ドラゴンクエストユアストーリーネタバレ。 ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのあらすじやネタバレに関して徹底解説!

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は衝撃の展開!?伏線とメッセージ性をネタバレ考察【ドラクエ5が3DCGで映画化】

ドラゴンクエストユアストーリーネタバレ

8月2日に公開された映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が激しい論争を巻き起こしている。 今作は国民的ゲーム作品である『ドラゴンクエスト』シリーズの中でも人気の高い『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(以下『ドラクエV』)を基にしたCGアニメ映画だ。 多くのドラクエファンを中心に注目を集めている作品であるものの、大手レビューサイトやTwitter上では賛否がはっきりと分かれており「単純につまらない」などという不満よりも「ゲームを楽しんだ思い出を馬鹿にされたように感じる」といった、激しい怒りのこもった意見も散見している。 なぜそれほど激しい賛否を巻き起こしたのか、物語の構成や展開に注目していきたい。 本作は、『ドラクエV』の物語を再構成しているが、ゲーム作品を映画化する上で特に問題となりやすいのが物語の取捨選択だ。 特に本作のようなRPGの場合は様々な町やダンジョンを冒険していき、個性的なキャラクター達との出会いや別れを繰り返して物語が進んでいくが、その全てを時間が限られた映画で製作することは不可能だ。 さらに『ドラクエ』シリーズの場合は主人公が一切セリフを発しない作品もあり、主人公のキャラクター設定から作り始める必要がある。 特に『ドラクエV』は親子三世代にわたる絆を描いた物語であり、ヒロインのビアンカとフローラのどちらかを選ぶ結婚問題などのファンの印象に強く残るイベントも多いために取捨選択が難しい。 そのためにイベントの間をつなぐシーンはダイジェストのように進行してしまい、1つ1つの描写が荒くなってしまう。 また、キャラクター達を深く描写する時間が限られているために、重要な人物にも関わらず出番が少ないなど魅力が発揮しづらく、今作においても主人公の娘は存在そのものがなくなってしまった。 映画化に際して仕方のない面もあるのだが、『ドラクエV』を愛してきたファンにとっては雑な物語と感じてしまうことになりかねない。

次の

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ネタバレあり感想解説と評価 まさかのあらすじ・結末は山崎貴監督の強き想いが

