姿勢 矯正 ベルト。 姿勢矯正ベルトおすすめ人気ランキング5選!効果で徹底比較!【ダイエット効果】

【徹底比較】猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング20選

姿勢 矯正 ベルト

猫背による頭痛、肩こり、腰痛、下半身太り(下半身デブ)に悩んでいる方も多いのでないしょうか。 姿勢って自分の意思だけではなかなか直らないですよね。 私自身が小学生の頃からひどい猫背で、「遠くから見ても猫背で歩いてるから見つけやすい」と母親からよく言われました。 猫背のせいで、昔から肩こりや腰痛が酷く、最近では特に、朝起きたときにぎっくり腰になったのではないかと思うぐらい、すぐに立ち上がることができなくなってきました。 また、年齢のせいもあると思いますが代謝も悪くなり、下半身太りも酷くなってきました。 これはいけないと思い、ヨガやピラティスに通ったり、マッサージや整体にも行きたいところですが、3人子育て中の我が家にはそんな余裕を楽しむようなお金がありません。 ウォーキングも未就園児の子供がいるため連れて行かざるを得ませんが、長時間はグズってしまうので無理。 家事をしながら何かできないかなと思っていました。 ネットで姿勢矯正ベルトを購入し、家事をしながらつけているのですが、最近少し腰がラクになってきたのでレビューしたいと思います。 FONSANYの姿勢矯正ベルトのサイズ サイズは 5サイズあります。 私は普段の洋服はMサイズなのですが、最近太ったこともあり、Lサイズを購入しました。 FONSANYの姿勢矯正ベルトの使い方 使い方も何もないのですが、一応、着方をご紹介します。 本体ベルトの中心が自分の背中に当たるように着用します。 締め付け感を調整しながら、マジックテープを固定します。 Wクロスベルトを伸ばし、好みの固定力で調整しマジックテープを止めます。 背中はこのようになっています。 FONSANYの姿勢矯正ベルトの素材 このようなメッシュ素材になっており通気性があります。 厚手の生地ではありませんが、伸縮性があるしっかりとした生地なので、真夏の屋外は暑いかもしれません。 FONSANYの姿勢矯正ベルトのレビュー• 普段着ているサイズの1サイズ上を購入した方がいいとのことで、Lサイズを購入したのですがぴったりでした。 腰回りは若干の余裕があります。 少し大きくてもマジックテープで調整できるので、1サイズ上を購入した方が痛くなったりしないと思います。 背中がグーッと後ろに引っ張られる感覚があり、とても気持ちが良いです。 歩くときに目線が高くなったような気がします。 腰回りをしっかりサポートしてくれるので、腰痛が少しラクになりました。 矯正ベルトなのでロボットのようになって動きづらいのかなと思っていたのですが、伸縮性のある生地なので体を動かしやすく、家事や子供の世話をしながら着用しても全く問題ありません。 調整しやすいので、体勢によって少し苦しいなと感じたときはすぐに微調整することができます。 朝起きてからお風呂に入るまでずっと着用しているのですが、体が痛くなったりつらくなったりしません。 FONSANYの姿勢矯正ベルトのまとめ 姿勢矯正、骨盤矯正、補正下着など、体のラインを整えてくれるアイテムはたくさんありますが、着用していて無理のないもの、痛くならないものが続けていく上で大事だと思います。 FONSANYの姿勢矯正ベルトはよく伸びる伸縮素材で微調整もしやすく体が痛くならないので、家事をしながら、子育てしながら、仕事しながらの「ながら」で正しい姿勢に直してくれます。 正しい姿勢もそうですが、背中が後ろに引っ張られて本当に気持ちがいいので、ぜひ試してみてください。

