喉科を受診し、ロキソニンなどクラビット500mgより弱い薬を処方され、 その時は治りました。 0時頃喉がかなり熱をもって、眠れなくなる程になるのでまた今夜も・・と思うと辛いです。 昨夜は保冷剤を当てていました。 A ベストアンサー 扁桃腺持ちです。 40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。 しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。 気にすることはないです。 薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。 そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。 実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいましたが、いきなり連れて行かず、事前に電話で確認するのはそういう意味でもとても正しい判断だと思います。 内科と耳鼻科、両方行って良いと思いますよ。 耳鼻科は直に患部に薬を塗布してくれるので良く効きますが(これは内科では設備が無い)、点滴設備がないこともあるので、体力の落ちた状態なら、点滴も必要だと思うので。 先に内科に行くなら、そこで出た薬を持って耳鼻咽喉科で説明すると、作用がかち合わない薬を出してくれます。 蛇足ですが、ちょっとのどが痛いな?と思った時にプロポリスキャンディーを舐めておくといいですよ。 味は悪いですが、なめ終わった後に効いてきます。 あとは、怪しい時には即、耳鼻咽喉科で!扁桃腺持ちには、内科より耳鼻咽喉科の方が向いてます。 扁桃腺持ちです。 40度超えなら夜間救急に電話するお気持ちはわかります。 しかも日曜からと長時間なら心配も当然です。 気にすることはないです。 薬剤部でですが、夜間救急の当番経験をしたことがあります。 そんなことで?なんて面倒がる医師はいませんでした。 実際に来ても、できることは熱さましをだすぐらいだよ、という医師はいまし... Q お正月早々熱が39度出てしまい翌日急患をみてくれる総合病院(といっても小規模)に行ったのですがそこではどうみてもアルバイトであろう先生が診察をしてロキプロナ-ルとトラサミンカプセルとフロモックスと座薬を3回分出してくれました。 翌日には通常診察があるので翌日にまたくるようにいわれました。 この時期だけにインフルエンザも心配でしたので座薬は使わなかったのですが、3回目の薬を飲んだ20分後くらいに息が苦しくなってどうしようもなくまたその病院にいきましたが、血液中の酸素の量が98%あるし心配ないということで気管支拡張の吸入をして落ち着き帰ってきました。 翌朝、診察に行くと副院長の診察で、息苦しくなったのは婦人にみられるヒステリー症状でしょう。 といわれレントゲンや血液、尿の検査をし、抗生物質の点滴を受けました。 年のため薬をクラリスとセレスタミンとトラサミンに変えてくれました。 検査の結果は特に問題なく、明日、あさってにも点滴にくるようにいわれました。 半年前に扁桃腺炎で同じ病院でかかった時は違う先生で点滴は一度きりですっきり治ったのに3回も??とも思ったのですが飲み薬が変わったせいかとも思い熱も痛みもなかったものの今日2回めの点滴を受けて来ました。 診察はなく点滴だけをしました。 20分位後になんだか唇がしびれた感じがしてそのうち手もしびれるようになってしまいました。 我慢できないしびれではないのですが、なんだかしびれているといった感じです。 それは10時間たった今もまだ続いています。 明日は診察と点滴といわれているのですが点滴は断った方がいいのでしょうか?前回の先生は耳鼻科が専門だからといって点滴の後は耳鼻科に通ったのですが、前回のカルテを見て「点滴してよくなると来ないんだね。 」といやみをいわれ3回分の予約をいれられたようで・・・。 本当に点滴って3回も必要なのでしょうか? お正月早々熱が39度出てしまい翌日急患をみてくれる総合病院(といっても小規模)に行ったのですがそこではどうみてもアルバイトであろう先生が診察をしてロキプロナ-ルとトラサミンカプセルとフロモックスと座薬を3回分出してくれました。 