妊娠初期 頻尿。 妊娠初期になりやすい頻尿の原因と対策、症状はいつからいつまで?

【医療監修】これって妊娠超初期症状?先輩ママが体験した16の体の変化 [ママリ]

妊娠初期 頻尿

膀胱の圧迫 膀胱は子宮のすぐ前に位置しています。 大きくなった子宮に圧されることで膀胱の容積が減り、尿の貯留量が少なくなるため、トイレが近くなります。 体の中に尿を少ししか溜めていられないので、尿意はあるのに思ったほど出ない、と感じる方もいるようです。 腎機能の活性化 妊娠中は体の水分量増加に伴い血流量も増え、腎機能が活性化されます。 腎臓には血液を濾過して老廃物を尿に作り変える役割があるため、腎臓の動きが活発になることで代謝がよくなり、老廃物(尿)の排出のサイクルが早まります。 ホルモンバランスの変化 妊娠中の体は、妊娠状態を継続させるために「プロゲステロン」という黄体ホルモンが多く分泌されます。 プロゲステロンには利尿作用と、膀胱を閉じるための筋肉(平滑筋)を緩める作用があるため、尿意を感じやすくなります。 妊娠初期の頻尿っていつまで続くの? 子宮の位置が変わる妊娠4ヶ月頃まで続くケースが多いようです。 妊娠中期に入ると大きくなった子宮の位置がお腹のほうに上がり、膀胱の圧迫が減るため、頻尿の症状が和らぐと言われています。 ただし、腎機能やプロゲステロンの作用は変わらないので、症状の変化には個人差があり、妊娠後期まで頻尿が続く場合もあるようです。 妊娠初期の頻尿を改善する方法は? 妊娠初期の頻尿は、体の変化に伴うごく自然な症状ですが、日に何度もトイレに行かなければならないというストレスはつらいものです。 体に負担をかけない範囲での対策法を紹介します。 妊娠中の膀胱は容量が少ないだけでなく、少し溜まっただけでも尿意を感じるようになっています。 トイレのたびに、なるべく尿を出しきることを意識しましょう。 カフェインを控える カフェインには利尿作用があり、トイレが近くなる原因になります。 コーヒーや紅茶がなかなかやめられない…という方には、カフェインレス(デカフェ)のコーヒー・紅茶がおすすめです。 他にも、ノンカフェインのお茶には、麦茶、ルイボスティー、とうもろこしから作られるコーン茶、たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)などがあります。 飲み物を購入する際には、カフェイン含有量をチェックする習慣をつけましょう。 体を冷やさない 妊娠中に限らず、体が冷えると以下のような作用でトイレが近くなります。 交感神経が活発化し、膀胱を収縮させるため尿意を感じやすくなる。 体温維持のために体の中心部の血液量が増加し、腎機能が活性化する。 発汗量が減り、体の中の余分な水分が尿として排出される。 冬は十分な防寒を心がけ、夏は冷房にあたりすぎないようにしましょう。 すぐに羽織れるものを一枚用意しておいたり、腹巻きやマタニティガードルなどでお腹周りを温めることも効果的です。 また、冷たい飲み物は控え、水分は温かいお茶などで補給しましょう。 水分補給のバランスを見直す トイレの回数を気にするあまり水分自体を控える方もいますが、妊娠中の体は新陳代謝がよくなっているため、排尿の回数が増えるだけでなく、汗もかきやすくなっています。 脱水症を防ぐためにも、妊娠中の体にはこまめな水分補給が必要不可欠です。 ただし、夜の頻尿が特にひどい、また夜だけ頻尿が起こる、という場合には、夕方以降の水分摂取量が過多になっている可能性があります。 朝食・昼食に比べ、夕食で過剰に水分をとってはいないでしょうか。 夜間頻尿が気になる方は、夜の飲食を見直してみましょう。 まとめ 妊娠初期の頻尿は体の変化に伴う症状のひとつで、生理現象ということもあり確実な解消法はありません。 無理に尿意を我慢すると膀胱炎を発症するリスクも高まりますので、尿意を感じたらすぐにトイレに行きましょう。 尿漏れが不安な場合は尿もれシートを利用したり、長時間の外出時には念のためにオムツを着用する妊婦さんもいらっしゃいます。 妊娠初期の頻尿は当たり前のものと割りきって、ストレスをためないように、うまく乗り越えていきましょう。 また、残尿感や、排尿痛、下腹部痛の他、尿の濁りがあったり、血尿が出る場合には、膀胱炎を起こしている可能性があります。 疑わしい場合には速やかに医師の診断を受けましょう。

次の

妊娠中期(妊娠五ヶ月~七ヶ月)の頻尿の症状と注意点|ウーマンエキサイト(1/2)

