トマト 玉ねぎ スープ。 【楽天市場】新商品 お好きに1つ選べるスープ福袋 元気な朝の愛されスープ スープ ランキング 即席 インスタント 手軽 弁当 料理 玉ねぎ 国産 玉葱スープ タマネギスープ トマト ねぎスープ 塩 味噌 辛々 生姜スープ 味源 自然の館 送料無料 保存食 非常食:美味しさは元気の源 【自然の館】

おいしいトマトはミネストローネにしないでください、というお話。|スープ・レッスン|有賀薫|cakes(ケイクス)

トマト 玉ねぎ スープ

【材料】• 赤パプリカ:1個• じゃがいも:1個• バター:10g• 水:200cc• 固形ブイヨン:1個• 塩:少々• 牛乳:15cc• 生クリーム:50cc• 塩:少々• こしょう:少々• 赤パプリカ(トッピング用):適量• 黄パプリカ(トッピング用):適量• 生クリーム(トッピング用):適量• イタリアンパセリ:適量 【作り方】• パプリカは種を取って、トッピング用のものは5mmの角切りにします。 残りは横向きに薄切りにして、電子レンジの600Wで3分加熱します。 玉ねぎを薄切りにします。 じゃがいもを薄切りにして、電子レンジの600Wで2分加熱します。 バターを鍋に熱して、玉ねぎをしんなりするまで炒めます。 電子レンジで加熱したパプリカとじゃがいもを加えて炒めます。 水・固形ブイヨン・塩を加えて、軽く混ぜてから蓋をして弱めの中火で5分煮ます。 6をミキサーでなめらかになるまで攪拌して鍋に戻します。 牛乳・生クリーム・塩・こしょうを加えて、弱火で加熱しながらよく混ぜます。 器に注いで、トッピング用のパプリカ・生クリーム・イタリアンパセリを飾って完成です。 【材料】• 水:150cc• 固形コンソメ:1個• ローリエ:1枚• 無調整豆乳:200cc• 塩:少々• こしょう:少々• オリーブオイル:大さじ1• きゅうり(トッピング用):大さじ1• 赤パプリカ(トッピング用):大さじ1• 黄パプリカ(トッピング用):大さじ1• チャービル(トッピング用):適量 【作り方】• トッピング用のきゅうり・パプリカを角切りにします。 玉ねぎとパプリカを薄くスライスします。 オリーブオイルを鍋にひいて、玉ねぎを中火で5分炒めます。 パプリカを加えてしんなりするまで炒めます。 水・固形コンソメ・ローリエを加えて、蓋をして弱めの中火で7~8分煮ます。 ローリエを取り除いて、ミキサーでなめらかになるまで攪拌します。 5で攪拌したスープを鍋に戻して、無調整豆乳を加えて温めます。 塩・こしょうで味を整えて冷蔵庫で冷やします。 器に注いで、トッピング用のきゅうり・パプリカ・チャービルを飾って完成です。 【材料】• かぼちゃ:50g• オクラ:4本• ミニトマト:4個• ウインナーソーセージ:4本• サラダ油:大さじ2• だし汁:500cc(だしの素:小さじ1、水:500cc)• めんつゆ(3倍濃縮):大さじ3• 塩:少々• こしょう:少々• 水菜(トッピング用):適量 【作り方】• かぼちゃを5mm幅の薄切りにします。 オクラを塩もみして、ヘタとがくを取ります。 ウインナーは斜めに3本切れ込みを入れます。 長ねぎをみじん切りにします。 なすを輪切りにして、パプリカを一口大ほどに切ります。 フライパンにサラダ油をひいて、かぼちゃ・オクラ・ミニトマト・なす・パプリカを両面に焼き目がつくまで焼きます。 別のフライパンにサラダ油をひいて、長ねぎをしんなりするまで炒めます。 ウインナーを加えて、火が通るまで熱します。 カレー粉を加えて、全体になじませます。 だし汁・しょうゆ・めんつゆ・はちみつ・塩・こしょうを加えてひと煮立ちさせます。 アクを取って、弱めの中火で8~10分煮ます。 6の野菜を加えて、弱めの中火で5分煮込みます。 火を弱めて、水溶き片栗粉を加えてよく混ぜます。 とろみがついたら器に盛って、トッピング用の水菜を飾って完成です。 【材料】• 豚ひき肉:100g• 塩:少々• こしょう:少々• ワンタンの皮:5枚• 水:400cc• ごま油:大さじ1• パプリカとズッキーニを1cm角に切ります。 ごま油を鍋にひいて、豚ひき肉を火が通るまで炒めます。 パプリカ・ズッキーニを加えて軽く炒めます。 酒を加えて1分間炒めます。 鶏ガラスープの素・塩・こしょう・水を加えて沸騰させてから1分煮ます。 ワンタンの皮を加えて、火が通るまで煮ます。 器に盛って、トッピング用のごま油を注いで完成です。

