進撃 の 巨人 アニメ 動画 ブログ。 進撃の巨人3期動画の見逃し配信を見るには?AniTube以外で全話視聴する方法を紹介!

アニメ進撃の巨人はどこで見れる?1話から全話見れる見逃し動画配信サイト(Season1,2,3)

進撃 の 巨人 アニメ 動画 ブログ

進撃の巨人アニメ最終回の坑夫の話最近憲兵団系の話が多くて世界の謎にあんま触れていない進撃の巨人だが、 そろそろ壁の謎が明かされそうだなーってタイミングな気がするのでこれ記事にする。 突然過ぎて波紋を呼んだよな。 うだるように暑い日の夜、1人の坑夫が地下から壁を越え、ウォールシーナに入ろうと試みた。 ウォールシーナに行けばいい暮らしができるかもしれないーー数日前、炭坑に入って円匙を振るっている時に突然そんな考えが坑夫に浮かんだ。 それはある意味においては啓示と言ってもよかった。 それから坑夫は何日かけて歩きまわり、 壁沿いに密生する森のなかに堀削地点を定めた。 そこなら誰も来ないし、頭上を覆う葉っぱが壁上で監視に立つ兵士から穴を掘る自分の姿を隠してくれるはず。 彼はそう考え、翌日の夜を決行日とした。 坑夫は使い慣れた大きな幅広の円匙えで地面を掘った。 作業は順調に進んだ、穴の深さはすぐに自分の背丈を越えた。 すくい上げた槌を外に放りだせなくなると、土を布の袋に詰めて、梯子を上がって外に捨てた。 時折水を飲み、凝り固まった筋肉を解す時以外は握ることに没入した。 穴を掘るという行為に大して、坑夫は絶対的な自信を持っていた。 彼は十年間休むことなく穴を掘り続けたきたのだ。 そしてその間に彼は誰よりも深く早く、効率的に穴を掘るすべを身につけた。 誰もが手を焼くひどくやっかいな坑道でも坑夫にかかればあっという間に道が開けた。 しかしその日は少し様子が違った。 何時間掘り続けてもまるで先が見えない。 途中で何度か横に円匙を入れてみたが、無駄だった。 壁の基礎はどこまでも深く地中に根を下ろしており、坑夫の行手を阻んだ。 それでも坑夫は決して諦めることはなかった。 坑夫はただ壁を征服してやりたいと思っていただけだ。 穴を掘り続けた俺の二十年をかけて、絶対にこの壁を越えてやる。 ひっきりなしに流れる汗を拭きながら、坑夫はそう心を決めていた。 円匙の先が固い岩盤に当たったのは坑夫が自分の背丈の4倍か5倍以上は掘った時のことだった。 岩盤?と坑夫は思った。 それは支柱に根をおろした壁の基礎と同じ材質でできているようだった。 坑夫は岩盤に力いっぱい円匙を振り下ろした。 岩盤には傷ひとつつかず、円匙の方が壊れた。 坑夫はこれまで二十年かけて掘ってきたどの穴よりも深く大きくため息をついた。 「壁?」坑夫の友人はいくらか怪訝な顔でそう訊いた。 「変な話だろう」と坑夫は行った。 そして糸口酒を飲んだ。 「地面の中にまで壁があるなんてな」二人は場末の酒場の奥まった場所にあるテーブルに向かい合って座っていた。 坑夫はたいてい仕事の後で唯一の友人である彼とそこで酒を飲んでいた。 その日(というのは、坑夫が壁を抜けようとした翌日のことだが)も坑夫は仕事が終わるとどちらから誘わというわけでもなく彼と酒場に入り、そこで昨夜の出来事を打ち明けた。 この友人なら誰かにもらすはずはないとおもったのだ。 「俺達はもしかしたら地上だけではなく、地下までの壁に囲まれているかもしれないな」と坑夫は言った。 「なあ、そもそも壁ってのはいったいーーーー」友人は咳払いをして坑夫の言葉を遮り、そして酒場の中を見回した。 酒場にいる客は酒を飲んだり、看板娘を口説いたり、大声でしゃべることに忙しいらしく、そりらを見ている者は誰も居なかったそれでも坑夫もそれ以上壁について話すことをやめた。 