スコット ハミルトン。 青木高見(あんちゃん)のジャズ・コレクション・ウェブサイト / 【 Scott Hamilton 】

オカモトショウは英語がペラペラ!ドラマーだった?父はスコットハミルトン!

スコット ハミルトン

com スコット・ハミルトン tenor sax 1954年9月12日、ロードアイランド州プロヴィンス生まれ。 フュージョン・ジャズ全盛期の70年代にレスター・ヤングやベン・ウェブスターの伝統を受け継ぐテナー・サックスのスタイルで第一線に躍り出てジャズ界にセンセーションを巻き起こした。 76年、22歳の時にニューヨークに進出、すでに凄い人気で一躍寵児となりジョン・バンチの助けでフェーマス・ドア・レーベルに初吹き込みを行う。 77年には、ベニー・グッドマン楽団のツアーに参加、益々人気出て、自分のカルテットも結成。 同年、コンコード・レーベルのデビュー・アルバムを吹き込む。 その後、同レーベルには40枚からのアルバムを吹き込んでいる。 1,978年に初めて英国で演奏、その後、一時、英国に住んでいたが、今は、イタリアを拠点にヨーロッパ、日本、アメリカと世界を股にかけて活躍している。 森田 潔 Piano 1959年、埼玉県出身。 徳山陽氏、Don Abney氏に師事。 これまでに、レイモンド・コンデ Cl 、福原彰 Tp 、原田イサム Dr 他、多数の日本のジャズを牽引してきたミュージシャンと共演。 また、テリー水島 Vo 、峰純子 Vo 各氏のレギュラーピアニストの他、真梨邑ケイ Vo 、マルシアのコンサートツアーメンバー、海外から来日した歌手に指名され共演するなど、歌手から絶大なる信用をおかれている。 レコーディングでのサポート、アレンジも多数。 現在は、五十嵐明要 As カルテットのほか、ホテル、ジャズクラブ、コンサート等で活動中。 ハワイに誇れる数多くのジャズアーティストと協演。 巨匠レイ・ブラウンを崇拝し、ドラムの名手ジェフ・ハミルトンとブルースのリーダーアルバム「トウ・フォー・ザ・ロード」では、プレイ及び歌心が絶品と評判。 富士通コンコード・ジャズフェスティバルのため数回来日している。 2019年9月にマンハッタン・トランスファーの伴奏者として来日が決定している。 アキラ・タナ(Drums) カリフォルニア生まれの日系2世。 ハーバード大学、ニューイングランド音楽院を卒業。 1979年よりニューヨークで活動し、ソニー・ロリンズ、ソニー・スティット、ミルト・ジャクソン、ジム・ホール、日本には、富士通コンコード・ジャズ・フェスティバルで有名なジム・ホール、ジュニア・マンストリオでも来日している。 Posted in 投稿ナビゲーション.

次の

Danish Ballads... & More / デニッシュ・バラード&モア/SCOTT HAMILTON/スコット・ハミルトン/アメリカの重鎮テナー、スコット・ハミルトンのStunt Records第5弾登場。|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|live.gettymusic.com

スコット ハミルトン

金 男子シングル 金 男子シングル 金 男子シングル 金 男子シングル 金 男子シングル スコット・スコベル・ハミルトン( Scott Scovell Hamilton、 - )は、出身の選手で、現フィギュアスケート解説者。 男子シングル金メダリスト。 4連覇。 経歴 [ ]• 13歳から、夫妻に師事し、頭角を現した。 、地元アメリカ開催のに出場し5位となった。 翌1980-1981年シーズンので初優勝を飾り、以後4連覇を果たす。 同じくも1980-1981年シーズンから4連覇。 1984年にて金メダルを獲得。 同年にアマチュアを引退しプロ転向。 にはを立ち上げ、以後アイスショー等で活躍するかたわら解説者としても人気を博し、米放送局のフィギュア解説ではとともにおなじみの人物となっている。 、入り。 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語) 1896:• 1897:• 1898:• 1899-1900:• 1901-1905:• 1906:• 1907-1911:• 1912-1913:• 1914:• 1922:• 1923:• 1924:• 1925-1928:• 1929:• 1930-1936:• 1937-1938:• 1939:• 1947:• 1948-1952:• 1953-1956:• 1957-1959:• 1960:• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989-1991:• 1992:• 1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998-2000:• 2001:• 2002:• 2003-2004:• 2005-2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011-2013:• 2014:• 2015-2016:• 2017:• 2018-2019: 1979:• 1980-1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989-1990:• 1991:• 1992-1993:• 1994:• 1995-1996:• 1997:• 1998-2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006-2007:• 2008:• 2009:• 2010-2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015-2016:• 2017:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979: (非開催)• 1980:• 1981:• 1982:• 1983-1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996-1997:• 1998:• 1999-2001:• 2002:• 2003:• 2004-2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010-2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015-2016:• 1980: (非開催)• 1981-1982:• 1983:• 1984: (非開催)• 1985:• 1986:• 1987: (非開催)• 1988-1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994-1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:•