翌日には通常診察があるので翌日にまたくるようにいわれました。 この時期だけにインフルエンザも心配でしたので座薬は使わなかったのですが、3回目の薬を飲んだ20分後くらいに息が苦しくなってどうしようもなくまたその病院にいきましたが、血液中の酸素の量が98%あるし心配... A ベストアンサー 細菌性の扁桃炎の場合、細菌を殺すための薬として、抗生剤が必要になります。 扁桃炎を起こす細菌も何種類かありますし、それぞれ効果的な抗生剤は違いますので、本当は「咽頭培養」といって細菌の種類を調べる検査をし、原因となっている細菌に最も有効な抗生剤を使うのが理想的ですが、培養の結果がでるのに3~4日間はかかりますから、それまでの当座の治療として、いろいろな細菌に効果的な抗生剤を使い始めることになります。 また、普通の外来診療では、培養をするのは「面倒」ですから、とりあえずその医者の使い慣れた「抗生剤」を使って治療を始めます。 そして、効果がなければ、別の抗生剤を使うことになります。 /抗生剤は点滴(静注)で使うのが一番、大量に使えますし、効果が強いので、入院して治療しなければならないときには、第一選択となります。 その時には、1日2~4回、続けて治療し、数日は続けるのが普通です。 外来で1日1回程度の点滴は、いってみればその代用のようなもので、本当の治療効果の何分の一の効果しかありません。 普通、外来で抗生剤を使う場合は、内服治療が原則で、その効果は点滴のやはり数分の一です。 /内服治療では効果がないし、しかし入院するまでもない、と言ったときに、外来で点滴治療をするのでしょうけれど、ちょっと中途半端な治療だということを理解して下さい。 ですから、3回が普通か、とか、1回でよいのか、といった正解はありません。 内服治療で十分治るようになるまでの、補助的な治療だと考えましょう。 /症状がかなりよくなるか、例えば血液検査の値が改善するのが目安でしょう。 細菌性の扁桃炎の場合、細菌を殺すための薬として、抗生剤が必要になります。 扁桃炎を起こす細菌も何種類かありますし、それぞれ効果的な抗生剤は違いますので、本当は「咽頭培養」といって細菌の種類を調べる検査をし、原因となっている細菌に最も有効な抗生剤を使うのが理想的ですが、培養の結果がでるのに3~4日間はかかりますから、それまでの当座の治療として、いろいろな細菌に効果的な抗生剤を使い始めることになります。 また、普通の外来診療では、培養をするのは「面倒」ですから、とりあえずその医者... Q はじめまして。 先週から喉の痛みを感じ、木曜日には 水を飲むのもつらくなってきたため 病院に行きました。 お医者さんには扁桃腺が化膿して扁桃腺同士が くっつきかかっていると言われ点滴をしてもらい 抗生物質と消炎酵素剤、総合感冒薬、去たん剤、 高熱が出た時用に頓服薬を頂きました。 どうしても金土の仕事が休めなかったため 薬を飲んでがんばっていて 若干良くなる兆しを感じていたのですが 今朝起きると扁桃腺の腫れがひどくなっており 熱も38度出ていて、声もほぼ出ません。 薬は毎回飲んでおりますが それ以外に早く治癒するために 何かよい方法はございませんでしょうか? 仕事が忙しいため明日からも 休めない状況です・・・・。 よきアドバイスよろしくお願い致します。 A ベストアンサー 薬剤師です。 効かなかったという薬の名前を覚えておく事は大事ではあるので、そちらだけお答えします。 セフゾンだと思います。 私も扁桃腺持ちですが、内科で内服だけもらうより、耳鼻咽喉科で、処置してもらった方が早く治ります。 抗生物質もくれますけれど。 それと、抗生物質は値段が高いです。 受診すれば、たしかに診察料などはかかりますが、3割負担ですよね。 受診しないで手に入る方法があったとしても、それは薬価より高く設定されています。 売る方のもうけを含めてですし、欲しい人の足下を見ています。 だから結局高くついてしまうと思います。 馬鹿馬鹿しいですよ。 自分で手に入れれば、診察料とかが無い金額だから安いはず~~~というのは甘すぎる皮算用です。 