もし誰かに聞かれでもしたらあっという間に憲兵が来ることになる。 「まあいいじゃないか」と友人は気を取り直して言った。 「これまで通りここで暮らせばいい。 貧乏に変わりはないけど、毎日仕事があって酒が飲める。 それで十分だ。 そうだろ?」「ああ」と坑夫は言った。 「その通りだ。 また地道に穴を掘るよ。 結局のところ、俺にはそれが似合ってるんだろう。 しかし 翌日坑夫は仕事場に姿を表さなかった。 次の日も、その次の日も坑夫は仕事には来なかった。 坑夫の友人は彼の家を何度か訪問したが、いつ行っても坑夫はいない。 また坑夫には親兄弟も連れ合いも親しく付き合ってる友人もいないから、彼の行方をに心当たりある人間はひとりも見つからなかった。 坑夫の友人はどうしようかと迷ったが、やはり坑夫の試みも含めた全ての出来事を駐屯兵団に話した。 そして翌日から駐屯兵団と憲兵団による大々的な合同捜索が始まった。 それは1人の貧乏な坑夫ーー地面を掘って壁を抜けようと試みた犯罪者であるがーーの行方を捜すにはいささか大仰に過ぎるものだった。 何故彼らがここまで躍起になるのか、坑夫の友人は理解できなかった。 しかし坑夫はとうとう見つからず、彼が掘ったという穴もついに発見されることはなかった。 そしてまた坑夫の友人はある日突然姿を消し、その行方は現在も不明のままである。 坑夫を連れ去ったのは誰? 当時はこの話「王政こえー」とか「坑夫は明らかに王政に消された」「壁はシャーレ状」とか言われていたが、なんか改めてみると疑問が色々と浮かぶ。 「坑夫は本当に何者かに行方不明にさせられたのか」 「何故坑夫と、坑夫の友人とで行方不明になるタイムラグがあるのか?」 「穴は何故発見されなかったたのか」 って思った。 13巻に出てきた中央第一憲兵団のニック司祭の殺害みたく、坑夫もそういう輩が殺害したと仮定すると、色々と腑に落ちない点が出てくる。 その根拠としては「憲兵団が坑夫の捜索した」から 坑夫の友人はどうしようかと迷ったが、やはり坑夫の試みも含めた全ての出来事を駐屯兵団に話した。 そして翌日から駐屯兵団と憲兵団による大々的な合同捜索が始まった。 それは1人の貧乏な坑夫ーー地面を掘って壁を抜けようと試みた犯罪者であるがーーの行方を捜すにはいささか大仰に過ぎるものだった。 これをいま見て、「何故憲兵団と合同捜査をしたのか。 友人を消すだけでは駄目だったのか?」と言う疑問が浮かんだ。 もし中央第一憲兵団みたいな情報統制する輩が坑夫を消していたことが確定なら、捜査をする必要ってあったのかな? 特に、駐屯兵団との合同捜索という大規模な捜査は憲兵団の上層部が指示を出したと仮定できる為、憲兵団が坑夫を消していたとしたらその友人だけ消せば良い話。 捜索をした理由が不明になるし、何故坑夫と一緒のタイミングで友人も消さなかったのかという疑問が残る。 よってここからは妄想だけど 「坑夫自らが何かに気づき行動」って可能性も出てくると思うんだよなー。 壁の秘密に気づき別の場所で穴を掘って何かやっていたところ、世界の秘密を知ってそうなグリシャみたいな輩と行動を共にしたとかな。 果たして坑夫は何者だったのか。 もしかして現在、進撃の巨人本編に出ているキャラクターなのかとかな。 上記のように大規模捜査が行われたらしいが、結局穴が発見されなかったっぽいじゃん。 なので証拠隠滅されたことは確定的だが、誰が憲兵団との捜索の前に証拠隠滅をしたのか気になるわ。 憲兵団とか駐屯兵団にもそれを知られてはならないと思う者が何か証拠隠滅をはかったかとか色々妄想が出来るな。 