ヨルシカ 言っ て 歌詞。 【ヨルシカ/言って。】歌詞とMVの意味を徹底解釈!「雲と幽霊」と合わせて考察すると更に泣ける!?

美しすぎて切なすぎる!心が震える、ヨルシカの楽曲の魅力をご紹介!

ヨルシカ 言っ て 歌詞

これを踏まえた上で 歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は あの頃の景色を見に行くんだ 遠い街の海辺 子供のとき見た露店街 歩き疲れた脚で そこらのベンチでバスを待って その後はどうしよう 何で歩いてたんだろう 何も知らなくたって 何も聞けなくたって いつか君が忘れても それでも見ているから 夏の陰に座って 入道雲を眺めるだけでどこか苦しくて 空が高いよ ねぇ このままずっと遠くに行けたらいいのにな 夜しかもう眠れずに 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、だからさ 君もさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうだろう きっと君には見えない スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 上でも述べましたが 前提として主人公は亡くなってしまい 幽霊になってしまっています。 幽霊になった今でも 愛しい君のことが気になるのです。 だから、 現世と あの世という 遠くの君を見に行くとあるのです。 しかし、見に行ったとしても 幽霊であるために 想いを伝えることもできないのです。 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 夏の終わりには 君との思い出が たくさん積もっているのでしょう。 六畳の地球というのは 広い地球の中でも 君との思い出が鮮明に残っている 狭くて深い部分 を指すのだと思います。 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている この部分は、君との夏の思い出を 想起しているのでしょう。 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君をたどっていく主人公ですが 当然ですが 幽霊であるために• 何も見えない• 何も聞こえない• 誰も気づかない のです。 しかし、そんな状況でも きっと何かが伝わるはず と主人公は確信しています。 それほどまでに 深い仲だったのでしょう。 サビ1 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊の主人公はついに君を見つけます。 そして 君の隣に座るのです。 しかし、幽霊であるために なにも伝えることができません。 ただただ空を見上げることしかできません。 雲が遠いね ねぇ の部分は、 雲よりも更に上にいる自分と 生きている君との 距離感を 痛感しているのではないでしょうか。 最後には君が自分を忘れて 前に進めるように 「だからさ、もういいんだよ」 と言葉を残します。

次の

【ヨルシカ/雲と幽霊】歌詞とMVの意味を徹底解釈!「言って」で亡くなった男の子と重なる!?

ヨルシカ 言っ て 歌詞

これを踏まえた上で 歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は あの頃の景色を見に行くんだ 遠い街の海辺 子供のとき見た露店街 歩き疲れた脚で そこらのベンチでバスを待って その後はどうしよう 何で歩いてたんだろう 何も知らなくたって 何も聞けなくたって いつか君が忘れても それでも見ているから 夏の陰に座って 入道雲を眺めるだけでどこか苦しくて 空が高いよ ねぇ このままずっと遠くに行けたらいいのにな 夜しかもう眠れずに 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、だからさ 君もさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうだろう きっと君には見えない スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 上でも述べましたが 前提として主人公は亡くなってしまい 幽霊になってしまっています。 幽霊になった今でも 愛しい君のことが気になるのです。 だから、 現世と あの世という 遠くの君を見に行くとあるのです。 しかし、見に行ったとしても 幽霊であるために 想いを伝えることもできないのです。 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 夏の終わりには 君との思い出が たくさん積もっているのでしょう。 六畳の地球というのは 広い地球の中でも 君との思い出が鮮明に残っている 狭くて深い部分 を指すのだと思います。 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている この部分は、君との夏の思い出を 想起しているのでしょう。 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君をたどっていく主人公ですが 当然ですが 幽霊であるために• 何も見えない• 何も聞こえない• 誰も気づかない のです。 しかし、そんな状況でも きっと何かが伝わるはず と主人公は確信しています。 それほどまでに 深い仲だったのでしょう。 サビ1 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊の主人公はついに君を見つけます。 そして 君の隣に座るのです。 しかし、幽霊であるために なにも伝えることができません。 ただただ空を見上げることしかできません。 雲が遠いね ねぇ の部分は、 雲よりも更に上にいる自分と 生きている君との 距離感を 痛感しているのではないでしょうか。 最後には君が自分を忘れて 前に進めるように 「だからさ、もういいんだよ」 と言葉を残します。

次の

【ヨルシカ/言って。】歌詞とMVの意味を徹底解釈!「雲と幽霊」と合わせて考察すると更に泣ける!?

ヨルシカ 言っ て 歌詞

これを踏まえた上で 歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は あの頃の景色を見に行くんだ 遠い街の海辺 子供のとき見た露店街 歩き疲れた脚で そこらのベンチでバスを待って その後はどうしよう 何で歩いてたんだろう 何も知らなくたって 何も聞けなくたって いつか君が忘れても それでも見ているから 夏の陰に座って 入道雲を眺めるだけでどこか苦しくて 空が高いよ ねぇ このままずっと遠くに行けたらいいのにな 夜しかもう眠れずに 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、だからさ 君もさ、もういいんだよ 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうだろう きっと君には見えない スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 幽霊になった僕は 明日遠くの君を見に行くんだ その後はどうしよう きっと君には言えない 上でも述べましたが 前提として主人公は亡くなってしまい 幽霊になってしまっています。 幽霊になった今でも 愛しい君のことが気になるのです。 だから、 現世と あの世という 遠くの君を見に行くとあるのです。 しかし、見に行ったとしても 幽霊であるために 想いを伝えることもできないのです。 幽霊になった僕は 夏の終わり方を見に行くんだ 六畳の地球で 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている 夏の終わりには 君との思い出が たくさん積もっているのでしょう。 六畳の地球というのは 広い地球の中でも 君との思い出が鮮明に残っている 狭くて深い部分 を指すのだと思います。 浅い木陰のバス停で 夜に涼む君の手 誘蛾灯に沿って石を蹴った 街の薄明かりが揺れている この部分は、君との夏の思い出を 想起しているのでしょう。 何も見えなくたって 何も言わなくたって 誰も気付かなくたって それでもわかるから 君をたどっていく主人公ですが 当然ですが 幽霊であるために• 何も見えない• 何も聞こえない• 誰も気づかない のです。 しかし、そんな状況でも きっと何かが伝わるはず と主人公は確信しています。 それほどまでに 深い仲だったのでしょう。 サビ1 君と座って バス停見上げた空が 青いことしかわからずに 雲が遠いね ねぇ 夜の雲が高いこと、本当不思議だよ だからさ、もういいんだよ 幽霊の主人公はついに君を見つけます。 そして 君の隣に座るのです。 しかし、幽霊であるために なにも伝えることができません。 ただただ空を見上げることしかできません。 雲が遠いね ねぇ の部分は、 雲よりも更に上にいる自分と 生きている君との 距離感を 痛感しているのではないでしょうか。 最後には君が自分を忘れて 前に進めるように 「だからさ、もういいんだよ」 と言葉を残します。

次の