試しに私が扁桃腺の時に飲む薬を検索したら、4500円でした。 受診して、薬もらっても、保険使えばせいぜい2000円程度なのに。 pupu. html 薬によってどの程度の量が危険なのか、また人によっても異なってきます。 ただ、2回分をまとめて飲んだくらいであれば危険な状態になることはあまりないと言えるようです。 大量の薬を飲んだ場合や気分が悪くなった、薬疹といわれる薬物アレルギーで皮膚に発疹や赤い斑点などの中毒症状が出た場合には処置が必要になってきますので、早急に医師診断を受けるようにしましょう。 身近な人が大量の薬を飲んでしまった場合には、最初に意識があるか確かめ、眠っているようであればそっと起こして目が覚めるようであれば慌てる必要はありませんので、その状態を落ち着いて観察し医師に連絡しましょう。 しかし、軽く体を揺すったり叩いたりしても目を覚まさないのであれば緊急事態になるので、早急に医師に連絡し指示を求めたり救急車を呼びましょう。 呼吸に異常があり救急車を呼ぶ必要がある場合 ・寝ているように見えるがいびきが異常に大きい ・ときどき呼吸の間隔が長くなる ・呼吸が止まりかけてもまた始まる その他に、睡眠薬を多量に飲んだ場合にも救急車を呼ぶ必要があります。 薬を大量に飲むと吐かせることが大切と思いますが、クスリによって吐かせるかどうかは違ってきますので応急処置については医師に連絡したときの指示に従うようにします。 また、意識がない時やけいれんを起こしている場合には、薬がのどに詰まる危険性があるので吐かせることはしないようにします。 pupu. html 薬によってどの程度の量が危険なのか、また人によっても異なってきます。 ただ、2回分をまとめて飲んだくらいであれば危険な状態になることはあまりないと言えるようです。 大量の薬を飲んだ場合や気分が悪くなった、薬疹といわれる薬物アレルギーで皮膚に発疹や赤い斑点などの中毒症状が出た場合には処置が必要になってきますので、早急に医師診断を受けるようにしましょう。 身近な人が大量の薬を飲んでしまった場合には、最初に意識があるか確かめ、眠っているよ... Q 1ヶ月前に家族内で風邪が流行っていた時に、自分も喉が痛くなり、扁桃腺が腫れてきたので、風邪と思い、内科に行きました。 扁桃炎と言われ、抗生物質を5日分もらい、飲み始めて腫れは引きました。 しかし、2,3日すると、また腫れ始め、もう1度病院に行き、ちょっと違う抗生物質を処方されて、1週間飲みましたが、腫れは引かず、さらにもう1度病院に行き、違う抗生物質をもらい1週間飲みましたが、治りませんでした。 最初は風邪だと思っていたので、内科に行きましたが、専門の先生に診てもらおうと、耳鼻咽喉科に行きました。 『まだばい菌がいるみたいだね』とだけ言われ、結局まだ腫れは引きません。 こんなに長引くことってあるんですか?扁桃腺の裏側(見えない位置)にばい菌がいて、うがい薬などもは入らないから、治りにくいと言われました。 でも1ヶ月ちょっと閉塞感や異物感があり、痛みはありませんが、なんとも言えない状態です。 うがいは1日3、4回。 薬も指定どおり飲んでいます。 A ベストアンサー 血液検査は受けられましたか。 ご質問のように、扁桃炎が長引く場合、そこが病巣となって、腎炎などの病気を引き起こすことがあり、 決して侮れません。 この様な場合は、血液中のある種の抗体が増えていないかどうかを調べる必要があります。 その結果次第では、扁桃の炎症を起こしている箇所をレーザーで治療したり、場合によっては扁桃の手術を行ったほうがよい場合もあります。 もう一度、信頼のおける、特に手術が必要となった場合、大きな病院を紹介してもらえるような耳鼻咽喉科の診察を受けられ、とくに前記の抗体の検査はぜひともしていただくことをおすすめします。 その結果、将来、腎炎などを引き起こす可能性が高いとか、頻繁に炎症を繰り返し、日常生活に支障をきたすような場合(たとえば、仕事や学校をたびたび休まねばならなくなる)、扁桃の手術も検討される場合があります。 私も扁桃の炎症をよく起こした時期がありました。 38度程度の発熱が1週間程度続いたこともありましたが、幸い私の場合は、先の抗体検査は異常がなく 今ではあまり炎症を起こさなくなりました。 