ちなみに この騒動が起きたのは「784年」で、エレン達104期訓練兵が卒業したのが「850年」なので役60年以上前の出来事になる。 そしてその60年前とは丁度ユミルが巨人になってさまよい始めたと思われる時期と一致する。 つまりこの784年頃にユミルの身に何かおこったことは確定的である。 何故アニメ最終回でわざわざ784年の坑夫の話を出したのかという疑問の回答にも、ユミルが何かしら絡んでいるのかもしれない。 ユミルだけは無知性巨人として60年彷徨った時間と老いを超越するキャラな訳だしな。 なのでこの時期に坑夫とユミルの身に何があったのかがすげえ気になる。 名無しのお前らが進撃してくる!• ところでエレンの家の地下室っていうのは普通に地下一階レベルの地下室なんだよね? ずんずん下へ下へ降りていけるような地下空間ではないよね? トンネルの向こうは、壁外でした。 みたいなことはないよね? なんだかこのシャーレ状の壁内って疑問点がいくつかわいてくる。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年06月22日 20:40 ちょっと考察してみました。 段階を箇条書きで記して、語り部を推測してみます。 1.坑夫を中央憲兵が始末する。 2.その後坑夫の友人が駐屯兵に相談して駐屯兵に相談。 3.駐屯兵、憲兵に話が行く。 4.表向きの憲兵は中央憲兵の動きは知らない(ナイル談)ので、中途半端に壁の秘密に近い憲兵が一大事、と捜査網を敷く。 この話の語り部としては中央憲兵。 中央憲兵が自分たちを出さずに、「壁に穴開けようとか掘って下からとか考えんなよ」という教訓だけを植え付けるために流布したもの。 その内「掘る人」がまた出てくるだろうし、そういう人にとっては秘密でもなんでもないこと、そんな人に諦めてもらうための手段。 以上つたない頭で考えてみました。 悪い予想じゃない気がするのですが、でもこの考察だと後の物語にはつながりにくいですね。 名無しのお前らが進撃してくる!• 2014年06月23日 13:11 この坑夫が猿の正体ってことはないか? 立体起動装置がいつからつかわれていたのか判らないので憶測だが、 60年以上前に姿を消した坑夫=猿なら立体起動装置を知らない事も不思議ではない気がする。 これも憶測で申し訳ないが、坑夫がウォール・シーナに入ろうとしていたのと、 猿が拠点を壁外ではなく、壁内の壁の近くにあるくウトガルド城にいた、または生活していたことが 偶然とは思えない気がする。 それを踏まえて考えると、坑夫が穴を掘っている最中になんらかの事があって、結果ウトガルド城で生活する事になり(ニシンの缶詰はその時もの)、なんらかのきっかけで猿になる、もしくは穴を掘っている最中に何かがあって猿になり壁を越えてウトガルド城で生活ってのが俺にはしっくりくるんだけどどうだろうか。 名無しのお前らが進撃してくる!• なので、猿の中身が坑夫(大人)でもありかなって思ったんです。 確定してません。 ただ、猿がもし壁内で生活しているとすれば(ここも憶測で申し訳ありません)、街から離れた城は猿にとってぜっこうの住処になるし、壁も近くにあるので登ってしまえばどこか逃げるにしても都合がいいと思うんですよね。 見張りもあんまり居なさそうだし。 今わかっている範囲で、もし自分が猿ならここを拠点にするのは有りかなっと。 47と同じく猿が坑夫だったら面白いなって思ったし、アニメの最終話で坑夫の話が出たのも何かの伏線だと思うので、もしかしたらって猿が坑夫なのも考えられるなと思いました。 みなさん、こんな漠然とした浅い考察にコメントをくれてありがとうございます!.