次の

通販のお取り寄せスープおすすめ人気ランキング20選【たまねぎ・フカヒレ・トマトスープなど!】

トマト 玉ねぎ スープ

リコピンとは、赤やオレンジ色など暖色系の色の果物や野菜に含まれる成分です。 「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われているように、トマトは実に薬効の強い野菜なんですね。 ビタミンEの実に100倍もの抗酸化作用があると言われていて、脂肪細胞が肥大するのを予防しながら、付いてしまった脂肪は燃焼させる効果が期待できます。 その他、血糖値の上昇を防ぐ働きもあり、悪玉コレステロールの酸化を防止すると言われています。 総じてトマトはダイエットに効果が期待できるという事がお分かりでしょう。 ちなみにトマトスープでダイエットするには、生のトマトでも缶詰のものでも大丈夫なのですが、缶詰のトマトの方が赤色が濃く、生のトマトに負けず劣らず栄養効果が高いことで知られています。 真っ赤な生トマトが手に入らなければ、缶詰を使う事で十分ダイエット効果が期待できるでしょう。 トマトスープダイエットは6種類の野菜との相乗効果 トマトスープダイエットで作るスープはトマトをメインに、タマネギ、キャベツ、セロリ、人参、ピーマン(パプリカ)を鶏ガラやコンソメスープでじっくり煮込みます。 それぞれの野菜の相乗効果でトマトスープがダイエットに効果的だと言われるんですね。 では、それぞれの野菜の効果についてみていきましょう! 血液の流れを良くしてくれるタマネギ あのツーンとした臭い、辛み成分は血液の流れを良くしてくれるので、血栓が出来るのを防ぎ、動脈硬化や脳梗塞の予防になります。 また中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させることによるダイエット効果、便秘解消にも効果が期待できるんです。 活性酸素を除去するキャベツ キャベツと言えばキャベジンで知られているように、胃腸を丈夫にする効果があると言われています。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにも効果が期待できる上、煮て食べる事により、活性酸素を除去する力が生食の時と比べて5倍にもなります。 ストレス解消にセロリ セロリは香味野菜の一種なのでハーブのような独特の香りがありますよね?あの香りが精神を穏やかにしてくれ、イライラやストレス解消に効果があると言われています。 また、豊富なビタミン、カルシウム、ミネラルを含んでいて、100g当たり15kcalと低カロリーです。 また、強い抗酸化作用はアンチエイジングや、生活習慣病の予防に効果が期待できるので、中性脂肪のたまりやすいメタボリック症候群などにも、効果を発揮すると言われています。 ピーマン(パプリカ)のビタミンCで美肌に効果 ピーマンは美肌作りに欠かせない成分ビタミンCが、レモンの2倍も含まれています!加熱しても壊れないので、スープにして飲むことで、肌のハリやつやを生成してくれ、シミやしわの予防にも効果が期待できるのです。 尚、ピーマンよりもパプリカの方が更にビタミンCが含まれているので、ピーマンが苦手な場合はパプリカで代用するといいでしょう。 トマトスープダイエットはこれらの野菜をうまくミックスして、栄養成分をスープにギュッと絞り出したスープを使います。 これは食べる直前にその都度すりおろしてもいいです。 スープと一緒にそれぞれ食べるものが決まっていてルールもありますのでそれを守って下さい! 1日目:果物と野菜の日(バナナ以外の果物は自由に食べて良し) 2日目:お芋と野菜の日 (ジャガイモ、サツマイモは食べて良し。 豆類、コーンはNG) 3日目:野菜と果物の日 (バナナ以外の果物、野菜は好きに食べて良し。 ふらつくようなら玄米を少し食べてOK) 4日目:バナナの日 (バナナは3本まで、タンパク質を補うために500mlの低脂肪乳(スキムミルクを飲んでも良い) 5日目:お肉とトマトの日 (350~700gまでの赤身の牛肉、鶏肉(皮はNG)魚を茹でるか煮て調理したもの。 トマトは6個まで) 6日目:野菜と牛肉の日 (牛肉は好きなだけ食べてOK。 ステーキ2~3枚でも大丈夫) 7日目:玄米と野菜、果物の日 (玄米ご飯は好きなだけ食べてOKです) *全体的なルールとして、バターや油などを使ってはいけないことと、飲み物はジュースなどは避けてブラックコーヒー・お茶や水のみ。 アルコールは絶対に禁止!小麦粉などの粉物、甘味は禁止! 制限としては少し厳しいかもしれませんが、トマトスープはいくら飲んでもいいことになっているので、それほど飢餓感を感じなくて実践できると思います。 しかし、速攻で痩せたい場合は「トマトスープ1週間プログラム」を頑張ってやってみるだけで、確実な効果が期待できるのでダイエットのとっかかりとして、このスープダイエットはやる価値があるのではないでしょうか。 トマトスープは大鍋に沢山作っておけば、毎日火を通すことで3日は持ちますので、味付けに工夫したりして飽きずに続けられる工夫を楽しんでみましょう!.