biglobe. html 血液検査は受けられましたか。 ご質問のように、扁桃炎が長引く場合、そこが病巣となって、腎炎などの病気を引き起こすことがあり、 決して侮れません。 この様な場合は、血液中のある種の抗体が増えていないかどうかを調べる必要があります。 その結果次第では、扁桃の炎症を起こしている箇所をレーザーで治療したり、場合によっては扁桃の手術を行ったほうがよい場合もあります。 もう一度、信頼のおける、特に手術が必要となった場合、大きな病院を紹介してもらえるような耳鼻咽喉科の診察を受... A ベストアンサー その手術をされた方が扁桃腺を摘出するまでの経緯はわかりませんが取らないほうが今後大変なことになるのは間違いないでしょう。 扁桃腺炎・扁桃周囲膿瘍というものは繰り返すうちに体内に抗体が作られそれらの影響で腎炎・糖尿病などになる確率が上がります。 また慢性化を起こせば常に微熱・のどの腫れがあり生活に支障をきたすでしょう。 「手術をしても熱が出なくなる保証はない」というのは、扁桃腺が原因の熱はなくなるが、他の病気では熱が出ることがあるから100%保証できないということです。 1年に4回の発熱のある状態であれば扁桃腺からの悪影響を考えると確実に適応内です。 それに伴う合併症がなくなる。 私にはなぜ手術を皆さん反対されたのかがわかりません。 ここまで詳しくはせつめいされませんでしたか? Q 耳鼻科にて副鼻腔炎の治療の為、抗生物質を処方されています。 1ヶ月ほどバナンを量を増やしたりして飲んでいましたが一向に良くならず(耐性ができた?)今日、「強い薬にかえましょう」とクラビット錠100mg 分3)が処方されました(一緒に胃薬としてセルベックスも出ています) この、クラビット錠を昼食後に服用したところ1時間後に腹痛と下痢に見舞われました。 調べたところ副作用に『下痢』とありましたが、通常副作用は、服用後どのくらい経ってから起こるものなのでしょうか? 今日は耳鼻科はもう終ってしまっているので問い合わせるわけにもいかず、続けて飲んでも良いものかどうか、思案しています。 ちなみに、便が出切ってしまったらもう、腹痛もありませんし、気分も悪くはありません。 熱もありません。 もしかして、下痢は他の原因だったのでしょうか? A ベストアンサー こんばんは。 さて、回答させていただきますが、クラビットっすね。 確かに服用後1~3時間ぐらいで血液中の濃度が最大になります。 そして病気の原因菌を殺していくのですが、腸内細菌も殺していきますです。 よって、そのような時間帯でも下痢になる可能性というのはありますよ。 ただ、薬のせいだけとはかぎりません。 例えば『昼食』。 どのような内容でしたか?確かに腸内細菌を殺していきますけど、いくら効いても完全に死滅させることはないっす。 そのように腸内細菌が減っているときには、摂取する食事も若干考えたほうがいいかもしれません。 あとは、普段からおなかの調子が悪くなりやすかったりしませんか?そういうことも理由として十分考えられます。 しかし、ご注意いただきたいのは、下痢でもかなりひどい症状や、血が混じるような症状、その他の気になる症状がある場合は、先程お話した細菌によるもの以外の原因が考えられますのでかかりつけの医師にご相談下さい。 最後に薬の副作用ですが、薬によって様々であり、さらに発現までの時間も全然違います。 だからあまり深く考えすぎずにもし不安であれば、必ず医師もしくは薬剤師にお尋ね下さい。 中には嫌な顔をする医療従事者もいますが、それは間違いだと思いますよ。 さて、回答させていただきますが、クラビットっすね。 確かに服用後1~3時間ぐらいで血液中の濃度が最大になります。 そして病気の原因菌を殺していくのですが、腸内細菌も殺していきますです。 よって、そのような時間帯でも下痢になる可能性というのはありますよ。 ただ、薬のせいだけとはかぎりません。 例えば『昼食』。 どのような内容でしたか?確かに腸内細菌を殺していきますけど、いくら効いても完全に死滅させることはないっす。 そのように腸内細菌が減っているとき...