次の

進撃の巨人3期動画の見逃し配信を見るには?AniTube以外で全話視聴する方法を紹介!

進撃 の 巨人 アニメ 動画 ブログ

75 困難(2014年)14巻限定版収録 104期が訓練する話• 1 二千年後の君へ• 2 その日• 3 絶望の中で鈍く光る• 75 困難 【OAD】• 4 解散式の夜• 5 初陣• 6 少女が見た世界• 7 小さな刃• 8 心臓の鼓動が聞こえる• 9 左腕の行方• 10 応える• 11 偶像• 12 傷• 13 原初的欲求• 14 まだ目を見れない• 15 特別作戦班• 16 今、何をすべきか• 17 女型の巨人• 18 巨大樹の森• 19 噛みつく• 20 エルヴィン・スミス• 21 鉄槌• 22 敗者達• 23 微笑み• 24 慈悲• 25 壁• 26 獣の巨人• 27 ただいま• 28 南西へ• 29 兵士• 30 ヒストリア• 31 戦士• 32 打・投・極• 33 追う者• 34 開口• 35 子供達• 36 突撃• 38 狼煙• 39 痛み• 40 昔話• 41 信頼• 42 回答• 43 罪• 44 願い• 45 オルブド区外壁• 46 壁の王• 47 友人• 48 傍観者• 49 奪還作戦の夜• 50 はじまりの街• 51 雷槍• 52 光臨• 53 完全試合(パーフェクトゲーム)• 54 勇者• 55 白夜• 56 地下室• 57 あの日• 58 進撃の巨人• 59 壁の向こう側.