次の

姿勢矯正ベルトおすすめ人気ランキング5選!効果で徹底比較!【ダイエット効果】

姿勢 矯正 ベルト

姿勢矯正ベルトとは 運動不足やパソコンを使用したデスクワーク、スマホの利用などによって、猫背の人が非常に多いです。 猫背は健康に悪影響なのはもちろん、見た目もよくありません。 そんな姿勢の悪さを矯正してくれるのが 「姿勢矯正ベルト」です。 装着するだけで背筋がぴんと伸びる効果があり、手軽に使えるのが特徴です。 姿勢が悪いとこんな悪影響がある 姿勢が悪いと、以下のような 悪影響があります。 肩こり・腰痛 通常の状態では、背骨は緩やかなS字カーブを描いており、この形状が重い頭をクッションのように支えてくれます。 ですが、猫背になると頭が前方に突き出すような形になり、重さが背骨よりも前側にかかってしまいます。 そうすると背骨で頭の重さを支えることが出来ず、肩の筋肉に負担がかかり、筋肉がこわばってしまいます。 筋肉がこわばることで血行も悪くなり、肩こりがひどくなります。 この状態では骨盤にも歪みが出たり、 無理な体勢で体を支えるため腰に負担が増したりして腰痛にもなってしまいます。 頭痛 血行が悪くなり肩こりや腰痛がひどくなると、頭痛が起こることがあります。 これを 「筋緊張性頭痛」と呼び、肩こりの人の多くが経験したことのある頭痛です。 内臓への負担 猫背になると肩甲骨が前側に出るような状態になると胸郭も縮こまってしまうため、 内臓が圧迫されて大きな負担がかかります。 呼吸のしづらさ 胸郭が狭まることで肺がふくらみにくくなるため、 深い呼吸をしにくくなります。 呼吸がしづらくなることで体内でのガス交換がうまく行かなくなり、疲れやすくなったり睡眠が浅くなったりします。 呼吸が浅くなると エネルギー消費量も少なくなるため、痩せにくくなります。 冷え性・むくみ・基礎代謝量の減少 筋肉が緊張すると血管が圧迫され、血行が悪くなります。 血行不良によって冷え性になったり、不要な水分や老廃物の排出がうまくいかなくなって むくみの原因になったりします。 冷え性やむくみはダイエットの大敵ですし、 血行が悪くなることで基礎代謝量も減少してしまい、さらに痩せにくい体になります。 姿勢矯正ベルトによってダイエット効果も! 姿勢矯正ベルトをつけて姿勢が良くなると、 ダイエットにも大きな効果が出るようになります。 血行促進によって痩せやすい体になる 姿勢を矯正することで 血行が促進されたり、肩こりが改善したりします。 血行が良くなると基礎代謝量が増えたり、むくみや冷え性が改善され、痩せやすい体になっていきます。 正しい姿勢を維持する筋肉がつく 背筋をまっすぐに伸ばしているうちに背筋の強化にもつながり、 筋肉量が増えることでさらに痩せやすい体にもつながっていきます。 正しい姿勢が維持できれば内臓の働きも活発になりますから、エネルギーも燃焼されやすくなりますし、 ダイエットの大敵である便秘の解消にもつながります。 運動効率もアップ 運動をするときにも正しい姿勢で行えるため、運動効率が良くなり、より 脂肪燃焼効果が高まっていきます。 また、姿勢が悪いまま運動すると怪我に繋がる可能性もあるため、必ず正しい姿勢で行いましょう。 姿勢矯正ベルトの選び方 姿勢矯正ベルトを選ぶ際は、 以下のポイントをチェックしましょう。 肌触りをチェック 肌触りの良さ、通気性の良さ、フィット感など、しっかりと素材をチェックしましょう。 Tシャツなどの上からつけることがほとんどですが、硬い素材では動いたときにすれてしまい、不快な思いをすることが多いです。 サイズをチェック サイズ調整をできるものが多いですが、フリーサイズのものやサイズの分類がされているものがあります。 特に 自分の身長・ウェスト・胸囲は測っておくと良いでしょう。 価格をチェック 中には1,000円を切る価格で良質な商品もありますが、 安すぎるものは避けておいた方が無難です。 価格が高ければ良いというわけではありませんが、高めの商品の方が高品質であることが多いですから、 悩んだときには少し高めの価格帯のものを購入しましょう。 装着したときに目立ちにくいものを選ぶ 装着したまま外出するという場合に備え、 上から衣服を着ても目立ちにくいものを選びましょう。 厚みのあるものは服を着たときにも目立つ場合があります。 姿勢矯正ベルトに加えてやっておきたいこと 姿勢矯正ベルトだけでなく、固まった筋肉をほぐすために しっかりお風呂で温まったりストレッチをしたりということが大切です。 矯正ベルトをつけていないときでも、立っているときは胸を張るようにしたり、座っているときには骨盤が立つような座り方を心がけましょう。