ドラゴンクエストユアストーリーネタバレ

釈然としない... それがこの「 ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見た 素直な感想でした なぜ私がこんな感想を持ったのか、順を追って解説していきましょう まず前提として、私はドラゴンクエスト5の主題は 『あなた自身の成長譚』 だと思っています(これは以前の記事でも近いことを書きましたね) 自分で色々な選択をすることで、目標や憧れに近づいていく その中で別れや出会いを経験し、世界の不条理さをも知ってい く しかし、世界の不条理さを知りながらも 人のやさしさを知り、世界や人のすばらしさを再認識する そんな 『自分の思い出』 として一生記憶に残る 私自身の物語です だからこそ私は、この映画にその感動や、それへの称賛が込められているべきだと思いました 逆に言えば、それさえ主軸においていれば、多少物語の改編やカットがあっても仕方ないと思っています... さて、ここまでが映画を見る前の思いや感想です そのうえで、なぜこの映画を観た感想が 『釈然としない』になってしまったのかを解説していきましょう まずこの映画の批評をするにあたって、良かった点を述べていきましょう 箇条書きにすると ・映像が美しく、戦闘などは素直にかっこよかった ・SEやBGMを効果的に使っていた ・物語的に面白くなる改変や掘り下げがいくつかあった ・尺の都合によるカットや改変も上手くまとめられていた... しかし 世間でめちゃくちゃに叩かれている映画でしたが、実は 良かった点はすごく多いんですよね では上から順にざっと解説していきましょう まず映像についてですが、これに関しては 流石の一言です 美しいキャラクターや背景 あとはモンスターの質感もよかった(特にスライムの透明感が好き) そしてなにより戦闘! 疾走感や緊張感があるのはもちろんですが、 呪文の描写がめっちゃいい! 物語の中で『バギマを使って敵の羽を攻撃する』と言うシーンがあるのですが これによって敵の羽に傷が付き、バランスを失います そのスキに勝負を決める、と言った 『もし現実で呪文が使えたらこう使う!』 と言った妄想を一つの形として映像にしてくれています 続いて音楽関連について これもめちゃくちゃ頑張って使ってくれたな、って印象です ドラクエのBGMが素晴らしいのは皆さん周知の事実だと思いますが、それと映像とが組み合わさるとこんなにカッコいいんだ... とBGMの良さを再確認しました そして頑張っていたな~と特に思ったのがSE(効果音)です ドラクエを象徴する音楽は、何も長いBGMだけではありません 『何かを発見した時』 『アイテムをゲットした時』 『仲間が加入した時』 などなど... 個性豊かなSEが世界を彩っています そんなSEが違和感なく映画に盛り込まれており、思わず頬がほころんでしまいます そして改変 これは賛否両論あると思いますが、私は頑張って改変していると思いました 最後の決戦で 『ヘンリー王子が駆け付けてくる』など思わず胸が熱くなりましたし 何より 『フローラが主人公に本当の気持ちを察し、裏で暗躍する』と言った改変は、キャラの魅力をより深く掘り下げる改変と言えるのではないでしょうか (フローラ可愛かったな... ) ただ、原作をやらないとわからない改変もあるのでそこは注意が必要です そして最後、尺の都合によるカットなどをかなり頑張っていた点です 先ほど述べた改変にも通じるのですが、どうしても尺の都合上カットや改変を多く行わなければいけません しかし、このカットや改変をうまく合わせることで 『物語として は違和感なく見進めることができるようにまとめている』 という点は確かな努力を感じました... 流石に露骨過ぎましたかね? そうなんですよ、ここまで聞くと素晴らしい映画にも思える 「 ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 そんな映画が酷評される理由のヒントがこの 『カットや改変』に潜んでいました 実は 『物語としては違和感なく話をまとめているカットや改変』 原作をプレイした後だと 「(あれ?ここカットするんだ... 「全てVRゲームの出来事で、それを主人公が体験してるだけでした!!!」 『は... ?』 ってなりますよね 私もそうなりました もっと詳しく、物語に沿って説明していきます (セリフ回しが実際言っていたものと異なる可能性がありますがご了承ください) 最終決戦を迎えた主人公一行ですが、何とかゲマを倒します しかしゲマは最後の力を振り絞り、マーサの死体から力を吸い取りミルドラースを呼び寄せよせるための門を開こうとします それを止めるべく、仲間たちの協力のもと、天空の剣を使い門を閉じることに成功します! やった!これでハッピーエンド!! と思ったのもつかの間 閉じたはずの門から明らかに 世界観にそぐわないポリゴンの塔の様なものが飛び出してきます(マイクラの黒曜石で作った塔みたいなやつ) そして、それと同時に 『主人公以外の世界の時間が止まります』 私はこの時点では 「ミルドラース登場の演出かな?