瓶 の 蓋 どうしても 開か ない。 ガラスの本体とガラスの蓋でできている薬ビンが開かなくなってしまいました。...

ガラスの本体とガラスの蓋でできている薬ビンが開かなくなってしまいました。...

瓶 の 蓋 どうしても 開か ない

1つ目の簡単な開け方でも瓶の蓋が開かない時の対処法は、「瓶(ビン)を温める」という対処法です。 具体的な対処法は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 なお、熱湯などお湯の温度が高すぎてしまうと逆に蓋が開けづらくなってしまいますので、お湯の温めすぎには注意しましょう。 また、やけどを防ぐために、お鍋に瓶を入れる際やお鍋から瓶(ビン)を取り出す時には乾いたタオルを使うのがおすすめです。 蓋を開ける時に熱くなったお湯が飛び出すこともありますので注意しましょう。 瓶を温めて瓶の蓋を開ける方法• お鍋に水を入れて温める。 お湯が人肌程度に温まったら、蓋が下になるようにして瓶を入れる。 瓶全体が温まってきたら取り出す。 瓶の水滴を拭き取り、タオルを使って蓋を回す。 怪我に注意しながら包丁の面を使って瓶(ビン)の蓋を下から細かく叩くことで、簡単な開け方でも開けることができなかった瓶(ビン)の蓋を開けることができる場合があります。 この対処法で瓶(ビン)の蓋を開けることができるのは、包丁から瓶(ビン)の蓋への力が狭い範囲に分散するため、1度に多くの力を瓶の蓋へかけることができるためです。 ただし、この方法をあまりに繰り返してしまうと反対に瓶(ビン)の蓋が削れるなど形が変わってしまいます。 このため、数回繰り返しても瓶(ビン)の蓋を開けることができなかった場合には、別の方法にチャレンジしてみましょう。 専用オープナーを使えば、力を入れることなく簡単に瓶(ビン)の蓋を開けることができますよ。 瓶(ビン)だけでなく、缶詰の栓を開けるのにも使うことができておすすめです。 千本通しなど先が尖ったアイテムで蓋の中央に小さな穴を開けて、テーブルに当てるなどして力を加えることで、蓋を開けることができるようになる場合があります。 これは、瓶(ビン)と蓋との間が何らかの理由により密閉されていて開けることができなくなってしまっていた蓋に隙間を作り、テーブルに当てることで瓶(ビン)の中の空気を抜くことができるためです。 ただし、この対処法の場合には蓋を再度使用することは難しくなるので、ジャムなどの中身が余ってしまったらジップロックなどの別のアイテムに移し替えるようにしましょう。 以下の記事では、100均で販売されているジップロックが15種類紹介されています。 気になる方はこちらもぜひご覧ください。 2つ目のペットボトルのキャップを開けることができない時の対処法は、「専用キャップを使う」という対処法です。 瓶の蓋が開けられない時と同様に、ペットボトルのキャップを開けることができない時のための専用キャップも販売されています。 この画像の専用キャップは、「かるくまわるペットキャップ」です。 このかるくまわるペットキャップをペットボトルのキャップに被せた状態でキャップを回すことで、少ない力でも簡単にペットボトルのキャップを開けることができておすすめです。 ペットボトルのキャップを開けることができない時だけでなく、小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、力の弱い高齢者の方がいらっしゃるご家庭にもぴったりなアイテムです。 具体的な対処法は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 なお、お湯をかけた後はペットボトル全体が熱くなっている状態ですので、1分程度時間を置いてから全体を拭き取るようにしましょう。 あまりに時間を置きすぎると、お湯をかけた意味がなくなってしまいますので、置きすぎには気をつけてください。 お湯をかけてペットボトルのキャップを開ける方法• お湯を沸かす。 お湯を少し冷まして、お風呂のお湯と同じくらいの温度にする。 ペットボトルを洗面器に入れる。 開けることができないペットボトルのキャップの上からお湯をかける。 全体をタオルで拭き取り、キャップを回す。

次の

固くて開かない!瓶の蓋(ビンのフタ)の簡単な開け方を5つ紹介!