次の

7日間で8キロ痩せる脂肪燃焼スープダイエットの効果を徹底検証

トマト 玉ねぎ スープ

宴会と、サシ飲み。 あの人とじっくり話すなら みなさんは、誰かとお酒でも飲みながらじっくり話をするなら、どんな状況がよいですか? ワイワイと宴会? それともサシ飲み? きっと静かなお店を選び、ふたりで飲む方を選ぶのではないでしょうか。 実はそれは、野菜スープの場合にも、同じことがいえるのです。 今回は、とびきりおいしいトマトが手に入ったら、野菜があれこれ入ったミネストローネにするのはもったいない!というお話です。 あらためまして、こんにちは。 有賀薫です。 4年前の冬、私のスープ作りは始まりました。 当時、受験を控えているのに朝まったく起きてこない高校生の息子に手を焼いていたのですが、ある朝ふとスープを作ってみところ、効果てきめん。 次の日も、また次の日もスープの湯気につられて起きてくるようになったのです。 息子が大学に入った後も毎朝のスープ作りは延々と続き、研究を重ねるようになります。 朝スープを提案したレシピ本『365日のめざましスープ』も出版し、スープづくりはすっかり私のライフワークになりました。 これだけ毎朝スープばかり作っていると、いろいろな気づきがあります。 ・何時間も煮込まなくていい ・肉はなくても問題ない ・胡椒は常に必要なものじゃない ・バターかミルクは、どっちかだけで、かなり効く ・ダシだって、場合によっては使わなくて大丈夫 などなど。 それまで私はひとつのスープにオリーブオイルを使い、ベーコンを使い、ブイヨンを使い、さらにミルクや粉チーズも使っていました。 でも、味の濃い野菜にとって、コンソメキューブは実はありがた迷惑な存在です。 新鮮なトマトやキュウリ、あるいはふかしたてのじゃがいもは、塩をつけて丸かじりすれば十分おいしい。 それと同じように、 シンプルなスープでもしっかりした満足感が味わえると気がつきました。 そこから、味のかぶる素材や調味料を、ひとつ、ふたつと引いていきました。 最低限、必要なものだけでやる。 言ってみれば 「レシピの断捨離」です。 だから、 おいしそうなトマトをミネストローネにするのは、もったいない!と思ってしまいます。 ミネストローネはタマネギ以外にも、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、さやいんげん、ベーコンなど、野菜のごった煮です。 傷みかけた野菜をざっと煮込んでも、充分においしいものです。 逆にいえば、そこにおいしい完熟のトマトをいれても、味がまざって、ボヤけてしまうのです。 いろいろ捨てて、残ったのはただひとつ 「素材の味がスープにきちんと移っているかどうか」でした。 そこさえ押さえていれば、具が少なくてもなくても、煮込み時間が5分でも5時間でも、塩味でも醤油味でもカレー味でも、あとは自由自在というのが私のスープ。 シンプルですが、素材、気分、体調に合わせてバリエーションは無限です。 おいしいトマトが手に入ったら、ぜひ作ってほしいトマトスープ まず連載初回の一品として、 トマト、 たまねぎだけで作るベーシックなスープをご紹介します。 調味料には、 塩と オリーブオイルだけをつかいます。 これは「トマト味のスープ」ではなく、 「トマトのおいしさを味わうためのスープ」です。 おいしそうな完熟のトマトを見かけたら、ぜひ作ってみてください。 素材を切る たまねぎは、薄切り。 トマトは、へたをとり、半割りにする。 火にかける 厚手の鍋にたまねぎとオリーブオイル、塩ひとつまみを入れ強火にかける。 混ぜながら、たまねぎが温まるまで2分ほど加熱。 