妊娠初期 頻尿

妊娠中期に入ると子宮は骨盤より上部に移動するので膀胱の圧迫も軽減し、頻尿が改善されることが多いです。 妊娠後期の原因は再び子宮による膀胱の圧迫 妊娠初期には子宮が急激に膨らむことで膀胱が圧迫されて頻尿となりますが、妊娠後期の場合は子宮が大きくなった上に位置が下がってくるために膀胱が圧迫されます。 これは分娩に備えて赤ちゃんが骨盤に下り始めているから起こることで、膀胱の圧迫につながって頻尿の原因となるのです。 妊娠時期中以外でも…その他の原因 妊娠していない時でも頻尿となる原因は、妊娠中でも共通しています。 それは、カフェイン摂取と体の冷えです。 カフェイン摂取 妊娠中は胎児への影響を危惧してコーヒーや紅茶といったカフェインの多い飲み物を控える妊婦さんも多いですが、実はカフェインには利尿作用があります。 もしカフェインが含まれている飲み物をたくさん飲んでいる妊婦さんがいれば、赤ちゃんへの影響も鑑みてカフェインの含まれていない飲み物を選択するようにしましょう。 体の冷え 夏よりも冬の方がトイレが近い気がする…と思ったことがある人は結構多いのではないでしょうか。 実は、体が冷えると尿意を感じやすくなります。 体を冷やさないように一枚多めに羽織を用意したり、冷たい飲み物は常温に戻したり氷を入れないで飲む、夏野菜など水分量が多い野菜は熱を通して食べるなどの空府が有効です。 病気が原因の頻尿も…見分ける目安 トイレに行く回数には摂取種る水分量などによっても違うため個人差がありますが、昼8回、夜2回といったように1日に10回以上トイレに行く場合が頻尿の目安と言われています。 妊娠中の頻尿は生理的な正常な現象なので問題がありませんが、なかには病気で頻尿となっている場合もあります。 一律な見分け方はありませんが、目安となる症状を確認しておきましょう。 頻尿の度合い• 排尿時と尿の異常 ひとつずつ詳しく見ていきましょう。 あまりに異常な頻尿度合い 5分おきに行きたくなる、トイレから出られないなど、あまりにも頻尿の度が過ぎているような場合は、他の病気が原因となっていることが考えられます。 異常な間隔で起こる尿意に疑問を抱いたら、主治医にその旨を相談するようにしましょう。 尿路結石や膀胱炎などの診断を実際に受けた妊婦さんもいらっしゃいます。 頻尿のせいで日常生活に支障が出た時点で病院へ行くようにという指針を設けている産婦人科もあります。 尿の濁りと痛みがあったら膀胱炎の可能性 頻尿と膀胱炎は症状も似通っていることが多く、判断がしにくいものですが、頻尿とは異なる兆候があります。 残尿感がおさまらない• 排尿時や排尿後につーんとした痛みを感じることがある• 尿に濁りがあったり血が混じっている• 上記のような症状があれば膀胱炎の可能性があるので、気になったらチェックをしてみましょう。

次の

妊娠初期の頻尿で寝れない!原因は?いつまで続く?改善する方法は?

妊娠初期 頻尿

妊娠中期に入ると子宮は骨盤より上部に移動するので膀胱の圧迫も軽減し、頻尿が改善されることが多いです。 妊娠後期の原因は再び子宮による膀胱の圧迫 妊娠初期には子宮が急激に膨らむことで膀胱が圧迫されて頻尿となりますが、妊娠後期の場合は子宮が大きくなった上に位置が下がってくるために膀胱が圧迫されます。 これは分娩に備えて赤ちゃんが骨盤に下り始めているから起こることで、膀胱の圧迫につながって頻尿の原因となるのです。 妊娠時期中以外でも…その他の原因 妊娠していない時でも頻尿となる原因は、妊娠中でも共通しています。 それは、カフェイン摂取と体の冷えです。 カフェイン摂取 妊娠中は胎児への影響を危惧してコーヒーや紅茶といったカフェインの多い飲み物を控える妊婦さんも多いですが、実はカフェインには利尿作用があります。 もしカフェインが含まれている飲み物をたくさん飲んでいる妊婦さんがいれば、赤ちゃんへの影響も鑑みてカフェインの含まれていない飲み物を選択するようにしましょう。 体の冷え 夏よりも冬の方がトイレが近い気がする…と思ったことがある人は結構多いのではないでしょうか。 実は、体が冷えると尿意を感じやすくなります。 体を冷やさないように一枚多めに羽織を用意したり、冷たい飲み物は常温に戻したり氷を入れないで飲む、夏野菜など水分量が多い野菜は熱を通して食べるなどの空府が有効です。 病気が原因の頻尿も…見分ける目安 トイレに行く回数には摂取種る水分量などによっても違うため個人差がありますが、昼8回、夜2回といったように1日に10回以上トイレに行く場合が頻尿の目安と言われています。 妊娠中の頻尿は生理的な正常な現象なので問題がありませんが、なかには病気で頻尿となっている場合もあります。 一律な見分け方はありませんが、目安となる症状を確認しておきましょう。 頻尿の度合い• 排尿時と尿の異常 ひとつずつ詳しく見ていきましょう。 あまりに異常な頻尿度合い 5分おきに行きたくなる、トイレから出られないなど、あまりにも頻尿の度が過ぎているような場合は、他の病気が原因となっていることが考えられます。 異常な間隔で起こる尿意に疑問を抱いたら、主治医にその旨を相談するようにしましょう。 尿路結石や膀胱炎などの診断を実際に受けた妊婦さんもいらっしゃいます。 頻尿のせいで日常生活に支障が出た時点で病院へ行くようにという指針を設けている産婦人科もあります。 尿の濁りと痛みがあったら膀胱炎の可能性 頻尿と膀胱炎は症状も似通っていることが多く、判断がしにくいものですが、頻尿とは異なる兆候があります。 残尿感がおさまらない• 排尿時や排尿後につーんとした痛みを感じることがある• 尿に濁りがあったり血が混じっている• 上記のような症状があれば膀胱炎の可能性があるので、気になったらチェックをしてみましょう。

次の