瓶 の 蓋 どうしても 開か ない

しばらく使っていなかったジャムや蜂蜜など、賞味期限間近に冷蔵庫の奥から取り出してきて開けようとしたら、案の定まったく蓋が開く気配がない……。 そんなときの対処法として広く知られているのが、ビンの底をたたくというもの。 本当に効果があるのかちょっと疑わしいと感じてしまいますが、実はきちんと開く理由があるんです。 ビンの底を強くたたくことで蓋の周りに振動が伝えられ、ビンと蓋とのあいだに小さな気泡が生じて開けやすくなるのだそう。 では、その方法を見ていきましょう。 ジャムや蜂蜜などのビンを上下逆にして、平らなところに設置してください。 (蓋が下になるように) 2. 手の平を使ってビンの底を何度かたたきます。 たったこれだけのことで、あれだけ固かったビンの蓋が、簡単に開きます。 実はこの裏技は、警視庁でもおすすめしている方法。 非常食としてストックしているビンなど、災害が起きたときにも使えるテクですね。 ガラスビンの蓋がなかなか開けられない理由の一つが、手が滑ってしまうこと。 思いっきり力を入れても、手が滑ってしまいその力を蓋に伝えられていないのかもしれません。 そこで輪ゴムを使いましょう。 輪ゴムを使うことでほど滑り止めとなり、効率よく力が蓋に伝えることができます。 輪ゴムの使い方は、開けたいガラスビンの蓋に何本かの輪ゴムを巻き付け、そのうえから手で握るだけ。 手が蓋に固定されるので、蓋が開けやすくなります。 これも輪ゴムを使うのとまったく同じ理屈です。 ゴム手袋が滑り止めの役割を果たし、手の力をうまく蓋に作用させることができます。 とくに新品の場合は、中身が傷まないよう空気を抜いてビンのなかが真空になっているために蓋が開けにくくなっています。 そんなときにおすすめなのが、蓋を温めるという方法です。 鍋に水を入れ50度前後に温めます。 ガラスビンの蓋をお湯に浸してください。 熱伝導率が高い金属(蓋)が速く温まって膨張し始めることで隙間ができ、開きやすくなるというわけです。 お湯の代わりにドライヤーの温風を使ってもOKですが、どちらの場合も蓋やビンが熱くなるため、十分注意しながら作業してください。 ライターやガスコンロの火を使って温めている方もいますが、これはおすすめできません。 火傷しやすいだけでなく、ガラスビンが割れてしまい怪我をする恐れがあるからです。

次の

「困った! 瓶の蓋が開かない! 」女性でもできる「かたーい瓶の蓋」開け方のコツ3つ

瓶 の 蓋 どうしても 開か ない

料理にひと味、瓶入りソース! パンにはやっぱりジャムだよね。 ジャムが瓶に立てこもり中! 田舎のおふくろさんが泣いてるぞー!! ジャムが開かない時ほど、絶望的な気分になることはない。 だが、そんな悲しみとも今日でお別れ。 なぜなら、 警視庁の「固い瓶のフタを開ける方法」がマジで凄かったからである。 ・道具も力もいらない瓶のフタの開け方 2018年5月31日に警視庁警備部災害対策課()がつぶやいた瓶のフタを開ける方法は、道具を使わず、困ったらすぐに試すことができるほどにお手軽だった。 手順は以下の通り。 瓶を逆さに立てる 2. って、いやいや! こんなのでガチガチの瓶が開くはずありませんやん!! むしろ、より閉まりそうだ。 というわけで開かなかった瓶で試してみたところ…… パッカーン! マジかよ!? 全然力入れてないのに開いたーーーーーーーーー! まるで、最初から閉まっていなかったかのようにパカパカだ。 ・さすが警視庁 警視庁によるとこの現象は「瓶の底を叩くと振動が与えられ、それによって瓶とふたの間に空気が入り、あけやすくなるため」だという。 道具も使わず力も使わないので、「災害時で手元に道具がないときにも有効」とのこと。 多くの者が無力感を味わってきたジャムの立てこもり。 そんな事件をこんなに簡単に解決するなんて、さすが警視庁警備部である。 参照元:Twitter 執筆: Photo:Rocketnews24.

次の