次の

クラビットは扁桃炎はもちろん他の病気にも有効的です

クラビット 扁桃炎

クラビット(レボフロキサシン)はいろいろな細菌を殺菌する治療薬です。 細菌が原因になっているさまざまな病気に利用することができ、扁桃炎や性病などにも使用することができます。 感染症は病原微生物が人体に侵入し、いろいろな悪さを行う病気です。 例えば腫れや発赤・痛みなどを生じることがあり、人に苦痛や不快な症状をもたらすことが多いです。 この病原微生物には細菌やウイルス・カビなどが含まれていて、治療薬が有効なのは主に細菌による感染症になります。 グラム陽性菌や陰性菌、性病の原因でもあるクラミジアにも有効的で、病原菌が死滅すると腫れや痛みなどが改善し解熱することが可能です。 尿路感染症や呼吸器感染症、皮膚感染症や扁桃炎などに広く用いられています。 インフルエンザなどの一般的なウイルス風邪には無効ですが、細菌からの二次感染時や予防のためによく服用することがあります。 クラビットは細菌の遺伝情報物質DNAの複製を予防することができ、殺菌的に作用することが可能です。 特徴としてレボフロキサシンなどのニューキノロン抗菌薬で、以前の抗菌薬と比較すると抗菌力が強くさまざまな細菌に利用することができます。 飲み薬では治療が難しかった感染症にも効果を発揮することができ、副作用が少なくペニシリンやセフェム系の抗生物質などにアレルギーを持っている人でも使用することが可能です。 ニューキノロンの中で特に抗菌活性が強いことがあげられ、呼吸器感染症治療に適しています。 抗菌スペクトルが非常に広く呼吸器感染症の原因菌である肺炎球菌など、ペニシリン系の抗生物質が効きにくいような肺炎に対して有効性を示しています。 尚、服用方法としててんかんなどの病気がある人は注意が必要です。 妊娠中の人や小さい子供は基本的に用いません。 クラビットの服用方法にはいくつか注意することがあるので、事前に医師と相談しもし現在服用している他の医薬品があるなら併用してよいかどうか確認することをおすすめします。 飲み合わせに注意しましょう クラビットの服用方法として、飲み合わせや食べ合わせに注意が必要です。 フルルビプロフェンやフェンブフェンなどの鎮痛薬と併用すると、けいれんなどを起こしやすくなるので注意しましょう。 アルミニウムやマグネシウムを多く含む胃腸薬と同時に飲むと、薬の効果がダウンすることがあります。 飲み合わせに注意することは鎮痛薬(NSAID)や胃腸薬、鉄剤やワルファリンなどがあげられますので、医師と相談しながら服用することをおすすめします。 扁桃炎や性病などの症状によっては飲み方がやや違いますが、基本的に1錠を1日2~3回服用します。 医師が指示した期間をきちんと続け、症状によっては長めになるかもしれません。 としては、ブドウ球菌属やレンサ球菌属、肺炎球菌や淋菌、炭疽菌や大腸菌などに効果を発揮することができ、錠剤として250mgや500mgがあります。 疾患や症状などに応じて適宜増減することが可能です。 副作用は少なく安心・安全に飲むことができますが、発疹が出たり胃が痛むことがあるかもしれません。 下痢が続く場合は早めに病院に受診することをおすすめします。 クラビットは扁桃炎などによく利用されている人気のある医薬品ですが、インターネット通販を使って個人輸入サイトから購入すると便利です。 ネット通販を利用すると世界中の医薬品を購入することができ、個人輸入業者が代行して購入してくれます。 海外製のジェネリック医薬品などを購入することができ、リーズナブルな料金で注文することが可能です。 医師から処方された医薬品で安全性などを確かめ、次回からネット通販を利用している人が多く常備薬として購入している人がいます。

次の

クラビット500mg(レボフロキサシン)が効かない病気は?副作用はあるの?

クラビット 扁桃炎

【ジェネクリ公式】クラビット・ジェネリックとは? クラビット・ジェネリック 日本での薬名は、クラビットとなる成分レボフロキサシン水和物は、様々な感染症に用いられる医薬品です。 ジェネリック名のレボクインは、同一成分の後発薬で製薬大手のシプラが製造販売しています。 クラミジアなどの性感染症をはじめ、グラム陽性菌・陰性菌、レジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも有効とされています。 従来まではニューキノロン系のタリビットという抗菌薬が主流になっていましたが、クラビットは難治性の感染症にも効果があり、抗菌力が強いことから国内で最も使用される抗菌薬の1つとなりました。 副作用も少ないと言われており、セフェム系やペニシリン系の抗生物質にアレルギーがあり服用できなかった人でも服用が可能となります。 様々な感染症(呼吸器・皮膚・尿路)に作用し、耳鼻科領域の感染症に対しても用いられることがあります。 【ジェネクリ公式】クラビット・ジェネリックのクラビットの効果(適応菌種類・適応症) クラビットの効果は細菌によって感染が起こり、発赤や腫れ、時に化膿や痛み、発熱などの苦痛を伴う症状の原因となっている細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるため身体に現われている症状を治癒してくれます。 感染率が国内でもトップクラスのクラミジア性感染症に適応があるので処方機会も多くなっています。 また、アクネ菌に対しても殺菌・抗菌の効果があるため、ニキビ治療に対しても効果を発揮します。 また適応する症状として、下記の適応があり広く多くの科で用いられる機会が多い抗生物質です。 重度の症状と思われる場合は、1日1回750mgを3日服用して下さい。 症状によって用量・日数が異なりますので、掛かりつけの医師にご相談下さい。 【ジェネクリ公式】クラビット・ジェネリックの副作用 クラビットの副作用は少ないと言われ、軽い症状として下痢または吐き気などの症状や発疹などが現われることがあります。 これら症状が長く続いてしまう時には、医師に相談を行って下さい。 【ジェネクリ公式】クラビット・ジェネリックの注意点 クラビットの服用が出来ない人は、病気やアレルギーによっては服用出来ないことがあるので医師に相談して下さい。 また通常は妊娠中の方や身体の小さな子供には使用は使用しません。

次の