次の

進撃の巨人(TVアニメ) アニメブログ・テーマ

進撃 の 巨人 アニメ 動画 ブログ

Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第1話『二千年後の君へ』 四方を50mを超える壁に囲まれた街・シガンシナ地区。 人々は壁の外の巨人から自分たちを守るため、この巨大な壁を作りあげたのだった。 外の世界に憧れる少年・エレンと、彼のよき相談相手であるミカサは、壁の中で平和な時を過ごしていた。 そんなある日、壁の外を探索に行った調査兵団が、この町に帰還するのを知る。 第2話『その日』 シガンシナ地区を襲った巨人は、そこで生活していた人々の日常を一変させた。 悲鳴と怒号が飛び交うなか、我先にと逃げる人々をおもむろにつまみあげ、次々に口の中へと放り込んでいく巨人の姿は、人類はただのエサに過ぎないことを実感させるのに十分だった。 目の前にいた母を救えず、己の無力さを痛感したエレンは、巨人への憎しみを募らせる。 「あいつらを駆逐してやる……この世から……一匹、残らず!」• 第3話『絶望の中で鈍く光る』 巨人殺しの最も有効な手段「立体機動術」を身に付けるため訓練兵団に入団したエレン、ミカサ、アルミン。 キース教官の課す厳しい訓練の過程で、出身も考え方も異なる同期同士の連帯感が芽生える。 立体機動術の前段階である姿勢制御訓練をミカサやアルミン、同期の仲間たちが難なくクリアしていくなか、エレンは無様に失敗してしまう。 兵士としての適正がなければ開拓地へと送られ、人類の食糧を支える「生産者」になるほかないが……。 第4話『解散式の夜』 訓練兵団に入団して3年。 キース教官のもと厳しい訓練を経たエレン、ミカサ、アルミンたちに、いよいよ卒団の時期が迫っていた。 そんななか、エレンは「立体機動術」などの巨人殺しの技術を磨くことが、同時に巨人からいち早く安全圏に逃れる技術に繋がっている矛盾に気づく。 訓練兵団での成績上位者は内地にて王の元で民を統制し、秩序を守る憲兵団に入れるのだが……。 第5話『初陣』 シガンシナ区の惨劇から5年、エレンは「ウォール・マリア」破壊のきっかけとなった巨人と対峙していた。 立体機動装置を作動させ、巨人の急所であるうなじを狙い攻撃を加えるエレン。 しかし、突如発生した大量の蒸気に巨人を見失ってしまう。 破壊された開閉扉、壁の修復にあたりながら、巨人の第二波進軍に備えるエレンたち。 はたして、迫りくる巨人たちに一矢報いることはできるのか!? 第6話『少女が見た世界』 トーマス、ナック、ミリウス、ミーナ、エレン……巨人の前に次々に斃れていく34班の仲間たち。 一人生き残ったアルミンは救助に訪れたコニーに声をかけられるが、あまりの出来事に現実を受け入れられないでいた。 エレンとは別の部隊で巨人と戦っていたミカサは、エレンと出会ったときのことを回想する。 第7話『小さな刃』 一時撤退の鐘が鳴ったものの、立体機動装置用のガスが尽きかけているため、壁を登れないジャン、コニー、アルミンたち訓練兵。 そこにミカサが追いつき、補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に向かうことを提案する。 しかしそこには多数の巨人たちが群がっていた。 先陣を切って本部奪還に向かうミカサだが……。 第8話『心臓の鼓動が聞こえる』 窮地に陥ったミカサを救った巨人を補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に群がる巨人たちを倒せないか、と提案するアルミン。 その提案を受け、コニーの援護のもとミカサは駐屯兵団本部を目指す。 一方、ジャンたちは立ち塞がる巨人たちをすんでのところでかわしながら、ミカサたちよりひと足早く本部に辿りついていた。 第9話『左腕の行方』 トロスト区全域で繰り広げられた人類と巨人との死闘。 アルミンの目の前で巨人の餌食となったエレンだったが、自ら巨人となりミカサたちの窮地を救った。 しかしにわかには信じ難いキッツ率いる駐屯兵団はエレンたちに武器を向ける。 キッツから「貴様の正体は何だ?人か巨人か?」と問われたエレンは……。 エレン達にむかって放たれる砲弾。 その刹那、エレンは上半身を巨人化させ、ミカサとアルミンを守ることに成功した。 蒸気とともに消えゆく巨人の骨格のなかで、エレンが選択するのは……!?• 第11話『偶像』 南側領土を統括する最高責任者であるピクシス司令から駐屯兵団に知らされたトロスト区奪還作戦。 それは、巨人化したエレンが大岩を運び、破壊された扉を塞ぐというものだった。 