でもそれだったら止まった時間の中で動けるのは勇者である息子なんじゃないの... ?」 とか思ってましたね そして、その予想通りミルドラースが現れます しかし、明らかに様子がおかしいです もう明らかに見た目が違います、ゲマもゲーム版とは見た目が変わっているのですが、向こうははっきり元がわかるようなデザインでした こっちは明らかに見た目がミルドラースのそれとは違います 今飛び出してきた塔と言い... 世界観にそぐわないデザインです そして、『ソレ』に向かって「お前はミルドラースか?」と尋ねる主人公 それに対し『ソレ』は 「そうです、しかし正しくはミルドラースのデータを借りたウイルスです」 と言い放ちました はぁああああ~~~~~????????? 意味が分からん ホント意味が分からん... 混乱してる私に向かってミルドラースは続けます 「この世界はゲームであったこと」 「主人公はそのプレイヤーであること」 「最初フローラに出会ったときの恋心も主人公が設定として付けたものであったこと」 そんなことを淡々と言いながら 天空の剣から始まり、この世界の あらゆるものを消していきます そして「なぜこんなことをするんだ!」と叫ぶ主人公に向かってミルドラースは 「私を作った人物がこのゲームが嫌いで仕方なかった」 「だからすべてを消している」 そして 「もう大人になれ... 書いてて辛くなってきた とりあえずこの先の展開をざっと書きますと その後「実はワクチンプログラムだったスライム」が助けに入り、このゲームへの気持ちを語りながらミルドラースを倒します そして主人公は 「間もなくこの物語は終わる、だけどこの世界は確かに存在した、そして僕は... 」 「勇者だったんだ」 と言って映画終了です 嘘だと思うでしょ? これ全部マジなんですよ そりゃ叩かれますよね... って思います しかも先ほど述べたように『原作やってるとより面白くなるポイントやわからないポイントがある』と言う点がさらに罪深い... そこに注目して映画に入り込んだ人ほどつらいですからね... ただね? 制作者のやりたかったことはすげえわかるんです 言ってることもそこまで間違っているわけじゃないし 伝えたかったこともすっごい良く伝わってくる 私も普段動画を制作している身なので、制作者側の気持ちになるとなんでこういうストーリーになったかが良く分かります でもそれを原作のある映画でやっちゃダメでしょ しかもさっき言った通りRPGでこんなこと 自分の伝えたい思いより作品が与えた体感や視聴者の気持ちを考えないとダメなわけです ハッキリ言って完全に最後の10分は『制作者のエゴ』ですよ まず、この映画の監督や脚本の方、原作をやってないらしいんですよ でも、原作へのリスペクトを感じる部分も確かにありました これは予想なんですけど、おそらく 「ゲーム制作陣から話を聞いて映画を作った」 のではないでしょうか この作り方、間違いではないんですが 正解でもないんです だって、この映画を見るのは我々 『ゲームプレイヤー』なんですよ だったら本当は 『ゲームをプレイして感じた感動』を映画に落とし込まないといけないわけじゃないですか? でも実際にゲームをプレイはしてない だから制作者に内容聞きかじって上辺をなぞる作り方になったんだと思います それで微妙な違和感があったんですね だってターゲットと言うか、 視点が視聴者を向いてないんだもん この向く方向の間違いが全体のズレを作り それが視聴者の釈然としない思いを生み 結果としてこの大不評につながったんだと思います 今回の教訓として 『誰のためにどんな物語を作りどんな思いをしてほしいか』 これがはっきりしていない作品は少なくとも原作アリではやってはいけない という事がハッキリわかりました なので総評としては 『最後の10分までは良い映画だった、そのあとは思い入れが深いほど見てて辛くなる。 そして見てもらいたい相手の気持ちを考えない作品は他がどんなに良くっても失敗するという教訓を与えてくれる映画』 って感じで今回の企画を締めさせていただきたいと思います 長いレビューや生放送でしたが最後までお付き合いいただいた方々は本当にありがとうございました。 【一連の記事まとめ】 前置き 前編その1 前編その2 後編 ここ (その他ブロマガでやってほしい企画やゲームがありましたらコメントでご意見ください) これはドラクエ5の映画ではないと思う。 この映画は子供の時にドラクエ 特にドラクエ5 をプレイしていた人の映画であり、視聴者ターゲットも同様にドラクエ 特にドラクエ5 をプレイしてた人達だと思う。 映画の宣伝からして間違っていたと思う。 ドラクエ5の映画として宣伝してるように見えるので最後が叩かれる。 プレイしていた人達に「懐かしいな~。 子供の時どハマりしてたな~。 」と思わす程度の見せ方にしとかないと勘違いされる。 この映画は懐かしいと思わせるにはかなり効果があったと思う。 映画を見る前にブログ主のようにプレイする者もいれば、私のように観終わった後でプレイしている者もいる。 影響力大である。 宣伝方法や内容があと少し違う形で世に出ていたらもしかしたら世間からも評価の高い映画になっていたかもしれないと思うと残念だ。