次の

Scott Hamilton(スコット・ハミルトン)の情報まとめ

スコット ハミルトン

Scott Hamilton ts スコット・ハミルトン 略歴 スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。 That's All 02. Indiana 03. Stuffy 04. Exactly Like You 05. Ill Wind 06. Broadway 07. The Blue Room 08. メインコメント : スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。 アルバムはスコット・ハミルトン、1977年の録音、ファースト・アルバム。 共演者は、ピアノがナット・ピアス、トランペットがビル・ベリー、ベースがモンティー・バドウィッグ、ドラムがジェイク・ハンナ。 おりしも時代はフュージョンブーム、その中において何ともオーソドックスなスタイルをひっさげ、若干22歳のスコット・ハミルトンがデビューした。 当時スコット・ハミルトンの評価は二つに分かれた。 一つはスウィング派の復権、レスター・ヤングの再来などメインストリーム・ジャズ・ファンからは大歓迎。 一つは時代遅れの懐古趣味、新鮮さが乏しいと非難される。 いつの時代もリスナーは、実に勝手なもので、好き勝手に言いたい事をいう。 本来、ジャズやブルースは、いいものを聴こうと思ったら、それこそ時代遅れの懐古趣味になってしまう。 演奏だが、ジャズの古典的な香りがたっぷり楽しめる。 不思議に思ったのは、なぜこの若かさで、こういう音が出せるのか。 やはり、そこがスコット・ハミルトンの凄いところ。 今でも精力的に演奏活動を行なっており、貴重なテナーマンの1人として、いつまでも頑張っていてほしい。 共演者にルビー・ブラフが参加しているため 「 Ruby Braff 」 でも同じ内容を掲載しています。 Recorded : February 1985 Personnel : Song name : 01. Sailboat in the Moonlight 02. Lover, Come Back to Me 03. Where Are You? 'Deed I Do 05. When Lights Are Low 06. Jeepers Creepers 07. Milkman's Matinee 08. メインコメント : スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。 ルビー・ブラフ (Ruby Braff 出生名 : Reuben "Ruby" Braff 1927年3月16日~2003年2月9日) はアメリカ合衆国ボストン生まれのジャズ・コルネット奏者。 アルバムはスコット・ハミルトンとルビー・ブラフ、1985年2月の録音。 演奏は、ジャズの創生期を実際に歩んできた大御所ルビー・ブラフとの共演が聴き処。 スコット・ハミルトンとルビー・ブラフとの歳の差は何と27歳。 ただジャズの場合、歳の差は、あまり関係ない。 お互いの楽器で意思の疎通があれば、それでいい。 という訳で、古き良き時代のスイングがゴージャスに再現される。 一見フュージョンっぽい、月夜にヨットのアルバムジャケットと、演奏の落差もこのランクになればご愛嬌。 ちなみに邦題のタイトルは 「月影のセイルボード」。 そのためリーダーである 「 Eddie Higgins 」 でも同じ内容を掲載しています。 Recorded : October 2 and 3, 2001 Personnel : Song name : 01. Melancholy Rhapsody 02. It's A Lonesome Old Town 03. You Don't Know What Love Is 04. By Myself 05. Smoke Gets In Your Eyes 06. Lullaby Of The Leaves 07. When The Sun Comes Out 08. Love Letters 09. When You Wish Upon A Star 10. All This And Heaven Too 11. メインコメント : エディ・ヒギンズ (Eddie Higgins 出生名 : Edward Haydn Higgins 1932年2月21日~2009年8月31日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。 スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。 アルバムはエディ・ヒギンズ、2001年10月2日・3日の録音、日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのリリース、邦題 「煙が目にしみる」。 メンバーは、ピアノがエディ・ヒギンズ、テナーサックスがスコット・ハミルトン、ベースがスティーブ・ギルモア、ドラムがビル・グッドウィン。 エディ・ヒギンズと言うよりは、スコット・ハミルトンのワンホーン・カルテットで聴いている。 ハスキーなテナーのスコット・ハミルトンと、エレガントでシックなピアノとの甘いブレンド。 もう、この手のアルバムは色々考えないで、全身全霊で上質なジャズに身をゆだねたい。 そのためリーダーの 「 Eddie Higgins 」 でも同じ内容を掲載しています。 Recorded : September 11 and 12, 2004 Personnel : Song name : 01. You'd Be So Nice To Come Home To 02. I'm A Fool To Want You 03. When Sunny Gets Blue 04. My Funny Valentine 06. It's All Right With Me 07. I Only Have Eyes For You 09. Don't Explain 10. Slow Boat To China 11. メインコメント : エディ・ヒギンズ (Eddie Higgins 出生名 : Edward Haydn Higgins 1932年2月21日 - 2009年8月31日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。 アルバムはエディ・ヒギンズ、2004年9月11日・12日の録音、日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのリリース。 共演者は、テナーサックスがスコット・ハミルトン、ベースがジェイ・レオンハート、ドラムがジョー・アシオーネ。 演奏は、一連の日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのエディ・ヒギンズ・シリーズ。 いよいよ、ここに至り完成の域に達した感じがする、まさに円熟。 個人的に、2000年を越えたあたりから、モダン・ジャズで、いいな~と思うアルバムが少なくなり淋しく感じていた。 ところが、このアルバムはそんな不満を一機に解消させてくれた。 (青木高見).

次の