次の

【徹底比較】猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング20選

姿勢 矯正 ベルト

猫背矯正ベルトの効果 パソコンやスマホの普及した現代では猫背に悩む人が沢山いますが、あなたも猫背からくる不調や見た目の悪さから猫背を改善しようと「矯正ベルト」を考えたのではないでしょうか。 もしかするとすでにいくつかベルトを試したけれど猫背が改善できなかった人もいるかもしれませんね。 ここでは猫背矯正ベルトによる効果を「猫背の原因」から解説し、それに対して「どんなメリット・デメリット」があるのか、また「ベルトに頼らない猫背矯正」までを紹介していきます。 ベルトの前に知ろう「猫背の原因」 1-1. 筋肉や関節の硬さ 猫背とは背中が丸くなった状態ですが、反対に言えば「前側は縮んだ状態」です。 この時「首の前・胸・お腹」などの前側の筋肉が硬くなって縮んでいるので、背筋を伸ばそうと思っても前側から引っ張られて伸びられない状況になります。 また「横隔膜などの深層筋」も硬くなり、カラダの中からも縮んでいます。 さらに常に丸まって動きが少なくなった背骨や、前に張り出した肩甲骨は段々そのままの位置で固定されていきます。 こうして「猫背仕様」になった筋肉や関節は固まり「良い姿勢にすると苦しい」と感じてまたすぐに猫背に戻ってしまうのです。 1-2. 体幹の弱さ 体幹とは「カラダを支える胴体」の事であり、お腹側は「腹横筋」が、背中側は「多裂筋」が、この2つで胴体をグルリと囲むコルセットを形成しています。 そのコルセットの天井には「横隔膜」が蓋をし、コルセットの底は「骨盤底筋」が支えています。 この4つの筋肉は「インナーユニット」と言われ、内側から「土台」としてカラダを支えているのです。 という事はこれらの筋肉が弱くなると「体の幹が潰れた」状態になり、内側から支えられなくなった身体は「お腹はポッコリ・背中は丸く」と猫背の原因になります。 1-3. カラダの歪み カラダの歪みも猫背の大きな原因となります。 単純にイメージしても「傾いたりズレている積み木」は真っすぐに立っていられないですよね。 人間も同じで、骨盤や骨格に歪みがあるときちんと積み重ならないのです。 この歪みが残ったままではいくら前側の筋肉を緩めても体幹を鍛えても、骨格でカラダを支えづらいので結局猫背に戻ってしまうケースが多いでしょう。 そして「歪みは猫背を呼び、猫背は歪みを増長する」ので、進行した猫背はに記したような様々な症状を呼び込んでしまうのです。 1-4. 普段の姿勢 これは当たり前ですが、普段の姿勢が悪い人は猫背になりどんどん進行しやすいです。 仕事中や勉強中はもちろん、スマホや読書などでうつむき姿勢が多い人もさらに猫背を悪化させます。 また座って足を組む・いつも同じ肩にカバンを掛ける・片肘付いて運転する等、他にも気づかぬうちに自分で「カラダを歪ませる姿勢」を取っている人が多いので要注意ですよ。 原因について詳しく知りたい人はに上記4つ以外にも記してあります。 「猫背矯正ベルト」の効果 2-1. 猫背矯正ベルトの「メリット」• 強制的に姿勢を伸ばされる事で、姿勢意識が改善される• 装着している間は良い姿勢に見える• 体幹のインナーユニット強化につながる場合がある これを見てわかるように代表的な効果は「着けている間は良い姿勢」に見えるという事です。 つまり「これから猫背を改善していこうとする人には不向き」であり「一時的に猫背に見えないようにしたい人向け」のものとイメージした方が良いかもしれませんね。 ただし他の猫背改善策と並行するならば効果を発揮してくれるケースもあります。 背筋が伸びたことがない人に「伸びた感覚」を意識させてくれ、また矯正ベルト着用中もそれに頼り切らないで「体幹で支えるように意識」できればインナーユニットが働いて少しづつ強くなります。 2-2. 猫背矯正ベルトで「効果が無いこと」• 硬くなった筋肉は緩まない• 背骨の動きは固いまま• 歪み改善はできない• 呼吸が浅くなりがち• 頼りきると自分の筋力が落ちる 上記の5つを見て分かるように「猫背の原因」に対しては「矯正効果は期待できない」という事です。 さらに本来自分の筋力でカラダを支えなければいけないのにベルトに頼りきる人が多く、それではどんどん筋力が落ちていきます。 またもともと猫背で「腹式呼吸」ができていないうえに矯正ベルトによって肩や背中を固められると、意識が上にあがって「胸式呼吸」になってしまいます。 これは首・肩・胸が疲れて硬くなり、横隔膜が動かないのでインナーユニットは弱くなっていきます。 詳しくは「猫背の原因」の記事に。 2-3. もちろん個人個人の体形によっても付け心地は変わってくるので必ず試着してみてからをおすすめしますが、値段が高ければそのぶん矯正効果が期待できる訳ではなさそうですね。 ベルトに頼らない猫背矯正法 ベルトでは矯正効果があまり期待できないと解説してきましたが、絶対に使わない方が良いと言っている訳ではありません。 実際に矯正ベルトによって猫背を改善できた人も居るはずですから。 ただし矯正できた人たちはベルトだけに頼ってはいなかったはずです。 「自分で身体を支える」という意識を持ってストレッチ・運動・普段の姿勢などにも積極的に取り組んだ人ではないでしょうか。 それくらいの意識がある人ならば矯正ベルトを使用しても「頼りきらない」で「良い姿勢への意識」という効果だけを貰う事ができる訳です。 あなたも「矯正ベルトの良いとこ取り」をする為には「自分の骨格と筋肉でカラダを支える」という意識を持って、自分でできるケアにも取り組んでいきましょう。 猫背矯正は簡単ではないですが地道にやっていけば着実に効果は表れてくるので、そのための方法を以下に記しておきますね。 また自分ではどうしても猫背矯正できなかったという人は、身体のプロである整体に掛かる事で全然違った効果を感じられるはずです。 もしかすると猫背矯正への一番の近道になるかもしれませんね。 にて効果のある整体院の見つけ方を記しておきます。 百害あって一利なしの猫背。 あなたもぜひ矯正して心身ともに健やかな毎日を送って下さいね。

次の