次の

ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ|ごろーの色々総合ブログ

ドラゴンクエストユアストーリーネタバレ

今回は、 2019年8月2日 金 より公開されている、国民的ゲーム・ドラゴンクエストVの3DCG映画 ドラゴンクエスト ユアストーリーのネタバレ有りの感想記事になります。 あの有名なドラゴンクエストのアニメ映画ということで、気になっている方は非常に多いと思います。 しかしあのとてつもなく長い作品を映画として落とし込むのはかなり難しく、その出来を不安に思っている方も多いんじゃないでしょうか? そんな ドラゴンクエスト ユアストーリーが、実はVRゲームであった、主人公はそのゲームのプレイヤー だからユアストーリー でしたという、とんでもない オチで、衝撃を覚えたので記事にしました笑 また、他にも視聴された方々の感想や評判をまとめた記事になります。 題して、『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 それでは、最後までご覧ください。 【こちらもおすすめ】 Contents• ユアストーリーのオチがひどいと話題に! ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがゲームだった… とにかく衝撃で、原作ファンとしてはと手も受け入れられなかったのがこのとんでもないオチでした ストーリーの壮大さから、如何にまとめるのだろう? カットは多いだろうけど、改悪はされていないのか? 芸能人ばかりの声優起用は演技にも不安がある… といった様々な不安点があったものの、 まさかVRゲームオチだっただなんて、誰が想像できたでしょうか? 戦闘シーンやBGMなど、途中まではとても良く、カットの多さもやむを得ないがなんとかうまくまとめようとしている… そんな制作陣の努力も、実はゲームの中での出来事でしたの一言で片付けられては今までの物語はなんだったのか? すべてが茶番にすら思えてしまうような、そんな悲しい悲しいオチでした。 迷惑行為を嬉々として公表する人間を見るのと同様の不快感。 「くだらない」以外の感想が出てこない。 あたいも冗談みたいだけどわりとマジでやられてる。 共感どころか大切な物を踏みにじられた感しか残っていないのです。 映画観てここまでの不快感は初めて。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 仕事終わりにユアストーリー観に行ってきた。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 以上のように、一部好意的に受け止めていらっしゃる方もおりましたが、 大多数の方がこのオチに納得がいかず、私と同じように衝撃を受け、かなりのモヤモヤを抱えた感想を持った方がとても多かったですね 少しでも 事前にVR世界を楽しんでいるプレイヤーの映画なんだってことが分かっていれば、覚悟もできたでしょうけど…想像つきませんよね^^; ユアストーリーというのがプレイヤーのことを指す…このタイトルでそこまでの考えに至った方がいたんでしょうか… 少なくとも事前のPVではそう感じる要素は皆無でしたよね 一体何を思ってこういうオチにしたのか…私は正直混乱をまだまだ引きずりそうです 【こちらもおすすめ】 最後に 今回は、国民的ゲーム・ドラゴンクエストの初3DCG映画である、 ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがとってもひどくて、実際に検索してみたら同じように感じている方がとても多かった、 『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 いかがだったでしょうか? なぜ素直に原作のゲームを映画化していただけなかったのか… もう悔しくてなりません 余計な脚色や改悪はいらんのです 娘なんて誕生すらしていないという話の展開など、納得できないことが多分に多かったですよね^^; 期待値がとても大きかっただけのこのオチ 今後も私と同じように落胆と衝撃を受ける方が現れないことを祈ります… それでは、今回は以上になります。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の