巨人たちがトロスト区に入り続けているいま一刻の猶予もままならない。 エレン自身、自らの力を信じているわけではなかったが「オレはならなきゃいけないんだ……みんなの希望に」と決意を固める。 第12話『傷』 ミカサに向けて振り下ろされた巨人化したエレンの拳。 トロスト区奪還作戦は、いきなり暗礁に乗り上げていた。 すんでのところでその拳をかわすミカサだったが、再度、エレンはミカサめがけて拳を振り上げる。 ついに自らの拳を顔面に打ち込み、動けなくなってしまうエレン巨人。 そこに3体の巨人が接近してきて……。 作戦の現場指揮を任された精鋭班・班長イアンは判断に苦慮する。 第13話『原初的欲求』 エレンを覚醒させるべく語りかけたアルミンによって、巨人化したエレンは大岩を運び始めた。 トロスト区内に侵入した巨人たちがエレンに群がるのを防ぐため、イアンをはじめ精鋭班の班員たちは決死の覚悟で巨人を自らに引き付ける作戦を展開する。 数々の命が無残に蹂躙されていくなか、巨人化したエレンはついに壁の穴を大岩で塞ぐことに成功する。 壁のより内側に住む者ほど、破滅に導く悪魔と恐れ、より外側に住む者ほど希望へと導く救世主と呼んだ。 中央政府はエレンを憲兵団と調査兵団、どちらに引き渡すかの審議にかける。 それぞれの兵団の思惑が交錯するなか、エレンの審議が始まる。 調査兵団のなかでも精鋭が集うリヴァイ班はひと癖もふた癖もある個性的な団員で構成されていた。 30日後の大規模な壁外遠征を控え、エレンはトロスト区掃討戦の際に捕えた巨人の実験内容をハンジから聞くのだった。 第104期訓練兵にも疑いの目が向けられ、一人一人調査が行われた。 結局、誰が殺したのかは分からなかったが、訓練兵たちにとっては重要なそれぞれの所属兵団を決める時期が迫っていた。 彼らの前に立ったエルヴィンは本来であれば伏せておくべき情報まで明かすのだが……。 長距離索敵陣形にて巨人との接触をできるかぎり避けながら目的地を目指す。 撤退指令が出るものと思われたが、指令班が下したのは陣形の進路を変えつつ、作戦を続行することだった。 その間にも女型の巨人は調査兵団の陣形を破壊しながら団員達を蹂躙していく。 そして、ついにエレンが属するリヴァイ班からも目視できる距離まで迫られる。 しかし、リヴァイ班の面々は女型の巨人を足止めするべく、立ち向かう兵士にあえて増援することなく、ただひたすらに馬を走らせていた。 エレンは問う「見殺しにする理由がわからない!それを説明しない理由もわからない!」と。 その問いにリヴァイは、ある選択を投げかける。 作戦の本来の目的を知らされていなかったほとんどの兵団員は、ようやくエルヴィン団長の真意を知ることとなる。 身じろぎひとつできなくなった女型の巨人は、断末魔の悲鳴をあげるが……。 その中にいた人物は、調査兵団員と同じ制服で兵士の中に紛れ込み、エレンを追っていた。 エレンを護衛しながら帰還するグンタを手にかけ、再び女型の巨人となってエレンの前に現れる。 オルオ、エルド、ぺトラが連携しながら女型の巨人に立ち向かうが……。 そこにリヴァイが追いつき、巨人を仕留めることをあきらめ、エレンを救い出すことに目的を絞る。 リヴァイは人間とは思えない驚異的な動きで、ついに女型の巨人の動きを止めることに成功する。 ミカサは、止めを刺そうと攻撃に入るが……。 しかし、調査兵団はこの作戦に失敗してしまう。 政治的判断からエルヴィンら責任者が王都に召集されるだけでなく、エレンの引き渡しも決まってしまう。 そんなおり、ストヘス区憲兵団支部に所属するアニは、調査兵団がストヘス区を通過する間の警備を命じられる。 しかし、アルミンの真意に気づいたアニは巨人化し、エレンを死にもの狂いで捕えようとしていた。 地下通路内に逃れたエレンたちを狙う女型の巨人・アニ。 ミカサ、アルミンを守るためエレンも巨人化を試みるが……。 巨人同士の闘いに巻き込まれ、ストヘス区市街では想像を絶する被害が出ていた。 その責任を憲兵団師団長ナイルに糾弾されるエルヴィン。 エルヴィンは「人類の勝利のため」と答え、ナイルの構える銃の前に立つ。 OVA『イルゼの手帳 ~ある調査兵団員の手記~』• OVA『突然の来訪者 ~苛まれる青春の呪い~』• OVA『困難』• OVA『悔いなき選択 ~前編~』• OVA『悔いなき選択 ~後編~』• OVA『Wall Sina,Goodbye ~前編~』• OVA『Wall Sina,Goodbye ~後編~』• OVA『Lost in the cruel world』• シリーズ/関連のアニメ作品.

次の