火を落としてふたをし、中弱火でさらに1~2分加熱する。 水をくわえる ふたをあけ、全体を混ぜてさらに2分加熱。 水450mLを加えてあたため、塩で味を調整する。 最初なので、ここから少していねいに写真つきで解説しますね。 トマトの選びかた トマトの種類には、 「ピンク系トマト」と 「赤系トマト」があります。 酸味が少ない大玉の 桃太郎や ファーストは、完熟でも淡い色づきの、ピンク系トマトの代表で、生食向き。 一方、 ミニトマトや、イタリアンの煮込みに使われる サンマルツァーノ、シシリアンルージュなどの赤系トマトは、トマト独特の香りや酸味が強く、皮も硬めで、加熱向き。 スープにしてみるとよく違いがわかります。 赤系(左)と、ピンク系(右)。 スープにするとこんなに違うのです 今回は「ピッコラルージュ」というコクのあるトマトを使用しました。 トマトの品種は多いので、手に入らなければ普通のミニトマトを使うといいでしょう。 中型サイズでは、よく大手スーパーで見かけるカゴメの「こくみトマト ラウンド」は加熱に向いています。 ちなみに、フルーツトマトを使うとおいしいトマトスープができますが、高いのでもったいない。 生で食べましょう。 トマトについてもう少しくわしく知りたい方は、(というスープの実験室をnoteで開いています)で行ったトマト比べのレポートをお読みください。 トマトは皮も種も残してください。 特に、種はうまみの部分なので大きなトマトを使う場合も捨てないでください。 野菜の加熱のしかた 最初に薄切りにしたたまねぎを少し炒めます。 ここは重要なポイントです。 あまり色付けないようにしながらも、たまねぎの水分はなるべく飛ばすように、 強火で2分ほどしっかりと火を通してください。 焦げ付きそうになったら、時折うごかしましょう。 厚さのない鍋の場合は水を大さじ1ぐらい入れると焦げ付きません。 ふたをあけ、たまねぎがつやっとして独特の匂いが飛んでいればOK。 刺激臭がまだ抜けていなかったら、もう少し加熱します。 続いてトマトを入れ、ふたをして5分ほど煮ます。 途中でふたを開けてみて、水分があまり出ていないようだったら、水を大さじ2ほど加えましょう。 トマトから水がたっぷり出ていれば不要。 ふたをあけたりしめたり、ちょっと面倒ですが、ふたをしないとあっという間に水が蒸発してしまいます。 5分たったら一度木べらやおたまで大きく混ぜ、さらに2分ほど加熱します。 焦げ付きそうなときは 躊躇せずに水を加えます! こんな感じに煮あがったらOK。 水の量と味付け 野菜がしっかり煮えてから、水で薄めます。 加える前にかならず少し味見をしてみてください。 ときどき味を見るのが、スープづくりのポイントです。 野菜の味がしっかりしていれば、だしは使わないほうが、野菜の風味がよく味わえます。 私のスープは野菜を味わうスープなので、ダボダボ水は加えません。 ちょっと汁が多めの、野菜の煮もの感覚です。 温まったら味見をし、薄ければ塩を少し足してください。 オイルが入っている場合はある程度しっかり塩味をつけるのも、おいしさのポイントです。 一人分の量は180mLほど、小さなスープボウル1杯ですから、一人暮らしの人でもこの分量で飽きずに食べきれるはず。 トマトの酸味と味の奥行きを感じられるスープです。 他の具を加えたスープやソースのベースとしても活躍するので、この季節にぜひ作ってみてください。 このスープ・レッスンでは、私の試行錯誤から生まれた身近な材料で簡単にできるスープを紹介しながら、無駄を省いておいしさに最短で行きつく方法をお伝えできればと思っています。

次の